東京スター銀行の住宅ローンについて徹底解説!3種類の住宅ローンを細かく調査しました

掲載日:

家の購入は、人生でも最大級に大きな買い物です。


そして、住宅を購入するのに利用するのが住宅ローンです。


これから住む家を選ぶのも大事ですが、お金を借り入れる住宅ローンを選ぶのも負けないくらい一大事と言えます。


住宅ローンの利用先を間違えた……なんてことがないように、ここでは評判の良い東京スター銀行の住宅ローンについて、ゼニエモンが分かりやすく解説します!


東京スター銀行の住宅ローンには3種類あるので、どれが自分に合っているかじっくりと見極めてください。


また、住宅ローンの審査を通るコツも一緒に覚えて、人生最大の買い物を上手く乗り切りましょう!


    東京スター銀行の住宅ローンについて

    預金連動型住宅ローン

    東京スター銀行の住宅ローンは、全部で3つあります。


    まずはそれぞれの概要をざっくりと見てみましょう。


    スター住宅ローン スターセレクト住宅ローン スターワン住宅ローン
    借り入れ可能額 500万円以上1億円以下 500万円以上1億円以下 500万円以上1億円以内
    年率(※2021年8月時点) 1.25%〜2.35% 0.75%〜1.25% 0.75% 〜 1.25%
    融資期間 1年以上35年以内 1年以上35年以下 1年以上35年以内
    利用条件 ・外国籍で永住許可を受けていない方で、以下の条件を満たしている方。
    …日本にお住まいの方。日本語の契約規定を理解できる方(配偶者または法律専門家の助けを得て理解できる場合を含む)。
    ・25歳以上65歳以下の方で、完済時の年齢が75歳以下の方。
    ・正社員として1年以上、または会社役員・自営業として3期以上の安定した収入があることを公的書類にて証明できる方。
    ・税込年収400万円以上の方。
    ・お借り入れの対象となる地域は主要都市圏となります。 ただし、上記地域内でも物件によっては取り扱いができない場合があります。
    ・その他、当行所定の審査基準を満たしている方。
    ・日本国籍の方または外国籍で永住許可を受けている方で国内居住の個人の方。
    ・融資申込時および実行時の年齢が20歳以上64歳以下の方で、完済時の年齢が79歳以下の方。がん団信をお選びいただく場合は融資申込時および実行時の年齢が20歳以上49歳以下の方で、完済時の年齢が79歳以下の方。
    ・正社員として1年以上、または会社役員・自営業として通期2期以上の安定した収入があることを公的書類にて証明できる方。
    ・税込年収400万円以上の方。
    ・当行指定の保証会社の保証を受けられる方。
    ・その他、当行所定の審査基準を満たしている方。
    ・日本国籍の方または外国籍で永住権をお持ちの方で国内居住の個人の方
    ・外国籍で永住権をお持ちでない方で、以下の条件を満たしている方
    …日本にお住まいの方。日本語の契約規定を理解できる方(配偶者または法律専門家の助けを得て理解できる場合を含む)。 ・20歳以上65歳以下の方で、完済時の年齢が75歳以下の方
    ・正社員として1年以上、または会社役員・自営業として2年以上の安定した収入があることを公的書類にて証明できる方

    東京スター銀行の住宅ローンは、上記の3つのものがあります。


    それぞれで条件が変わるので、自分に合ったローンを選択しなければなりません。


    「借りてみたけどやっぱり違った」「借りたいのに条件を満たせなかった」ということがないように、気をつけましょう。


    公的書類ってなに?

    公的書類と書かれていても、何を提出すれば良いのかさっぱり分からない人も多いのではないでしょうか。

    一般的に公的省類とは、公的機関が発行しているもので氏名・住所・生年月日・顔写真が入っているものとなっています。

    (例) 運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、国民年金手帳、身体障害者手帳、住民票(目安:発行日から6カ月以内のもの)、在留カード、個人番号カード(マイナンバー)

    東京スター銀行 住宅ローンの審査と必要書類について

    住宅ローンにも、審査というものがあります。


    しかし、もし審査に落ちてしまうとその情報が信用情報に記録され、最低6ヶ月間は同じ住宅ローンへ申し込んでも自動で落ちてしまいます。


    そして、審査に繰り返し何度も落ちると、信用情報機関にマイナスの形で落ちたことが記録されてしまい、どんどん借り入れが難しい状況になります。


    闇雲に申し込むことにはデメリットしかないので、審査に通過する可能性があるところに申し込みをするようにしましょう。


    また、審査にかかる期間中に通るか心配してストレスを貯めないためにも、注意点と押さえておくべきポイントを把握するのが大切です。


    審査は銀行独自の基準がありますが、ある程度の共通点もあるので、しっかりチェックして自信を持って審査を受けましょう。


    審査に落ちる原因4つ

    年収が低い

    住宅ローンには、「総量規制」がありません。


    総量規制とは年収の3分の1以上借り入れできない法律のことで、例えばカードローンは総量規制の対象です。


    住宅ローンは総量規制の対象外ですが、ローンである以上は借入額を返す必要があり、さらに完済できるような経済力が求められます。


    もしも完済が不可能と判断された場合は、当然ですが審査に通るのは不可能です。


    カーローンや学資ローンがかなり残っていて日々の返済が苦しい方は、注意しましょう。


    必要な保険に加入していない

    住宅ローンの多くは団体信用生命保険に加入しておく必要があるか、加入が推奨されます。


    東京スター銀行の場合は、団体信用生命保険付き住宅ローンがあるので、こちらに加入する選択肢もあります。


    そもそも団体信用生命保険とは、ローンの返済中に契約者に万が一のことが発生した場合、保険金から住宅ローンの残高が弁済される保障制度のことです。


    団体信用生命保険があれば、もしものことがあっても遺された家族が住宅ローンの返済に追われる心配はありません。


    また、団体信用生命保険以外にも、返済中は火災保険などの指定保険に加入しているよう求められることもあるので注意しましょう。


    健康状況に心配がある

    住宅ローンは長期に渡って返済するローンなので、長く働ける健康状態であることが求められます。


    つまり、すぐに容体が急変しそうな病気に罹っているいる場合や、心身になんらかの心配がある場合は、審査に落やすくなってしまいます。


    持病がある場合は、仕事に支障をきたすものなのか、それとも特段意識する必要がないものなのか事前に説明をしておきましょう。


    信用情報の評価が悪い

    住宅ローンの審査で参考にされるのが、信用情報です。


    日々のローンやクレジットカードの利用状況は、信用情報機に全て記録されています。


    たとえば自己破産や任意整理をしていれば、もちろんその情報も信用情報に記載されているので、最低5年〜10年は借り入れができません。


    そして、クレジットカードやカードローンの支払いを何度も滞納していると、信用情報の状態が悪くなり、何の審査にも通らなくなってしまいます。


    こうなると、回復まで一定時間が経たないと信用情報は回復しません。


    また、東京スター銀行の住宅ローンを利用するのであれば、東京スター銀行との取引で問題を起こすのは論外です。


    もしも東京スター銀行の支払いを遅延したり滞納していたことがあるなら、他銀行の住宅ローンを検討しましょう。

    担保の評価が低い

    もし住宅ローンの返済が不可能になると、自宅や土地に対する抵当権が実行されます。


    しかし、仮に抵当権を実行しても融資を回収できない場合、担保と融資が見合わず住宅ローンが利用できない可能性があります。


    新築を購入するために住宅ローンを利用する場合も、土地や住宅と融資額がきちんと見合っているかしっかり検証しましょう。


    審査に通りやすい属性一覧


    確実に審査に通ると断言することは、できません。


    しかし、審査に通る可能性が少しでも高い基準を提示することはできます。


    住宅ローンに申し込む前に、自分が通りやすいか通りにくいか自己診断してみてください。


    年齢:20代後半から40代の働き盛りが有利

    融資をする上で、年齢は重要な判断基準になります。


    年齢が高すぎない方が、返済期間の長い住宅ローンにとっては有利に働くと言えるでしょう。


    居住年数:長ければ長い方が有利となり、引っ越しを繰り返していると不利

    住宅ローンは、申込以前に一つの場所に定住していたか、引っ越しを繰り返していたかで大きく違います。


    雇用形態:正社員や公務員などの安定した雇用形態の方が有利

    自営業の方でも住宅ローンを利用できますが、正社員や公務員の方が審査で高評価を得やすいです。


    健康保険証・国民健康保険よりも社会保険の方が有利

    国民健康保険は誰でも利用できますが、社会保険は法人企業に属する会社員しか持つことができません。


    国民健康保険のみよりも、さらに厚生年金保険も上乗せされる社会保険の方が、審査をする側の信用性も高くなります。


    安定した雇用形態って具体的に何?

    安定した雇用形態とは、正社員や公務員など毎月決まった収入を得られる職業を指します。


    契約社員や派遣社員は雇用期間に限りがあり、必ず更新してもらえるとは限らないため、正社員と比べて不安が残ります。


    民間企業だと、さらに会社規模が大きくなるにつれて信用度は高くなります。


    ただ、大手といっても転職をしたばかりの場合は不利に働くことが多いです。

    絶対に避けよう!ブラックリストのきっかけ4つ

    ブラックリストは、一度入ってしまうと最低5年〜10年間に渡ってローンを組むことができなくなります。


    こうなると、住宅ローンを組むどころの話ではありません。


    ここでは、ブラックリストの原因となるポイントについてゼニエモンが解説します。


    長期延滞

    クレジットカードなどの支払いを長期に渡って滞納していると、返済能力がないと判断されて、ブラックリスト入りしてしまいます。


    債務整理

    ローンやクレジットカードの支払いができなくなったとき、自己破産や任意整理をすると借金を合法的に整理できます。


    ただし、これはあくまで最後の手段です。


    自己破産や債務整理をするとブラックリスト入りしてしまうので、住宅ローンの借り入れをしたい方は避けなければいけません。


    強制解約

    支払いの滞納があまりに長いときや、契約違反行為をしたとき、融資側から契約を強制的に打ち切ることがあります。


    これも債務整理と同じような状況なので、ブラックリスト入りします。


    代位弁済

    借り入れをした契約者の返済が滞ると、保証会社が立て替えて返済することがあります。


    こちらも債務整理と同じ扱いになるので、気をつけましょう。


    ブラックリストに入っても住宅ローンを組める!?

    滞納や自己破産、任意整理などでブラックリスト入りしてしまうと、住宅ローンを組むのはまず不可能です。


    ただし、実はブラックリストに入っていても住宅ローンを組めたという声が多くあります。


    いったいどういうからくり?と気になる方も多いと思います。


    ブラックリストに入っているのに審査に通った秘訣、それは頭金を少しでも多く支払うことです。


    住宅ローンは、住宅に関わるお金を全額借りることはできず、実際には購入代金の一部をあらかじめ支払うことになります。


    その時に支払う代金のことを、頭金と言います。


    高額の頭金を支払って住宅ローンで借りるお金を少なくすれば、住宅ローンを融資してもらえるかもしれません。


    必要書類

    物件・資金用途に関する写し ・売買契約書
    ・重要事項説明書
    ・新築一戸建ての場合は建築確認済証、建築確認申請書の第一面から第五面
    ・間取り・価格がわかる資料
    ・現在借り入れしているローンの返済予定表
    収入に関する書類 ・給与所得のみの方と会社役員の方は源泉徴収票(前年分)、公的証明2年分(原本)
    ・確定申告のある方は確定申告書(付属明細書付き・直近2期分)と納税証明書(その1、その2)の2年分を原本で
    本人確認書類 ・運転免許証などの本人確認書類の写し
    契約に必要な書類 ・印鑑登録証明書
    ・全世帯分の住民票

    住宅ローンに申込をする上で、提出書類は大変に重要です。


    年収も条件もバッチリだったとしても、提出書類に不備があれば審査に通ることはできません。


    じっくり慎重に、必要書類をまとめましょう。

    通常の住宅ローンと他のローンでの違い

    東京スター銀行には3つの住宅ローンがあり、スター住宅ローン・スターセレクト住宅ローン・スターワン住宅ローンという名称です。


    住宅ローンを利用したいけどどれが良いのかわからない人は、それぞれの特徴をチェックしましょう。


    スター住宅ローン

    自宅の将来価値診断という便利なサービスを提供しているスター住宅ローンは、年率1.25%〜2.35%となっており、借り入れ可能額が最大1億円です。


    人口統計・駅からの距離といったさまざまな要素から、建築する自宅の将来的価値を予測でき、自宅を利用した老後資金借り入れ可能額も算出できます。


    また、住宅ローンでは極めて珍しい、永住権を持たない外国籍の方でも利用できる住宅ローンです。


    外国籍の方=ローンを組むのは難しいと考える方も多いですが、スター住宅ローンは違います。


    外国籍の人が住宅ローンを借りるには、専門家の助けや配偶者の助けを借りて利用規約を理解できる条件をクリアする必要があります。


    日本に住んで長い方や、日本語が上手い方なら利用できる可能性が十分にあります。


    加えて、給与振込を東京スター銀行口座に指定すると年利が引き下げられるので、安い金利で契約したい人は口座を作成すると良いでしょう。


    多様なパターンの住宅ローン

    団体信用生命保険(保険料はローン金利に含みます

    団体信用生命保険付きのスター住宅ローンは、入院費用補償として入院1回に付き保険金10万円を受け取ることができます。


    また、就業不能保障によって、返済日に入院していた場合は返済分を補償してもらえます。


    保険料はローン金利に含まれるので、別途支払う手間もカットされる点も便利です。


    ガン保障特約(上乗せ金利0.3%)

    ガンと診断された場合、ローン残高相当額が診断給付金として東京スター銀行に支払われます。


    これにより、遺された家族にローンの残りを払わせてしまう心配を減らすことができます。


    また、診断後にローン返済が完了するので、貯金を治療費に回せる点も魅力です。


    ワイド団信(上乗せ金利0.3%)

    従来の団体信用生命保険より、引受条件が緩和された団体信用生命保険がワイド団信です。


    入院補償や就業不能補償、がん補償特約が付帯されない代わりに、持病があっても団体信用生命保険に加入することができます。


    スターワン住宅ローン

    スターワン住宅ローンは、預金連動型の住宅ローンです。


    東京スター銀行の預金担保と同じだけの住宅ローン残高には金利がかからない仕組みになっており、預金が多いほどお得に住宅ローンを利用できます。


    別途、ローン総額に対して特約金利が0.3%〜0.702%かかりますが、基本金利は0.75%〜1.25%なので、かなりお得です。


    また、保証料・繰り上げ返済手数料・固定金利の選択手数料が無料になり、お得な点も魅力でしょう。


    さらにスターワン住宅ローンは、団信に加入している場合、入院保険も付いてきます。


    ただし、預金担保と連動させるとローン完済まで預金を引き出すことができない点に注意が必要です。



    スターセレクト住宅ローン

    スターセレクト住宅ローンは、戸建てやマンション以外の購入にも利用できる住宅ローンです。


    例えば、50平米っ万のコンパクトマンションやリノベーションマンションにも利用でき、それぞれ融資条件が異なります。


    条件によっては購入価格の100%を融資してもらうこともできるので、頭金の用意ができない人に特におすすめです。


    また、資産形成プランに加入すれば、金利を最大1.55%引き下げられ、お得に住宅ローンを組めます。


    資産形成プランは、積み立て商品の契約・資産運用商品の申込(※合計100〜300万円以上)などの条件をクリアすれば加入できるので、気になる人はぜひチェックしてください。



    他の住宅ローンと比較

    みずほ銀行 じぶん銀行 ジャパンネット銀行 三菱UFJ銀行 イオン銀行
    借り入れ可能額 50万円以上1億円以下 500 万円以上2億円以下 500万円以上2億円以下 500万円以上1億円以下 200万円以上1億円以下
    年率 変動金利方式、固定金利選択方式、全期間固定金利方式から選択 変動金利と固定金利特約から選択可能 変動金利と固定金利から選択 変動金利は 0.525%。固定年月は0.90%から2.49% 変動金利
    融資期間 1年以上35年以下 1年以上35年以下 1年以上35年以下 ・変動金利選択プランは2年以上35年以内
    ・固定3年プレミアム住宅ローンは3年以上35年以内
    ・固定10年プレミアム住宅ローンは10年以上35年以内
    1年以上35年以下
    利用条件 ・20歳以上71歳未満で完済時81歳未満
    ・みずほ銀行が契約する生命保険会社の団体信用生命保険に加入可能
    ・安定した収入のある方
    ・保証会社の保証を受けられる方
    ・日本国籍か永住権がある
    ・じぶん銀行に円普通預金口座を開設
    ・20 歳以上65歳未満、完済時が80 歳誕生日まで
    ・前年度の年収か申告所得が200 万円以上
    ・じぶん銀行指定の団体信用生命保険にご加入可能
    ・借入対象物件に第一順位の抵当権を設定可能
    ・日本国籍か永住権がある
    ・じぶん銀行が定める借入条件に該当
    ・ジャパンネット銀行の普通預金口座を開設可能
    ・20歳以上65歳未満、完済時80歳未満
    ・前年度年収200万円以上
    ・日本国籍か永住権がある方
    ・ジャパンネット銀行の団体信用生命保険に加入可能
    ・親族間売買、建築基準法やその他の法令の定めに合致していない物件、事業用物件
    、賃貸用物件、借地物件、不動産業者の仲介のない個人間売買、保留地物件、連棟式住宅
    コーポラティブハウス、セカンドハウスや別荘、仮換地上の物件が担保可能
    ・カブドットコム証券Webサイトから申込をした方
    ・20歳以上70歳以下、完済時に80歳以下の方
    ・団体信用生命保険に加入可能な方
    ・日本国籍の方、永住権を持っている外国の方
    ・同一勤務先に1年以上勤務
    ・三菱UFJ銀行にて給与振込を利用中
    ・三菱UFJ銀行にて「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」と「三菱UFJダイレクト」を利用中か利用可能
    ・20歳以上71歳未満、完済時 80歳未満
    ・8疾病保障付住宅ローンまたはガン保障特約付住宅ローンを選ぶ方は20歳以上50歳未満、完済時年齢が80歳未満
    ・イオン銀行の団体信用生命保険に加入できる方
    ・給与所得者は6ヶ月以上勤務、会社経営者か個人事業主の方は事業3年継続
    ・給与所得者か会社経営者の方は前年度年収 100万円以上、個人事業主の方は前年度所得 100 万円以上
    ・日本国籍か永住権を持っている方

    スタンダードなスター住宅ローンがおすすめ

    東京スター銀行の住宅ローンには、3つの住宅ローンがありますが、最もおすすめなのはスタンダードなスター住宅ローンです。


    スター住宅ローンは、土地も含めた住宅の将来的な価値を算出できることに加え、年率が1.25%〜2.35%と最低年率がリーズナブルに設定されています。


    さらに、スター住宅ローンは団体信用生命保険付きのコース・ガン保障特約付きコース・ワイド団信付きコースがあります。


    団体信用生命保険付きコースは、保険料をローンの返済に含められるので支払いが楽な点が魅力です。


    また、ガン保障特約付きコースはガンに備えることができ、ワイド団信は持病持ちで団体信用生命保険に加入できない方に向けたコースです。


    東京スター銀行の中でも、どの住宅ローンが良いか分からない方は、スター住宅ローンを選べば間違いないと言えるでしょう。

    住宅ローンは人生でもかなり大きい借金となるので、どの住宅ローンを選ぶかは慎重にいきたいですよね。

    東京スター銀行の住宅ローンは、種類も豊富で比較的条件も寛容なので、かなり良いスペックです。

    また、リバースモーゲージや住宅担保ローンもあるので、老後を迎えた時やお金が必要になったときには、住宅を担保にすることもできます。

    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ