香川銀行カードローン『PaPaっとCard』

掲載日:

香川銀行カードローンパパットカードバナー画像


このカードローンに向いている人

  • 香川銀行をメインバンクとして利用している人
  • 30万円以上の借入を希望している人
  • WEB上で手続きを完結させたい人
  • 融資実行までに2日〜3日程度は余裕がある人

このカードローンに向かない人

  • 香川銀行の口座を持っていない人
  • とにかく急いでお金を借りたい人
  • 短期間・スポット的な利用を予定している人
  • 10万円以下の少額融資を希望している人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
5.5%〜14.6% 10万〜500万円 最短即日 無し 必須 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
18.0% 満20歳以上満68歳以下 四国総合信用株式会社 不要


香川銀行カードローンPaPaっとカードってどんなカードローン?

PaPaっとカードは、地方銀行の香川銀行が取り扱うカードローンで、利用できるのは香川銀行の営業エリア内勤務先がある人、居住しているに限定され、全国からの申込には対応していません。


現在香川銀行の口座の利用がない人や、四国地方に住んでいない人、即日融資を希望するという人は、以下、【業者検索】の利用を推奨します。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

  1. 申込条件
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. 申込から借入までの流れ
  4. 在籍確認について
  5. 金利と借入限度額について
  6. 毎月の返済額と返済方法について
  7. 借入方法・利便性について
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. 香川銀行カードローンパパットカード利用者の口コミ

香川銀行カードローンパパットカードへの申込資格がある人


香川銀行カードローンへの申込資格はつぎのようになります。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満68歳以下の人
  • 安定した収入がある人
  • 香川銀行営業エリア内に勤務、居住している人
  • 保証会社の保証が受けられる人

香川銀行の営業エリア

東京支店、セルフうどん支店を利用している場合は、カードローンパパットカードの申込は不可となります。


属性

香川銀行カードローンパパットカードへ申込可能な属性

香川銀行口座の開設が必須条件

利用するには、香川銀行の口座が必須条件です。


すでに口座を持っている人であれば、申込から借入までの手続き全てをWEB上で完結するコトも可能ですが、口座を持っていない人は、審査通過後に必ず香川銀行支店窓口への来店が必要となります。


職業・収入の形態による制限が緩い

年金受給者や配偶者に安定した収入のある専業主婦、アルバイトをしていれば学生でも申込可能とされていて、多くの人が利用可能なカードローンです。


ただし、属性による借入限度額の制限が設けられおり、以下のようになります。


属性 借入限度額の制限
年金受給者・パート、アルバイト・専業主婦 100万円以内
アルバイトをしている学生 10万円

保証会社が3社用意されている

香川銀行カードローンパパットカードの保証会社は

  • 四国総合信用株式会社
  • (株)オリエントコーポレーション
  • SMBCコンシューマーファイナンス(株)

この3社が用意されているのですが、保証会社は自身で選択することはできず、申込、審査の結果自動的に決められます。


審査の基準、厳しさというものは明白にはされていないのですが、一般的にSMBCコンシューマーファイナンス(株)やアコム(株)といった、消費者金融系の保証会社の方が審査通過をし易い傾向にあります。


審査が厳しめになると予想される、四国総合信用(株)や(株)オリエントコーポレーションの保証を受けられなかったとしても、SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けるコトができれば借入可能となるので、勤続年数が短い人や年収が低い人など自身の属性にあまり自身がない人にもオススメできるカードローンだと言えます。

契約時に用意しておく必要がある書類


香川銀行カードローンパパットカードでは契約時に、

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

これら2点の提出が必要となり、提出方法・条件はそれぞれ次のようになります。


本人確認書類の提出方法

香川銀行の口座を持っている場合、インターネットからの申込を行うことで、本人確認書類の提出はスマホやデジカメで撮影した画像データをWEB上でアップロードをすることで完結でき、手間と時間を大幅に短縮することが可能です。


香川銀行カードローンパパットカードの本人確認書類について


反対に口座をまだ持っていない人は、必要書類のコピーを用意、郵送での提出となる為、本人確認書類の提出、契約手続きまでに、時間と手間が多くかかってしまいます。


収入証明書の提出条件

香川銀行カードローンパパットカードでは借入限度額300万円以下は収入証明書の提出不要とされています。


初めての申込で、借入限度額が300万円を超えることは、ほぼないのでほとんどの人がカードローンパパットカードを利用するにあたり用意する書類は本人確認書類のみとなります。


香川銀行カードローンパパットカードで収入証明書として認められる書類


収入証明書の提出条件が変わる可能性がある

2017年4月から、銀行カードローンも総量規制を自主規制ではありますが導入するコトになりました。


これにより、今まで300万・500万円などかなりの大きい借入限度額でも収入証明書の提出不要とされていた銀行でも、50万円超の借入限度額から収入証明書の提出を求められるカードローンが増えてきています。


香川銀行カードローンでも、借入限度額50万円超から収入証明書の提出を求められる可能性が高いとゼニエモンは考えています。

申込から借入までの流れ 最短何日で借入できる?


香川銀行カードローンパパットカードへの申込方法は

  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 支店窓口

この5通りから自身で選択することが可能です。


ゼニエモンが、最も早く借入できる方法を調査しましたので、詳しく解説、紹介していきます。


香川銀行カードローンパパットカードの申込から借入までの流れ


多くの銀行カードローンがローン専用カードが手元に届くまで借入不可、ローンカード到着前の借入には振込融資の依頼が必要となるのですが、香川銀行カードローンパパットカードでは、ローンカード到着前に、キャッシュカードを利用した借入が可能となり、最短2日での借入を行うコトもできます。


ただし、最短2での借入を行うには、申込を平日午前中に行うことが条件、申込の翌日が土日・祝日など銀行休業日だった場合には、利用開始登録が行えず、借入開始日は翌営業日となってしまいます。


口座持っていない場合、借入できるのは早くとも申込日から1週間〜10日後となります。


最短2日での借入可能と、申込から融資実行までのスピードはかなり早い部類に入る香川銀行カードローンパパットカードですが、香川銀行の口座を持っていることが絶対条件となってしまいます。

香川銀行の口座を現在持っていない人や融資実行まで時間の猶予がない、とにかく急いでお金を借りたいと考えている人には以下カードローンの利用を推奨しています。


とにかく急いでお金を借りたい人にオススメなカードローン一覧

業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(一部店舗異なる)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


ここで紹介しているカードローンは審査スピードに定評があり、自動契約機でローンカードの発行をすることで、土日や夕方以降の申込でも即日での借入が出来る可能性が非常に高くなり、借入を急ぐ人にメチャクチャオススメなカードローンです。

香川銀行カードローンパパットカードは在籍確認ナシでも利用可能


カードローンを利用するには、どこのカードローンでも在籍確認が必須項目となり、これは基本的に勤め先への電話連絡により行われるのですが、香川銀行カードローンで保証会社によっては、在籍確認そのものが行われない場合があります。


四国総合信用株式会社・(株)オリエントコーポレーション、この2つの保証会社の審査を通過した場合は在籍確認ナシ、勤務先への電話連絡はありません。


SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証となった場合のみ、在籍確認が必要となり、勤務先へ電話は掛けられます。


香川銀行カードローンパパットカードの在籍確認について


保証会社は自身で選択するコトはできず、申込の内容により、自動的に決定されます。


「勤務先に電話をかけて欲しくないから、SMBCコンシューマーファイナンス(株)以外の保証会社でお願いします。」というようなことはできません。


在籍確認の電話は、本人が出る必要はありませんし、この電話で、申込をした本人以外の第三者に、カードローン申込の事実を伝えられることは絶対にないのですが、絶対に勤務先に電話をかけて欲しくないという人には次のカードローンがオススメです。


書類提出で在籍確認をクリアできるカードローン一覧

以下カードローンは、勤務先への電話ではなく、指定される書類の提出で在籍確認をクリアできるカードローンとなっています。


本当に書類でも在籍確認をクリアできるのか実際に検証もしてみました。


業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
モビット 未検証
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た
新生銀行カードローン レイク △※審査次第で書類提出可 未検証

会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認をクリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり、

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となることが多いです。

香川銀行カードローンパパットカードのスペックを徹底調査してみた!

ここからは、香川銀行カードローンパパットカードの金利や借入限度額、毎月の返済方法と返済金額など、利用前に必ず知っておくべき事を、各項目ごとに詳しく解説していきます。

自身の求める条件と照らし合わせ、しっかり比較・検討してみてください。

金利と借入限度額について


香川銀行カードローンパパットカードの金利と借入限度額について


どこのカードローンでも金利と借入限度額は、このように表記されますが、これだけで金利の低い、高いを判断してはいけません。


カードローンの金利は、借入限度額ごとに適用金利が定められ、借入限度額は審査によって決定されます。


パパットカードの借入限度額ごとの適用金利表

借入限度額 適用金利
10万円 年12.5%~年14.6%
10万円超30万円以下 年11.0%~年14.6%
30万円超50万円以下 年10.0%~年14.6%
50万円超100万円以下 年9.6%~年14.6%
100万円超200万円以下 年8.55%~年11.5%
200万円超300万円以下 年7.0%~年11.0%
300万円超400万円以下 年6.0%~年7.0%
400万円超500万円以下 年5.5%~年6.5%

カードローンを初めて利用する際、ほとんどの場合、上限金利が適用されます。香川銀行カードローンパパットカードの上限金利は14.6%とされていて、消費者金融に比べると約4%程度低め、銀行カードローンの中では平均的な水準となっています。


上の表を見てもらうと、同じ借入限度額でも○○%〜○○%というように差があることが分かります。


この金利の差は3社ある保証会社のうちどこの保証を受けるコトができるかで違ってくると考えられ、審査が厳しめになると予想される四国総合信用(株)や(株)オリエントコーポレーションの保証を受けるコトができた人は、同じ借入限度額でも、より低金利で利用できる可能性が高くなります。


  • 正社員として働いていて勤続年数が長い人
  • しっかりとした安定収入がある人
  • 他社での借入がない人

このような人は香川銀行カードローンパパットカードを利用するコトで受ける事のできるメリットが大きくなります。


返済方法と毎月の最低返済額について


『金利が低い=負担する利息が少なく済む』
多くのユーザーがこのように考えています。

これはもちろん間違いではないのですが、カードローンを利用するうえで、金利の差以上に負担する利息に大きな影響を与えるのは、毎月の最低返済額と完済までにかかる期間です。

非常に重要な項目となりますので、当サイトで作成した返済シュミレーションを利用して、香川銀行カードローンパパットカードの返済について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


香川銀行カードローンパパットカードの返済は、口座から自動引き落としにて行わます。


返済日は4日、14日、24日から自身で選択するコトが可能なのですが、インターネットからの申込、契約手続きをWEB上で完結させる場合は、返済日は4日に設定されます。


返済する金額は、返済日前日の借入残高により決定、次の表のようになります。


香川銀行カードローンパパットカードの毎月の返済額

返済日前日の借入残高 返済額
20万円以下 5,000円
20万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円

香川銀行カードローンパパットカードの返済額について徹底解説

銀行カードローンの多くが50万円の借入残高だと返済額は10,000円程度に設定されていることが多いのですが、そこから下の借入残高には違いがあることが多く、その差により、完済までにかかる期間、最終的に支払う利息に大きな差が出てきます。


以下、香川銀行カードローンパパットカードの返済シュミレーションと、最低返済額がかなり低めに設定されている三井住友銀行カードローン、2つのカードローンの返済シュミレーションを行いましたので、解説していきます


香川銀行カードローンパパットカードの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.6% 24回 5,000円 15,286円
15万円 14.6% 38回 5,000円 37,769円
20万円 14.6% 54回 5,000円 71,139円
30万円 14.6% 69回 10,000円 118,318円
50万円 14.6% 109回 10,000円 317,697円

三井住友銀行カードローンの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.5% 75回 2,000円 51,374円
15万円 14.5% 96回 4,000円 83,470円
20万円 14.5% 121回 4,000円 137,167円
30万円 14.5% 153回 6,000円 237,068円
50万円 14.5% 202回 10,000円 469,098円

三井住友銀行カードローンの毎月の最低返済額は、10万円以下2,000円、20万円以下4,000円、30万円以下6,000円、40万円以下8,000円、と10万円刻みで細かく設定されています。


この2つの返済シュミレーションを比較すると、返済金額が低いと、返済期間が長くなり、その分支払う利息の合計が大きくなることが分かります。


最低返済額が低いから良い、最低返済額が高いから悪いということではなく、自身の条件に合ったカードローンを選ぶことが最も重要です。


借りたお金はとにかく早く返したいという人であれば、返済額が高めのカードローンの方が、メリットは大きくなりますし、今は余裕がないからひとまず少額で返済をしたい、借入したい金額が少なく、ボーナス等での一括返済が見込める人は返済額が低めに設定されている三井住銀行のようなカードローンを選ぶべきです。
参考ページ:三井住友銀行カードローンについて徹底調査!あらゆる角度で解説します!


香川銀行カードローンパパットカードは
・口座からの自動引き落としで返済忘れのリスクは低め
・ATMで現金を入金をする手間ナシ
・返済額は高めの設定で早期完済を目指しやすい

30万円以上の借入を希望している人に利用を推奨できるカードローンだと言えます。


借入方法について


香川銀行カードローンパパットカードの借入方法は、ローンカードを利用したATMでの借入のみとなり、振込融資には対応していません。


香川銀行カードローンパパットカードの利用可能ATM一覧


セブン銀行やイオン銀行に加え、『4YOUNET』や『TOMONEY』といった銀行の提携ネットワークが利用できるので、四国地方に住んでいる人が、ローンカード利用時に不便に感じるコトは少なく済むと考えられます。


自動融資サービスについて

香川銀行カードローンパパットカードの自動融資サービスは、普通預金口座のキャッシュカードで預金を引き出す際に、カードローンの借入限度額の範囲内で、不足額を自動的に融資してもらえるサービスです。


香川銀行カードローンパパットカードの自動融資サービスについて


公共料金やクレジットカードの引き落としで残高が不足した際に自動融資を行ってもらえるサービスではないので注意が必要です。

香川銀行カードローンパパットカードのメリット・デメリット


香川銀行カードローンパパットカードのについて、徹底調査・解説してきましたが、最後にこのカードローンを利用するメリットとデメリットを簡潔にまとめました。


メリット

何度も言いますが、利用することでメリットを享受できるのは、香川銀行の口座をすでに持っている人のみとなります。


来店ナシWEB上で契約手続きが可能

香川口座をすでに持っている人は、インターネットからの申込を利用するコトで、来店・郵送なし、WEB上で申込から契約まで完結することができます。


本人確認書類のWEBアップロードに対応しているのはうれしいポイントです。


お金の管理を1本化できる

毎月の返済を、香川銀行口座からの自動引き落としで行うので、メインバンクとして香川銀行口座を利用している場合、毎月の収入と支出をひとまとめにでき、お金の管理がしやすいです。


香川銀行を給料の受け取り先口座にしている人であれば、毎月の返済の為にお金を移動させる必要がないので、返済遅れによる遅延損害金発生のリスクを低く抑える事ができます。


デメリット

利用には香川銀行口座開設が必須

口座開設手続きには、かならず香川銀行支店窓口への来店が必要となります。


少額・短期間の借入を予定している人は、口座開設ナシで利用できるカードローンの利用を検討してみる事をオススメします。


即日融資はできない

すでに香川銀行の口座を持っている人でも、申込から借入までには最短でも2日ほどかかってしまいます。


決して融資実行までのスピードが遅いわけではないですが、とにかく急いでお金が必要な人には不向きなカードローンだと言えます。


まとめ

・金利や借入限度額などのスペック
・申込から融資実行までのスピード
・利用開始後の利便性

これらを他カードローンと比較した時に、香川銀行カードローンパパットカードが特別優れている点は、正直ありません。

香川銀行口座を、給与振込先に指定している、預金口座として利用している、これらの要素は、審査の際にプラスの判断材料となり、審査に通りやすくなる傾向にあるので、香川銀行の口座をメインバンクとしている人にのみオススメできるカードローンとなっています。

現在、香川銀行の口座を現在持っていない人は、地域限定のカードローンではなく、全国対応しているみずほ銀行や三井住友銀行といったメガバンクのカードローンやプロミス・アコムといった大手消費者金融を比較・検討してみることを推奨します。



口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ