横浜銀行カードローンの在籍確認はいつ行われるのか。会社にバレないようにするにはどうすればいい?

掲載日:

横浜銀行カードローンは、神奈川県を中心に展開している、横浜銀行が運営するカードローンです。


そんな地域に根ざしている横浜銀行のカードローンの在籍確認はどうなっているのかを、在籍確認がそもそもどういったものなのかも含めて、解説していきます。


    在籍確認の電話について

    消費者金融系・銀行系に問わず、カードローンは保証人も担保も必要なしに借り入れができ、審査もあまり時間がかからない傾向にはあります。


    カードローンは融資したお金を返済してもらう必要があります。その時に、借り入れ申込者がきちんと融資を返済できる経済能力があるのかどうかを判断しないといけません。


    そのため、カードローンは申込者の職場に電話をかけて、職場にきちんと在籍しているのかチェックするようにしています。


    これを在籍確認と呼びます。


    経済能力をチェックする段階で重視されるのは年収と仕事ですが、これらはどちらもごまかして申請することができます。例えば、退職をしていたり転職をしていたりしているのに、前の職場にいるとするなどによってです。


    しかし、このようなことをしても必ず在籍確認でバレるようになっていますし、仮にバレなかったとしても、今度は申込者の返済能力に吊り合わない融資なってしまい、返済が不可能な状態になってしまいます。


    このことから、在籍確認の電話をするのは、審査側にも申込者側にも必要なことだというのが分かります。


    在籍確認の電話は誰がやるのか

    カードローンの借り入れをするには、審査において在籍確認の電話を職場にかけてもらう必要があります。


    しかし、在籍確認の電話を行うのが、誰なのかというのはあまり知られていません。


    多くの方は、在籍確認の電話を行うのは、融資をする側であるカードローン会社と考えるでしょう。


    しかし、実際に在籍確認の電話をするのは融資をする企業ではなく、保証会社となります。


    カードローンは無担保・無保証人で借り入れできるローンです。


    しかし、もしも借り入れ申込者が返済不可能となった場合、代わりにお金を支払う存在が必要になります。


    それがいわゆる代位弁済です。代位弁済を担当するのが保証会社になるので、カードローンの融資をする上で、申込者の返済能力をチェックをするのは、保証会社が行うべきということが分かります。


    そして、横浜銀行カードローンの場合、保証会社を担当するのはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社になります。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は大手消費者金融のプロミスも運営している企業で、カードローンに関しては確かな実績がある企業と言えるでしょう。


    在籍確認の電話の詳細

    職場にカードローン関係の電話がかかってくると、同僚や上司にカードローンの利用がバレてしまうと考える方もいるでしょう。


    しかし、在籍確認の電話は申込者のプライバシーに配慮して行われるので、在籍確認の電話の詳細をしっかり把握して対策しておけば、バレることはまずないです。


    横浜銀行カードローンの在籍確認と在籍確認がOKとなる返答例


    このように、横浜銀行カードローンの在籍確認の電話は、申込者本人が出る必要はありません。在籍確認の電話はあくまで申込者が職場に在籍していることを確認するのが目的ですので、同僚や上司の方が電話に出ても問題ありません。


    電話の内容もカードローンのことは一切出さずに、在籍確認の電話を担当する方の個人名のみを出すのが基本となっています。
    ただ、同僚や上司の方に所属を聞かれたら、横浜銀行の名前を出すことがあります。


    しかし、ここで重要なのは、カードローンかどうかを口に出すかということです。


    在籍確認の電話は、カードローンの利用のために電話をしているということは、一切話しません。そのため、会社の人にあれこれ聞かれても、言い訳をしっかり作っておけば問題ないです。


    在籍確認の言い訳例

    候補A(個人名のみの場合)

    同僚「〇〇さんという人から電話が来てたけど、次電話が来たら何か伝えますか?」

    申込者「伝言は必要ないです。電話が来たら教えてください。自分から折り返します」


    焦ったり、困ったりした表情はせず、淡々とセールスやお客様に思われるようなクールな対応を心がけましょう。


    候補B(銀行名と個人名の場合)

    同僚「横浜銀行から電話が来たよ。何かあったの?」

    申込者「キャッシュカードが壊れちゃって、再発行したいと伝えたときに、積立勧められたんだよ。銀行商品のセールス受けると大変だよね」


    以上のように、言い訳をあらかじめ用意しておけば、それ以上に疑われることはまずありません。基本的には個人名のみが明かされるので、何か用事があったのだろうというだけで終わります。


    言い訳に使う候補として、家族・恋人・友人などの親しい間柄から連絡がきたというのは、バレる可能性が高いので避けましょう。


    一方で、おすすめの言い訳候補は、保険・投資信託・積立・クレジットカードになります。横浜銀行にゴールド以上のクレジットカードはないので、横浜銀行の名前を出されたのであれば、言い訳に使うのはやめておきましょう。


    在籍確認の電話がかかるのはどこ?

    次に在籍確認の電話がどこにかかるのかについて解説します。


    電話がかかるのは職場です。
    なぜ職場の電話番号がわかるのかというと、申込フォームに職場の電話番号を記入するからです。


    ここで気をつけないといけないのは、在籍確認の電話は申込者の在籍が確認できないと、審査に落ちてしまうということです。
    このことから、申込フォームにどの電話番号を記入するのかというのは、重要なことになってきます。


    雇用者の一人一人をきちんと把握している企業なら、働いている企業の電話番号を記入するだけで良いでしょう。
    しかし、職場が大企業や複数の部署に分かれているという場合は、申込者をしっかりと把握しているだろう部署の電話番号を記入しましょう。


    個人事業主の場合

    個人事業主の方は、自宅で働いている場合は、自宅の電話番号を記入することになります。


    また、職場があるか事務所を設けている方は、そちらの電話番号を記入しましょう。
    なぜなら、在籍確認の電話は申込者の経済能力をチェックすることが目的なので、申込フォームに記入するのは職場か事務所が望ましいからです。


    また、個人事業主でも、副業にアルバイト・パートなどをしている方は、そちらの職場の電話番号も記入するのも有効です。
    カードローンは申込者に安定して継続的な収入を求めているので、アルバイト・パートもしているというのは、条件を満たす上でプラスに働きます。


    派遣社員の場合

    普段の仕事が派遣社員である方は、申込フォームに派遣企業か派遣先のどちらの電話番号を記入すべきか迷うこともあるでしょう。
    どちらの電話番号を記入すべきかわからないという方は、給与明細をチェックしましょう。


    給与明細には給料を出している方が記載される仕組みです。
    給与明細に書かれた企業が派遣企業なら派遣企業の電話番号を書き、派遣先が書かれているなら派遣先の電話番号を書きましょう。


    横浜銀行カードローンの金利と申込みの流れ

    ここでは、横浜銀行カードローンのスペックと申込みの流れについて、簡単に解説をします。


    横浜銀行カードローンは、借り入れ限度額が1,000万円で、金利は年1.5%から14.6%になっており、かなりお得なカードローンです。


    金利と限度額の関係は、以下のようになっています。


    金利と借入限度額

    借入限度額 金利
    100万円以下 年14.6%
    100万円超200万円以下 年11.8%
    200万円超300万円以下 年8.8%
    300万円超400万円以下 年6.8%
    400万円超500万円以下 年4.8%
    500万円超600万円以下 年4.5%
    600万円超700万円以下 年4.0%
    700万円超800万円以下 年3.5%
    800万円超900万円以下 年3.0%
    900万円超1,000万円未満 年2.5%
    1,000万円 年1.5%

    また、借り換え(おまとめ)ローンにも対応しているので、他社からの借り入れ額が多い方や、高金利の借り入れをしている方にもおすすめできます。
    ローンカードが届く前に振込融資での借り入れも対応しているので、すぐにお金が欲しいという方にもおすすめです。


    借り入れ条件は20歳以上69歳以下で、安定した収入が本人か配偶者にあることです。
    収入についてはパート・アルバイト・年金受給も含まれますが、学生の方は借り入れ不可なことは覚えておきましょう。


    なお、神奈川県内全地域・東京都内全地域・群馬県内の前橋市と高崎市と桐生市に住んでいる方が融資対象になります。


    保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられて、横浜銀行とSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意できるというのも条件に含まれます。


    申込手順

    • PCかスマホで申込をする
    • 横浜銀行普通預金口座が無いなら開設する
    • 書類提出に関しての知らせをSMSで受け取る
    • 必要書類をアップロード・郵送・FAXのどれかで提出する
    • 審査を受ける
    • 審査が完了する
    • 審査結果を電話で受け取る
    • WEB・郵便・FAXで契約手続き
    • ローンカードを自宅に郵送されて受け取る
    • 借り入れ可能に

    横浜銀行カードローンの審査が終わるのは最短で翌日になります。このことから、即日融資に対応していないというのは覚えておきましょう。


    在籍確認の電話はどのタイミングで行われる?電話で確認してみました!

    横浜銀行カードローンと在籍確認の電話のシステムについて把握しても、在籍確認の電話がいつどういうタイミングに来るのかが気になる人は多いでしょう。


    在籍確認の電話は、原則として審査の終盤に来ることが多く、在籍確認の電話が来るということは審査通過も有力になっていることがほとんどです。


    在籍確認の電話が職場にかかってくるのは、審査が終わる頃だというのはわかりますが、具体的に審査が終わる日時まではわかりません。
    横浜銀行カードローンは、基本的に在籍確認の電話については不透明な点が多く、審査に応じて在籍確認の電話をかけるというスタンスだからです。


    そのため、在籍確認の電話がかかってくるタイミングを予測するのは実質的に不可能と考えましょう。
    電話に自分が出るというのは期待せずに、カードローンの利用がバレない言い訳を用意していく方に意識を向けるのが有用と言えます。


    在籍確認の電話を希望の時間にかけてもらいたい

    同僚にバレないために、自分が職場にいて確実に電話を取れる時間帯に電話をかけてもらおうと考えるかもしれません。


    実際に、在籍確認の電話の時間をある程度は指定できるカードローンもあります。
    しかし、横浜銀行カードローンは、在籍確認の電話に関する要望は基本的にほとんど対応していません。


    在籍確認の電話がかかってくるのはあくまで審査の進行に基づいて決定されるものです。そのため、この時刻に電話をしてほしいと希望しても、受け付けてくれるわけではないのを覚えておきましょう。


    在籍確認の電話はどんなことに対応してもらえる?

    横浜銀行カードローンは、在籍確認の電話に関する要望はほとんど対応してくれません。


    ここでは、思いつきやすい在籍確認の電話についての希望と、それができるかどうかを、横浜銀行に直接聞いたので、以下にまとめていきます。


    株式会社○○の○○という名前で電話して欲しい

    カードローンの利用を知られたくないという場合、他の企業の名前を出してもらえばいいと考えるかもしれません。


    しかし、横浜銀行カードローンは、在籍確認の電話において偽名を名乗ることはせず、電話担当者の個人名と、状況によっては横浜銀行の名前を出すのみとなります。


    在籍確認の電話の日にちをズラして欲しい

    横浜銀行カードローンの在籍確認の電話について、時間の指定が無理だとして、都合の良い日に電話をかけてもらいたいという希望がある方もいることでしょう。


    しかし、横浜銀行カードローンは、日にちについての希望も対応していません。


    都合のつかない日にちがあるので、在籍確認の電話をかける日そのものを変えて欲しいという希望も非対応となっています。


    男性(女性)の人からの電話にして欲しい

    在籍確認の電話をかけてくれる人の性別の希望については、「横浜銀行カードローンプラザ」に電話をして要望を出すと聞いてもらえる可能性があります。


    職場に、個人名で異性が電話をかけてくると、怪しまれやすいです。
    そのため、男性なら男性、女性なら女性にかけてもらうようにするのはおすすめの手段です。


    在籍確認の電話を後日にスライドできる?

    在籍確認の電話で日時の指定をできないのが横浜銀行カードローンです。また、即日融資には対応していなく、在籍確認の電話を終えて審査が完了するのを待つ必要があります。


    このことから、申込当日に借り入れしたいという方には、遅いカードローンに映るかもしれません。


    しかし、横浜銀行カードローンは、在籍確認の電話は後日に行ってほしいと要望には対応していません。
    横浜銀行カードローンは在籍確認の電話が必須なので、在籍確認の電話を必ず受ける必要があります。


    横浜銀行カードローンは、在籍確認の電話を後日にスライドすることはできませんが、他のカードローンなら可能な場合があります。


    在籍確認を後日にスライドして先に契約手続きが可能なカードローン一覧

    後日での在籍確認 当サイト実績
    プロミス △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    アコム △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    アイフル 〇※後日でOK 未検証
    三井住友銀行 カードローン △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ?(状況次第で可能) 未検証

    このように、在籍確認の電話を後日にスライドできるカードローンは、多くが消費者金融カードローンとなっています。これらの在籍確認の電話をスライドできるカードローンは、在籍確認の電話の日時指定も対応していることが多いので、問い合わせてみても良いでしょう。


    ただし、在籍確認の電話を後日にスライドすると、借り入れ限度額が本来より低く設定される可能性があります。


    在籍確認の電話をスライドできるカードローンと横浜銀行カードローンの比較

    金利 限度額 申込条件
    横浜銀行カードローン 年1.5%〜14.6% 1,000万円 ・20歳以上69歳以下
    ・安定した収入が本人か配偶者にある
    ・パート、アルバイト、年金受給も借り入れ可能
    ・学生は借り入れ不可
    ・神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の前橋市と高崎市と桐生市に住んでいる
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられる
    ・横浜銀行とSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意できる
    三井住友銀行 カードローン 年4.0%〜14.5% 800万円 ・20歳以上69歳以下
    ・安定した収入がある
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
    アコム 年3.0%〜18.0% 800万円 ・20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
    アイフル 年3.0%〜18.0% 800万円 ・20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する
    ・取引中に70歳になった時点で新たな融資を停止
    プロミス 年4.5%〜17.8% 500万円 ・20歳以上69歳以下の本人に安定した収入のある

    このように、横浜銀行カードローンは、消費者金融カードローンと比較すると、非常に金利が低く、借り入れ限度額も高い優良カードローンだということが分かります。


    また、銀行カードローンで審査のハードルが高いことが多い中で、年金受給者の方も借り入れできると公表しているのは見逃せませない特徴です。


    どうしても在籍確認の電話を後日にスライドしたいという方は、横浜銀行カードローンに近い金利の三井住友銀行カードローンを利用すると良いでしょう。


    在籍確認の電話そのものをキャンセルしたい

    職場に在籍確認の電話がかかってきて、同僚や上司にカードローンの利用を知られるのはなんとしても避けたいと、在籍確認の電話事態を取り下げたいという要望もあるかもしれません。


    実際に在籍確認の電話をキャンセルできるカードローンというのはありますし、在籍確認の電話が来なかったという体験談もさまざまなカードローンにあります。
    しかし、横浜銀行カードローンは、こちらの希望で在籍確認の電話をキャンセルするのは不可能になっています。


    在籍確認の電話がキャンセルされる要因は、職場が夜だけ営業していて、昼に電話しても電話を取れないという場合や、テレワーク化によって職場に誰もいないという場合、そして、長期休業で電話をかけても人がいないという場合があります。


    また、それ以外にも公務員・銀行員といったカードローンの利用がバレたら非常に不味い仕事をしている方や、経理・会計の部署にいるという方で、お金の管理能力を疑われるとクビにされかねない方もいるでしょう。


    しかし、在籍確認の電話はあくまで職場にきちんと在籍しているのかをチェックして、経済能力があると判断するためのものです。そのため、申込みをした時に電話連絡を別の方法に変えてくれるというカードローンは実際にあります。


    在籍確認の電話をキャンセルさせてくれるカードローンは、以下のようなものがあります。


    在籍確認の電話をなしにしてくれるカードローン

    書類提出による在籍確認 当サイト実績
    SMBCモビット ◎ WEB完結申込で最初から電話なし 〇 書類提出で在籍確認完了
    アコム ○ 書類提出で在籍確認完了
    アイフル ○ 書類提出で在籍確認完了
    レイクALSA ※未検証
    三井住友銀行 カードローン △※審査次第で書類提出可能 ○ 書類提出で在籍確認完了
    ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 ※未検証

    なお、在籍確認の電話がキャンセルされた場合は、給与明細や社員証といった、職場に在籍していることを証明する書類を提出することになります。


    ここで特筆すべきは、SMBCモビットです。


    SMBCモビットは、相談をして電話をキャンセルできるだけでなく、WEB完結申込を利用すれば、確実に電話での在籍確認を無くすことができます。


    SMBCモビットの在籍確認について知りたい人は、以下のページを参考にしてください。


    次に、横浜銀行カードローンと、在籍確認の電話をキャンセルできるカードローンのスペックを比べてみます。


    在籍確認を無くせるカードローンと横浜銀行カードローンを比較

    金利 限度額 申込条件
    横浜銀行カードローン 年1.5%〜14.6% 1,000万円 ・20歳以上69歳以下
    ・安定した収入が本人か配偶者にある
    ・パート、アルバイト、年金受給も借り入れ可能
    ・学生は借り入れ不可
    ・神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の前橋市と高崎市と桐生市に住んでいる
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられる
    ・横浜銀行とSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意できる
    レイクALSA 年4.5%〜18.0% 500万円 ・20歳以上69歳以下の国内居住者か永住権を持つ外国籍の人
    三井住友銀行 カードローン 年4.0%〜14.5% 800万円 ・20歳以上69歳以下
    ・安定した収入がある
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
    アコム 年3.0%〜18.0% 800万円 ・20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%〜14.6% 500万円 ・20歳以上64歳以下
    ・国内に住んでいるか永住権持ちの外国籍
    ・保証会社アコム(株)の保証を受けられる
    ・原則安定した収入がある
    アイフル 年3.0%〜18.0% 800万円 ・20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する
    ・取引中に70歳になった時点で新たな融資を停止
    ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 年1.59%〜18.0% 1,000万円 ・20歳以上59歳以下
    ・安定した収入
    ・ジャパンネット銀行の普通預金口座を開設しているか開設する意思がある
    ・審査基準を満たしている
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
    ・専業主婦の方は配偶者に安定した収入があれば借り入れ可能
    ・専業主夫は借り入れ不可
    ・借り換え(おまとめ)ローンと契約していない

    以上のように、在籍確認の電話をキャンセルできるカードローンは、最大金利がどれも高いものとなっています。


    基本的には借り入れ限度額が低いカードローンほど金利が高くなるので、借り入れ限度額にあまり自信がなく、返済総額も抑えたいという方は、横浜銀行カードローンを利用しましょう。


    横浜銀行カードローンは在籍確認の電話が必須

    申込者が職場にきちんと在籍しているのかチェックするためにかけるのが在籍確認の電話になります。


    横浜銀行カードローンは在籍確認の電話に関して、要望できるのが電話担当者の性別のみです。


    ただ、電話は原則として担当者の名前で行われるので、言い訳をしっかり考えておけば周囲に怪しまれることなく借り入れできます。


    在籍確認の電話で出されたのが、電話担当者の個人名のみなら、クレジットカード(ゴールド)の在籍確認や保険関連の電話として、横浜銀行の名前も出されたら保険関連の電話と説明するのが有効です。


    横浜銀行カードローンは金利面で優れたカードローンで、借り入れハードルも低く設定されているので、準備をしっかりして借り入れ申込をしましょう。



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ