沖縄銀行カードローン「チェキット」

掲載日:

沖縄銀行カードローンチェキットのバナー画像


このカードローンに向いている人

  • 沖縄銀行口座をメインバンクとして利用している人
  • 融資実行まで1週間以上の猶予がある人
  • 5万円〜10万円程度の少額融資を希望している人

このカードローンに向かない人

  • 沖縄銀行の口座を持っていない人
  • とにかく急いでお金を借りたいと考えている人
  • 30万円以上の借入を希望している人
  • 絶対に家族には内緒で借入したい人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
3.75%〜14.6% 10〜1,000万円 最短即日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14.6% 満20歳以上70歳未満 SMBCコンシューマーファイナンス(株) 不要


沖縄銀行カードローン「チェキット」ってどんなカードローン?

カードローンチェキットは、那覇市に本店を置く沖縄銀行の取り扱うカードローンです。

チェキットは地域密着型のカードローンで、利用できるのは沖縄県民の人のみとなりますが、沖縄銀行の口座開設は不要、支店窓口への来店もナシで契約が可能で、多くの人が利用可能なカードローンとなっています。

どのような人に利用のメリットがあるカードローンなのか、徹底調査を行ったので、詳しく解説していきますが、カードローンチェキットは沖縄銀行の口座の有無に関わらず、借入を急ぐ人・WEB上で手続きを完結させたい人には向いていません。

カードローンを選ぶ上で注目するべき点や他カードローンとの比較も交えて解説していますので、このページの最後まで目を通してもらえると幸いですが、時間があまりないという人は次の「業者検索」を利用してみてください。
自身が求める条件に合ったカードローンをかんたんに検索することができます。

いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

  1. 申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. 申込から借入までの流れ
  4. 家族・職場に内緒で借入できる?
  5. 金利と借入限度額について
  6. 毎月の返済額と返済方法について
  7. 借入方法・利便性について
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. 沖縄銀行カードローン「チェキット」利用者の口コミ

沖縄銀行カードローンチェキットへの申込資格がある人


カードローンチェキットへの申込資格はつぎのようになります。

  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の人
  • SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証が受けられる人
  • 安定した収入がある人
  • 沖縄県内在住の人


属性

沖縄銀行カードローンチェキットへ申込可能な属性について


沖縄銀行の口座開設は不要

申込条件に営業エリアによる制限が含まれている地方銀行のカードローンでは、口座の開設が必須とされる傾向があるのですが、カードローンチェキットは口座の開設は不要、窓口への来店もナシで申込・利用するコトが可能とされています。


職業・収入の形態による制限が緩い

アルバイトやパートの人もOK、学生でもアルバイトをしているコトでチェキットへの申込は可能となっています。


電話にて問い合わせたところ、年収や職業による、借入限度額の制限も設けられていないとのことでした。


保証会社から見る審査の厳しさ

銀行カードローンを利用するには、どのカードローンでも保証会社の保証を受けるコトが条件となるのですが、各カードローンによって保証会社が異なります。


審査の基準というには明白にはされていないのですが、一般的に、オリックスクレジットやジャックスなどの信販系の保証会社に比べ、SMBCコンシューマーファイナンス(株)やアコム(株)といった消費者金融系の保証会社の方が審査通過をし易い傾向にあります。


沖縄銀行カードローンチェキットの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(株)となるので、銀行カードローンの中では審査は甘い部類に入ります。


契約時に用意しておく必要がある書類


沖縄銀行カードローンチェキットでは契約時に

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

これら2点の提出が必要となり、必要書類、提出方法・条件はそれぞれつぎのようになります。


本人確認書類の提出方法

カードローンチェキットは、インターネットからの申込が可能なのですが、本申込・契約手続きは郵送にて行うコトになり、本人確認書類の提出はその際同時に行います。


沖縄銀行カードローンチェキットで本人確認書類として認められる書類


本人確認書類のコピーが必ず必要となるので、WEB上での書類アップロードに対応しているカードローンに比べ、手間と時間は多くかかってしまいます。


収入証明書の提出条件

収入証明書は借入限度額50万円超となった場合から提出が必要となり、以下の書類が認められます。


沖縄銀行カードローンチェキットで収入証明書として認められる書類


沖縄銀行口座を給与受取先に指定している場合は収入証明書不要

沖縄銀行の口座を給与受取先口座として利用している場合、収入の確認がそこで取れるので、給与明細書などの書類提出は不要となります。


地域密着型のカードローンならではの特徴です。

申込から借入までの流れ


カードローンチェキットは沖縄銀行公式HPで、「審査結果は即日回答」、最短1時間での審査回答が可能と紹介されています。


ただ、これはあくまで申込から審査回答までにかかる時間で、実際に借入できる、融資実行までにかかる時間ではないので注意が必要です。


ゼニエモンが沖縄銀行へ電話にて問い合わせ、カードローンチェキットの申込から融資実行までの詳しい流れ時間経過を徹底調査しましたので参考にしてみてください。


申込から融資実行までのフローチャート

  • 申込
  • 審査回答
  • ローンカード・契約書類の郵送
  • 契約手続き
  • 利用開始

申込

カードローンチェキット申込方法は、

  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

この4通りの方法から選択可能なのですが、どの方法でもこの段階ではあくまで仮申込となります。


審査回答

最短1時間での審査回答が可能で、審査通過時は電話にて通知があります。


審査に落ちてしまった場合、書面での通知となるので、審査結果が分かるのは3日〜4日後となるとのことでした。

ローンカード・契約書類の郵送

審査通過後、沖縄銀行からヤマト運輸にて、ローンカード・契約書類が自宅へと郵送されます。


早ければ、申込の翌日〜2、3日でローンカードを手にするコトはできるのですが、この段階ではまだこのローンカードを利用するコトはできません。


契約手続き

契約書類に記入、本人確認書類等を添付し、沖縄銀行へ返送します。


契約書類の到着後、確認作業が行われます。


利用開始

契約手続きが完了して初めて、ローンカードの利用が可能となります。


カードローンチェキット申込から借入までにかかる時間について


沖縄銀行カードローンチェキットは借入を急ぐ人には向いていない

審査回答まで最短1時間と審査スピードはメチャクチャ早いのですが、利用開始までには2度の郵送手続きが必要となってしまうため、実際に借入できるようになるまでには申込日から1〜2週間程度かかってしまいます。


急いでお金が必要な人は、融資実行までに時間の猶予がない人は、

  • 振込融資に対応している
  • 即日カード発行が可能な

この2つの条件を満たすカードローンを選ぶコトが非常に重要な項目となります。


振込融資が可能なカードローンであれば、ローンカード到着前の借入が可能となり、即日での借入ができる可能性がグンと高くなるのですが、振込融資の場合、銀行営業時間の関係で15時以降の申込になると即日での借入は非常に厳しくなります。


とにかく急ぐ、切羽詰まっているんだ!という人は、自動契約機でのローンカード発行が可能なカードローンがオススメです。


即日でのローンカード発行が可能なカードローン一覧

業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(一部店舗異なる)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


この6業者は全て、申込から契約手続きまでをWEB上で完結でき、契約手続き後、即日での振込融資も可能な上に、土日・夜間も自動契約機でローンカードの発行が可能なので、即日での借入が出来る可能性が非常に高くなっています。


「チェキット」は家族や職場に内緒で借入できる?


カードローンでお金を借りるときって、会社に何か連絡があるの?

家族には絶対に内緒にしておきたいんだけど、、。

「チェキット」は誰にも内緒で借入できる?


勤務先にカードローンの利用がバレる可能性は低い

カードローンを利用する際には、基本的にどこの業者でも、記入された勤め先に本当に籍があるのかを確認するために在籍確認が必要となります。


カードローン「チェキット」の在籍確認は、勤務先への電話連絡にて行われるのですが、電話は次のような形でかけられ、この電話により職場の同僚や上司にカードローン利用の事実がバレてしまう可能性はかなり低いと考えられます。


カードローン「チェキット」の在籍確認について


この電話で「カードローンの在籍確認の為に電話しました」などと伝えられることはないので、ほとんどの人が在籍確認に関しては難なくクリアできるかと思いますが、普段自分宛に電話がかかることなんてないから怪しまれそう、絶対に会社には電話をかけて欲しくないというような場合は、以下カードローンの利用がオススメできます。


勤務先へ電話をかけて欲しくない人にオススメのカードローン一覧

実は、勤務先への電話連絡ナシで、書類の提出で在籍確認をクリア可能なカードローンもあります。


本当に書類でも在籍確認OKなのか実際に検証もしてみました。

業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
モビット 未検証
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た
新生銀行カードローン レイク △※審査次第で書類提出可 未検証

会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を
クリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり、

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となることが多いです。


カードローン「チェキット」は家族にバレる可能性が高め

ローンカードを見られる、通帳を見られるなどといったコトで家族にカードローンの利用がバレてしまうこともありますが、家族に内緒でカードローンを利用したい人が最も気をつけるべき点は、自宅への郵送物の有無です。


カードローン「チェキット」は、契約手続きの方法が郵送のみで必ず自宅へ契約書類・ローンカードが送られます。


沖縄銀行から送られてくる封筒には、カードローンなどといった表記はされていないので、自分宛の郵便を見られることはないという人は問題ないのですが、家族バレのリスクはやや高めだと言えます。


絶対に家族に内緒でカードローンの利用をしたいと考えている人は、次のページをぜひ参考にしてみてください。
家族に内緒で借入できるカードローンと方法を詳しく解説しています。


家族バレは絶対にNGな人がカードローンを利用するには!


沖縄銀行カードローン「チェキット」のスペックを徹底調査してみた!

・カードローンチェキットの金利は低い?
・どうやって借入する?
・返済方法は選べるの?
・毎月の返済額は高い?

ここからは、沖縄銀行カードローンチェキットのスペックを徹底調査、解説していきます。
他カードローンとの比較も交えながら、カードローンを選ぶ上で最低限抑えておきたい情報をお届けしますのでぜひ参考にしてみてください。


金利と借入限度額について

借入限度額 適用金利
200万円以下 14.6%
200万円超300万円以下 7.25%
300万円超400万円以下 6.75%
400万円超500万円以下 4.25%
500万円超1,000万円以下 3.75%

下限金利3.75%が適用されるのは、借入限度額が500万円超となった場合のみで、カードローンを利用した借入で500万円というのはちょっと現実的な数字ではないです。


はじめてカードローンを利用する際には、上限金利、もしくはそれに近い金利が適用される可能性が最も高くなります。


沖縄銀行カードローンチェキットの上限金利14.6%は高い?

カードローンチェキットの上限金利14.6%は、銀行カードローンの中では平均的な水準、大手消費者金融と比較すると3%程度は低い数値となります。


ただ、100万円以上の借入限度額となると、話は変わってきます。次の表をみて下さい。


借入限度額100万円〜200万円の適用金利

銀行カードローン 適用金利
三井住友銀行カードローン 10.0%~12.0%
三菱東京銀行バンクイック 10.6%~13.6%
みずほ銀行カードローン 12.0%
ソニー銀行 8.0%~9.8%

カードローンチェキットは、借入限度額が200万円となった場合であっても上限金利の14.6%が適用されます。


大手銀行カードローンと比較した場合、約2%近く高くなりますし、一般的に銀行カードローンに比べ金利が高く設定されている消費者金融のアコムの適用金利とほぼ変わらない金利での利用となってしまいます。


消費者金融アコムの適用金利

借入限度額 適用金利
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円〜300万円 7.7%〜15.0%

例えば、50万円の借入がしたくてカードローンに申込を行った場合でも、審査の結果次第では借入限度額が100万円となるコトもあります。

勤続年数が長い会社員の人や年収が300万円以上ある人は、信用度が高くなり、その分大きい借入限度額を与えられる可能性が高くなるので、適用金利が100万円単位で設定されているカードローンへの申込を検討してみるコトをオススメします。

借入方法について


借入方法はローンカードを利用したATMでの出金のみとなり、沖縄銀行ATMの他にゆうちょ銀行ATM・セブン銀行やローソンなどコンビニATMが利用できるのですが、沖縄銀行ATM以外の提携ATMは全て利用手数料が発生します。


カードローンチェキットの利用可能ATM一覧


返済方法と毎月の最低返済額について


多くのユーザーが、
『金利が低い=負担する利息が少なく済む』
このように考えています。

これはもちろん間違いではないのですが、金利の差以上に、負担する利息に影響するのが、毎月の返済額、完済までにかかる期間です。

当サイトで作成した返済シュミレーションを利用して、沖縄銀行カードローンチェキットの完済までにかかる期間、総支払利息を徹底解説していきます。


返済方法は、

  • ATM・店頭入金タイプ
  • 口座振替タイプ(自動引落し)

この2通りが用意されていますが、口座からの自動引き落としを選択できるのは、沖縄銀行の口座を利用している人のみとなります。


毎月の約定返済日

店頭・ATM入金タイプ 前月26日〜7日(銀行休業日の場合は翌営業日)
口座振替タイプ 毎月7日(銀行休業日の場合は翌営業日)

店頭・ATM入金タイプの場合、前月26日から7日まで12日間の返済期間が設けられているので、返済の自由度は高くなるのですが、逆に返済日が固定されていないのでついうっかりの返済忘れがないよう注意が必要です。


それともう1点、返済期日の開始日26日以前に返済を行った場合、その入金は約定返済ではなく追加での返済とみなされるため、26日以降にもう一度返済を行わなければなりません。


毎月の最低返済額

前月25日時点の借入残高 最低返済額
2千円未満 前月25日時点の借入残高
2千円以上10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 5,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超70万円以下 14,000円
70万円超100万円以下 15,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超700万円以下 80,000円
700万円超800万円以下 90,000円
800万円超1,000万円以下 100,000円

沖縄銀行カードローンチェキットの返済額はメチャクチャ低い!

上の表を見てもらうと分かるように、カードローンチェキットの毎月の返済額は、借入残高10万円以下は2,000円、20万円以下は4,000円と、10万円ごとに細かく設定されていて、他のカードローンに比べ、メチャクチャ低めとなっています。


最低返済額が低いとコトは月々の負担を低く抑えるコトができ、メリットしかないように感じてしまいますが、これは場合によっては大きなデメリットにもなり得るので注意が必要です。


カードローンチェキットで借入、最低返済額のみの返済を行った場合の完済までにかかる期間、支払う利息をシュミレーションしてみました。


沖縄銀行カードローンチェキットの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.6% 76回 2,000円 52,020円
15万円 14.6% 97回 2,000円 84,750円
20万円 14.6% 122回 4,000円 139,842円
30万円 14.6% 173回 5,000円 297,701円
50万円 14.6% 221回 10,000円 527,914円

カードローンエルパスで50万円を借入、最低返済額のみで返済を続けると、完済までには約18年、支払う利息は50万円にも昇ります。50万円借りたらほぼ100万円返すということです!


ん?
50万円借りて、毎月10,000円返したら、もっと早く完済できるし、利息もそんなに払わなくて済む気がするんだけど、、。

計算おかしくない?


確かに、毎月10,000円の返済を続けた場合、完済までの返済回数は約80回、支払う利息は約28万円に抑えることができるのですが、カードローンチェキットの毎月の返済額は、次のように変化していきます。



50万円を借入、毎月10,000円口座から自動的に引き落とされていたものが、40万円まで借入残高が減った段階で8,000円、20万円で4,000円とだんだんと返済額が引き下げられていきます。


上で、金利の差以上に支払う利息に影響するのは、毎月の返済額、完済までにかかる期間とお伝えしましたが、


カードローンチェキットの保証会社で、金利が約3%高い、金利17.8%のプロミスで、同じ金額を借入した場合の返済シュミレーションが次のようになります。


プロミスの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 17.8% 32回 4,000円 26,316円
15万円 17.8% 32回 6,000円 39,484円
20万円 17.8% 32回 8,000円 52,676円
30万円 17.8% 36回 11,000円 89,345円
50万円 17.8% 58回 13,000円 248,998円

同じ金額の借入でも、金利が高いプロミスの方が、随分と支払う利息を抑えられることが分かります。


プロミスは、借入した時の残高で、最低返済額が決められ、追加の借入をしない場合、最初から最後まで一定の金額で返済を続けることになります。


銀行カードローンのカードローンチェキット、消費者金融のアコム、金利、最低返済額、パット見だと断然銀行カードローンの方が、ユーザーに優しい印象を受けますが、極端に言うと、毎月の返済額が低いということはこういうことです。


沖縄銀行カードローンチェキットで支払う利息を小さくするには

最低返済額のみで返済を行うと、とんでもない金額の利息を払うことになってしまうのですが、最低返済額が減った分、ATMで追加返済を行うことで、返済期間の短期化、支払う利息を低く抑えるコトが可能です。


ただ、、決められた金額以上にお金を返すという行為はなかなか心理的に難しいです、、。


特にATMでの返済は口座引き落としと違い、手元にある現金を入金することになるので、余計にです。


ゼニエモンのような返済時に毎回、気持ちが沈むタイプの人には難しいかもしれません、、汗。


沖縄銀行カードローンチェキットは、

  • 少額融資を希望していて、短期間で完済予定の人
  • 自己管理がしっかりでき、決められた金額以上の返済を継続的に行える人

このような人にのみ利用を推奨できるカードローンです。


それ以外の人は、借入時から完済まで最低返済額が変わらないプロミスや、借入残高50万円以下は一律10,000円というように決められているみずほ銀行カードローンなどといったカードローンの方が向いていると考えられます。


カードローン「チェキット」のまとめ


・金利や借入限度額などのスペック
・融資実行までのスピード
・利用開始後の利便性

これらを他カードローンと比較したときに、カードローンチェキットが特別優れている点は、正直ありません。

沖縄銀行をメインバンクとして利用している、長く付き合いがあり、沖縄銀行のカードローンに強くコダワリがある人以外は、全国からの申込に対応している三井住友銀行や三菱東京銀行といったメガバンクやジャパンネット銀行、楽天銀行といったネットバンキングのカードローンなどを比較・検討してみるコトをオススメします。

口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ