東京スター銀行『スターカードローン』

掲載日:

東京スター銀行カードローンのバナー画像


このカードローンに向いている人

  • 東京スター銀行をメインバンクとして利用している人
  • お金の収支を一つの口座でまとめて管理したい人
  • 融資までに5日以上、余裕がある人
  • 勤続年数が長い会社員の人

このカードローンに向かない人

  • 東京スター銀行の口座を持っていない人
  • とにかく急いで借入したいと考えている人
  • 50万円以下の借入を希望している人
  • 勤続年数が短い人・アルバイトやパートの人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
1.8%〜14.6% 10万円〜1,000万円 約5日 無し 必須 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
借入利率と同率 満20歳以上65歳未満 新生フィナンシャル 不要


東京スター銀行『スターカードローン』ってどんなカードローン?

スターカードローンは、東京都に拠点を置く、第二地方銀行の
東京スター銀行が取り扱うカードローンです。


このカードローンを利用するには東京スター銀行の口座開設が必須ですが、
口座開設はスマホアプリからも可能で、全国からの申込、利用が可能となっています。


ただ、支店へ直接の来店が出来ない場合、口座の開設には最低でも5営業日ほど
かかってしまうので、現在東京スター銀行の口座を持っていない人、
急いで借入をしたい人には利用をオススメできません。


現在、東京スター銀行の口座を持っていない人は、
次の【業者検索】を利用してみてください。


自身が求める条件に合ったカードローンをかんたんに検索することができます。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

東京スター銀行スターカードローンについて、電話で問い合わせ、徹底調査しました。
他カードローンとの比較を交えつつ、詳しく解説していきます。

東京スター銀行公式HP以上に濃い情報をお届けしますので、スターカードローンの利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

あまり時間に猶予がない!という人は、以下目次から自身の知りたい項目を選択してもらえれば、幸いです。


  1. 東京スター銀行スターカードローンへの申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. 申込から借入までの流れ 最短何日で借入できる?
  4. 在籍確認について 勤務先への電話連絡はある?
  5. 金利と借入限度額について
  6. 借入方法・利便性について
  7. 毎月の返済額と返済方法について
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. 東京スター銀行『スターカードローン』利用者の口コミ

東京スター銀行スターカードローンの申込資格がある人


東京スター銀行スターカードローン申込資格はつぎのようになります。

  • 申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の人
  • 定期的な収入がある人(パート・アルバイト・年金受給者・学生も含む)
  • 保証会社新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる人

属性

東京スター銀行スターカードローンの申込資格がある人


専業主婦の申込は不可

東京スター銀行スターカードローンは、パートやアルバイトの人でも、
安定、定期的な収入がある場合申込が可能で学生の利用も可能とされており、、
多くのユーザーが利用可能ですが、自身に収入のない専業主婦の人は申込不可となります。


スターカードローン利用には口座の開設が必須

スターカードローンを利用するには、東京スター銀行の口座開設が必須となります。


口座の開設は審査通過後でOKなので、現在口座を持っていない人でも、
申込をすることは可能ですし、スマートフォンアプリ・パソコンから、
WEB上で口座開設手続きも行えるので全国からの申込に対応しています。


ただ、窓口への来店ではなく、WEBからの口座開設手続きには、
最短でも5営業日ほどかかってしまいます。


窓口へ来店した場合、その場で口座の開設は可能ですが、
東京スター銀行は、東京都に本店を置く第二地方銀行で、
首都圏以外には支店が少なく、次のようになります。


東京スター銀行の営業エリア


現在、東京スター銀行の口座を持っていない人や、居住区域の近隣に、
東京スター銀行の支店がない人には利用しづらいカードローンとなっています。

契約時に用意しておく必要がある書類


東京スター銀行スターカードローンを利用するには、
次の2種類の書類の提出が必要となります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

これらの書類提出は、スマホやデジカメで撮影した画像データを
WEB上でアップロードすることも可能となっていて、郵送や窓口への来店ナシで完結できます。


本人確認書類

本人確認書類は次のうち1点、提出することになります。


東京スター銀行スターカードローンの本人確認書類


収入証明書

収入証明書の提出は、借入限度額が50万円以下の場合は不要、
このようにされているカードローンが多いのですが、
東京スター銀行スターカードローンでは、借入限度額に関わらず、
必ず収入証明書の提出は必要となります。


収入証明書としては次のものが認められます。



収入証明書の提出が借入限度額に関わらず必須となっているコトから、慎重な審査を行っていると予想され、審査はやや厳しめになるのではないかと考えられます。

あくまでゼニエモンの主観ですが、50万円以下の借入を希望している人には、東京スター銀行スターカードローンは不向きなカードローンです。

特に、5万円〜10万円程度の少額融資であれば、金利の差による支払う利息への影響は少なく済むので、プロミスやアコムといった大手消費者金融、もしくは口座の開設不要で利用可能な三井住友銀行や三菱東京銀行など大手メガバンクのカードローンの利用を検討してみることを推奨します。

東京スター銀行スターカードローンの申込から借入までの流れ


東京スター銀行スターカードローンは、

  • インターネットで24時間申込OK
  • WEB上で契約手続きの完結可能
  • ローンカード到着前の振込融資可能

このように、最短即日での融資が可能となる条件が揃っています。


東京スター銀行ローンサポートセンターに電話にて問い合わせ、
申込から借入までの詳しい流れを調査してみました。


東京スター銀行スターカードローン申込から借入までの流れ


東京スター銀行の口座をすでに持っている人は、
最短即日での振込融資も可能ですが、

  • 振込先は東京スター銀行口座に限る
  • 振込融資は1回のみ上限は10万円まで
  • 土日・祝日の振込は不可

このような条件となります。


スターカードローンは借入を急いでいる人には向いていない!

最短即日での融資はあくまで、審査を当日中に通過、書類にも不備がなく、
スムーズに契約手続きまで完結できた場合のみの話です。


これは、どこのカードローンでも同条件ですが、東京スター銀行スターカードローンでは、
申込から審査回答まで5日、ローンカードが届くまでに約3週間程度かかってしまうことも
あるとのことでした。


東京スター銀行スターカードローンは、借入を急いでいない人、
いざという時のためにローンカードを持っておきたい人にのみ利用を推奨します。


反対に、できれば当日中、遅くとも2〜3日中にお金を借りたいと考えている人には、
正直あまりオススメできません。


借入を急ぐ人は、以下カードローンの利用を検討してみてください。


土日・祝日も即日での審査回答可能、自動契約機でローンカードを発行することで
即日での借入ができる可能性が非常に高いカードローンの一覧です。


借入をとにかく急ぐ人にオススメなカードローン一覧

業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(一部店舗異なる)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


ほとんどのカードローンで、即日振込融資を希望する場合は、
平日、午前中のうちの申込が必須条件となるので、
午後からの申込で即日で借入をするのはかなり難しくなります。


ここで紹介しているカードローンは、
自動契約機でのローンカードの発行をすることで、
夕方以降、土日・祝日の申込でも、即日の借入が可能となります。

東京スター銀行スターカードローンの在籍確認について


カードローンを利用するには、どこのカードローンでも在籍確認が必須項目となり、
これは基本的に勤め先への電話連絡により行われます。


東京スター銀行スターカードローンでも同様で、在籍確認をクリアしないことには、
審査結果通知のメールは受け取ることができず、即日での借入はできません。


スターカードローンの在籍確認は以下のタイミング、内容で
勤務先に電話がかけられることになります。


東京スター銀行スターカードローンの在籍確認について


在籍確認の電話は、本人が出る必要はありませんし、
この電話は、審査担当者の個人名でかけられ、申込をした本人以外の第三者に、
カードローン申込の事実を伝えられることは絶対にないのですが、
次のような問い合わせをいただくことが多くあります。


・会社名を名乗らない電話は取り次いでもらえない
・基本的に現場で仕事をしているから、自分宛に電話がかかった時点で怪しまれそう。

『在籍確認ナシで利用できるカードローンってないんですか?』


在籍確認は、審査をする上で非常に重要な項目となり、必ず必要となり避けて通ることはできないと考えてください。

ただ、在籍確認ナシではありませんが、在籍確認を電話以外の方法で行ってくれるカードローンはいくつかあります。

絶対に電話以外の方法で在籍確認がクリアできるというわけではないのですが、当サイトで実際に申込、検証もしてみたので、勤め先に電話をかけて欲しくないという人は、次の表をぜひ参考にしてみてください。


書類提出で在籍確認をクリアできるカードローン一覧

実は、勤務先への電話連絡ナシでも利用可能なカードローンもあります。


本当に書類でも在籍確認OKなのか、
当サイトの管理人ゼニエモンが実際に検証もしてみました。

業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
モビット 未検証
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た
新生銀行カードローン レイク △※審査次第で書類提出可 未検証

会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を
クリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり、

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となることが多いです。

東京スター銀行スターカードローンのスペックを徹底調査してみた!

・スターカードローンの金利は低いほうなの?
・どうやって借入するの?
・返済方法は選べる?
・毎月いくら返せばいいの?

ここからはカードローンを利用する上で最低限知っておきたい情報を徹底調査、解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。


金利と借入限度額について


東京スター銀行スターカードローンの金利と借入限度額は
次のようになりますが、この金利と借入限度額を比較する時には注意が必要です。


東京スター銀行スターカードローンの金利と借入限度額について


このように判断してはいけません。


まず、借入限度額ですが、2017年4月から銀行カードローンも消費者金融と同様に、
総量規制を取り入れる流れとなっていて、年収の1/3以上の借入はかなり難しくなっています。


となると、1,000万円の借入限度額が適用されるのは、
年収3,000万円以上の人となり、ちょっと現実的ではないです。


次に金利ですが、金利は借入限度額毎に適用金利が定められていて、
ほとんどのカードローンは公式HP上で確認することができるのですが、


東京スター銀行スターカードローンは、公式HP上で借入限度額毎の
適用金利を確認することができません。


適用金利について電話にて問い合わせたところ、


借入限度額毎の適用金利というものは設けておりません。

適用金利に関しましては、お申込みいただき、審査の結果により決定されますので、お答えすることができません。


とのことでしたが、借入限度額が100万円未満となった場合に、
下限金利の1.8%が適用されるというコトはまずありません。


審査の結果、借入限度額100万円未満となった場合は上限金利の14.6%、
100万円以上200万円未満の場合12.0%前後の金利となると考えられます。


銀行カードローンの上限金利は14%前後に設定されていることが多いので、
東京スター銀行スターカードローンの金利は平均的な金利だと言えます。


借入方法と利便性について


東京スター銀行スターカードローンの借入方法は

  • ローンカードを利用したATMでの借入
  • 東京スターダイレクト(インターネットバンキング)を利用した借入

この2通りの方法が用意されています。


まず、ローンカードを利用したATMでの借入ですが、
東京スター銀行ATMの他に、ゆうち銀行やセブン銀行など、
全国の提携ATMが利用可能となっています。


スターカードローン利用可能ATMの画像


次に、東京スターダイレクト(インターネットバンキング)を利用した借入ですが、
専用サイトにログインすることで、PC・スマホからカンタンな操作で、
自身の東京スター銀行口座へ振替という形で借入することが可能です。


インターネット上で借入を行うことができ、便利なサービスなのですが、
平日15時以降、土日祝日の手続きを行った場合、
翌営業日の借入となってしまうので注意が必要です。


返済方法と毎月の最低返済額について


『金利が低い=負担する利息が少なく済む』
多くのユーザーがこのように考えています。

これはもちろん間違いではないのですが、カードローンを利用するうえで、金利の差以上に負担する利息に大きな影響を与えるのは、毎月の最低返済額と完済までにかかる期間です。

非常に重要な項目となりますので、当サイトで作成した返済シュミレーションを利用して、東京スター銀行スターカードローンの返済について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


東京スター銀行スターカードローンの返済は、
毎月4日(銀行休業日の場合は翌営業日)に、
東京スター銀行の口座から自動引き落としにて行われ、


返済する金額は、前月末日の借入残高により決定、
次の表のようになります。


前月末日のローン残高 約定返済額
30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超70万円以下 15,000円
70万円超90万円以下 20,000円
90万円超150万円以下 25,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超250万円以下 35,000円
250万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 55,000円
400万円超500万円以下 65,000円
500万円超600万円以下 75,000円
600万円超700万円以下 85,000円
700万円超800万円以下 95,000円
800万円超900万円以下 105,000円
900万円超1,000万円以下 115,000円

東京スター銀行スターカードローンの毎月の最低返済額はやや低め!

スターカードローンの毎月の最低返済額は、
30万円以下の借入残高の場合5,000円、
50万円以下で10,000円とやや低めの設定となっています。


最低返済金額が高いカードローンと低いカードローン、
圧倒的に低いカードローンの方がメリットが大きいように感じてしまう
ユーザーが多いですが、


以下、スターカードローンの返済シュミレーションと、
最低返済額が50万円以下一律10,000円と設定されている
みずほ銀行カードローンの返済シュミレーションを見比べてください。


スターカードローンの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.6% 24回 5,000円 15,286円
15万円 14.6% 38回 5,000円 37,769円
20万円 14.6% 56回 5,000円 75,707円
30万円 14.6% 38回 5,000円 228,347円
50万円 14.6% 143回 10,000円 418,199円

東京スター銀行スターカードローンで50万円を借入、最低返済額のみで返済を続けると、
完済までには約12年、支払う利息は42万円にも昇ります。
50万円借りたらほぼ90万円返すということです!


ん?
50万円借りて、毎月10,000円返したら、もっと早く完済できるし、利息もそんなに払わなくて済む気がするんだけど、、。

計算おかしくない?


確かに、毎月10,000円の返済を続けた場合、完済までの返済回数は約80回、
支払う利息は約28万円に抑えることができるのですが、
東京スター銀行スターカードローンの毎月の返済額は、次のように変化していきます。



50万円を借入、毎月10,000円口座から自動的に引き落とされていたものが、
30万円まで借入残高が減った段階で、返済額は5,000円に引き下げられます。


返済額の引き下げは自動的に行われますし、東京スター銀行スターカードローンの返済は、
口座自動引き落としとなっているので、気づかないうちに、返済が長期化、
支払う利息の増大ということになってしまう可能性が高くなります。


返済額が借入残高50万円以下は一律10,000円と定められている
みずほ銀行カードローンの返済シュミレーションが次のようになります。


みずほ銀行カードローンの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.0% 11回 10,000円 6,962円
15万円 14.0% 17回 10,000円 15,864円
20万円 14.0% 23回 10,000円 29,076円
30万円 14.0% 38回 10,000円 71,399円
50万円 14.0% 76回 10,000円 254,785円

金利の差は0.6%とわずかな差なのですが、返済額の違いで
支払う利息にはここまで大きな差が生まれます。


特に借入する金額が30万円を超え大きくなると、
その差はグッと大きくなってきます。


ですので、東京スター銀行スターカードローンを利用して
30万円以上の大きい金額の借入を予定している人は、
返済期間の長期化による支払う利息の増大化には注意が必要です。


口座引き落としでの返済額が減った分、ローンカードを使ってATMでの追加返済を行っていくコトをオススメします。

東京スター銀行スターカードローン利用のメリット・デメリット


東京スター銀行スターカードローンについて、徹底調査、詳しく解説してきましたが、
ここまでの内容を踏まえ、最後にこのカードローンを利用する、
メリット・デメリットを簡潔にまとめました。


メリット

WEB上で契約手続きを完結できる

PC・スマホから申込、本人確認書類をWEB上でアップロードすることで、
契約手続きをWEB上で完結することが可能です。


インターネットネットバンキングを利用した振替での借入が可能

東京スターダイレクト(インターネットバンキング)を利用することで、
PC・スマホからのカンタンな手続きで、振替での借入が可能となっています。


返済、取引明細の照会もでき、利便性は高くなります。


デメリット

東京スター銀行の口座開設が必須

口座開設は、カードローン申込と同時にでき、
専用スマホアプリを利用することで、来店ナシでも行えますが、
カードローン利用の為にわざわざ新たな口座を開設するのは、
やはり手間です。


特に、少額・短期間の借入を予定している人は、
口座開設ナシで利用できるカードローンの利用を
検討してみる事をオススメします。


収入証明書の提出が必須

スターカードローンを利用するには、必ず収入証明書の提出が必要となります。


運転免許証など本人確認書類と違い、普段から持ち歩いている人は少なく、
急な出費への対応力は低いと言えます。


返済が長期化して支払い利息が大きくなる可能性がある

スターカードローンは、毎月の最低返済が低めの設定となっています。


さらに、口座からの自動引き落としでの返済となるので、
毎月の返済額の変化に気づきにくく、返済が長期化、
最終的に支払う利息が大きくなる可能性が高くなってしまいます。


まとめ

・金利や借入限度額などのスペック
・申込から融資実行までのスピード
・利用開始後の利便性

これらを他カードローンと比較した時に、東京スター銀行スターカードローンが特別優れている点は正直ありません。

可もなく不可もなく平均的なスペックですが、収入証明書の提出が必須ということもあり、アルバイトやパート、学生の人には不向きなカードローンとなっています。

スターカードローンは、東京スター銀行口座をすでに利用している人、その中でも勤続年数1年以上の会社員の人に利用を推奨できます。

現在、東京スター銀行の口座を現在持っていない人は、自身が利用している銀行のカードローンや、口座開設不要で利用できる三井住友銀行・三菱東京銀行といったメガバンクのカードローンやプロミス・アコムといった大手消費者金融を比較・検討してみることを推奨します。



口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ