2019年版カードローン人気ランキング

現役利用者500名が選んだカードローン人気ランキング

掲載日:

当サイトは毎年、カードローン利用者の実態調査を行っています。


通常は、過去3年以内に契約した人を対象に調査を行っているのですが、2018年1月から銀行カードローンが自主規制の導入によって審査厳格化となりました。


一言で言うと銀行カードローンはこれまでの借りる事が難しくなったということです。


これに伴い、今回の対象者は1年以内(2018年1月〜)にカードローンを契約した500名に絞りました。


直近で利用された方の生の口コミ情報も掲載しているので是非カードローン選びで迷われている方は参考にして頂けますと幸いです。


調査概要

調査方法 楽天リサーチ
調査対象者数 500名
調査対象者属性 過去3年以内にカードローンの利用を行った人
調査対象地域 全国
調査対応年齢 20代〜50代の男女

■内訳
20代男性 75名、30代男性 75名、40代男性 75名、50代男性 65名、20代女性 55名、30代女性 55名、40代女性 55名、50代女性 45名

調査日時 2019年2月8日〜2019年2月13日

集計を行った際の個人情報授受に関する確認・記録につきましてはプライバシーポリシーへ記載しております。


その他のアンケート調査結果は以下より取得下さい。

カードローン利用者による実態調査【2019年2月調べ】


楽天銀行スーパーローン

利用者割合 107/500名 21.4%

→ 1位  前回1位


利用者満足度  【3.81/5点】

利用者の契約した平均的な金利  13.35%

※楽天カードのキャッシング枠利用者も含む


おすすめな人

  • 楽天銀行の口座を持っている人
  • 申込から契約までWEB上で完結させたい人
  • 普段からコンビニATMの利用が多い人
  • 融資実行まで最短翌日でも問題ない人
  • 毎月の負担を極力小さく抑えたい人
  • 楽天で買い物をする事が多い人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
1.9%〜年14.5% 最大800万円 最短翌日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
19.9% 20歳〜62歳 楽天カード株式会社 ネット上のみで完了

利用者が選んだ理由

  • 楽天ポイントがもらえるから
  • すぐに審査が通りそうだったから
  • 楽天会員だから
  • 楽天銀行の口座を持っていて、簡単に申し込みができたから。
  • 信用出来るから
  • 有名だから

2018年に引き続き2019年でも堂々1位。


カードローンの自主規制後でも利用者は逆に増加傾向にあります。


選ばれた声で最も多かったのが「利用分がポイントに還元されるから」という理由。


また審査でも楽天会員は優遇されると公式サイトでも言及されているので既に会員だったり楽天銀行を使われている人は選んで間違いなし。


次に多かったのが楽天だから安心出来るという安心感から利用された人も多い傾向にありました。


過去3年以上最も人気の高いカードローンで、満足度も5点中、3.81と高いのでおすすめです。


融資スピードも早く最短で翌日には融資を受けれるので急いでいる人にも人気のカードローンです。




三井住友銀行グループ プロミス

利用者割合 60/500名 12.0%

2位 前回7位

プロミスのバナー画像



利用者満足度  【3.80/5点】

利用者の契約した平均的な金利  13.91%


お勧めな人

  • アプリだけでATMから出金したい人
  • 最短で1時間程度で融資を受けたい人
  • 郵送物が一切届かないカードローンがいい人
  • 土日祝日でも即日融資を受けたい人
  • 利用希望額が50万円以内の人
  • カードレスで利用したい人
  • 一時的なつなぎ融資として利用したい人
  • 借金を単純に減らしたい人
  • 三井住友銀行の預金口座を持っている人
  • ジャパンネット銀行の預金口座を持っている人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20歳〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

※無利息期間の利用はメールアドレスの登録とweb明細の登録の必要があります。


利用者が選んだ理由

  • 30日間利息がかからないから
  • コマーシャルの印象がよく、ネットの口コミでも信頼性が高かった
  • 銀行系カードローンなので安心感があるから
  • そこしか借りれなかった
  • すぐ借りることが出来たから
  • 貸し出しがはやい
  • 有名だから
  • 広告を見る機会が多く、利便性が高そうだったから
  • 有名だから、信頼のおける会社だと思った。
  • テレビでよく、cmしているから馴染みがあった。

2018年は7位でしたが、急上昇したのがプロミス。


利用者の声でCMで馴染みがあるからという理由で選ばれる人が以前と比べかなり増えた印象です。


サービスの充実の方も格段に良くなり、アプリローンをいち早くリリースし、スマホだけあれば全ての情報を把握出来る上、入出金まで出来ます。


更にはアプリでATMを操作する「スマホATM取引」が行う事が出来るのでホントに好きな時に好きな金額利用できるというのが人気向上の理由だと思います。


また他にも多かった声が三井住友銀行グループで大手が運営する安心感を求めた声も少なくありませんでした。


とにかく便利に使いたいという人はプロミスを選んで間違いなし!




JCBカードローンフェイス

利用者割合 40/500名 8.0%

3位 前回8位


利用者満足度  【3.75/5点】

利用者の契約した平均的な金利  12.94%

※4名分からないという回答


おすすめな人

  • 5万円以下の融資希望で返済の目処がある人
  • 一時的にちょくちょく融資を受ける人
  • なるべく低金利のカードローンを探している人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.40%〜12.50% 50万円〜500万円※1 最短即日 無し 対象 必須
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
18.0% 満20歳以上70歳未満 - なし

※1WEBサイト上では、50万円が最低の様な記載がありますが、
実際は50万円以下の限度額になる事もあります。


利用者が選んだ理由

  • カードを持っているから。
  • JCBのカードなので
  • キャンペーンをやっていた
  • 声を掛けられただけ
  • クレカの提携先がJCBだった。安心感がある。 
  • カードはショッピングで良く使い慣れているから。
  • 東京ディズニーランドのオフィシャル企業だったり、ハワイでも便利でお得にカードが使えるし企業イメージが大変良く、気に入っている。
  • 嵐の二宮和也さんがCMしてたから

プロミス同様、大きく利用者が増えたのがJCBのカードローン。


クレジットカードのイメージが強いですがカードローンも実は取り扱いがあります。


ですが、大半の人は元々持っていたクレジットカードに付帯で新たにキャッシング枠を作ってもらったという人が多いようです。


利用者の声としては金利や利便性などのスペックの言及をしている人がほとんどおらず知名度や安心感。


使い慣れているからという理由で利用される人が多いのが特徴的でした。


スペック自体も言及している人は少なく、アンケート調査で金利は何%で契約しているのかという質問に対し40名中4人はわからないと回答していてあまり気にしていない人も少なくなさそうなイメージでした。


JCBカードの場合だと金利は15.0%〜18.0%と他の消費者金融とほとんど変わりませんし利便性はやや劣りますがJCBの取り扱うカードローン「FAITH」だと上限金利でも12.50%とかなり低め。


10万円以内の少額での融資を希望する人はあまり気にしても仕方ない部分ではありますが30万円以上となると金利による毎月の利息だけでも4,000円以上になることもあるので少しでも金利は低いに越したことはありません。


もしこれからカードローンを利用したいなと検討されている人は、JCBカード付帯のキャッシング枠より低金利で融資を受けれるカードローン「FAITH」の方の選択がおすすめ。



アコム

利用者割合 31/500名 6.2%

3位 前回6位

アコムのバナー画像

利用者満足度  【3.54/5点】

利用者の契約した平均的な金利  13.08%


おすすめな人

  • 50万円以内の融資希望額の人
  • すぐにでも融資を受けたい人
  • 1ヶ月〜2ヶ月の短期間の融資を希望している人
  • 土日でも即日で融資を受けたい人
  • クレジットカードを即日で発行して欲しい人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20〜69歳 定率リボルビング方式 ネット上のみで完了

利用者が選んだ理由

  • 有名だから
  • アコムしか審査を通らなかった。
  • ATMが近かった
  • なんとなく聞いたことあるから。
  • 有名だから、知名度があるからです
  • 早急に必要だった為、審査が早かった。

アコムは前回6位でしたが、今年は4位にランクイン。


ただ、割合的にはほぼキープで前回が500名中32人の利用に対し、今回は31人なので昨年とほぼ同様の結果でした。


選ばれた理由としては、知名度があるからという理由がほとんど。


プロミスと異なり安心感というのを答えた人はいませんでした。


これには理由があってアコムは三菱UFJ銀行と同グループのカードローンなので安心感は高いはずなのですがMUFJ(株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ)という名称で、こちらに対しての知名度が低い事が原因じゃないかと考えています。


スペック面でも、未だアプリだけで全てを完結する事が出来ず、スマホATM取引に未対応などと大手の中では出遅れてしまった感があるのでそういった面でも今年はプロミスと順位が大きく逆転した理由なのかもしれません。


今後のスペック向上を期待したいところですね。



三菱UFJ銀行 バンクイック

利用者割合 28/500名 5.6%

5位 前回2位


カードローン人気ランキング2019|利用経験者500人調べ


利用者満足度  【3.78/5点】

利用者の契約した平均的な金利  12.46%


おすすめな人

  • 融資実行まで3日程度は余裕がある人
  • 少しでも低金利なカードローンを利用したい人
  • 三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている人
  • WEB上ですべての手続きを完結させたい人
  • 月々の返済額をなるべく少なくしたい人
  • リボ払いの返済がきつく金利の見直しを検討している人

商品スペック


利用者が選んだ理由

  • CMを見て
  • 三菱系で安心だから
  • メインバンクだったから
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていて身近にある会社なので選びました
  • UFJ銀行に口座を持っていたから。給与振り込み口座にしていたから。
  • 無人窓口があって遅くまで対応できたから。銀行だったので安心して借り入れできると思った。
  • 安心できる都市銀行が母体だから
  • メインバンクで金利が安かったから
  • 使ってる銀行なので利便性が良い
  • 使っている銀行がそこだから

これまで3年以上連続で楽天銀行と三菱UFJ銀行は1位と2位で選ばれ続けていましたが、2018年の1月導入の自主規制によって大きく下落する事となり今年は5位にランクイン。


利用者の利用した理由として最も多かったのが、既にメインバンクとして使用していたからという声が多く、その他にも安心感を決め手に利用される人が多い傾向のようです。


金利面も契約者の平均的な金利を見ると12.46%と低い金利で契約されている人が多い印象ですが、これは安心を求めて三菱UFJ銀行にして後から付いてきた結果であって、最初から金利面でバンクイックを選ばれる人は少なそうです。




三井住友銀行カードローン

利用者割合 18/500名 3.6%

6位 前回3位


利用者満足度  【3.44/5点】

利用者の契約した平均的な金利  12.26%


おすすめな人

  • 銀行ならではの金利にこだわりたいという人
  • とにかく早く早く融資を受けたいという人
  • 三井住友銀行の預金口座を持っている人
  • 月々の返済額を圧縮したい人

商品スペック

実質年率 限度額 口座開設 保証人 総量規制 職場連絡
4.0〜14.5% 10万円〜800万円 不要 無し - 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
19.94% 満20歳以上満69歳以下※1 残高スライド元利定額方式 ネット上のみで完了
※1原則安定した収入のある人

利用者が選んだ理由

  • 大手銀行で信頼できるから
  • 元々口座があるため。
  • メインバンクだから
  • なんとなく。
  • 普段三井住友銀行を使っているので、その流れで選びました
  • 使用している銀行

こちらも三菱UFJ銀行と同様でメガバンクだから安心!という大手を利用することへの安心感が最も重視された傾向がありました。


他も同様で現在利用しているメインバンクが三井住友銀行という人も多く、自主規制以降、目にする機会もCMとかネット広告で目に付いたからという理由の人は今年はいませんでした。



 

レイクALSA

利用者割合 17/500名 3.4%

7位 初登場

レイクアルサのロゴ画像


利用者満足度  【3.94/5点】

利用者の契約した平均的な金利  13.94%


おすすめな人

  • 最短60分で融資を受けたい人
  • 振込融資を24時間365日いつでも受けたい人※
  • 無利息期間のサービスを受けたい人
  • スマホだけで入出金対応を希望する人
  • 郵送物が一切届いて欲しくない人

※メンテナンス時間除く


商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15秒※ なし 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0% 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方。
ご自分のメールアドレスをお持ちの方
残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ネット上のみで完了
※インターネットなら最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

利用者が選んだ理由

  • サイトが見やすかった
  • 無人機が近くにある
  • 以前からなじみがあるので
  • ネットで審査ができるし、審査結果が早くわかるから
  • 信頼がある

新生銀行カードローンが2018年の1月に新規の受付を停止し、新たにリニューアルしたのがこのレイクALSA。


新生銀行のグループ会社の新生フィナンシャルの取り扱うローンへ変更となりましたが、レイクブランドの引き続きなので知名度と信頼性が抜群に高く、サービス開始自体は2018年の4月からにも関わらず堂々のランクイン。


基本的に必要な機能は全て揃っており、カードを持たずアプリだけで全ての管理が出来てしまうという利便性の高さが高い満足度を物語っている証拠ですね。


無利息期間ははじめの契約なら最大で180日ほど利用出来るのでまずは金利を気にすることなく融資を受けれるのが最大の魅力です。


とりあえず、どこにしようか迷っているという人はレイクALSAの利用はかなりおすすめ。



SMBCモビット

利用者割合 17/500名 3.4%

7位 前回11位


利用者満足度  【3.23/5点】

利用者の契約した平均的な金利  14.04%


おすすめな人

  • 会社への電話連絡をして欲しくない人
  • 最短1時間程度で融資を受けたい人
  • スマホアプリのローンに対応を希望する人
  • カードを持たずに利用したい人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年20.0%(実質年率) 年齢20歳〜69歳※2 借入後残高スライド
元利定額返済方式
ネット上のみで完了

※審査結果によっては希望に添えない場合もあります!

※2安定した収入のある人に限ります!


利用者が選んだ理由

  • 他に借りられるところがなかった
  • アコムやアイフルなど、正直なところどこでもよかった。
  • 知り合いも使っていたから
  • 良さげだったので

正直、どこでも良かったという声が多かったのがSMBCモビット。


ロゴに掲載があるようにプロミスと同じく運営元はメガバンクのSMBCグループ。


大手消費者金融はどこでも一緒でしょというような扱われ方をしているのは残念な部分ですがSMBCモビットだけの特徴としては「WEB完結」というサービスにあります。


カードローンは契約の際にほとんどが会社へ電話連絡を行うのに対し、モビットは電話連絡をなしで契約を行う事を選択出来るのが最大のメリット。


それにカードレスでカードを持たなくてもいいしアプリでATMから出金まで出来るので利便自体は高くプロミスと同等です。


ややプロミスより金利が高めで契約となる場合が多い点とATM出金無料や無利息期間の再利用などプロミスにはあってSMBCモビットにはないサービスも多いので会社への電話連絡だけはして欲しくないという人はこちらを選ばれる方がおすすめ。



 

 

 

オリエントコーポレーション(CREST)

利用者割合 16/500名 3.2%

8位 前回圏外

オリコカードローンクレスト


利用者満足度  【3.43/5点】

利用者の契約した平均的な金利  12.64%

※内5名がわからないと回答


おすすめな人

  • オリコのクレジットカードを利用中の人

商品スペック

実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
4.5%〜18.0% 10万円〜500万円 最短25分 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
18.0% 満20歳以上 - 不要

利用者が選んだ理由

  • カインズポイントカード
  • キャンペーンがあった
  • 金利の優遇があったから
  • コストコで使いたかったから
  • 既存で使っていたから
  • たまたまカードを持っていた
  • 知り合いに勧められて

基本、オリコカードを持っている人がキャッシングが必要で、枠を作ったという場合がほとんど。


はなからカードローンの利用でオリコのCRESTを選ぶ人はほとんどいませんでした。


スペック面は突出して優秀な面はなく金利は4.5%〜18.0%で、融資は最短でも1週間程度掛かるので急いでいる人には向きません。


また、知名度に関して言及されている人もおらず、まとめるとたまたま持っていたクレジットカードに付帯でキャッシング枠を付けてもらうという入りで利用される人が多く、最初からオリコのカードローンを利用したいと考えた人は居ないという結果になりました。


何か一つでも突出したスペックがあればいいのですが、これだ!っていうところが一切ないところが残念なところですね。


今後のスペック向上に期待です。



 

 

みずほ銀行カードローン

利用者割合 15/500名 3.0%

8位 前回5位

みずほ銀行カードローンのバナー画像



利用者満足度  【3.77/5点】

利用者の契約した平均的な金利  13.0%

※内5名がわからないと回答


おすすめな人

  • 融資実行まで3日程度は余裕がある人
  • 少しでも低金利なカードローンを利用したい人
  • みずほ銀行をメインバンクとして利用している人
  • WEB上ですべての手続きを完結させたい人

商品スペック

実質年率 利用限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
2.0%〜14.0%(※) 10万円〜800万円 2日程度(目安) 不要 必要 あり
遅延損害金利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年19.9% 満20歳以上満66歳未満 残高スライド方式
(※)住宅ローンを利用している人は金利は0.5%下がるため、金利幅が1.5%〜13.5%になります。 (※)適用金利はご契約極度額に応じて異なります。

利用者が選んだ理由

  • 金利が最大14%と低めだった。
  • みずほ銀行の通帳を持っていたため。
  • 信用度が高い
  • メインバンク
  • 知り合いにすすめられたから
  • メイン口座のため

こちらもメガバンクのカードローン利用者でお決まりのメイン口座にしているからという声が最も多く見受けられました。


メガバンクの中で唯一言及されていたのが金利を見て魅力的に感じたという声があった


みずほ銀行カードローンはメガバンクの中でも唯一カードローン専用カードはなく全てキャッシュカード付帯となるので、引き落とし残高が足りない時に自動で融資を受けれる機能が使えたりと利便性自体は高いのが特徴。




以下10位〜20位

カードローン名 利用者割合
10位 アイフル 申込みボタン 12/500名 2.4%
10位 住信SBIネット銀行 申込みボタン 12/500名 2.4%
10位 セディナ 申込みボタン 12/500名 2.4%
13位 セゾンファンデックス 18/500名 3.6%
13位 オリックス銀行 申込みボタン 9/500名 1.8%
15位 じぶん銀行 申込みボタン 7/500名 1.4%
16位 ジャックス 申込みボタン 5/500名 1.0%
17位 J.Score 申込みボタン 3/500名 0.6%
18位 ノーローン 申込みボタン 2/500名 0.4%
18位 ソニー銀行 申込みボタン 2/500名 0.4%
20位 ジャパンネット銀行 申込みボタン 1/500名 0.2%

2019年の人気カードローンランキングのまとめ

500名調査の結果で最もニーズが高かった項目をまとめてみると決め手になるのはこういった声でした。


大手の安心して利用できるカードローンがいい


至って理由はシンプルですが、ある意味最も重要なコトですよね。


スペックなどは一旦はさておいてまずは安心・安全・信頼性という三つの要素が整っているところがまず選ばれている傾向がありました。


もう一つは、テレビのCMやネット広告などで耳に馴染みがある業者が特に人気の傾向があるようです。


2018年1月以降は、銀行カードローンの自主規制によって、メガバンクがCM数も減らした事もあり、認知度の低下に加え即日融資の停止、総量規制の導入などにより審査厳格化に伴い、既に他社で利用経験者の人は避けて別のカードローンを選択したという考えもあるようです。


これの影響もあってか銀行カードローンよりも銀行のグループ会社の大手消費者金融の人気が急上昇したところが多かった印象です。


もう1点はクレジットカードなど既に持っているもので新たにキャッシング枠を付けたいという既に使っているカードに付帯する人も多い傾向ありました。


大手のクレジットカードだから安心という声や、調べてみると付いていたからという声、書類提出とかないのが楽だからといったような声もありました。


やはり既に使っているものに新しい機能を付けるだけなので安心感もありますし手間も掛からないので選択される人も多いですね。


2019年の人気カードローンの結果はこのようになりました。利用率と利用後の満足度も上記では掲載しているので是非カードローン選びの参考にしてもらえると嬉しいです。


また、スペック等を当サイトで詳細に比較したランキングもありますので用途や状況により選ぶべきカードローンは意外と違いが異なるので是非以下のページも参考に選んで頂けますと幸いです。




ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ