きらぼし銀行カードローン

掲載日:

きらぼし銀行カードローンチェキットのバナー画像


きらぼし銀行は東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京が2018年5月1日に合併してできた銀行です。主権の中小企業と個人のひとたちのための金融グループとして地域ナンバーワンを目指し、店舗・ATMも東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県に展開中。


きらぼし銀行に給与が振り込まれているひとは「前給制度」というきらぼし銀行独自のサービスが利用できることから、給与の振り込み前にお金が引き出せるメリットもあります。


きらぼし銀行には住宅ローン、リフォームローン、教育ローン、マイカーローン、カードローン、不動産担保ローン、フリーローン、アパートローン、リバースモーゲージローンなど9つのローンを取り扱っているのも特長です。


この2つのカードローンに向いている人

  • きらぼし銀行を利用している人
  • 東京都、埼玉、神奈川、千葉に住んでいる人
  • カードローンでも用途によって使い分けたい人

この2つのカードローンに向かない人

  • きらぼし銀行が住まい地区にない人
  • 店舗へ行くのが嫌な人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
7.80%〜9.80% 30万円、50万円、100万円 約10日 不要 不要 あり
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14% 20歳以上60歳以下で安定した収入が見込める人 当行およびきらぼし信用保証株式会社 あり


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

    きらぼし銀行カードローンってどんなカードローン?

    きらぼし銀行カードローンは各銀行が扱っているカードローンごとに固定金利のパーソナルカードローン、プラスユーネクストの2つに分かれています。
    電話で確認をしたところ現在は、プラスユーネクストの新規申し込みは一時停止しており、2020年5月にリニューアルして登場するとのことです。

    新しく登場するプラスユーネクストについては内容もまだ分からない状態ですが、現在申し込みができる旧東京都民銀行のパーソナルカードローンと申込みが一時停止されているプラスユーネクストについてそれぞれチェックしていきましょう。

    パーソナルカードローン


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    7.80%〜9.80% 30万円、50万円、100万円 約10日 不要 不要 あり
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    14% 20歳以上60歳以下で安定した収入が見込める人 当行およびきらぼし信用保証株式会社 あり

    パーソナルカードローンは実質年率が低いですが限度額がそこまで高くないことが特徴的です。


    その他のスペックは一般的な銀行カードローンと変わらないので、よっぽどの理由がない限り選ぶこともないかなというのが正直な感想です。


    契約をするために来店をする必要もあることから申込には結構手間がかかります…

    申込資格


    パーソナルカードローンは、申込条件が4つあり細かく記載されています。


    きらぼし銀行カードローンへの申込条件


    給与取得者の場合、年収が150万円以上が条件となっているので、月に12.5万円以上の収入がなければ申込むことができません。また勤続年数も1年以上となっているので、満たない方は注意してください。


    申込条件となる年齢も満20歳以上から満60歳以下となるので、年金を受け取っている人は申込みができない商品です。


    属性

    きらぼし銀行カードローンへ申込可能な属性


    本人に安定した収入があれば基本的にはOKですが、学生の方はNGとなります。


    社会人になっているということが条件のようですね。


    その他の属性では年金受給者は残念ながら申込をすることができません。


    といっても、60歳までが申込要件なので年金を受け取る年齢の方は審査に通らないという前の段階の申込資格を満たしていないということにまります。

    契約時に用意しておく必要がある書類


    パーソナルカードローンでは契約時に

    • 本人確認証明書
    • 前年の所得を証明する書類

    これら2点の提出が必要となります。


    きらぼし銀行カードローンの申込書類


    本人確認証明書では運転免許証、パスポート、住民票、印鑑証明書が対象になります。

    顔写真が載っていない、上記のものを持っていない場合は、健康保険証と公共料金の領収証または請求書でも利用できます。


    前年の所得を証明する書類では住民税決定通知書、確定申告書控(税務署受付印のあるもの)の写し、納税証明書、源泉徴収票のいずれかが使えます。


    申込みから借入れまでの流れについて


    借入れまでの全体の流れについては以下のようになります。

    • 仮審査申込み
    • 審査結果の連絡
    • 本申込み
    • カードローンカードの郵送

    パーソナルカードローンの審査を受けるためには、まず仮審査を受ける必要があります。


    仮審査はFAXまたは近くの店舗から申込みをすることができますが、店頭申込みの場合、パーソナルカードローンを取扱しているのは旧東京都民銀行の店舗だけなので、旧八千代銀行、旧新銀行東京の店舗では申込みできません。


    FAXで申し込む場合は、WEBから「FAX仮審査申込み書」がダウンロードできるので、必要事項を記入して、運転免許証のコピー(表裏)、または健康保険証(表裏)+公共料金の領収書のコピーを一緒にFAXで送ってください。


    仮審査の申込み後は、約10日ほどで審査結果が電話でかえってきますので、審査通過後は本申込みに移ります。


    本申込みは、審査結果の連絡の後1ヵ月以内に支店に来店する必要があるので、本人確認書類と前年の所得を証明する書類の2つをもって店頭窓口へ向かいましょう。受付している店舗は、仮審査と同様に旧東京都民銀行の窓口に限られます。


    本申込み完了後は、カードローンカードが郵送されてくるので、受け取ったその日から借入れ可能です。


    在籍確認について

    きらぼし銀行カードローンの審査では在籍確認というものがあります。


    在籍確認とは、申し込みをした人が本当に働いているのかを会社などに確認するものです。


    そのため、勤務先に電話がされることになります。


    これによりカードローンの利用がばれてしまうと考える方がいるかもしれませんが、ばれることは基本的にないと考えて構いません。


    なぜなら、銀行は会社名を名乗らず担当者の個人名で申込者が在籍しているかを確認するからです。


    この電話で申込者が在籍していることが分かれば、在籍確認は完了となります。
    この際、申込者本人が電話に出る必要はなく、本人以外が在籍していることを伝えても在籍確認が完了となります。


    以下が在籍確認の返答例です。


    在籍確認がOKとなる返答例


    このように、在籍していることを確認できれば、問題ありません。


    金利と借入限度額


    パーソナルカードローンは固定金利で最高年率9.8%と低く設定されています。


    さらに、金利特典といったものもあり、きらぼし銀行(旧東京都民銀行)にて下記の受取・支払い・預金・クレジットカードの利用があれば1項目につき0.5%、最大年率2.0%の金利が優遇されます!


    きらぼし銀行カードローンへ申込可能な属性


    よって、通常でも低い年9.8%の金利から年2.0%が優遇された、年7.8%で借入れすることができるのです。


    借入限度額は30万円、50 万円、100万円の3種類から選ぶことができます。


    毎月の返済額と返済方法について


    返済日は毎月7日(銀行休業日の場合は翌営業日)に指定した預金口座から返済金額を引き落とします。


    返済額は2つのうち、小さい金額が返済額となります。

    前月約定返済日の最終残高に応じた返済額

    前月約定返済日の最終残高に応じて、下の表により返済額が決定します。

    借入限度額 毎月返済額
    50万円以下 1万円
    50万円超100万円以下 2万円
    100万円超 3万円

    50万以下は一律で毎月1万円の返済となりますので、他のカードローンのように完済までの時間は多少かかっても大丈夫だから毎月の返済額を低くしたという方には不向きとも言えます。


    ただ、逆に借り入れした残高をすぐに返済したいと考えている方にはきらぼし銀行のパーソナルカードローンは向いていますね。

    当月の約定返済日前日(約定返済額引き落とし前)の最終残高に、約定返済日当日に元加される利息額を加えた金額

    また、毎月の支払とは別に、きらぼし銀行のATMでカードローンカードを使い、希望の金額を別途返済することも可能なので、早めに返済したい方は積極的に利用するのがおすすめです。


    プラスユーネクスト

    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    3.4%〜14.8% 300万円 約10日 不要 必要 あり
    遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    18% 20歳以上64歳未満の方 株式会社オリエントコーポレーション あり

    プラスユーネクストは現在申込みが一時停止されていますが、電話で伺ったところ2020年5月にリニューアルして登場する予定とのことです。


    なので、現在は申込みすることはできませんが既にプラスユーネクストをお持ちの方は今まで通り利用することができます。


    申込資格


    プラスユーネクストは、申込条件が3つあります。


    きらぼし銀行カードローンへの申込条件


    パートやアルバイトでも安定した収入が見込まれるのであれば申込することができ、きらぼし銀行で他のカードローン契約がないことも条件に含まれているので申込前にチェックしてみてください。


    属性

    きらぼし銀行カードローンへ申込可能な属性


    特長


    限度額最大300万円のカードローンなので、ちょっとした出費や大きな借入が必要となったときに選んでおくと良いカードローンです。


    申込はネットからもでき、FAXで仮審査申込もできるのでどちらかを選んで申込をしておきましょう。


    注意点


    20歳以上の学生でアルバイトをしている人でも「学生」は申込不可となっています。


    また本人に収入がない場合は配偶者に収入があるのを前提に限度額30万円まで、パート・アルバイトも限度額は30万円となっているので注意しておきましょう。


    返済が遅れている場合は、限度額30万円のうち10万円を利用し残20万円の枠があったとしても、利用停止となり借入ができないので送れずに返していくのがいいです。


    また収入に対し返済金額が少ないときには限度額の減額もあるのでここも注意!


    審査完了後は来店が必要で返済用の口座開設となっています。


    どっちのカードローンを利用する? 選び方のポイント


    銀行口座がなくても利用したいときはパーソナルカードローンがいいですが、申込条件が厳しいので安定した収入がある方向きです。


    また100万円以内の融資を希望しているならこちらのカードローンが低金利で使いやすいでしょう。


    300万円以内の借入を希望しているなら、プラスユーネクストを検討してください。


    銀行のカードローンなので申込条件の幅は狭く、返済の遅れにも厳しさはありますが限度額が大きい特長があります。


    配偶者に収入がある、アルバイトを続けているという方も申込みができるので、自分のライフスタイルと考えてどちらにするのか選ぶのがポイントです。


    きらぼし銀行カードローンを利用するメリット・デメリット


    最後に、きらぼし銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめてみました。


    赤矢印

    金利優遇制度で金利を下げられる!
    限度額が3種類から選べる

    黒矢印

    申込みに年収制限がある
    きらぼし銀行(旧東京都民銀行)の店舗が近くにない場合には手続きが不便

    きらぼし銀行のパーソナルカードローンは最高年率9.8%と金利をなるべく抑えたい方にはおすすめのカードですが、申し込み条件が厳しくなっています。
    それに比べ、プラスユーネクストはパート・アルバイトはもちろん専業主婦でも申し込み可能です。
    それぞれにメリット・デメリットがありますので自分の使い方に合ったカードローンを選びましょう。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ