楽天銀行スーパーローンの解約方法について解説!解約のメリット・デメリットや再契約についても紹介します!

更新日:

このページでは楽天銀行スーパーローンの解約方法について紹介します。

解約方法だけでなく、メリット・デメリットや再契約の際に与える影響についても解説していきますので、解約を検討している方、解約後に再度契約を考えている方は是非参考にしてください!

    楽天銀行スーパーローンを解約するには

    楽天カード・楽天トラベル・楽天ブックス・楽天市場と楽天関連のサービスは非常に広範囲に渡っています。


    そんな楽天関連サービスによるカードローンが楽天銀行スーパーローンです。


    楽天銀行スーパーローンは借り入れ限度額が800万円、専業主婦の方は限度額50万円となっています。


    金利は年1.9%から年14.5%となっていて、アイフルやアコムの金利が年3.0%から年18.0%なことから、楽天スーパーローンは非常に利用しやすいことがわかります。


    そして、借り入れにはまず、20歳以上62歳以下、パート・アルバイト・専業主婦の方は60歳以下という年齢条件を満たす必要があります。


    それから、日本国籍の方か永住権・特別永住権を持っている外国籍の方という国籍の条件もありますし、勤めていて毎月安定して継続的な定期収入のある方か専業主婦の方という職業・収入の条件もあります。


    加えて、楽天カード株式会社かSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けられるというのも条件です。


    楽天スーパーローンを解約したくなったら?

    楽天カードや楽天市場のような他の楽天関連のサービスを利用することで評価が高まり、利用しやすくなるのが楽天銀行スーパーローンのメリットと言えるでしょう。


    しかし、それは逆に言えば楽天ユーザーなら楽天銀行スーパーローンがおトクになるけれども、そうでないなら楽天銀行スーパーローンにこだわる必要性が薄いということになります。


    加えて、楽天銀行スーパーローンを借り入れ利用することがもうないという方や、住宅ローン・自動車ローン・ブライダルローン・学資ローンといった高額なローンの利用を考えている方は、楽天銀行スーパーローンの解約を検討するのも手でしょう。


    楽天銀行スーパーローンを利用する必要性が薄いと判断したら、解約の手続きを踏むようにしましょう。


    解約をする場合、当然ですが借り入れ金額を0円にしておく必要があります。


    完済したら自動で解約扱いになると考える方も多いですが、実際には契約は続いていて再借り入れが可能になるようにできています。


    楽天銀行スーパーローンは提携ATM・インターネット会員サービス「メンバーズデスク」・カードローン振込専用口座にて随時返済という形で一括返済できるようになっています。


    提携ATMはローソン銀行・イーネット・イオン銀行・セブン銀行・三井住友銀行・みずほ銀行と全国区のものがあり、カードローン振込専用口座についてはカードセンターに問い合わせることで教えてもらえます。


    解約の手順


    楽天銀行スーパーローンの解約の流れ

    • 楽天銀行カードセンターに電話(0120-730-115)
    • 解約する意思を伝える
    • 本人確認をする
    • 借入残高の確認をする
    • 解約届が郵送で届く
    • 解約届に記入する
    • 楽天銀行カードセンターに返送
    • 解約手続き完了の連絡を受け取る

    以上が楽天銀行スーパーローンの解約手続きになります。365日24時間いつでも解約の申し出ができますし、特に費用が必要というわけでもありません。


    楽天銀行カードセンター:0120-730-115


    注意点としては、代理で解約手続きをすることはできず、必ず借り入れ契約者本人が解約しないといけないということです。


    また、解約の申し出をする時に本人確認をしますが、楽天銀行メンバーズデスクのユーザーID(会員番号)・ローンカードの番号・本人確認書類の番号のいずれかを尋ねられますので、事前に用意しておきましょう。


    なお、楽天銀行スーパーローンの解約手続きで解約されるのはあくまで楽天スーパーローンのみです。


    引き落とし先に楽天銀行の口座を指定していても、解約して楽天銀行口座がなくなるということはありません。あくまで楽天銀行スーパーローンが解約されるだけなので安心しましょう。


    解約時に用意する書類

    楽天銀行スーパーローンを解約する時には書類を用意しておかなければなりません。


    運転免許証・健康保険証・パスポート・その他に指定された本人確認書類いずれかの写しのどれかを本人確認書類として用意します。それと、印鑑・ローンカードも必須です。


    解約手続きは郵送のみで受付しています。用意するのに手間取るものもあまりないので、忘れずに手元に置いておけば安心です。


    解約からの再契約はどうなの?

    楽天銀行スーパーローンからの借り入れを完済し、解約をしたが、また必要になったという場合は、再契約をする必要があります。


    再契約をする場合は、初めて借り入れをした時と同じように手続きをして申込をし、審査を受けなければなりません。


    完済をしても解約をしていなければ、借り入れ利用記録が楽天銀行スーパーローン側に社内情報として残っていますが、解約をするとほぼまっさらの状態からの借り入れ申込と審査になることは覚えておきましょう。


    楽天スーパーローン再契約の手続き

    再契約をする場合、新規借り入れ申込と同じ手続きをしなければなりません。つまり、解約後は新規申し込みと変わらないということになります。


    楽天スーパーローンの申込手順

    • 申込フォームに入力
    • ローンカード発行までの案内メールを受信
    • 審査を開始
    • 勤務先への在籍確認
    • 契約内容に関して本人へ電話確認
    • 必要書類の提出
    • 借り入れ申込手続き完了
    • ローンカード発行
    • 口座振替依頼書を提出

    楽天銀行スーパーローンは在籍確認の電話がありますが、個人名を出すことはなく、担当者名のみを名乗るので、カードローンの利用を知られることはありません。


    楽天銀行スーパーローンの在籍確認について


    何処からの電話か聞かれた時は楽天銀行の名前だけを出すので、疑いを持たれることもないでしょう。


    同僚や上司に言い訳をするという場合、楽天銀行スーパーローンは楽天という全国的に普及したサービスですので、楽天カードや楽天トラベルの利用で電話をもらったと軽い嘘をつくことも有効です。


    また、楽天銀行スーパーローンは本人がきちんと会社に在籍していると確認を取れれば問題なく在籍確認を終わらせられます。


    必要書類

    楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネット経由の申込では不要)
    本人確認書類 運転免許証、健康保険証、パスポート、その他に指定された本人確認書類いずれかの写し
    収入証明書類 ・勤めている方:源泉徴収票、課税証明書(所得証明書)
     ※収入・所得額の記載があるもの、給与明細書のいずれかの写し
    ・自営業者の方:収入や所得学の記載がある課税証明書(所得証明書)か確定申告書のいずれかの写し

    楽天銀行スーパーローン解約のメリットとデメリット

    解約をすると楽天銀行スーパーローンとの契約がなくなり、借り入れ歴などが0になり、いつでも借り入れできるという状態ではなくなります。


    そうすることでどのようなメリットとデメリットが発生するのか解説します。


    楽天銀行スーパーローン解約のメリット

    他カードローンでの借り入れ可能枠が増える

    銀行カードローンでも、他社からの借り入れがあると借り入れ可能額に影響がでてきます。


    仮に完済していたとしても解約をしていないといつでも借り入れできる状態と見られ、借り入れ可能額が低く設定されることもあるでしょう。


    楽天銀行スーパーローン以外のカードローンで借り入れ申込をし、借入額をできるだけ高く設定してもらいたい、またはどうしても借り入れしたい金額があるという場合は、楽天銀行スーパーローンを解約しておきましょう。


    他ローンの審査が通りやすい

    人生を左右する大きな買い物にローンを利用するのはよくあることです。


    住宅ローン・ブライダルローン・学資ローン・自動車ローンとさまざまなものがあり、利用をするには審査を受ける必要があります。


    ローン以外にもクレジットカードなどの発行でも審査を受けなければなりません


    住宅ローンなどのカードローン以外のローンを利用する時の審査や、クレジットカードの発行における審査を受けるにも、カードローンの借り入れ契約をしているというのはプラスに働くことはないと言っていいでしょう。


    審査をする側は、申込者が確実に返済できるということを確認したいので、利用しないカードローンの契約は解約しておくと、新規ローン申込には安心です。


    借り入れをし過ぎる危険がない

    カードローンといえばよくあるのが借り入れのし過ぎという状況でしょう。


    カードローンは借り入れする金額の使用用途は事業性用途以外は自由となっていて、借り入れのハードルが非常に低いのが特徴と言えます。


    借り入れがしやすいということは、それだけ返済額が膨らみやすいということでもあります。


    自分の限界を超えた借り入れをすると、返済に手間取ってしまいますし、利息によって返済総額が膨らんでしまいます。


    金利によってついた利息だけを返済するので精一杯となると、自己破産するしかないこともありますので気をつけましょう。


    楽天銀行スーパーローン解約のデメリット

    楽天銀行スーパーローンは優良カードローン

    1つのカードローンの解約をすることで、他のカードローンの利用限度額が増える可能性は十分にあります。


    しかし、まずはそのカードローンが楽天銀行スーパーローン以上に使い勝手が良いカードローンなのかを感ゲル必要があります。


    楽天銀行スーパーローンは借り入れする条件を満たしやすく、借り入れ限度額が最大800万円を高く設定されています。


    おまけに、利用用途もほぼ自由に設定できます。


    このことからも、楽天銀行スーパーローンは非常に使い勝手の良いカードローンであるとわかります。


    この楽天銀行スーパーローンから他カードローンに乗り換えるのは正解なのか、よく考えて決めましょう。


    審査に落ちたら信用情報に記録される

    解約してしばらくしてから、また楽天銀行スーパーローンで借り入れをしたくなったという場合、楽天銀行スーパーローンに新規申込をするのと同じように手続きをして審査を受けます。


    ここで気をつけなければいけないのは、審査に落ちたら信用情報にそのことが記録されるということです。


    信用情報に審査落ちしたことが記録されると、6ヶ月間に渡って同カードローンの審査に自動的に落ちてしまいます。


    加えて、審査に落ちたから他のカードローンに申込をしようとすれば、そのカードローンでの審査でもそれだけお金が必要だと判断されて、返済能力が疑問視されかねません。


    本当に解約して大丈夫? 楽天スーパーローンを他のカードローンと比較

    他カードローンを利用するために、楽天スーパーローンを解約するという方は、まず楽天スーパーローンそのもののメリットを見返してみましょう。


      楽天銀行
    カードローン
    イオン銀行
    カードローン
    アコム アイフル プロミス
    金利 年1.9%〜14.5% 年3.8%〜13.8% 年3.0%〜18.0% 年3.0%〜18.0% 年4.5%〜17.8%
    限度額 800万円 800万円 800万円 800万円 500万円
    申込条件 ・20歳以上62歳以下
    ・パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下
    ・日本国籍か永住権、特別永住権を持っている外国籍
    ・勤めていて毎月安定した継続的な定期収入のある人か専業主婦の人
    ・楽天カード株式会社かSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けられる
    ・日本国籍を持っているか永住権のある外国籍
    ・20歳以上65歳未満
    ・安定して継続的な収入
    ・イオンクレジットサービス(株)かオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる
    ・パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方でも申込ができる
    ・学生は借り入れできない
    成人以上の安定した収入と返済能力を有する方 ・20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する
    ・取引中に70歳になった時点で新たな融資を停止
    年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入がある

    楽天銀行スーパーローンの長所は、金利が優れていて、借り入れのハードルが低い点です。


    借り入れのハードルが低いというのは消費者金融カードローンも同じくですが、消費者金融カードローンは金利が高く設定されています。


    また、イオン銀行のような銀行カードローンは金利が楽天銀行スーパーローンと同程度には低いですが、審査が厳しい傾向にあります。


    しかし、楽天銀行スーパーローンなら楽天関連ユーザーになることで顧客評価を上げられて、審査に通りやすくなることが可能でしょう。


    審査に落ちるのが不安なら! 楽天銀行スーパーローン再契約の審査を通過するコツ

    楽天銀行スーパーローンの解約をする上でのネックは、再契約時に審査に落ちるかもしれないという点です。


    しかし、その不満は審査に落ちないように対策を立てておけば問題の大部分を解消できることでしょう。


    審査を通過するのに重要な要素を紹介!!

    優良楽天ユーザーになる

    楽天関連のサービスは、楽天ブックスや楽天トラベルや楽天市場と言った楽天によるサービスを利用すると、評価が上がるようになっています。


    スマホなら楽天モバイル、クレジットカードなら楽天カード、ショッピングなら楽天市場、旅行なら楽天トラベルと、ジャンルに応じた多様なサービスが展開されているので、楽天ユーザーとしての評価を挙げたいけれども選択肢に迷うということはないでしょう。


    特におすすめなのが、年会費無料で発行できてポイント還元率が年1%と高い楽天カードです。


    楽天ポイントアッププログラムにある条件を満たせば、楽天カードと楽天市場の組み合わせで還元率をどんどん上げていくことができます。


    楽天カード利用歴は信用情報にも記録されるので、審査において参考になる可能性がとても高いと言えるでしょう。


    利用額を必要最低限に

    一度、解約すると再び審査を受ける必要があります。


    そのため、再契約で借入申込をすると、高い借入額での申込はできないかもしれません。


    そこで、借入希望額は、高額にしないようにして、あくまで必要最低限の借り入れをするという手を使うのがおすすめになります。


    借入と返済を繰り返していくと、融資側の評価が上がり、きちんと返済できる顧客として高額融資もされるようになります。


    したがって、まずは少ない金額を借入して、利息が膨らまないうちに返済をして、徐々に借り入れ希望額を増やしていき、実績を溜めていくのがおすすめです。


    正社員になるか、パートを始める

    楽天銀行スーパーローンの利用条件に安定して継続的な収入があるという条件がありますので、主婦でもパートで働いている場合は借入できるとされています。


    そのため、収入の金額事態は利用条件として重視されていないと判断できるでしょう。


    審査側が楽天銀行スーパーローン申込者に重視するのは、きちんと収入があるのかどうかということです。


    借り入れをして返済をするにしても、収入があると判断できれば返済もちゃんとできると判断できます。


    そのため、借り入れ申込をするには安定して継続的な収入のある正社員や公務員が望ましく、専業主婦の方でもアルバイトやパートを始めて、パートナー以外の収入もあると表明しましょう。


    審査に落ちる要因4つ

    年収が大きく下がった

    楽天銀行スーパーローンは年収の金額についてはあまり重要視しないと考えられますが、それはあくまで返済をするのに問題がなく、収入の金額が安定している場合に限ります。


    もしも前年より収入が大幅に低下してしまっていたら、審査側は収入が安定していなく、継続的な収入を望めないと判断する可能性が発生します。


    転職したばかりで収入が下がったという方や前年から収入が下がってしまったという方は、借り入れ申込を我慢して、収入が安定するまで申込するのを待つというのがおすすめになります。


    申込フォームで虚偽申告をした


    見逃せない注意点として、借り入れ申込をする時に記入した申込フォームに間違った記入をしてしまうということです。


    転職・退職をしたが、収入が高かった前の職場にいるということにしたいとしても、在籍確認によって必ずバレますし、収入においても同様です。


    意図的に事実と違う申請をすると、虚偽申告として自動的に審査に落ちてしまいます。


    また、ミスで間違った情報を記入しても、同じく虚偽申告扱いされます。申込フォームに記入する情報は、必ず間違えないように確認してから提出しましょう。


    楽天の社内ブラックリストに入っている

    解約をすると楽天銀行スーパーローン側での顧客情報がなくなりますが、社内ブラックリストは残る可能性があるというのに注意しましょう。


    楽天関連サービスにて問題のある利用行為をすると、社内ブラックリストに入って、自動で審査に落ちてしまいます。


    また、楽天関連サービスにて問題のある利用をし、楽天カードの利用額の支払い滞納を何度も繰り返していると、楽天内で情報が共有され、信用情報に傷が残るというのも覚えておきましょう。


    常に楽天の優良ユーザーでいるようにするのが、再契約を完了させるコツだと言えます。


    他カードローンの利用状況に問題がある

    楽天銀行スーパーローン信用情報の開示について


    借り入れ申込にて、審査側は信用情報を通じてクレジットカード・カードローンの利用歴を参考にします。


    利用歴は信用情報に記録されていて、支払いや返済の遅延と滞納をすると、すぐにわかるようになっています。


    自己破産や代位弁済をすると5年間はカードローンやクレジットカードの利用ができなくなり、審査にも自動で落ちるようになります。


    そうでなくとも、クレジットカードやカードローンの支払い・返済の滞納を繰り返すと、信用情報にどんどん傷が入り、審査側の評価も下がっていくことでしょう。


    楽天銀行スーパーローン解約時はよく考えて解約するようにしよう

    楽天スーパーローンは借り入れ限度額800万円で金利は年1.9%から年14.6%となっている優良カードローンです。


    楽天関連サービスを利用することで、優良楽天ユーザーとして、利用しやすくなるというメリットもあります。


    もしも楽天ユーザーをやめるとなった場合や、大型ローンの申込をする場合や、他カードローンの申込で借り入れ限度額を高めたいという場合は、楽天関連サービスを解約するのがおすすめです。


    解約は楽天銀行カードセンターに電話をして、解約届に記入し、返送するだけで、必要な書類も本人確認書類・印鑑・ローンカードくらいとなっています。


    24時間いつでも解約の申立ができるので、いつでも手続きに入ることも可能です。


    ただし、楽天スーパーローンを解約してから再契約するとなると、新規で申込をするのと同じ手続きをする必要があるというのは注意しましょう。


    解約をしても楽天銀行での顧客情報は社内データーベースで保存されているので、延滞などがない場合は優良顧客として高い評価が残されているので再契約も円滑に進めることができます。


    しかし、審査に落ちると同カードローンに6ヶ月は申込ができませんし、他のカードローンに申込をするにも、楽天銀行スーパーローンの審査に落ちたと把握され、審査にマイナスが入ることもあります。


    そのため、楽天銀行スーパーローンを解約するには、本当に解約して良いのか、顧客評価をなくして良いのか、他のカードローンは楽天銀行スーパーローンよりも有用かをよく考えておきましょう。


    そして、再契約をする上では収入が安定していて、申込フォームをしっかり記入し、専業主婦の方ならパート・アルバイトを始めて、楽天ユーザーとしての評価を上げておきましょう。


    住宅ローン・自動車ローン・学資ローンのような大型ローンの借り入れを考えている方は、楽天銀行スーパーローンの解約をし、そうでないという方はよく考えてから解約をするというのがおすすめです。


    楽天銀行スーパーローンの解約方法について解説してきましたが、解約自体はそれほど難しくはありません。

    現在も楽天銀行スーパーローンで借入れしている方は、借入金額を全て返済しましょう。

    また、解約した後でも楽天銀行スーパーローンを再度契約することは可能です。ただし、再契約の際にも審査は必ず行われます。

    そのため、再契約をする際にも楽天ユーザーとしての評価を上げておきましょう。

    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ