現役利用者500名が選んだカードローン人気ランキング

掲載日:

このページでは、当サイトのカードローン利用者による実態を知るためのアンケート調査を行いました。
合計で20問ほどの調査ですが、そのうちの2問ほど以下の質問も含めました。


もし知人がカードローンを利用したいといったらどこをお勧めしますか?
なぜそのカードローンを勧めたいですか?

この2問の答えについて支持率の高かったカードローンを上位とし、選んだ理由を兼ねて記載しています。
現役利用者だからこそここがいいという生の意見が反映されているので、ぜひカードローン選びの一助として利用して頂けますと幸いです。


調査概要

調査方法 楽天リサーチ
調査対象者数 500名
調査対象者属性 過去3年以内にカードローンの利用を行った人
調査対象地域 全国
調査対応年齢 20代〜50代の男女

■内訳
20代男性 75名、30代男性 75名、40代男性 75名、50代男性 65名、20代女性 55名、30代女性 55名、40代女性 55名、50代女性 45名

調査日時 2018年1月19日〜2018年1月23日

集計を行った際の個人情報授受に関する確認・記録につきましてはプライバシーポリシーへ記載しております。


その他のアンケート調査結果は以下より取得下さい。

カードローン利用者の実態調査(2018年1月)


楽天銀行スーパーローン

支持率 89/500名 17.8%


おすすめな人

  • 楽天銀行の口座を持っている人
  • 申込から契約までWEB上で完結させたい人
  • 普段からコンビニATMの利用が多い人
  • 融資実行まで3日程度は余裕がある人
  • 毎月の負担を極力小さく抑えたい人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
1.9%〜年14.5% 最大800万円 - 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
19.9% 20歳〜62歳 楽天カード株式会社 ネット上のみで完了

利用者の推薦理由

  • ネットバンキング上で操作出来るのが簡単でいい!(兵庫県39歳男性)
  • ポイント還元があってポイントの使い道が多いから(秋田県33歳女性)
  • 知名度が高いから安心感がある(大阪府46歳男性)
  • 楽天グループのサービスだから(北海道52歳男性)
  • 銀行の引き落としなど使い勝手がいい(北海道52歳男性)

利用シェア率が2年連続1位の楽天銀行は、推薦理由として楽天が取扱っているから安心して利用できるという点と、ポイント還元を指示する声が最も多かったのが特徴です。

楽天銀行カードローンの金利は銀行カードローンの中では平均的な14.5%ですが、これに対し、楽天ポイントへの還元があるというのが、利用者にとって返済意欲を維持する良い取り組みである証拠に、最も高い好感度を得ています。



三菱UFJ銀行 バンクイック

支持率 54/500名 10.8%

カードローン人気ランキング2018|利用経験者500人調べ


おすすめな人

  • 融資実行まで3日程度は余裕がある人
  • 少しでも低金利なカードローンを利用したい人
  • 三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている人
  • WEB上ですべての手続きを完結させたい人
  • 月々の返済額をなるべく少なくしたい人
  • リボ払いの返済がきつく金利の見直しを検討している人

商品スペック


利用者の推薦理由

  • 大手なので安心だから(岐阜県37歳男性)
  • 近くにあるから(千葉県21歳男性)
  • 24時間借入や返済ができる便利さがいい(東京都26歳男性)
  • メガバンクだから安心して利用できた(北海道56歳男性)
  • 銀行でも大手の方が金利が安そうだから(宮城県26歳男性)
バンクイックは、現在はCM等で見る機会が無くなりましたが、選ばれた人の意見として大手だから安心できるという安心を求める声が多く見受けられ、とりあえず三菱UFJ銀行なら大丈夫だろうし、よそよりもいいサービスを提供しているだろうという信頼が人気の理由です。

アンケート結果を見る限りでは、しっかりとスペックを確認してここに決めた!というよりも大手だから安心だろうという先入観の元選ばれたという傾向を感じました。ただやはりこういった先入観の期待を裏切らない高スペックなカードローンであるので、この支持率も納得です。



三井住友銀行カードローン

支持率 37/500名 7.4%


おすすめな人

  • 銀行ならではの金利にこだわりたいという人
  • とにかく早く早く融資を受けたいという人
  • 三井住友銀行の預金口座を持っている人
  • 月々の返済額を圧縮したい人

商品スペック

実質年率 限度額 口座開設 保証人 総量規制 職場連絡
4.0〜14.5% 10万円〜800万円 不要 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
19.94% 満20歳以上満69歳以下※1 残高スライド元利定額方式 ネット上のみで完了
※1原則安定した収入のある人

利用者の推薦理由

  • メガバンクだから安心して利用できる(東京都46歳男性)
  • サービスや案内が親切だったから(長崎県46歳男性)
  • 口座内で借りたり返したり簡単に操作できるから(三重県51歳女性)

こちらもアンケート結果を見るとスペックの魅力というよりは、メガバンクだから安心だろうというイメージから高い支持率を得ているのが分かります。


また、口座を持っている人も多くキャッシュカード付帯型で利用される人も多いので、そこまで変わらないスペック同士なら三井住友銀行でそのまま利用したほうがいいかなといった判断で選ばれているのがわかります。



アイフル

支持率 36/500名 7.2%


おすすめな人

  • 50万円以内の融資が希望である
  • 即日融資(土日祝日含む)が出来る業者を探している人
  • 短期間の融資を希望している人
  • 家族や会社にバレず利用したい人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1,000〜800万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20〜70歳未満 借入後残高スライド
元利定額リボルビング返済方式
ネット上のみで完了
※一部提携のATM.CDでは10,000円からです

利用者の推薦理由

  • 手軽に使える感がよかった。利用でストレスは感じない(三重県51歳男性)
  • 自分が株主だから(大阪府51歳男性)
  • 有名な会社だから(東京都30歳男性)
  • 何となく街中でよく見かけるから(京都府33歳男性)
  • CMをよく見るから安心そうなイメージがあった(栃木県40歳男性)

4位で初めて銀行ではなく消費者金融がランクインしましたが、こちらも選ばれた理由としてはテレビでよく見かけると言った内容や、街中でよく看板を見るといった理由で認知度が高い事で安心して利用できそうといった理由が最も多く見受けられました。


アイフルは即日融資に対応しており、金利も30日は無利息期間が利用できたり、5ヶ月以内の完済であれば銀行カードローンよりも実質的に低い金利で融資を受けることが出来ることが魅力ですが、こちらに関してスペックを言及する人は残念ながらあまり見受けられませんでした。


みずほ銀行カードローン

支持率 35/500名 7.0%

みずほ銀行カードローンのバナー画像


おすすめな人

  • 融資実行まで3日程度は余裕がある人
  • 少しでも低金利なカードローンを利用したい人
  • みずほ銀行をメインバンクとして利用している人
  • WEB上ですべての手続きを完結させたい人

商品スペック

実質年率 利用限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
2.0%〜14.0%(※) 10万円〜800万円 2日程度(目安) 不要 必要 あり
遅延損害金利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年19.9% 満20歳〜満66歳 残高スライド方式
(※)住宅ローンを利用している人は金利は0.5%下がるため、金利幅が1.5%〜13.5%になります。

利用者の推薦理由

  • 比較的金利が低かったから(大阪府59歳男性)
  • 都市銀行だから(神奈川県59歳男性)
  • 大手で信用できるから(京都府24歳男性)
  • 友人が働いているから(神奈川県21歳男性)

みずほ銀行カードローンは、適応金利の理解が難しいプランを提供していましたが、2017年に金利プランが変更となり、非常にシンプルなものになり、最高の金利が適応になったとしても14.0%という低金利が魅力です。


口座開設は必須で時間自体は他社よりも若干掛かりはしますが、長期的な利用を検討されている人や、万が一の時の資金の充当先に考えている人はこのカードローンがおすすめです。



アコム

支持率 32/500名 6.4%

アコムのバナー画像


おすすめな人

  • 50万円以内の融資希望額の人
  • すぐにでも融資を受けたい人
  • 1ヶ月〜2ヶ月の短期間の融資を希望している人
  • 土日でも即日で融資を受けたい人
  • クレジットカードを即日で発行して欲しい人
  • 楽天銀行の預金口座を持っている人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了

利用者の推薦理由

  • 審査がスピーディだから(長崎県25歳女性)
  • 店舗数が多いから(埼玉県21歳男性)
  • 対応がよかったから(福岡県29歳男性)
  • テレビでよく見て有名だから(島根県38歳男性)

アコムは申込みから最短1時間で融資を受けることが出来ることが人気でアンケート調査でもスピード重視で選んだという人もいました。


30日の無利息期間もあるので、緊急時でもすぐに融資を受けれて30日間だと元金のみの返済でいい!という一旦は利息なしで現金を用意出来る点も人気です。
三菱UFJフィナンシャルグループの連結子会社で大手が取り扱っているというのも人気ポイントです。



プロミス

支持率 30/500名 6.0%

プロミスのバナー画像


お勧めな人

  • スマホ1台で24時間365日好きなときに融資を受けたい人
  • 最短で1時間程度で融資を受けたい人
  • 土日祝日でも即日融資を受けたい人
  • 利用希望額が50万円以内の人
  • カードレスで利用したい人
  • 一時的なつなぎ融資として利用したい人
  • 借金を単純に減らしたい人
  • 三井住友銀行の預金口座を持っている人
  • ジャパンネット銀行の預金口座を持っている人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

※無利息期間の利用はメールアドレスの登録とweb明細の登録の必要があります。


利用者の推薦理由

  • 銀行関係だから安心して使える(千葉県42歳女性)
  • 規模が大きいから(愛媛県39歳男性)
  • 知名度が高いから(宮城県33歳男性)
  • 審査が早いから(大阪府41歳男性)

プロミスは、申込みから最短1時間で融資が受けれるスピードが売りのカードローンですが、他にも30日間の無利息期間、カードレスでの利用、スマホ1台でATMからの出金、三井住友VISAプリペイドへの瞬間チャージ、入会時のポイントを利用すればコンビニでのATM利用が最長で1年無料と利便性の高さではカードローン商品の中でも最も機能が充実しているカードローンです。



JCBカードローンフェイス

支持率 28/500名 4.2%


おすすめな人

  • 5万円以下の融資希望で返済の目処がある人
  • 一時的にちょくちょく融資を受ける人
  • なるべく低金利のカードローンを探している人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.40%〜12.50% 50万円〜500万円※1 最短即日 無し 対象 必須
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
18.0% 満20歳以上70歳未満 - なし

※1WEBサイト上では、50万円が最低の様な記載がありますが、
実際は50万円以下の限度額になる事もあります。


利用者の推薦理由

  • クレジットカードも使っているから(熊本県43歳女性)
  • ブランド名が有名だから安心できる(兵庫県44歳女性)

クレジットカードの取り扱いがメインのJCBのカードローンがランクイン。
アンケート結果を見るとJCBブランドのクレジットカードを使っている人がカードローンとして利用する人が多い傾向があり、カードローンを連想するといきなりJCBにしようと考える人はほとんどいないのが現状です。
商品スペックとしても、クレジットカードと同じくカードが届くまで時間が掛かったりなど、遅い代わりに会社への在籍確認による電話がなかったりなど時間に余裕のある人には便利な機能も揃っています。



イオン銀行カードローン

支持率 21/500名 4.2%


おすすめな人

  • ネットバンクのカードローン希望の人
  • 融資希望日まで1週間程度は余裕がある人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
3.8%〜13.8% 最大800万円 2日〜3日程度目安 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年14.5% 満20歳〜満65歳未満 残高スライド方式 ネット上のみで完了

利用者の推薦理由

  • イオンだから(秋田県44歳男性)
  • お得だから(岡山県32歳女性)
  • 会社が大きくてクリーンなイメージ(愛知県32歳男性)

ネットバンクのイオン銀行が9位にランクインしました。選ばれた理由はやはり規模やよく目にするからという安心感から選ばれています。
中でもお得だからという理由があったことに驚きました。
というのも、イオン銀行カードローンはポイント等の還元は一切なく、通常のイオングループでの買い物しても全く「得」する事がないからです。
金利は13.8%が上限と他社カードローンと比較すると低金利が適応される可能性が高い商品なので金利面では「得」する可能性が高いものです。


大半の人は、イオンだからといった理由で安心さを得るために利用しているように感じました。



三井住友カード

支持率 21/500名 4.2%%


おすすめな人

  • とにかく低金利にこだわる人
  • 前年度の年収が400万円以上ある人
  • カードレスで利用したい人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.5〜9.8% 700万円まで 最短即日※ 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年20.0% 満20歳以上〜64歳以下※2 元金定額返済方式 ネット上のみで完了

※様々な要因により即日借入できない事もあります!

※2安定した収入のある人に限ります![学生は除く]


利用者の推薦理由

  • アマゾンでも作れるから。(宮城県36歳男性)
  • 昔から利用していて安心感があるから(東京都51歳男性)
  • ここまで金利が低いから使わない理由はない(埼玉県22歳男性)
  • 他のカードローンがアホらしく見えるほど低金利だから(東京都31歳男性)

三井住友カードのカードローンの「三井住友カードゴールドローン」は、上限金利での契約であっても他社カードローンだと200万円以上の枠を作らなければ適応されない金利が利用できる上、年々金利が下がる仕組みを導入(5年目で終了)しているため、正直利用しない手はないと言えるカードローンです。


推薦理由も金利面のスペックについて言及する人も多く、スペック重視で選んだ人も多いのが特徴です。




以下11位〜20位

業者名 支持率
11位 SMBCモビット 申込みボタン 18/500名 3.6%
11位 住信SBIネット銀行 申込みボタン 18/500名 3.6%
13位 セブン銀行 申込みボタン 14/500名 2.8%
13位 セディナ 申込みボタン 14/500名 2.8%
14位 じぶん銀行 申込みボタン 12/500名 2.4%
14位 オリックス銀行 申込みボタン 12/500名 2.4%
14位 新生銀行カードローンレイク 申込みボタン 12/500名 2.4%
17位 ノーローン 申込みボタン 10/500名 2.0%
17位 ソニー銀行 申込みボタン 10/500名 2.0%
19位 ジャパンネット銀行 申込みボタン 9/500名 1.8%
19位 ジャックス 申込みボタン 9/500名 1.8%

2018年の現役利用者が選ぶカードローンランキングのまとめ

500名の利用者が選ぶカードローンをランキング化しましたが、結論的にカードローンを選ぶ理由で最も大きな理由として


大手で安心できるカードローンを選びたい

といった理由でした。


基本的にカードローンは一旦契約さえしてしまえば、緊急時はいつでも出金できますし機能的なものもそこまで変わりませんし、金利も50万円を超える融資を希望しない限りそこまで気にしなくても致命的な問題でもありませんし、そういった時はより低金利のカードローンへの借り換えを行えばいいだけであるので、最も世間的に望まれているのは、


スペック等の部分は二の次でまずは安全を確保したい

という事が分かりました。
そう考えるとやはり銀行カードローンが上位を占めたこのランキングにも納得できますし、大手消費者金融も今はアイフルを除き銀行系の子会社であるため、安心して利用できるだろう。
芸能人を起用しているCMが打てるカードローンなら安心だろうという認知度もランキングの要因として影響が大きくあったと言えます。


注意しておきたいのが、2017年中に銀行カードローンに大きなルール変更があり、総量規制の自主規制による導入や、即日融資の停止、おまとめローンとしての借り換えを中止、保証会社に任せきりでなく自社でも厳粛な審査を行う事となりこれまで当たり前に利用できていたものが利用できなくなるという変更が行われているので、2019年以降はこのランキングが大きく変わる可能性があります。


ただ、逆にこの大幅なルール変更は、全てがマイナスになるということでもありません。
多重債務者や返済能力を大きく超えてしまった人が返済不可になり、いわゆる債務を回収する事ができない人の割合が減れば優良顧客の比率が増える為、契約年数が長く滞納などのトラブルがない人はより金利の引き下げ交渉に応じてくれる可能性も出てきます。


今後も、こういったルール変更や動きなどを注視していきたいと思います。


また、スペック等を当サイトで詳細に比較したランキングもありますので用途や状況により選ぶべきカードローンは意外と違いが異なるので是非以下のページも参考に選んで頂けますと幸いです。




ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ