バナー画像

無担保ローンとは?金利や審査に通過するコツ、メリット・デメリットについてわかりやすく解説

掲載日:

将来のためや生活のため、緊急の用事、どうしても欲しいものがあるなどの理由でお金が必要になったとき、ローンを使ってお金を借り入れすることがあります。

ローンは、一般的に土地や家などを担保にしてお金を借りることが多いですが、中には担保不要で借入できるローンもあります。

そこで、ローンは借りたいけど家や土地は担保にしたくない人に向けて、まずは無担保ローンがどういったものなのか解説します。

また、無担保ローンの審査が通るか不安な人は、以下のページで紹介しているカードローンに申し込みをすれば審査に通る可能性があります。

気になる人は、ぜひチェックしてください。


    無担保ローンとは

    消費者金融や銀行のカードローンは無担保ローンが多い

    一般的に、ローンは土地や家などを担保に入れて借りることが多いですが、無担保ローンは担保なしでお金を借りることが可能です。


    その代わり、申込者本人の経済能力について審査を行い、融資するかどうかが決まります。


    保証人などを用意することが難しい人にとって、無担保ローンは非常に利用しやすいと言えるでしょう。


    例えば、大手消費者金融のアイフルアコムや、三菱UFJ銀行などの銀行が提供するカードローンは、無担保ローンの1つです。

    無担保ローンと有担保ローンはここが違う

    契約時に担保が不要

    担保ローンは、契約時に家やなどの担保が必要となります。


    つまり、契約を完了させるには借り入れ希望額と同程度の価値がある何かを用意しておく必要があるということです。


    一方で無担保ローンの場合、契約時に担保が不要なのでそのまま契約することができます。


    ただし、無担保ローンは借り入れの返済に対するリスクカバーが不十分な状態で契約手続きを進めるので、有担保ローンと比較すると返済能力がかなり重視されると言えるでしょう。


    お金の使い道が自由

    有担保ローンには住宅ローン・カーローン・ブライダルローン・学資ローンなど、借入の目的が定められたものも多くあります。


    目的が既に決まっているローンを借入して本来の目的とは違う使い方をしてしまった場合、一括返済や強制解約などのペナルティを課される危険があります。


    その一方で、無担保ローンは使い道が限定されないものがメインになります。


    使い道が定められていないローンであれば、借り入れをした後も自由に使えるのが大きなメリットと言えるでしょう。


    申込から融資までが早い

    有担保ローンは、審査の際に担保の価値を査定しなければいけないため、審査だけで1週間かかる場合も多くなります。


    一方で無担保ローンの場合は、最短即日でローンの利用ができます。


    無担保ローンは申込者の返済能力のみを審査する形になるので、スピーディに契約手続きを進められる点が大きなメリットです。


    金利が高い

    ローンは原則として、返済してもらえる可能性が高いものほど金利が低くなります。


    そのため、有担保ローンは返済してもらえなかったとしても、最悪の場合担保を回収すれば問題ないことから、金利は3%〜10%と低く設定されています。


    反対に、無担保ローンは融資をしたお金を返済してもらえなくても、回収できる担保はありません。


    そのため、無担保ローンは有担保ローンと比べると金利が14.5%〜18%と高く設定されていて、借り入れ期間が長期に渡ると返済総額が膨らみやすくなっています。


    返済期間が短い

    有担保ローンは借り入れした金額を返済するのにかける時間を、かなり長く設定してもらうことができます。


    返済期間は10年〜20年が多く、人生をかけて付き合うものとなる場合も多いです。


    反面、無担保ローンの返済期間は短めに設定されていて、ローンによってはわずか1年という商品もあります。


    無担保ローンの借り入れ申込をする際は、返済期間にも注目して商品選びをすると良いでしょう。


    借り入れ限度額が低い

    借り入れ額については、一般的に有担保ローンの方が圧倒的に高くなります。


    また、有担保ローンは借入限度額が高く設定されやすいので、たくさん借入たい人にはぴったりでしょう。


    また、消費者金融の無担保ローンは総量規制というものがあり、年収の3分の1以上の借り入れ申込をしても通らないようになっています。


    総量規制に関して詳しく知りたい人は、以下の記事で説明しているので、ぜひチェックしてください。

    無担保ローンの種類を解説!

    無担保ローンは金融機関によって特徴が異なる

    無担保ロ―ンにはさまざまなものがあり、どの金融機関が提供しているかという点が重要になります。


    各金融機関のローンにはそれぞれにはっきりとした違いがあるので、把握した上で自分に合った金融機関の無担保ローンを利用しましょう。


    銀行のカードローン

    銀行が提供するカードローンは金利が低く、借り入れ限度額も高い点が特徴です。


    しかし、審査基準が厳しめに設定されていることがあり、年齢や職業、年収などの条件をクリアしていなければ申し込みができません。


    特に年収は明確な基準が指定されていることが多く、年収200万円以上が申し込み条件の場合が多いです。


    金利が低いものの、審査のハードルが高いのが銀行のカードローンと言えるでしょう。


    ちなみに、銀行から融資を受けた場合、周囲に知られても問題になりにくいというメリットもあります。


    消費者金融のカードローン

    借り入れ限度額が高く、審査基準も満たしやすいのが消費者金融のカードローンです。


    借り入れ条件も指定されていないことが多く、雇用形態を問わず働いていることと年齢条件を満たしていれば、審査に通る確率は十分あります。


    その一方で金利が高く、年18.0%が最大金利というカードローンも珍しくありません。


    また、消費者金融の場合は融資がメイン事業なので、無利息期間サービスなどが非常に豊富です。


    支払いに困った場合も融通を効かせてもらいやすい点も大きな特徴と言えるでしょう。


    信用金庫のカードローン

    信用金庫は、近くに銀行がない場合でも経済活動を活性化できるようにするのが主な役割です。


    そのことから、信用金庫には無担保ローンもしっかり用意されています。


    信用金庫の無担保ローンは、借り入れのハードルが銀行よりも低く設定されていていますが、営業地域に住んでいる又は勤務先があるといった条件が厳しくなっています。


    低金利なカードローンを利用したいけれど、銀行の審査に通るか自信がないという方におすすめなのが信用金庫のカードローンと言えるでしょう。


    信用金庫については、以下のページでも詳しく解説しているのでぜひチェックしてください。


    借り換え(おまとめ)ローン

    無担保ローンというと、カードローンやフリーローンのような商品がメインですが、複数の借り入れを一つにまとめることのできる「借り換え(おまとめ)ローン」もあります。


    複数の業者から借り入れをすると返済スケジュールの把握が難しなりますし、返済額のうち金利が占める割合が高くなるので、返済総額が膨らんでしまいます。


    そういった場合、借り換え(おまとめ)ローンで借り入れをすると返済日の管理が楽になることに加え、金利も低くすることが可能です。

    無担保ローンの審査を通過するコツ

    無担保ローンは利用者が返済できなくなった場合、保証会社に代位弁済をしてもらえる仕組みになっています。


    保証会社が代位弁済することになった場合、残った債務を利用者の代わりに保証会社が返済しなければいけないため、かなり大きいリスクを背負っているのです。


    このことから、保証会社は無担保ローンの審査時にしっかり申込者の経済能力をチェックし、本当に職場に所属しているか電話で在籍確認をして、情報に嘘がないか確認します。


    それでは、どのようにすればこの審査を乗り切れるのでしょうか?


    審査に通りやすい状態とは?

    現在の職場で長く働いている

    審査を通過するのに最も重要な要素は、安定して継続的な収入を得ていることです。


    正社員に限らず、現在の職場で長く働いている人ほど貸し倒れのリスクが低いと判断されます。


    確実に審査に通りたい人は、最低でも1年以上勤続してから申し込むのがおすすめです。


    収入が安定していると判断されるのが、審査に通るコツと言えるでしょう。


    信用情報がきれい

    無担保ローンは担保がなく、申込者の経済能力を信用して融資します。


    そこでチェックされるのが、「信用情報」です。


    信用情報には、これまでのローンの借り入れと返済状況に加えて、クレジットカードの支払いや携帯電話の分割支払いも記載されています。


    もしも信用情報にマイナス情報が多いと、お金を融資しても返済してもらえないのでは?と思われて審査に通りにくくなってしまいます。


    信用情報を優良にするためにも、ローンの借り入れやクレジットカードの利用で遅延や滞納がないようにしましょう。


    また、信用情報は個人的に取り寄せて開示することも可能です。


    その方法や信用情報の見方については、以下のページで詳しく解説しているので、ぜひチェックしてください。


    虚偽申告をしない

    できるだけ多い金額を融資してもらいたいから、本当の年収は300万円なのに400万円など嘘を書いて申し込みをする人がいますが、絶対に止めましょう。


    というのも、申込フォームに嘘の情報を記入して、虚偽申告がバレてしまうと自動的に審査に落ちてしまいます。


    わざとではないミスでも同様に審査落ちとなる可能性は十分にあるので、提出する前にミスがないか必ず確認しましょう。


    在籍確認の電話を受ける

    消費者金融の中にはSMBCモビットアコムのように、電話の代わりに書類提出で在籍確認が完了する業者もあります。


    書類で対応してもらえるのはとても有難いですが、在籍確認の電話は申込者が職場に在籍していることを証明するのに重要な手順です。


    電話での在籍確認が最も信頼できるので、在籍確認の電話は避けずに職場への電話を受けるようにしましょう。


    ちなみに、会社へ電話がかかってきた際にローンの利用がバレる心配はあまりありませんが、万一の場合に備えて言い訳を考えておきたい人は、以下のページをチェックしてください。


    借り入れ希望額を最小限にする

    消費者金融のカードローンには、貸金業法が定めた「総量規制」というものが適用されます。


    総量規制は年収の3分の1以上は借り入れできないというルールで、それ以上借り入れようとしても自動的に審査に落ちてしまいます。


    総量規制は他社からの借り入れ額も含めた額で判断されるので、審査を受ける前にできるだけ他社からの借り入れは返済し、それに加えて借り入れ希望額は必要最小限にするようにしましょう。


    J.Score(ジェイスコア)なら融資額が増えるかも!?

    無担保ローンには、借り入れ申込をして審査を受ける従来の形式以外にも、入力した情報から申込者の経済力と将来性を考慮して融資額が決まる方法もあります。

    この融資方法は、現在J.Score(ジェイスコア)のみが提供しており、将来性も加味されるので融資額が増えやすいと人気を集めています。

    また、信用スコアの算出は無料ででき、点数が低かったとしても信用情報にその記録は残りません。

    みずほ銀行とソフトバンクが共同出資をして出来たサービスという点も信頼できるポイントですね。

    J.Score(ジェイスコア)が気になった人は、ぜひ利用してみてください。

    クレジットカードを利用した借り入れも1つの方法

    クレジットカードなら審査なしでお金を借りられる

    無担保ローンといえば、フリーローンやカードローンが最初に思いつきますが、他にもクレジットカードを使った借り入れ方法があります。


    こちらも把握しておき、サブの借り入れ手段として検討するといいでしょう。


    1.クレジットカードのキャッシング

    クレジットカードにはキャッシング機能というものが付いていて、設定された利用限度額内でATMからお金を借り入れすることができます。


    あくまでクレジットカードに付随した機能なので、金利が高くて借り入れ限度額も低い点はデメリットですが、いつでも借入できるのは非常に便利です。


    2.クレジットカードのリボ払い

    キャッシング以外にもクレジットカードには無担保ローンに相当する利用方法があり、それがリボ払いです。


    リボ払いとは、クレジットカードの利用額を支払月に一括で払うのではなく、毎月に一定の額を払うことで返済していくシステムのことをいいます。


    審査が不要でクレジットカードの利用額いっぱいを活用できるようになっていますが、リボ払いは金利が非常に高いという欠点があります。


    コントロールできるのであれば、追加返済をするなどして積極的に利用していくのも良いでしょう。


    クレジットカードを使った借り入れは審査がない!

    カードローンやフリーローンを日常的に利用しているという方はあまり多くないでしょうし、利用してみようにもハードルが高いと感じる方もいるでしょう。


    また、カードローンの申込をするというのは在籍確認の電話が職場にかかってくるなどによって周囲に利用がバレてしまう危険もあります。


    そのため、クレジットカードのキャッシングやリボ払いを活用して、少額の借り入れを短期間で返済するというのも決して悪い手段ではありません。


    キャッシングはATMですぐに借り入れできますし、リボ払いはカード払いをする時にレジに伝えるか、あらかじめリボ払いを設定しておくだけで十分です。


    カードローンなどの無担保ローンを利用したくないという方や、周囲にローンの利用を知られたくないという方は、クレジットカードのキャッシングやリボ払いを活用するのも1つの方法でしょう。


    ただし、キャッシングやリボ払いは銀行・消費者金融のローンと比べて借り入れ限度額が低く、高金利というのは忘れないようにしましょう。

    無担保ローンの借り入れを避けた方がいい人はどんな人?

    収入が下がった人や他ローンの審査に落ちた人は様子を見よう

    収入が大幅に下がった

    転職や退職をして年収が大幅に下がった直後は経済能力があまり安定しておらず、仕事が続くかの判断もしづらくなっています。


    今の仕事が続くかどうかは審査の際に大きな判断材料になるので、転職・退職したばかりの場合は申し込み避けるのがおすすめです。


    他のカードローンの審査に落ちたばかり

    カードローンに落ちると、同じカードローンに6ヶ月間は自動で審査に落ちてしまいます。


    しかし、かといってすぐに他のカードローンに申込をすると、それだけ経済能力に困っているのかと判断されてしまいます。


    また、カードローンの審査に落ちたことは信用情報に記録されます。


    審査に落ちたらすぐに他のカードローンに申し込むのではなく、審査に通りそうな無担保ローンを見極めて申込をしましょう。

    まとめ:無担保ローンのメリットとデメリット

    有担保ローンと違って不動産や商品を担保にすることなく借り入れできるのが無担保ローンのメリットになります。最後に無担保ローンのメリットとデメリットを把握しておきましょう。


    無担保ローンのメリット

    すぐに借り入れできる

    有担保ローンは、審査の際に担保の物件や土地の資産価値と申込者の経済能力の両方をチェックする必要があります。


    その一方で無担保ローンは、申込者の経済能力のチェックだけで済むので、有担保ローンと比較してすぐに審査の結果が出ます。


    このことから、すぐにお金が必要な場合は有担保ローンよりも無担保ローンの方が良いと言えるでしょう。


    手続きが少なくて済む

    有担保ローンは、通常の申し込み書類に加えて、所有権を証明する書類や評価証明書などを申し込みの際に準備する必要があります。


    また、ローン契約時に保険料や事務手数料と行った追加の出費がかかり、申込から借り入れまでの手続きが無担保ローンよりも多くなっています。


    無担保ローンの場合は、必要事項を入力して運転免許証や健康証、マイナンバーなどを用意するだけで手続きはほとんど完了します。


    無担保ローンのデメリット

    金利が高い

    無担保ローンは有担保ローンよりも借り入れのハードルが低く、不動産や家を担保にする必要がないメリットがありますが、担保がないため金利が高くなっています。


    そのことから、返済総額を低く抑えたい方には無担保ローンの金利は大きなデメリットに映ることもあります。


    返済期限が短い

    無担保ローンの中には借り入れ限度額が最大1,000万円のものもありますが、返済期限は長くても最大10年ほどとなっています。


    担保ローンに比べると期間が短いので、長期的に返済していきたい人には不都合かもしれません。


    自分に合った無担保ローンを選ぼう

    無担保ローンにも低金利で審査がやや厳しめな銀行カードローンや、高金利ですが審査のハードルが低い消費者金融カードローンなど、様々な種類があります。


    それぞれに長所と短所があり審査の通りやすさも異なるので、自分に合った無担保ローンを選択しましょう。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ