楽天銀行スーパーローンの増枠について解説したページの見出し画像

楽天銀行スーパーローンの「増枠」についてを徹底調査!

更新日:

「新規契約時の枠をすべて使いきったしまったけど追加での融資が必要」
「まだ借入の枠には余裕があるけどいざという時の為に大きい枠を作っておきたい」
「将来の備えとして現在の契約金利を引き下げておきたい」


一口に増枠といってもその目的は様々ですし今現在の利用状況も異なります。


このページでは楽天銀行スーパーローンに電話による直接の問い合わせを行い、増枠の申込条件や方法、審査にかかる時間、審査通過の難易度などについてを徹底調査、詳しく解説していくとともにそれぞれの目的、利用状況から増枠を行うことで得られるメリット・デメリット、向き・不向きを考察していきます。


楽天銀行スーパーローンとの契約があり増枠を検討しているという人はぜひ最後まで読んでみてください。


このページは楽天銀行スーパーローンの「増枠」についての情報のみに特化しています。
すでに楽天銀行スーパーローンとの契約がある人に向けた内容となっているので、新規申込を検討しているという人は以下ページを参考にして頂けると幸いです。



    楽天銀行スーパーローンの「増枠」の申込方法と条件

    楽天銀行スーパーローンローンでの増枠については、公式HP上に以下のような記載が確認されます。


    ご利用限度額を増額して欲しいのですが?金利を下げて欲しいのですが?

    インターネットもしくはお電話にて承っております。
    ・インターネットで申し込む⇒メンバーズデスク
    ・お電話で申し込む⇒楽天銀行カードセンター(TEL:0120-730-115)


    詳しくはこちら
    ※前回の審査より6ヶ月以上経過していることが条件となります。
    ※審査の結果によってはご希望に添えない場合がございます。


    引用元:楽天銀行HP「よくある質問」より


    楽天銀行スーパーローンの増枠への申込の利用期間による制限


    楽天銀行スーパーローンでが申込の間隔が最低でも6ヶ月以上空いていないと審査の対象とはなりません。


    ですので増枠の申込、審査を受けるには、楽天銀行スーパーローンとの新規契約時から最低でも6ヶ月経過していることが条件となります。


    あくまで6ヶ月経過後から審査の対象となるということで、6ヶ月経過していたら確実に審査に通るということではないと考えておいてください。


    楽天銀行スーパーローンの増額の申込方法

    増枠の申込は以下2つの方法から選択することができます。


    メンバーズデスクにログインしてインターネットから申込
    楽天銀行カードセンターへの電話による申込

    どちらの申込方法を選択しても審査にかかる時間、手続きの内容は変わらないとのことでしたが、電話での申込の受付は「平日9:00〜21:00」とされているので、メッバーズデスクへの会員登録が済んでいる人はインターネットからの申込の方が24時間いつでも自分の好きなタイミングで行うことができるのでオススメです。


    ちなみに、電話による申込手続きにかかる時間は約10分程度とのことでした。


    本人確認書類などは再度提出する必要がある?

    増枠の申込を行う際の書類提出についてを楽天銀行に電話をかけて確認してみました。


    本人確認書類の再提出の有無

    引越しをして住所に変更があった場合

    口頭もしくは申込フォームから住所の変更を伝えるだけでOK。


    新たな住所を証明するための、運転免許証や住民票などの提出は不要です。


    婚姻などにより氏名に変更があった場合

    名前が変わった場合には、増枠の審査と同時にローンカードの再発行手続きも行う必要があり、氏名の変更後の運転免許証やパスポートといった本人確認書類の提出を再度行うことになります。


    楽天銀行スーパーローンの増枠の申込時の本人確認書類の再提出の必要性


    収入証明書の提出の有無

    増枠の際の収入証明書の提出条件も新規契約時と同じく、契約する借入限度額が50万円を超える場合からは必須とされています。


    楽天銀行スーパーローンの借入限度額は10万円単位とされているので、今現在50万円の借入の枠で契約している人は増枠の審査の際には、以下で紹介する収入証明書のうちいずれか1点を必ず用意する必要があります。


    楽天銀行スーパーローンで収入証明書として認められるもの


    楽天銀行スーパーローン以外からの借入が増えている人は、増枠後の借入限度額50万円以下の場合でも収入証明書の提出を求められる可能性が高いと考えておくようにしてください。


    増枠の申込をすれば即日で追加融資をうけることもできる?

    楽天銀行スーパーローンの増枠は、電話もしくはインターネットからの申込を行うことができ、審査通過、限度額の再設定後はすでに手元に持っているローンカードをそのまま利用する形となります。


    ですので、増枠の際には来店や郵送による手続きは一切不要とされています。


    手続きの具体的な流れと審査にかかる時間を電話にて問い合わせてみました。


    楽天銀行スーパーローン「増枠」の申込から限度額再設定までの流れ

    • 電話あるいはネットでの増枠の申込
    • 必要に応じて指定書類の提出
    • 増枠の審査・在籍確認
    • 電話での審査結果回答
    • 限度額の再設定・追加での融資実行

    楽天銀行スーパーローンの増枠の審査回答までにかかる時間


    申込内容、審査の混雑具合にもよるが、通常であれば増枠の審査回答までには申込から約1週間程度はかかってしまうことが多いとのことでした。


    最短であれば2日での審査結果回答も可能とのことでしたが、楽天銀行スーパーローンでは土日の増枠の審査は行われていないので、週末の申込を行った場合には審査結果回答は早くとも翌週月曜日以降となります。


    増枠の審査は新規契約の申込に比べ慎重に行われていると考えられるので、追加での融資が目的で、なおかつ融資を急いでいるという人が楽天銀行スーパーローンの増枠の申込を行うのは得策ではないと言えます。


    追加での融資希望額が5万円以下の少額、とにかく急いでお金を用意する必要があるという人は、以下ページを参考にしてください。


    土日・祝日問わず、最短即日での融資も可能なカードローンを特集、利用時の注意点についても詳しくまとめています。



    楽天銀行スーパーローンの増枠審査は在籍確認が必須


    楽天銀行スーパーローンの増枠審査の際の勤務先への在籍確認


    楽天銀行スーパーローンの審査に時間がかかる理由、審査が慎重に行われていると考えられる理由として挙げられるのが、勤務先への在籍確認です。


    ほとんどのカードローンでは、新規申し込み時から勤務先の変更がない場合には増枠の審査の際の在籍確認は不要とされています。


    が、楽天銀行スーパーローンでは、転職や転勤などが一切ない場合でも、在籍確認が必ず必要になるとのことでした。


    増枠の審査の際には、再度勤務先に電話がかかってくるということを理解しておく必要があります。


    新規契約時よりも審査通過の難易度は下がる?

    審査の基準についてはどの金融機関のカードローンでも明らかにはされていないので、一概に審査が甘い、厳しいということは伝えることはできません。


    ただ、新規契約時と増枠時では審査に一点大きな違いがあり、その項目の評価によって審査通過の可能性は大きく異なることになります。


    楽天銀行カードローンの増枠の審査通過の可否に大きな影響を与える項目


    新規申込の審査の際には、次の2項目より得られる情報から総合的に申込者の「返済能力」を確認し、審査通過の可否を決定されます。

    申込者から伝えられる情報

    (年収、勤続年数、職業、雇用形態、家族構成、居住形態などといった申込時に確認される情報)


    信用情報機関からの情報開示

    これらの情報から返済能力を確認するという点には違いはないのですが、増枠の審査では新規申込時にはまだなかった、「楽天銀行スーパーローンの利用状況」も返済能力を図る上で重要な項目となります。


    具体的には、借入したお金を毎月遅れることなく返済していて着実に借金が減っていっているという人は、楽天銀行にとって「優良なユーザー」として判断されることになり、増額の審査通通過への期待値が高く持てます。


    反対に、返済の遅れがある、借入と返済を何度も繰り返していて借金が一向に減っていないという人は、「借りたお金をきちんと返してくれない人」「資金繰りがショートしかけている人」といったように判断される可能性が高く、増枠の審査通過は非常に難しくなってしまいます。


    以下に増枠の審査通過への期待値を高くもてる条件と反対に審査通過が困難になってしまう条件をまとめたので、自身の今現在の利用状況と照らし合わせてみてください。


    増枠の審査通過への期待値を高くもてる人の条件

    • 新規契約時の借入金をすでに完済している
    • 毎月遅れることなくきちんと返済をしている
    • 積極的に繰り上げ返済を行っている
    • 他社ローンからの借入が増えていない
    • 勤続年数が伸び年収が増えている

    増枠の審査通過が非常に困難になると考えられる人の条件

    • 借入と返済を繰り返していて借金が全く減っていない
    • 毎月の返済に遅れや滞納がある
    • 他社ローンからの借入が増えている
    • 転職をしてまだ間もない
    • 退職して今現在無職となっている

    新規契約時の借入金をすでに完済しているという場合、楽天銀行からは「この人は貸したお金を遅れることなくきちんと返してくれる人」と見られることになり、信用力が高くなるので、増枠の審査に対して非常に有利になると言えます。

    反対に返済が遅れている、他社からの借入が増えているというような場合には、増枠の審査通過は非常に難しいものとなると考えておく必要があります。

    少しでも審査に対してマイナスとなりそうな不安材料がある場合には、ダメ元で増枠の審査、もしくは他社カードローンへの新規申込を行うのではなく、自身の信用情報が今どのようになっているのかを先に確認することを推奨します。

    信用情報開示の方法や開示された情報の見方については以下ページで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

    楽天銀行スーパーローンは個人信用情報機関CICに加盟しています。


    楽天銀行スーパーローンで増枠するメリット・デメリットとリスクについて

    ページ冒頭でも触れていますが、一口に増枠といってもその目的や利用状況は異なるため、増枠により得られるメリットを得られる人もいれば、反対に増枠の申込にはデメリットが多く申込をオススメできない人もいます。


    ですので、まずは楽天銀行スーパーローンの「増枠」についての特徴、押さえておきたいポイントを簡単にまとめました。


    楽天銀行スーパーローン「増枠」の特徴と押さえておきたいポイント

    増枠の手続きの際に来店や郵送は原則不要
    新規契約から最低でも6ヶ月以上経過しないと審査の対象外となる
    氏名・住所に変更がなければ本人確認書類の再提出は不要
    申込から審査結果の回答までには1週間程度かかると考えておく
    転職・転勤の有無に関わらず増枠の審査にも在籍確認が必須とされている
    遅れずに返済していて着実に借金が減っている人は審査に有利
    枠いっぱいまで借入していると増枠の審査通過は難しくなる

    これらの情報を踏まえたうえで、増枠の目的、今現在の利用状況からいくつかのパターンに分けて、増枠のメリット・デメリット、向き、不向きを考察していきます。


    楽天銀行スーパーローンでの増枠によりメリットが大きくなる人

    • 借入の枠にはまだ余裕がある
    • もしもの備えとして限度額を増枠したい
    • 毎月きちんと返済していて着実に借金を減らせている
    • 他社ローンからの借金が増えていない
    • 今すぐにお金が必要なわけではない

    これら条件を満たす人は、楽天銀行スーパーローンでの増枠が向いていると言えます。


    他社カードローンに新規申込を行うよりも総借入限度額の枠が大きくできる可能性が高い、追加での融資を受けても返済先が増えることがないといったメリットが享受されます。


    今すぐに融資を受ける必要がなく、お金にも時間にも余裕がある人のみ楽天銀行スーパーローンの増枠はオススメすることができます。


    返済に遅れがある、他社ローンからの借金が大幅に増えているという場合、増枠の審査に落ちてしまう可能性が高くなるだけでなく、今現在まだ残っている借入の枠が減枠されてしまうということもありえます。


    増枠の申込は慎重に判断するようにしてください。


    楽天銀行スーパーローンへの増枠の申込が向いていない人

    • とにかく急いで追加での融資を受けたい
    • 枠いっぱいまで借入してしまっている
    • 楽天銀行スーパーローンへの返済を遅れてしまったことがある

    これらに該当する場合、楽天銀行スーパーローンの増枠への申込はオススメすることはできません。


    枠いっぱいまで借入をしている状態、楽天銀行スーパーローンへの返済が何度か遅れたことがあるという状態は、新規にしても増枠にしても審査通過の難易度は高い状態だと言えます。


    が、基本的にカードローン業者は新規顧客の獲得に注力している傾向にあるため、増枠の審査よりは新規申込の方が審査通過への期待値を高くもつことができます。


    他社カードローンへの新規申込による追加での融資を受ける場合「毎月の返済先が2箇所に増え負担が大きくなる」「高額の借入の枠を設けることは難しい」ことから融資希望額は10万円がひとつの目安となります。


    これ以上の金額は仮に審査に通過したとしても、融資を受けるべきではないとゼニエモンは考えています。


    ですので、ここでは追加での融資額10万円以下の場合に申込をオススメできるカードローンのみを紹介しておきます。


    最大180日間の無利息サービスがある「レイクALSA」が追加融資には最適

    レイクアルサのロゴ画像


    レイクALSAは、新生フィナンシャルの取り扱うカードローンで、2018年の4月1日からサービスを開始し始めた新しいローン商品です。


    30日間の無利息サービスについてはプロミスやアコム、アイフルといった他消費者金融でも取り扱いがありますが、レイクALSAでは借入している金額全体の5万円までが最大180日間無利息となる独自のサービスを行っています。(※1)


    仮に借入する金額が10万円であればそのうちの5万円に対しては180日間利息の発生なし、もし追加での融資希望額が5万円以下、半年以内に完済することができれば、1円も利息を支払うことなく融資をうけることも可能です。


    少額の追加融資を希望している人にとってこれ以上ないというくらい適したスペックをもつカードローンだと言えます。


    また、審査スピードがメチャクチャ早く、最短即日での融資も可能(※2)となっているので、とにかく急いでお金が必要だという人のニーズにもバッチリ対応しているのも嬉しいポイントです。


    ゼニエモンが申し込みを行った際には、審査結果回答のメールが申込から完了から12分で届き、当日中に融資を受けることもできました。


    (※1)
    ・ご契約額1万〜200万円まで60日間無利息
    ・ご契約額が200万円超えの場合30日間無利息
    ・お借入れ額5万円まで180日間無利息
    ・60日間の無利息は期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)に契約完了時のみ適用
    ・30日間無利息、180日間無利息との併用不可
    ・新生フィナンシャルで初めて契約する人のみが対象


    (※2)平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によっては翌日以降の融資となる場合もあります。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5〜18.0% 1万円〜500万円 申込み後最短15秒で審査結果を表示 なし 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0% 20歳〜70歳以下(※) 残高スライドリボルビング・元利定額リボルビング ネット上のみで完了

    (※)日本国内に居住しており自身のメールアドレスを持っていること




    楽天銀行スーパーローンの増枠により金利が引き下げられる可能性

    楽天銀行スーパーローンの増枠により金利が引き下げられる可能性は低い


    どの金融機関のカードローンでも基本的に契約する借入限度額ごとに適用される金利が定められているのですが、楽天銀行スーパーローンでは適用金利は以下のように定められています。


    楽天銀行スーパーローン借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 金利
    10万円以上100万円未満 14.5%
    100万円以上200万円未満 9.6%〜14.5%
    200万円以上300万円未満 6.9%〜14.5%
    300万円以上350万円未満 4.9%〜12.5%
    350万円以上500万円未満 4.9%〜8.9%
    500万円以上600万円未満 4.5%〜7.8%
    600万円以上800万円未満 3.0%〜7.8%
    800万円 1.9%〜4.5%

    借入限度額100万円以下の適用金利は一律14.5%と定められている

    楽天銀行スーパーローンに限らず、増枠の審査に通過したことにより増額される借入限度額は10万円〜20万円程度となる傾向にあります。


    100万円以下の借入限度額では適用される金利に12.0%〜14.5%などと幅がもたれている場合には、少額の増枠でも金利が引き下げられる可能性もありますが、楽天銀行カードローンでは借入限度額が100万円を超えない限り、金利が引き下げられることはありません。


    また、100万円を超えた場合でも適用金利は9.6%〜14.5%とされているため、増枠により借入の枠が100万円となった場合でも金利はそのまま引き継がれる場合もあります。


    ですので、金利引き下げを目的とした増枠の申込はあまり得策とは言えません。


    楽天銀行スーパーローンの上限金利14.5%という数字は、カードローン業界全体で比較しても十分に低金利な水準だと言えますが、今すぐにお金を借りる必要はない、いざという時の為にさらに低金利なカードローンを契約しておきたいと考えている人には「J.Score(ジェイスコア)」への新規申込を検討してみることをオススメします。


    ジェイスコアはみずほ銀行とソフトバンクの共同出資により2017年に新しく登場した個人向けのローン商品で、括りとしては消費者金融と同じく貸金業者となるのですが、銀行カードローンも含めても業界トップクラスに金利が低いのが特徴です。


    ジェイスコアのAIスコアによる適用金利表

    AIスコア 適用金利 借入限度額
    950〜1000 0.8%〜2.1% 10万円〜1,000万円
    900〜949% 1.9%〜3.7% 10万円〜730万円
    850〜899 3.5%〜5.4% 10万円〜540万円
    800〜849 5.2%〜7.0% 10万円〜400万円
    700〜799 6.8%〜9.5% 10万円〜260万円
    600〜699 9.3%〜12.0% 10万円〜150万円
    400〜599 - -

    ジェイスコアでは最少の借入限度額10万円での契約となった場合でも適用される金利は12.0%とされているので、審査に通りさえすれば今現在の楽天銀行スーパーローンでの契約金利よりも低い金利で契約できる可能性が非常に高いです。


    金利が低いカードローンを利用する場合、どうしてもその審査の基準は厳しくなる傾向にあるのですが、楽天銀行スーパーローンからの借入を一度も返済を遅れることなくすでに完済しているという人であれば、そのぶん「返済能力」「信用度」は高く評価されることになるので、審査通過も大いに見込まれます。


    また、ジェイスコアにはAIスコア診断という高度な審査シミュレーションが用意されており、申込の前に自身の現在の返済能力をスコア化、そのスコアにより融資可能な借入限度額と適用される金利の目安を知ることもできます。


    ジェイスコアの全体的なスペックやAIスコア診断の仕組みなどについては以下ページでゼニエモンの体験談を踏まえ、とことん詳しく解説しているので、追加融資の希望ではなく、金利引き下げを目的に楽天銀行カードローンの増枠を検討していたという人は、ぜひ参考にしてみてください。



    楽天銀行スーパーローンの「増枠」についてのまとめ


    楽天銀行スーパーローンは低金利で、なおかつ審査スピードが早く全体的なスペックが高いカードローンで、その上審査通過への期待値も高いことから、はじめてカードローンを利用するという人にメチャクチャオススメなのですが、今回このページで解説した「増枠」についてはあまり行うメリットがないように感じます。

    特に今現在の契約金利に不満はない、すぐに融資を必要としているわけではないがいざという時の備えとして借入限度額を増額しておきたいという人にのみ増枠の申込は推奨できます。

    これら条件に当てはまらないという人は、自身の今現在の利用状況、増枠の目的をしっかりと考慮した上で、増枠ではなく他社カードローンへの新規申込を検討したほうが得られるメリットは大きくなる可能性が高いとゼニエモンは考えています。

    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ