セゾンファンデックスのリースバックについて徹底調査!老後の資金運用として人気のサービス

掲載日:

 

     

    リースバックと言う言葉を最近度々耳にしますが、「融資サービスの一環であるのであろう」と把握している程度で、実際のところどう言ったサービスなのかはよくわかりませんよね。

     

    リースバックの利用に向いているのは高齢者となりますが、CMなどでの説明だけでは内容をしっかりと把握できずにいるって人も多いような気がします。

     

    実際にリースバックについては、「家を担保にして借り入れをする」と言った程度に把握している人がほとんどです。

     

    リースバックは内容とポイントを押さえれば、利用価値の高いサービスです。リースバックとは何なのか? 本内容の鍵となる部分から読み込んで行きましょう。

     

    リースバックについて

     

    リースバックとは今住んでいる家を専門の企業に買い取ってもらい、別途毎月家賃を支払って行きならが売却した家に住み続けても良いと言うサービスです。

     

    買取代金は一括で支払われる為、すぐにお金が必要な場面にも間に合わせることができます。

     

    例えば老後の資金がない、子供の教育費が出ない時などにリースバックは便利です。

     

    死亡後は住んでいた家を買い取った企業に渡さなくてはならなくなっていますが、リースバックはまた買い戻すことも可能なのです。

     

    リースバックについて

     

    つまりリースバックのようなサービスは基本的に60歳以上の方が利用することが多いのですが、リースバックは若い内からも利用できる為、家を一度売却しても、もう一度買い戻すこともできるということです。

     

    リースバックと似たサービスにリバースモーゲージと言うサービスもありますが、リバースモーゲージよりリースバックの方が優れている点は若い年齢から利用できると言ったところと家の買い戻しができると言った点です。

     

    リバースモーゲージを利用するよりは、リースバックの方がより良い選択と言えます。

     

    セゾンファンデックスリースバック

     

    リースバックのサービス内容について把握したところで、いよいよ本題であるセゾンファンデックスリースバックについて入りますが、リースバックの流れは上記で説明通り変わりません。

     

    家の買取先がセゾンファンデックスになり、家が所有ではなく賃貸扱いとなります。

     

    しかし、賃貸扱いになると言うことは家賃を毎月セゾンファンデックスへと納めて行かないとなりませんが家賃は低額で、戸建であれば固定資産税等がいらなくなり、マンションなら管理費や修繕積立金の支払いもなくなる為、魅力的でしょう。

     

    契約はセゾンファンデックスへ電話をして、最初に仮審査を行います。

     

    仮審査が終わると面談・現地調査が入るので、この時に家の状態や面談で気になる点を細かく伝え聞きましょう。

     

    面談・現地調査が終わると契約となり買取代金が一括で支払われ家は賃貸扱いとなるので、毎月低額料金をセゾンファンデックスリースバックへと支払って行く形となります。

     

    セゾンファンデックスリースバックはそのまま住んでいる家が賃貸扱いとなるだけなので、引っ越し費用の必要もなく初期費用もかからないので、良心的なリースバックとしておすすめできるサービスです。

     

    将来的に再度売却した家を購入することももちろん可能なので、安心して任せられます。

     

    高齢者見守りも兼ねたセゾンファンデックスリースバック

     

    セゾンファンデックスリースバックでは高齢者見守りも兼ねたリースバックを行なっているので、自分自身の老後の事を考えるならリースバックの質が良いと言うだけでなく、身の安全も守れるのです。

     

    なぜ? リースバックを利用することで身を守れるのかと言うと、セゾンファンデックスリースバックではSECOMのホームセキュリティを利用できるようになっていて、全部で4つのセキュリティーシステムがあります。

     

    マイドクター

    マイドクターは何かあった時に緊急信号を送ることができるペンダント式の緊急ボタンのようなもので、握ることで緊急信号をSECOMへと送信することができるのです。

     

    安否見守り

    安否見守りではトイレなどの必ず過ごしていれば利用すると考えられる生活導線と言われる場所にセンサーを付け、一定時間センサーが反応しない場所は急病で倒れたなどで動けないと判断し、SECOMが確認しに来ます。

     

    防犯センサー

    防犯センサーは泥棒や家に害なすものの侵入をチェックし異変があればSECOMが駆けつけてくれ、就寝中はもちろん在宅中で気が抜けている時でも常にSECOMが守ってくれるでしょう。

     

    火災センサー

    火災センサーに反応するとSECOMが駆けつけてくれるだけでなく、被害が大きいと考えられる時は119番まで行ってくれます。 ブザーも鳴るので寝ている時でも安心です。

     

    セゾンファンデックスリースバックを利用すれば、老後の資金や子供の教育費などの資金を得られるだけでなく、家族の安全や自分自身の命も守ることができるのです。

     

    また、セゾンファンデックスリースバックと契約し高齢者見守りのサービスを利用するにあたっては0円となっているので、金銭的な心配はいりません。

     

    契約に伴いサービスに関する説明や契約は結ぶことになりますが、家賃として賃貸料を低額支払って利用できるので良心的とも言えます。

     

    「家を売ってそのお金を資金とする」と言った事に抵抗を感じる人もいると考えられますが、今が苦しいのであれば安心できゆとりある生活を送ることができるセゾンファンデックスリースバックは打って付けでしょう。

     

    セゾンファンデックスリースバックのメリット

     

    では、ここでセゾンファンデックスリースバックのメリット・デメリットを順番に見て行きます。

     

    どのサービスにもメリット・デメリットのチェックはしておいた方が、よりサービスを理解しながら納得して利用できるでしょう。

     

    セゾンファンデックスリースバックには様々なメリットがありますが、中でもゼニエモン的に大きなメリットと言えるものをまとめました。

     

    家財保険はセゾンファンデックスリースバックが保証

     

    家に住み続けていると水漏れや火災、落雷など様々な被害が予想されますが、セゾンファンデックスではそれらの被害を全て保証してくれ、自費は0円で済みます。

     

    この他にも住宅内で起きた事故にも対応してくれる保証なので、高額と考えられる修理費ですがセゾンファンデックスの賃貸扱いになったと言うだけで、いつでも安心できる生活を送ることができるでしょう。

     

    持ち家ですと家に起きた被害は全て自費となり何かあった場合は痛手ですが、セゾンファンデックスリースバックに家を売却するだけでいろいろなしがらみから解放されるのです。

     

    リースバックのサービスはたくさんありますが、どのリースバックを利用するかで悩んでいるならセゾンファンデックスリースバックを選びましょう。

     

    固定資産税がかからない

    固定資産税は建物や土地などに対してかかる税金のことで、マイホームを持っている限りその税金から逃れることはできません。

     

    固定資産税が取られるものには家・土地だけでなく、船舶・航空機・機械・構築物などにも固定資産税が発生し、この他にも自動車を所有している人は自動車税も支払わないとなりません。

     

    家の固定資産税は、3,000万円前後の家だとしたら平均年間10万円前後支払うことが考えられるので、他にもかかる税金の事を考えると家の税金を支払わないで済む手段があれば利用したいことでしょう。

     

    セゾンファンデックスリースバックなら、この痛手な家の固定資産税を全て負担してくれるのです。

     

    固定資産税を払って貰うために何か別途料金を支払ったり加入しなくてはならないものないですし、固定資産税を支払って貰う為にすることはセゾンファンデックスリースバックと契約して買取代を貰うだけです。

     

    税金は払わなくて良いのであれば払わないに越したことはありませんし、そうでなくても私たちは国民健康保険や国民年金を国に収めています。

     

    セゾンファンデックスリースバックを利用することで固定資産税がカットされるなら、これほど大きなメリットはないと言えます。

     

    買取代金は完全一括払い

    リースバックを検討すると言うことは早く資金が欲しいと言うことが考えられますが、リースバックは一般的な融資サービスとはシステムが異なるので買取代金がどのように支払われるのか? 詳しく知りたいことでしょう。

     

    家を売却してお金に替えると言うことは買取代金があまりにも高額と予想される為、分割ではないか? 一括で支払って貰うには何かクリアしないといけない条件があったり、何かしらのデメリット面があるのでは? と考えてしまう人もいると考えられます。

     

    実際に自分が一般的な融資サービス会社で返済をする時は分割ですし、セゾンファンデックスリースバック側でも家を買取るほどのあまりにも高額の支払いとなると、多少は分割になると予測する人も多いでしょう。

     

    ですが、セゾンファンデックスリースバックでの買取代金は一括で支払うと謳っているまま、本当に一括にて代金が支払われます。

     

    資金はより多く調達したいものですし、すぐに必要なものに調達した資金を充当できる方が望ましいでしょう。

     

    万が一分割払いで必要なものに対する資金が足りなければ別途融資サービスを利用しなくてはなりませんし、60歳に年齢が達していると融資額を多く設けることは難しいとも予測できるので、リースバックを利用し一気に資金を調達するに越したことはありません。

     

    この他にも様々なメリットがありますが、確認したい人はセゾンファンデックスリースバックのホームページでチェックしてみてください。

     

    セゾンファンデックスリースバックのデメリット

     

    セゾンファンデックスリースバックのメリットを確認しましたが、次はデメリット面を見て行きます。

     

    デメリットも利用して行く間で不満が生まれないよう、知っておくと良いでしょう。

     

    家賃は発生する

     

    セゾンファンデックスリースバックに持ち家を売却すれば一括でたくさんの資金は得られますが、賃貸となる為、家賃は発生します。

     

    家賃は低額な為、心配はいらないと上記で述べましたが、額は家の価値によってそれぞれ異なり人それぞれでしょう。

     

    家賃のイメージは、融資サービスで借入れを行った際には返済額を毎月支払って行きますが、その返済額中の利息分のみ支払って行くイメージです。

     

    セゾンファンデックスリースバックを利用すれば確実に資金を得ることはできますが、資金に対して毎月の支払い額がどれほどか? 割合を気にする人は予め計算しておいた方が後の不満に繋がらないでしょう。

     

    また、資金調達が優先なのであれば他の融資サービスを利用するよりも、確実に多額が手に一括で入るので安全・安心なセゾンファンデックスリースバックは最適です。

     

    自分の名義の家ではなくなる

     

    セゾンファンデックスリースバックを利用すると家が自分の名義ではなくなるので、注意してください。

     

    リースバックは家を売却したとしてもそのまま住み続けられるので名義はそのままだと勘違いしてしまう人もいますが、家を売ることになるのでもちろん名義は変わります。

     

    セゾンファンデックスリースバックで売却すれば手放した家を取り戻すこともできるので、取り戻せば家の名義は自分の名前に戻りますし取り戻す事を前提に資金調達の為に一度家を手放す人もたくさんいるでしょう。

     

    ただし、名義が変わる事を知らないで契約してしまうと取り返しのつかない事になってしまうので気をつけてください。

     

    家を売って資金を取り戻すまでにはもちろん期間がかかりますが、最終的に取り返す予定があるのであれば取り返す年数はきちんと計算しておいたほうが良いでしょう。

     

    シミュレーションを曖昧にすると結局家を取り返したい時までに貯金が合わない事態になり兼ねませんし、取り返すのは先の事だからと気軽に構えてしまうと結局名義を取り返せない結果に終わってしまいます。

     

    名義を取り返したいなら、貯金をきちんと行なって行く事をおすすめします。

     

    大体月いくら? セゾンファンデックスリースバックを利用した時の家賃について

     

    セゾンファンデックスリースバックについて見て行き、リースバックがどのようなサービスかを掴むことができたことでしょう。

     

    しかし、気になるのは、セゾンファンデックスリースバックへと家を売った後の毎月の家賃です。

     

    正確な額は家を面談・現地調査する際に出してもらうしかありませんが、予め予測ができれば家賃のシミュレーションも立てやすいでしょう。

     

    セゾンファンデックスリースバック利用検討中の人が家賃のシミュレーションが立てやすくなるようにと直接電話をしてみました。

     

    セゾンファンデックスリースバックと契約すると家の価値はそれぞれだと思いますが、毎月の家賃は大体の検討で良いのでどれほどでしょうか?

     

    はい。毎月の家賃は買取価格によって異なって来ますが、戸建の場合ですと最低買取価格は500万円となり毎月の家賃は40,000円となっています。 ただあくまでも検討となるので契約される際に担当の者と相談なさった方が確かです。

     

    との回答でした。

     

    セゾンファンデックスリースバックの回答から毎月の家賃はそこそこ支払って行かなくてはならないことが読み取れるので、カードローンなどで借入れの審査が通らなかった時などに利用すると家が主な審査対象となるので一括にて資金が手に入る為おすすめでしょう。

     

    セゾンファンデックスと契約する際は、今一度この記事に目を通しリースバックの内容をしっかりと把握おき、毎月家賃を支払っても損はないか? しっかりと見極めておくと賢くセゾンファンデックスを利用できます。

     

    手続きに関して

     

    セゾンファンデックスリースバックの契約に関しては電話→仮審査→面談・現地調査となり、ステップとしては分かりやすく簡単ですがデメリット面もあります。

     

    そのデメリットとは面談・現地調査が入ると言うことは少なからず家を片付けなくてはならなくなると言うことで、汚れや物の整理などが必要になることでしょう。

     

    もちろん、そのままでも良いですが綺麗な方が査定する側の目にも綺麗に映りますし、直せるところは直した方がより買取額も高くなると考えられます。

     

    掃除は若い内は体力もあるので片付けられる範囲であれば掃除が行き届きますが、年齢を重ねて行くと年々大変になってくるものです。

     

    セゾンファンデックスリースバックで家を売却して資金を得ると言う部分だけ聞くと掃除をしなくてはならないと言った部分は盲点ですが、現地調査が入る前に家は片付けた方良いのでその期間も考慮してセゾンファンデックスリースバックを利用してください。

     

    リースバックは老後の生活を豊かにするための選択肢としてあり

     

    色々と調査をした中で感じたのは「リースバックを良いサービスだな」ということ。

     

    なぜなら、融資サービスなどお金を借りるような類のサービスに抵抗のある人も多いですが、実際問題近年融資サービスを利用している人増えてきていて昔とは異なり後ろめたさを感じる必要はないサービスへと変わってきているからです。

     

    リースバックは家を売って資金を調達するサービスですが、そこで「家を売って資金を調達するなんてとんでもない」と言ったような既成概念に囚われ、苦しい生活を送ることに意味がないと考えます。

     

    背に腹は変えられないですし、後ろめたさを感じる必要がないサービスであればどんどん利用して行くべきだとは考えています。

     

    また、セゾンファンデックスリースバックは家を売ることで多額の資金調達ができるシステムとなっている為、まるまる借金をしているのとは違うのです。

     

    家を売却することで名義が変わると言ったデメリットもありますが、生活水準を下げることなく資金を獲得できることは大きいです。

     

    生活水準を良い状態のまま保ちつつ資金を調達したいなら名義が変わることなど多少のデメリットがあったとしても、質の良い生活を守る為セゾンファンデックスリースバックを利用した方が良いと言えるでしょう。

     

    セゾンファンデックスリースバックを利用する際は子供への遺産分与も視野に入れよう

     

    これはセゾンファンデックスリースバックに限った話ではありませんが、家を売却する人で子供がいる場合は遺産分与についても考えた方が安心です。

     

    もし、子供に遺産として家を残しておきたいのであれば、安易に家をリースバックしてしまうとその家はセゾンファンデックスリースバックのものとなっている為、子供への遺産として残しておくことができなくなってしまいます。

     

    リースバックはリバースモーゲージと違い家を買い直すことができるので一時的に売却したとしても子供への遺産として家を残す場合は、売却後、家を取り戻すまでどれほど貯金をして行かなくてはならないかをしっかりと考えましょう。

     

    リースバックをする時は家を残すか? 残さないか? 最終的に取り戻すのかどうかをしっかりと話し合って事を進めてください。


    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ