プロミスの目的ローンとフリーローンって何が違うの?メリット・デメリットやおすすめの用途を解説

掲載日:

カードローンで借り入れしたいお金の使い道が、ショッピングや生活費ではなく結婚・学費・旅行などの場合は、ブライダルローンや学資ローンなどのローンを活用する手もあります。

一方、使い道をそこまで厳密にせず、加えて金利も可能な限り低いものを利用したい方には、プロミスの目的ローンがおすすめです。

プロミスが行っている目的ローンとは何なのか? フリーローンとの違いは? 疑問点を分かりやすく解説していきます。

    プロミスの目的ローンはどんなローン?

    プロミスの目的ローンとは?

    プロミスの目的ローンは、借り入れ限度額が300万円、金利が6.3%から16.5%、返済期間が最長6年間とされています。


    融資資格は18歳以上69歳以下、安定して継続的な収入のある方のみが利用可能です。


    また、学生や主婦の方でもアルバイトやパートをしていれば、借り入れをすることができます。


    なお、申込をするには有人店舗に行って手続きと審査を受ける必要があり、インターネットからの申込はできません。


    できれば有人店舗に行くのを避けたい方は、注意しましょう。


    そして、プロミスの目的ローンは金利が6.3%〜16.5%と設定されています。


    プロミスの通常のカードローンの金利4.5%〜17.8%と比較すると、目的ローンは上限金利が1.3%低いですね。

    目的ローンの「目的」ってどこからどこまで?実はフリーローン同然!

    目的ローンでお金を借りる場合の資金用途はかなり広く、個人事業主の方は生計費と事業の両方に利用することが可能です。


    また、資金用途にある生計費は新築購入・結婚学費などに幅広く利用することができます。


    実質使い道が自由なので、フリーローン同然と見ても良いでしょう。

    けっきょく、プロミスの目的ローンはフリーローンということでいいの?

    プロミスの目的ローンの資金用途は、原則として事業用途以外自由に使っていいことになっています。


    ここで、疑問に感じるのが「これってフリーローンじゃないの?」ということです。


    プロミスに直接問い合わせて、質問してみたところ、実際にフリーローン同然と考えて良いとのことです。

    フリーローンって、そもそもなに?

    一口にローンと言っても、自動車ローンや住宅ローン、学資ローンにブライダルローンと、昨今様々なローンがあります。


    ただ、これらに共通しているのは、借り入れした金額の用途が一つしかない点です。


    借り入れをしたお金を別のものに使ったことが明らかになった場合、即時全額返済を要求されるリスクもあります。


    一方で、フリーローンは借り入れしたお金の用途が自由に設定されています。


    そして、消費者金融が運営するのがカードローンならば、フリーローンは銀行が運営するカードローンのようなものです。


    カードローンと違い、フリーローンは申込時に用途を告げる必要がある代わりに、金利が低く設定されています。

    プロミスの通常キャッシング

    プロミスの通常キャッシングは、借り入れ限度額が500万円で、金利は4.5%から17.8%となっています。


    目的ローンと比較すると、通常キャッシングは金利が1.3%高くなります。


    しかし、最低金利は通常キャッシングの方が低く、借り入れ限度額も通常キャッシングの方が高く設定されています。


    また、資金用途も同じく生計費で、個人事業主の方は事業用途にも利用可能です。


    そして、通常キャッシングはインターネット経由の申込ができ、目的ローンと違って店舗に来店する必要がありません。


    周囲に借り入れを知られたくない方は、通常のキャッシングを利用するのがおすすめです。

    目的ローンと通常のキャッシングを比較!

    - 目的ローン フリーキャッシング
    借り入れ限度額 300万円 500万円
    金利 6.3%から16.5% 4.5%から17.8%
    返済期間 最長6年 最長6年9ヶ月
    申込資格 ・18歳以上69歳以下で安定して継続的な収入のある方
    ・学生や主婦の方でもアルバイトやパートをしていれば借り入れ可能
    ・18歳以上69歳以下で安定して継続的な収入のある方
    ・学生や主婦の方でもアルバイトやパートをしていれば借り入れ可能
    資金用途 ・生計費
    ・個人事業主の方は生計費と事業用途
    ・生計費
    ・個人事業主の方は生計費と事業用途

    目的ローンを借りたい時はどんな時?

    目的ローンはフリーローンのように、さまざまな用途に使うことができます。


    また、最短で申し込んだ日に借り入れすることが可能です。


    専用ローンの利用は気が引ける人や、余ったお金を別のことに使いたい人は、プロミスの目的ローンを利用しましょう。


    また、用途が自由な借り入れにはカードローンもありますが、こちらは金利が高めに設定されています。


    借り入れをしたいが金利を抑えたい人は、プロミスの目的ローンがおすすめでしょう。

    他社フリーローンとの比較

    - 三井住友銀行
    フリーローン
    千葉銀行
    フリーローン
    イオン銀行
    フリーローン
    目的ローン
    借り入れ限度額 300万円 800万円 700万円 300万円
    金利 変動金利型 5.975% 1.7%から14.8% 3.8%から13.5% 6.3%から16.5%
    申込資格 ・20歳以上満65歳以下
    ・前年度税込年収200万円以上、個人事業主の方は所得金額200万円以上
    ・現在安定した収入のある方
    ・年金収入のみの方は不可
    ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
    ・契約時に三井住友銀行(ローン契約機)に来店可能
    ・日本国籍
    ・20歳以上満70歳未満
    ・パートやアルバイトを含めた安定した収入
    ・年金収入のみの方は不可
    ・住居か勤め先がイオン銀行本支店の営業地域内(千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県)にある、インターネット支店利用の場合は住居がインターネット支店の営業地域内にある
    ・永住権のある外国の方
    ・日本国籍か永住権を持っている
    ・20歳以上満60歳未満
    ・千葉銀行普通預金口座がある
    ・安定かつ継続した収入を見込める
    ・前年度税込年収が200万円以上
    ・年金受給者、学生、無職(専業主婦(夫))は不可
    ・保証会社であるオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる
    ・20歳以上69歳以下で安定して継続的な収入のある方
    ・学生や主婦の方でもアルバイトやパートをしていれば借り入れ可能
    資金用途 ・家具やインテリアの購入資金、旅行資金、婚礼に伴う資金などのさまざまな使い道に利用可能
    ・事業性資金、投機性資金、見積書や契約書などで確認できない資金、個人間の売買契約、借り入れ資金を一括して全額支払いできないような資金(家賃や生活資金など)、すでに支払済の資金、三井住友銀行や他金融機関からの借り換えは不可
    自由だが事業用途は不可能 自由だが事業用途は不可能 ・生計費
    ・個人事業主の方は生計費と事業用途
    融資期間 最長10年 最長15年 最長8年 最長6年

    目的ローンのメリット、デメリット

    他社ローンとの比較をしながら、目的ローンのメリット・デメリットを解説していきます。

    プロミス目的ローンのメリット

    • 資金用途の自由さ
    • 個人事業主の方は事業用途に活用することも可能
    • 幅広い申込資格(永住権の無い外国籍の方もOK)
    • 個人事業主の方は事業用途に活用することも可能

    他社フリーローンと比較してわかるプロミスの目的ローンの長所は、まず資金用途の自由さにあります。


    生活費に充てられないフリーローンや、事業用途に使えないフリーローンもありますが、プロミスの目的別ローンはほぼ自由です。


    また、多くのフリーローンは事業用途に活用することができませんが、プロミスの目的ローンは個人事業主の方は事業用途に活用することもできます。


    プロミスの目的ローンのデメリット

    • 金利がやや高め
    • 300万円以上の借入がしたい方には向かない

    プロミスの目的ローンを他社フリーローンと比較すると、金利の高さが目立ちますね。


    プロミス利は6.3%〜16.5%となっている一方、千葉銀行のフリーローンは1.7%〜14.8%、イオン銀行フリーローンの金利が3.8%〜13.5%となっています。


    そして、プロミス目的ローンの限度額は最大300万円ですが、千葉銀行ローンは最大800万円、イオン銀行ローンは最大700万円です。


    高額の借り入れをしたい場合、プロミスの目的ローンは不向きということですね。


    プロミスの目的ローンは、実質フリーローンと同じと考えてOK!

    他社のフリーローンと比較すると申込資格を満たしやすく、永住権のない外国籍の方や年収に自信のない方でも申込できる点が、大きな魅力です。

    それに加え、個人事業主の方なら事業目的の借り入れが出来る点も、見逃せません。

    プロミスの目的ローンは、他社フリーローンでは審査に通るか不安な人や、申込資格を満たせない人に適したローンと言えるでしょう。

    目的ローンの申込に必要な書類


    必要書類 身分証明

    プロミスへ提出する本人の確認書類

    プロミスの目的ローンは、本人確認書類として以下のものが必要です。

    • 運転免許証・パスポート・健康保険証+住民票などを1点
    • 外国籍の方は、在留カードか特別永住者証明書も加えて提出
    • 来店による契約時は健康保険証+住民票など1点の提出が必要
    • 振込先金融機関の届出印

    必要書類 収入証明

    希望借入額が50万円以上か、他社の借入額と合計して借入残高が100万円以上になる場合は、以下の書類も必要です。

    • 収入証明書
    • 源泉徴収票、確定申告書、税額通知書か所得証明書、直近2ヶ月+1年分の給与明細書、賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書の内の1点

    プロミスへの提出する本人の収入証明書


    目的ローンを安心して活用するには、審査準備を万全にして申し込むのがおすすめ

    このチャプターでは、プロミス目的ローンの申込手順や、審査に通りやすくなる方法を紹介します。


    プロミス目的ローンの借り入れ手順

    • 1.お客様サービスプラザで手続き
    • 2.その場で審査結果を教えてもらう
    • 3.契約する
    • 4.借り入れ可能

    プロミスの借り入れ手順は極めて単純明快で、審査結果をその場で教えてもらえます。


    従って、今すぐお金が必要な方にも適しています。


    審査へ通るために、自分の状況と審査に通りやすい属性をしっかり見極めてから挑みましょう!


    審査が通りやすくなる要素

    プロミスの優良顧客

    プロミスの目的ローンを利用したい場合、これまでにプロミスを利用したことがある人のほうが、信頼性が高く評価されます。



    これは、事前に通常のキャッシングでお金を借りた方がいいということではありません。


    もし他社でいくつかキャッシングしていて、プロミスの目的ローンも考えているなら、プロミス一本に絞った方が審査に通りやすくなるということです。


    審査の際に、プロミスは申込者のローン利用歴を確認します。


    プロミスのカードローンを利用していて、かつ優良顧客と判断されたら、ほぼ確実に審査が有利になるでしょう。


    プロミスのカードローンを比較対象と一緒に紹介

     
    SMBCモビット プロミス アコム
    分類 消費者金融 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
    金利 年3.0%〜18.0% 年4.5%〜17.8% 年3.0%〜18.0%
    分類 消費者金融 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
    限度額 800万円 500万円 800万円
    来店不要
    口座開設不要
    郵送物不要
    WEBで申込完結
    無利息期間 ×

    このように、プロミスのカードローンには無利息期間があり、初回借り入れ時は30日以内に完済すれば無利息となります。


    とても便利なので、実績を積むために利用をするのもアリでしょう。

    自分に合った利用額を借り入れする

    目的ローンはカードローンではないので、総量規制はありません。


    しかし、申込をする時に年収や借り入れ状況はしっかりチェックされます。


    このチェックで、申込者の経済状況に対して融資額が大きすぎると判断さると、借り入れすることができません。


    申込をする際は、自分の経済状況にあった借入額を希望するようにしましょう。

    居住年数

    目的ローンはフリーローンとほぼ同じなので、担保は必要ありません。


    ただ、自宅を持っていて住んでいる期間が長いほど、家を維持できる経済力があると判断されて、審査で非常に有利に働きます。


    また、アパートやマンションなどの賃貸でも、長く定住していれば高い評価を得られます。

    雇用形態

    目的ローンの借り入れ条件は、毎月決まった収入が入ることです。


    雇用形態で審査が不利になることはありませんが、継続しているか?安定しているか?という点は、審査で必ず確認されます。

    勤務先・職業・勤続年数

    雇用形態に続き、勤務先・職業・勤続年数も審査の時見られやすいポイントです。


    転職を何度も繰り返していると、年収が下がりやすくなるので借入額がかなり減る可能性があります。


    また、大企業に勤めたばかりの人よりも、中小企業に長く勤めている人のほうが、評価が高くなる傾向にあります。


    審査に通りにくい要素

    年収が低い

    目的ローンは、融資したお金を返済してもらう必要があります。


    つまり、申込者の収入状況がしっかりしていると判断できないと、審査に通らないということです。


    年収が低い、または最近急激に低くなった人は、融資をしても返済できないかもしれないと判断されやすくなります。


    目的ローンの申込条件に年収は含まれていませんが、高額の借り入れをする場合は、自分の年収と釣り合っているか確認しましょう。

    プロミスの利用に問題があった

    以前プロミスを利用していた場合、プロミスの優良顧客だったかどうかが重要な判断基準になります。


    プロミスのカードローンで遅延や滞納を続けていると、プロミスからの評価が大きく下がってしまいます。


    プロミスでの評価を高めるためにも、きちんと返済をしましょう。

    健康状況が良くない

    高額のローンは、長期に渡って返済してもらうことを想定しています。


    従って、利用者は長い間に渡って働ける健康状態であることが必要です。


    持病を持っていて十分に働ける状況や環境にない方は、融資を受けられない可能性がある点に注意しましょう。

    信用情報の評価が悪い

    カードローンやクレジットカードの利用状況は、信用情報にすべて記録されています。


    たとえば返済に困って自己破産や任意整理した方は、信用情報にその情報が記載されている5年〜10年は無条件で借り入れができません。


    また、クレジットカードの支払いを何度も滞納したことを信用情報に記録されると、問題のある利用者として審査に落ちやすくなります。


    自分の信用情報は取り寄せれば確認できるので、気になる人は取り寄せてみましょう。

    年収の指定がなく、個人事業主なら事業用途にも使えるのが目的ローンのメリット

    プロミスが行っている目的ローンは、ほぼフリーローン同様で使用用途は問わないものです。

    また、個人事業主の方なら事業費にも利用できるので、様々な人におすすめできます。

    ただし、電話申込か店頭窓口申込の二択しかなく、ネット申込ができない点は大きなデメリットです。

    なので、少額を短期間で借りたい場合は、通常のキャッシングを利用した方がいいです。


    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ