荘内銀行カードローンWeb

掲載日:


このカードローンに向いている人

  • 荘内銀行をメインバンクとして利用している会社勤めの人
  • 30万円〜100万円の借入を希望している人
  • 借入を急いでいない人
  • 窓口への来店なしでカードローンを利用したい人

このカードローンに向かない人

  • 借入を急いでいる人
  • 5万円〜20万円の少額融資を希望している人
  • 口座からの自動引き落としで返済をしたい人
  • 勤め先に電話がかかったら困る人
  • 勤続年数が短いパート・アルバイトの人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.5%〜14.6% 10〜500万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14.6% 満20歳以上満70歳未満 新生フィナンシャル(株) 不要


荘内銀行カードローンWEBってどんなカードローン?

山形県に拠点を置く荘内銀行の取り扱うカードローンですが、口座の開設不要でWEB上で契約手続きまで完結できるので、来店不要、全国から申込可能なカードローンです。


このページではカードローンWEBについての詳細を詳しく解説していきますが、1つ言えるのは現在荘内銀行の口座を持っていない人、借入を急いでいる人はこのカードローンを選ぶメリットは見当たりません。


まだ時間に余裕があるよという人は、カードローンを選ぶ際のポイントなども紹介していますのでぜひ目を通してもらいたいのですが、そんなの見てるヒマはない!という人は次の【業者検索】に、自身の条件を入力することで簡単におすすめのカードローンを検索することができますので、ぜひご活用ください。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

荘内銀行カードローンWEBについて電話で問い合わせ、徹底調査しました。

荘内銀行公式HPを見ただけでは分からない情報も入手し、できるだけ分かりやすく解説していきますので、カードローンWEBへの申込を検討している人はぜひ参考にしてみてください!


    荘内銀行カードローンWEBへの申込資格がある人

    荘内銀行カードローンWEBへの申込資格は次のようになります。

    • 申込時の年齢が満20歳以上、満70歳未満の人
    • 安定した収入がある人
    • 荘内銀行の審査基準を満たす人
    • 保証会社(新生フィナンシャル)の保証が受けられる人
    • 荘内銀行の各種カードローンを利用していない人

    ※満70歳になった誕生月の末日以降は、新たに借入することはできず、返済のみの契約に変更されます。


    属性

    申込資格について
    ※学生はアルバイトをしていて収入がある場合でも申込不可
    ※年金収入も安定した収入としてみなされ、年金受給者も申込可能


    限度額については専業主婦やパート・アルバイト、年金受給者の方の場合、限度額が制限されています。

    申込者の属性 借入限度額の制限
    専業主婦・パート・アルバイト 50万円
    年金受給者 20万円

    専業主婦の申込について

    専業主婦(夫)の申し込みについては、自身に収入がなくても申込が可能です。



    申込フォームには配偶者の勤務先や電話番号などの入力する必要は無く、入力する内容は配偶者の月収と年収だけになります。


    配偶者の同意書の提出や配偶者勤務先への電話連絡等は不要なので、家族に内緒でカードローンを利用したいという人も安心です。


    申込条件を満たせば全国から申込可能!

    荘内銀行カードローンWEBは、その名の通り申込から契約完了まで全ての手続きをWEB上で完結することが可能で、山形県以外に住んでいる人も申込ができます。


    荘内銀行の口座の開設は不要なので、地方銀行でありながら全国からの申込に対応しているカードローンです。


    契約時に用意しておく必要がある書類

    荘内銀行カードローンWEBの申し込みに必要な書類は次の2点になります。

    • 本人確認書類
    • 収入証明書

    本人確認書類について

    本人確認書類について


    運転免許証は裏表両面の画像データ、
    パスポートは顔写真ページと住所のページ両方の画像データが必要

    本人確認書類として利用できるのは運転免許証とパスポートの2つで、どちらか1点の提出が必要になります。


    「運転免許証もパスポートも持っていないのですが、健康保険証ではダメですか?」


    このように問い合わせてみたところ、顔写真付きの書類でないと本人確認書類として認められないとのことでした。


    また、マイナンバーカードも本人確認書類として認められないので利用することはできません。



    収入証明書のについて

    収入証明書は借入希望金額が50万円を超える場合に提出が必要になります。


    収入証明書について


    収入証明書として利用できるのは、源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書の3点で、いずれか1つを提出してください。


    認められる収入証明書は前年度分のものであり、源泉徴収票を提出する場合は、勤め先の社員が押印されているものに限られます。


    荘内銀行カードローンWEBの申込の流れ

    荘内銀行カードローンWEBの申込から借入れまでの流れは次の通りです。


    申込から借入れまでのフロー

    • 申込
    • 審査
    • 在籍確認
    • 契約手続き
    • 必要書類の提出
    • 契約完了
    • ローンカード到着

    申込

    申込はインターネットからの申込のみ対応しており、24時間いつでもPC・スマホから申し込むことができます。


    荘内銀行カードローンWEBの申込以前に他の荘内銀行のカードローン契約がある場合は、申込はできません。


    そのため、荘内銀行カードローンWEBの申し込みをする前に、利用しているカードローン契約の解約が必要になります。


    審査

    審査は、荘内銀行および保証会社が行います。荘内銀行の保証会社は新生フィナンシャル株式会社です。


    審査結果についてはメールで届くので、メールが受信できる設定になっているかを確認してください。


    在籍確認

    審査に通過したら在籍確認に進みます。


    在籍確認は、申込書類に記入した勤務先に申込者本人が本当に在籍しているのかを確認するために、会社へ電話連絡が行われます。


    専業主婦の方でも本人確認、契約内容の確認のため自宅や携帯電話へ電話連絡があります

    必要書類の提出

    在籍確認完了後は契約の手続きに進み、必要書類の提出を行います。


    必要書類の提出は、本人確認書類等をカメラで撮影し、アップロードするだけで簡単に提出することが可能です。


    ローンカード到着

    必要書類の提出も済み、メールで契約手続き完了のお知らせが届いたら、ローン専用カードの到着を待ちましょう。


    ローン専用カードは、契約完了のメールが到着してから1週間〜10日程度で、本人限定郵便で郵送されます。


    ローン専用カードが到着したら、ATMから借り入れ可能です。


    カード到着前の借り入れも可能!

    カード到着前の借り入れについて


    カードローンを契約し、ATMを利用して借入れをする場合はローン専用カードが必要になるので、ローン専用カードが到着しない事には借入れすることができませんが、荘内銀行カードローンではカードが到着する前にか融資を受けることが可能です。

    通常、契約が完了してから1週間〜10日程度でローン専用カードが届き、早く借入れできたとしても1週間かかってしまいます。

    カード到着前の融資を希望することで、必要書類の提出から最短5営業日後に融資を受けることが可能です。

    融資は振込手数料を差し引き、指定した口座に振り込まれます。荘内銀行の口座をお持ちでない方も振り込み融資は可能です。

    カード到着前の融資を希望する場合は、あらかじめ申込が必要になるので注意してください。

    融資を急ぐのであれば大手消費者金融を検討しよう!

    荘内銀行カードローンWEBは、インターネットから24時間いつでも申込可能で、契約手続きまですべてWEB上で完結、さらにカード到着前の振り込み融資も可能ということで申込も簡単にできます。


    しかし契約手続きや審査などに時間がかかってしまい、申込から仮利絵までには最短でも5営業日かかってしまい、銀行休業日となる土日を挟んでしまうとさらに日数が必要です。


    来店不要で申込から借入れまでを完結できるというメリットはありますが、借入れを急いでいる方、即日中に融資を受けたい方は次の大手消費者金融のカードローンをおすすめします。


    即日発行が可能な大手消費者金融カードローン一覧

    業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
    プロミス 9:00~21:00(一部店舗では営業時間が異なる)
    アコム 8:00~22:00(年中無休、一部店舗異なる。また年末年始を除く)
    アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)

    自動契約機を利用することで、土日や夕方以降の申し込みでもその日のうちにローンカードを発行することができます。


    ただし、自動契約機の利用可能時間を過ぎてしまうと即日でローンカードを発行することはできませんので、なるべく時間に余裕をもって申し込みをするようにしましょう。


    荘内銀行カードローンWEBの在籍確認について

    在籍確認は基本的にどのカードローンでも勤務先への電話連絡にて行われ、申込後の審査回答前に電話がかけられますが、荘内銀行カードローンWEBでは審査結果回答後に在籍確認が行われます。


    在籍確認では、職場にカードローンを利用していることがばれてしまうのではないかと不安に思われる方もいらっしゃいますが、在籍確認の電話は担当者の個人名でかけられ、銀行名やカードローンについての内容は一切伝えられません。


    在籍確認の電話の内容は次のようになっています。


    在籍確認について


    在籍確認は申込者本人が本当にこの会社で働いているのかを確認できればOKですので、本人が在籍確認の電話に出られなくても、在籍していることがわかれば在籍確認は完了です。


    ただし、会社自体も休業日で電話がつながらないといった場合は、在籍確認が認められず審査落ちに繋がります。


    在籍確認の電話連絡を受けたくないという方は、今から紹介する2つの方法で在籍確認の電話連絡をなしにできる場合がありますので、ぜひ参考にしてください。


    在籍確認が後日でもOKなカードローンを利用する

    カードローンの契約は在籍確認が完了してから乖離れができるようになりますが、一部のカードローンでは審査内容に問題がない場合に限り、在籍確認を後日、日を改めて行ってもらうことができます。


    ただし、次の項目に当てはまる場合は、電話での在籍確認が取れるまで契約手続きに進むことは難しくなります。

    • 過去にローンの滞納をしたことが何度かある
    • 勤続年数が短く、1年未満である
    • すでに他社から借入をしていて残債が50万円以上ある

    後日の電話連絡でOKなカードローン一覧

    業者名 後日での在籍確認 当サイト実績
    プロミス △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    アコム △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    SMBCモビット 〇※後日でOK 未検証
    三井住友銀行 △※審査次第で後日も可 〇 後日で契約出来た
    三菱UFJ銀行バンクイック △※審査次第で後日も可 未検証

    書類の提出で在籍確認の電話連絡をなしにできるカードローンを利用する

    実は、勤務先への電話連絡ではなく、書類の提出で在籍確認ができるカードローンもあります。


    この提出書類は、会社名と申込者の氏名が同時に確認できる事が条件となり、各カードローンによって異なります。


    在籍確認として提出する書類は次のものが利用されることが多いです。

    • 会社発行の健康保険証
    • 社員証
    • 給与明細書
    • 源泉徴収票

    本当に書類でも在籍確認の電話連絡をなしにできるのか、当サイトで実際に検証してみました。


    書類の提出でOKなカードローン一覧

    業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
    プロミス × 〇 書類にて在籍確認が出来た
    アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
    アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
    SMBCモビット ○ 書類にて在籍確認が出来た
    三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た
    三菱UFJ銀行バンクイック × 未検証
    レイクALSA △※審査次第で書類提出可 ○ 書類にて在籍確認が出来た

    このように、電話連絡ではNGでしたが、実際にやってみると書類でOKという流れになったカードローンもあります。


    しかし、必ず書類提出で在籍確認ができるということはなく、過去に延滞していたり、勤続年数が1年未満であったりと返済能力が疑われる場合は書類提出での在籍確認が認められない場合もあるので注意してください。


    とにかく在籍確認の電話連絡を避けたいという方は、一度会社に連絡を行い、在籍確認を書類で行うことができるかを確認してみましょう。


    金利と借入限度額について

    カードローンを選ぶときに多くのユーザーが1番始めに比較するのが金利ですが、この金利の見方には注意が必要です。



    荘内銀行カードローンWEBの適用金利

    借入限度額 適用金利
    10万円・20万円 年14.6%
    30万円以上50万円以下 年11.8%
    70万円 年9.8%
    100万円・150万円 年7.8%
    200万円・250万円 年5.8%
    300万円以上500万円以下 年3.5%

    このように、金利は借入限度額毎に設定されています。


    金利年3.5%で借入できるのは借入限度額が300万円以上500万円以下となった場合です。


    この借入限度額は審査により決められるのですが、初めての申込で300万円以上の借入限度額が適用されることはほとんどないと考えておきましょう。


    そのため、多くの人が借入限度額は100万円以下になる可能性が高いです。


    100万円以下の借入限度額で他のカードローンと金利の比較をした場合、荘内銀行カードローンWEBの金利はかなり低めの設定となります。


    銀行カードローンの多くが100万円以下は上限金利と定められ、年14%前後となることが多いです。


    荘内銀行カードローンWEBも上限金利は年14.6%と平均的なのですが、借入限度額30万円以上50万円以下は年11.8%、70万円なら年9.8%、100万円で年7.8%と細かく設定されています。


    少額融資を希望している人の場合は影響は少ないですが、30万円以上の借入を希望している人には享受できるメリットが大きくなります。


    ただ、金利が低いということはその分審査が厳しめになる傾向にあるので、荘内銀行カードローンWEBは次のような人におすすめできます。

    • 30万円以上の借入を希望している人
    • 正社員として勤続年数が長い人
    • 他社での借入がない人

    借入方法について

    カードローンWEBは、初回借入時のみ振込融資が可能で、2回目以降の借入はローンカードを利用したATMでの出金のみとなります。


    荘内銀行ATM以外に、ゆうちょ銀行、イオン銀行、セブン銀行などコンビニATMが利用可能ですが、荘内銀行ATM以外は利用手数料がかかるATMと無料で利用できるATMがあるので注意が必要です。


    提携ATMと利用手数料の有無

    利用可能ATM 借入時ATM利用手数料 返済時ATM利用手数料
    無料 無料
    無料 無料
    無料 無料
    有料 無料
    有料 無料
    有料 無料

    借入する際は、コンビニATMの利用手数料が有料となります。


    まとまったお金を一度借入して、その後借入予定がない人には関係ありませんが、少額の借入・返済を繰り返すような形での利用を考えている人には利便性が低いと言えます。


    返済方法と毎月の返済額について


    返済方法と毎月の返済額について


    荘内銀行カードローンWEBは、口座の開設不要で利用できるというメリットがある反面、自動口座引き落としでの返済には対応していません。


    そのため、毎月ローンカードを利用してATMでの入金により返済を進めていくことになります。


    返済期日は毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)と決められ、次の返済額を前月5日から翌月5日までの間に最低1回ATMで入金します。


    カードローンWEBの月々の最低返済額

    前月末日の借入残高 最低返済額
    20万円以下 5,000円
    20万円超50万円以下 10,000円
    50万円超70万円以下 15,000円
    70万円超150万円以下 20,000円
    150万円超250万円以下 30,000円
    250万円超500万円以下 40,000円

    毎月、この最低返済額のみを支払い続けた場合、完済するまでにどのくらいの期間がかかり、支払う利息がいくらになるのかシミュレーションしてみました。


    適用金利14.6%の返済シミュレーション

    借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
    5万円 14.6% 11回 5,000円 3,643円
    10万円 14.6% 24回 5,000円 15,286円
    15万円 14.6% 38回 5,000円 37,769円
    20万円 14.6% 54回 5,000円 71,139円

    適用金利11.8%の返済シミュレーション

    借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
    10万円 11.8% 23回 5,000円 11,901円
    20万円 11.8% 50回 5,000円 52,240円
    30万円 11.8% 64回 10,000円 86,731円
    40万円 11.8% 80回 10,000円 141,348円
    50万円 11.8% 97回 10,000円 220,721円

    カードローンの多くは借入している残高に応じて最低返済金額は変化します。


    例えば、荘内銀行カードローンWEBで50万円を借入、毎月10,000円の返済をした場合、約50回返済した段階で借入残高は20万円以下となるので、毎月の最低返済額は5,000円に変更されます。



    全く同じ金利で同じ金額を借入したのに、完済までにかかる期間は約2年、支払う利息の合計は約3万円もの差が発生します。


    カードローンを選ぶときにはもちろん金利も重要な比較項目ですが、毎月の最低返済額もしっかり比較することが大切です。


    お金の管理がしっかりできていて、最低返済額なんて関係なくどんどん返済を進め、早期完済ができるような人であれば荘内銀行カードローンWEBのように、最低返済額が途中から下がるカードローンを利用しても良いですが、決められた金額以上のお金を返すという行為は想像以上に難しいです。


    自己管理に不安がある人は、最低返済額が50万円以下は一律10,000円と定められているカードローンを利用したほうが、最終的に得られるメリットは大きくなる可能性が高いです。

    荘内銀行カードローンの比較

    これまで荘内銀行カードローンWEBについて紹介してきましたが、荘内銀行にはもう1つカードローンがあります。


    荘内銀行の「カードローン1000」は、借入方法や返済方法については変わりありませんが、金利や限度額については大きな違いがあります。


    荘内銀行のカードローンWEBとカードローン1000を比較した結果を以下の表にまとめてみました。


    荘内銀行のカードローン2枚の比較

    カードローンWeb カードローン1000
    金利 3.5%〜14.6% 3.5%〜13.5%
    限度額 500万円 1,000万円
    カード到着前
    振込融資
    ×
    来店 不要 必要
    口座開設 不要 必要
    返済方法 ATM 自動口座引き落とし
    申込資格 ・20歳〜70歳
    ・安定した収入
    ・荘内銀行の審査基準を満たす方
    ・保証会社の保証が受けられる
    ・荘内銀行の各種カードローンを利用していない方
    ・20歳〜70歳
    ・安定した収入
    ・荘内銀行の審査基準を満たす方
    ・保証会社の保証が受けられる

    カードローン1000はカードローンWEBに比べ、金利は年3.5%〜13.5%と低く設定されていて、限度額も1,000万円と高いです。


    しかし、カードローン1000は仮審査はWebで申込ができますが、正式申し込み手続きでは来店が必要なので荘内銀行が近くにない場合は不便になります。


    また、カードローン1000を利用するには口座開設が必要になりますし、カードローンWEBのようにカード到着前の振込融資は対応していないので、融資を受けるまで1週間以上の時間がかかります。


    そのため、なるべく低金利で借り入れしたい、高額融資を希望している方にはカードローン1000がおすすめですが、なるべく早く融資を受けたい、店舗に行かずにWebで契約を完結させたいという方にはカードローンWEBがおすすめです。


    カードローンWEBはカードローン1000よりも限度額は低いですが、最低返済額はカードローンWEBの方が低くなる可能性があるので、毎月の返済額を減らしたいという方はカードローンWEBを検討しましょう。


    荘内銀行カードローンWEBのメリット・デメリット


    最後に、荘内銀行カードローンWEBのメリットとデメリットをそれぞれ、簡潔にまとめていきます。


    荘内銀行カードローンWEBのメリット

    WEB上で申込から契約手続きまで完結できる

    インターネットでの申込はできるけど、契約手続きは郵送もしくは窓口への来店が必須となるカードローンはまだまだ多いです。


    荘内銀行カードローンWEBは、WEB上での必要書類の提出が可能で、初回振込融資にも対応しているので、極端な話一歩も外に出ることなくカードローンを利用することも可能です。


    30万円以上の借入限度額となった場合、低金利で利用できる

    借入限度額100万円以下は上限金利の年14%前後が適用されるカードローンが多いのですが、荘内銀行は20・50・70・100万円の細かい区切りで適用金利が設定されています。


    借入限度額30万円で、金利11.8%は、かなり低い金利設定です。


    荘内銀行カードローンWEBのデメリット

    申込から借入までに日数がかかる

    荘内銀行カードローンWEBの融資までのスピードは、他カードローンと比較してもそれほど遅いわけではないのですが、申込から借入までには最短でも5営業日かかります。


    土日は審査自体行っていませんし、急いで借入をしたい人には不向きといえます。


    借入時コンビニATMの利用手数料が有料

    まとまったお金を一度だけ借入したいというような人には影響はさほどありませんが、少額を少しずつ引き出して利用したいという人の場合、毎回ATM利用手数料がかかり、手数料自体は少ないですが何回もATMを利用していると手数料で支払う金額も膨らんでしまいます。


    ATMを何度も利用するという場合は、荘内銀行やイオン銀行、ゆうちょ銀行のATMであれば借入・返済時も手数料無料で利用できるので、お得に利用しましょう。


    自動口座引き落としでの返済に対応していない

    荘内銀行の口座を持っている場合でも、毎月の返済は必ずATMへの入金で行います。


    ATMへ入金して返済する場合は、返済忘れによる遅延損害金が発生するリスクが高くなりますし、なにより毎月ATMで返済するのは管理が面倒になります。


    荘内銀行カードローンWEBのまとめ

    全国からの申込に対応してる荘内銀行カードローンWEBですが、荘内銀行の口座を持っていない人が、あえてこのカードローンを選ぶメリットは見当たりませんでした。


    カードローンWEBは次のような人にオススメです。

    • 荘内銀行を普段からメインバンクとして利用している
    • そこまで急いでお金が必要なわけではない
    • 30万円以上の借入を希望している
    • 勤続年数が長い正社員の人

    カードローンWEBは、30万円〜100万円程度の借入をする場合、他カードローンの金利よりも低い金利設定がされています。


    金利が低い分、審査は厳しめになることが予想されますが、会社員の人で荘内銀行を給与振込先に指定している人や預金口座としている人は、それだけで信用性が上がるので審査通過率も上がり、大きめの借入限度額が設定される可能性も高くなるので、荘内銀行の利用を前向きに検討することがおすすめです。


    上記の条件に当てはまらない、少額融資を希望している、申込から融資までのスピードを重視する人は、大手消費者金融やメガバンクのカードローンの比較・検討をしましょう。


    荘内銀行カードローンWEBは、WEB完結で契約することができますし、パート・アルバイトや専業主婦、年金受給者も申込が可能なので幅広い方が利用することができるカードローンです。

    しかし、返済方法は自動口座引き落としが利用できないのでATMで返済していく必要がありますし、コンビニATMで借入れを行う場合は手数料が発生するので不便さを感じます。

    しかし、30万円以上50万円以下の借入は年11.8%の低い金利で借りられますし、最低返済額も低いので、カードローンの支払いでなるべく生活に負担をかけたくないという方におすすめです。

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ