プロミスの金利って安いの?高いの?損だけはしたくない

プロミスの金利ってぶっちゃどうなん?損したくないんだけど

掲載日:

プロミスの金利は4.5%〜17.8%の金利です。


当たり前ですが、ローンは金利が低ければ低いほど「得」であるということは説明不要ですよね。


じゃあ、プロミスのこの金利って正直どうなん?っていう話を解説しているのがこのページです。


実際にプロミスから融資を受けている人は平均的にどれくらいの金利で借入できているのか?


他社と比べて得するのか?損するのか?


そして、先日体験したばかりの「金利の引下げ交渉」というとっておきの話も掲載しているので是非お読みいただけると嬉しいです。



    金利を他社と比較してみた

    まず最初に他のアコムとかアイフルとか大手消費者金融の中ではプロミスってどうなん?っていうところからいきましょう。


    プロミスの金利は必ず4.5%〜17.8%の間で契約となるようになっているのは公式サイトにも記載されていますよね。


    これ、下限金利と上限金利って言います。


    プロミスの下限金利と上限金利の図解


    まずこの金利が高いのか低いのか他の大手消費者金融と比較してみます。


    業者名 下限金利 上限金利
    プロミス 4.5% 17.8%
    アコム 3.0% 18.0%
    アイフル 3.0% 18.0%
    レイクALSA 4.5% 18.0%

    見てみてどうですか?これ。


    お!アコムとアイフルは3.0%の金利じゃないか!!こっちの方が低いやん!って感じてしまった人は要注意。


    下限金利をみたところで意味はありません。


    むしろプロミスの方が金利が低いんです。


    なんでかと言うと上限金利のMAXが最も低いから。


    いや、待て待て、バカな事を言うなよ(笑)。ひょっとしたら3.0%〜18.0%の中間くらいの金利で決まるかも知れないだろ!!


    ・・・・言いたい事は分かります。ゼニエモンもカードローンの利用が初めての時はそんなイメージ持ってました。


    という事で、プロミスを始め大手消費者金融の初回に決まる金利はこれです。


    • プロミス 17.8%
    • アコム 18.0%
    • アイフル 18.0%
    • SMBCモビット 18.0%
    • レイクALSA 18.0%

    ゼニエモンは上記のカードローンは全て契約しているのですが、これが上限金利での契約となりました。


    念のため、各業者へ電話で問い合わせて聞いてます。


    2014年の時は「はじめての契約時には原則上限金利が適用される」といった回答。
    2019年1月の電話調査では、どの業者も適用される金利については、あくまで審査次第との回答でした。


    金利は審査次第と回答するようになってますが、今でも条件はほぼ変わりないと考えています。


    ちなみに、例外として100万円以上を契約した人や、複数のローンのおまとめ目的で利用する場合は上限金利よりも低い金利が適応されます。


    言い方は悪いですが、これらの下限金利というのはほぼ見せかけの金利なので注意。


    消費者金融の金利は利息制限法により上限が決められている

    消費者金融から融資を受ける場合に以下の利息制限法という法律によって金利の上限は定められています。
    以下の表を見てください。


    年20.0% 元本の額が10万円未満の場合
    年18.0% 元本の額が、10万円以上、100万円未満の場合
    年15.0% 元本の額が100万円以上の場合

    プロミスに限らず、消費者金融で初回の契約借入限度額が100万円を超える可能性は低いですが、もし仮に100万円を超える高額の契約となった場合には、適用される金利は最大でも15.0%以下となります。



    上限金利17.8%は低いの高いの?

    という事で金利は上限金利での契約になる可能性が高い事は分かりました。


    これはどのカードローンでも同じです。


    今度はこの上限金利で先ほどの大手消費者金融と主要の銀行カードローンと比較してみました。


    業者名 適応金利 金利差
    プロミス 17.8% -
    アコム 18.0% +0.2%
    アイフル 18.0% +0.2%
    SMBCモビット 18.0% +0.2%
    レイクアルサ 18.0% +0.2%
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6% -3.2%
    三井住友銀行カードローン 14.5% -3.3%
    みずほ銀行カードローン 14.0% -3.8%
    新生銀行「スマートカードローンプラス」 14.8% -3.0%
    オリックス銀行カードローン 17.8% -
    楽天スーパーローン 14.5% -3.3%

    プロミスの上限金利の他社との比較結果


    プロミスは大手消費者金融の中では上限金利が低い方なのは分かりました。


    ですが銀行カードローンの上限金利と比べると、約3%程度高いですよね。


    銀行カードローンの方が得じゃね?ってなるんですが実際金利だけ見るとその通りです。


    こちらを選んでおくと最初から低い金利で契約出来るという事には間違いありません。


    ただ、初回融資の人はそこまでシビアに考える必要もなく住宅ローンとかと違い、3%の差は10万円に対して月250円の利息の差しか出ないので、数十万円程度の借り入れなら気にする必用もないかと。


    いや、俺は気にする!っていう人は低金利のカードローンを特集しているので以下のページを参考に。



    では、次にプロミスから融資を受けた際の利息は毎月どれくらいになるかどうかっていう部分を見ていきましょう。


    10万円借りたら月の利息は・・・

    プロミスの金利は17.8%と伝えたいがために前置きが長くなってすみません、、。


    では実際に金利に対して利息はどれくらい掛かるのかっていうところを今度は見ていきましょう。


    まず最初に計算式から。


    プロミスの利息の計算式



    例えば10万円の融資を受けた場合は


    100,000 × 0.178 ÷ 365 = 48.8円


    この金額が1日あたりの利息。


    せっかくなので銀行カードローンの平均的な金利の14.5%でも比較。


    100,000 × 0.145 ÷ 365 = 39.7円


    となります。


    意外と金額差なくないですか?。


    日割りで見るとこんなもんです。


    それが、20万円、30万円となるとどうなるのか表にしたので見てください。


    借入額ごとの1日あたりの発生利息表

    融資額 プロミス 17.8% 銀行 14.5% 差額
    10万円 48円 39円 9円
    20万円 96円 78円 18円
    30万円 144円 117円 27円
    40万円 192円 156円 36円
    50万円 240円 195円 45円
    60万円 288円 234円 54円
    70万円 336円 273円 63円
    80万円 384円 312円 72円
    90万円 432円 351円 81円

    10万円だと、月270円ほど差額。


    100万円だと月に2,700円ほど開きが。


    流石に月に2,700円の差はきついですよね。


    これが50万円だと月の差額は1,350円程度。


    なので、50万円以下の融資を希望している人は、プロミスでも銀行カードローンでも正直そんな差はないです。


    プロミスは一定期間無金利で借りれる


    プロミスの30日間の無利息サービスについて


    プロミスとの契約がはじめてという人に限り利用できるのがこれ。


    契約時に、メールアドレスとWEB明細の登録を行うことで、初回融資の翌日から30日間は無利息で利用することが可能。


    プロミス以外の大手消費者金融でも同様のサービスはありますが、いずれも契約日からカウントされてしまうんです。


    プロミスの場合は、「初めて融資を受けた翌日から30日スタート」なのでお得です。


    ちなみに余談なんですが、プロミスは申込から融資まで最短で1時間で終えることが出来るスピード融資が人気です。


    で、初回の融資を受けてから30日は無金利。


    という事は30日程度で解決出来るつなぎ融資としても利用できるのでおすすめ。


    ちなみに例え無金利であったとしても月々の返済はあるので注意。


    金利の引き下げはしてくれるの?

    ゼニエモンは、プロミスの契約をして今年で8年目の割とヘビーユーザーです(笑)。


    金利高けぇなこれっていうことで契約して3ヶ月目くらいから何度か金利の引き下げを交渉しましたがいずれもダメ。


    返答は、秒速で「申し訳ありません。引き下げは行えません」という返答。


    なんや、何度言ってもダメやこれ、、。と思ってましたが2年目に、金利の引き下げが勝手に行われてました。


    プロミスの金利が1%下がった事を証明する図


    滞納もなく、返済自体は2年以上続けていたので、金利の引き下げに関しては嬉しいですよね。


    こういった引き下げに関しては、返済を一定回数以上滞納もなく行っていけば誰でも引き下げは行われると思います。


    ただし、残債もなく借りていない状態だといくら待っても引き下げは行われないようです。


    で、ここで最近の話を一つ。


    金利が大きく引き下げられた話があるのでこちらも合わせて紹介。


    プロミスの金利が17.8%から12.0%まで下がった実際の話

    2019年1月の話で、当サイトへプロミスから99万円ほど融資を受けて金利だけで返済が精一杯の状況の人からお問い合わせを頂くことがありました。


    こちらの方はおまとめローンで金利を大きく減らす事が希望していたのですが、肝心のおまとめローンは審査落ち。


    プロミスにはこの時、月の最低返済額が24,000円なので返済ができず、17,000円づつ返済をしていました。


    10万円だと月に1,483円なので正直、返せなくなるレベルではありません。


    ですが99万円となると月の利息は14,685円。


    かなりきつい状態です。これじゃぁ元金が3,000も減らないようなまさに無限リボ地獄・・。


    という事でプロミスへ金利の引き下げをお願いする電話を行いました。


    伝えたことは

    • 現状の状況では利息だけが精一杯で元金が全く減らない
    • これまで一度も遅延や延滞をしていない実績を認めて欲しい
    • 返済が苦しい状況でこれをずっと続ける事は難しい

    という事を素直に伝えると、審査担当者の人がすぐに返事を出せないから後で折り返し電話をさせて欲しいと言われました。


    1時間後に電話が掛かってきて告げられたのが、金利を12.0%と5.8%も低くなった報告でした。


    条件としては、一時的に返済専用で新規の融資を受けることが出来ない。月に最低でも15,000円づつ返済を滞納なく行うこと。


    この2つを守れるならこの金利へ引き下げを行ってもよいとの事でした。


    お問い合わせ頂いた方はこれを了承し、今後15,000円づつの返済を続けていくそうです。


    こういった交渉によって金利が下がる事もあるので、返済が厳しい時は迷わず相談していくようにするとこういった金利の引き下げに応じてくれることも。


    この話について詳しく知りたい人は、



    こちらのページも合わせて読んでみてください。


    長くなりましたが、最後に重要なポイントだけまとめておきます。


    プロミスの金利についてのまとめ

    ほとんどの人が初回は17.8%での契約となる
    大手消費者金融の中ではプロミスの上限金利が最も低い
    銀行カードローンに比べると約3%程度金利が高くなる
    融資希望額が30万円以下なら金利の差はさほど気にしなくても問題ない
    初回融資の翌日から30日間は無利息で利用することもできる(※)
    長期的な利用をする場合には金利が引き下げも可能

    (※)契約時のメールアドレスとWEB明細の登録が必須


    ちょっと数字だらけで難しい話にはなってしまいすみません。


    最後持論を語らせてもらいます。


    プロミスを始め、大手消費者金融の金利は高いです。


    じゃあ、銀行カードローンのほうがいいかと言うとそうでもありません。


    結論、どっちも高い事に変わりはないからです。


    そもそもカードローン自体の金利は高いという事を覚えておきましょう。


    で、この金利が高いなって実感し始めるのが融資を受けて35万円を超えたあたりからです。


    このくらいから毎月返す元金と利息のバランスが利息の方が上を言ってしまうので元金が思ったよりも減るのが遅いと感じ始めます。


    逆に言うと30万円以下の金額であれば返済はきついですが、ぶっちゃけどうにでもなる金額なのでそこまで金利にあえてこだわる必要はありません。


    もし、返済が苦しいという状況になれば上記で紹介したように返済専用にする代わりに金利を大きく引き下げてくれる相談も応じてくれます。


    三井住友銀行グループだけあって親身に丁寧に応じてくれるので、こういった面でも安心して利用できるのが嬉しいところ。


    もし、プロミスへの申込を検討していて最終的にネックになるのが金利であるのなら個人的に30万円以内の範囲の融資であるのなら選んでも後悔はしないかと思います。


    ここまでお読み下さりありがとうございました。



    プロミスのその他の関連ページ


    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ