おまとめローンで返済額はどのくらい減るのか?

おまとめローンで毎月の返済額は安くなる?どのくらい返済額が減らせるのか計算しました

更新日:

複数の業者の借入れをすべて返済し、一本化する便利なサービスがおまとめローンです。

このページでは、おまとめローンとカードローンの違いや、おまとめローンに借り換えた際に返済額がどのように変わるのかについて解説していきます。

その他にも、おまとめローンのメリット・デメリットについても紹介しますので参考にしてみてください!

    通常のカードローンとおまとめローンの違いについて

    借り入れにはさまざまな種類のものがありますが、その中にはおまとめ(借り換え)ローンというものがあります。


    おまとめローンというのは別のところから借り入れしている金額を、おまとめローンからの借り入れによって返済し、おまとめローンに改めて返済をしていくというものです。


    通常ローンとおまとめローンの違い


    通常のカードローンは生活資金などの金額を用意するために借り入れをするもので、借り入れをしたものは返済をする必要があります。


    そして、もし借り入れ先を複数にしているとカードローンの返済スケジュールを把握するのが面倒になり、高金利のカードローンを利用していた場合は総返済額がどんどん膨らんでいってしまうのです。


    返済スケジュールを間違えて返済日に口座残高が不足していると、信用情報に返済滞納・返済遅延が記録されてしまいますし、高金利のカードローンから借り入れをすれば利息によってどれだけ返済をしても完済できないという事態にもなりかねません。


    返済ができなくなると、カードローンは保証会社に代位弁済をさせることを検討し、代位弁済をすると信用情報に記録されて、いわゆるブラックリスト入り状態になります。


    ブラックリストにのってしまうと、最低5年間はクレジットカードの新規発行と利用だけでなく、カードローンの申込と借り入れの審査に通過することは不可能に近いです。


    ブラックリストのデメリットは非常に大きいため、カードローンは必ず毎月返済をするようにし、返済が難しいのであればおまとめローンを活用しましょう。


    おまとめローンは大きく分けて2種類がある

    他からの借り入れをまとめて返済する、複数からの借り入れを一本にまとめて返済をするというのがおまとめローンですが、おまとめローンは次の2つのやり方があります。

    • 通常のカードローンを利用する
    • おまとめ専用ローンを利用する

    1つは楽天カードローンのようにおまとめローンとしても使えると宣伝している普通のカードローンです。


    この場合は、通常の借り入れと同じように申込をして、借入額をすでに借り入れしているローンへの返済に使います。既に借入れしている金額が少額であれば問題はありませんが、高額なら審査に通らない可能性があるので注意してください。


    もう一方はおまとめ専用のローンです。専用として提供されるおまとめローンは、返済専用のローンになります。


    ここで重要なのは、おまとめローンは消費者金融の商品でも、総量規制の対象にはならないということです。


    おまとめローンは消費者金融のものでも総量規制の対象?

    総量規制について


    総量規制というのは貸金業法が定めたもので、消費者金融からは年収の3分の1以上の借り入れはできませんが、おまとめローンなら3分の1以上の借り入れも可能です。


    総量規制の対象になるのは消費者金融やクレジットカード会社などといった、貸金業法の対象となる貸金業者からの借り入れになります。


    そのため、カードローンやクレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になりますが、貸金業者ではない銀行は貸金業法ではなく銀行法に則ってサービスを提供しているので、銀行のカードローンからの借り入れは総量規制の対象にはなりません。


    そして、なぜ消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象にならないのかというと、総量規制の例外として、「利用者に有利に働く借り入れ」は除外されるからです。


    一方、消費者金融のカードローンローンで借り入れした金額はきちんと総量規制の対象に換算されるのは覚えておきましょう。


    例えば、年収300万円の方が消費者金融のおまとめローンで80万円を借り入れし、新たに30万円を消費者金融カードローンで借り入れしようとしても借り入れができません。


    総量規制の対象にならないのはあくまでおまとめローンの借り入れ時というだけで、借り入れをした後は総量規制の対象です。


    また、銀行は消費者金融と比べると審査に通りにくいという特徴があります。


    そのため、金利面では性能が下がっても審査に通過したいという方は、消費者金融のおまとめローンがおすすめです。


    おまとめローンの利用時は電話相談をしよう

    もしも楽天カードローンや横浜銀行カードローンなどのおまとめ専用ローンがない通常のカードローンをおまとめに活用しようとする場合、電話などでカードローン側におまとめについての相談をしましょう。

    楽天カードローンは借り入れをする場合に借り入れ金額の使い道を伝えます。

    その際に借り入れ目的を「趣味・娯楽・流行」「教育資金・自己啓発」「住宅資金・リフォーム」「借換」とある中から「借換」を選びます。

    ただし、あくまでカードローンの使い道がおまとめというだけで、一度契約したらそれ以外のことにも利用可能です。

    そのため、おまとめ専用ローンに比べると、審査に通過できる確信が持ちにくくなります。

    また、カードローンによっては借り入れ目的におまとめが想定されていない可能性もあります。

    おまとめ目的なのに通常の借り入れ目的だと誤解されないためにも、まずは電話相談をしましょう。


    おまとめローンに切り替えた時、通常のローンとどう返済額が変わるのか

    おまとめローンにはさまざまな商品がありますが、返済額にどう影響を与えるのかというのが気になるところです。


    返済というのは毎月行われるものですし、返済をしないと完済を迎えることもありません。


    毎月の返済額は完済にて重要ですし、それが生活への負担にも繋がります。


    例えば、東京スター銀行のおまとめローンは金利が年12.5%に固定されています。


    仮に消費者金融のアコムやSMBCモビットから金利18.0%でそれぞれに50万円ずつ借り入れをしていたとします。


    それで1年間借り入れをしていたとなると、50万円×年18.0%×2社→利息180,000円。


    しかし、金利が年12.5%の東京スター銀行のおまとめローンなら100万×年12.5%→125,000円が利息分です。


    借り換え前の利息が180,000円で借り換え後の利息が125,000円の180,000円-125,000円→利息の差額55,000円と、金利の変化が非常に大きな影響を与えるというのがよくわかります。


    借換え時の返済額について


    また、返済額についても東京スター銀行のおまとめローンの場合は、A社からの借り入れ金額が100万円で毎月20,000円の返済、B社からは50万円を借り入れして毎月10,000円の返済、C社からは50万円を借り入れして毎月12,000円の返済をしているとします。


    そうなるとA社返済額20,000円+B社返済額10,000円+C社返済額12,000円→42,000円の返済額が毎月、口座から別々に引き落とされることになります。


    これも東京スター銀行のおまとめローンで1本にまとめると、毎月の返済を29,275円の引き落とし1回のみにし、本来の返済額が42,000円なので、42,000円-29,275円→12,725円もの返済額が軽減可能です。


    おまとめローンは返済が一本化されるので毎月の引き落としも飛躍的にやりやすくなり、返済スケジュールも1日だけに注目していれば問題はありません。


    忙しい日々だとついついスケジュールを見落としてしまうことがありますし、もし何らかの事情で返済ができないという月には、複数からの借り入れをしているとそれぞれに電話で事情を話たりする必要があります。


    借り入れ先を1本にすればそういった問題も解消されることでしょう。

    おまとめローンの返済額はどのくらい?

    複数からの借り入れを1本にし、高金利から低金利の借り換えもできるのがおまとめローンですが、実際の返済額はどのくらいになるのでしょうか。


    以下で、大手銀行・消費者金融のおまとめローンのおおまかなスペックと一緒に紹介していきます。基準として最大金利と最小の借入額は100万円です。


    東京スター銀行のおまとめローン


    借り入れ限度額が最小30万円の最大1,000万円、金利が12.5%なのが東京スター銀行のおまとめローンです。


    借り入れ条件は 20歳以上65歳未満で正社員・契約社員・派遣社員として給与所得があり、年収が200万円以上かつ株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスの保証が受けられる方になります。


    返済期間は最長10年で、返済日は毎月10日で、休業日の場合は翌営業日に繰り越しという設定です。


    東京スター銀行について


    東京スター銀行公式サイトより

    返済額は借入額によって細かく変動します。毎月の返済額は50万円を借り入れすると7,318円になり、1,000万円を借り入れすると146,376円が返済額となります。



    西日本シティ銀行のNCBおまとめローン

    日本シティ銀行について


    銀行のおまとめローンでありながらアルバイト・パート・専業主婦の方でも利用できるのが、西日本シティ銀行が運営しているNCBおまとめローンです。


    西日本シティ銀行のおまとめローンは金利が年4.5%〜15.0%で、返済期間が最長15年以内になっています。


    返済日は給与支給日またはその翌日になり、給与支給日が27日から月末の間という方は翌月1日です。


    借り入れ限度額は最大500万円で、パート・アルバイト・配偶者に収入がある専業主婦の方は50万円までの借り入れができます。


    金利が低い傾向のある銀行ローンはアルバイトやパート、専業主婦の方では審査に通りにくく、始めから借り入れ条件を満たせないことがありますが、西日本シティ銀行のNCBおまとめローンなら50万円までという条件で借入れでき、アルバイト・パートの方でも銀行で高額借り入れができるという貴重なローンです。


    借り入れ条件は20歳以上75歳未満かつ、完済時の年齢が80歳以下の方で、個人事業主の方は税金の滞納・延滞がないという条件も付きます。


    また、取り扱い店舗の近くに住んでいる方または勤務している方で、現住所が西日本シティ銀行の営業エリア内にあるというのが条件です。


    ただし、東京都・大阪府内の店舗ではおまとめローンは取り扱っていないので注意してください。保証会社である九州カード株式会社か九州総合信用株式会社の保証が受けられることも必要です。


    返済額は借入額が100万円、金利が年4.5%の場合は毎月10,364円で、年15.0%の場合は16,134円になります。


    借入額 毎月の返済額
    50万円 8,067円
    100万円 16,134円
    150万円 24,210円
    200万円 32,267円
    300万円 48,401円
    400万円 64,534円
    500万円 80,668円

    ※金利年15.0%、返済期間10年


    なお、西日本シティ銀行のNCBおまとめローンは固定金利ですので、借り入れ中に金利が変動することはないというのは覚えておきましょう。


    楽天銀行の借り換えローン


    楽天銀行にはおまとめ専用ローンはありませんが、楽天銀行スーパーローンを利用して複数からの借り入れを一本にまとめることが可能です。


    申込資格は、満20歳以上62歳以下の方、お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方とあるので、アルバイト・パートな専業主婦の方も申し込み可能です。


    申込方法はWeb完結で申込書類を記入する必要手間もかかりませんし、借入方法も提携ATM以外にネットキャッシングで24時間即時に振込ができます。


    返済方法は残高スライドリボルビング返済方式で、1日・12日・20日・27日の4つの中から選んだ返済日に毎月指定した口座から自動敵に引き落としされます。


    返済額は利用残高によって異なり、利用残高が10万円以内の場合は2,000円、50万円以上の場合は15,000円です。


    借入額 毎月の返済額
    10万円以内 2,000円
    10万円超30万円以内 5,000円
    30万円超50万円以内 10,000円
    50万円超100万円以内 15,000円
    100万円超150万円以内 20,000円
    150万円超200万円以内 30,000円
    200万円超250万円以内 35,000円
    250万円超300万円以内 40,000円
    300万円超350万円以内 45,000円
    350万円超400万円以内 50,000円
    400万円超500万円以内 60,000円
    500万円超600万円以内 70,000円
    600万円超700万円以内 80,000円
    700万円超800万円以内 100,000円


    アイフルのおまとめローン、おまとめMAX・かりかえMAX


    大手消費者金融のアイフルが運営するおまとめローンがおまとめMAX・かりかえMAXです。


    借り入れ限度額は1万円から800万円、金利は年3.0%〜17.5%となっています。


    返済期間は最長10年で、返済日は約定日制・35日ごとの2つから選択可能です。


    約定日制は利用者が返済約定日を指定し、その約定日の10日前から返済期間になり、35日ごとはサイクル制で前回の返済日翌日から35日後までが返済期日になるというものです。自分に合った返済日を選択しましょう。


    借り入れ条件はアイフルの利用がはじめての方でかりかえMAXを利用する、おまとめMAXが過去にアイフルから借り入れしているか借り入れ中の方になります。


    そして、20歳以上の69歳まで、定期的な収入と返済能力がある方が条件です。


    また、おまとめ・借り換え対象はあくまで貸金業者からの借り入れだということには注意する必要があります。


    貸金業者ということは、銀行法に基づいて運営する銀行からの借り入れは対象にならないので、銀行カードローンでの借入額はまとめることができません。


    借入額 毎月の返済額
    100万円 17,000円
    200万円 33,000円
    300万円 49,000円
    400万円 65,000円
    500万円 81,000円

    ※金利年15.0%、返済期間10年


    100万円を借り入れして金利が15.0%、返済が10年までだと、毎月の返済額が17,000円になります。


    おまとめMAX・かりかえMAXは公式サイトの返済シミュレーションにて、借り入れ金額・金利・返済回数を細かく指定して返済額を導き出すことが可能です。


    気になる方は返済シミュレーションを利用して、自分が希望する条件で検証してみましょう。



    プロミスのおまとめローン


    大手消費者金融のローンであるプロミスのおまとめローンは、借り入れ限度額が最大300万円、金利が6.3%〜17.8%になります。


    返済期間は最終借り入れから最長10年の返済回数が最大120回、返済日は5日・15日・25日・末日から選択可能です。


    借り入れ条件は年齢20歳以上65歳以下で本人に安定した収入がある方とあり、主婦・学生の方でもアルバイト・パートをしていれば申込することができます。


    なお、プロミスのおまとめローンも借り換え対象が消費者金融・クレジットカードなどからの借り入れで、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピングなどの借り換えはまとめることができないので覚えておきましょう。


    毎月の返済金額は公式サイトの返済シミュレーションで計算することができます。


    借入額 毎月の返済額
    50万円 12,642円
    100万円 25,284円
    150万円 37,927円
    200万円 50,569円
    250万円 63,211円
    300万円 75,854円

    ※金利年17.8%、返済期間5年


    100万円の借り入れで金利が17.8%の返済期間が60ヶ月ですと、毎月の返済額は25,284円です。


    プロミスの返済シミュレーションでは、他にもさまざまな条件からの返済額を導き出せます。



    アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン

    アコムのバナー画像


    大手消費者金融アコムのおまとめローンは貸金業法に基づく借換え専用ローンです。


    借り入れ限度額は1万円からの最大300万円、金利は7.7%〜18.0%となっています。


    返済期間は借り入れ日から最長13年7ヵ月で、他のおまとめローンと比べても非常に長いです。


    借り入れ条件は20歳以上かつ安定した収入と返済能力がある方になります。


    こちらも貸金業者からの借り入れのみ借換え対象となるので、銀行カードローンでの借入れは含まれません。


    アコムの返済額は借入額の1.0%以上が基準になります。つまり、10万円を借り入れしたら毎月の返済額は1,000円以上、100万円を借り入れしたら毎月の返済金額が10,000円以上になるということです。


    借入額 毎月の返済額
    50万円 9,000円
    100万円 18,000円
    150万円 27,000円
    200万円 36,000円
    250万円 45,000円
    300万円 54,000円

    ※金利年18.0%、返済期間10年


    10万円を借り入れして金利が18.0%、返済回数が11回で毎月の返済額が1万円になります。


    毎月の返済額をある程度は自分で決められるのが、アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンだと言えるでしょう。



    新生パーソナルローンのおまとめローン

    新生銀行グループに所属する新生パーソナルローンは、名前からは少しわかりにくいですが消費者金融になります。


    新生パーソナルローンのおまとめローンにおける借り入れ限度額は10万円から最大400万円で、金利は10.5%〜18.0%、返済期間は最長8年で、返済回数は96回となります。


    借り入れ条件は20歳から70歳までの安定した収入のある方とあり、借り入れできる年齢の上限が他のおまとめローンよりも高く設定されています。


    なお、おまとめローンは同じ新生パーソナルローンのカードローンであるノーローンとの併用は不可能というのは覚えておきましょう。


    すでにノーローンから借り入れしているのであれば完済してからおまとめローンに申込をしないといけません。


    返済額は、借入額が150万円で金利が15.0%であれば、毎月の返済額が45,000円になります。


    借入額 毎月の返済額
    50万円 15,000円
    100万円 30,000円
    150万円 45,000円
    200万円 60,000円
    250万円 75,000円
    300万円 90,000円
    350万円 105,000円
    400万円 120,000円

    ※毎月の最少返済額は借入額の3.0%を表示


    新生パーソナルローンのおまとめローンは、毎月の最少返済額が借入額の2.0%〜3.0%の範囲内とされていて、そこから1,000円単位で端数を切り上げる方式にて、利用者と担当者が相談して返済額を決定します。


    返済額から見るおまとめローン一本化した時のメリットがある場合とメリットが少ない場合

    おまとめローンは複数からの借り入れをしている場合や、高金利の借り入れをしている場合に非常に大きな可能性を持っています。


    しかし、その可能性を十分に活かすには、おまとめローンを適した状況で活用する必要があります。


    借り入れの一本化・高金利からの借り換えにメリットがある場合とメリットが少ない場合を、返済額という点からそれぞれ紹介していきます。


    メリットがある場合

    金利があまりにも高すぎる

    まずは借り入れしているカードローンなどの利息があまりにも高すぎるという場合は、おまとめローンを利用するメリットは十分以上にあるといえるでしょう。


    高金利の借り入れを利用していると、利息によって総返済額も膨らみます。


    しかし、おまとめローンによって現在借り入れしている金利から金利を下げることによって、高金利の利息が膨れていくのを防げますし、低金利の状態で返済をしていくことができます。


    臨時返済での手数料が痛い、手続きが面倒

    借り入れとは毎月の返済日に口座から引き落とされる形以外にも、資金に余裕がある場合に臨時で追加返済も可能です。


    この場合、臨時返済が簡単かつ手数料無料で行いやすい場合もありますが、中には手数料が有料であったり、手続きが必要であったりすることがあります。


    臨時返済の手数料が有料の場合は、何度も臨時返済をすることで手数料が膨らんでいき、手続きが面倒な場合は臨時返済を控えてしまい完済までに時間がかかってしまうのです。


    こういった状況では、結果的には返済額が膨らんだも同然の状況になってしまいます。


    臨時返済の手数料が無料など、手続きが簡単なおまとめローンに移ることで返済額を抑えることが可能です。


    メリットがあまりない場合

    過払い金請求ができるローン

    長期間に渡って借り入れをしているという場合、借り入れ先の金利がグレーゾーン金利に基づいた、過払い金請求可能なものだという場合がありえます。


    2010年6月18日に貸金業法が改正される以前に借り入れをし、まだ返済をしているという方は過払い金請求が可能です。


    金利が年20.0%から29.2%はグレーゾーン金利と呼ばれ、今では黒になった領域の金利に基づいて返済をしていた場合は、過払い金請求によってお金を返してもらったり、借入額を減らしてもらったりと対応できます。


    もし、おまとめローンで返済を考えている借り入れが貸金業法改正以前のものであれば、まずは過払い金請求が可能かを検討しましょう。



    追加の借り入れもする予定

    おまとめローンのデメリット


    おまとめローンはあくまで他社からの借り入れを返済するのに特化したものです。


    そのため、新たに借り入れをしたいという場合、おまとめローンでは追加の借り入れはできないようになっています。


    おまとめローンを利用している状態で追加の借り入れをするには、新たに借り入れの申込が必要です。


    カードローンは、長期に渡って借り入れ・返済をしている方が条件が良くなるようにできています。


    したがって、新たなカードローンから借り入れをすることで、本来よりも高い返済額になってしまうこともありえるということです。


    おまとめローンの金利が元と比べても有利ではない

    非常によくあるケースなのが、おまとめローンに借り入れを移行しても金利があまり下がらないというケースです。


    消費者金融のおまとめローンは金利が高いケースが多く、せっかくおまとめローンに移行したのに返済額がなにも変わっていないことがあります。


    おまとめローンを利用する場合、融資側に電話相談をするなどして本当に金利が有利になるのかをよく話し合い、おまとめローンでお得になるのかを確認しましょう。


    おまとめローンは複数からの借り入れを一本化できて管理が簡単になりますし、おまとめローンが低金利であれば総支払額も減らすことができるのでとても便利です。

    そのため、なるべく低金利のおまとめローンを選びたいものですが、借換え対象として消費者金融からの借り換えのみというところもあるので、おまとめローンを検討する際には借り換え条件についてもしっかり確認するようにしてください。

    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ