トマト銀行カードローン Q-Li 『キューリ』

掲載日:


このカードローンに向いている人

  • トマト銀行口座をメインバンクとして利用している人
  • 借入までに10日以上日数がかかっても大丈夫な人

このカードローンに向かない人

  • とにかく急いでお金を借りたい人
  • トマト銀行営業エリア外に住んでいる人
  • WEB上で契約手続きを完結したい人
  • できるだけ短期間で完済したいと考えている人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
3.0%〜14.5% 10〜1,000万円 最短即日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14.5% 満20歳以上満68歳未満 SMBCコンシューマーファイナンス ナシも可


トマト銀行カードローンキューリってどんなカードローン?

カードローンキューリは、岡山県に拠点を置くトマト銀行の取り扱うカードローンです。


トマト?キューリ?銀行名もカードローンの商品名もなかなかインパクトが強いです。
全国対応もしているとのことでしたので、どんな特徴があるカードローンなのか徹底調査しました。


が、カードローンのスペックには特にインパクトはなく、銀行カードローンの中では、平均的な水準で
特に目立つ特徴は残念ですがありません。


以下、詳しく解説していきますが、カードローンキューリは申込から融資実行までには、
10日〜20日程度かかることが多いので、借入を急いでいて、
あまり時間に猶予がないという人は、次の【業者検索】を利用してみてください。


自身が求める条件に合ったカードローンをかんたんに検索することができます。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

  1. トマト銀行カードローンキューリへの申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. カードローンキューリは最短何日で借入できる?
  4. 在籍確認について 勤務先への電話連絡はある?
  5. 金利と借入限度額ついて
  6. 借入方法・利便性について
  7. 毎月の返済額と返済方法について
  8. トマト銀行カードローンキューリのメリット・デメリットとまとめ
  9. トマト銀行カードローンキューリ利用者の口コミ

トマト銀行カードローンキューリへの申込資格がある人


カードローンキューリへの申込資格はつぎのようになります。


  • 申込時の年齢満20歳以上満68歳未満の人
  • 安定した収入がある人
  • SMBCコンシューマーファイナンス鰍フ保証が受けられる人
  • 過去にトマト銀行で代位弁済等の事故のない人

属性

トマト銀行カードローンキューリに申込できる人
※年金収入のみの人は申込不可
※学生はアルバイトなどで収入がある場合も申込不可


カードローンキューリの利用にはトマト銀行口座が必須

カードローンキューリを利用するには、トマト銀行の口座が必須となります。


現在口座を持っていない人は、審査通過後、契約時に
トマト銀行口座開設手続きを同時に行います。


トマト銀行の営業エリア


インターネット支店を利用することで、来店不要で口座開設ができ、
日本全国から申込、利用することができます。


契約時に用意しておく必要がある書類


トマト銀行カードローンキューリを利用するには、
口座をすでに持っている人も持っていない人も、
顔写真入りの本人確認書類の提出が必要です。


カードローンキューリの必要書類


顔写真入りの書類の用意ができない場合、
健康保険証の提出でも可能となるのですが、その場合は住民票の原本の提出が必要になる場合があります。


カードローンキューリはWEB上での書類アップロードには対応しておらず、
窓口に直接来店するかもしくは郵送での提出が必須です。


最近では、WEB上で書類アップロード、契約手続きまで完結できる
カードローンが増えてきていますし、カードローンキューリの申込時の利便性は
低いと言えます。


収入証明書の提出条件

契約金額が300万円を超えた場合、以下の書類の提出が必要となります。



初回申込時に、300万円を超える金額での契約となることは、
滅多にありませんので、ほとんどの人が用意するのは、
本人確認書類のみでOKと考えておいて問題ありません。


トマト銀行カードローンキューリで最短で借入する方法


トマト銀行カードローンキューリの申込方法は次のようになります。


  • インターネットでの申込
  • 電話での申込
  • FAXまたは郵送での申込

トマト銀行窓口に直接来店してもカードローンキューリの申込は
できないので注意が必要です。



契約時の即日振込融資可能とのことなので、
これは申込から融資までのスピードに期待できるのではと、
オペレーターに電話で問い合わせ、カードローンキューリでの
申込から借入までの流れを問い合わせてみました。


申込から借入までの最短ルートは次のようになります。


カードローンキューリの最短融資までの流れ


トマト銀行の営業エリア外に住んでいる人、口座を持っていない人は、
郵送での契約手続き、契約時の口座開設手続きが必要となる為、
さらに借入可能となるまでには、さらに時間がかかり、
申込から借入までにはは、10日〜20日かかってしまうことが多いとのことでした。


トマト銀行カードローンキューリは、

  • WEB上で契約手続きを完結できない
  • 土日・祝日は審査を行っていない
  • ローンカードの発行方法は郵送のみ

急いで借入をしたい人にはオススメできません。


以下、即日での借入にメチャクチャ有利なカードローンを紹介していますので、
急いでお金が必要な人はこちらのカードローンの利用を推奨します。

  • WEB上での契約手続きが可能
  • 土日・祝日も即日での審査回答可能
  • 自動契約でのローンカード発行可能

即日融資に有利になる条件が揃ったカードローンの一覧となります。


業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(年中無休、一部店舗異なります。また年末年始を除く)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


郵送ではなく、自動契約機でローンカードの発行をすることで、
土日や夕方以降の申込でも即日での借入が出来る可能性が非常に
高くなるので、借入を急ぐ人にメチャクチャオススメです。


トマト銀行カードローンキューリの在籍確認について


カードローンを利用する際に避けては通れないのが在籍確認。


これはどこのカードローンでも必須項目となり、
基本的には勤め先への電話連絡にて行われます。


カードローンキューリの在籍確認

専業主婦の人に限り、在籍確認は不要となります。配偶者の勤務先に電話がかかることはありません。


カードローンキューリは、トマト銀行からではなく、
保証会社SMBCコンシューマーファイナンスの審査担当者
個人名で勤務先に電話はかけられます。


この電話の際に、「カードローンの在籍確認の為に電話しました。」
などと伝えられることはありませんし、


勤務先に申込した人が本当に働いているか確認できれば良いので、
本人が電話に出る必要もありません。


ですので、在籍確認に関してはほとんどの人が、難なくクリアできます。


ただ、次のように

  • 転職したばかりで自分あてに電話がかかってくるのはちょっと怪しまれそう
  • 基本的に現場で仕事しているので、自分宛に電話がかかってくることはない
  • 勤め先のの営業時間は夜間のみで、昼間は電話が繋がらない

理由は様々ですが、電話での在籍確認はできれば避けたいという人もいるかと思います。


このような人は、以下カードローンの利用を推奨します。


書類提出で在籍確認をクリアできるカードローン一覧

勤務先への電話連絡以外の方法で、在籍確認をクリアできる、
数少ないカードローン一覧となります。


本当に書類でも在籍確認OKなのか実際に検証もしてみました。

業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た

会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を
クリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり、

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となることが多いです。


トマト銀行カードローンキューリのスペックを徹底調査してみた!

・カードローンキューリの金利って他カードローンより低いの?
・どうやって借入する?返済方法は?
・毎月いくら返せばいいの?

ここからは、借入先を選ぶにあたり、最低限押さえておきたいポイントを、各項目ごとに詳しく解説していきます。
他カードローンとの比較も交えて解説していますので、借入先に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

金利と借入限度額について


トマト銀行カードローンの、借入限度額は10万円〜1,000万円まで、
金利は3.0〜14.5%となります。


カードローンキューリの金利


カードローンの金利ってこんなに低いんだ!って思った人は注意が必要です。


初めての申込で3.0%という金利が適用されることはまずありません。


基本的にどこのカードローンでも、金利は審査によって決まる借入限度額ごとに設定され、
次のようになるのですが、カードローンキューリで金利3.0%が適用されるのは
借入限度額が900万円を超えた場合のみです。


借入限度額 適用金利
10万円以上50万円以下 年14.5%
50万円超100万円以下 年14.0%
100万円超200万円以下 年12.5%
200万円超300万円以下 年9.5%
300万円超500万円以下 年6.5%
500万円超700万円以下 年5.0%
700万円超900万円以下 年4.0%
900万円超1,000万円以下 年3.0%

初めての申込の場合、上限金利もしくはそれに近い金利が適用されます。


カードローンキューリの上限金利14.5%は、銀行カードローンの中では平均的な水準です。


借入方法について


カードローンキューリの振込融資は契約時のみ利用可能で、
通常の利用はトマト銀行ATMもしくは提携ATMを利用した借入のみとなります。


カードローンキューリ利用可能ATM一覧


インターネット支店(ももたろう支店)以外の支店を利用している場合、
コンビニATM利用時の手数料は有料となります。


返済方法と毎月の最低返済額について


カードローンキューリの毎月の返済は、
トマト銀行口座からの自動引き落としにて行われます。


返済日は、毎月15日(銀行休業日の場合翌営業日)と定められ、
自身で返済日を指定することはできません。


この毎月必ず口座引き落としにて行われる返済を約定返済といい、
約定返済額は借入残高によって決まられます。


借入残高 毎月の返済額
2,000円未満 貸越残高
2,000円以上10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
以降借入残高10万円増すごとに 2,000円追加
90万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
以降借入残高100万円増すごとに 10,000円追加
900万円超1,000万円以下 110,000円

トマト銀行カードローンキューリの返済額はメチャクチャ低い!

上の表を見てもらうと分かるように、カードローンキューリの
毎月の最低返済額は、かなり低めに設定されています。


最低返済額が低いという点は、毎月の負担を小さくでき、
余裕を持った返済ができるというメリットにもなるのですが、


実は、これは大きな落とし穴で、この決められた金額のみで返済を続けると、
メチャクチャ損する可能性が高くなります。


カードローンキューリで最低返済額のみの返済を行った場合、
の返済シュミレーションを使って解説していきます。


カードローンキューリの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.5% 75回 2,000円 51.374円
15万円 14.5% 96回 4,000円 83,470円
20万円 14.5% 121回 4,000円 137,167円
30万円 14.5% 153回 6,000円 237,068円
50万円 14.5% 202回 10,000円 469,098円

カードローンキューリで50万円を借入、最低返済額のみで返済を続けると、
完済までには約17年、支払う利息は47万円にも昇ります。
ゾッとする年数と金額です。


あれ?
50万円借りて、毎月10,000円返したら、もっと早く完済できる気がするんだけど、、。

計算おかしくない?


確かに、毎月10,000円の返済を続けた場合、完済までの返済回数は約80回、
支払う利息は約28万円に抑えることができるのですが、
カードローンキューリの毎月の返済額は、次のように変化していきます。



50万円を借入、毎月10,000円口座から自動的に引き落とされていたものが、
40万円まで借入残高が減った段階で8,000円、30万円で6,000円とだんだんと
返済額が引き下げられていきます。


返済額の引き下げは自動的に行われますし、カードローンキューリの返済は、
口座引き落としとなっているので、気づかないうちに、返済が長期化、
支払う利息の増大ということになってしまう可能性が高くなります。


カードローンを選ぶ時には、どうしても金利にばかり目が行ってしまいがちですが、
金利以上に支払う利息に影響するのは、毎月の返済額だという事が分かります。


金利17.8%のプロミスで同じ金額を借入した場合の返済シュミレーションを行ってみました。


プロミスの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 17.8% 32回 4,000円 26,316円
15万円 17.8% 32回 6,000円 39,484円
20万円 17.8% 32回 8,000円 52,676円
30万円 17.8% 36回 11,000円 89,345円
50万円 17.8% 58回 13,000円 248,998円

カードローンキューリよりも金利は3.3%高いのにも関わらず、
最終的に支払う利息は、随分とプロミスの方が低く抑えられます。


プロミスは、借入した時の残高で、最低返済額が決められ、
追加の借入をしない場合、最初から最後まで一定の金額で
返済を続けることになります。


銀行カードローンのキューリ、消費者金融のプロミス、
金利、最低返済額、パット見だと断然銀行カードローンであるキューリの方が、
メリットが大きいように見えてしまいますし、そもそもイメージ的にも消費者金融よりも
銀行カードローンの方が安心感があります。


しかし、極端に言うと、毎月の返済額が低いというコトはこういうことです。



毎月の口座引き落としでの返済に加えて、
ローンカードを利用したATMでの追加返済を行うことで、
最低返済額が低いことにより発生するデメリットは消すことができますし、
同じ金額で返済を続けるのであれば、もちろん金利の低いカードローンキューリの方が、
最終的に支払う利息は低く抑えることができます。


ただ、決められた金額以上にお金を返すという行為はなかなか心理的に難しいです。


特にATMでの返済は口座引き落としと違い、手元にある現金を入金することになるので、
余計にです。


トマト銀行カードローンキューリは、

  • 少額融資を希望していて、短期間もしくは一括で完済予定の人
  • 自己管理がしっかりでき、決められた金額以上の返済を継続的に行える人

このような人に利用を推奨できるカードローンです。


それ以外の人は、
借入時から完済まで最低返済額が変わらないプロミスや、
借入残高50万円以下は一律10,000円、100万円以下20,000円と設定されている
みずほ銀行カードローンなどといったカードローンの方が向いていると考えられます。


トマト銀行カードローンキューリのメリット・デメリット


トマト銀行カードローンキューリについて詳しく解説してきました。
長くなってしまったのですが、最後にカードローンキューリのメリット・デメリットを
簡潔にまとめていきます。

メリット

当サイトでは、様々なカードローンの調査・比較を行っているのですが、
カードローンキューリはカードローンを利用してお金を借りたいと考えるユーザーの
多くが求める条件、低金利、融資までのスピードどちらも満たしていません。


口座の開設必須となることが多い地方銀行カードローンの場合、
この2つの条件は満たしていなくとも、口座をすでに持っているコトで、

  • 本人確認書類の提出が不要となる
  • 口座を持っている場合、即日で借入が可能となる
  • ネットバンクを利用することで、WEB上での振替融資が可能となる

このような、特別に享受できるメリットがある場合が多いのですが、
カードローンキューリにはありません。


唯一、トマト銀行の口座をメインバンクとして利用している人は、
お金の管理を一本化できるという点がメリットとして挙げられます。


デメリット

申込から借入までに時間がかかる

初回振込融資を利用する場合でも、申込から借入までには
5日〜10日前後かかってしまいます。


WEB上で契約手続きを完結できない

契約手続きはトマト銀行窓口への来店、もしくは郵送での手続きが必須となります。


返済の長期化、支払う利息の増大してしまう可能性が高い

最低返済額がかなり低めに設定されている為、完済までにかかる期間が長くなり、
最終的に支払う利息が大きくなってしまう可能性が高いです。


まとめ

・金利や借入限度額といったスペック
・申込から借入までのスピード
・借入時の利便性
・返済の自由度

これらを他カードローンと比較したときに、トマト銀行カードローンキューリが特別秀でている点は正直ありません。
トマト銀行を給与振込先口座にしている、預金口座として利用している、これらは審査の時にプラスの判断材料となり、審査に通りやすくなる傾向にあるので、トマト銀行の口座をメインバンクとしている人にのみオススメできるカードローンです。

トマト銀行の口座を持っていない人、持っていても借入を急いでいる人は、全国対応しているメガバンクのカードローンや、大手消費者金融の利用を検討することを推奨します。



口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ