SMBCモビットの増枠について徹底解説したページの見出し画像

SMBCモビットの「増枠」についてを詳しく解説

掲載日:

「申込をしたその日のうちに追加での融資を受けることはできる?」
「増枠をしたことによって家族や職場にキャッシングしていることはバレない?」
「新規契約時よりも増枠の審査は厳しいって本当?」


新規契約時のことについての疑問や不安についてはネットで調べることでほとんどのことが解決できますが、借入限度額の増枠の詳細についてはあまり詳しく紹介されていません。


そこで、今回はSMBCモビットへの電話での問い合わせにより、増枠の申込条件や方法、審査の基準やかかる時間などについてを徹底調査しました。


増枠の審査に通るために抑えておきたいポイント、増枠以外の追加融資の方法についても詳しく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

このページはSMBCモビットの「増枠」についての情報のみに特化しています。
今現在すでにSMBCモビットとの契約がある人に向けた内容となっているので、新規申込を検討しているという人は以下ページを参考にして頂けると幸いです。



    誰でも借入限度額を増やすことはできる?


    「増枠の申込って新規契約からどのくらい経過していれば行うことができますか?」


    このような問い合わせをおこなってみたところ、以下のような回答がありました。


    特に利用期間による申込の制限は設けられていません。

    ただ、お客様の今現在の利用状況、契約内容にもよりますが、もし新規契約が今月ということであれば申込頂いたとしても、借入限度額は据え置きとなる可能性が高くなります。


    中には新規契約から一定の期間が経過していないと増枠の申込そのものが不可とされているカードローン業者もありますが、SMBCモビットでは利用期間による増枠の申込の制限は設けられていないとのことでした。


    すでに契約がある人であれば、いつどのタイミングでも増枠の申込そのものは行うことが可能です。


    ただし、借入限度額を増やすためには審査が必ず必要になる為、今現在のローン利用状況、契約内容によっては増枠の対象とはならない場合があります。


    SMBCモビットとの契約がある人であれば誰でも増枠できるということではないということは理解しておきましょう。


    SMBCモビットの増枠の申込の条件


    SMBCモビットの「お問い合わせフリーコール(0120-24-7217)」に電話をかけることで、自身が増枠の申込の対象となるかどうかの確認を行うことも可能とのことでした。


    増枠をするために理解しておく必要があること

    誰でも増枠の申込はできるが、申込をすれば誰でも借入限度額が増枠されるわけではありません。


    そこで以下、SMBCモビットでの増枠を成功させるために抑えておきたいポイントを詳しく解説していこうと思うのですが、増枠を検討しているという人はまず最初にカードローンの借入限度額決定の仕組みを知っておく必要があります。


    カードローンの借入限度額決定の仕組み

    カードローンの借入限度額は主に以下の2項目から算出される「返済能力」の高さによって決まることになります。

    申込時に申告する情報
    • 氏名・住所
    • 年齢
    • 年収
    • 勤続年数
    • 職業
    • 雇用形態
    • 家族構成
    • 居住形態

    主にこれらの情報から申込者の返済能力の高さは測られます。


    信用情報機関に登録されている情報

    すべてのカードローン業者は信用情報機関に加盟しており、審査の際には以下の情報についてはすべて明らかにされます。

    • 他社ローンの契約の有無
    • 他社ローンの返済状況
    • 過去の金融事故の履歴

    SMBCモビットに限らず、カードローンの審査を受ける際にはこの信用情報機関への情報の登録、登録情報の開示に必ず同意する必要があります。


    借入限度額を増枠するには返済能力の変化が必要


    新規契約の審査の際に提示される借入限度額は、現状の返済能力で貸付可能な金額のMAX値です。


    ですので、借入限度額を増額するには、新規契約時から返済能力の変化があることが条件となります。


    「返済能力」がプラスと判断される新規契約時からの変化

    • 新規申込時よりも年収が高くなっている
    • 転職しておらず勤続年数が伸びている
    • 住宅ローンやマイカーローンの返済が完了している

    「新規契約時は学生で収入源はアルバイトだったが、卒業を機に就職して今現在は正社員として働いている」
    「新規契約時にはまだ支払いが残っていたローンの返済が終了している」


    増枠の申込までにこのような変化があった場合、新規契約時よりも返済能力は高く評価されることになります。


    「収入が増える・毎月の支出が減る」これらは増枠の審査に有利になります。


    「返済能力」がマイナスに判断される新規契約時からの変化

    • 新規契約時にはなかった他社からのローンがある
    • 転職をしていている
    • 年収が減ってしまっている

    「車を購入するために新たにマイカーローンを組んだ」
    「新規契約時の勤続年数は10年だったが、最近転職していてまだ日が浅い」


    このような変化については返済能力は下がっていると判断されます。


    「収入の安定性の低下・毎月の支出の増加」は増枠審査に対しては不利になると考えてください。


    電話での問い合わせの際に、「新規契約を行った月に増枠の申込をしても借入限度額は据え置きとなる可能性が高い」と伝えられましたが、それはあまりに新規契約から増枠までに期間が短い場合には返済能力に変化が見込めないことが要因だと判断されます。


    返済能力がマイナスになるのは簡単ですが、反対に返済能力を高く評価してもらうにはどうしても時間がかかります。


    利用期間による申込の制限は設けられていないとはいえ、増枠の申込についてはある程度、できることなら最低でも新規契約からは半年以上経過してから行うのが望ましいとゼニエモンは考えています。



    増枠の審査に通過するために抑えておきたいポイント


    SMBCモビットとの取引内容は増枠の審査に大きな影響を与えることになる


    増枠の審査に通過するためには返済能力の変化が必要となるのですが、増枠の審査の際には新規契約時にはなかった「SMBCモビットとの取引履歴」も返済能力の評価に影響を与えることになります。


    返済期日までに毎月きちんと決められた金額を返済しているという場合には、「このユーザーは約束通りに真面目にお金を返してくれる人」と判断され、返済能力には好影響を与えます。


    反対に返済に遅れがあるような場合には「お金にルーズ、資金繰りがショートしかけている」といったように判断され、返済能力にはマイナスな影響を与えることになります。


    ここまでの内容を踏まえ、SMBCモビットの増枠の審査通過への期待値を高く持てる条件と反対に増枠の審査通過が困難になってしまう条件をまとめました。


    増枠の審査通過への期待値を高くもてる人の条件

    • 昇給などにより新規契約時より年収が高くなっている
    • 新規契約時の借入金をすでに完済している
    • 毎月遅れることなくきちんと返済をしている
    • 積極的に繰り上げ返済を行っている
    • 他社ローンからの借入が増えていない
    • 転職をしておらず勤続年数が伸びている
    • 1年以上SMBCモビットを利用している

    これらに該当する人は新規契約時に比べ、返済能力が高く評価されやすく増枠の審査通過への期待値を高くもつことができます。


    また、自らの意思により新規契約時に提示された借入限度額よりも低い借入限度額で契約を行っているという人については、例外的に新規契約の当月でも増枠の審査通過の可能性が見込まれます。


    50万円の枠を提示されたけどそのときは不要だったので30万円の枠で契約を行ったというような人は、返済の遅れがない、他社借入が増えていないという2つの条件さえ満たせばSMBCモビットの増枠が行える可能性は高いと考えておいて問題ありません。


    増枠の審査通過が非常に困難になると考えられる人の条件

    • 契約の借入限度額いっぱいまで借入をしている
    • 借入と返済を繰り返していて借金が全く減っていない
    • 毎月の返済に遅れや滞納がある
    • 他社ローンからの借入が増えている
    • 転職をしてまだ間もない
    • 退職して今現在無職となっている

    絶対に増枠できないということではありませんが、審査通過は非常に困難になると考えておく必要があります。


    上項目でも触れていますが、増枠の審査を受ける際には必ず信用情報機関への情報の登録が行われ、もし審査落ちとなった場合にはその情報も信用情報として登録されるため、次のローンの申込にも悪影響を与えることとなります。


    ですので、安易な増枠の申込はオススメすることはできません。


    それでも、どうしても追加での融資を受けたいと考えている人はこのページ下部で、増枠以外の追加融資の方法について紹介しているのでそちらへと進んでもらうことを推奨します。


    増額可能な借入限度額について

    SMBCモビットの増枠により増額される借入限度額の目安


    このページを読んでい頂いている人はカードローンの利用経験がある人なので、すでに理解しているのではないかとは思いますが、カードローンの契約で数百万円の枠が設けられるようなことはありません。


    SMBCモビットの借入限度額は最大800万円とされていますが、800万円の借入の枠が設けられることなどないと言えます。


    これはSMBCモビットに限ったことではないのですが、カードローンの増枠の申請により引き上げられる借入限度額は10万円〜20万円程度となる傾向にあります。


    1回の増枠の申込によりいきなり50万円以上の高額な借入限度額の引き上げがされる可能性があるのは、以下のような条件に該当する人に限られます。

    • 長期的にSMBCモビットを利用していてその間一度も返済に遅れがない
    • 今現在は借金を完済しており残債がない状態である
    • 新規契約時に比べ年収が大幅に上がっている

    増枠による金利引き下げの期待値は低い

    SMBCモビットの金利は利息制限法に則って設定されています。


    利息制限法による上限金利の制限
    契約する借入限度額 適用される金利の上限
    10万円未満 20.0%
    10万円以上100万円未満 18.0%
    100万円以上 15.0%

    新規契約時に適用される借入限度額は、申込者の返済能力の高さにより異なりますが、正社員の人で30万円〜50万円、アルバイト・パートの人であれば10万円程度となることが多く、ほとんどの人が上限金利の18.0%での契約となっているのではないかと思います。


    上表を見てもらうと分かるように、SMBCモビットで金利を15.0%まで引き下げるには100万円以上の借入限度額での契約が必要となる可能性が高いです。


    1〜2%程度の金利引き下げであれば、増枠後の借入限度額が100万円未満の場合でも若干が期待を持てますが、今回の増枠を機に金利引き下げを希望していたという人は、他の低金利なカードローンへの借り換えを検討してみるのも有効な手段だと言えます。


    以下ページで希望する借入額ごとの低金利でオススメなカードローンを特集していますので、こちらを参考にしてもらうことを推奨します。



    申込方法について


    SMBCモビットの増枠の申込方法


    電話以外にインターネットやアプリからの申込も可能となっていますが、増枠の申込は新規契約時に比べ、申請項目が少なく済み時間がかからないので電話での申込が最も楽に手続きできます。


    増枠の申込時には新規契約時からの氏名や住所、勤務先等の変更の有無を確認されるだけですので、特に変更がない場合には10分程度のやりとりで申込手続きは完了されます。


    SMBCモビットの「自動音声案内フリーコール」は24時間受け付けていますが、増枠の申込を行う「お問い合わせフリーコール」の受付時間は9:00〜21:00までとされている点には注意しておいてください。


    審査の際に提出が必要となる書類について

    SMBCモビット増枠の申し込み時の必要書類の再提出について


    SMBCモビットでは増枠の申込の際には、原則、本人確認書類の再提出は不要となります。


    氏名・住所に変更があった場合に限り本人確認書類の再提出が必要となりますが、その場合も新規契約時と同様に公式アプリからのアップロードにより書類提出は完結させることが可能です。


    収入証明書の提出条件は新規申込み時と同様

    増枠の申込を行う際の収入証明書の提出条件は、新規申込み時と同様で以下に該当する場合には必ず必要とされています。

    • 融資希望額が50万円を超える場合
    • 他社からの借入額と今回の融資希望額のトータルが100万円を超える場合

    増枠の審査では新規契約時の審査よりも、厳しく申込者の返済能力を確認される傾向にあるため、上記2条件に該当しない場合でも収入証明書の提出を求められることもあると考えておく必要があります。


    SMBCモビットで収入証明書として認められる書類

    SMBCモビットで収入証明書として認められる書類


    収入証明書の提出は増枠の申込前に行うことも可能なので、新規契約時よりも年収が上がっているというような人は審査通過への期待値を上げるためにも積極的に収入証明書の提出を行うことをオススメします。


    増枠の申込から実際に借入限度額が再設定されるまでの流れ


    「申込をしたその日のうちに追加での融資を受けることはできる?」
    「増枠をしたことによって家族や職場にキャッシングしていることはバレない?」


    このような疑問や不安を抱えている人もいるかと多いのではないかと思いますので、ここではSMBCモビットの増枠の申込から借入限度額再設定までの詳細な流れを詳しく調査、解説していきます。


    SMBCモビット増枠の申込から借入限度額増枠までの流れ

    • 増枠の申込
    • 必要に応じて書類提出
    • 審査結果の回答
    • 増枠の契約手続き
    • 借入限度額の再設定・追加融資実行

    SMBCモビットの増枠の審査結果回答までにかかる時間


    SMBCモビットに電話をかけて増枠の審査にかかる時間についてを問合わせたところ、申込内容、審査の混雑具合によっても異なるが審査結果の回答までには2日〜3日程度かかる可能性が高いとのことでした。


    新規契約時の審査は最短即日、土日祝日も審査結果の回答可能とされていますが、増枠の場合は土日祝日は審査結果の回答は行われていません。


    どうしても融資を急ぐという人は、SMBCモビットでの増枠ではなく他社カードローンへの新規申込を検討してみることをオススメします。


    以下ページで即日融資に対応したカードローンを特集、利用の注意点について解説しているので参考にしていただけると幸いです。



    SMBCモビットは原則「増枠」の際には在籍確認は不要とされている

    新規契約時から勤務先に変更がない場合には、再度在籍確認が行われることはないとのことでした。


    転職や就職による勤務先の変更があった場合にのみ在籍確認は行われることになります。


    自宅への郵送物一切なしで契約手続きを完結させることも可能

    借入限度額が再設定されたからとローンカードを再発行する必要はありません。


    すでに手元にあるローンカードをそのまま利用することができます。


    また、増枠後は「契約内容確認書」の受け取りが必要となるのですが、この書類については会員専用ページ「Myモビ」での確認を選択することで自宅への郵送は不要となります。


    審査結果回答の連絡時に契約書類の確認方法の選択は行われます。


    増枠以外の方法で追加融資を受けるには


    ここまでを読んで頂いた結果、自身が今現在置かれた状況では増枠の審査通過は難しいと判断されるが、どうしても追加での融資を受けたいと考えている人は増枠ではなく他社カードローンへの新規申込を検討してみてください。

    借金がある状態での申込となるので、審査通過の難易度が高めになることに違いはありませんが、増枠の審査に比べると新規契約の方が審査通過への期待値をわずかですが高く持つことができます。

    他社カードローンへの新規申込の方が審査通過の期待値を高く持てる理由、利用時の注意点についてを詳しく解説していきます。

    カードローン業者は新規顧客の獲得に注力する傾向にある

    すでに借金があるユーザーへの貸付はカードローン業者にとって貸倒れのリスクが高い貸付となるので高額の融資は望めませんが、どのカードローン業者も新規顧客の獲得には特に力を入れています。


    ですので、追加での融資希望額が少額の場合には増枠という方法ではなく、他社カードローンでの新規貸付を検討してみることをオススメします。

    • 今現在のローン総額が年収の1/3を超えていない
    • 返済の遅延・滞納はない
    • 転職から最低でも1年以上は経過している

    これら条件を満たす人は、10万円以下の少額融資であればSMBCモビットからの借入がある状態でも追加での融資を受けることができる可能性があります。


    今現在SMBCモビットから融資を受けている金額にもよりますが、2社への返済が必要となるので毎月の返済の負担は確実に大きくなるので、追加での融資を受けるのはどうしても必要としている金額のみとすることが大事なポイントです。


    少額融資の場合、金利が発生する利息に与える影響は少なく済みますし、審査の厳しさも含め考えると、借金がある状態での新規申込には銀行カードローンよりも消費者金融の方が適していると判断されます。


    SMBCモビット以外の大手消費者金融としてプロミス・アコム・アイフル・レイクALSAがありますが、この中で最も追加での融資に最適なのが「レイクALSA」です。


    以下でその理由とレイクALSAの詳細を詳しく解説しているので参考にしてください。


    最大180日間の無利息サービスがある「レイクALSA」が追加融資には最適

    レイクアルサのロゴ画像


    10万円以下の少額融資を受ける際には無利息サービスがあるカードローンを選ぶことがポイントとなります。


    30日間の無利息サービスについてはアコムやアイフル、SMBCモビットでも取り扱いがありますが、レイクALSAでは借入している金額全体の5万円までが最大180日間無利息となる独自のサービスを行っています。


    仮に借入する金額が10万円であればそのうちの5万円に対しては180日間利息の発生なし、もし追加での融資希望額が5万円以下、半年以内に完済することができれば、1円も利息を支払うことなく融資をうけることも可能です。



    しかも現在キャンペーン中で2019年の2月15日(金)から5月15日(水)までに始めて契約した人で200万円までの融資なら60日間無利息という他社を寄せ付けない長期間のキャンペーンが行われているので、今は結構狙い目となっています。



    金利・借入方法・返済額などの全体的なスペックはプロミスとほぼ変わりませんし、審査スピードはメチャクチャ早いのでプロミスと同じく最短即日融資も可能(※)となっているので、少額の追加融資を希望している人にとってこれ以上ないというくらい適したスペックをもつカードローンだと言えます。



    ※21時(日曜日は18時)までの契約を行えば当日中に振込みでの融資が可能!
    ※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
    ※【無利息期間について】
    ・ご契約額1万〜200万円まで60日間利息0円 または ご契約額1万〜200万円まで60日間無利息
    ・ご契約額が200万円超の場合30日間利息0円 または ご契約額が200万円超の場合30日間無利息
    ・お借入れ額5万円まで180日間利息0円 または お借入れ額5万円まで180日間無利息(ご契約額200万円までの方)
    【無利息サービスに関する注意点】
    ・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。
    ・期間限定2月15日(金)から5月15日(水)ご契約完了のお客さま
    ・30日間無利息、180日間無利息との併用不可

    • プロミスの借入の枠をすべて使い切ってしまった
    • どうしても急いで追加での融資が必要
    • 返済の遅れや滞納は一切ない
    • プロミス以外からの借金は増えていない
    • 追加融資の希望金額が10万円以下

    これら条件に該当する人は増枠の申込ではなく、迷わずレイクALSAへの新規申込を行えば間違いありません。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5〜18.0% 1万円〜500万円 最短15秒※ なし 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0% 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方。
    ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    残高スライドリボルビング方式
    元利定額リボルビング方式
    ネット上のみで完了
    ※インターネットなら最短60分融資も可能
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。
    一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。



    SMBCモビットの増枠についてのまとめ


    増枠を行うには新規申込時からの「返済能力の変化」が最も重要なポイントとなります。

    目的は同じ追加での融資でもその変化の方向によって向いている方法が異なるので、このページで解説した内容を踏まえて増枠を行うのか他社カードローンへの新規申込を行うのかを慎重に検討してみてください。

    また、増枠にしろ他社カードローンの新規申込にしろ、借入可能な枠が大きくなる、借金が増加してしまうリスクが高くなるということには変わりありませんので、どちらの方法を選択する場合も、融資を受ける金額は必要最低限に抑え、無理のない返済計画を立てたうえでカードローンの利用はするようにしましょう。

    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ