もみじ銀行カードローンについて徹底調査!あらゆる角度から徹底的に解説します!

掲載日:

もみじ銀行は、山口フィナンシャルグループが運営する地域密着型の銀行です。


広島県広島市に本社を構えていて、地域社会づくりに貢献しているため、地元住民から非常に愛されています。


そんなもみじ銀行では、「マイカードプレミアム」「マイカードもみじ君」「ミニカードローン」といった複数のカードローンが用意されています。


では、もみじ銀行のカードローンにはどのような特徴があるのでしょうか?


また、申し込み資格や契約に必要な書類、申し込みから借入までの流れも気になるところでしょう。


このページでは、審査の内容や所要時間はもちろん、在籍確認や自宅への郵送物の有無についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


このカードローンに向いている人

  • もみじ銀行の営業地域に2年以上住んでいる
  • もみじ銀行の営業地域近隣に勤務地がある
  • 正社員で3年以上勤務
  • 満20歳以上満68歳以下
  • 前年度年収200万円以上
  • 他社借り入れが少ない
  • 高額借り入れがしたい
  • 借り入れを急いでいない

このカードローンに向かない人

  • もみじ銀行の営業地域外の人
  • 収入のない人
  • 派遣、パート、アルバイト、年金受給者の人
  • 68歳以上の人
  • 前年度年収が200万円未満
  • 他社借り入れが多い
  • 振り込みキャッシングが必要
  • 借り入れを急いでいる
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
4.5%〜14.5% 10〜500万円 最短翌営業日 無し 必須 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
- 満20歳以上65歳以下 潟純Cエム保証・中国総合信用梶E
SMBCコンシューマーファイナンス
必要

    もみじ銀行カードローンに申込資格がある人

    もみじ銀行カードローンでは、申し込み資格として以下のような条件を定めています。


    申込条件

    年齢条件(借入時) 20歳以上68歳以下
    年齢条件(完済時) 69歳以下
    申込資格 ・安定して継続した収入のある方
    ・普通預金口座をお持ちの方
    ・現在の住まいまたは勤務先の所在地が、銀行営業エリア内の方
    地域 次の地域に居住またはお勤めの方
    広島県・山口県・岡山県
    *一部対象外の地域を含む場合がございます。
    資金用途 自由(事業性資金は除く)
    担保・保証人 不要

    まず、借入時の年齢は20歳以上68歳以下です。


    また、申込資格に安定して継続した収入を得ているという項目があります。


    「安定して継続した収入がある方」とは申込時点で一定の収入があり、将来的にも収入が継続できる方という意味です。


    例えば、去年の年収が1,000万円でも、今年の年収が100万円だと安定しているとは見なされません。


    反対に年収が300万円程度でも何年も継続していれば、安定した収入があると判断されて、審査に通る可能性が高くなります。


    ちなみに、安定した収入は正社員でなければダメというわけではありません。


    パートやアルバイトでも問題ないので、20歳以上で毎月収入があれば、借り入れが可能というわけです。


    ただし、専業主婦や年金収入のみの方は申し込み対象外となっているので注意してください。


    加えて、もみじ銀行では広島県・山口県・岡山県に住んでいる、もしくは勤務している人しか借入できないので注意しましょう。

    もみじ銀行カードローンの契約に必要な書類


    続いては、もみじ銀行カードローンの契約に必要な書類について解説します。


    本人確認書類

    1つ目に必要な書類は本人確認書類です。


    もみじ銀行カードローンでは、申込内容に虚偽の申告がないか確認するために、本人確認書類が必要となります。


    本人確認書類として有効なものは、運転免許証・パスポートなどです。


    カードローンの必要書類


    顔写真が付いた本人確認書類の方が審査に通りやすくなるので、できれば顔写真付きの書類を用意しましょう。


    また、本人確認書類は有効期限内のものに限ります。


    期限切れの書類を提出してしまうと審査に落とされる可能性があるので、注意が必要です。


    収入証明書

    2つ目に必要な書類は、収入証明書です。


    もみじ銀行カードローンは、限度額が60万円を超える融資を受けたい場合にのみ、収入証明書が必要になります。


    限度額が高いと、安定した収入の有無が重要なポイントになるので、収入を証明する書類が必要になるというわけです。


    収入証明書として有効なのは、以下の書類になります。


    所得証明書 市区町村役場
    課税(非課税)証明書 市区町村役場
    所得・課税(非課税)証明書 市区町村役場
    源泉徴収票 勤務先
    給与明細書 勤務先
    確定申告書 市区町村役場・税務署

    もみじ銀行カードローン600万円以上の借り入れを希望する場合、上記の書類の中から1つ選んで用意してください。


    ちなみに、書類によっては「直近2か月以内のもの」といった縛りがあるので、申込の際にどれが有効なのか確認しておくと良いでしょう。


    届出印

    3つ目に必要な書類は届出印です。


    届出印は、来店して契約する際に必要になります。


    また、提出する届出印はもみじ銀行に登録のある印鑑です。


    もみじ銀行に届けていない印鑑を利用すると契約できないので注意してください。


    契約の際は、事前に届出印がどれか確認しておくと良いでしょう。

    もみじ銀行カードローンの借り入れ方法と利便性について


    もみじ銀行カードローンの借り入れは、もちろんもみじ銀行のATMから可能です。


    また、もみじ銀行だけでなく提携銀行でも借り入れができるようになっています。


    【借り入れが可能なATM】

    • もみじ銀行ATM
    • 提携銀行ATM
    • ゆうちょ銀行ATM
    • イオン銀行ATM
    • コンビニATM:セブン銀行ATM、E-net、ローソンATM

    コンビニのATMでも借り入れができるので、非常に利便性に優れていると言えるでしょう。


    では、もみじ銀行ATMの利用時間帯と手数料についても確認しましょう。


    平日 8:00〜8:45 110円
    8:45〜18:00 無料
    18:00〜21:00 110円
    土日・祝日 8:00〜19:00 110円

    *借り入れ・返済ともに同時間帯、同料金となります。


    平日の昼間なら、手数料無料で借り入れが可能です。


    また、手数料はかかるものの、土日・祝日でも借り入れができるのは嬉しいポイントでしょう。


    ちなみに、ファミリーマートやポプラに設置してあるE-netとセブン銀行ATMは、平日8時45分〜18時は無料で、それ以外の時間は110円です。


    また、以下の提携銀行のATMも、平日8時45分〜18時は手数料無料で利用できます。


    • 山口銀行
    • 北九州銀行
    • 島根銀行
    • トマト銀行
    • 西京銀行
    • 愛媛銀行
    • 広島銀行
    • 広島信用金庫
    • 呉信用金庫
    • しまなみ信用金庫
    • 広島みどり信用金庫
    • JAバンク広島

    このようにもみじ銀行カードローンは、非常に利便性が高くなっています。


    もみじ銀行カードローンの審査に通るコツ

    もみじ銀行カードローンの審査基準は厳しくはありませんが、申込内容によっては審査に落ちる可能性があります。


    自身が申し込み条件を満たしているのか、確認するようにしてください。


    特に注意が必要なのは「総量規制」です。


    総量規制とは、年収の3分の1を超える金額を融資できないという法律です。


    本来、総量規制は消費者金融に向けて制定された法律だったので銀行カードローンは気にする必要がありませんでした。


    しかし2017年以降、銀行カードローンが自主的に総量規制を導入するようになったのです。


    例えば年収が300万円で、すでに別のローンで100万円の借り入れがある場合は、新しい融資はできなくなります。


    もみじ銀行で審査を受ける際は、全ての借り入れ金額が年収の3分の1を超えないように気を付けてください。

    もみじ銀行カードローンの申込から借入までの流れ


    続いては、もみじ銀行カードローンの申込から借入までの流れをご紹介します。


    申込

    1つ目のステップは申込です。


    もみじ銀行カードローンでは、以下の4つの申込方法に対応しています。

    • Web
    • 電話
    • 郵送
    • FAX

    WEB申込

    Web申込をすると、申込から契約までオンラインで完結できます。


    ただし利用できるのは、もみじ銀行に普通預金口座を持っている方だけです。


    もみじ銀行に普通預金口座がない方は、先に口座開設手続きを進める必要があります。


    普通預金口座がある方は、「マイカードもみじ君(WEB完結型)」のページから申し込みフォームに進み、必要事項を入力して送信すればOKです。


    電話申込

    オペレーターの方と直接話をしながら申し込みたい方は、電話から進めると良いでしょう。


    電話申込に関する情報は、以下の通りです。


    電話番号:0120-681-400

    受付時間:9:00〜20:00(銀行休業日を除きます。)


    上記の電話番号に連絡すると、オペレーターの方が電話に出るので、案内に従って質問に答えていけばOKです。


    所要時間は20分程度なので、忙しい方でも無理なく申し込めるでしょう。


    郵送・FAX申込

    パソコンでの入力作業が苦手な方は、郵送やFAXでの申し込みがおすすめです。


    郵送と比べるとFAXの方が早く申込できるので、少しでも早く借り入れたい方はFAXを利用するとよいでしょう。


    反対に特に借り入れを急いでいない場合は、郵送による申し込みでも問題ありません。


    申込書類は、もみじ銀行店頭やATMコーナーに備え付けてあります。


    支店やATMに立ち寄った際に、もらっておくのがおすすめです。


    申込書が手に入ったら必要事項を記入して、本人確認書類と共にFAXか郵送で送れば申し込みは完了です。


    内容確認

    2つ目のステップは内容確認です。


    申込が完了すると、もみじ銀行から内容の確認のために自宅の電話番号か携帯電話に電話連絡が入ります。


    この電話に出ないと審査に通過できないので、必ず対応するようにしてください。


    審査

    3つ目のステップは審査です。


    申込後の確認電話に対応したら、申込情報を基にもみじ銀行が融資可能かどうか審査します。


    審査では返済能力の有無に加えて、以下の情報も参考にします。


    • 本人の識別
    • 契約状況の確認
    • 返済状況の確認
    • 事故情報の有無

    上記の情報は信用情報機関という場所が一括で管理しており、全国の金融機関で共有されています。


    そのため、過去に返済の滞納や任意整理、自己破産などを起こしていると、その事実はもみじ銀行にもバレてしまいます。


    もちろん、申込時に嘘の申告をしていてもバレるので、正直に回答して申し込みした上で審査結果を待ちましょう。


    審査は、申し込みから最短翌日に完了します。


    ただし、土日・祝日を挟むと審査に時間がかかるので、その点は注意してください。


    契約

    4つ目のステップは契約です。


    もみじ銀行では、契約を来店にて行うため、もみじ銀行に足を運ぶ時間を確保しなければいけません。


    また、来店時には届出印が必要になるので、忘れずに持っていってください。


    契約では、正規の申込書類を記載し、内容に問題がなければ契約成立です。


    融資

    5つ目のステップは融資です。


    契約が成立したら、もみじ銀行からローンカードが送付されるので受け取りましょう。


    受け取ったローンカードを使って、ATMで借り入れができます。


    【もみじ銀行カードローンが利用できるATM一覧】

    もみじ銀行 平日 8:45〜18:00:無料、それ以外の時間帯:110円
    土日・祝日 全日110円
    山口銀行
    北九州銀行
    平日 8:45〜18:00:無料、それ以外の時間帯:110円
    土日・祝日 全日110円
    ゆうちょ銀行 平日 8:45〜18:00:110円、それ以外の時間帯:220円
    土曜日 9:00〜14:00:110円、それ以外の時間帯:220円
    日祝日 全日220円
    イオン銀行 平日 8:45〜18:00:110円、それ以外の時間帯220円
    土日・祝日 全日220円
    コンビニ 平日 8:45〜18:00:110円、それ以外の時間帯220円
    土日・祝日 全日220円

    ちなみに返済するときも上記のATMでできるので、しっかり返済期間を守って返すようにしましょう。

    もみじ銀行カードローンの在籍確認と自宅への郵送物について

    ここでは、もみじ銀行カードローンの在籍確認と自宅への郵送物について解説します。


    家族や会社の同僚などにカードローンの利用がバレたくない方は、しっかり読んでおくようにしてください。


    在籍確認はある

    もみじ銀行カードローンでは、勤め先への電話連絡による在籍確認が必要です。


    在籍確認で申込時の会社で働いていると判断されなければ、審査に通過できません。


    ただし在籍確認の電話では、担当者が個人名で連絡してきます。


    そのため他の社員が電話に出ても、もみじ銀行カードローンを利用していることがバレる心配はないでしょう。


    具体的な在籍確認の流れは、以下の通りです。



    電話を受けた同僚が「今、○○に取り次ぎます」「今、○○は席を外しております」と答えれば、在籍確認は完了です。


    ※担当者によっては電話口に必ず本人が出るまでということもあります。不在連絡が続いているか、申込先から携帯に電話がないか確認すると良いでしょう。


    もし、電話がかかってくるだけでも嫌な人は、会社への電話連絡がないカードローンを選びましょう。



    もみじ銀行カードローンは、自宅にローンカードや契約書類が届く

    もみじ銀行カードローンでは、契約時に自宅宛てにローンカードや契約書類などが届きます。


    また、自宅でしか受け取れないようになっているので、局留めなどでの対応はできません。


    さらに、利用中には所在確認のために年数回は利用明細書が自宅に送られてきます。


    利用明細書は拒否できないため、申込時に「郵送物を避けたい」と伝えてしまうと審査に落ちる可能性が高まります。


    これだけはどうしても避けられないので、何とか工夫して自分で郵送物を受け取れるようにしてください。


    もみじ銀行カードローンの審査と融資実行までにかかる時間


    もみじ銀行カードローンは、審査が早くても最短翌日です。


    平均すると2〜3営業日となっている上に、自宅にローンカードが届くまでさらに数日かかります。


    目安としては、契約完了後10日程度でローンカードが自宅に届くイメージです。


    審査の日数も入れると、早くても半月ほどは融資までに時間がかかると考えておくのが良いでしょう。


    また、消費者金融には即日融資に対応しているところも多々ありますが、そもそも銀行カードローンは即日融資ができない決まりとなっています。


    というのも、2018年に銀行カードローンにおける審査手続きのルールが変更されたことで、即日融資には対応できなくなってしまったのです。


    そのため、即日融資を希望している人は消費者金融を利用するのがベターと言えます。


    もみじ銀行カードローンの金利と借入限度額


    続いては、もみじ銀行カードローンの金利と借入限度額について見ていきましょう。


    ローンの種類 金利 借入限度額
    マイカードもみじ君
    WEB完結型
    4.5%、5.5%、8.5%、12.0%、14.5% 30万円〜300万円(10万円単位)
    *パート・アルバイトは70万円まで
    マイカードもみじ君 4.5%、5.5%、8.5%、12.0%、14.5% 30 万円〜300 万円(10 万円単位)
    *派遣・パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者の方は100万円まで
    マイカードプレミアム 年2.85〜11.25%(変動金利)
    Sレート:長期プライムレート+1.85%
    Aレート:長期プライムレート+3.25%
    A+レート:長期プライムレート+4.25%
    Bレート:長期プライムレート+6.25%
    Cレート:長期プライムレート+10.25%
    50万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円・400万円・500万円
    ミニカードローン 10.5% 10万円・20万円・30万円・50万円

    もみじ銀行カードローンで最も金利が高いのは、「マイカードもみじ君 WEB完結型」と「マイカードもみじ君」の14.5%です。


    この金利は、銀行カードローンとして考えると決して高い設定ではないので、安心して申し込みができるでしょう。


    また、「マイカードプレミアム」は変動金利で11.25%が現在の上限金利です。審査に通るための基準は厳しめではあるものの、カードローンとしては非常に低金利で魅力的な内容となっています。


    そして、金利面でもっとも充実しているのは「ミニカードローン」です。


    初回申し込み時の限度額が30万円までと少ない金額の融資ではあるものの、金利は一律10.5%と非常に低い設定となっています。


    このように、もみじ銀行カードローンには様々な種類のサービスが用意されていて、それぞれに異なる金利や限度額が設定されています。


    自分に合ったカードローンが選びやすいので、あなた目的にピッタリのカードローンもきっと見つかるでしょう。


    返済シミュレーション

    ここでは、もみじ銀行カードローンで借り入れた場合の、毎月の返済額などをシミュレーションしていきたいと思います。


    今回は3つの借り入れパターンから、返済シミュレーションをしていきます。


    【借入パターン1】

    希望の借入金額 30万円
    ボーナス返済部分 10万円
    希望の借入期間 1年
    借入利率 14.5%

    毎月の返済額 1万8,004円
    ボーナス月の返済額 7万3,504円
    利息合計(概算) 2万7,048円
    返済額(概算) 32万7,048円

    【借入パターン2】

    希望の借入金額 100万円
    ボーナス返済部分 50万円
    希望の借入期間 3年
    借入利率 12.0%

    毎月の返済額 1万6,607円
    ボーナス月の返済額 11万8,288円
    利息合計(概算) 20万7,938円
    返済額(概算) 120万7,938円

    【借入パターン3】

    希望の借入金額 300万円
    ボーナス返済部分 100万円
    希望の借入期間 5年
    借入利率 8.5%

    毎月の返済額 4万1,033円
    ボーナス月の返済額 16万5,863円
    利息合計(概算) 71万280円
    返済額(概算) 371万0,280円

    【借入パターン4】

    希望の借入金額 400万円
    ボーナス返済部分 150万円
    希望の借入期間 5年
    借入利率 12.%

    毎月の返済額 5万5,611円
    ボーナス月の返済額 25万9,412円
    利息合計(概算) 137万4,670円
    返済額(概算) 537万4,670円

    【借入パターン5】

    希望の借入金額 500万円
    ボーナス返済部分 200万円
    希望の借入期間 5年
    借入利率 5.5%

    毎月の返済額 5万7,303円
    ボーナス月の返済額 28万8,782円
    利息合計(概算) 75万2,970円
    返済額(概算) 575万2,970円

    今回は、もみじ銀行の公式サイトにあるローンシミュレーションを使って、返済シミュレーションをしてみました。


    あくまでもシミュレーションなので、必ずこの返済額になるわけではないものの、返済のイメージが湧くので参考になるのではないでしょうか。


    返済シミュレーションは借入希望額や返済期間を入力するだけで可能なので、ぜひ活用してみてください。


    まとめ


    今回は、もみじ銀行のカードローンについて解説しました。


    もみじ銀行には複数のカードローンが用意されていて、それぞれ異なる金利や限度額が設定されていました。


    また、金利に関しては銀行というだけあって、消費者金融と比べると低めの設定となっています。


    もちろん金利が低い分審査は厳しくなっているものの、他の銀行と比べると決して申し込みの条件が厳しいわけではありません。


    しっかり安定した収入があり、収入に見合った借入額を希望しているのであれば、問題なく審査に通過できるでしょう。


    ただ、もみじ銀行は地域密着型なので、地域の縛りという点で利用できる方は限られてしまいます。


    対象の地域に住んでいる、もしくは勤務している方にとっては利便性も優れているので、申し込み条件をクリアしている方は、ぜひ申し込んでみてください。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ