更新日:

プロミスのカードと三井住友VISAプリペイドカードの写真

プロミスはある事をすればクレジットカードとして利用できる

プロミスは、サービス内容としては、カードローンのみとなっており、アコムのクレジットカード件、ローンカードというような利用はできませんが、三井住友VISAプリペイドカードと連動して利用することが出来ます。


プロミスの契約をしている人で実はこの機能を知っている人は少なく、利用用途としても限定されますが、知っておいて損はないちょっとした小ワザなので、是非読んで頂き、活用頂けますと幸いです。


     

    クレジットカードとしての利用は、三井住友VISAプリペイドと併用する

    まず、プロミスのクレジットカードとしての利用は、三井住友VISAプリペイドカードと併用する事でその機能を果たします。イメージとしては、以下の図を見てください。


    プロミスから融資という形でチャージを行う図


    仕組みはこのように簡単で、カードローンの融資という形で、チャージが簡単に行えるというものです。通常の場合、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用して、プリペイドカードへチャージする場合には、インターネットからでも出来ますが、多くの場合は以下の方法を取る場合が多いです。


    カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用しチャージを行う例


    この面倒さがないのがプロミスの瞬間チャージです。この手順についてを以下で説明していきます。


    プロミスのプリペイドへの瞬間チャージの設定方法

    これを設定するまでに、三井住友VISAプリペイドカードを発行しておく必要があります。発行手順に関しては以下のページを読んで下さい。


    参考:三井住友VISAプリペイドカードの発行手順


    以下は、既に三井住友VISAプリペイドカードを持っている前提で解説しています。


    プロミスの会員画面へログインする

    まず、プロミスの会員画面へログインをします。


    プロミスの会員ログインのパソコンとスマホの両パターンの画面の抜粋


    これ以下は、スマホでもパソコンでも表示される画面と登録手順は同じなので、パソコンの画面からの手順で説明します。


    ログインを行うと、三井住友VISAプリペイド情報などの目立つボタン等がありますが、こちらは申し込み画面なので、こちらからでは登録できません。プリペイドカードを登録するには「お客様情報の照会・登録/変更」と記載されいてる画面から登録を行います。


    プロミスの会員画面上で、プリペイド登録に進む手順1


    「お客様情報の照会・登録/変更」へ進むと、登録内容変更の欄に「三井住友VISAプリペイド番号の登録・変更」と記載されているボタンがあります。


    三井住友VISAプリペイドカードをプロミスの会員画面より登録する流れ


    ここでは、クレジットカードの番号と、有効期限の入力だけでOKです。特別な認証などは不要なので登録はすぐに出来ます。ただし、登録できるカードは1枚で、チャージするカードを変更したい場合は、また会員情報の登録を変更するだけなので、手順としては簡単です。


    プロミスから三井住友プリペイドへ500円チャージした例


    チャージは、利用限度額の範囲内で行う事が出来ます。上記の図のように500円ほどチャージを行いました。


    チャージの設定を行ってからチャージの反映までは、瞬時に行えます。体感的に、1秒満たないスピードで反映しているように感じる程度です。これは、土日祝日関係なく、24時間365日いつでも瞬間的にチャージが反映します。


    三井住友プリペイドのチャージ金額はプロミスのアプリで見れるコトを証明する写真とチャージ後に届くメールの内容


    チャージ金額などは、全てプロミスのアプリ内で見れるので、三井住友VISAプリペイドカードのウェブサイトへアクセスする必要がないという事はかなり楽です。


    三井住友プリペイドログイン時の面倒な画像認証の切り抜いた画像


    三井住友VISAプリペイドは、アプリ等手軽に利用できる機能がなく、毎回残高一つ確認するのも、画像認証などの手間を経てログインする必要があるため、プロミスのアプリですぐに残高を確認できるのはかなり嬉しいところです。


    このクレジットカードとしての利用のメリットデメリット

    プロミスをクレジットカードとして利用手順は以上ですが、これをする事で何のメリットデメリットがあるのかまとめました。メリットを感じる部分が多い人は、是非このプロミスと三井住友VISAプリペイドの併用を利用されてみてください。


    利用することによるメリット

    海外でクレジットカードが手軽にできる

    最初に、海外でプリペイドカードをクレジットカードとして利用したい場合に、プロミスのアプリから手軽に残高が分かる上、チャージも瞬間的に出来るため、海外での利用時にショッピングで利用できる金額分のチャージを手軽に行えます。


    不正利用等の二次被害もすぐ検知できるし被害もチャージ分だけ

    クレジットカードの利用で怖いのが、不正利用等による二次被害です。例えば、インターネットで買物をする際にも、欲しい商品がちょっと決済することに抵抗がある店舗であったりした場合や、海外などでクレジットカードを利用しショッピングする際に、二次被害に合う可能性があるものに対しプリペイドカードならそこまで抵抗する必要もありません。


    手軽に発行できますし、必要である分だけプロミスから瞬時にチャージする事で、手軽に資金をチャージする事が出来ます。


    利用することによるデメリット

    金利が発生する

    プロミス経由でチャージした金額分は、融資を受けるのと同じであるため、チャージ時から金利が発生します。17.8%の金利が付き、これは1日当たり5万円チャージなら24円ほど金利が付くという事を知っておきましょう。


    チャージ分は現金化出来ない

    三井住友VISAプリペイドは、チャージ分、利用しなかった分は再び現金として戻す事はできず、あくまでショッピングで使い切らなくてはなりません。瞬間チャージが利用できるということで、必要時に必要な分だけチャージしながら利用するコトをおすすめします。


    海外で現地通貨としてキャッシングする事が出来ない

    海外で利用のプリペイドカードで現在人気のものは、チャージ分ほど、いざという時に海外のATMで現地通貨でキャッシングを行えるものが人気です。三井住友VISAプリペイドは海外での利用はショッピングのみでATMから現地通貨のキャッシングをする事ができません。


    返金手続きが出来ない

    デメリットの2項目目と似ていますが、プリペイドカードでも利用しなかった分、日本円で現金の返金手続きができるものがありますが、三井住友VISAプリペイドカードは、返金手続きというものがそもそも無いため、どうやっても、一度チャージした金額は現金にする事ができません。


    三井住友VISAプリペイドカードは12歳(マスターカード、IDカードのみ)から、クレジットカードとしての機能を使える利用範囲の広いものですが、プリペイドカードとしての利便性は他社のものよりも劣ります。プロミスと連動する事で初めて生きるカードと考えておきましょう!

    関連ページ

    プロミスの金利はどれくらい?借り入れ方法や返済方法などを詳しく解説します!
    三井住友VISAプリペイドカードの発行手順とチャージ方法について


    他の消費者金融にもクレジットカードのようなものはある?(アコム/モビット)

    プロミスでは融資をVISAカードにチャージできるというものでしたが、消費者金融の会社でクレジットカードを発行しているのか気になるところだと思いますが、結論あります。
    アコムからはACマスターカード、SMBCモビットからはTカードプラスというカードローンと一体になったクレジットカードが出ています。
    それぞれ簡単に紹介しますね。


    アコム ACマスターカード

    ACマスターカードを持つゼニエモン

    アコムのACマスターカードは、申し込みから発行までの時間がめちゃめちゃ早く、クレジットカードの中でもトップクラスの早さだと思います。


    インターネットで申し込んだ後に近所にある無人契約機「むじんくん」で発行手続きを済ませ、その場でカードをもらうことができ、むじんくんまでの道のりがどのくらいかかるかによりますが、申し込みから最短1時間くらいでカードを受け取ることも可能です。


    ただし、特にこれといってそれ以外のメリットは感じません。「どうしても今日クレジットカードが必要だ!」「ポイント還元などはどうでもいい」という人にはおすすめのクレジットカードです。
    無人契約機を利用する際に細かい注意が必要なのですが、その辺のことは詳しくこちらのコラムに書きましたのでぜひ参考にしてみてください。

    SMBCモビット Tカード プラス(SMBCモビット next)

    Tカード プラス(SMBCモビット next)を持つゼニエモン

    TカードプラスはSMBCモビットのカードローンと、国際ブランドMastercardのクレジットカード、Tカードとしてのポイントカードと3つの機能が一つになったカードです。このカードがあれば近くの銀行やコンビニなどでキャッシングができるし、Mastercardのマークがある加盟店であれば国内外問わずにクレジットカードとして利用もできる、さらに、クレジットカードの支払いで200円1ポイントTポイントが貯まるというちょっと変わったカードです。


    モビットでキャッシングを検討している、もしくはすでにモビットの会員であるという人に向いています。クレジット機能に関しては基本リボ払い設定になるので、利息がいつの間にか莫大なことにならないように気を付けましょう。
    ちなみにTマネーといって、現金をチャージして電子マネーのように使うこともできるのですが、プロミスと違うのは、融資はチャージできません。ファミリーマートかTSUTAYAの店頭で現金チャージのみの扱いなので注意しましょう。


    Tカード プラス(SMBCモビット next)に関しても細かいメリットデメリットについてはこちらで詳しく書いてますので、興味ある方は参考にしていただけたら嬉しいです。

    プロミスの融資をVISAカードにチャージするというのはちょっとした裏技ですが、最後の方で紹介したACマスターカードやTカードプラス(SMBCモビットnext)に関しては、通常のクレジットカードを作るときと同様の手順を経て得られるカードです。
    ちなみにアイフルのクレジットカードは数年前にチワワのCMが流行った頃、チワワの券面が目立つアイフルMastercardがあったのですが、2010年5月31日に終了しています。


    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ