みちのく銀行Webカードローン『トモカ』

掲載日:

みちのく銀行Webカードローントモカのバナー画像


このカードローンに向いている人

  • みちのく銀行をメインバンクとしている会社員の人
  • とにかく低金利にコダワリたい人
  • 融資実行までに5日以上猶予がある人
  • 30万円以上の借入を希望している人

このカードローンに向かない人

  • パート・アルバイトの人
  • 即日での借入を希望している人
  • 5万〜10万円程度の少額融資を希望している人
  • 家族に絶対に内緒で借入したい人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
4.9%〜14.0% 10〜300万円 最短即日 無し 必須 ナシ
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14.6% 満20歳以上満64歳以下 ()オリエントコーポレーション 不要


Webカードローン『トモカ』ってどんなカードローン?

Webカードローン『トモカ』は、青森市に拠点を置くみちのく銀行の取り扱うカードローンです。


大手メガバンクのカードローンと比較しても全く引けをとらない、かなりハイスペックなカードローンなのですが、特に注目してもらいたいのが『金利』です。


上限金利だけ見ると14%と平均的なのですが、30万円以上の借入限度額から一気に適用金利が下げられ30万円で12%、50万円で10%と超低金利で借入可能となっています。


ただ、残念なコトにこのカードローンを利用できるのは、みちのく銀行の営業エリア内に住んでいるもしくは勤め先があり口座を持っている人に限定されます。


それともう一点、即日での借入をすることはできません。


みちのく銀行とのお付き合いがない人、とにかく急いでお金を借りたいと考えている人には次の【業者検索】の利用をオススメします。
自身が求める条件に合ったカードローンをかんたんに検索することが可能です。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

  1. 申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. 金利と借入限度額について
  4. 毎月の返済額と返済方法について
  5. 借入方法・利便性について
  6. 申込から借入までの流れ 最短何日で借入できる?
  7. 在籍確認と郵送物 家族・職場に内緒で借入できる?
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. 利用者の口コミ

Webカードローン『トモカ』の申込資格がある人


Webカードローン「トモカ」への申込資格はつぎのようになります。

  • みちのく銀行の営業エリア内に居住もしくは勤務先がある人
  • 保証会社()オリエントコーポレーションの保証が受けられる人
  • みちのく銀行の口座を利用している人

属性

みちのく銀行Webカードローントモカに申込可能な属性


みちのく銀行口座が必須

口座の開設が必須とされているカードローンでも、多くの場合で申込は可能、審査通過後に口座開設という流れで利用できるのですが、Webカードローン「トモカ」は、Web上で申込から契約まで全ての手続きを完結できるカードローンとなっているため、現在みちのく銀行の口座の利用がない人は申込をすることができません。


全国からの申込には対応していない

申込できるのは、みちのく銀行の営業エリア内に住んでいるもしくは勤め先がある人に限定され、全国からの申込には対応していません。


みちのく銀行の営業エリア


東京都にも1店舗のみ支店があるのですが、東京支店を利用している人は申込不可となります。


借入限度額による年齢・属性の制限

申込時に10・30・50・100・200・300万円の6コースから、自身の希望する借入限度額を選択することになるのですが、借入限度額により、申込可能な年齢・属性が制限され次のように定められています。


借入限度額による年齢・属性の制限


自身に収入のない専業主婦の人は配偶者に安定した収入があること、学生の場合アルバイトなどをしていて、安定した収入があることが申込の条件となります。


契約時に用意しておく必要がある書類


契約時には次の2点の提出が必要です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

用意する書類、提出方法・条件はそれぞれ次のようになります。


本人確認書類の提出方法

本人確認書類の提出は、審査通過後に送られてくるメールに記載された『アップロード専用ページ』を利用して行います。
スマホやデジカメで撮影した画像をアップロードする形となるので、FAXや郵送といったメンドウな手続きが必要ありません。


Webカードローントモカで本人確認書類として認められるもの


本人確認書類は必ず顔写真が付いていること、氏名・住所・生年月日が記載されているコトが条件で、この3点の他には住民基本台帳カードが認められます。


Webカードローントモカでは健康保険証のように顔写真がない書類は本人確認書類として認められませんが、窓口への来店契約となるカードローントモカであれば健康保険証しか持っていない場合でも契約手続きが可能です。


収入証明書の提出条件

収入証明書は借入限度額が50万円を超える場合に提出が必要となりますが、本人確認書類と同様に、Web上でのアップロードが可能で次の書類が収入証明書として認められます。


Webカードローントモカで収入証明書として認められるもの


審査の結果次第では、50万円以下の借入限度額の場合でも収入証明書の提出が必要となる場合もあります。


みちのく銀行Webカードローン『トモカ』のスペックを徹底調査してみた!

カードローン「トモカ」の金利って低い?
どうやって借入する?
毎月の返済額はいくら?

ゼニエモンがみちのく銀行に電話にて問い合わせこれらの項目を徹底調査しました。
他行のカードローンとの比較も交えつつ詳しく解説していきます。


金利と借入限度額について


Webカードローン「トモカ」の金利と借入限度額について


消費者金融では約18%、銀行カードローンでは14%が平均的な上限金利となるので、一見すると「トモカ」の上限金利はごくごく平均的な数値なのですが、、。

借入限度額30万円以上から『トモカ』の金利はメチャクチャ低くなる!

具体的にどのくらい低いのか、TVCMなどでも見かける事の多い三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の借入限度額ごとの金利と比較していきます。


Webカードローン「トモカ」の借入限度額毎の適用金利

借入限度額 適用金利
10万円 14.0%
30万円 12.0%
50万円・100万円 10.0%
200万円・300万円 4.9%

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の借入限度額ごとの適用金利

借入限度額 適用金利
10万円以上100万円以下 13.6%~14.6%
100万円超200万円以下 10.6%~13.6%
200万円超300万円以下 7.6%~10.6%
300万円超400万円以下 6.1%~7.6%
400万円超500万円以下 1.8%~6.1%

銀行カードローンの多くが、バンクイックのように100万円以下の借入限度額は上限金利、もしくはそれに限りなく近い金利が適用されます「トモカ」のように、借入限度額30万円で12.0%、50万円で10.0%などと細かく金利が設定されているカードローンはめったにありません。


仮に借入限度額が50万円となった場合、この2つのカードローンの金利は4.6%もの差がでます。
4.6%の金利の差が月々の利息にどのくらい影響があるのか、利息を計算、表にまとめました。


借入限度額50万円の場合に支払う月々の利息比較表

借入をした金額 『トモカ』 適用金利10.0% 『バンクイック』 適用金利14.6%
5万円 417円 608円
10万円 833円 1,217円
15万円 1,250円 1,825円
20万円 1,667円 2,433円
25万円 2,083円 3,042円
30万円 2,500円 3,650円
40万円 3,333円 4,867円
50万円 4,167円 6,083円

借入する金額が5万〜10万円程度と少ない場合であれば、支払う利息の差は数百円と、さほど大きくないのですが、30万円以上の借入となると毎月の利息の差は1,000円以上、借入する金額が多ければ多いほど、その分支払う利息の差は大きくなっていきます。


Webカードローン「トモカ」で100万円借入した場合の月々の利息について


毎月3,000円の差はかなり大きいです。30万円以上の借入を希望している人、とにかく低金利で借入できるカードローンを探していたという人にみちのく銀行のWebカードローン「トモカ」はメチャクチャおすすめです。


アルバイト・パートの人の場合


Webカードローン「トモカ」では、アルバイトやパートの人は借入限度額の上限が10万円、適用される金利は14.0%となるので、銀行カードローンの中での平均的な金利が適用され、特別低い金利で借入するコトはできません。


それに加え、「トモカ」は保証会社が(株)オリエントコーポレーションで信販系のため、審査はやや厳しめになると予想されます。


借入先を銀行カードローンで絞って探している人は、保証会社がアコム(株)の三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、SMBCコンシューマーファイナンス(株)の三井住友銀行カードローンなど、保証会社が消費者金融系の銀行カードローンの利用を検討してみることをオススメします。

(株)オリエントコーポレーションなど信販系の保証会社に比べ、消費者金融系の保証会社の方が審査に通りやすい傾向にあります。


10万円以上借入したい人・審査に不安がある人は、ぜひ次のページを参考にしてみてください。
アルバイトやパートの人にオススメなカードローン、年収や勤続年数などが審査に与える影響などを詳しく解説しています。


パート・アルバイトの人にオススメなカードローン


返済方法と毎月の最低返済額について


カードローンを選ぶにあたり、毎月の返済方法、返済額、この2つの項目は非常に重要なポイントとなります。

特に毎月の返済額は、金利の差以上に負担する利息に影響を与えるので、返済シュミレーションを利用しながら徹底的に解説していきます。


Webカードローン「トモカ」の返済日と返済方法


毎月の返済は口座からの自動引落しにて行われるので、ローンカードを利用したATMでの返済に比べ、返済の遅れによる遅延損害金発生のリスクは低く抑えられます。


口座の残高不足には注意が必要ですが、みちのく銀行の口座を普段からメインバンクとして利用、給与振込先にしている人であれば、カードローンの返済の為にわざわざお金を移動させる手間が省けますし、毎月の収入と支出を1つの口座で管理することができます。


返済金額は、前月5日時点での借入している金額(借入残高)により決定され次の表のようになります。


前月5日時点の借入残高 返済額
5,000円未満 前月5日時点の借入残高
5,000円以上30万円未満 5,000円
30万円以上50万円未満 10,000円
50万円以上100万円未満 20,000円
100万円以上200万円未満 30,000円
200万円以上300万円未満 40,000円
300万円以上 50,000円

この返済額は口座から自動的に引き落される最低返済額で、早期完済を目指したい人は、ローンカードを利用してATMでの随時返済も可能なのですが、以下返済シュミレーションを利用して、最低返済額のみで完済した場合、完済間にかかる期間、返済回数、最終的に支払コトになる利息合計を表にまとめました。


借入限度額30万円・金利12.0%の返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
5万円 12.0% 11回 5,000円 2,949円
10万円 12.0% 23回 5,000円 12,135円
15万円 12.0% 36回 5,000円 29,231円
20万円 12.0% 52回 5,000円 56,693円
30万円 12.0% 90回 5,000円 153,152円

借入限度額50万円・金利10.0%の返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 10.0% 22回 5,000円 9,849円
15万円 10.0% 35回 5,000円 23,332円
20万円 10.0% 49回 5,000円 44,294円
30万円 10.0% 82回 5,000円 112,747円
50万円 10.0% 113回 10,000円 216,935円

Webカードローントモカは早期完済を目指しやすい

最終的に支払う利息を少しでも低く抑えるには、金利が低いカードローンを選ぶコトも大事ですが、それ以上に、いかに短い期間で完済するかという点が非常に重要なポイントとなります。


「トモカ」は借入残高30万円未満の場合、返済額が一律で5,000円、30万円以上50万円未満では10,000円と設定されているので、銀行カードローンの中で比較すると毎月の返済額はやや高めとなり、その分、完済までにかかる期間を短縮でき、最終的に支払う利息を低く抑えることが可能です。


そりゃ支払う利息を低くは抑えたいけど、今は生活に余裕がないし、毎月の負担が少ない方が助かるんだけど、、。

かといって無駄に多く利息を払うのもイヤだしな、、。


このような人は、毎月の返済額が低いカードローンを選択するのがベターです。


カードローンを利用して借入をした時に最も避けたいのが『返済遅れ』で、遅延損害金が発生するだけでなく、自身の信用情報にキズがつき、今後のローンの審査に悪影響を与えてしまいます。


全国からの申込に対応しているカードローンで最低返済額がメチャクチャ低めに設定されているのが三井住友銀行カードローンで、借入残高ごとの最低返済額が次のように設定されています。


三井住友銀行カードローン毎月の最低返済額

借入残高 最低返済額
2千円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円

10万円以下の借入額であれば毎月の返済は2,000円とかなり低めで、余裕をもった返済が可能です。


ただし、返済額が少ないというコトは、返済期間の長期化、最終的に支払う利息の増大につながるコトを忘れてはいけません。


ダラダラと返済を続けるのではなく、支払いに余裕がある月には、最低返済額に追加で、少しでも多めの返済を行い、できるだけ早い完済を目指すコトが上手にカードローンを利用するポイントです。


借入方法と利便性について


Webカードローン「トモカ」は、契約完了後に発行されるローン専用カードとすでに持っている普通預金口座のキャッシュカード、どちらもローンカードとして利用でき、みちのく銀行のATM、提携ATMで借入を行うことができます。


Webカードローン「トモカ」の利用可能ATM


セブン銀行やローソンなどコンビニATMの利用手数料は基本的には有料となるのですが、月に3回まではATM利用手数料の108円が減額されます。


これにより平日朝7:00〜夕方18:00までの間であれば、コンビニATMでも手数料無料で借入することが可能となっています。


もしもの時も安心の『自動融資』による借入

「トモカ」の『自動融資』は、公共料金やクレジットカード決済などの引き落としの際に、口座残高が不足した場合、カードローンの利用限度額の範囲内で自動的に不足額を融資してくれるサービスです。


Webカードローン「トモカ」の自動融資機能について


自動融資の対象となるのは、主に次のような口座振替です。

  • 公共料金(電気・水道・ガスなど)
  • クレジットカード決済
  • 税金(市県民税・固定資産税など)
  • 保険料(生命保険・損害保険など)
  • その他(家賃・会費・購読料など)

※Webカードローン「トモカ」の返済に関しては対象外


自動融資は非常に便利な機能ですが、カードローンからの借入なので当然金利が発生します。
不要な利息を支払うコトにならないよう、自動融資機能により借入となったものはATMを利用した随時返済でなるべく早く返済することをオススメします。


申込から借入までの流れ 最短即日で借入できる?



Webカードローン「トモカ」は、申込から契約までの手続きをWeb上で完結でき、支店窓口への来店不要、郵送不要、さらに審査回答まで最短即日と、融資までのスピードにかなり期待の持てるスペックなのですが、残念ながら申込をしたその日のうち、即日での借入には対応していません。


申込から実際の借入までは次のような流れとなります。


Webカードローン「トモカ」の申込から借入までの流れ


Webカードローン「トモカ」は最短3日での借入が可能

振込融資に対応していないカードローンの場合、通常であればローンカードが自宅へ届くまで借入することができす、実際に借入できるようになるまでには1週間〜10日前後かかることが多いですが、


Webカードローン「トモカ」は、契約手続き完了を完結した2営業日後から、すでに手元にあるみちのく銀行のキャッシュカードでの借入が可能となります。


ただ、ゼニエモンがみちのく銀行に電話にて問い合わせたところ、即日での審査回答はあくまでも『最短』で、申込の内容や混雑具合によっては時間がかかってしまうこともあり、審査回答までには申込日から2〜3営業日かかってしまうこともあるとのことでした。


土日・祝日などの銀行休業日の審査は行っていない為、連休前や週末の申込を予定していた人は注意が必要です。


「トモカ」は、借入をそこまで急いでいない人、融資実行までに5日〜1週間程度の余裕がある人にのみ利用をオススメできるカードローンだと言えます。

とにかく急いで借入をしたい人、GWやお盆などの連休中に急遽お金が必要となった人は、次の表で紹介するカードローンの利用を検討してみてください。

審査スピードが非常に早く、即日での借入にメチャクチャ有利なカードローンの一覧となっています。


即日での借入に有利なカードローン一覧

業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(一部店舗異なる)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


ここで紹介しているカードローンは即日での審査回答、振込融資に対応しているコトに加え、郵送ではなく、自動契約機でローンカードの発行をすることで、土日や夕方以降の申込でも即日での借入が出来る可能性が非常に高くなるので、借入を急ぐ人にメチャクチャオススメです。


Webカードローン『トモカ』は家族・職場に内緒で借入できる?



勤め先へカードローンの利用がバレる可能性はかなり低め

通常、カードローンを利用するには申込時に記入した勤務先に本当に勤めているかの確認『在籍確認』が必要となり、これはほとんどの場合、会社への電話連絡にて行われますが、Webカードローン「トモカ」は在籍確認ナシ、勤務先へ電話がかかることはありません。


電話連絡ではなく社会保険証や給与明細書などの書類提出で在籍確認OKとなるカードローンはあるのですが、在籍確認ナシでOKとされているカードローンはめったにありません。


ローンカードではなく、キャッシュカードでの借入が可能なので、ATMを利用しているところを、もし同僚や上司に見られても、カードローンの借入をしていると気づかれる可能性はかなり低いと考えられます。


カードローン「トモカ」は在籍確認が必須

在籍確認ナシで利用できるのは【WEB】カードローン「トモカ」のみで、みちのく銀行のもう一つの『カードローン「トモカ」』では在籍確認は必須、勤務先への電話が必ず掛けられます。


反対に家族にバレる可能性が高い、、。

ローンカードを見られる、通帳を見られるなどといったコトで家族にカードローンの利用がバレてしまうこともありますが、家族に内緒でカードローンを利用したい人が最も気をつけるべき点は、自宅への郵送物の有無です。


カードローン「トモカ」は、カードローン利用開始時に送られるローンカード以外にも定期的に自宅へ利用明細書が送られてきます。


Webカードローン「トモカ」は自宅へと利用明細書が郵送される


みちのく銀行から送られてくる封筒には、カードローンなどといった表記はされていないので、自分宛の郵便を見られることはないという人は問題ないのですが、家族にカードローンの利用がバレるリスクはかなり高くなってしまいます。


絶対に家族には内緒でカードローンの利用をしたいと考えている人は、次のページをぜひ参考にしてみてください。
家族に内緒で借入できるカードローンと方法を詳しく解説しています。


家族バレは絶対にNGな人


Webカードローン「トモカ」利用のメリット・デメリット

メリット

Webカードローン「トモカ」は利用できる人が限定される分、みちのく銀行の口座をすでに利用している人に多くのメリットがあるカードローンとなっています。


来店不要WEB上で手続きを完結できる

PC・スマホ、インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでもどこからでも「トモカ」への申込は可能で、申込から契約まで全ての手続きをWEB上で完結するコトができます。


仕事が忙しく、支店窓口への来店が難しい会社員の人にも利用しやすい銀行カードローンとなっています。


金利がメチャクチャ低い

借入限度額30万円以上から、適用金利が一気に低く設定されています。


30万円で12%、50万円で10%、全国からの申込に対応しているカードローンではここまで低い適用金利は滅多にありません。


地域密着型、地方銀行ならではの特別な金利となっています。


お金の管理を一本化できる!

返済が口座からの自動引き落としとなるので、みちのく銀行をメインバンクとして利用している場合、月々の収入と支出の管理がしやすくなります。


みちのく銀行の口座を給与振込先に指定している人であれば、毎月の返済のためにお金を移動させる必要がなく、返済遅れによる遅延損害金の発生リスクを低く抑えることもできます。


勤務先への電話連絡ナシで利用可能

在籍確認ナシとされているので、勤務先への電話連絡はありません。


勤務先へ絶対に内緒でカードローンの利用をしたいと考えている人にはかなりうれしいポイントとなるのではないかと思います。


デメリット

即日融資には対応していない

申込から借入までには最短でも3日、申込内容、審査の状況によっては5日〜1週間程度かかってしまいます。


その他スペックがメチャクチャ高い分、非常に残念です、、。


家族にカードローンの利用がバレるリスクが高め!

ローンカード以外に、年に2回ほど、必ず自宅へとカードローンの利用明細書が郵送されるため、家族に内緒で借入したいと考えている人には、不向きなカードローンだと言えます。


まとめ

みちのく銀行Webカードローン「トモカ」は、メチャクチャ低金利での借入が可能ですし、利用開始後の利便性が高かなりハイスペックなカードローンだと言えます。

みちのく銀行口座を給与振込先にしている、預金口座として利用している、これらの要素は、審査の際にプラスの判断材料となり、審査に通りやすくなる傾向にあるので、みちのく銀行の口座をメインバンクとして利用している人には特にオススメです。

借入までの時間に余裕がある人、自宅へ郵送物が届いても問題ない人はぜひ前向きに利用を検討してみてください。



口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ