山形銀行カードローン「チェリーS」

掲載日:

山形銀行カードローンバナー画像


このカードローンに向いている人

  • 山形銀行の口座を持っている人
  • なるべく早く借入したいと考えている人
  • 5万円〜10万円程度の少額融資を希望している人
  • WEB上で手続きを完結させたい人

このカードローンに向かない人

  • 山形銀行の口座を持っていない人
  • 絶対に今日中に借入したいと考えている人
  • 50万円以上の高額融資を希望している人
  • 絶対に誰にもバレずにカードローンを利用したい人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
4.5%〜14.6% 10〜500万円 最短即日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
18% 満20歳以上70歳未満 アコム 不要 ※

※返済用預金口座開設の為に来店が必要な場合があります




チェリーSってどんなカードローン?


山形銀行カードローンは、山形銀行の営業エリア内に住んでいる人のみが申込可能、
利用開始には山形銀行の口座の開設が必須となる地域密着型のカードローンで、
このカードローンを利用して借入が出来る人はかなり限定されています。


利用できるユーザーが限定される分、全国対応している大手メガバンクや
ネットバンクのカードローンにはない地方銀行ならではの様々なサービスや好条件が揃っています。


山形銀行の口座をすでに持っている人、その中でも普段からメインバンクとして
利用している人は特に享受できるメリットが大きいカードローンです。


逆に、山形銀行の口座を持っていない人は、
このカードローンを利用するコトで得られるメリットは非常に少ないように感じました。


山形銀行の口座を現在持っていない人は、次の【業者検索】の利用を推奨します。


自身が求める条件を選択することで、かんたんに自分に合った
カードローンを検索することができます。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

山形銀行カードローンはどんな特徴をもったカードローンで、どのようなメリット・デメリットがあるのかを、山形銀行カードローン受付センターに電話で問い合わせ、徹底調査しました。

他カードローンとの比較も交えつつ、詳しく解説していきます。

山形銀行公式HP以上に濃い内容でお届けしますので、山形銀行カードローンの利用を検討している人に役に立てて貰えれば幸いです。


  1. 山形銀行カードローンへの申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. 申込から借入までの流れ 即日での借入はできる?
  4. 在籍確認について 勤務先への電話連絡はある?
  5. 金利と借入限度額について
  6. 借入方法・利便性について
  7. 毎月の返済額と返済方法について
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. 利用者の口コミ

チェリーSへの申込資格がある人


山形銀行カードローンへの申込資格はつぎのようになります


  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の個人
  • 保証会社アコム鰍フ保証が受けられる人
  • 山形銀行の営業エリア内に住んでいる人

山形銀行の営業エリア画像


属性

山形銀行に申込可能な属性


山形銀行カードローンを利用するには口座開設が必須

山形銀行カードローンは、自営業者、パート・アルバイト、
年金受給者、主婦の人でも申込可能とされていて、
属性による申込の制限が厳しくありません。


ただ、山形銀行カードローンを利用して借入するには、
契約手続きまでに山形銀行の口座開設が必須となります。


口座開設は、窓口への来店手続きが必要となるため、
住んでいる地域に、山形銀行支店がない人には、
申込をオススメできません。


山形銀行カードローンは地域密着型のカードローンで、山形県内に住んでいる人、その中でも特に山形銀行の口座をすでに利用している人が、非常に大きなメリットを享受できるカードローンとなっています。

口座をすでに持っているコトで得られる様々なメリットを徹底解説していきます!


契約時に用意しておく必要がある書類


カードローンを利用してお金を借りるには、
どの業者でも、本人確認書類の提出が必須となるのですが、



口座開設時に、本人確認が完了しているので、
山形銀行カードローン利用時に、あらためて本人確認書類を
提出する必要は一切ありません。


山形銀行カードローンでは、借入限度額に関わらず、
収入証明書の提出が不要とされています。


つまり、山形銀行の口座をすでに持っている人は、
カードローンを利用するにあたり用意する書類は一切ないということです。


銀行カードローンも総量規制の対象に

2017年4月から、銀行カードローンのルールが大幅に変更となり、
銀行の取り扱うカードローンも総量規制の仕組みを自主規制として
取り入れる動きとなっています。


ですので、現在、収入証明書の提出不要とされている山形銀行カードローンでも、


・50万以上の借入を希望する場合
・他社の借入額と今回申込の希望額の合計が100万円を超える場合


収入証明書の提出が必要となる可能性もあると考えておくコトを推奨します。


山形銀行口座を持っていない人が用意する書類


現在、山形銀行の口座を持っていない人も申込自体は可能なのですが、
この申込はあくまで仮審査となり、契約までに必ず窓口へ来店、
口座の開設手続きを行うことになり、次の書類が必要となります。


山形銀行の口座を持っていない人が用意する書類


本人確認書類は窓口での提出とは別に、カードローン契約時にも必要で、
コピーしたものを郵送またはFAXにて提出するコトとなります。


WEB上での本人確認書類アップロードには対応していません。


山形銀行カードローン申込から借入までの流れ


山形銀行カードローンの申込から借入までの流れを徹底調査しました。
山形銀行カードローンは口座の有無で、申込から借入までの手順、スピードに大きな差があることが分かりましたのでそれぞれ解説していきます。

山形銀行の口座をすでに持っている人は、申込から借入までWEB完結、最短即日の振込融資が可能となっていますので、ぜひ参考にしてみてください!


山形銀行の口座をすでに持っている人


山形銀行カードローンへの申込方法は、

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送・FAX

これらの方法が用意されていますが、申込から借入までを
最もスムーズに早く完結できるのは、インターネットからの申込です。


山形銀行カードローン申込から借入までの流れ


山形銀行の口座を持っている人は、本人確認書類の提出が不要となり、
申込から借入まで来店・郵送での手続きナシ、
スマホひとつあればいつでもどこからでも、
カンタンにカードローンの利用を開始できます。


即日で借入できるのは平日の午前中に契約完了できた人のみ!

山形銀行カードローンは、銀行営業時間外の振込融資には対応していません。
申込をしたその日のうちに借入できるのは、平日の午前中のうちに、
契約手続きまで完結できた人のみとなります。


なお、土日・祝日は審査を行っていないため、
申込が金曜の午後以降となると、審査回答は翌営業日となってしまいます。


山形銀行カードローンの融資までのスピードは、
地方銀行のカードローンの中で比較するとかなり早い部類には入るので、
「まぁ2〜3日中に借入できれば。」と考えている人にはかなりオススメできますが、


「絶対に今日中にお金が必要なんだ!」と切羽詰まった状態の人は、
次のカードローンの利用を推奨します。


ここで紹介するカードローンは、自動契約機の設置が有り、
融資までのスピードに特化した業者となります。


業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~21:00(一部店舗では営業時間が異なる)
アコム 8:00~22:00(年中無休、一部店舗異なる。また年末年始を除く)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


自動契約機を利用することで、土日、祝日問わず、
即日でのローンカード発行が可能、
申込をしたその日のうちに借入できる可能性がかなり高まります。


急いでお金を借りたい、借入したい金額が少額、
短期間で完済予定の人にメチャクチャおすすめです。


山形銀行口座を持っていない人


現在、山形銀行の口座を持っていない人は、
口座開設の為に窓口への来店手続き、
郵送またはFAXでの解約手続きが必要となり、
申込から借入までには、約1週間前後はかかってしまうとのことでした。


口座開設が必須条件とされている地方銀行のカードローンでは、
仮審査通過後に、窓口で本申込、契約手続きを完結でき、
その場で新たに作成した口座へ振込融資を行ってくれる場合も有り、
このパターンだと最短2〜3日での借入も可能なのですが、


山形銀行カードローンはン窓口ではカードローンの手続きは出来ず、
必ず郵送かFAXでの本申込となる為、時間も手間も多くかかってしまいます。


正直、現在、山形銀行の口座を持っていない人がわざわざ新たに口座を開設してまでこの『山形銀行カードローン』を利用するメリットはないのではないかとゼニエモンは感じました。

山形銀行の口座を持っていない人は、口座の開設不要で利用できる三井住友銀行や、三菱UFJ銀行など大手メガバンクのカードローン、もしくはインターネット上で口座の開設も可能で、利便性が高いジャパンネット銀行や楽天銀行などのカードローンなどを比較・検討してみるコトを推奨します。


審査回答までには必ず勤務先への在籍確認が必須となる


カードローンを利用するには、申込をした本人が、
申込時に記入した勤め先で本当に働いているのかを
確認するための『在籍確認』が必要となります。


山形銀行カードローンの在籍確認は、勤務先への
電話連絡にて行われ、次のような形で電話はかけられます。


山形銀行カードローンの在籍確認について


基本的には、銀行名を名乗って勤め先への電話は掛けられますが、
銀行名を名乗らず、審査担当者の個人名で掛けてもらうコトも可能です。


個人名での在籍確認を希望する場合、
申込完了後「山形銀行カードローン受付センター」に
電話を掛けることで対応してもらうコトが可能です。


在籍確認の電話で、
「カードローンの在籍確認の為に電話しました。」
などと伝えられることはありませんし、


勤務先に申込した人が本当に働いているか確認できれば良いので、
本人が電話に出る必要もありません。


ですので、在籍確認に関してはほとんどの人が、難なくクリアできます。


ただ、次のように

  • 転職したばかりで自分あてに電話がかかってくるのはちょっと怪しまれそう
  • 基本的に現場で仕事しているので、自分宛に電話がかかってくることはない
  • 勤め先の営業時間は夜間のみで、昼間は電話が繋がらない

理由は様々ですが、電話での在籍確認はできれば避けたいのですが、
在籍確認ナシで利用できるカードローンはありませんか?といった
問い合わせを頂くことがけっこう多くあります。


このような人は、以下カードローンの利用を推奨します。
在籍確認ナシとまではいきませんが、勤務先への電話連絡ナシで
利用可能なカードローン一覧です。


書類提出で在籍確認をクリアできるカードローン一覧

本当に書類の提出で在籍確認OKなのか、ゼニエモンが実際に検証もしてみました。


業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た

会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を
クリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり、

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となることが多いです。


山形銀行カードローンのスペックを徹底調査してみた!

・山形銀行カードローンの金利って他カードローンと比べて低い?
・どうやって借入する?返済方法は?
毎月いくら返済すればいい?

ここからはカードローンを利用するにあたり、最低限知っておくべきポイントを、各項目ごとに詳しく解説していきます。

他カードローンとの比較も交え解説していきますので、カードローン選びの役に立ててもれえれば幸いです。


金利と借入限度額について


カードローンを選ぶ際に、多くのユーザーがまず注目するのが、
金利と借入限度額です。


山形銀行カードローンの金利と借入限度額


このように考えてしまった人は要注意です。


カードローンの金利は、借入限度額ごとに適用金利が定められ、
借入限度額は審査によって決定されます。


山形銀行カードローンの借入限度額ごとの適用金利表

借入限度額 適用金利
100万円未満 年14.6%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上400万円未満 年8.0%
400万円以上500万円未満 年7.0%
500万円 年4.5%

初めての申込で借入限度額が500万円、
適用金利4.5%となることはまずないと考えてください。


ほとんどの人が借入限度額は100万円以下、
もしくは200万円以下となる可能性が高いです。


これはどのカードローンを選んでも同様ですので、
カードローンの金利を比較する際は、下限金利ではなく、
上限金利で行うことを推奨します。


山形銀行カードローンの上限金利14.6%は、
銀行カードローンの中で比較すると特別高くも低くもなく、
平均的な金利となっています。


借入方法と利便性について


山形銀行カードローンの振込融資は、ローンカード到着前の
初回借入時のみ利用可能で、2回目以降の借入は、
自宅へと郵送されるローンカードを利用したATMでの借入のみとなります。


山形銀行カードローン利用可能ATM


山形銀行ATMの他に、セブン銀行やローソン、イーネットなどのコンビニATM、
全国の山形銀行の提携ATMが利用可能なので、
借入できる場所がなくて困った!というコトにはならないですが、
山形銀行以外のATMは利用手数料が有料となっているのはチョット残念なポイントです。


山形銀行カードローンは自動融資機能が付帯する!

山形銀行カードローンの自動融資機能は、
公共料金や、クレジットカード利用料金の引き落としの際に、
口座残高が不足していた場合、不足額を自動的に融資してくれます。


山形銀行カードローンの自動融資機能の解説


普段から山形銀行をメインバンクとして利用していて、
公共料金やクレジットカードの引き落とし先口座に指定している人には、
もしもの時にも安心できるうれしいサービスとなっています。


ただ、次の場合は自動融資は行われないので注意が必要です。

  • 山形銀行での借入金(住宅ローンやマイカーローンなど)
  • つみたて投信の購入代金や積立型定期預金の積立金
  • 山形銀行の自動送金サービスおよびネットバンクによる送金資金

返済方法と毎月の最低返済額について


多くのユーザーが、
『金利が低い=負担する利息が少なく済む』
このように考えています。

これはもちろん間違いではないのですが、金利の差以上に、負担する利息に影響するのが、毎月の返済額、完済までにかかる期間です。

当サイトで作成した返済シミュレーションを利用して、山形銀行カードローンの完済までにかかる期間、総支払利息を徹底解説していきます。


山形銀行カードローンの返済方法は、
毎月3日(銀行休業日の場合翌営業日)に山形銀行口座から
自動引き落としにて行われ、


返済する金額は、返済日前日の借入残高により決定、
次の表のようになります。


約定返済日前日の借入残高 毎月の返済額
10万円以下 2,000円
20万円以下 4,000円
30万円以下 6,000円
40万円以下 8,000円
50万円以下 10,000円
以降借入残高が10万円増すごとに 2,000円ずつ追加
100万円以下 20,000円
110万円以下 21,000円
120万円以下 22,000円
130万円以下 23,000円
140万円以下 24,000円
以降借入残高が10万円増すごとに 1,000円ずつ追加
500万円以下 60,000円

山形銀行カードローンの返済額はメチャクチャ低い!

上の表を見てもらうと分かるように、山形銀行カードローンの返済額は、
借入残高10万円以下は2,000円、20万円以下は4,000円と、
10万円ごとに細かく設定されていて、他のカードローンに比べ、
メチャクチャ低めとなっています。

  • 口座からの自動引き落としで返済が楽
  • 低めの返済額で毎月の負担を小さくできる

山形銀行カードローンの返済に関しては、
メリットしかないように感じてしまいますが、
これは、場合によっては大きなデメリットにもなり得ます。


山形銀行カードローンで借入、最低返済額のみの返済を行った場合、
完済までにかかる期間、支払う利息をシミュレーションしてみました。


山形銀行カードローンの返済シミュレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.6% 76回 2,000円 52,020円
15万円 14.6% 97回 2,000円 84,750円
20万円 14.6% 122回 4,000円 139,842円
30万円 14.6% 156回 6,000円 243,487円
50万円 14.6% 202回 10,000円 472,622円

山形銀行カードローンで50万円を借入、最低返済額のみで返済を続けると、
完済までには約16年、支払う利息は47万円にも昇ります。
50万円借りたらほぼ100万円返すということです!


ん?
50万円借りて、毎月10,000円返したら、もっと早く完済できるし、利息もそんなに払わなくて済む気がするんだけど、、。

計算おかしくない?


確かに、毎月10,000円の返済を続けた場合、完済までの返済回数は約80回、
支払う利息は約28万円に抑えることができるのですが、
山形銀行カードローンの毎月の返済額は、次のように変化していきます。



50万円を借入、毎月10,000円口座から自動的に引き落とされていたものが、
40万円まで借入残高が減った段階で8,000円、200万円で4,000円とだんだんと
返済額が引き下げられていきます。


返済額の引き下げは自動的に行われますし、山形銀行カードローンの返済は、
口座自動引き落としとなっているので、気づかないうちに、返済が長期化、
支払う利息の増大ということになってしまう可能性が高くなります。


上で、金利の差以上に支払う利息に影響するのは、
毎月の返済額、完済までにかかる期間とお伝えしましたが、


山形銀行カードローンより金利が約3%高い、
金利17.8%のプロミスで、同じ金額を借入した場合の
返済シミュレーションが次のようになります。


プロミスの返済シミュレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 17.8% 32回 4,000円 26,316円
15万円 17.8% 32回 6,000円 39,484円
20万円 17.8% 32回 8,000円 52,676円
30万円 17.8% 36回 11,000円 89,345円
50万円 17.8% 58回 13,000円 248,998円

同じ金額の借入でも、金利が高いプロミスの方が、
随分と支払う利息を抑えられることが分かります。


プロミスは、借入した時の残高で、最低返済額が決められ、
追加の借入をしない場合、最初から最後まで一定の金額で
返済を続けることになります。


銀行カードローンの山形銀行カードローン、消費者金融のプロミス、
金利、最低返済額、パット見だと断然銀行カードローンの方が、
ユーザーに優しい印象を受けますが、
極端に言うと、毎月の返済額が低いということはこういうことです。



山形銀行カードローンは、毎月の口座引き落としでの返済に加えて、
ローンカードを利用したATMでの追加返済も可能です。


口座引き落としでの返済額が減った分、ATMで追加返済を行うことで、
返済期間の短期化、支払う利息を低く抑えることも可能ですが、
決められた金額以上にお金を返すという行為はなかなか心理的に難しいです。


特にATMでの返済は口座引き落としと違い、
手元にある現金を入金することになるので、余計にです。


ゼニエモンにはできません!(汗)


山形銀行カードローンは、

  • 少額融資を希望していて、短期間で完済予定の人
  • 自己管理がしっかりでき、決められた金額以上の返済を継続的に行える人

このような人に利用を推奨できるカードローンです。


それ以外の人は、
借入時から完済まで最低返済額が変わらないプロミスや、
借入残高50万円以下は一律10,000円というように決められている
みずほ銀行カードローンなどといったカードローンの方が向いていると考えられます。


山形銀行カードローン利用のメリット・デメリット


山形銀行カードローンについて、徹底調査、詳しく解説してきましたが、
ここまでの内容を踏まえ、最後にこのカードローンを利用する、
メリット・デメリットを簡潔にまとめました。


メリット

山形銀行カードローンを利用することでメリットを
享受できるのは、山形銀行の口座をすでに持っている人、
その中でもメインバンクとして利用している人は、
特にメリットが大きくなります。


書類の提出一切なし・WEB完結申込可能

山形銀行の口座をすでに持っている人は、
本人確認書類の提出不要、申込から契約まで、
来店・郵送なし、WEB上で完結することができます。


スマホ1つあれば、いつでもどこからでも、
山形銀行カードローンの利用は開始できます。


最短即日での借入も可能

初回のみとはなりますが、自身の口座への振込融資に対応しているので、
ローンカード到着前の借入も可能となっていて、


平日の午前中に契約手続きが完結できた場合、
申込をしたその日のうちに借入することも可能です。


お金の管理を1本化できる

山形銀行カードローンは、毎月の返済を、
口座からの自動引き落としで行うので、
メインバンクとして山形銀行口座を利用している場合、
毎月の収入と支出をひとまとめにでき、お金の管理がしやすいです。


山形銀行を給与振り込み先に指定している人であれば、
毎月の返済の為にお金を移動させる必要がないので、
返済遅れによる遅延損害金発生のリスクを低く抑える事ができます。


もしもの時に安心の自動融資機能

山形銀行カードローンの自動融資機能は、
公共料金や、クレジットカード利用料金の引き落としの際に、
口座残高が不足していた場合、不足額を自動的に融資してくれます。


普段から山形銀行をメインバンクとして利用していて、
公共料金やクレジットカードの引き落とし先口座に指定している人には、
もしもの時にも安心な、うれしいサービスとなっています。


デメリット

利用には山形銀行の口座開設が必須

山形銀行の口座を持っていない人は、
口座開設の為に直接窓口への来店、カードローン本申込・契約の為に
郵送またはFAXでの手続きが必要となり、申込から借入までには、
早くとも1週間程度はかかってしまいます。


返済が長期化して支払い利息が大きくなる可能性がある

山形銀行カードローンの毎月の最低返済額は、
他カードローンに比べかなり低めの設定となっています。


さらに、口座からの自動引き落としでの返済となるので、
毎月の返済額の変化に気づきにくく、返済が長期化、
最終的に支払う利息が大きくなる可能性が高いです。


コンビニATMの利用手数料が有料

山形銀行のATM以外は、利用手数料が発生します。
1度きりのカードローンでの借入ではなく、
繰り返しの利用予定がある人には、使い勝手が悪く、
不向きだと言えます。


まとめ


金利や借入限度額などのスペックといったスペックに関しては平均的な山形銀行カードローンですが、すでに山形銀行の口座を持っている人には、享受できるメリットが大きくなります。

書類提出不要・WEB完結・最短即日融資などのメリットが得られるコトに加え、山形銀行口座を、給与振込先に指定している、預金口座として利用している、これらの要素は、審査の際にプラスの判断材料となり、審査に通りやすくなる傾向にあるので、山形銀行の口座をメインバンクとしている人にはかなりオススメできるカードローンです。

返済の長期化のリスクが高い点がネックなので、一括での返済が難しくなる、30万円以上の大きい金額の借入を考えている人は注意が必要だと考えられます。

逆に、現在、山形銀行の口座を現在持っていない人は、このカードローンを利用するメリットは大きくありませんので、地域限定のカードローンではなく、全国対応しているみずほ銀行や三井住友銀行といったメガバンクのカードローンやプロミス・アコムといった大手消費者金融を比較・検討してみることを推奨します。



口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ