楽天銀行カードローンの借り換えについて

楽天カードローンで借り入れをして複数のローンを1本にまとめる!審査に落ちてしまう人の特徴についても解説

掲載日:

楽天銀行カードローンは金利が年1.9%〜14.5%の低金利、さらにカードローンの利用で楽天ポイントが貯まる事で人気のカードローンですが、「借り換え」はできるのでしょうか?

このページでは、楽天銀行カードローンの借り換えについて開設したいと思います。


    楽天銀行カードローンへの借り換え手順

    カードローンからの借り入れを複数からしていると、毎月あの日はあそこの支払い、この日はここの支払い……と面倒になってしまうものです。


    そして、返済を忘れてしまうと遅延や滞納扱いとなってしまい、クレジットヒストリーに記録されて次の借り入れに問題がでることもあります。


    借り入れを返済している時に、ふと金利の高さが気になってしまうとなんだか損した気になってしまい、返済への意欲が減ってしまう……。


    そんな時は、一度カードローンの借り換えを検討してみましょう。


    カードローンの借り換えは、現在利用しているカードローンから別のカードローンに乗り換えることで、新たにカードローンを契約してお金を借入れ、借り入れたお金で現在利用しているカードローンを完済する事になります。


    また、複数の借入れをカードローンにまとめることで返済を1つにまとめることができますし、新たに契約したカードローンの方が金利が低ければ返済総額を減らすことが可能です。


    楽天銀行カードローンは、複数からの借り入れを一本にまとめることができ、返済を一本のシンプルなものにできますし、金利が高かった場合はそのまま借り換え先のローン金利にシフトすることができます。


    楽天カードローンの借り換えフロー

    • 楽天カードローンから借り入れをする
    • 借り入れした金額で他に借り入れしているカードローンへ返済する
    • 返済先が楽天カードローン1本になる

    では、実際に楽天銀行で借り換えをする時にローンはどのくらいお得になるのでしょうか。


    大手消費者金融のカードローンと比較をしてみました。


    楽天銀行 アイフル アコム プロミス レイクALSA
    分類 ネット銀行 専業
    (消費者金融)
    専業
    (消費者金融)
    専業
    (消費者金融)
    専業
    (消費者金融)
    金利 年1.8%〜14.5% 年3.0%〜18.0% 年3.0%〜18.0% 年3.0%〜18.0% 年3.0%〜18.0%
    限度額 800万円 800万円 800万円 800万円 500万円
    来店不要
    口座開設不要
    郵送物不要
    WEB申込
    完結
    無利息期間 ×
    電話連絡無し × × × × ×

    この表を比較すると楽天銀行は消費者金融系と異なり、最も高い金利だったとしても金利が低いことがわかります。


    もし18.0%で借り入れをしている人がいたら楽天銀行に借り換えをすることで最低でも3.4%金利が下がることになるので、借り換えのメリット自体は高いです。

    楽天銀行の借り換えローンはこんなローン

    楽天銀行カードローンは借り入れ限度額が800万円で専業主婦の方は借り入れ限度額が50万円に設定されています。


    日以内に完済すると金利が0になる無利息期間キャンペーンは行われていませんが、借り換えをする場合は気にする必要はないでしょう。


    そして! 注目すべきはアイフル・アコム・プロミス・レイクの金利が3.0%から18.0%となっている一方で、楽天銀行のカードローンは金利が1.8%から14.5%!


     最低金利は他のカードローンに比べて1.2%低く、最高金利は他のカードローンよりも3.4%も低いという、かなりの違いがあります。


    また、返済期間は1年ごとに自動更新されていくという仕組みですので、長期の返済にも十分耐えられるという利点も持っています。

    金利算出システムの詳細

    借り入れ額 金利
    800万円 1.8%〜4.5%
    600万円以上800万円未満 3.0%〜7.8%
    500万円以上600万円未満 4.5%〜7.8%
    350万円以上500万円未満 4.9%〜8.9%
    300万円以上350万円未満 4.9%〜12.5%
    200万円以上300万円未満 6.9%〜14.5%
    100万円以上200万円未満 9.6%〜14.5%
    10万円以上100万円未満 14.50%

    このように、楽天銀行のカードローンは借り入れ額が大きければ大きいほど金利が低くなるシステムとなっています。


    複数から借り入れしていたカードローンを楽天銀行カードローンの一本にすることで、楽天銀行カードローンからの借り入れ総額が膨らみ、低い金利を利用しやすくなることでしょう。


    加えて、楽天銀行カードローンは楽天関連サービスです。


    従って、楽天ユーザーとして優良顧客だという評価をもらえると、金利を優遇してもらえる可能性もでてきます。


    楽天カードを利用している方は、楽天PointClubのランクアップを狙うのが有効な作戦です!

    金利優遇!? 楽天PointClubのランクアップ条件

    ランク 条件
    シルバーランク 過去6ヶ月内で200ポイント以上ゲット+ポイント2回以上ゲット
    ゴールドゴールドランク 過去6ヶ月で2,000ポイント以上ゲット+ポイント15回以上ゲット
    プラチナプラチナランク 過去6ヶ月で2,000ポイント以上+15回以上ポイントゲット
    ダイヤモンドランク 過去6ヶ月で4,000ポイント以上ゲット+30回以上ポイントゲット+楽天カード保有

    楽天銀行カードローンの審査について

    申込資格

    属性

    楽天銀行スーパーローンへの申込が可能な属性
    ※パート・アルバイトの人は60歳以下


    申込資格は20歳以上62歳以下の方で、パート・アルバイト・専業主婦の方は60歳以下が条件になります。日本国籍の方か永住権・特別永住権を持っている外国籍の方となります。

    そして、借り入れの審査を通るには勤めていて毎月安定して継続的な定期収入のある方か、専業主婦の方で、楽天カード株式会社か株式会社セディナの保証を受けられるというのが、主な条件と言えます。

    必要書類

    楽天銀行スーパーローンの申し込みに必要な書類は以下の3点です。

    • 楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書
    • 本人確認書類
    • 収入証明書

    楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書についてはインターネットから申し込んだ方は不要になります。


    楽天銀行スーパーローンの本人確認提出書類


    本人確認書類では、運転免許証、健康保険証、パスポート、その他に指定された本人確認書類いずれかの写しが使えます。


    楽天銀行スーパーローンの収入証明提出書類


    収入証明書では、務めている方と自営業の方で提出物が少し異なります。


    勤めている方は、源泉徴収票、課税証明書(所得証明書)、給与明細書のいずれかの写しが利用できます。


    課税証明書については、収入・所得額の記載があるものが有効です。
    自営業者の方は、収入や所得学の記載がある課税証明書(所得証明書)か確定申告書のいずれかの写しを提出しましょう。


    楽天会員なら審査優遇あり

    楽天会員のランクによって金利の優遇があるということは先程紹介させていただきましたが、審査に関しても楽天会員であることで優遇を受けることができます。


    こちらも会員のランクによってどの程度優遇されるかというのは変わりますが、他のカードローンではなかなか審査優遇があるところはないので、銀行系で審査に通過するか不安だなと感じている方でも、もし楽天会員であるならチャレンジしてみる価値はあります。


    返済システムの解説

    楽天銀行カードローンの返済方法について


    楽天銀行のカードローンは返済システムを銀行口座・ATMやCD・インターネット経由から選ぶことができます。使いこなすと便利になるようにできていますので、しっかり把握しておきましょう。

    指定口座からの自動振替

    カードローンの返済を銀行口座からの自動引き落としにする場合、1日・12日・20日・27日から支払日を選ぶことが可能です。返済日が土・日・祝日・年末年始にあたった場合は、翌営業日が支払日となります。

    提携CD・ATMによる返済

    楽天銀行カードローンにて発行されたカードを利用し、提携CD・ATMからご返済いただけます。返済対応しているATMやCDは全国中にあり、経済的に余裕がある場合は、上乗せ返済をするということも可能です。

    インターネットによるご返済

    Pay-easy(ペイジー)を利用し、銀行口座からインターネットバンキングを経由して返済することも可能となっています。こちらも実質的に上乗せ返済をしたことになり、指定した返済日の14日前からインターネット経由で返済をしておくと、その月の返済をしたという判定を受けることもできます。


    さらに、返済日に口座から引き下ろされる予定の金額より下の金額を、支払日前14日間にインターネット経由で返済すると返済日には、返済額から事前返済額を引いた金額が引き落とされることとなります。


    つまり、いつもの返済額に加えての追加返済をしたいという方は、返済日の14日前からはいつもの返済額を入れた上での支払いをしなければならないことに注意しましょう。

    他社と比べて楽天カードローンの借り換えローンはどんな感じ?

    楽天カードローンにて複数からの借り入れを一本化する借り換えは、年率が低くて借入限度額も800万円と高いものになっています。


    しかし、実際に他のおまとめローンと比較しても、この借り入れはおトクなのか? 気になる方のために、他社消費者金融や銀行のおまとめローンと比較してみました。


    おまとめローン 金利 限度額 総量規制 申込条件
    楽天
    カードローン
    カードローンにて借り換えとして利用可能 1.8%〜14.5% 800万円 対象外 ・20歳以上62歳以下
    ・パート、アルバイト、専業主婦は60歳以下
    ・日本国籍か永住権や特別永住権を持っている外国籍
    ・勤めていて毎月安定して継続的な定期収入があるか、専業主婦
    ・楽天カード株式会社か株式会社セディナの保証を受けられる
    プロミス あり 6.3%〜17.8% 300万円 対象外 ・20歳以上65歳以下で本人に安定した収入のある方
    ・主婦、学生、パート、アルバイトの方で安定した収入がある
    アコム あり
    (借換え専用ローン)
    7.7%〜18.0% 300万円 対象外 20歳以上の安定した収入と返済能力がある
    SMBC
    モビット
    なし 対象
    東京スター
    銀行
    あり 12.50% 1,000万円 対象外 ・20歳以上65歳未満の方
    ・正社員、契約社員、派遣社員の方
    ・年収200万円以上
    ・株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスの保証が受けられる

    SMBCモビットは消費者金融カードローンの大手ですが、おまとめローンは受付していません。


    そして、それ以外のおまとめローンと比較しても、楽天銀行カードローンは、借り入れ限度額、金利含めてトップクラスの有用性だということがわかります。


    借り入れ限度額と金利にて上回るのは、やはり銀行のおまとめローンである、東京スター銀行のものですが、こちらは金利が12.5%に固定されていますし、年収200万円以上という指定があります。


    東京スター銀行のおまとめローンと最大金利で比較すると、楽天カードローンの14.5%は負年18.0%の消費者金けてしまいますが、最低金利は1.8%ですので楽天の方がおトクですね。


    具体的にはだいたい300万円以上の借り換えをするのであれば楽天カードローンの方がずっと金利面でおトクということになります。

    楽天銀行カードローンで借り換えるとどのくらいお得になるのか?

    ここまで楽天銀行の借り換えローンについて紹介してきましたが、楽天銀行カードローンに借り換えをすることでどのくらいお得になるのでしょうか。


    返済シミュレーションを行い、金利年18.0%の消費者金融カードローンから年14.5%の楽天銀行カードローンに借り換えした場合の返済額を確認しましょう。


    10万円の借金を借り換え2年で完済する場合

    金利 返済総額 利息
    18.0% 119,808 19,808
    14.5% 115,776 15,776

    30万円の借金を借り換え2年で完済する場合

    金利 返済総額 利息
    18.0% 359,448 59,448
    14.5% 347,376 47,376

    50万円の借金を借り換え3年で完済する場合

    金利 返済総額 利息
    18.0% 650,736 150,736
    14.5% 619,560 119,560

    100万円の借金を借り換え5年で完済する場合

    金利 返済総額 利息
    18.0% 1,523,580 523,580
    14.5% 1,411,680 411,680

    楽天銀行カードローンの返済シミュレーション


    10万円を借り換え2年で返済した場合は、金利が年18.0%の消費者金融では利息が19,808円、楽天銀行カードローンでは15,776円、その差は4,032円とそれほど金額は変わりません。


    しかし、100万円を借り換え5年で返済した場合は、消費者金融の利息は523,580円、楽天銀行カードローンでは411,680円、差額111,900円と支払額に大きな差があることがわかります。


    そのため、借入金額が大きいほどかかる利息は大きくなるので、借り換えの際は現在利用しているカードローンよりも金利の低いカードローンを検討するようにしましょう。


    また、総返済額は毎月の返済金額や返済期間によっても変わるので注意してください。


    楽天銀行カードローンで借り換えをするメリットとデメリットを紹介!

    借り換えのメリット

    返済がしやすくなる

    楽天カードローンで複数の借り入れを一本化する借り換えを行うことで、毎月の返済が管理しやすくなります。楽天銀行カードローンはCD・ATMからの返済やインターネット経由の返済もできるので、スケジュール管理も効率的になるでしょう。


    また、楽天銀行カードローンは借り入れ限度額が800万円と消費者金融のおまとめローンより高く設定されているので、借り換えしたい返済残高をすべて一本化できる可能性も高いです。

    金利を下げられる可能性が高い

    多くの消費者金融カードローンは最高金利が18.0%に設定されていて、約5分の1にもなっています。これによって、複数からの借り入れをして、返済が長引くと金利によって返済総額がどんどん膨らむ可能性が出てしまいます。


    しかし、楽天銀行カードローンの最高金利は14.5%ですし、最低金利は1.9%です。他の消費者金融カードローンと比べると、かなり低い金利となっているので、借り換えをすることで返済総額を大幅に抑えられることでしょう。

    楽天ユーザーとしての評価を高められる

    楽天銀行カードローンはれっきとした楽天関連のサービスです。従って、利用をすると楽天側に顧客と見なされます。従って、楽天カードローンにて借り換えをして多額の返済をすれば、楽天で高額の利用をしたという実績を残せることでしょう。


    また、楽天カードローンは、楽天PointClubのランクアップによって高ランクを取っていれば、信頼できるユーザーとして、金利を優遇してもらえるチャンスも! 楽天関連のサービスは楽天を利用すればするほどおトクになります。楽天ユーザーは、評価を高めるチャンスとして、積極的に利用していきましょう。

    総量規制の対象外

    カードローンには総量規制というものがあり、年収の3分の1を超える融資をしてはいけないことになっています。


    しかし、楽天銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。


    従って、仮に借り換えによる返済総額が年収の3分の1を超えてしまっても、審査に無条件で落ちることがなくなります。


    総量規制について


    追加借り入れしやすい

    カードローンは融資したものを返してもらう必要があります。


    つまり、申込者に求めるのは、しっかりとした返済能力ということです。


    もしも、複数のカードローンから借り入れをして、さらに借り入れをするとなれば、そんなに経済的に困っているのか……? と疑われてしまいます。


    しかし、楽天銀行カードローンで借り換えをすれば支払いは一本化されて、返済をしっかり続けている限りは、追加の借り入れ申込も通りやすくなります。


    基本的には、複数からの借り入れよりも、同じところから繰り返し借り入れをする方が、融資側からの信頼もできやすいというのを覚えておきましょう。

    年収の指定がない

    銀行が運営するフリーローンやカードローンの場合、借り入れ申込者に一定以上の年収を求めることがあります。


    金利が低く、借り入れ限度額が高いというメリットを持つのが銀行ですが、その分だけ審査が難しくなります。


    銀行のローンにて審査を受ける場合、借り入れ申込者に、はっきりとした経済能力を求めてくるということです。


    しかし、楽天銀行カードローンは、銀行のフリーローンやカードローンと同じくらいに金利が低く、借り入れ限度額も高く設定されています。個人事業主の方でも安心して借り入れできることでしょう。


    借り換えのデメリット

    審査を通らない可能性がある

    借り換えをするということは一社からの借り入れを増やすということです。


    その際には審査を受ける必要がありますが、借り入れ総額があまりに大きすぎると、審査が通らない可能性も出てしまいます。


    そして、楽天カードローンは、借り換え特化の機能というのはなく、あくまで借り入れをその他からの借り入れにあてて返済するという手段を取ります。


    そのため、借り換えのための借り入れを申込する場合、審査を受ける時には他社からの借り入れ額+借り換えをするのに必要な借り入れ申込額という条件で審査を受ける必要があります。


    審査を通る難易度が、借り換えに特化した他社おまとめローンよりも高くなるでしょう。


    審査に通るか否かは年収や楽天からの顧客としての評価も絡みますので、断定することはできません。


    しかし、楽天カードローンは総量規制の対象ではなくとも、年収3分の1以上の借り入れは融資自粛の可能性がありますし、専業主婦の方は借り入れ限度額が50万円で固定されてしまうのを覚えておきましょう。

    在籍確認の電話が職場にかかる

    楽天カードローンは審査の申込をする時に必ず、職場に在籍確認の電話をかけるようになっています。在籍確認の電話とは、申込者がちゃんと職場に在籍しているかを確かめるという手続きのことです。


    在籍確認の電話は土・日・祝日は職場にかかってこなく、非通知設定で職場にかかってきますが、非通知拒否設定をしていると電話番号通知でかかってきます。


    楽天銀行スーパーローンの本人確認提出書類


    基本的には個人名を名乗るので、カードローンだとバレることはありませんが、社名を尋ねられた時には「楽天銀行の〇〇(担当者名)」と名乗るようになっています。


    「楽天銀行から電話が来たけど、どうして?」と聞かれた時のために、言い訳を考えておきましょう。住宅ローンや生命保険の説明とかがおすすめです。

    年齢制限が他より厳しい

    楽天カードローンの申込条件は62歳以下という指定があり、専業主婦やアルバイト・パートの方は60歳以下でなければならないという縛りもあります。


    多くのカードローンやおまとめローンはアルバイトやパートの方でも65歳くらいまでは借り入れ可能となっているので、楽天カードローンは他のカードローンよりも年齢制限が厳しいということになります。


    年齢制限を満たせ開ければ、申込をすることすらできませんし、虚偽申告をしてバレてしまうと無条件に審査に落ちてしまいます。そして、審査に落ちると最低6ヶ月は借り入れができないというデメリットもあるので要注意です。

    審査を通過するのに重要な要素を紹介!!

    楽天銀行カードローンで借り換えをするデメリットは、高額の借り入れ総額になると、審査に落ちてしまうかもしれないということです! つまり、審査に通るかわからなくなってしまうということですね。


    ですが、きちんと審査を通る上での対策を立てておけば、楽天カードローンの借り換え審査も、不安なく申込をすることができるようになります。

    楽天銀行の優良顧客になる

    楽天カードローンは、楽天関連のサービス。ということは、楽天ユーザーになれば楽天側の対応もゆるくなる可能性が高いということです!


    楽天は多種多様なサービスを手掛けていますので、楽天カード・楽天市場・楽天モバイル・楽天ブックス・楽天トラベルなどの様々な楽天サービスを利用して一つ上の楽天ユーザーを目指しましょう。


    また、楽天カードローンの審査を受ける時、審査側はクレジットヒストリーを参考にします。


    クレジットヒストリーは、信用情報機関に記録されたカードやローンの利用歴を意味します。


    カードの利用歴が記録されるということは、楽天銀行が発行するクレジットカードの楽天カードを利用しておくと、日頃から楽天のサービスを利用している優良顧客と見なされやすくなるのです。

    自分に合った利用額を借り入れする

    目的ローンはカードローンではないので、年収3分の1以上の借り入れができない総量規制はありません。しかし、申込をする時に年収や借り入れ状況はしっかりチェックされます。


    これによって、申込者の経済状況的に、この融資は負担が大きすぎると判断されてしまうと、借り入れすることができません。


    従って、借り入れの申込をする時に、希望借り入れ額を申請しますが、ちゃんと自分の経済状況にあった借り入れ額を希望するように心がけましょう。

    居住年数

    楽天カードローンのようなカードローンは借り入れをするのに、家などを担保にする必要はありません。


    しかし、それはそれとして自宅を持っているという方は非常に有利に働きますし、自宅に住んでいる時間が長ければ長いほど、家を維持できる経済力があると判断されます。


    また、住んでいるところがアパートやマンションのような賃貸でも、引っ越しを繰り返す方よりも、定住している方のほうが高い評価を得られるというのも覚えておきましょう。

    雇用形態:正社員や公務員などの安定した雇用形態の方が有利

    審査側が重視する要素に雇用形態があります。楽天カードローンの借り入れ条件には、毎月決まった収入が入るというものがあります。その継続して安定した収入というのも、正社員や公務員のような安定性が保証されたものと、アルバイトやパートの方とでは大きく違います。


    そして、個人事業主の方よりも、正社員や公務員の方のほうが、収入の継続性と安定性は高く評価されます。

    安定した雇用形態とは正社員、公務員といった毎月決まった収入を得られることを言います。

    契約社員や派遣社員はいつからいつまでという契約があるため、自分はずっと契約してもらえる! と思っていても更新にならなかったなど、正社員と比べて不安が残ります。

    ここで言う安定は雇用期間がいつからいつまでと決まっておらず、長年においてその会社で働いていける安心感と継続収入があることを指しています。
    勤務先・職業・勤続年数

    雇用形態以外に重要な属性が勤務先・職業・勤続年数です。勤務先は大企業か中小企業かで大きく変わりますし、民間企業よりも公務員のほうが評価は高いものとなります。


    そして、職業が水商売やアーティストのように、継続性が低いものか、医者や弁護士のように高い収入をずっともらえると評価される職業かでも違います。


    そして、勤続年数は見逃しやすいですが、忘れられない判断基準です。転職を繰り返す方は、申込時点の職業もすぐに転職すると見なされやすくなってしまいます。そして、転職先では収入が大きく下がるというと思われる危険も……。


    このことから、大企業に勤めたばかりの方よりも、中小企業に長年勤めている方のほうが、評価が高いという可能性が高いことは覚えておきましょう。

    健康保険証

    健康保険証は国民健康保険と社会保険があります。国民健康保険を利用するのに条件はありませんが、社会保険は法人企業に属する会社員が利用できる健康保険や厚生年金保険などのことを言います。


    健康保険証は国民健康保険よりも、厚生年金保険も上乗せされる社会保険の方が、審査が通りやすくなります。


    まとめると、正社員で働き盛りかつ、安定した職業で長く勤めた方が有利ということですね。


    審査に落ちる4つの要因

    年収が基準を満たさなかった

    楽天カードローンなどのカードローンは融資した金額を返済してもらわなければなりません。


    仮に、申込者の収入状況が返済に適していないと判断されると、審査に通らなくなるということです。収入状況が一番、はっきり出るのは申込時に書く年収欄です。


    年収が低い、または急激に低くなったという方は、融資をしても返済してもらえないかもしれないと判断されやすくなります。


    目的ローンの借り入れ条件に年収は含まれていませんが、高額の借り入れをする場合は、自分の年収がどうなのかと収入が下がるようなことがなかったのかを確認しましょう。


    しかし、高給取りでないと審査に受からないということではないので、平均的な年収は収入として確保している方や、仮に平均年収よりは少し少ないけど正社員として働いている方なら安定性を考慮してもらえます。


    審査に対してあまり過度に不安になる必要はありません。


    審査に落ちる原因として、侮れないものの一つに、虚偽申告があります。

    職場や収入、住所を偽っても必ずバレてしまいますし、バレると審査に落ちて、最低6ヶ月は申込ができません。これは記入ミスのような、うっかりの場合も同様です。

    借り入れ申込をする時の必要事項は正直に記入し、その上で記入ミスがないか見直しましょう。

    楽天の利用に問題

    楽天銀行スーパーローンの審査について


    楽天銀行が運営する楽天カードローンに借り入れ申込をする場合、楽天の優良顧客であるかどうかというのが重要な判断基準になります。


    これは、申込をするまでのクレジットヒストリーにて、楽天カードの支払いなどで問題を起こしていないかというのも含まれます。


    もしも楽天カードを利用し、支払日にきちんと利用額を引き落とされることができなかった場合、遅延や滞納と見なされてクレジットヒストリーが悪化してしまいます。


    支払いに問題を起こす楽天ユーザーは優良顧客とは言えなくなります。楽天カードを利用して楽天ユーザーになりつつ、クレジットカードの利用はきちんとするように心がけましょう。

    健康状況

    高額の融資は長期に渡って返済するのを想定した融資になります。


    従って、利用者は長い間に渡って働ける健康状態であることが審査基準となります。経済状況をよく見られるには、優れた健康状況であることも大切です。


    また、持病を持っていて十分に働ける状況や環境にいないという方は、融資をしても返済してもらえるのか疑問視されやすくなります。

    信用情報の評価

    カードローンやクレジットカードの利用状況は、信用情報機関にすべて記録されます。たとえば返済に困って自己破産や任意整理、強制解約をしたという方は5年から10年間は無条件で借り入れができません。


    それだけでなく、クレジットカードの利用額に対する支払いを何度も滞納して、信用情報に記録されると、クレジットヒストリーが低品質となり、問題のある利用者と見なされてしまいます。


    カードローンを返済してもらえるかを判断するには、クレジットカードや他社カードローンの返済をきちんとしてきたかが重要ということです

    楽天ユーザーになって楽天カードローンを使った借り換えをしよう!

    複数からの借り入れをすると、毎月別の日程に別の会社へそれぞれ返済をするのは面倒になるものです。


    それに、金利が高いところから借り入れしていると、返済が長引けば長引くほどに総返済額が膨らむことになってしまいます。


    そこでおすすめなのが、楽天銀行カードローンによる借り換えです。


    楽天銀行カードローンは借り入れ限度額が800万円で金利が1.8%〜14.5%と、非常に低金利のカードローンです。


    加えて、借り入れ総額が大きければ大きいほど金利が低くなるシステムを採用していますし、楽天関連サービスであることから、楽天PointClubで高ランクを達成していると金利優遇措置を得られる可能性もあります。


    欠点があるとすれば、申込資格の年齢制限が20歳以上62歳以下の方で、パート・アルバイト・専業主婦の方は60歳以下と他に比べて厳しく、外国籍の方は永住権がないと借り入れできないところでしょう。


    そこで、楽天銀行カードローンの借り換えを安心して利用する上で、事前に楽天カードを発行し、可能な限りカード利用実績を積んでおきましょう。そうすることで優良顧客と見なされて、審査も通りやすくなります。


    金利が低く、借り入れ限度額も高いのが楽天カードローンです。

    複数からの借り入れをまとめたい方はもちろん、楽天ユーザーの方にも、借り換えによる借り入れを一本化しての楽天カードローン利用はおすすめです。


    楽天銀行のカードローンについてさらに詳しく解説しているページはこちらです。

    楽天銀行スーパーローンについてを徹底調査!あらゆる角度で解説します!

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ