鹿児島銀行カードローン かぎんカードローンS(エス)

掲載日:


このカードローンに向いている人

  • 鹿児島県に住んでいる人
  • 5万円以下の借入を希望している人
  • 短期間での完済を予定している人
  • スマホを持っている人

このカードローンに向かない人

  • 鹿児島県外に住んでいる人
  • 10万円以上の借入をしたい人
  • とにかく急いでお金を借りたい人
  • PCからの申込を予定している人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
1.9%〜14.5% 10〜1,000万円 最短2日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
借入利率と同率 満20歳以上満69歳未満 慨MBCコンシューマーファイナンス 不要


かぎんカードローンSってどんなカードローン?

かぎんカードローンSは鹿児島銀行の取り扱うカードローンですが、
利用するにあたり口座の開設は不要、営業エリアによる申込制限はないので、
全国からの申込に対応しています。


ただ、コンビニATMが利用できないため、鹿児島銀行が生活圏内にない場合、
非常に使い勝手が悪くなってしまいます。


申込から借入までは最短でも2日かかるので、
借入をメチャクチャ急いでいる人、鹿児島県外に住んでいる人は、
以下業者検索を利用してみてください。


自信が求める条件に合ったカードローンをかんたんに検索することができます。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

鹿児島銀行のかぎんカードローンSいついて、電話で問い合わせ、徹底調査しました。

鹿児島銀行公式HP以上に濃い内容でお届けしますので、かぎんカードローンSの利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

少し長くなってしまっているので、あまり時間に猶予がない人は、以下目次から、自身の気になる項目を選択、チェックしてもらえると幸いです。


  1. 鹿児島銀行カードローンかぎんカードローンS(エス)への申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. かぎんカードローンS(エス)は最短何日で借入できる?
  4. 在籍確認について 勤務先への電話連絡はある?
  5. 金利と借入限度額について
  6. 毎月の返済額と返済方法について
  7. 借入方法・利便性について
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. 鹿児島銀行カードローン かぎんカードローンS(エス)利用者の口コミ

鹿児島銀行カードローンかぎんカードローンS(エス)の申込資格がある人


鹿児島銀行カードローンかぎんカードローンS(エス)への
申込資格はつぎのようになります。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満69歳未満の人
  • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス鰍フ保証を受けられる人

属性

鹿児島銀行カードローンに申込できる人


専業主婦の人は配偶者に安定した収入があるコトが条件、
学生はアルバイトなどで収入があるコトが条件となりますが、
かぎんカードローンSに申込可能です。


年齢の上限も69歳までと高く、年金収入の人も申込可能なので、
申込可能な対象範囲は非常に広くなっています。


契約時に用意しておく必要がある書類


かぎんカードローンSは、利用するにあたり口座の開設不要となっているので、
すでに鹿児島銀行の口座を持っている人も、持っていない人も、
用意する書類は同様で、次の書類が必要となります。


かぎんカードローンSで本人確認書類として認められるもの


これらの書類のほかには住基カードなどが、
本人確認書類として認められますが、


かぎんカードローンSでは、顔写真入りの書類のみ
本人確認書類として認められるため、
健康保険証などの写真がない書類は不可となります。


専用アプリの利用で書類提出が楽に!

かぎんカードローンSは、専用アプリからの申込が可能、
スマホで本人確認資料を撮影、そのままアップロードすることで、
コピーや郵送の手間と時間を省略できます。


この専用アプリは、書類提出だけではなく、
申込手続き、審査通過後の契約手続きまで
行うことができるので、スマホを持っている人は、
アプリをダウンロードしてからの申込がオススメです。


かぎんカードローンS専用アプリで書類提出


収入証明書の提出条件

かぎんカードローンSでは、借入限度額が300万円を超えた場合、
収入証明書の提出が必要となります。


収入証明書の提出は、アプリで行う事ができないので、
必ず郵送で提出しないといけません。


収入証明書として認められるのは次の書類です。


  • 給与明細書(会社発行印のあるもの)
  • 源泉徴収票
  • 年間所得証明書
  • 市町村民税特別徴収税通知書

銀行カードローンも総量規制の対象に

2017年4月から銀行カードローンでも総量規制を取り入れる動きが出てきており、
50万円以上の借入限度額から収入証書の提出が必要になる可能性が高くなっています。

かぎんカードローンSで最短で借入するには


かぎんカードローンSへの申込方法は、

  • インターネットからの申込
  • 専用アプリからの申込
  • 電話での申込
  • FAXでの申込

この4通りの方法が用意されています。


この中で、申込から借入までの手続きが、
最もスムーズで早く完結できるのが、
スマホアプリからの申込です。


審査回答までの時間、契約手続きの方法を
「かぎんeバンクセンター」に電話で問い合わせ、
調査を行いましたので、詳しく解説していきます。


かぎんカードローンSの最短融資までの流れ


専用アプリで契約手続きが完結できる

地銀系のカードローンでは、審査回答後の
契約手続きは郵送のみとなる場合が多く、
審査回答から契約完了までに、約5日程度かかってしまうコトが
多いのですが、


かぎんカードローンSはアプリを利用することで、
審査回答日に、契約手続きまで完結できます。


指定口座への振込融資に対応している

契約手続き完了後、ローンカードが自宅へと発送されますが、
このカードが届くまでには約1週間かかってしまいます。


かぎんカードローンSは、初回借入時とはなりますが、
指定口座への振込融資に対応していて、
ローンカード受け取り前の借入が可能です。


契約手続きを13時までに完結できた場合は、
即日中の振込、13時を過ぎてしまった場合は、
翌日の振込となります。


・振込先口座は自身の名義であれば、鹿児島銀行以外の口座でもOKです。


専用アプリを利用せずに申込をした場合、
契約手続きを郵送で行うことになり、
申込から契約完了までには約5日程度かかってしまいます。


借入を急いでいる人は専用アプリからの申込を推奨します。


絶対に今日中にお金が必要なんだ!という人は

かぎんカードローンは最短2日での借入も可能と、
融資までのスピードは、かなり早い方ではあるのですが、


審査回答が最短翌日となるため、即日での借入は不可となっています。


それに加え、土日・祝日は営業しておらず、
審査回答、振込での融資、ともにできませんので、
その分、融資までに日数がかかってしまいます。


とにかく急ぐ!絶対に今日中にお金が必要なんだ!
というように借入をメチャクチャ急いでいる人は、
以下、カードローンの利用がオススメです。


即日での借入に有利なカードローン一覧

ここで紹介するカードローンは、次の3つの条件を満たした、
即日での借入ができる可能性が非常に高いカードローンです。

  • 土日・祝日問わず即日審査回答が可能
  • 契約時の振込融資に対応
  • 自動契約機の利用で夜間の即日カード発行可能
業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(年中無休、一部店舗異なります。また年末年始を除く)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


自動契約機でローンカードの発行をすることで、
土日や夕方以降の申込でも即日での借入が出来る可能性が非常に
高くなるので、急な出費時の対応力はかなり高めです。


かぎんカードローンSの在籍確認について


カードローン利用時には、申込をした本人が申告した会社に
本当に勤めているかを確認するための在籍確認が必ず行われます。


在籍確認は基本的に勤め先への電話連絡にて行われ、
かぎんカードローンSも同様です。


かぎんカードローンSの在籍確認について


この電話には、本人が出る必要もありませんし、
「カードローンの審査の為の電話です。」などと伝えられることはないので、
勤め先に、カードローンの利用が知られる可能性は低いです。


ただ、
普段自分宛の電話がかかるコトが少なくなんだか怪しまれそう、
絶対に会社に電話をかけて欲しくない、
このようなユーザーの声を多く耳にします。


そこで、「かぎんeバンクセンター」に電話で問い合わせてみました。

  • 在籍確認の電話がかけられる時間は指定できますか?
  • 勤務先への電話以外の方法で在籍確認できませんか?

在籍確認に関しましては、保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)が行っていますので、お時間の指定は難しくなっております。

電話連絡以外の在籍確認につきましては、保証会社の判断次第となりますので、お答えできません。


かぎんカードローンの審査業務は、
保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス鰍ェ
行っているので、詳しい内容は分からないようでした。


勤め先への電話連絡をどうしても避けたいという人は、次のカードローンの利用を推奨します。

在籍確認を勤め先への電話ではなく、書類の提出で完結できるカードローンをピックアップしました。
当サイトの管理人ゼニエモンが、実際に申込、検証も行っていますのでぜひ参考にしてください。


書類提出で在籍確認をクリアできるカードローン一覧

業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た

会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を
クリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となります。


かぎんカードローンSのスペックを徹底調査してみた!


・かぎんカードローンSの金利は低いのか?
・どうやって借入する?
・返済方法は選べるの?
・毎月の返済額は高い?

ここからは、かぎんカードローンSのスペックを徹底調査、解説していきます。
カードローンを選ぶ上で最低限抑えておきたい情報をお届けしますのでぜひ参考にしてみてください。


金利と借入限度額について


かぎんカードローンSの金利は1.9%〜14.5%、
借入限度額は10万円〜1,000万円までと設定されています。


かぎんカードローンSの金利と借入限度額


カードローンを選ぶときに、多くのユーザーがまず注目するのが金利ですが、
金利を比較する際に、このゼニエモンのように下限金利、
低い方の金利を見比べてはいけません。


カードローンの金利は、借入限度額毎に、
適用金利が定められていて、
借入限度額は、審査によって決まります。


次の表を見て下さい。


借入限度額 適用金利
50万円以下 14.5%
50万円超100万円以下 12.5%
100万円超200万円以下 9.5%
200万円超300万円以下 8.5%
300万円超400万円以下 6.5%
400万円超500万円以下 4.5%
500万円超800万円以下 3.9%
800万円超 1.9%

金利1.9%で借入できるのは、
借入限度額が800万円を超えた場合のみです。


審査の結果借入限度額が800万円超となるコトは、
可能性的には有りあるというだけであり
初回、申込者がすんなり契約できる金額ではありません。


初めての申込時は、ほとんどの場合、
上限金利、もしくはそれに近い金利が適用されます。
これはどこのカードローンでも同様です。


かぎんカードローンSの上限金利は14.5%、
これは銀行カードローンの中では平均的な水準です。


カードローンを利用した高額融資は難しくなる

2017年4月から銀行カードローンも、貸しすぎによる多重債務者の増加を防ぐために、
自主規制ではありますが、総量規制の対象となりました。


これにより、年収の3分の1を超える貸付は不可となります。
800万円超の借入限度額となるのは、年収が2,400万円以上の人です。
チョット現実的ではありません。


初回申込時は、100万円以下の借入限度額になる可能性が高いです。


返済方法と毎月の最低返済額について


かぎんカードローンSの返済方法は、
ローンカードを利用したATMでの入金のみとなります。


鹿児島銀行の口座をすでに持っている場合でも、
口座からの自動引き落としでの返済は選択できません。


返済時利用できるATMは、
鹿児島銀行ATMとゆうちょ銀行ATMのみとなります。


かぎんカードローンS返済時利用可能ATM


返済日は、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)、
返済金額は前月末の借入残高により決定されます。


返済額決定の翌日から10日までの間に返済を行うので、
毎月1日〜10日までの間にかならず1度は鹿児島銀行ATM
もしくはゆうちょ銀行ATMに出向く必要があります。


かぎんカードローンSの最低返済額は低い

かぎんカードローンSの最低返済額は、
50万円を超えると平均的な金額なのですが、
50万円以下の借入残高からは、返済額が細かく設定され、
他カードローンと比べ、低めの設定となっています。


前月末の借入残高 毎月の返済額
2千円以下 1,000円
2千円超10万円以下 2,000円
10万円超30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超700万円以下 80,000円
700万円超800万円以下 90,000円
800万円超 10,000円

毎月の返済額が低いコトは、余裕を持った返済ができるという
メリットになるのですが、
その反面、返済期間の長期化、支払利息の増大化という
デメリットにもなりうるコトを知っておかないといけません。


以下、かぎんカードローンSの返済シュミレーションを行いました。


かぎんカードローンSの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.5% 74回 2,000円 49,955円
15万円 14.5% 91回 5,000円 74,129円
20万円 14.5% 106回 5,000円 109,478円
30万円 14.5% 155回 5,000円 259,168円
50万円 14.5% 194回 10,000円 454,359円

かぎんカードローンSで50万円借入、最低返済額のみで返済を続けると、
完済までには約17年かかり、支払う利息は45万円にも昇ります。
50万円借りた場合、返す金額はほぼ100万円です。


あれ?
毎月10,000円の返済したら、もっと早く完済できるし、支払う利息ももっと低い気がするんだけど、、。

この返済シュミレーションなんだかおかしくない?


確かに、毎月10,000円の返済を続けた場合、
完済までにかかる期間は約約6年、
支払う利息は約28万円に抑えることができますが、
かぎんカードローンSの毎月の返済額は、
次のように借入残高に応じて変化していきます。



50万円を借入、毎月10,000円の返済を続け、
30万円まで借入残高が減った段階で5,000円、
10万円で2,000円とだんだんと
最低返済額が引き下げられていきます。


この仕組みにより、返済期間の長期化、
支払い利息の増大化に繋がってしまいます。


カードローンを利用してお金を借りる際、
金利の差以上に、支払う利息に大きな影響を
与えるのが、毎月の返済額、完済までにかかる期間です。


かぎんカードローンより金利が3.8%高い、
金利17.8%のプロミスで、同じ金額を借入した場合の
返済シュミレーションが次のようになります。


プロミスの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 17.8% 32回 4,000円 26,316円
15万円 17.8% 32回 6,000円 39,484円
20万円 17.8% 32回 8,000円 52,676円
30万円 17.8% 36回 11,000円 89,345円
50万円 17.8% 58回 13,000円 248,998円

同じ金額の借入でも、金利が高いプロミスの方が、
随分と支払う利息を抑えられることが分かります。


プロミスは、借入した時の残高で、最低返済額が決められ、
追加の借入をしない場合、最初から最後まで一定の金額で
返済を続けることになります。


銀行カードローンのかぎんカードローンS、消費者金融のプロミス、
金利、最低返済額、パット見だと断然銀行カードローンの方が、
ユーザーに優しい印象を受けますが、
極端に言うと、毎月の返済額が低いということはこういうことです。



かぎんカードローンSは、自己管理が厳しくでき、
早期完済を目指せる人以外にはオススメできません。


  • 返済時利用できるATMが鹿児島銀行とゆうちょ銀行ATMのみ
  • 口座からの自動引き落としでの返済不可
  • 返済が長期化する可能性が非常に高い

5万円以下の少額の借入で、パッと返してしまうような
利用方法であれば、デメリットは小さく抑えることができますが、
10万円を超える借入になってくるとデメリットの方が前面に出てきてしまいます。


10万円を超える借入を希望している人は、
借入時から完済まで最低返済額が変わらないプロミスや、
借入残高50万円以下は一律10,000円と設定されている
みずほ銀行カードローンなどといったカードローンの方が
向いていると考えられます。


これらのカードローンはコンビニATMでの返済可能、
口座からの自動引き落としでの返済も選択可能で、
返済時の利便性は高めです。


借入方法と利便性について


かぎんカードローンSの振込融資は、
初回借入時のみの利用となり、
2回目以降の借入はローンカードを利用した
ATMでの出金のみとなります。


利用可能なATMは鹿児島銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM、
他全国の提携銀行ATMとなります。


コンビニATMでの利用は不可となるので、
急な出費時の利便性は低くなっています。


かぎんカードローンS利用のメリット・デメリット


かぎんカードローンについて、徹底調査・解説してきましたが、
最後にこのカードローンを利用するメリットとデメリットを
簡潔にまとめました。


メリット

アプリで申し込みから契約まで完結できる

専用アプリをダウンロードすることで、
申込手続き・必要書類の提出・契約手続きを
完結することができるので、郵送や来店での
手続きが一切不要となっています。


申込の対象範囲が広い

配偶者に安定した収入があるコトが条件にはなりますが、
専業主婦の申込可能、学生や年金受給者の人も、
申込可能となっているので、幅広い層の人が申込・利用
することができます。


デメリット

即日での融資には対応していない

審査回答は最短でも申込の翌日となるため、
即日での借入は不可となります。


返済時の利便性が非常に低い

鹿児島銀行の口座を持っている場合でも、
口座引き落としでの返済は不可、
ローンカードを利用したATMでの返済のみとなります。


返済時利用できるATMは鹿児島銀行とゆうちょ銀行の2行のみで、
利便性は随分と低いです。


返済の長期化・支払利息の増大化する可能性が高い

毎月の最低返済額が低いため、
返済期間が長くなり、その分支払う利息が大きくなる可能性が高いです。


まとめ

かぎんカードローンSは、日本全国から申込可能ですが、鹿児島県に住んでいない人があえて選択するほどのメリットはありません。

専用アプリを利用することで申込から契約手続きまでが非常にスムーズに行え、最短2日での借入が可能ですが、利用可能ATMが非常に少ないため、鹿児島銀行が生活圏内にある人のみ利用を検討してください。

口座開設が不要なため、鹿児島銀行の口座を持っていることで得られるメリットは特にありませんし、鹿児島銀行に強いこだわりがある人以外は、全国対応している三井住友銀行やみずほ銀行といったメガバンクのカードローンや、プロミスやアコムといった大手消費者金融の利用を検討してみるコトをオススメします。


口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ