消費者金融を完全にゼニエモンの主観でおすすめ順にランキング化しました!

掲載日:
更新日:

大手消費者金融4社カードを並べた写真


このページで、比較している消費者金融はすべて実際に利用しその上で細部を比較してみました!

このページでは、ゼニエモンが実際に利用している消費者金融のカードで、大手消費者金融4社を検証や比較し、完全な個人的な主観でおすすめ順にランキング化しました。この消費者金融の選び方に対しては、ゼニエモンはかなり知っている方だと思います。


このランキングは、おすすめ順というよりは、ゼニエモン自身がこれからもし、消費者金融を利用したいと思ってどこの契約も借入もなく、言わば全くの0の状態に戻った場合


ゼニエモンが初めてのカードローンの利用ならどの消費者金融を選ぶか?


という事をベースにランキング化しています。


消費者金融から融資を受ける場合のメリットデメリットについて

このページでは、大手消費者金融4社にフォーカスしていますが、この大手消費者金融の商品であるカードローンと同等の商品を銀行も取り扱っています。


銀行から借りたほうが安心出来そうな気もするけどという気持ちもわかりますが、大手消費者金融といえども、今は、アイフル以外が銀行傘下であるため、安心か安心じゃないのか、、という選び方は今の時代は非常にナンセンスです。


それ以外の項目で銀行と比較しながら、このメリットデメリットについてを比較してみました。


消費者金融を利用するメリット

  • 融資時間がとにかく早い!申込から最短1時間!
  • 初回融資から30日は無利息で利息が一切つかない!
  • 自主規制により、返済期間は最長で5年以内!
  • 20万円以内の借入なら銀行との金利差は月500円前後
  • 滞納経験などなく、普通に仕事をしていれば審査落ちは無いに等しい

消費者金融を利用するデメリット

  • 20万円以上融資を受けるなら金利が数字的にも体感的にも高い
  • コンビニなどのATM手数料で入出金で毎回コーヒー一杯分の手数料が掛かる
  • 自動融資設定など銀行とサービス連携が少ない

銀行と比較するとメリットデメリットは所感としてはこの程度です。カードローン選びで低金利さを重視する人は多く、当サイトのアンケート調査でも、全体の70%が金利の低さを重視してカードローンを選んでいると答えていますが、20万円以内の融資希望であるなら、銀行の平均的な金利の14.5%と、消費者金融の18.0%を1ヶ月30日換算で金利差は、583円です。数百円程度の差です。


ただ、どうしても数百円の金利差でも低金利な業者を選びたい!という場合はその意思は尊重すべきですが、まず最も重視する点としては、


お金が必要な時に用意できるかどうか


という事です。良くも悪くも、以下の大手消費者金融の場合は、審査に通る時も落ちる時も数十分というスピードで結果がわかります。銀行カードローンは早い業者は早いですが、2日、3日待たされて審査落ちされて、足止めされるよりもすんなり借りれるかどうかだけでもサッとわかる消費者金融の方がゼニエモン的には断然いいと考えています。


もし、とにかく時間がかかってもいいから低金利で融資を受けたい!という場合は、以下のページの低金利の業者特集から参考に選んでください。


参考ページ:低金利でオススメなカードローンの比較特集!


ゼニエモンが選ぶ!消費者金融のおすすめランキング!

以下で紹介する消費者金融全ての共通事項

以下で紹介する消費者金融全てに該当する項目をまとめました。ランキングでは、この全てに当てはまる共通事項を除いた要素でのランキングです。


  • 申込から融資まで最短で1時間で行える
  • 土日祝日でも平日同様に融資を受けれる
  • カードを即日で受け取る事ができる
  • 無職や専業主婦の人は受け付けていない
  • 50万円以上の融資は収入証明書が必ず必要になる
  • 主要駅に無人契約機があり契約書とカードを受ければ郵送物は一切なし

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

プロミスのバナー画像


当サイトの融資実績の最短時間 : 1時間4分

このカードローンに向いている人

  • 三井住友銀行の普通預金口座を持っている人
  • ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っている人
  • クレジットカードはプリペイドカードを利用する派の人
  • 割引クーポンなどをよく利用する人
  • 消費者金融の金融の中でも少しでも低金利がいい人
  • 融資を受けたい日が決まっているという人
  • カードレスで利用したい人

バランス重視で選ぶなら最もおすすめしたのがプロミスです。三井住友銀行とジャパンネット銀行の普通口座があれば振込でも24時間365日対応になるため、土日平日含む夜の22時までに契約出来た場合は、当日中に振込で融資を受ける事も可能です!


また、クレジットカードもプリペイドをメインに利用しているという人も「三井住友VISAプリペイド」のみですが、瞬間的にチャージをインターネット上で行う事が出来ます。また会員サービスで「おとくらぶ」といった者があり、いろいろな割引クーポンなどを受け取ることが出来るので、契約後も何かとサービスが付いてくる為、利用していない期間でも何かと得できるカードローンです。


ポイントサービスもあり、ポイントが貯まると無利息期間を再度利用できたり、コンビニなどのATM手数料が無料になったりと利用に掛かる費用も節約する事が可能です。




アイフル

当サイトの融資実績の最短時間 : 1時間38分


このカードローンに向いている人

  • パートやアルバイトで正社員ではない人
  • 20代で、審査に対し自信がないという人
  • 10万円以内の限度額で初めての申込という人

アイフルは、パートやアルバイトで更に年齢が20代の人に最も支持されているカードローンです。
利用限度額自体は、10万円で初めての利用の人限定ではありますが、別商品で「SuLaLi(スラリ)というローンもあり、カードローン利用経験のない人があえて借りすぎないようにしている独自の商品等があるため、利用経験がなく不安であるという人はアイフルがおすすめです!


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜18.0% 1,000〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
元利定額リボルビング返済方式
ネット上のみで完了
※一部提携のATM.CDでは10,000円からです


モビット

モビットの商品説明画像


当サイトの融資実績の最短時間 : 2時間33分

このカードローンに向いている人

  • 家族、会社には絶対にバレたくないという人
  • カードレスで利用したい人
  • インターネット契約で郵送物などなしにしたい人

モビットは、どうしても誰にもバレたくないという人にうってつけのカードローンです。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必須条件となりますが、条件さえ噛み合えば「WEB完結」というインターネットだけで全ての手続きを済ませる事が可能で、さらにそこから郵送物も届かないというバレたくないという人専用のカードローンであるため、その他のスペックは平均的であるため、バレたくない、、という人は、モビットがおすすめです!


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短即日※ 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年20.0%(実質年率) 年齢20歳〜69歳※2 借入後残高スライド
元利定額返済方式
ネット上のみで完了

※当日振込には、14:50までの振込手続き完了が必要です!

※審査結果によっては希望に添えない場合もあります!

※2安定した収入のある人に限ります!




アコム

アコムの商品説明画像


当サイトの融資実績の最短時間 : 1時間8分

このカードローンに向いている人

  • 楽天銀行の銀行口座を持っている人
  • クレジットカードを即日で受け取りたい人

アコムは、楽天銀行の銀行口座があれば、24時間365日振込での融資が反映するため、プロミスとアコムはよく比較されますが、特に強いこだわりがない場合は、何かと契約後も充実したサービスがあるプロミスの方がおすすめではありますが、楽天銀行の普通預金を持っていて急いで融資を受けたいという人は、アコムを選ぶというスタンスでいいと思います。


また、アコムの特色としては、普通はクレジットカードの取り扱いもあり、こちらも同条件で即日での契約が出来るため、クレジットカードを素早く利用したいという人にも向いています。



実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了


当日中の融資を受けたい人は申込の時間帯に注意!

基本的に上記の4社は、年始の1日以外は全て審査を行ってくれますが、申し込みの時間によっては審査が翌日になるということも十分に有り得ます。


可能であれば平日、土日祝日の申込時間は18時〜20時までには終わらせておくことがポイントです!


収入証明書が必ず必要になることも!

申込内容によっては、収入証明書が必ず必要になることもあります。これは貸金業法に基づいて提出を求める事が必ず必要になります。


その条件は、

  • 50万円以上の融資希望額で申込をする
  • 他社の借入の総額と申し込み時の希望融資額を合算し100万円を超える場合

この2つの場合は確実に収入証明書が必要となります。



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ