J.Score(ジェイスコア)は総量規制対象おすすめしたいハイスペックローン

掲載日:

ここ最近WEBのCMなどでよく目にするJ.Scoreですが、AIスコアを測ると言われてもなかなかピンと来ないですよね。J.Scoreはただスコアを測るだけではなく、そのデータを元に様々なサービスを受けることができるのですが、ローン(AIスコア・レンディング)というのもその一つです。
ローンとなると実際にどのような人が借りれるのか、どんな条件で利用できるのか気になる方がお多いと思いますが、今回はJ.Scoreと総量規制の関係について解説していきたいと思います。

    そもそも総量規制とは

    「総量規制」とは年収に対して3分の1以上の借り入れしかできないと言う法律で、2010年から施行された貸金業法における決まりです。


    例えば、年収が300万円だった場合、借入れできる額は、100万円までと言うことになります。


    この法律が施行された目的は、利息を多く取りすぎている融資サービスから利用者を守ることと、利用者自身が借入れをしすぎて自己破産などの最悪な事態になるのを阻止する為です。


    主に消費者金融のガードローンやフリーローン、クレジットカードのキャシングも総量規制の対象となります。


    また、総量規制があっても3分の1までなら借りられると言う内容にはなっていますが、この3分の1と言うのはあくまでも目安で実際には100万円なら80〜90万円までなど、少し低い金額までしか借入れすることができません。


    これは、融資サービス会社側が利用者の年収が下がったりするケースも考えた総量規制の法律への対策となっているので、融通も効かないでしょう。


    複数の融資サービスを利用した時も総量規制はトータルとなる為、3社から借入れを行った場合、3社借入額のトータルが100万円までとなります。


    銀行カードローンや銀行が行なっている融資サービスは総量規制の対象外となりますが、消費者金融であれば全て「総量規制」の対象です。



    総量規制の除外になる例

    とはいえ、ローン契約をする時に全部総量規制の対象となってしますと困りますよね。


    家や車などは自分の年収を上回るローンを組むことも珍しくないですし、総量規制によって購入することができない人が急増してしまします。


    そこで、総量規制にはしっかり総量規制対象外となる項目も設けられています。


    除外例 不動産購入
    自動車購入
    高額療養費
    有価証券
    売却予定不動産の売却額により返済できる額内のローン

    表の項目が目的で融資サービスを利用するのであれば、総量規制はないものとなるので安心して融資を受けることができます。


    どんなローンも総量規制になるわけではないため、車が買えないなどと慌てる必要はありません。


    銀行のローンは総量規制対象外

    先ほど紹介をした例以外でも銀行のローンに関しては総量規制の対象外となります。


    その理由は総量規制の対象となるのは貸金業者に定義される会社となり、銀行は貸金業者に該当しないためです。


    しかし、実際のところ銀行もそれぞれの判断で総量規制に引っかかるような融資に関しては自粛をする流れがありますので、銀行だからいくらでも借りることができるということではありません。


    おまとめローンと借り入れは銀行以外でも対象外となる

    消費者金融系のローン利用でも総量規制対象外となる借入方法があります。


    それがおまとめローンや借り換えです。


    実は総量規制の対象外の項目に「顧客に一方的に有利となる借り換え」というものがあるのですが、これがおまとめローンや借り換えが該当します。


    通常この2つのサービスを利用する人は複数のローン契約を一つにまとめて負担を減らしたいのが目的となるので、契約時に不利な内容(以前よりも金利が高くなるのなど)は起きません。


    そのため、「一方的に有利」な契約が結べるため総量規制の対象外となるのです。



    J.Scoreは総量規制対象なのか?

    では、いよいよ本題に入りますが、結論から言うとJ.Scoreは総量規制対象の融資サービスです。


    J.Scoreはみずほ銀行とSoftbankによって設立された会社なので銀行系の会社なのかなと思うかもしれませんが、立ち位置としては消費者金融と同じになります。


    そのため、J.Scoreは総量規制の対象サービスとなりますので、自分の年収の3分の1以上は借り入れをすることができません。


    J.Scoreはおまとめローンや借り換えはできる?

    残念ながらJ.Scoreはおまとめローンや借り換えで利用することはできません。


    消費者金融も銀行もおまとめローンや借り換えができる場合専用の商品を用意しているのが普通です。


    しかし、J.Scoreのローンには通常のローンしかないため、おまとめローンや借り換えでの利用は不可と考えて下さい。


    J.Scoreは総量規制内で利用するローンとしては優秀

    たしかにJ.Scoreは総量規制対象となりおまとめローンや借り換えで利用することはできませんが、通常のフリーローンとして利用するのにはかなり優秀な商品と言えます。


    まず、金利がどんなに高くても年15.0%からスタートするので、利用期間が長かったり金額が大きくなればなるほど金利手数料を少なく抑えることが可能です。


    また、審査に関してもAIスコアという新しい手法によって多角的な視点で審査をしてくれるため、ただ勤務状況や年収などの表面的な情報だけで判断されることはなく、性格・生活などの要素も含めて審査をしてくれます。


    基本情報以外にも複数の質問事項があるので、それに答えていけば仮に最初のスコアが低かったとしてもどんどん上がっていき、契約内容が有利なものになる可能性が高くなります。


    J.Scoreの審査について

    属性・職業について

    J.Scoreは満20歳〜70歳以下でアルバイトの学生、パート、年金受給者でも申し込みOKと非常に間口の広いことが特徴です。


    特に年金受給者でも申し込めるローンは少ないので、J.Scoreはそういった意味で貴重な存在でしょう。


    無職の方や専業主婦の方のように収入が全く無い方は残念ながら申し込みができませんので注意して下さい。


    審査難易度について

    J.ScoreはAIスコアの数値を元に審査が行われます。


    目安となるのは600点以上となるので600点を下回ってしまった場合は少し厳しい可能性があります。


    しかし、最初の基本情報を入力した後にJ.Scoreで設定されている性格や生活状況などに関する質問に回答することでスコアが上昇し、600点台に乗ることも珍しくありません。


    もし最初に数値が悪くても時間をかけて審査に通る可能性を上げられるというのがJ.Scoreの面白いところです。


    J.ScoreのAIスコアに関するサービスについて

    J.Scoreでは、AIスコアの得点がAIスコア・レンディングと様々な特典が利用できるAIスコア・リワードのサービスの質を左右します。


    AIスコアは、J.Scoreのサービスを利用する為の要とも言えるのです。


    AIスコアとは?

    「AIスコア」は自分の情報を提供してスコアの得点を稼ぎ自分の信用度を上げるJ.Scoreのサービスです。スコアの得点を上げる一番の目的はAIスコアの得点をAIスコア・レンディング(融資サービス)の審査に有利に使うためとなります。


    AIスコアの得点が良いとAIスコア・レンディングの審査がより通りやすく、限度額も高く設けられるようになるのです。


    得点の上げ方は全部で3つあり情報提供・情報連携・行動習慣(ハビットチェンジ)の3つとなります。


    情報提供は名前・性格・生活傾向などAIスコアから質問されるまま入力して行き、例えば、「物を購入するとき大切にしているポイント」などを質問されるので、その質問に回答して行きスコアを稼いで行きましょう。


    この他には情報連携をしてスコアを上げて行きますが、みずほ銀行・ソフトバンク・ヤフーを利用しているならその情報を連携させてください。


    情報を連携させると得点が、情報提供のみより上がります。


    そして、一番注目して欲しいのが行動習慣(ハビットチェンジ)で、行動習慣には運動・学習・睡眠・お金の項目があり、運動には毎日何歩、歩いているのか? など、学習の項目では週に何回、何のレッスンまたは講座に通っているのか? 等を入力して、英検やトイックを持っていればその情報も入力すると得点はとても上がります。


    行動習慣は通勤時間・仕事帰りを利用してJ.Scoreのアプリからサクッと情報を提供できるので、継続的に行なって「AIスコア」の得点をどんどん上げていきましょう。


    AIスコア・リワード

    「AIスコア・リワード」はJ.Scoreと提携しているアライアンス企業(提携企業)からリワード(報酬)を受け取れるサービスとなっていて、AIスコアの得点に基づきAIスコア・リワード専用のランクが決まりランクが上がるごとに利用できるリワードの質も上がって行きます。


    スコアランクとリワードスコアの対応表

    スコアランク リワードスコア
    ダイヤモンド 950〜1000
    プラチナ 900〜949
    ゴールド 800〜899
    シルバー 700〜799
    ブロンズ 600〜699
    ピューター 〜599

    ※AIスコア・リワードを利用するにはエントリーが必要となります。また、AIスコアとリワードスコアが異なる場合もあります。


    リワードで人気があるのは、抽選となりますが、シルバーから利用できるプリンスホテルに無料にて宿泊できる宿泊招待券や、ソフトバンクを利用しているなら一番下のランクからエントリー可能の、ソフトバンクとの情報連携を行うことでソフトバンクの通信料金が割引となる特典です。


    この他にもたくさんリワードは揃っていますが、AIスコア・リワードが特に力を入れているのが習い事関係のリワードで、ピューターから利用できるRIZAP ENGLISHやスポーツジムのEXPAなどで使える特典も揃っているので、特典で自分磨きを行い、それをAIスコアに反映させ信用度を上げることができます。


    ただAIスコアを稼ぐだけではやる気が出ませんが、リワードと言う目標を持つことでAIスコアの稼ぎ甲斐が生まれるようになっているのです。


    AIスコア・レンディング

    「AIスコア・レンディング」はJ.Scoreのサービスの中でも中心となるサービスで、融資サービスとなります。


    AIスコア・レンディングの魅力はAIスコアの得点を稼ぐことで審査が有利になるところで、他の消費者金融系の融資サービスを利用するよりも審査は通りやすくスコアの得点が良ければ融資額にも融通が利く、良い融資サービスと言えるでしょう。


    限度額は10万円単位から希望を出すことができ、範囲は10万円〜1,000万円となります。金利は0.8%〜15.0%と、とても低い金利から用意されており、多く借りれば借りるほど金利は低くなります。


    申込資格は以下となります。この表はホームページに記載されている通りのものですので、しっかりと目を通しておいてください。


    申込資格 ・ご契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住するお客さま
    ・安定かつ継続した収入の見込める方学生・留学生で、アルバイトなど安定収入がある方もお申込みいただけます。また永住権のない外国人の方もお申込み可能です)

    返済は自動振替・ペイジー・銀行振込から選べ、返済日は自分で指定でき返済日の14日前からから返済可能となっています。


    「AIスコア・レンディング」は他社とは異なり、AIスコアでより審査に通りやすく融通の利く融資サービスなのです。


    アプリ版J.ScoreとWEB版J.Scoreには違いがある

    J.ScoreはアプリからでもWEBからでも利用ができますが、アプリ版とWEB版で大きく違う点が2ヶ所あります。

    それは行動習慣(ハビットチェンジ)とAIスコア・リワードとAIスコア・レンディングの申込み手続に関してです。

    行動習慣(ハビットチェンジ)はアプリ版のみだけ対応しているので、AIスコアの得点を稼ぎたいならアプリ版の利用は欠かせません。

    しかし、AIスコア・リワードとAIスコア・レンディングのエントリーや申込み手続はWEB版からでないと受付けていないのです。

    ただし、アプリ版だけを利用していてもマイページからWEB版のサイトへと再度ログインは必要ですがアクセスは可能となっています。

    そのため、アプリ版は操作やログインがスムーズなので普段は「アプリ版」を利用して、AIスコア・レンディングまたはAIスコア・リワードを申込む際に「WEB版」を利用するというのがよいでしょう。

    J.Scoreのスコアアップをすることで得られるメリット

    せっかくAIスコアで得点を獲得して行くなら、AIスコア・レンディングでの審査やAIスコア・リワードでリワードを貰う為以外にもAIスコアを利用することでどんなメリットがあるのか? 詳しく知っておきたいことでしょう。


    AIスコアは他社サービスの審査などでも役立つのか? AIスコアで得点を稼ぐと審査以外ではどんなメリットを自分にもたらしてくれるのか? AIスコアで気になるところも押さえて行きます。


    ゼニエモン直接J.ScoreへTEL! AIスコアは他社の審査でも役に立つのか?

    AIスコアはAIスコア・レンディングの審査に使うことができるサービスです。


    しかし、審査に使えると言う事は他社のクレジットカードの審査などにJ.Scoreへと申請をすることで、自分のAIスコアを使って審査を有利にできないかと考える人もいることでしょう。


    AIスコアを他社の審査で使うことができないか? と言う疑問を解消すべく、J.Scoreへとゼニエモンが直接電話をしてみました。


    AIスコアを他社のクレジットカードの審査などに利用することはできないのでしょうか?

    申し訳ございません。現段階ではできない状況となっていますが、リワードを提供してくれているアライアンス企業で今後そのようなサービスができましたら、AIスコアを利用することは可能となってくるでしょう


    このように、今のところは他社でAIスコアを利用することの望みは薄いと言えますが、J.Scoreにはたくさんのアライアンス企業があるので今後に期待と言ったところでしょう。


    AIスコアの審査以外でのメリットは社会的地位を上げられる?!

    社会的に見てVIPなサービスや扱いを受けたいのであれば、自分の信用度を高めることはとても大切なことです。


    例えばクレジットカードが良い例と言えますが、一般→ゴールド→プラチナ→ブラックとカードの質を上げて行くと、カード会社が特別に用意してくれるVIPなサービスや空港ラウンジが無料で使えるようになったりします。


    プラチナ・ブラック級になるとコンシェルジュサービスやハイステータスなカードを持っている方のみが参加できるイベントへの招待や、ラグジュアリー級ホテルに無料宿泊することなども可能となるでしょう。


    これらの魅力的なサービスを利用できる人と言うのはやはり社会的地位=信用を勝ち得ているからで、その信用を元にプラチナカードやブラックカードの所有が許され社会からもう一目置かれ様々なところで特別待遇が受けられるのです。


    自分も特別待遇を受けられる信用ある人材になりたいのであれば、年収や自分の質を上げて行くしかありません。


    しかし、そこで活躍してくれるのが「AIスコア」でAIスコアが役立つのはJ.Score内のサービスだけとなりますが、生活習慣の質を上げることはより良い生活を心がけると言うことになりますし、スポーツジムなどに通えば忍耐力などがつき会社で起こる様々なトラブルにも抗体がつくと考えられるのでちょっとやそっとのことではめげなくなり、会社からも評価されることでしょう。


    また、規則正しい良い生活を行えばそれは必ず仕事に良い影響をもたらす為、年収UPに繋がり年収が上がることはそのまま社会的信用を勝ち得ることになります。


    AIスコアの得点をあげようと英語やその他習い事に通い英検など結果を出せばそれもスコアを上げることだけでなく、その結果を利用することによりハイステータスな仕事につけるようになりますし、AIスコアは自分の信用度や質を上げる為にもおすすめできるサービスなのです。


    「AIスコア」は審査だけでなく、自分磨きもできる新しいサービスとなります。


    J.score(ジェイスコア)のキャンペーンで最大51,000円相当をプレゼント!


    J.score(ジェイスコア)は現在、初めてAIスコア・レンディングを契約・借入する方へ最大51,000円相当をプレゼントするキャンペーンを開催しています!


    新規契約でPayPayボーナス1,000円相当をプレゼント

    キャンペーン期間中にJ.score(ジェイスコア)を契約すると、PayPayボーナス1,000円相当が貰えます。


    J.score(ジェイスコア)に登録されているメールアドレスにPayPayギフトカードが送られるので、PayPay残高にチャージして利用することができます。


    契約後、初めての借入で利息最大60日間分を現金キャッシュバック

    契約日の翌々月末までの支払利息のうち、契約日の翌日から60日間の間に発生した利息額を最大5万円までキャッシュバックされます。


    契約と同時に借入をした場合は、60日間分の利息額がキャッシュバックされますが、契約日から10日後に借入をした場合はキャッシュバックされる日数は50日間分です。


    発生した利息額が現金でキャッシュバックされるので、最大60日間は実質無利息で利用することができます。


    キャンペーンの対象となる方は、2020年12月1日〜2021年6月30日までに契約、そして契約日から60日以内に借入をされた方に限られます。


    この機会にキャンペーンを利用して、J.score(ジェイスコア)でお得に借入をしましょう。

    総量規制があってもJ.Scoreは便利なスコア・レンディング

    「J.Score」と「総量規制」について詳しく解説して行きましたが、消費者金融系の融資サービスにはどうしても年収の3分の1しか借り入れをすることができない総量規制は付きまとってきます。


    しかし、総量規制があるからこそ融資サービス会社側も利用者側も安心して融資サービスを提供・利用することができます。利用者側としては返せなかった時のことを考え3分の1にする事で返済額は必然的に少なくなるので生活が崩れてしまうことから守られ、融資サービス会社側も万が一利用者が返せないことが起きても被害額が少なく済むでしょう。


    ですが、元から年収が少ない人は借りられる額は最大限借りたい! と言うところが本音と言えます。


    日々の生活は月単位なので年収とは関係なく返済はコンスタントにできると考えられますし、できるだけ多く借りたいものです。


    そこで、やはりゼニエモン的にもおすすめと言えるのが審査時に役立つAIスコアを利用できるJ.ScoreのAIスコア・レンディングです。「総量規制」の3分の1と言う壁を越えることはできませんがAIスコアのスコア点数が良いとその分、融資額や審査に融通が利くと言うのは大きなメリットでしょう。


    AIスコアの点数を上げるには自分を磨かなくてはならず、その磨いた情報を提供することで得点が上がります。AIスコアの得点を上げる為に努力したことは自分の信用に繋がるので、努力が無駄にはなりません。


    夢を叶える為や何かどうしても必要なものを購入するのにお金が必要なのであれば「J.Score」を利用しましょう。



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ