みなと銀行カードローン Qポートネオ

更新日:


このカードローンに向いている人

  • 金利が低いカードローンを選びたい人
  • 借入を急いでいない人
  • 5〜10万円程度の少額融資または110万〜200万の融資を希望している人
  • できるだけ早期完済をしたいと考えている人

このカードローンに向かない人

  • とにかく急いでお金が必要な人
  • WEB上で手続きを完結したい人
  • 中長期的な返済になりそうな人
  • コンビニでの返済が中心になる人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
4.5%〜14.0% 10〜800万円 最短即日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
19.9% 満20歳以上65歳以下 SMBCコンシューマーファイナンス 不要


カードローンQポートネオってどんなカードローン?

カードローンQポートネオは、兵庫県に拠点を置く「みなと銀行」が取り扱うカードローンですが、
みなと銀行の口座開設は不要で全国から申込利用することができます。


金利は4.5%〜14%と、銀行系カードローンの中でもトップクラスの低さを誇りますが、申込から借入までに2週間程度かかるのがデメリットです。


時間にあまり猶予がない人や借入を急いでいる人は、以下の【業者検索】を利用してみてください。
自身が求める条件に合ったカードローンをかんたんに検索することができます。


まだ時間に猶予があるよという人は、業者検索下の目次から自身の気になる項目をチェックしてみてください。

カードローンQポートネオ以外にも、おすすめのカードローンを紹介しているので、一度目を通してみてもらえると幸いです。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

    みなと銀行カードローンQポートネオの申込資格がある人

    みなと銀行カードローンQポートネオの申込資格は、以下のようになります。

    • 契約時の年齢が満20歳以上65歳以下の人
    • 安定した収入がある人
    • 日本国籍を有する人、または永住許可を受けている外国人の人
    • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証を受けられる人

    属性

    みなと銀行カードローンQポートネオへ申込できる人
    ※学生は収入がある場合でも申込不可


    専業主婦・主夫の申込について

    みなと銀行カードローンQポートネオは、配偶者に安定した収入がある場合に限り、専業主婦・主夫の人も申込することができます。


    申込時には、配偶者の勤務先情報の入力が必要となりますが、勤務先への電話連絡は不要で、同意書の提出なども必要ありません。


    学生の申込について

    学生の申込について、みなと銀行HPでは特に明記されていませんが、電話にて問い合わせてみたところ、安定した収入がある場合でも学生はカードローンを利用できないとのことでした。


    当サイトでは、学生でも利用できるカードローンをピックアップして紹介しているので、学生の方はぜひそちらをチェックしてみてください。

    みなと銀行カードローQポートネオの契約時に用意しておく必要がある書類


    みなと銀行カードローンQポートネオは、口座の開設不要で利用可能なので、口座解説の必要はありません。

    カードローンを利用するにあたり、必要な書類は以下のようになります。


    みなと銀行カードローンの必要書類


    Aを1点しかもっておらず、Bのいずれかの証明書を提出する際は、発行日が申込日から遡って6ヶ月以内のものしか利用できない点に注意しましょう。

    また、Bは本人名義のものがない場合、同居する同一姓の人の名義でも問題ありません。


    提出方法は、WEB上での書類アップロードには対応していないので、本人確認書類のコピーを郵送する必要があります。


    スマホやデジカメで本人確認書類を撮影、そのままWEB上でアップロードできるカードローンに比べると、利便性はやや低いと言わざるを得ません。


    その代わり、電子機器に慣れていない年配の方や、スマホに買い替えたばかりで使い方がよく分かっていない方には利用しやすいと言えるでしょう。


    収入証明書の提出条件

    みなと銀行カードローンQポートネオでは、申込金額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要となります。


    みなと銀行カードローンで収入証明書として認められる書類


    その他に税額通知書、所得証明書、納税証明書も収入証明書として利用可能です。

    最も取り寄せやすいものを選んで、用意しておきましょう。


    また、初回のローン契約でも、年収が多い方であれば借入額が50万円を超える可能性は十分あります。


    自身の借入希望額にもよりますが、一定の年収がある方であれば、収入証明書を用意しておいて損はないでしょう。


    みなと銀行カードローンQポートネオの申込から借入までの最短ルートは?


    みなと銀行カードローンQポートネオの申込方法は、以下の4通りです。

    • インターネット
    • 電話
    • 郵便
    • FAX

    みなと銀行の窓口へ直接来店しても、カードローンの申込はできないので注意しましょう。



    またQポートネオは以前、「即日(最短1時間)」で審査回答を行うとアピールしていました。


    このスピードは、銀行カードローンの中で比較してもトップクラスに早い部類に入ります。


    一方で、現在のHPにはその記載はありません。


    そこで、みなと銀行のカードローン担当者の方へ電話で問い合わせ、審査結果が出るまでのスピードや申込から借入までの詳しい流れ、融資実行までの日数などについて調査してみました。


    みなと銀行Qポートネオの申込から融資実行までの流れ


    電話で問い合わせたところ、みなと銀行カードローンは、審査回答を最短即日に行うサービスを引き続き行っていました。

    また、申し込みの際に急いで借り入れたい旨を伝えると、優先的に審査を行ってくれるそうなので、急いでいる人にも優しいと言えます。


    一方で、契約手続きとローンカードの受け取り方法が郵送のみなので、申し込みから借入までは確実に時間がかかるのが弱みです。


    借入を急いでいる場合、他のカードローンの利用も視野に入れると良いでしょう。


    以下の表にあるカードローンは、自動契約機の設置があり、即日での借入がしやすいものばかりです。


    土日も即日審査回答・カード発行が可能なカードローン一覧

    業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
    プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
    アコム 8:00~22:00(年中無休、一部店舗異なります。また年末年始を除く)
    アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)
    SMBCモビット 9:00~18:00(一部店舗異なる)

    これらのカードローンは、WEB上で契約手続きを完結でき、振込融資にも対応しています。


    さらに、振込融資が間に合わなかった場合でも、自動契約機にて夜遅くまでローンカードの発行手続きが可能なので、申込をしたその日のうちに借入ができる可能性が非常に高いのが魅力です。


    みなと銀行カードローンQポートネオのインターネットでの申し込み方法には2種類ある!

    インターネットでの申し込みは、「簡易申込」と「通常申込」の2種類があります。

    この2つの申込方法の違いは、入力項目の数と電話の有無です。


    簡易申込の特徴

    まず「簡易申込」は、6項目記入するだけで申込できる点が大きな魅力となっています。

    簡易申し込みの特徴


    氏名、生年月日、性別、携帯電話番号を記入すれば申込完了です。

    申し込み後は、みなと銀行から電話がかかり、その際に収入や職場の情報などをオペレーターの人に伝えることで本申し込みが終了となります。


    いつ電話がかかってくるか分からない点は残念ですが、急いで申し込みを終わらせたい人や、誰かと話しながらの方が申し込みやすい人にはピッタリでしょう。


    通常申込の特徴

    「通常申込」では、他のカードローンへの申し込み時と同様に、名前や生年月日から家族構成、住所、勤務先など様々な情報の記入が必要です。


    銀行からの電話を避けたい人や、時間に余裕がある人は、こちらの申込方法がおすすめとなっています。


    みなと銀行カードローンQポートネオの在籍確認について

    カードローンを利用するには、どこのカードローンでも在籍確認が必須です。


    在籍確認は一般的に会社への電話で行われ、みなと銀行では保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス鰍ェ実際に電話をかけています。


    カードローンQポートネオの在籍確認

    電話での在籍確認が取れるまで、審査回答を受けることはできません。即日での審査回答を受けるためには、申込時に勤め先へ電話が繋がることが必須条件となります。


    在籍確認の電話は本人が取る必要はなく、在籍確認にって第三者へカードローンの利用をバラされることは絶対にないのですが、様々な事情で在籍確認の電話を避けたい人は多くいます。

    なかでも多いのが、以下のような事情です。


    ・基本的に現場で仕事をしているから、自分宛に電話がかかった時点で怪しまれる
    ・少人数の職場なので、万が一バレたときが怖い
    ・基本的に社内に人がいないので、電話をしても誰も出ない

    『在籍確認ナシで利用できるカードローンってないんですか?』


    在籍確認は、審査をする上で非常に重要な項目なので、基本的に避けて通ることはできないと考えてください。

    ただ、在籍確認を電話以外の方法で行ってくれるカードローンはいくつかあります。

    絶対に電話がかかってこないというわけではないのですが、当サイトで実際に申込&検証もしてみたので、勤め先に電話をかけて欲しくないという人は、次の表をぜひ参考にしてみてください。


    書類提出で在籍確認をクリアできるカードローン一覧


    以下のカードローンは、勤務先への電話ではなく、指定される書類の提出で在籍確認をクリアできるカードローンです。

    業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
    アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
    アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
    SMBCモビット 〇 書類にて在籍確認が出来た
    レイクALSA △ ※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た
    三井住友銀行 △ ※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た

    会社名と申込者の氏名を同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を行うのですが、提出書類はカードローンにより異なります。

    以下のものは、在籍確認に必要となることが多い書類です。

    • 会社発行の健康保険証
    • 社員証
    • 給与明細書
    • 源泉徴収票

    みなと銀行カードローンQポートネオのスペックを徹底調査してみた!

    ・みなと銀行カードローンQポートネオって金利は低いほうなの?
    ・どうやって借入するの?
    ・返済方法は選べる?
    ・毎月いくら返せばいいの?

    ここからは、カードローンを利用する上で最低限知っておきたい情報について徹底解説していくので、ぜひ参考にしてください。


    金利と借入限度額について

    カードローンQポートネオの金利と借入限度額


    カードローンを利用したいと考えたとき、多くのユーザーが金利に注目します。


    どこのカードローンでも「4.5%〜15%」といった表記をするのですが、これを見たときに「4.5%か!カードローンってもっと金利が高いイメージだったけどそうでもないな!」と考えてしまった人は要注意です。


    というのも、みなと銀行のカードローンの金利は、借入限度額ごとに適用金利が定められているからです。

    まずは、以下の表を見てください。


    カードローンQポートネオの借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利
    10万円以上100万円以下 年14.0%
    110万円以上200万円以下 年10.0%
    210万円以上300万円以下 年8.0%
    310万円以上400万円以下 年7.0%
    410万円以上500万円以下 年6.0%
    510万円以上600万円以下 年5.5%
    610万円以上700万円以下 年5.0%
    710万円以上800万円以下 年4.5%

    表を見ると、金利4.5%で借入できるのは、借入限度額が710万円以上の場合のみということが分かります。

    初回の申込で借入限度額が700万円を超えるようなことはまずありませんし、それ相応の収入が必要になるので、最低金利が適用される人は本当に一握りと言えるでしょう。


    そして、カードローン利用者のほとんどは借入限度額は100万円以下、もしくは200万円以下となり、適用される金利は14.0%か10.0%です。


    これはみなと銀行に限らず、どこのカードローンでも同様で、初回申込時は上限金利かそれに近い金利が適用されます。

    低い金額でお金を借りれると思い込み、現実的でないプランを練らないように注意しましょう。


    ちなみに、みなと銀行カードローンQポートネオの上限金利14.0%は、銀行系カードローンの中でも低めの水準です。

    特に、110万円以上200万円以下の適用金利10.0%はかなり低めになっているので、110万円〜200万円の借り入れを予定している人であれば、お得度はより高いと言えるでしょう。


    返済方法と毎月の最低返済額について

    『金利が低い=負担する利息が少なく済む』
    多くのユーザーがこのように考えています。

    これはもちろん間違いではないのですが、カードローンを利用するうえで、金利の差以上に負担する利息に大きな影響を与えるのは、毎月の最低返済額と完済までにかかる期間です。

    実際にどれくらい影響を与えるか、当サイトで作成した返済シュミレーションを利用して、カードローンQポートネオの返済について詳しく解説していきます。
    ぜひ参考にしてみてください。


    カードローンQポートネオの返済方法と約定返済日


    約定返済期間は、自身の都合に併せて返済をすることができ、自由度が高いのがメリットですが、以下の2点に注意が必要です。


    ついうっかりの返済忘れに注意

    口座からの自動引き落としと違い、自分で返済日を管理して振り込む手続きが毎月必要になります。


    返済する期間が長くなりそうな人は、特に返済忘れに注意が必要です。


    約定返済期間外の返済は、随時返済となる

    約定返済期間外に返済を行った場合、そのお金は追加返済として扱われるため、もう一度約定返済期間内に毎月の返済額を振り込まなければいけなくなります。


    約定返済期間内に入金がないと、返済遅れということになり遅延損害金の発生、自身の信用情報にキズがついてしまうので、返済のタイミングに注意しましょう。


    カードローンQポートネオの毎月の最低返済額は高い?

    みなと銀行カードローンQポートネオでは、約定返済時の借入残高に応じて、最低返済額が定められています。

    返済額は、以下の通りです。


    カードローンQポートネオの毎月の最低返済額

    返済時の借入残高 最低返済額
    50万円以下 10,000円
    50万円超100万円以下 20,000円
    100万円超200万円以下 30,000円
    200万円超300万円以下 40,000円
    300万円超400万円以下 50,000円
    400万円超500万円以下 60,000円
    500万円超600万円以下 70,000円
    600万円超700万円以下 80,000円
    700万円超800万円以下 90,000円

    カードローンQポートネオの毎月の最低返済額は、最低でも10,000円〜と決まっていて、他のカードローンと比較して高めになっています。


    最低返済金額が高めと聞くと、デメリットに感じてしまう人が多いのですが、以下の返済シュミレーションを見比べてください。


    みなと銀行カードローンQポートネオの返済シュミレーション

    借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
    10万円 14.0% 11回 10,000円 6,962円
    15万円 14.0% 17回 10,000円 15,864円
    20万円 14.0% 23回 10,000円 29,076円
    30万円 14.0% 38回 10,000円 71,399円
    50万円 14.0% 76回 10,000円 254,785円

    三井住友銀行 カードローンの返済シュミレーション

    借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
    10万円 14.5% 75回 2,000円 51.374円
    15万円 14.5% 96回 4,000円 83,470円
    20万円 14.5% 121回 4,000円 137,167円
    30万円 14.5% 153回 6,000円 237,068円
    50万円 14.5% 202回 10,000円 469,098円

    三井住友銀行 カードローンの毎月の最低返済額は、10万円以下2,000円、20万円以下4,000円、30万円以下6,000円と2,000円刻みで細かく設定されています。


    この2つの返済シュミレーションを比較して分かるのは、最低返済金額が低いと返済期間が長くなり、その分支払う利息の合計が大きくなることです。


    一見、毎月の負担が軽い=利用者に優しいという風に見えますが、トータルで見ると最低返済額が低いほど利用者は損をする仕組みになっているのです。


    一方で、毎月1万円を返済に回すのは難しいという人にとっては、最低返済額の低さはメリットにもなり得ます。


    最低返済額が低いもの、高いものどちらにもメリットとデメリットがあることを踏まえて、自身の条件に合ったカードローンを選ぶことが最も重要と言えるでしょう。


    みなと銀行カードローンQポートネオは、ローンカードを利用したATMでの返済方法のみ、返済額は高めの設定となっていることから、

    10万円程度の少額融資、早期完済したいという人におすすめのカードローンと言えます。


    借入方法と利便性について


    みなと銀行カードローンQポートネオの借入方法は、ローンカードを利用したATMでの出金のみとなります。


    カードローンQポートネオ利用可能ATM一覧


    みなと銀行のATM以外に、ゆうちょ銀行やコンビニなどの提携ATMが利用できますが、みなと銀行以外のATMは利用手数料がかかります。


    返済時も同様で、みなと銀行ATM以外は手数料が発生するので、余計なお金がかかってしまう点はデメリットと言えるでしょう。


    近くにみなと銀行のATMがある人は、そちらを利用するのが最もおすすめです。


    みなと銀行カードローンQポートネオのメリット・デメリット


    みなと銀行カードローンQポートネオについて詳しく解説してきましたが、最後にこのカードローンを利用するメリットとデメリットを簡潔にまとめていきます。


    メリット

    金利が低い

    みなと銀行カードローンQポートネオは、一般的なカードローンと比較して金利が低く設定されています。

    特に、110万円〜200万円の借り入れ時の年率10%はかなり低くなっているので、その程度の融資を受けたい人には特におすすめです。


    審査結果がすぐに分かる可能性が高い

    Qポートネオは、最短即日で審査結果を教えてくれます。

    また急いで融資を受けたい場合、その旨を伝えれば優先的に審査を進めてもらえるので、柔軟に対応してもらえる点も魅力でしょう。


    口座開設や来店の必要がない

    Qポートネオは、みなと銀行の口座を持っていない人も利用できるカードローンです。

    契約時の来店も必要ないので、みなと銀行が近くにない人も安心して利用できます。


    デメリット

    郵送での契約手続きが必須

    契約手続きをWEB上で完結できず、必ず郵送での手続きが必要となります。

    そのため、申込から融資まで2週間程度必要なのは、大きなデメリットでしょう。


    口座自動引落しでの返済ができない

    みなと銀行の口座をすでに持っている場合でも、口座からの自動引落での返済は選択できません。


    コンビニATMの利用手数料が有料

    返済時であればコンビニATMの利用手数料が無料になるカードローンも多いですが、カードローンQポートネオは借入時も返済時もATM手数料が発生します。


    まとめ

    みなと銀行カードローンQポートネオは、金利が低くすぐに審査結果を教えてもらえるのが大きな魅力です。

    一方で、利用まで日数がかかる点や、コンビニATM手数料がかかる点などを踏まえると、他のカードローンを利用するのも1つの方法と言えます。
    最低返済額や返済方法など様々なポイントを比較しながら、どのカードローンを利用するか決めましょう。



    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ