NTTドコモ回線契約者向け「新生銀行スマートマネーレンディング」について徹底調査したページの見出し画像

NTTドコモ回線契約者向け「新生銀行スマートマネーレンディング」について

掲載日:

2018年10月17日、新生銀行グループから新しいキャッシングサービス「NTTドコモ回線契約者向け新生銀行スマートマネーレンディング」の提供に関する発表がありました。


これはなんなのか簡単に説明すると、ドコモの回線を契約しているユーザーが「信用スコア」を元に、融資金額と金利を算出し自由用途で使えるお金の融資を行うといったサービスです。


まだ現時点では発表というだけであり提供開始は2019年3月を予定しておりまだ先の話であるため、金利や借入限度額、審査の仕組みや基準などの詳細はまだ未定という段階です。


このページではいち早く、新生銀行グループからの発表内容とNTドコモからの報道発表資料からゼニエモンのカードローンに関する予備知識を元に「新生銀行スマートマネーレンディング」がどのようなローンとなるのかを考察してみました。



    「新生銀行スマートマネーレンディング」の概要を確認

    まずは、新生銀行グループから発表されている「新生銀行スマートマネーレンディング」の概要を確認してみましょう。


    「NTTドコモ回線契約者向け新生銀行スマートマネーレンディング」の提供について

    〜「ドコモ レンディングプラットフォーム」を活用した新しい個人向けレンディングサービスの提供を開始予定〜


    当行は、株式会社 NTT ドコモ(東京都千代田区、代表取締役 吉澤 和弘、以下、「ドコモ」)が提供する「ドコモ レンディングプラットフォーム」を活用する融資サービス「ドコモ回線ご契約者向け 新生銀行スマートマネーレンディング」(以下、「新生銀行スマートマネーレンディング」)の提供を、平成31年3月(予定)から開始いたします。


    〜中略〜


    「新生銀行スマートマネーレンディング」では、当行グループがレイク事業で培ってきた個人向け無担保ローンの審査ノウハウに加え、ドコモの幅広いビジネス展開によって得られた各種サービスのご利用状況などのビッグデータから算出されるお客さま毎の信用スコア「ドコモスコアリング」も活用いたします。


    今回のレンディングサービスは、スマートフォンですべてが完結し、カードを必要としないことも大きな特徴です。


    〜中略〜


    当行はドコモと連携し、ドコモが提供するスマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」を通じて、計画的な利用をサポートする機能を提供します。


    引用元:新生銀行グループNEWS RELEASE


    サービス内容に触れている重要な部分のみ引用を行いました。
    これらをまとめ見るとこんな感じの内容であると予想しています。


    • ドコモ回線を契約している人のみ利用可能
    • 新生銀行のカードローンの審査ノウハウとドコモのサービスの信用スコアが連携
    • カードローンと同タイプのローン
    • カード発行は行わない
    • スマートフォンのみで借入と返済が行える

    「新生銀行スマートマネーレンディング」がどんな特徴をもつキャッシングサービスなのかを知る上でポイントになるのが「ドコモレンディングプラットフォーム」です。


    聞きなれない「ドコモレンディングプラットフォーム」を活用する融資サービスなんて言われても、何それ?って人がほとんどですよね?


    サービスの提供(予定)が発表されたばかりなので、当然といえば当然ですが、ゼニエモン自身も上記の新生銀行グループからのリリース情報を見て初めて聞きました。


    「ドコモレンディングプラットフォーム」が一体何なのかということについてはドコモからの発表内容に詳細が記載されているので今度はドコモ側の発表を見ていきます。


    ドコモレンディングプラットフォームとは?

    まず、ドコモ側の発表の内容についてを重要な部分のみ抜粋しました。

    「NTTドコモ回線契約者向け新生銀行スマートマネーレンディング」の提供について

    株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、金融機関がドコモの回線をご利用のお客さま向けに、安心して利用できる新たな融資サービスを提供する仕組みとして、「ドコモ レンディングプラットフォーム」を2019年3月(予定)から提供いたします。


    「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、ドコモのビッグデータを活用した「ドコモスコアリング」の提供、スマートフォンアプリ「レンディングマネージャーTM」の提供、ドコモが提供する各種サービスとの連携という3つの特長を備えています。


    「ドコモスコアリング」は、ドコモの幅広いビジネス展開によって得られた各種サービスのご利用状況などのビッグデータを解析し、自動的に算出したお客さま毎の信用スコアを金融機関の審査に活用できる仕組みです。金融機関は、この信用スコアを活用した審査を行うことで、個々人の状況に合わせた適切な金利・貸出枠を設定することが可能になります。なお、この信用スコアは融資サービスをお申込みの際、お客さまの同意のもと算出され、お手続きの中でのみ活用されます。


    〜中略〜


    さらに、「ドコモ レンディングプラットフォーム」は、dアカウントRやドコモ口座など、ドコモが提供するサービスと連携いたします。例えば、ドコモのバーチャルウォレットサービスであるドコモ口座と連携し、金融機関がお客さまのドコモ口座にご融資金を24時間365日、いつでも入金することができます。
    また、お客さまがご融資金の出金にセブン銀行ATMを利用すると、ドコモ口座アプリを使って24時間365日※1、スマートフォン一つでスムーズに出金できます。


    なお、「ドコモ レンディングプラットフォーム」を活用した融資サービスの第一弾として、株式会社新生銀行が2019年3月に新たな融資サービスを提供する予定です。


    ※1セブン銀行ATMが設置されている施設の営業時間外は利用できません。


    引用元:NTTドコモ「報道発表資料」


    • ドコモスコアリング
    • レンディングマネージャー
    • ドコモの提供するサービスとの連携

    この3つから構成されるのがドコモレンディングプラットフォームという事になるとのことでした。


    ここからはこれらの発表を踏まえて申込条件や審査の仕組み、融資の受け方などについて詳しく説明していきます。


    「新生銀行スマートマネーレンディング」への申込資格があるのは?


    「新生銀行スマートマネーレンディング」への申込資格があるのはドコモユーザーのみ


    「新生銀行スマートマネーレンディング」は、ドコモ回線の利用者に対して融資を行うということが明記されています。


    その他の申込条件については特に触れられてはいませんが、

    • 申込者本人に安定した収入があること
    • 満20歳以上で国内に居住していること

    この2点は他業者同様の条件になると考えています。


    審査の仕組み:AI(人工知能)による審査は取り入れられるのか?

    審査にAI(人工知能)が活用されるのかということについての記載はありませんでしたが、ドコモは金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックの別のサービスを既に行っており10月には東京海上日動火災保険とスマホのデータを生かし、人工知能(AI)が利用者に最適な保険を提案する損害保険サービスを始めています。


    このことから新生銀行スマートマネーレンディングの審査にはほぼ間違いなくAI(人工知能)も活用、「新生銀行スマートマネーレンディング」の審査は、AIと以下の2つを活用して審査が行われる事は確実であると考えています。


    ドコモスコアリングにより提供される「信用スコア」

    ドコモが持つ携帯電話事業やクレジットカード事業、各種サービスの利用状況などのビッグデータを解析し、自動的に算出したユーザーごとのの「信用スコア」を金融機関の審査に活用できる仕組みとされていますが、いまいちピンときませんよね。


    報道発表資料に分かりやすいイメージがあったので、こちらを引用してもっと分かりやすく説明します。


    ドコモスコアリングの提供イメージ


    • ドコモ回線の利用期間
    • 携帯料金支払履歴
    • 金融サービス利用状況
    • コンテンツサービス利用状況
    • 契約内容

    ドコモスコアリングではドコモとの取引履歴・内容から申込者の信用度をスコアリングされることになります。


    これら内容は従来のカードローンの審査では調査も確認もできなかった内容なので、「新生銀行スマートマネーレンディング」はドコモスコアリングの仕組みを活用することでより高精度な審査を行うことができるようになります。


    スコアリングの基準については明らかにはされていませんが、ドコモ回線の利用期間が長くなればなるほどスコアは高評価に、もし携帯料金の支払いが滞っているような場合にはスコアはマイナス評価になるでしょうね。


    ドコモとの付き合いが長く、毎月の携帯料金をきちんと遅れることなく払っている人は高スコアとなりやすく、審査通過にも有利になると考えておいて問題ないと思います!


    新生銀行グループがレイク事業で培ってきた個人向け無担保ローンの審査ノウハウ

    NTTドコモはキャッシングサービスに関するノウハウは持っていないので、その部分に関しては、新生銀行スマートカードローンやレイクALSAなどさまざなな個人向けローンの提供をしている新生銀行グループが担うことになります。


    具体的には、指定信用情報期間からの情報開示を新生銀行グループが行い、申込者にローンの滞納の有無、債務整理の有無、今現在のローンの契約状況などの確認がされます。


    これについては従来のカードローンの基準と何ら変わりありません。


    審査に「ドコモスコアリング」と「AI」が取り入れられるメリット

    審査にドコモスコアリングの仕組みとAIが取り入れられることで、新生銀行スマートマネーレンディングは融資に際にかかるコストを削減することができます。


    一見お金を貸す側にしかメリットがないように感じるかもしれませんが、これによりお金を借りる側のユーザーは「従来のカードローンよりも好条件で融資を受けられる可能性が高くなる」「従来のカードローンでは融資を受けることができなかった人でも融資を受けられる可能性があがる」といった決して小さくないメリットを得ることができます。

    融資の条件 金利や借入限度額はどうなる?


    新生銀行スマートマネーレンディングの金利予想


    金利や借入限度額については今の段階では一切触れられていません。


    が、上項目で説明したように新生銀行スマートマネーレンディングでは融資にかかるコストが削減されていることにより、従来のカードローンよりも低い水準の金利設定がされる可能性が高いです。


    また、これは完全にゼニエモンの個人的な予想となるのですが、新生銀行スマートマネーレンディングの金利設定の上限が12%前後になると考えています。


    上限金利の設定が12%前後になると予想される理由

    今現在すでにビッグデータやAIを活用したキャッシングサービスを提供している金融機関として、まず最初に「J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング」が挙げられます。


    このJ.Scoreですが、「みずほ銀行」「ソフトバンク」の共同出資により設立された金融機関です。


    対して、新生銀行スマートマネーレンディングは「新生銀行グループ」「NTTドコモ」です。


    同様のキャッシングサービスであるのでこれに合わせた金利になる可能性は高いと考えています。


    J.Scoreの金利は0.8〜12.0%とされているので、これと同等あるいは12.0%よりもさらに低い金利設定となる可能性も十分にあります。


    融資の受け方 スマホアプリの活用でカードレスでキャッシング可能!

    新生銀行スマートマネーレンディングでは、従来のカードローンのようなローン専用カードの発行はありません。


    ドコモが提供するスマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」ですべてが完結します。


    ドコモが提供するスマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」のイメージ画像


    レンディングマネージャーを利用しすることで、金融機関での借入から返済までのすべてが完結できるのですが、「スマホアプリで一体どうやってお金を借りるの?」って感じた人もも多いのではないでしょうか?


    スマホアプリを利用したキャッシングは「スマホATM取引」と呼ばれ、レイクアルサやアイフル、SMBCモビットなど大手の消費者金融ではすでに取り入れられている業者も多く、スマホアプリを利用することでセブン銀行ATMからカードレスでお金を引き出すことが可能なサービスです。


    各業者によって利用手数料は異なりますが、セブン銀行ATMから24時間365日スマホひとつで入出金が可能となるのでメチャクチャ便利だということは間違いありません。


    レイクアルサ(ALSA)のスマホATM取引がどれだけ便利なのか実際にやってみました!

    具体的な利用方法については新生銀行グループの取り扱う「レイクALSA」で実際に行ってみたのでスマホだけでATMの操作なんてできるのか想像つかないという人は参考にしてみてください。


    これ以外の融資の方法についての記載はまだ確認できていませんが、ドコモレンディングプラットフォームは「dアカウント」や「ドコモ口座」などドコモが提供するサービスと連携しています。


    ドコモのバーチャルウォレットであるドコモ口座と連携することで金融機関からドコモ口座への入金は24時間365日いつでも可能とされているので、おそらくWEBからのカンタンな手続きで自身の持つドコモ口座へといつでも振込による融資を受けることも可能になると思われます。


    返済方法:借りたお金はどうやって返していけばいい?

    スマホアプリ「レンディングマネージャー」を使いセブン銀行ATMから返済することが可能ですが、これはあくまで随時(追加)返済のみの対応となると考えられます。


    どのキャッシングサービス・カードローンでも必須となる月に一度の約定返済については高確率で指定口座からの自動引落にて行われることになります。


    レンディングマネージャーで最適な返済計画を立てることができる

    専用スマホアプリ「レンディングマネージャー」は、セブン銀行ATMからの入出金だけでなく、利用明細の確認や返済額の確認など様々なサービスに利用することができるのですが、その中でも注目されるのが、株式会社マネーフォワードとの連携による返済計画のアドバイスです。


    まだ具体的にはどのように返済計画のサポートをしてくれるのかは分かっていませんが、ユーザーの家計や借入状況を可視化することにより、返済期間の短縮や金利の節約などに役立てることができるとされています。


    キャッシングする際に最も気をつける必要がある「借り過ぎや返済の遅延・滞納のリスク」を回避するのにメチャクチャ役立つ有益なサービスになるのではないかと思われます。


    まとめ:現時点で分かっている新生銀行スマートマネーレンディングの特徴

    最後に今現在の段階で確認することができている新生銀行スマートマネーレンディングの特徴をザックリとまとめました。


    ドコモユーザーを対象としたキャッシングサービスとなる
    審査には「ドコモスコアリング」の仕組みとAI(人工知能)が活用される
    従来のカードローンよりも低い金利設定となる可能性が高い
    専用スマホアプリ「レンディングマネージャー」の活用でカードレスでキャッシングできる
    申込から融資実行まですべての手続きをスマホアプリあるいはWEB上で完結できる

    サービスの提供開始予定が来年3月とまだ先ではありますが、お金を借りたい、借りる必要があるドコモユーザーにとっては消費者金融よりも低金利で利用できる可能性が高いのでこちらをまず検討されるのもいいと思います。


    まだまだ明らかになっていない部分が多いですが、新たな情報が確認され次第このページで紹介していくので、気になる人はぜひ引き続きチェックしてください。


    今現在すでにあるキャッシングサービス・カードローンの中では、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資により設立された「J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング」が新生銀行スマートマネーレンディングの融資の仕組みと似ています。



    J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングによる融資の仕組みを徹底調査!

    ビッグデータとAIが活用された審査の仕組みを、もうちょっと詳しく知っておきたいという人は同様のサービスの先駆けであるJ.Score(ジェイスコア)の記事をお読みください。
    こちらはソフトバンクとみずほ銀行が提供していますが、誰でも申込は出来ます。


    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ