セブン銀行カードローンの増額について徹底解説したページの見出し画像

セブン銀行カードローンの「増額」についてを詳しく解説

掲載日:

「セブン銀行カードローンの審査には通ったけど思ったより借入限度額の枠が少なかった」
「増枠の申込をしたいけど審査が不安、新規契約の時より審査は厳しくなる?」


セブン銀行カードローンは少額融資にのみ対応したカードローンとなり、新規契約時に適用される借入の枠は少額となりやすい傾向にあるのですが、一定の条件を満たすことで増枠を行うことができます。


このページではセブン銀行テレホンセンターに電話にて問い合わせ、増枠の申込条件や方法、審査の基準やかかる時間などについてを徹底調査した内容をとことん解説していきます。


増枠の審査に通るために抑えておきたいポイント、増枠以外の追加融資の方法についても詳しく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

このページはセブン銀行カードローンの「増枠」についての情報のみに特化しています。
今現在すでにセブン銀行カードローンとの契約がある人に向けた内容となっているので、新規申込を検討しているという人は以下ページを参考にして頂けると幸いです。



    増枠の申込条件:いつから申込できる?


    セブン銀行カードローンの増枠の申込が可能となる利用期間


    セブン銀行カードローンの増枠の申込条件については公式HP上で以下のような記載を確認することができます。


    「30万円、50万円への増額は新規契約から2ヶ月以上経過のお客さまがお申込みいただけます。」


    増枠の申込を行うには新規契約から一定の期間が経過していることが条件とされているカードローンが多いですし、仮に具体的にその期間が定められていない場合でも、基本的には新規契約から6ヶ月以上経過していることが申込の目安となる傾向にあります。


    新規契約から2ヶ月間の利用で増枠の申込が可能とされているカードローンは多くはありません。


    利用期間による増枠の申込の制限期間が短めということからセブン銀行カードローンは増枠に対して積極的な対応をしていると予想されます。


    申込方法と審査にかかる時間:新規契約時よりも時間はかかる?

    増枠の申込は新規申込時と同様に、公式HPからセブン銀行口座のログオンIDを入力することでインターネット上で完結させることができ、申込手続き完了後は以下のような流れで借入限度額の再設定が行われます。


    セブン銀行カードローン増枠の申込から借入限度額再設定までの流れ

    • インターネットから申込
    • メールによる審査結果の回答
    • 借入限度額の再設定・追加での融資実行

    セブン銀行カードローン増枠の申込方法と審査回答までにかかる時間


    審査結果の回答後は自動的に借入限度額は増枠されます。


    今現在ローン兼用型として利用しているキャッシュカードをそのまま利用することができるので、カードの再発行手続きなどは不要、すぐに追加での融資を受けることも可能です。


    申込内容、審査の混雑具合もよりますが、最短2営業日で増枠の手続きはすべて完結させることができるので、借入の枠いっぱいまで利用してしまっているがどうしても急いでお金が必要だという人には嬉しいポイントです。


    セブン銀行カードローンの増枠が短時間で完結できる理由

    増枠の際は原則書類提出が一切不要

    新規契約時から氏名や住所に変更がない場合、増枠の審査の際に再度本人確認書類を提出する必要はありません。


    収入証明書については新規契約時から原則不要とされているので、増枠の審査の際に特別必要となるということもないとのことでした。


    引越し婚姻などにより氏名・住所に変更がある場合には、本人確認書類の再提出が必要となりますが、その場合も新規契約時と同様にWEBアップロードにて完結でき郵送やFAXの必要なしWEB上での手続きで完結できます。


    会社への電話連絡による在籍確認は不要

    基本的に在籍家確認は勤務先への電話連絡により行われ、カードローン業者によっては増枠の申込の際にも再度、勤務先への電話確認が必要とされていることもありますが、セブン銀行カードローンはそもそも電話連絡による在籍確認が不要とされています。


    増枠の際も同条件で、勤務先に電話がかけられることはありません。


    審査担当者が必要と判断した場合には会社に電話をかけることもあるとのことでしたが、新規契約時から勤務先に変更がない場合には、電話がかかることはないと考えておいて問題ありません。


    契約内容変更確認書類はWEB上で確認できる

    契約内容変更確認書類はWEB上で確認できるので自宅への郵送は不要とされています。


    審査結果回答のメールから確認できるので、増枠の手続きの際に郵送や来店手続きは一切不要です。


    家族に内緒でカードローンを利用している人、仕事が忙しく平日の銀行営業時間内に時間が作りにくい人もセブン銀行カードローンの増枠は行い易いと言えます。


    増枠可能な借入限度額:いくらまで借入限度額は増額できる?

    セブン銀行カードローンで増枠可能な借入限度額の最大値


    セブン銀行カードローンの借入限度額の仕組みは他社カードローンとは少し異なり、新規申込の際に契約できる借入限度額は50万円、利用開始後に増枠の申込を行うことで70万円コースあるいは100万円コースへの増額が可能とされていました。


    が、2018年3月以降70万円と100万円2つのコースへの増枠は受付が停止されています。


    その為、今現在セブン銀行カードローンで増枠の申込ができるのは30万円と50万円の2つのコースのみとなります。


    セブン銀行カードローンの借入限度額ごとの適用金利
    借入限度額 適用金利
    10・30・50万円の3コース 年15.0%
    70・100万円の2コース ※ 年14.0%

    ※2018年3月以降受け付け停止


    借入限度額の増枠による金利引き下げはない

    今現在セブン銀行カードローンで用意されている10・30・50万円の3コースの金利は一律年15.0%とされているので、増枠の審査に通って借入限度額が引き上げられたとしても金利に変化はありません。


    金利15.0%の1ヶ月あたりの発生利息を以下表にまとめているので、自身が希望する借入金額に対して発生することになる利息がどの程度になるのかを確認してみてください。


    借入額ごとの1ヶ月あたりの発生利息表
    借りた金額 金利15.0%
    10万円 1,232円(1日41円)
    20万円 2,465円(1日82円)
    30万円 3,698円(1日123円)
    40万円 4,931円(1日164円)
    50万円 6,164円(1日205円)

    ※1ヶ月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    セブン銀行カードローンの金利15.0%はカードローン業界全体で比較しても十分に低金利な部類に入るとは言え、借入する金額が50万円ともなると毎月利息だけで6,000円以上の支払いを行うことになります。


    増枠による追加での融資は必要最低限、今本当に必要な金額のみとするようにしましょう。


    50万円以上の借入をしたいなら他カードローンの契約を検討しよう!

    セブン銀行カードローンの金利は年15.0%と消費者金融に比べて低金利で借入れすることができますが、借入限度額が最高800万円と設定しているカードローンがある中、セブン銀行カードローンの限度額は最高50万円なのでなるべく大きな金額を借入れしたいという方には向いていません。


    そのため、50万円以上の借入を希望する場合には、低金利で借入限度額が高い他社カードローンの利用を検討しましょう。


    楽天銀行スーパーローン


    楽天銀行スーパーローンは楽天サービスを利用している方には、契約・利用で楽天ポイントが貯まるので便利に使えるカードローンですが、金利は年1.9〜14.5%と低金利なので多くの方から人気を集めている1枚です。


    限度額は最高800万円と高く、様々な用途に利用することができ、毎月の最低返金額は2,000円からなので生活に負担をかけることはありません。


    また、申込資格は「満年齢20歳以上62歳以下の方、毎月安定した定期収入のある方」とあり、アルバイト・パートでお勤めの方はもちろん、専業主婦の方も申し込み可能です。


    さらに、通常ATM利用時に手数料がかかるところ楽天銀行スーパーローンなら手数料無料で利用できますし、Webであれば24時間振り込みが可能なので、急な出費が出た場合もすぐに対応してくれなます。


    金利は年1.9%〜14.5%と低金利

    パートやアルバイトでも申し込み可能

    コンビニでのカードローンATM利用手数料0円

    年会費・入会金が一切不要

    申込はスマホだけで完了

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.9%〜14.5% 800万円 最短翌日 無し 不要 有り
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 20歳〜62歳 楽天カード株式会社 Web完結も可能


    審査の基準について:新規契約時よりも審査通過の難易度は下がる?


    セブン銀行カードローン増枠の審査通過の難易度


    セブン銀行カードローンは他社に比べると増枠に対して積極的な対応をとっていると考えられます。


    が、基本的に新規契約に比べると、増枠の審査通過の難易度は高くなるというふうに考えておく必要があります。


    カードローンの審査の仕組みは新規契約時も増枠時も同様で以下の2項目から申込者の返済能力をスコア化、その算出されたスコアによって融資の可否、借入限度額は決定されます。


    申込者から伝えられる情報

    (年収、勤続年数、職業、雇用形態、家族構成、居住形態などといった申込時に確認される情報)


    信用情報機関からの情報開示

    具体的にどのような基準でスコアが算出されるかということについてはどの金融機関のカードローンでも明らかにはされていませんが、一般的に返済能力は以下のように判断されます。


    返済能力がプラスに評価されるもの

    • 年収が高くなっている
    • 勤続年数が伸びている
    • 非正規雇用から正規雇用になっている
    • 他社ローンの借金がなくなっている

    返済能力がマイナスに評価されてしまうもの

    • 年収が下がってしまっている
    • 転職して勤続年数が短くなっている
    • 他社からの借金が増えている

    勤続年数や雇用の形態などさまざまな情報から申込者の返済能力は測られることになるのですが、基本的に収入が増えている場合は返済能力はプラスに、毎月の支払いが増えている場合はマイナスの判断となります。

    借入の枠に余裕がある状態で増枠の申込を行う人は多くなく、ほとんどの人が新規契約時に設けられた借入の枠いっぱいまで利用し、追加での融資ができないことを理由に増枠の申込を行います。

    つまり、新規契約時にはなかった借金がある状態で審査を受けることになります。

    借金があるということは当然毎月決められた金額を返済しているということなので、毎月の収入に対する支払いの割合が増えている可能性が高くその分返済能力は低く判断されるので、新規契約時に比べると増枠の審査通過の難易度は高くなると考えておく必要があります。

    増枠の審査に通過するために最も重要なポイント


    セブン銀行カードローンの増枠の審査に通るために大事なポイント


    増枠の審査では新規申込時にはなかった、「セブン銀行カードローンの利用状況」も返済能力を図る上で重要な項目となります。


    返済の遅れがある、借入と返済を何度も繰り返していて借金が一向に減っていないという人は、「借りたお金をきちんと返してくれない人」「資金繰りがショートしかけている人」といったように判断される可能性が高く、増枠の審査通過は非常に難しくなってしまいます。


    新規契約から数ヶ月ほど勤続年数が伸びたからと返済能力が大幅にプラスの評価となることはありませんし、短期間で年収がいきなり数十万単位で上がるということも考えにくいので、増枠の審査に通るためには最低限、返済能力に対してマイナスの評価をされないことが最低条件となります。


    借入の枠いっぱいまで利用しているから増枠の審査に通らないということはありませんが、セブン銀行カードローンへの返済を遅れることなくきちんと行っていることは増枠の審査通過の最低条件だと考えておく必要があります。


    増枠の審査通過への期待値を高く持てる条件

    • 新規契約から1年以上経過している
    • 積極的に繰り上げ返済を行っている
    • 新規契約時にあった他社からの借入を完済している
    • 勤続年数が伸び年収も大幅に上がっている

    これら条件を満たす人は新規申込時に比べ返済能力がプラスに判断されることが多く、増枠の審査通過への期待値を高くもつことができます。


    ただし、今現在の契約している借入限度額のコースが10万円だという人は今回の増枠では30万円のコースを希望して申込を行うことを推奨します。


    セブン銀行カードローンだけでなく、どのカードローンでも1回の増枠の申込により増枠可能な借入限度額は10万円〜20万円程度となる傾向にあります。


    いきなり10万円のコースから50万円のコースへの増枠の申込を行った場合、その差は40万円となり増枠が認められる可能性は著しく低くなってしまいます。


    増枠の審査通過が非常に困難になると考えられる利用状況


    そもそも増枠の申込は新規契約時に比べ審査通過の難易度が高くなりますし、次のような返済能力がマイナスに評価されてしまう事項が多くある場合には増枠の審査通過の可能性はより低いものとなってしまいます。

    以下に増枠の審査通過が困難になってしまう条件をまとめたので、自身の今現在の利用状況と照らし合わせてみてください。

    増枠の審査通過が非常に困難になると考えられる人の条件

    • 毎月の返済に遅れや滞納がある
    • 他社ローンからの借入が増えている
    • 転職をしてまだ間もない
    • 退職して今現在無職となっている

    毎月の返済に遅延・滞納がある場合

    上項目で解説していますが、毎月の返済に遅延・滞納がある場合、増枠の審査に通ることはまずないと考えておく必要があります。


    また、それは増枠ではなく他社カードローンへの新規申込も同様です。


    「セブン銀行カードローンの返済は遅れているけど、違うカードローン業者にはバレてないでしょ」


    といったような考え方はしてはいけません。


    カードローンの利用状況は指定信用情報機関に登録されているので、他社カードローンの審査を受けた際には遅延・滞納の情報はすべて知られることになります。


    ダメ元で申込をした場合、その申込情報が信用情報機関に追加されることになるので、さらに状況は悪化してしまいます。


    過去に返済が遅れたことがあり、今現在はきちんと返済しているけど審査が不安だという人は以下ページを読んでみてください。


    信用情報機関の情報開示の方法と見方を分かりやすく解説しています。



    他社ローンが増えてしまっている

    他社からのローンが増えているから増枠の審査通過の可能性が全くないということではありませんが。「他社からのローンも含めた総借入金額が年収の1/3を超えてしまっている」というような場合には、増枠の審査を含めカードローンの審査に通過できる可能性はほぼ「0」です。


    2018年1月以降、銀行カードローンも消費者金融と同じように自主規制という形で総量規制を取り入れています。


    今現在、総量規制の対象外で利用できるカードローンは「貸金業法に基づくおまとめ(借換え)ローン」のみとなっています。


    カードローンの返済が困難でその資金の捻出の為に、増枠の申込を検討をしていたという人は以下ページを参考にしていただく事を推奨します。


    セブン銀行カードローンの増額審査に落ちたらとる行動

    セブン銀行カードローンで返済実績を積んでから、再度増枠審査を受ける

    セブン銀行の増枠審査に落ちてしまったら直ぐに増枠審査に申し込まずに、返済・利用実績をしっかり積んでから再度増枠審査に申し込むようにしましょう。


    審査落ちからすぐに増枠審査を申し込んだとしても、申込者の返済能力や利用実績は前回の増枠審査申込時点と変わらないと判断され、審査に通過することは難しいです。


    そのため、返済・利用実績を積むため半年ほど時間をおいてから再度増枠審査の申し込みをすることで審査通過の可能性を高めることができます。


    他カードローンの新規契約を検討する

    すぐにでもお金が必要という場合は、セブン銀行カードローンよりも他のカードローンを利用することをおすすめします。


    大手消費者金融であれば申込Web完結で即日融資を行っている業者が多いですし、時間に余裕があるのであれば金利が低い銀行カードローンを検討してみるのも手です。


    また、カードローンそれぞれにも異なるサービスが付帯しているので自分の使い方に合ったカードローンを選ぶようにしましょう。



    セブン銀行カードローンで増額するメリット・デメリット

    セブン銀行カードローンで増額するメリット

    以前よりも高額の借り入れができる
    複数のカードローンを利用する面倒がない

    セブン銀行カードローンで増額するデメリット

    増枠による金利の引き下げがない
    限度額は50万円までしか増えない
    利用限度額が減額になる場合がある

    増枠以外の方法で追加融資を受けるには


    セブン銀行カードローンは他社カードローンに比べると増枠の申込条件は緩やかで、審査スピードも新規契約時と変わらず早いので、追加での融資を希望している場合には増枠はかなり有効な手段だと判断できます。

    が、ここまでを読んで頂いた結果、自身が今現在置かれた状況では増枠の審査通過は難しいと感じた人は、増枠ではなく他社カードローンへの新規申込を検討してみることをオススメします。

    借金がある状態での申込となるので、審査通過の難易度が高めになることに違いはありませんが、増枠の審査に比べると新規契約の方が審査通過への期待値をわずかですが高く持つことができます。

    他社カードローンへの新規申込の方が審査通過の期待値を高く持てる理由、利用時の注意点についてを詳しく解説していきます。

    カードローン業者は新規顧客の獲得に注力する傾向にある

    すでに借金があるユーザーへの貸付はカードローン業者にとって貸倒れのリスクが高い貸付となるので高額の融資は望めませんが、どのカードローン業者も新規顧客の獲得には特に力を入れています。


    ですので、追加での融資希望額が少額の場合には増枠という方法ではなく、他社カードローンでの新規貸付を検討してみることをオススメします。

    • 今現在のローン総額が年収の1/3を超えていない
    • すべてのローンに対して返済の遅延・滞納がない
    • 新規契約以降に他社からの借金は増えていない

    これら条件を満たす人は、借入がある状態でも追加での融資を受けることができる可能性があります。


    ただし、高額融資を期待してはいけません。契約できる借入限度額は10万円程度になると考えておきましょう。


    増枠ではなく他社からの新規貸付を受ける際の注意点


    毎月の返済の負担は増枠よりも大きくなってしまう

    増枠ではなく他社カードローンとの新規契約により追加での融資を受ける際には、毎月の返済の負担が大きくなるということは必ず理解しておく必要があります。


    セブン銀行カードローンは10万円コースでは5,000円、30・50万円コースでは10,000円と最低返済額が設定されているので、もし仮に30万円から50万円への増枠、追加融資を受けたとしても毎月の返済額が変わることはありませんが、他社から追加で借入した場合には毎月の返済は確実に今よりも大きくなります。


    契約する金利は今よりも高くなる可能性が高い

    借金がある状態での追加融資を受ける場合、審査通過への期待値から銀行カードローンへの申込は得策とは言えず、消費者金融のカードローンへの申込の方が審査通過の可能性を高く持つことができると考察されます。


    ただ消費者金融を利用する場合、適用される金利は現状のセブン銀行カードローンとの契約よりも約3%程度は高くなってしまいます。


    そこで他社カードローンの新規申込による追加での融資を希望する場合には、消費者金融の中でも無利息サービスが用意されている業者を選ぶことが大事なポイントになります。


    無利息サービスは「プロミス」「アコム」「アイフル」「レイクALSA」、大手消費者金融の全てで取り扱われていますが、これら5社の中でも最も追加融資に適しているのが「レイクALSA」です。


    その理由とレイクALSAの詳細についてを以下で詳しく解説しているので参考にしてみてください。


    最大180日間の無利息サービスがある「レイクALSA」が追加融資には最適

    レイクアルサのロゴ画像


    10万円以下の少額融資を受ける際には無利息サービスがあるカードローンを選ぶことがポイントとなります。


    30日間の無利息サービスについてはプロミスやアコム、アイフルでも取り扱いがありますが、レイクアルサでは借入している金額全体の5万円までが最大180日間無利息となる独自のサービスを行っています。


    仮に借入する金額が10万円であればそのうちの5万円に対しては180日間利息の発生なし、もし追加での融資希望額が5万円以下、半年以内に完済することができれば、1円も利息を支払うことなく融資をうけることも可能です。


    審査スピードはメチャクチャ早いので最短即日融資も可能となっているので、少額の追加融資を希望している人にとってこれ以上ないというくらい適したスペックをもつカードローンだと言えます。


    ゼニエモンが申込を行った際は、審査結果回答までにかかった時間が12分、当日中にローンカードを発行、実際の即日で融資をうけることができました。


    • セブン銀行カードローンの借入の枠がもう残っていない
    • どうしても急いで追加での融資が必要
    • 返済の遅れや滞納は一切ない
    • セブン銀行カードローン以外からの借金は増えていない
    • 追加融資の希望金額が10万円以下

    これら条件に該当する人は増枠の申込ではなく、迷わずレイクALSAへの新規申込を行えば間違いありません。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15分 なし 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0% 20歳〜70歳以下 残高スライド元利定額リボルビング方式 ネット上のみで完了



    セブン銀行カードローンの増枠についてのまとめ


    セブン銀行カードローンは2018年3月以降70万円・100万円コースへの増枠の申込受付が終了している為、今現在の借入限度額の上限は50万円と少額融資へのみの対応となっています。


    ですので、増枠ができるのは今現在の契約が10万円あるいは30万円コースの人のみと限定されますが、増枠に対しては積極的な対応をしていると考察されます。


    新規契約時からセブン銀行カードローン以外の借金が増えていない、返済の遅延、滞納がないという利用状況である人は、追加での融資の方法としてまず増枠を前向きに検討することがおすすめです。


    それ以外の人は、上項目で解説したように他社カードローンへの新規申込が最適ですが、いずれにせよ借金が増加することに違いはないので、追加での融資を受ける金額は必要最低限に抑え、無理のない返済計画を立てた上でカードローンの利用はするようにしてください。


    セブン銀行カードローンの増額は、新規契約から2ヵ月以上経過している方のみ申込ができます。

    増額申込はインターネットから簡単にできますし、審査結果の回答までは最短2営業日と時間もかかりません。

    また、新規申込時のような提出書類や書k場への在籍確認の電話連絡も原則ありませんので、簡単に増枠することができます。

    ただし、増額することで返済額や利息の支払総額が増えますし、増額審査を受けることで利用限度額が減額される可能性もありますので、増額のメリット・デメリットをしっかり理解して増額審査の申込をしましょう!


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ