熊本銀行カードローンについて徹底調査!あらゆる角度から解説します!

掲載日:

熊本銀行カードローンのHP


熊本県に住んでいる人に馴染みの深い「熊本銀行」では、以下の3つのカードローンを提供しています。

  • 熊本銀行カードローン
  • FFGカードローン
  • カードローンTHE FIRST

その中でも、メインのカードローンとして多くの熊本県民から愛されているのが「熊本銀行カードローン」です。


限度額が1,000万円と高めに設定されていて、なおかつ申し込みから契約まで来店不要で口座開設も必要ないとあって利用を検討している方は多いでしょう。


しかし、銀行系カードローンで限度額1,000万円と聞くと、審査基準が厳しそうな印象を感じるはずです。


では、熊本銀行カードローンは誰でも利用できるサービスなのでしょうか?


また、申し込みに必要な書類や具体的な流れなども気になる点です。


そこで本記事では、熊本銀行カードローンの申込資格、用意すべき書類、利用までの流れなどについて解説します。


熊本銀行カードローンを利用するメリット・デメリットについてもお話するので、利用を検討している方は本記事を読んでから使うか決めてください。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
年3.0〜14.5% 10万円〜1,000万円 1週間〜10日 無し 対象 有り
遅延損害金 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14.0%(実質年率) 20〜69歳 SMBCコンシューマーファイナンス ネット上のみで完了


    熊本銀行カードローンへの申込資格がある人

    熊本銀行カードローンはアルバイトや年金受給者でも申込できることを説明している図


    熊本銀行カードローンへの申し込み資格がある人は、次の通りです。


    20歳以上69歳以下で収入がある方

    保証会社の保証が受けられる方

    居住地および勤務先が九州・山口の方、または熊本銀行の普通預金口座をお持ちの方


    熊本銀行カードローンは、申込条件が広めに設定されています。


    多くの銀行が自社の普通預金口座を必要とする中、熊本銀行カードローンは自社の普通預金口座がなくても申し込み可能となっています。


    また、アルバイト・パート、年金受給者、配偶者に安定した継続収入のある専業主婦の方も申し込み可能です。


    専業主婦でも申し込みができるので、申込資格は厳しくないことがわかります。


    ちなみに、消費者金融では年収の3分の1を超える借り入れができない「総量規制」がありますが、熊本銀行カードローンは銀行なので対象外です。


    だからこそ、本人に収入がない専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば申し込みができるようになっています。

    熊本銀行カードローンで用意しておくべき書類

    熊本銀行カードローンの申込に必要な書類の図


    熊本銀行カードローンでは、申込時に必要となる書類があります。


    申込者全員が用意すべき書類は次の通りです。


    • 本人の名前・住所・生年月日が確認できる書類
    • 原則、運転免許証またはパスポート

    運転免許証は、有効期限内のものが必要です。


    また、2020年2月以降に発行されたパスポートに関しては、住所が確認できる書類の提出が必要となります。


    そして、利用限度額が50万円超える人だけが提出しなければいけない書類もあります。


    借り入れが50万円超で必要になるのは、収入を証明する書類です。


    • 給与所得者の方:所得証明書・源泉徴収票、給与明細のいずれか
    • 自営業者の方:納税証明<その2>、確定申告書<第1表および第2表>のいずれか

    収入証明書となる各書類は、以下の場所で取得できます。


    書類名 発行場所
    所得証明書 市区町村役場
    課税(非課税)証明書 市区町村役場
    所得・課税(非課税)証明書 市区町村役場
    源泉徴収票 勤務先
    給与明細書 勤務先
    確定申告書 市区町村役場・税務署

    もし、熊本銀行カードローンで50万円以上の借り入れを希望している場合、上記の書類の用意を忘れないようにしましょう。

    熊本銀行カードローンの利用までの流れ

    熊本銀行カードローンでは、熊本銀行の普通預金口座を持っている方と持っていない方で、申し込み方法が多少変わります。


    申込方法 対象者
    WEB完結申込 熊本銀行の口座を持っている
    お申込フォーム 熊本銀行の口座を持っていない

    熊本銀行の普通預金口座を持っている場合と持っていない場合、それぞれの流れについて見ていきましょう。


    熊本銀行口座を持っている人(口座引落型)の申し込みの流れ

    まずは、熊本銀行口座を持っている人の申し込みの流れです。


    • ネット申込
    • 必要書類の提出
    • 審査
    • 審査結果の通知
    • 契約&ローンカードの発行

    熊本銀行に口座を持っている方は、公式サイトの「熊本銀行口座あり」のボタンから申し込みを進めてください。


    必要書類の提出方法はショートメールで通知されるので、通知された内容に沿って書類を提出しましょう。


    熊本銀行カードローンの契約内容を電話で確認したのち、自宅宛てにローンカードが郵送されます。


    借り入れ方法はローンカードの利用が基本ですが、すぐ融資してもらいたい方は口座振込による入金でもOKです。


    以上で、熊本銀行に口座を持っている方の申し込みは完了です。


    熊本銀行口座を持っていない人(直接入金型)の申し込みの流れ

    続いては、熊本銀行に口座を持っていない方の申し込みの流れです。


    • ネット申込
    • 必要書類の提出
    • 審査
    • 審査結果の連絡
    • 契約書の郵送
    • 契約内容の確認
    • ローンカードの発行

    熊本銀行の公式サイトにアクセスして、「熊本銀行口座なし」のボタンから申し込みを進めてください。


    必要書類の提出方法は、口座がある場合と同様にショートメールで通知されます。


    審査が終わったら、電話または郵送で審査結果の連絡があります。


    申し込み確認書は自宅に郵送されるので、契約書に記入・捺印して返送しましょう。


    契約書を熊本銀行が受け取ったら、電話で契約内容の確認が行われます。


    その後、熊本銀行カードローンのローンカードが自宅に郵送されます。


    以上で、熊本銀行に口座を持っていない方の申し込みは完了です。

    熊本銀行カードローンの在籍確認

    熊本銀行カードローンでは、必ず在籍確認が実施されます。


    在籍確認とは、申込者が記入した勤務先に虚偽がないかどうか、審査担当者が電話や書類などで確認するものです。


    返済能力の有無を確認する意味でも、ほとんどのカードローンで実施されています。


    熊本銀行カードローンでは、電話による在籍確認が行われるので、あなたの勤務先に電話がかかってきます。


    在籍確認が実施されるタイミングは、申し込み手続きが完了して必要書類を提出した後です。


    具体的な流れを見てみましょう。



    最初に電話を取ったのが他の社員だった場合、その段階で「熊本銀行」の名前は出しません。


    個人名だけ名乗るので、他の社員にカードローンの利用がバレる心配はないでしょう。


    もし、少しでもカードローンの利用を疑われたくない場合は、同僚などに「クレジットカードの審査の電話が来る」と伝えておいてください。


    ちなみに、申込者が席を外していた場合でも、電話に出た社員が「○○(申込者の名前)はただいま席を外しております」と答えてくれれば、在籍確認は完了します。


    ただ、席を外していた場合の在籍確認はあくまで担当者判断となるので、これでOKのときもあれば本人が電話に出るまで完了しない場合もあります。

    熊本銀行カードローンの審査基準

    熊本銀行カードローンの審査基準の図


    熊本銀行カードローンでは、以下の審査基準を設けています。


    • 20歳以上69歳以下で収入がある方
    • 保証会社の保証が受けられる方
    • 居住地または勤務先が九州・山口の方、または熊本銀行口座を持っている方

    それぞれの審査基準について、詳しく見ていきましょう。


    20歳以上69歳以下で収入がある方

    熊本銀行カードローンに申し込めるのは、20歳以上69歳以下で収入がある方となっています。


    ただし、収入があれば雇用形態は問いません。


    アルバイト・パート・契約社員・派遣社員といった非正規雇用でも、申し込み可能です。


    また、年金受給者でも申し込みできるうえに、専業主婦・主夫であっても配偶者に収入があれば審査に通る可能性があります。


    熊本銀行カードローンは、かなり受け口の広いカードローンと言えるでしょう。


    保証会社の保証が受けられる方

    熊本銀行カードローンの利用に、担保や保証人は不要です。


    その代わり、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受ける必要があります。


    保証料は金利に含まれているので、別途支払う必要はありません。


    居住地または勤務先が九州・山口の方、または熊本銀行口座を持っている方

    熊本銀行カードローンは、居住地や勤務先が九州・山口の方、または熊本銀行の普通預金口座を持っている方しか利用できません。


    この条件に該当しない方は熊本銀行カードローンを利用できないので、他社のカードローンを検討しましょう。


    熊本銀行カードローンの借入方法

    熊本銀行カードローンの借り入れ方法の図


    熊本銀行カードローンの借り入れは、主にATMでローンカードを利用します。


    利用可能なATMは、次の通りです。


    熊本銀行ATM

    福岡銀行ATM

    十八親和銀行ATM

    ゆうちょ銀行ATM

    その他全国の銀行ATM

    全国の銀行ATM

    コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・E-netATM)


    手数料が無料になるのは、熊本銀行ATM・セブン銀行ATM・ローソンATM・E-netATMで、その他のATMを利用する際は所定の手数料が必要です。


    また、借入で利用できるATMと返済で利用できるATMはやや異なります。


    熊本銀行カードローンの返済方法

    熊本銀行カードローンの返済で利用できるATMは次の通りです。


    熊本銀行ATM

    福岡銀行ATM

    十八親和銀行ATM

    ゆうちょ銀行ATM

    コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・E-netATM)


    借入は、全国の銀行ATMが利用可能でした。


    しかし、返済に関しては熊本銀行・福岡銀行・十八親和銀行以外の銀行ATMに対応していないので注意しましょう。


    また、熊本銀行カードローンでは次の2つの返済方法が利用できます。


    口座引落型:熊本銀行の普通口座から毎月自動で引き落とされる
    直接入金型:都合の良いタイミングでATMから返済できる

    口座引落型は、毎月自動で引き落としされるので、返済を忘れる心配がありません。


    ただし、熊本銀行の普通預金口座がないと利用できないので注意が必要です。


    熊本銀行の普通預金口座がない方は、直接入金型を利用する形となります。

    熊本銀行カードローンの金利と借入限度額

    熊本銀行カードローンでは、利用限度額に応じて金利が設定されています。


    金利は固定で、年率3.0〜14.5%です。


    利用限度額 融資利率
    10万円〜100万円 14.5%
    100万円超〜200万円 12.0%
    200万円超〜300万円 10.0%
    300万円超〜400万円 8.0%
    400万円超〜500万円 7.0%
    500万円超〜600万円 6.0%
    600万円超〜700万円 5.0%
    700万円超〜800万円 4.0%
    800万円超〜1,000万円 3.0%

    熊本銀行カードローンの金利は、一番高くても14.5%と銀行系カードローンの中では平均的な設定です。


    また、利用限度額は申込者の返済能力や希望額に応じて設定され、それによって金利も変わってきます。


    つまり返済能力が高いと判断されれば、高めの利用限度額に設定してもらえるので、そうなれば低い金利で融資してもらえるのです。


    ちなみに、利用限度額は年収だけでなく、他社からの借入状況や信用情報などから総合的に判断され、熊本銀行が「無理なく返済できる程度」と判断した金額に設定されます。


    最初は限度額が低めでも、返済事故などを起こさずに利用を続ければ、信頼度が上がって限度額の増減も可能です。

    FFGカードローンとカードローン THE FIRSTについて

    熊本銀行には、「熊本銀行カードローン」という商品の他に、「FFGカードローン」と「カードローン THE FIRST」という2つのローン商品が用意されています。


    それぞれの概要を見てみましょう。


    【FFGカードローンの基本情報】

    申込条件 ・満20歳以上69歳未満
    ・熊本銀行の普通預金口座を持っている、もしくは九州・山口に住んでいるか勤務している
    ・保証会社の保証が受けられる
    金利 年14.5%
    借入限度額 10万円〜100万円
    申込方法 ネット・郵送
    融資までのスピード 1週間〜10日
    返済方法 自動引落、ATM
    収入証明書の有無 不要
    取引手数料
    保証会社 ふくぎん保証株式会社

    【カードローンTHE FIRSTの基本情報】

    申込条件 ・満20歳以上69歳未満
    ・年収が400万円以上もしくは熊本銀行住宅ローンを借入中・借入予定
    ・保証会社の保証が受けられる
    金利 年3.0〜8.0%
    借入限度額 50万円〜1,000万円
    申込方法 ネット・郵送
    融資までのスピード 1週間〜10日
    返済方法 自動引落、ATM
    収入証明書の有無 不要
    取引手数料
    保証会社 ふくぎん保証株式会社
    SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

    FFGカードローンは限度額が100万円と低めに設定されているため、熊本銀行カードローンより審査が優しいと考えられます。


    一方で、カードローンTHE FIRSTの金利は8.0%と、熊本銀行カードローンよりさらに低くなっています。


    そのため申込条件が厳しく、「年収が400万円以上もしくは熊本銀行住宅ローンを借入中・借入予定」と他のカードローンにはない条件が含まれています。


    借入のしやすい順番は、「FFGカードローン」「熊本銀行カードローン」「カードローンTHE FIRST」と考えて良いでしょう。


    自分の年収や利用目的に合わあせて選択できるので、幅広い方に利用しやすい環境となっています。

    熊本銀行カードローンを利用するメリットとデメリット

    熊本銀行カードローンのメリット・デメリットの図


    この項目では、熊本銀行カードローンを利用するメリットとデメリットについて解説します。


    熊本銀行カードローンを利用する5つのメリット

    熊本銀行カードローンには、数多くのメリットがあります。


    ここでは、特に注目すべき5つのメリットを紹介します。


    @限度額が1,000万円と高い

    1つ目の熊本銀行カードローンのメリットは、限度額が1,000万円と高い点です。


    通常、銀行系カードローンの限度額は500万円〜800万円が一般的となっています。


    そのため、800万円以上の借り入れができるところはかなり限定されます。


    800万円以上のお金を借り入れたい方にとっては、非常に魅力的なポイントと言えるでしょう。


    A申込・契約は来店不要

    2つ目の熊本銀行カードローンのメリットは、申込・契約に来店不要な点です。


    カードローンの中には、契約時に来店が必要なところもあります。


    銀行に足を運ぶ時間がない方でも、気にせず申し込みができるでしょう。


    B熊本銀行の口座開設不要

    3つ目の熊本銀行カードローンのメリットは、熊本銀行の口座開設不要な点です。


    銀行系カードローンの多くは、自社の普通預金口座が必須です。


    そのため、口座がない人はカードローン申込と同時に、普通預金口座への申し込みが必要なので、借り入れまで時間がかかります。


    一方で熊本銀行カードローンは、自社の普通預金口座なしで利用可能です。


    口座開設の手間・時間がかからないので、スムーズな借り入れができます。


    C前月の収入があれば申込可能

    4つ目の熊本銀行カードローンのメリットは、前月の収入があれば申込可能な点です。


    多くのカードローンでは、最低でも半年程度は安定した収入がないと申し込みできません。


    しかし、熊本銀行カードローンは年収や職業に関係なく、前月の収入があれば申し込み可能です。


    また、審査で重要視されるのは収入ではなく返済能力なので、年収が低くても審査に通る可能性は十分にあります。


    もし審査に通るか不安なら、熊本銀行カードローンの公式サイトにある「お借入れ診断」を利用してみてください。


    わずか数秒で借入可能かどうかチェックできます。


    熊本銀行カードローンのお借入れ診断


    Dプライバシーに配慮してくれる

    5つ目の熊本銀行カードローンのメリットは、プライバシーに配慮してくれる点です。


    在籍確認や契約書・ローンカードの郵送で、職場の同僚や家族にカードローンの利用がバレる可能性があります。


    しかし、熊本銀行カードローンでは在籍確認時に「カードローン」の名前を出すことはありません。


    また、自宅に契約書やローンカードが届くときも、封筒から契約書やローンカードが入っているとは分からないようになっています。


    このように、熊本銀行カードローンではプライバシーに配慮した対応をしてくれるので、家族や職場の同僚に知られたくない方でも安心して利用できます。


    3つのデメリット

    一見するとデメリットがなさそうに見える熊本銀行カードローンですが、実はデメリットがないわけではありません。


    では、どのようなデメリットがあるのか確認していきましょう。


    @熊本銀行口座がないと自動引き落としできない

    1つ目の熊本銀行カードローンのデメリットは、熊本銀行口座がないと自動引き落としできない点です。


    熊本銀行カードローンには、「口座引落型」と「直接入金型」の2つの返済方法があります。


    返済の手間が無く、返済忘れも防止できる口座引落型の方が便利なのは間違いありません。


    しかし、口座引落型の利用には熊本銀行の普通預金口座が必要です。


    熊本銀行の普通預金口座を持っていない場合は、口座開設してからカードローンに申し込むか、直接入金型で返済するかの2択になります。


    普通預金口座を持っていない方にとっては、少し利用するのが面倒な環境となっています。


    A居住地・勤務先が九州か山口県ではない方は熊本銀行口座が必須

    2つ目の熊本銀行カードローンのデメリットは、居住地・勤務先が九州か山口県以外の方は熊本銀行口座が必須な点です。


    熊本銀行カードローンを利用するためには、以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。


    • 居住地もしくは勤務先が九州か山口県
    • 熊本銀行の口座を持っている

    住んでいる場所か勤務地が九州・山口県でない方は、熊本銀行の普通預金口座が必要です。


    ちなみに、熊本銀行の営業区域は熊本県・福岡県・鹿児島県です。


    申し込み条件だけを見ると、非正規雇用者・年金受給者・専業主婦でも申し込めますが、住まいや勤務地、口座の有無によって利用できる人が限定されています。


    全国から誰でも気軽に利用できるわけではない点が、熊本銀行カードローンの大きなデメリットです。


    B即日融資は不可

    3つ目の熊本銀行カードローンのデメリットは、即日融資に対応していない点です。


    熊本銀行カードローンでは、申し込みから融資実行まで数日はかかります。


    既に普通預金口座を持っている方でも最短2営業日後の融資スタートです。


    熊本銀行カードローンを利用する際は、日数に余裕を持って申し込む必要があるでしょう。


    ちなみに、消費者金融の中には即日融資しているところがあるので、今すぐ借入したい方は消費者金融を利用するのがおすすめです。


    まとめ

    熊本銀行カードローンをおすすめしている図


    今回は、熊本銀行カードローンについて解説しました。


    銀行系カードローンと聞くと審査が厳しい印象ですが、熊本銀行カードローンはアルバイトやパート、年金受給者、専業主婦などでも申し込むことが可能です。


    また、限度額は1,000万円と高めに設定されているため、大口の融資を希望している方も安心して利用できます。


    加えて、金利は3.0〜14.5%と低めの設定です。


    利用限度額に応じて金利が設定されるので、借入額が多いほど低い金利で融資してもらえます。


    熊本銀行への来店も普通預金口座も不要で利用できるので、銀行系カードローンの利用を検討している方は、ぜひ熊本銀行カードローンに申し込んでみてください。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ