プロミスの金利を他社との徹底比較したページの見出し画像

プロミスの金利についてを徹底調査

掲載日:
プロミスに限らず消費者金融の金利はメチャクチャ高くて、支払うことになる利息が高額になってしまうのではないかといった不安を感じている人が多いです。

このページではそのような不安を解決するために、プロミスの金利の基本情報だけではなく、融資額ごとの毎月の発生利息を計算、他社との比較も行っていきます。

希望する利用条件によっては、プロミス以外のカードローンの利用を検討したほうがメリットが大きい場合もありますが、そのような場合には参考ページの紹介もしていきますので、ぜひ最後まで読んで頂き、カードローン選びの役に立ててもらえれば幸いです。

このページはプロミスの金利についての情報のみに特化したページです。申込から融資までの流れや利用方法など全体的なスペックの詳細については、以下ページで詳しく解説しているので、こちらを参考にしてください。



    プロミスの金利についての基本情報


    プロミスの金利の基本情報


    プロミスの金利は4.5%〜17.8%とされています。


    これだけ見ると、ひょっとしたら自分は4.5%になるんじゃないのかという淡い期待を抱く人も少なくありませんし、カードローンの利用経験のない人は下限の金利で比較し業者を選んでしまう傾向が強いため、必ず理解しておきたいのが、「カードローンで下限金利が適用されることはない」ということです。


    では、はじめてプロミスの契約をする際には、何%で契約することになるのかといった疑問が浮かびますが、この件については直接電話にて問い合わせを行いました。


    プロミス以外の大手消費者金融4社の情報も以下表で同時にまとめています。


    大手消費者金融で初回契約時に適用される金利

    業者名 金利 初回契約時の金利
    プロミス 4.5%〜17.8% 17.8%
    アコム 3.0%〜18.0% 18.0%
    アイフル 4.5%〜18.0% 18.0%
    SMBCモビット 3.0%〜18.0% 18.0%
    レイクアルサ 4.5%〜18.0% 18.0%

    2018年の今回の電話調査では、どの業者も適用される金利については、あくまで審査次第、申込をしてみないと分からないとの回答でしたが、2014年に同様の聞き取り調査を行った際には、「はじめての契約時には原則上限金利が適用される」といった回答でした。


    また、カードローンの適用金利は、契約する借入限度額により決定されるのですが、ほとんどの利用者が50万円以下の借入限度額で契約することになる可能性が最も高く、その場合に適用される金利は上限金利となります。


    当サイトへ頂いている口コミやお便りからも消費者金融をはじめて契約する際に、上限金利以下の金利で契約ができたといった情報はないので、消費者金融を利用する際には、上限金利での契約になると考えておくと、申込後に思っていたより契約する金利が高くて落胆するという事態は避けられます。


    プロミスの利用を検討している人は、17.8%での契約になる可能性が最も高いと考えておいてください。


    消費者金融の金利は利息制限法により上限が決められている

    消費者金融から融資を受ける場合に以下の利息制限法という法律によって金利の上限は定められています。
    以下の表を見てください。


    年20.0% 元本の額が10万円未満の場合
    年18.0% 元本の額が、10万円以上、100万円未満の場合
    年15.0% 元本の額が100万円以上の場合

    プロミスに限らず、消費者金融で初回の契約借入限度額が100万円を超える可能性は低いですが、もし仮に100万円を超える高額の契約となった場合には、適用される金利は最大でも15.0%以下となります。



    プロミスの金利って他社と比べて高いの?

    カードローンの利用経験がない場合だと、適用される可能性が最も高い金利は17.8%ですと言われても、その金利が高いの低いのか判断できないという人の方が多いのではないかと思います。


    そこで、大手消費者金融と主要銀行カードローンの上限金利と、プロミスとの金利差を表にまとめました。


    業者名 適応金利 金利差
    プロミス 17.8% -
    アコム 18.0% +0.2%
    アイフル 18.0% +0.2%
    SMBCモビット 18.0% +0.2%
    レイクアルサ 18.0% +0.2%
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6% -3.2%
    三井住友銀行カードローン 14.5% -3.3%
    みずほ銀行カードローン 14.0% -3.8%
    新生銀行「スマートカードローンプラス」 14.8% -3.0%
    オリックス銀行カードローン 17.8% -
    楽天スーパーローン 14.5% -3.3%

    プロミスの上限金利の他社との比較結果


    このように、プロミスは大手消費者金融の中では最も上限金利が低いのだが、銀行カードローンの上限金利と比べると、約3%程度の違いがある事が分かります。


    ただ、この約3%の金利の違いによって、具体的に毎月の利息にどれくらいの差額が生じるのかということまでは、イマイチ想像がつかないという人も多いと思うので、以下で簡単に説明します。


    借入先候補が消費者金融のみ、ただその中でも金利が低いカードローンを利用したいと考えていた人は迷わずプロミスを選んで問題ないと言えます。
    反対に、銀行カードローンも選択肢に入っているという人は以下ページを読んでみてください。消費者金融と銀行カードローンの違いについてを徹底解説しています。



    毎月支払うことになる利息はどのくらいになる?


    「契約する金利が低くなればなるほど毎月支払うことになる利息は少なく抑えられる」

    このような認識で問題ありませんが、融資を受ける金額が30万円以下であれば、そこまで低金利にこだわる必要はないとも言えます。

    この項目ではカードローンの金利から利息を計算する方法を紹介するとともに、プロミスの毎月の利息と一般的な銀行カードローンの平均金利から算出する利息の差についても徹底解説していきますので、30万円を超える融資を希望している人は必ず読んでください。

    契約金利から利息を計算する方法

    カードローンの1日あたりの発生利息は以下の計算式で簡単に算出することができます。


    プロミスの利息の計算式


    つまり、10万円の融資を受けた場合は、1日あたり17.8%の金利は、

    100,000 × 0.178 ÷ 365 = 48.8円

    がプロミスから10万円借りた際の1日辺りの利息となります。


    これに対し、上記の銀行カードローンの平均金利の14.5%の金利で融資を受けた場合の利息は、

    100,000 × 0.145 ÷ 365 = 39.7円

    となります。


    借入額ごとの1日あたりの発生利息表

    融資額 プロミス 17.8% 銀行 14.5% 差額
    10万円 48円 39円 9円
    20万円 96円 78円 18円
    30万円 144円 117円 27円
    40万円 192円 156円 36円
    50万円 240円 195円 45円
    60万円 288円 234円 54円
    70万円 336円 273円 63円
    80万円 384円 312円 72円
    90万円 432円 351円 81円

    金利の差が3.3%ある場合、借入する金額が10万円では、1日辺り約9円の差額で、1ヶ月(30日)だと、270円ほど金利による差額が生じます。


    3%の差額はそこまで大差がないと感じた人も多いのではないかと思いますが、この支払うことになる利息の差額をさほど気にしないでいいのは、30万円以下の融資を受けている人までです。


    40万円を超えると、月計算で、1,080円に1,000円以上の差額が出るので、40万円以上の融資を希望している人は、より低金利なカードローンの利用を検討することを推奨します。


    高額な融資を希望している、もしくは支払う利息を1円でも少なく抑えたいと考えている人は、以下ページを参考にしてみてください。


    低金利でオススメなカードローンを特集、利用時の注意点についても詳しくまとめています。



    最大30日間は無利息で融資を受けることができる


    プロミスの30日間の無利息サービスについて


    今回のプロミスとの契約がはじめてという人に限り、契約時に、メールアドレスとWEB明細の登録を行うことで、初回融資の翌日から30日間は無利息で利用することが出来ます。


    プロミス以外の大手消費者金融でも、無利息サービスの取り扱いはあるのですが、初回融資の翌日から無利息期間がスタートするのはプロミスのみ、その他のアコム・アイフル・レイクアルサといったカードローンでは、契約を行った翌日から無利息期間がスタートすることになります。


    例えば、次の給料日までのつなぎ資金として3万円ほど必要、無利息期間である30日以内に借入したお金を全額返済したような場合には、1円も利息を支払うことなくキャッシングの利用をすることができます。


    返済の目処がついているものに対しての一時的なつなぎ融資としての利用であれば、享受できるメリットが非常に大きくなると言えます。


    利息が付かないから返済はしなくていいというわけではなく、無利息期間内でも元金の返済は通常通り行う必要はあるという点には注意しておく必要があります。


    契約後の金利の引き下げには応じてくれるの?

    ゼニエモンは、プロミスの利用を開始し、6年目になりますが、金利の引き下げ交渉を何度か行った事があります。


    返答は、秒速で「申し訳ありません。引き下げは行えません」という返答だったのですが、利用して2年目に、金利の引き下げが行われていました。


    プロミスの金利が1%下がった事を証明する図


    滞納もなく、返済自体は2年以上続けていたので、金利の引き下げに関しては気持ち程度ではありますが、嬉しいところですね。


    ただ、そこから4年以上経過しましたが、完済が終わり利用していないので、得になんの変更もありません(笑)。


    利用年数が長く滞納がない場合には、こういった金利の引き下げに対しては積極的であると考えています。


    金利を引き下げる為には「増枠の申請」が最も有効な手段となります。


    以下ページで増枠の申請方法、申請を行うことで生じるデメリットについてを詳しく解説していますので、今現在すでにプロミスを利用していて契約金利の引き下げを行いたいと考えている人はこちらを読んでみてください。



    プロミスの金利についてのまとめ

    最後にプロミスの金利について最低限知っておきたいポイントを簡単にまとめました。


    ほとんどの人が初回は17.8%での契約となる
    大手消費者金融の中ではプロミスの上限金利が最も低い
    銀行カードローンに比べると約3%程度金利が高くなる
    融資希望額が30万円以下なら金利の差はさほど気にしなくても問題ない
    初回融資の翌日から30日間は無利息で利用することもできる(※)
    長期的な利用をする場合には金利が引き下げも可能

    (※)契約時のメールアドレスとWEB明細の登録が必須


    プロミスの金利について詳しく解説してきましたが、借入したい金額が30万円以下の少額、短期間での返済予定だという人の場合、金利の差についてはさほど気にする必要はないとゼニエモンは考えています。

    また、プロミスには無利息で融資を受けることができるサービスも用意されているので、利用目的がつなぎ資金という人は、迷わずプロミスへと申込を行うことを推奨しています。

    反対に「30万円を超える高額な融資を受けたい」「1円でも発生する利息を少なく抑えたい」というように考えている場合には、低金利で利用できる銀行カードローンの利用がオススメですが、銀行カードローンは即日融資には対応していないという点には注意が必要です。

    即日融資を希望する場合、借入先の選択肢は消費者金融のカードローンのみとなり、その中では僅かではありますが、プロミスの上限金利が低めに設定されているのでオススメできます。


    プロミスのその他の関連ページ


    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ