横浜銀行カードローン

掲載日:

横浜銀行カードローンのバナー画像


このカードローンに向いている人

  • 申込みから融資実行までに最低3日以上の猶予がある人
  • 横浜銀行の口座をメインバンクとして利用している人
  • 毎月の返済の負担を小さく抑えたい人

このカードローンに向かない人

  • 横浜銀行の口座をイマ現在利用していない人
  • 即日融資を希望している人
  • 自宅への郵送物なしでカードローンの利用がしたい人

実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座解説 職場連絡
1.9_%〜14.6% 10〜1000万円 - 無し 必要 有り※
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
18.0% 20歳〜69歳 残高スライド方式 ネット上のみで完了
※担当者が個人名で連絡を行う




    横浜銀行カードローンへ申込資格がある人

    横浜銀行カードローンへの申込資格は次のように定められています。

    • 契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の人
    • 安定した収入がある人、およびその配偶者
    • 横浜銀行が指定するエリア内に住んでいるもしくは勤務先がある人
    • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証が受けられる人
    • 横浜銀行、保証会社の個人情報の取り扱いに同意できる人

    属性

    横浜銀行カードローンへ申込可能な属性


    属性による申込の制限について

    申込の条件としては、契約時に満20歳〜69歳以下で安定した収入がある人とされているのですが、、20歳を過ぎていてアルバイトなどで収入があっても、学生の場合は横浜銀行カードローンへの申込は不可となります。


    年金収入も安定した収入として認められるので、年金受給者の人は申込可能、自身に収入のない専業主婦(夫)の人は、配偶者に安定した収入があれば申込可能となっています。


    居住地・勤務地による申込の制限について

    横浜銀行カードローンへの申込が可能なのは、次のエリア内に住んでいるもしくは勤務先がある人に限定され、全国からの申込には対応していません。


    横浜銀行カードローンへの申込が可能な地域


    横浜銀行の口座開設が必須

    イマ現在、横浜銀行の口座を持っていない人も、申込自体はする事ができるのですが、契約を完結させるには横浜銀行の口座開設が必須となります。


    ですので、口座を持っていない人が横浜銀行カードローンを利用するには、口座開設アプリ・郵送・店頭での口座解説の手続きを行う必要があります。


    横浜銀行カードローンを利用するにあたり用意しておく書類

    横浜銀行を利用するには、

    • 自身の身分を証明するための本人確認書類
    • 年収を証明するための収入証明書

    これら2点の用意が必要となります。
    それぞれの書類の提出の条件、提出方法を解説していきます。


    本人確認書類として認められるもの


    横浜銀行カードローンで本人確認書類として認められるもの


    原則顔写真の記載がある公的書類が必要

    本人確認書類は原則、顔写真の記載があるものとされています。
    もし、用意が難しい場合は、健康保険証+住民票もしくは公共料金の領収書など2点の書類を用意するコトでも対応可能とのことでした。


    スマホを利用している人はWEBアップロードで提出が可能

    スマホを利用している人に限り、申込受付後に送られるSMS(ショートメール)に記載があるURLから、画像データのアップロードする事でWEB上で本人確認書類の提出を完結できます。


    スマホからのみの対応となるため、それ以外の人は郵送またはFAXにて提出する事となります。


    収入証明書の提出条件

    借入限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要になり、次の書類は収入証明書として認められます。

    • 源泉徴収票(勤務先の会社名の記載のあるもの)
    • 納税証明書(税務署の発行印があるもの)
    • 確定申告書(税務署の受付印のあるもの)
    • 住民税決定通知書(市区町村の発行印のあるもの)

    収入証明書は本人確認書類と同様にWEB上でのアップロードによる提出、スマホ以外での手続きの人は郵送またはFAXでの送付する必要があります。


    横浜銀行カードローンはWEB上で申込から契約まで完結できる?

    横浜銀行カードローンはインターネットからの申込時に、

    • 「WEB完結契約の申込」
    • 「通常申し込み(FAXまたは郵送契約)」

    この2つの契約方法が用意されていて、横浜銀行の口座を持っている人に限り、「WEB完結契約の申し込み」が選択可能です。


    契約完了後は、カードが届いてない状態であっても契約日当日中の融資を受ける事が出来ます。


    次の項目で、インターネット申込み、郵送orFAXで契約をする際の手続きの流れを詳しく解説していきますが、WEB上で契約手続きを完結できるカードローンを利用したいと考えていた人は次のページを参考にしてみてください。

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックについてゼニエモンが詳しく解説したページとなるのですが、このカードローンは口座の開設が不要、金利が1.8%〜14.6%と横浜銀行カードローンと近いスペック、尚且つ申込みから契約までをWEB上で完結可能となっています。

    申込から融資実行までの流れとかかる時間について

    この項目では、ゼニエモンが横浜銀行カードローン受付センターに電話にて問い合わせ、申込みから融資実行までにかかる時間、必要な手続きを徹底調査、詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


    申込から融資実行までのフローチャート

    • 申込み
    • 必要書類の提出
    • 審査結果の回答
    • 契約手続き
    • 振込融資
    申込み

    横浜銀行カードローンへの申込み方法は

    • インターネット
    • 電話
    • FAX
    • 郵送

    この4通りから選択可能ですが、推奨できるのはインターネットからの申込みです。
    PC・スマホから24時間365日いつでも申込み手続きを完結できます。


    電話申込みの場合、受付時間は平日9:00〜20:00、土日祝日9:00〜17:00に限定されます。

    必要書類の提出

    本人確認書類、収入証明書などといった必要書類の提出が完結しないことには、審査結果の回答へと進むコトはできません。


    スマートフォンを持っていない人は、郵送またはFAXでの書類提出となるため、その分審査回答までに時間と手間がかかってしまいます。


    審査結果の回答

    審査結果の回答は電話にて行われ、最短2営業日での回答が可能とされています。


    横浜銀行カードローンの審査が行われる時間について


    仮に、金曜日に申込みを行った場合、審査結果の回答は早くとも翌週の月曜日以降となってしまいます。


    契約手続き

    横浜銀行カードローンでローンカード到着前の振込融資を利用する方法


    このような流れで手続きをするコトで、申込み日から最短3営業日、1週間以内に借入ができる可能性が高くなります。


    振込での融資を利用しない場合、ローンカードが自宅へ届いてからの借入開始となるのですが、このカードが自宅に届くまでには契約完了から早くとも約1週間程度かかってしまうので、申込日から10日〜2週間は見ておく必要があります。


    横浜銀行カードローンは借入を急ぐ人には向いていない

    3日ではなく3営業日ですので、土日祝日、銀行休業日は審査回答、契約手続きともに不可となり、その分融資実行までにかかる日数は伸びてしまいます。

    横浜銀行カードローンで少しでも早く借入をするには、パソコンで契約書をダウンロード、FAXといった手続きが必要ですし、融資実行まであまり時間に猶予がない人には正直向いていません。

    できるだけ早く借入をしたいと考えている人には、銀行カードローンではなく大手消費者金融の利用をおすすめします。

    その理由を知りたいという人はぜひ次のページを参考にしてみてください。

    借入を急ぐ人に銀行カードローンではなく大手消費者金融をおすすめする理由については

    時間がない!とにかく急いで借入をしたいという人は


    家族や職場に内緒で借入できる?在籍確認と自宅への郵送物について

    カードローンの利用を勤務先の同僚や上司に絶対知られたくない、同居の妻、夫、親など家族には内緒で借入をしたい、このように考えている人は、借入先を選ぶ際には次の2点に注意が必要です。

    • 勤務先への「在籍確認」の為の電話連絡の有無
    • ローンカードや利用明細書など自宅への郵送物の有無

    横浜銀行カードローン受付センターに電話にて問い合わせ、この2点について徹底調査しましたので詳しく解説していきます。


    在籍確認により勤務先にカードローンの利用バレるリスクは低め

    横浜銀行カードローンの在籍確認は原則、勤め先への電話連絡により行われるコトになり次のように電話はかけられます。


    横浜銀行カードローンの在籍確認について


    審査担当者の個人名で電話はかけられますし、この電話の際にカードローンの在籍確認の為の電話です、などと伝えられることはありません。


    本人が不在でもの上のような返答をしてもらえれば、それで在籍確認は完了となるので、ほとんどの人が難なくクリアできます。


    勤務先に電話がかかるのはできれば避けたいという人は

    普段自分宛に電話がかかってくることがないから、どんな内容であれ怪しまれそう、妙にカンの鋭い同僚がいてなんだか不安という人も少なからずいると思います。


    このような人は、申込みの受付完了の電話が掛かってきた時に、勤務先に電話をかけて欲しくない旨を審査担当者に伝えてください。


    会社発行の保険証、会社発行の社員証などといった書類の提出で在籍確認を完結してもらえるコトがあります。


    ただ、これは申込の内容や審査の結果次第では、勤め先への電話連絡での在籍確認が必須となる場合もあるとのことでした。
    その場合、会社へ電話をかける旨は改めて、連絡が入ります。

    家族にカードローンの利用がバレるリスクを少しでも下げるには

    横浜銀行カードローンは店頭窓口での契約手続きも可能ですが、その場合もローンカードは必ず自宅へと郵送されます。
    これは避けるコトはできません。


    ローンカードの他に自宅へ送られてくるのが、利用開始後に発行される利用明細書で、この書類は年に2回、4月・10月に発送されます。


    ローンカードだけであれば、「もしもの時の為に契約してしておいた」などといった理由でごまかせないコトもないですが、利用明細書を嫁や親に見られた日には、、。


    カードローンの利用を家族に知られたくない人は、横浜銀行のインターネットバンキング「はまぎんマイダイレクト」への登録を推奨します。


    横浜銀行のネットバンクはまぎんマイダイレクトで利用明細を確認するメリット


    このように、自宅への郵送物を減らし、家族バレのリスクを低く抑えるコトは可能ですが、絶対に家族にカードローンの利用を知られたくない、自宅に何も送って欲しくないという人は、次のページを参考にしてみてください。


    自宅への郵送物が一切ないカードローン業者の紹介と利用する上でのコツを詳しく解説しています。



    金利と借入限度額について

    横浜銀行カードローンの金利は年1.9%〜年14.6%、借入限度額は10万円〜1,000万円とされています。


    年1.9%で契約出来た場合、これ以上ないというくらいの超低金利ですが、通常、カードローンでは借入限度額ごとに適用金利が設定されていて、横浜銀行カードローンでは次の表のようになっています。


    横浜銀行カードローン借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利(変動金利)
    100万円以下 年14.6%
    100万円超200万円以下 年11.8%
    200万円超300万円以下 年8.8%
    300万円超400万円以下 年6.8%
    400万円超500万円以下 年4.8%
    500万円超600万円以下 年4.5%
    600万円超700万円以下 年4.0%
    700万円超800万円以下 年3.5%
    800万円超900万円以下 年3.0%
    900万円超1,000万円未満 年2.5%
    1,000万円 年1.9%

    金利1.9%が適用されるのは、借入限度額が1,000万円となった場合のみとなります。


    カードローンで1,000万円という借入の枠が設けられることはまずないと言え、はじめての申込み時にはほとんどの場合、上限金利が適用されることになります。


    横浜銀行カードローンの上限金利は14.6%ですので、三井住友銀行、三菱UFJ銀行といったメガバンクと同等の金利、大手消費者金融の水準より約3%程度低くなっています。


    返済方法と毎月の最低返済額について


    横浜銀行カードローンの返済方法と返済日


    毎月の返済額は、前月の返済完了後の借入残高によって決定され、次のように設定されています。


    横浜銀行カードローン借入残高ごとに設定された返済額表

    前月返済完了後の借入残高 返済額
    2千円以下 前月返済完了後の借入残高
    2千円超10万円以下 2,000円
    10万円超20万円以下 4,000円
    20万円超30万円以下 6,000円
    30万円超40万円以下 8,000円
    40万円超50万円以下 10,000円
    50万円超100万円以下 15,000円
    以降借入残高50万円増すごとに 5,000円ずつ追加した金額
    500万円超600万円以下 60,000円
    以降借入残高100万円増すごとに 5,000円ずつ追加した金額
    1,000万円超 85,000円

    毎月の最低返済はメチャクチャ低い!

    借入残高10万円以下の場合、最低返済額は2,000円、20万円なら4,000円と毎月の最低返済額はメチャクチャ低く設定されています。


    毎月の最低返済額が低いカードローンは、余裕をもった返済を行えるので、生活が圧迫されないという大きなメリットがある反面、完済までにかかる期間が長くなってしまうというデメリットにもなり得るというコトを知っておかなければいけません。


    金利14.6%で10万円〜50万円の借入を行った際の返済シュミレーションを使い詳しく解説していきます。


    横浜銀行カードローンの返済シュミレーション

    借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
    10万円 14.6% 78回 2,000円 55,113円
    15万円 14.6% 98回 4,000円 87,793円
    20万円 14.6% 127回 4,000円 148,024円
    30万円 14.6% 161回 6,000円 256,269円
    50万円 14.6% 209回 10,000円 497,733円

    銀行カードローンでは、毎月の借入残高に応じて最低返済額は決定されるので、返済を続け借入残高が減っていくにつれ、毎月の返済額も段々と低くなっていきます。
    例えば、50万円を借入をした場合、借入残高が40万円になった段階で最低返済額は8,000円に下がります。


    なので、50万円の借入を行い、決められた最低返済額のみの返済を続けた場合、完済までにかかる期間は約17年、47万円もの利息を支払うことになります。


    ただ、これはあくまで決められた最低返済額のみの返済を行った場合の極端な例です。


    借入残高が減って、最低返済額が下がった時に、最低返済額の減った分ローンカードを利用した追加での返済を行い、毎月1万円の返済を続ければ、仮に50万円の借入をした場合でも、完済までにかかる期間は約6年、支払う利息は27万円まで抑えるコトができます。


    ただ、口座から自動引落しされる金額は自動的に引き下げられるので、これに気づかず返済の長期化、支払う利息の増大へと繋がる可能性が高くなってしまいます。


    小まめに通帳記帳をして毎月の返済額を確認する、もしくはインターネットバンキング<はまぎん>マイダイレクトに登録して毎月のカードローンの利用明細を確認するコトをオススメします。


    毎月返済をする金額、完済までにかかる期間は支払うコトになる利息に大きな影響を与えます!

    返済額が低いカードローンと高めの設定がされているカードローンどちらの利用がメリットが大きいかは、利用目的、イマ現在の金銭状況などにより異なります。

    カードローンの返済に対して不安がある人は、ぜひ次のページを参考にしてみてください。
    返済額の違いが支払う利息に与える影響について詳しく解説、性格や金銭状況による借入先の選び方を紹介しています。

    借入方法と利便性について


    横浜銀行カードローンの借入方法は、

    • ローンカードを利用したATMでの借入
    • インターネットバンキングはまぎんマイダイレクトを利用した振替融資

    この2通りの方法があります。


    ローンカードを利用した借入は、横浜銀行ATM以外に、コンビニATMや提携銀行ATM、小田急線全70駅に設置されている駅ATMが利用可能です。


    横浜銀行カードローンのローンカード利用可能なATM一覧


    コンビニATMや駅ATMでの借入が可能なので、例えば仕事帰りの急な飲み会、接待など夜間の急な出費への対応もバッチリです。


    はまぎんマイダイレクトを利用した借入は、カードローン口座から普通預金口座への振替という形で行われるので、その際の手数料は無料、WEB上で24時間いつでも手続きをするコトが可能となります。


    はまぎんマイダイレクトは借入だけでなく返済やカードローンの取引明細の確認などさまざまなサービスを利用することができるので、横浜銀行をメインバンクとして利用している人、今回のカードローンの利用が中長期的になりそうな人は登録、活用していくことをオススメします。


    横浜銀行カードローン利用のメリット・デメリットとまとめ


    横浜銀行カードローンについて徹底調査、詳しく解説してきましたが最後にこのカードローンを利用するメリット・デメリットを簡単にまとめました。


    横浜銀行カードローン利用のメリット

    メガバンクのカードローンと同等のスペックで借入ができる
    小田急線全70駅に利用可能なATMがある
    返済額が低く余裕を持った返済ができる
    ネットバンクの登録で24時間振替での借入が可能
    横浜銀行ATM、提携コンビニATMの利用手数料がいつでも何度でも無料※

    ※セブン銀行、ローソン、イーネット、イオン銀行


    横浜銀行カードローン利用のデメリット

    横浜銀行の口座開設が必須となる
    即日融資には対応していない
    返済日を自由に選択できない

    横浜銀行カードローンの金利、借入限度額はメガバンクのカードローンと比較しても、引けをとらない水準だと言えます。

    利用するには横浜銀行の口座開設が必須となりますが、小田急線全70駅に利用可能ATMの設置、インターネットバンクを利用した振替での借入など、地域密着型のカードローンならでは特徴があり、横浜銀行の口座を持っている人は享受できるメリットが大きくなります。

    給与振込先に指定、住宅ローンの引落先として登録、このような取引がある場合、カードローンの審査は通りやすくなる傾向にあるので、普段から横浜銀行をメインバンクとして利用している人には特にオススメできるカードローンだと言えます。


    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ