J.Score(ジェイスコア)の借り換えについて徹底解説したページの見出し画像

J.Score(ジェイスコア)は借り換えできるの?という疑問ついて解説!

更新日:
J.Score(ジェイスコア)は新しい借り入れの方法として注目を集めているサービスですが、いわゆる「借り換え」はできるのでしょうか?
銀行カードローン並の金利なので借り換えができるのであれば利用したいと考えている人も多いでしょう。
このページではJ.Scoreの借り換えについて解説したいと思います。

ジェイスコアの全体的なスペック、金利や審査についても事前に確認しておきたい場合は以下ページを参考にしていただけると幸いです。


    J.Scoreは借り換えでの利用はおすすめできない

    いきなり結論から話してしまいますが、J.Scoreは借り換えでの利用はおすすめできません。

     

    というのも総量規制範囲での利用となるので、他社のおまとめ専用のローンと比べて利用限度額の審査がかなり厳しく見られてしまいます。

     

    総量規制により制限されるJ.Score(ジェイスコア)での借り換え可能上限金額


    J.Scoreは契約可能な限度額は1,000万円までとされており、高額な融資を受けることも可能とされています。


    しかし、J.Scoreはプロミスやアコムといった消費者金融と同じく金融庁の認可を受けの日本貸金業協会に加盟している「貸金業者」で貸金業法で定められる総量規制の対象となるため、年収の1/3を超える融資を受けることはできません。


    仮に年収が300万円だとすると、契約可能な上限金額は100万円となるため、ジェイスコアで契約可能な金額は最大でも50万円までとなります。


    もし、今現在の他社借入金額がすでに年収の1/3を超えてしまっているという場合には「貸金業法に基づく借り換え・おまとめ専用ローン」のみ利用することが可能です。


    「貸金業法に基づく借り換え・おまとめ専用ローン」は特例として年収の1/3を超える契約が可能とされ、尚且つ今現在の契約金利よりも確実に低金利での契約ができるローンですが、取り扱いのある金融機関は多くはありません。


    以下ページで該当するローンの特集、利用のメリット・デメリットについても詳しく解説していますので、借り換え希望金額が高額でジェイスコアでの借り換えが難しいという人はぜひ参考にしてみてください。


    ただ、通常のカードローンとして利用するならJ.Scoreは間違いなくおすすめ

    J.Scoreでの借り換えは現実的ではないという話を聞いてがっかりした人もいるかと思いますが、J.Score自体はスペックが高いため通常の利用が目的であれば間違いなくおすすめできると断言します。

     

    J.Scoreは本当にお得?

    まず、なぜJ.Scoreがお得なのかというと、銀行並の金利で契約できるということが上げられます。

     

    J.Scoreでは適用される金利がどれだけ高くても年12.0%とされており、これは業界トップクラスの超低金利で、この水準は一般的な消費者金融のカードローンではまずありえません。
    ※下限金利の年0.8%については、 みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。


    大手消費者金融という場合には「18.0%」、銀行カードローンだという場合には「14%〜15%前後」といった契約となっている人が最も多いので、このページでは「18.0%」「14.0%」「12.0%」の3つの金利を基準とさせて頂き、それぞれの金利で発生する利息や支払うことになる利息の差を詳しく解説していきます。


    まずは、単純に1ヶ月あたり発生する利息の差にどのくらいの差が出るのかを表にまとめました。


    1ヶ月あたりの発生利息表

    借入する金額 契約金利:12.0% 契約金利:14.0% 契約金利:18.0%
    10万円 980円 1,140円 1,480円
    20万円 1,970円 2,280円 2,960円
    30万円 2,950円 3,450円 4,440円
    40万円 3,940円 4,590円 5920円
    50万円 4,930円 5,700円 7,400円
    60万円 5,910円 6,900円 8,870円
    70万円 6,900円 8,050円 10,360円
    80万円 7,890円 9,200円 11,835円
    90万円 8,870円 10,350円 13,320円
    100万円 9,860円 11,500円 14,794円

    ※1ヶ月は30日で計算
    ※小数点以下切り捨てで計算しているので若干の差あり


    10万円借入した場合の1ヶ月あたりの利息の差

    • 年14.0%の場合:約160円J.Scoreがお得
    • 年18.0%の場合:約480円J.Scoreがお得

    50万円借入した場合の1ヶ月あたりの利息の差

    • 年14.0%の場合:約770円J.Scoreがお得
    • 年18.0%の場合:約2,385円J.Scoreがお得

    100万円借入した場合の1ヶ月あたりの利息の差

    • 年14.0%の場合:約1,640円J.Scoreがお得
    • 年18.0%の場合:約4,770円J.Scoreがお得

    このひょうを見てわかるように金利が少し変動すると金利手数料が結構変わりますよね。

    AIスコアアップによりさらに低金利で契約できる可能性も!

    J.Scoreは従来のカードローンにはなかったAIスコア・レンディングという新しい融資の仕組みを取り入れており、初回契約時でも上限金利以下の金利の適用される可能性が大いにあります。

    少しでも低い金利で契約できる可能性を上げるためには、申込み前のAIスコア診断、AIスコアのスコアアップが非常に重要なポイントとなります。


    以下ページでAIスコアの概要とスコアアップの方法について、実体験を踏まえながら詳しく解説しているので、こちらも併せて目を通してみてもらうことをオススメします。



    大手消費者金融と比べてどのくらいお得になる?

    先ほどは段階的に金利を比較しただけですが、今度は毎月の返済額と最終返済額で比較をしています、

     

    30万円の借金を借り換え2年で完済する場合

    金利 毎月の返済額 最終支払利息合計 支払利息の差
    18.0% 14,977円 59,454円
    12.0% 14,122円 38,929円 -20,525円

    50万円の借金を借り換え3年で完済する場合

    金利 毎月の返済額 最終支払利息合計 支払利息の差
    18.0% 18,076円 150,743円
    12.0% 16,607円 97,858円 -52,885円

    80万円の借金を借り換え3年で完済する場合

    金利 毎月の返済額 最終支払利息合計 支払利息の差
    18.0% 28,922円 241,189円
    12.0% 26,571円 156,572円 -84,617円

    100万円の借金を借り換え5年で完済する場合

    金利 毎月の返済額 最終支払利息合計 支払利息の差
    18.0% 36,152円 301,486円
    12.0% 33,214円 195,715円 -105,771円

    思ったより結構差がありますね…

     

    30万円の借り入れでも2万円ほどの支払利息の差が発生してしまいます。

     

    100万まで利用すると利息は10万円と流石に大きい数字に…

     

    J.Scoreの金利メリットはメチャクチャ大きい!

    利息の%だけで見ると18%12%も「たかが5%でしょ」と感じてしまう部分がありますが、実際計算をしてみるとその少しの金利の差で数万円〜数十万円の利息の違いが生まれてしまいます。

     

    そう考えるとやはり借り入れをするのであれば、まずは金利が高くないところを優先的に検討するべきですし、その中でもJ.Scoreはスペック的にかなり優秀な部類と言えるでしょう。

     

    金利が低いというと銀行のカードローンがまず思い浮かびますが、銀行カードローンは口座を作る必要があったり、融資されるまで時間がかかったりなど、利便性の面で少し難があります。

     

    しかし、J.Scoreはスマホから簡単に申し込みをすることができ、平日22時55分までの借入申し込みは即時融資の対応をしてくれるので非常に使い勝手が良いサービスです。(曜日や融資依頼の受付時間によっては即時対応ができない場合もあります。)

     

    また、仮に最初の登録でAIスコアが低かったとしても、多くの質問に回答したり、日々の利用状況をJ.Scoreにデータ送信することによって次第にAIスコアが高くなり、借入の上限金額が上がることも珍しくありません。

     

    最初に解説したように他社からの借り換えにはおすすめできませんが、純粋に新しくローンを組みたいと考えていた方にとっては非常にオススメです。


    ※余談ですがJ.Scoreの下限金利は0.8%となっています。この金利を適応するには高いスコアはもちろんですがソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用されるのでかなり障壁が高いものとなっているので下限の方への過度な期待はしない方がいいです。


    J.Scoreで開業2周年記念キャンペーン実施中!

    J.Scoreは現在期間限定で最大30日間の金利を実質0円にするキャンペーンを実施中です。

    J.Score金利キャンペーン情報

    無金利で借りることができるなんてメリットしかないので、このタイミングを逃すわけにはいきません!

    キャンペーン期間は2019年10月1日〜2020年3月31日です。

    J.Scoreは細かい質問や属性情報の分析によって審査が行われるため、ある意味人が行う審査よりも期待値は高く、他の大手カードローン以外で検討していた方はおすすめです。

    スマホからでも簡単に申し込みをすることができるので、J.Scoreが気になっていた方はぜひ!


    ※過去にJ.ScoreでAIスコア・レンディングのご契約をされていたお客さまは対象外となります。
    ※今後予告なくキャンペーン内容を変更または中止することがあります。
    ※キャンペーン適用には条件があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。
    ※キャッシュバック対象は契約日の翌日から最大30日分のお借入利息相当額

     

    まとめ:J.Scoreはどんな人にオススメ?


    J.Scoreは業界トップクラスの金利ということもあり、利息面で負担を増やしたくない方や今後も長く利用していきたいと考えている人にオススメのサービスです。

    AIスコアの数値によって自分の借り入れができる金額が変わるというのは今までのカードローンではなかったことですし、審査結果として明確な数値が出てくると「じゃあ上限金額を上げるためにはどうしたら良いのか」という行動に移しやすいというメリットがあります。

    システムの概要だけ聞くと「え?何それよくわかんない」と思いますが、蓋を開けたら特に難しいことはなく淡々と質問に解答をしていくだけです。

    気になった方はまず自分のスコアを確認してみて、それから実際に借り入れ契約をするか決めるという形でもいいと思います。



    AIスコア診断についてもっと詳しく知った上で利用したいという場合には、以下ページを読んでください。
    ジェイスコアの審査の仕組み・審査基準と併せてとことん詳しく解説しています。



    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ