SMBCモビットのアプリを利用した「スマホATM取引」についてを徹底検証したページの見出し画像

SMBCモビットのアプリを利用した「スマホATM取引」についてを徹底検証!

掲載日:
2017年5月からSMBCモビットではスマホアプリを利用したATMでの入出金が可能となる新サービス「スマホATM取引」が導入されました。

SMBCモビットは以前から、会員専用サービスMyモビのアプリでの操作が可能となっていて、他社に比べ契約後の使い勝手がいい事が特徴でしたが、今回のサービスの導入で以前にも増して大きく利便性が向上しています。

早速、当サイトで「スマホATM取引」がどんなものなのか、実際に利用し検証、利用の手順、メリット、デメリットについて詳しく解説していきますのでぜひ最後まで読んでみてください。


    そもそも「スマホATM取引」って何?どんなことができるの?

    「スマホATM取引」については、2017年3月にSMBCモビットから以下のような発表があり、同年5月からサービスの利用が開始されています。


    株式会社セブン銀行(以下セブン銀行、東京都千代田区、代表取締役社長 二子石 謙輔)と株式会社モビット(以下モビット、東京都新宿区、代表取締役社長 中辻 信之)は、平成29年5月15日(月)から、モビットに口座をお持ちのお客さま向けに、モビットカードを使わずにスマートフォンを使った、セブン銀行 ATM で入出金取引ができるサービスの導入を決定致しましたのでお知らせします。
    引用元:SMBCモビットニュースリリース「スマホATM取引」


    従来のカードローンではATMで現金の取引を行うには必ず手元にカードを用意しておく必要があったものが、「スマホATM取引」を利用することで、カードを持っていなくとも、スマホさえあればセブン銀行のATMから出金(借入)、入金(返済)どちらの取引も可能となっています。


    SMBCモビットの「スマホ取引」イメージ画像


    カードローンなのにカードがいらなくて、スマホを使ってATMからキャッシングできる?なんだそれ?という感じもしますが、実際に利用してみると、かなり簡単な手続きで借入も返済も行うことができたので、その方法についてを以下で詳しく説明していきます。


    誰でも利用できる?アプリを使ったキャッシングをする為に準備しておくこと

    「スマホATM取引」はSMBCモビットとの契約がある人であれば誰でも利用することができます。


    利用を開始する為に行うのは「SMBCモビット専用アプリ」のダウンロードのみでOK、「スマホATM取引」が導入される2017年5月以前にすでに契約しているという人も、もちろん利用可能です。


    自身の利用しているスマホに「SMBCモビット専用アプリ」をダウンロードする

    SMBCモビット専用アプリのダウンロード


    ユーザーIDもしくはカード番号を入力してログインする

    SMBC専用アプリへのログイン方法


    アプリのダウンロード後は、すぐに「スマホATM取引」を利用する予定がない場合も、先に一度ログイン手続きを行っておくことをオススメします。


    初回ログイン時には、上図解のカード番号や生年月日、ユーザーID、インターネットパスワードなどの入力が必要ですが、「入力情報の保存」を選択しておくことで、次回からは暗証番号の入力のみで簡単にログインすることが可能となります。


    SMBCモビット公式アプリに「生体認証」が導入

    2018年3月28日から、「指」「顔」「声」などを使った生体認証によるログインが可能となっています。


    利用しているスマートフォンの機種にもよりますが、iPhoneであれば「Touch ID」や「FaceID」によるログインができるようになっているので、専用アプリの使い勝手の良さは格段に向上していると言えます。


    アプリにログイン後「ログイン設定変更」のボタンから簡単に設定の変更は行うことができます。


    「スマホATM取引」の流れ!実際にアプリを使ってキャッシングしてみた!

    専用アプリをダウンロードした後は、以下のような流れで「スマホATM取引」は利用することになります。


    実際にセブン銀行ATMから借入、返済を行ってみたのでぜひ参考にしてください。


    SMBCモビット「スマホATM取引」利用の流れ

    • セブン銀行ATM画面「スマートフォンでの取引」を押す
    • QRコードが画面に表示されるので、アプリを起動する
    • QRコードを読み込むと「企業番号」がスマホ画面上に表示される
    • 企業番号を入力する
    • 暗証番号を入力する
    • 借入したい金額を入力する
    • 明細書と出金された現金を受け取る

    全体の流れとしてこのような感じで、手続きにかかる時間は1分程度、ゼニエモンの体感としては、「カードを利用したATMからの出金よりは少し時間がかかったかな」というくらいで、特別面倒に感じることはありませんでした。


    ひとつひとつの手順を、画像を使いながら詳しく解説していきます。


    セブン銀行ATM画面「スマートフォンでの取引」を押す

    まずは、セブン銀行ATMの操作画面の「スマートフォンでの取引」を押します。


    「スマホATM取引」セブンATMでの手続き


    アプリの起動とATMの初期操作はどちらが先でも構いませんが、この表示されたQRコードをスマホアプリを使い読み込むことで次の手続きへと進みます。


    QRコードの印刷も可能

    もし、ATM画面上に表示されたQRコードがうまく読み込めない場合は、画面下部の「印刷」ボタンを押すことで、QRコード票を出力することもできます。


    セブン銀行ATMで印刷可能なQRコード票



    SMBCモビットのアプリを起動しQRコードを読み込む

    次に、SMBCモビットのアプリを起動して、QRコードの読み込みを行います。


    SMBCモビットのアプリを起動し最初に行うこと


    アプリを起動しログインすると、セブン銀行のロゴが入った「スマホATM取引」のボタンの表示が確認できるので、それをタップします。


    「スマホATM取引」で行うのが借入か返済かを選択


    借入を行いたい場合も返済を行いたい場合もここまでの操作は同様です。


    今回は借入を行うので「ご出金(借入)」のボタンをタップして次のステップへと進みます。


    アプリを使いATMのQRコードを読み込む方法


    オレンジ色の「認証画面へ」をタップするとアプリのカメラが起動されるので、ATM画面に表示されているQRコードをカメラのフレームの枠内に入れると自動的に読み取りが行われます。


    QRコードを読み込むことで表示される企業番号の画像


    読み取り完了後、アプリ画面上に4桁の企業番号が表示されます。


    この番号を入手することで、スマホアプリの操作は完了、あとはATMでの操作のみとなります。


    ATMに企業番号を入力し出金する

    ATMのQRコード表示画面右下の「次へ」を押すと、企業番号入力画面へと進みます。


    4桁の企業番号を入力、暗証番号を入力、借入したい金額を入力すれば手続きは完了、現金と利用明細書が発行されます。


    スマホATM取引での現金受け取り画像


    少し難しそうなイメージのあった「スマホATM取引」ですが、実際に利用してみると、意外なほどその手続きは簡単に行うことができました!


    ATMに向かう前に、アプリへのログインがスムーズに行えるように設定しておくことがポイントです。
    指紋認証や顔認証によるログインの設定をしておくことをオススメします。


    「返済日」「返済方法」はアプリで確認することができる

    「スマホATM取引」の利用情報は即時反映され、アプリにログインすることで、「次回返済日」「返済額」を確認することができます。


    SMBCモビット専用アプリを利用した利用状況の確認


    「スマホATM取引」を利用し返済を行う方法について

    返済時は、取引の選択画面で、「ご出金」ではなく「ご入金」を選択します。


    「スマホATM取引」返済時のアプリの操作手順


    あとは、上記と同じ流れで手続きをすすめ、企業番号、暗証番号を入力後、現金をATMに入金することで返済は完結できます。


    SMBCモビットの「スマホATM取引」を利用するメリットとデメリットについて

    カードなし、スマホひとつあればATMから現金を出金することが可能になる非常に便利なSMBCモビットの「スマホATM取引」を利用する前に知っておきたいメリットとデメリットをまとめました。


    「スマホATM取引」を利用するメリット

    利用可能なセブン銀行ATMは全国に23,000台以上の設置がある

    「スマホATM取引」に対応したセブン銀行ATMの設置台数
    ※2017年12月1日現在


    一部、セブン銀行ATM休止時間、会員専用サービスMyモビのメンテナンス時間帯を除き、セブン銀行ATMを利用した「スマホATM取引」は、24時間いつでもキャッシング取引を行うことができます。


    スマホを持っていて、近くにセブンイレブンさえあれば、いつでも現金を手元に用意することが可能です!


    即日融資を受けることができるタイムリミットが大幅に伸びる

    SMBCモビットでは「カードレス」「電話連絡なし」「郵送物なし」での契約ができる「WEB完結申込」が用意されていますが、この方法で契約をする場合、今までは融資の方法が振込のみだったため、即日で融資を受けるには、平日15時までに全ての手続きを完結させることが条件とされていました。


    が、今現在は「スマホATM取引」を利用することで24時間いつでも出金の手続きが可能となっているので、SMBCモビットの審査業務終了時間の夜21時までに契約手続きが完了すれば、申込をした当日中に融資を受けることができます。


    以下ページでSMBCモビットから即日で融資を受けるための条件、手続きの方法を詳しく解説しているので、借入を急ぐ人はぜひ参考にしてみてください。



    「スマホATM取引」を利用するデメリット

    ATMの利用手数料は有料となる

    SMBCモビット「スマホATM取引」を利用する際の手数料


    メチャクチャ便利なSMBCモビットの「スマホATM取引」ですが、ATMの手数料がかかってしまう点だけが残念なポイントです、、。


    カードを使った三井住友銀行ATMでの入出金は手数料無料で利用可能です。


    SMBCモビット「スマホATM取引」についてのまとめ


    最近は「QUICPay」や「ID」といったスマホでの支払いに対応しているお店が増え、財布や現金を持ち歩かないという人も増えていますが、このような人にSMBCモビットの利用は特にオススメできます。

    SMBCモビットの「WEB完結」を利用することで、カードの発行が不要、専用アプリを利用することで、ATMからの入出金、自身の指定する口座への振込融資を受けることも可能です。

    専用アプリからは借入や返済だけではなく、利用明細の確認、返済日の変更手続き、契約額の増枠などといった手続きも行うことができるので、利用開始後の利便性という点ではSMBCモビットは最強だと言えます。

    SMBCモビットの金利や返済額など全体のスペックについては以下ページで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみて頂けると幸いです。


    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ