ご融資どっとこむ

更新日:


フリーローン
実質年率 利用限度額 即日融資対応
18.0%〜20.0% 5〜50万円まで 対応
総量規制 保証会社 最低返済額目安
対象になる - 10,000円〜

貸金業法に基づく借換ローン
実質年率 利用限度額 即日融資対応
7.3%〜15.0% 100万円〜2000万円 非対応
総量規制 保証会社 最低返済額目安
対象外 - 4,000円〜

会社概要
商号

ご融資どっとこむ 株式会社

本社

東京都台東区台東4丁目6番5号2階

設立

公式掲載なし

登録番号

東京都知事(4)第30570号

加盟団体

日本貸金業協会会員 第002055号

申込方法

インターネット・電話・郵送・来店

ご融資どっとこむは中小消費者金融にしては珍しく、様々なニーズに応えるローン商品を提供しています。


インターネットからの申込後、審査時には店舗(東京)までの来店が必要と言われることなどを考えると利用は東京都在住者の人以外は別のカードローンを利用するのが良いでしょう。


店舗に遠方から赴いたとしても確実に審査に通って融資をしてくれるわけではないので、東京都在住の方以外は申し込みをするメリットは特にありません。


純粋にローン商品を見てみても、フリーローンと借換ローンは利用価値はありますが、他の商品に関してはメリットを感じないのも正直なところです。


より手軽に早く融資をして欲しいという場合は別のカードローンの方がオススメです。


    ご融資どっとこむよりも審査の期待値が高い業者

    ご融資どっとこむを検討する前に知っておいてほしい代替えの借入先を紹介しておきます。


    それは、楽天銀行カードローンです。


    むしろ、こちらの方が融資を受けれる可能性自体は高いのを知っておきましょう。


    なんとなく大手の方が、審査が厳しいイメージがありますが、実際は全くの逆で審査基準は、トータル的に考えると中小の消費者金融の方がが高い傾向に実はあります。


    中小消費者金融の審査は落ちたけどこれらのローンの審査は通ったという人の事例が多くあり、融資を受けれた上に、以前よりも好条件になったという人も少なくありません。


    さらに楽天銀行カードローンは楽天会員のランクに応じて審査の優遇があります。


    あまりカードローンの審査で審査優遇をすると公言しているところはないので、もしも既に楽天サービスを利用したことがある人で少しでも審査に落ちる可能性を低くしたいなら楽天銀行カードローンを選びましょう。


    楽天銀行カードローン


    楽天銀行カードローン画像

    現在楽天銀行は期間限定で金利30%OFFのキャンペーンを実施中です。


    申し込み期間は2020年4月8日(水)15:59までとなっていますので、少しでもお得にカードローンを利用したいと考えている方はこの機会をお見逃しなく!


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.9%〜年14.5% 最大800万円 最短翌日 無し 不要 有り
    遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
    19.9% 20歳〜62歳
    パート・アルバイトOK
    楽天カード株式会社 ネット上のみで完了

    楽天銀行カードローン公式サイトで確認

    楽天銀行カードローンは金利が低いだけでなく、利便性も高いのが特徴的です。


    申込みは来店する必要なくスマホから簡単にすることができ、取引も全国にある提携ATMが設置してあるコンビニであればいつでも取引可能です。


    また、カードローンの中では珍しく入会特典でポイントのプレゼントもあります。
    入会した方はもれなく楽天スーパーポイントが1,000ポイント獲得できるというのも、楽天銀行カードローンならではのメリットと言えるでしょう。


    ご融資どっとこむへ申込資格がある人

    年齢 専業主婦 学生
    満20歳以上70歳 △アルバイトをしている人はOK △アルバイトをしている人はOK
    無職 正社員・派遣社員 自営業者
    ×

    ご融資どっとこむは中小消費者金融にしては珍しく、

    • フリーローン
    • 借換ローン
    • 不動産担保ローン
    • ビジネスローン
    • 住宅ローン
    • レディースローン

    が用意されており、



    申し込みができない属性の人は、無職の人以外、まずいないといえるでしょう。


    ちなみに専業主婦の借入は、レディースローンで対応しています。


    申し込み時に必要な書類

    フリーローン・レディースローン

    • 免許証
    • 保険証
    • パスポート

    いずれかコピーしたものを1点提出が必要です


    借換ローン

    • 免許証
    • 保険証
    • 所得証明

    ご融資どっとこむから融資を受けるまでの流れについて

    インターネット申込の場合

    インターネット申込(24時間受付)

    審査

    融資


    電話申込の場合

    申込(平日10:00〜18:30)

    審査

    必要書類送付(FAXで送付)

    窓口にて融資


    全ローン商品に言えることですが、公式サイトの情報は少なく、手順について聞いても、申込情報と審査次第とのことでなかなか詳しい情報を手に入れることはできませんでした。


    ご融資どっとこむの借入と返済方法について

    借入方法

    店頭窓口での融資のみ。


    返済方法

    指定銀行振込、もしくは口座引き落としで返済。


    ご融資どっとこむの金利(実質年率)について

    実質年率は18%〜20%ですが、これは利息制限法に従った貸付をしています。


    ですので、10万円以下の借入であれば「20%」、10万円〜50万円までの借入であれば「18%」の実質年率が適用されます。


    ご融資どっとこむの金利と返済額について

    極度額 金利 返済額
    5万円 18.00% 1,810円
    10万円 18.0% 3,620円
    15万円 18.0% 5,430円
    20万円 18.0% 7,230円
    25万円 18.0% 9,040円
    30万円 18.0% 10,850円
    35万円 18.0% 12,660円
    40万円 18.0% 14,460円
    45万円 18.0% 16,270円
    50万円 18.0% 18,080円

    ご融資どっとこむの審査は厳しいのか?

    公式サイトには記載されていませんが、審査は2回、仮審査と本審査が行われます。


    また審査の難易度ですが、公式サイトに用意されている独自の、「簡単10秒お試し診断」で検証してみたところ下の画像のような結果が出ました。



    上記のように無借金でリスクの少ない属性の人が申込をした場合でもこのような結果に



    貸付できる可能性さえも判定しないところをみると融資に積極的ではないと判断できます。


    またこのことを裏付けるかのように、

    • ネット上の口コミなどでは、自社で貸付していない
    • 他貸付業者(非合法含め)への紹介している
    • 多重債務者には債務整理を弁護士等へ紹介している

    などの話を多く目にするだけでなく、審査時に店舗への来店を促される場合もあるようなので、融資の審査の厳しさというより評価が良くないということがおすすめできない理由です。


    ご融資どっとこむを利用するデメリット

    消費者金融として疑わしいとして、仮に借入を希望する場合を見てもやはりネックは金利でしょう。


    特に住宅ローンに関して言うと、銀行の住宅ローンに比べるとかなり高金利での融資です。


    金利比較

    ご融資どっとこむ 住信SBIネット銀行
    7.3%〜15.%% 0.497%〜0.568%

    住信SBIネット銀行は住宅ローンで好条件の借入でベスト3に入る銀行です。


    確かに銀行の住宅ローンは審査が難しいといいますが、この金利で家を買うようなら、無理してまで買う必要はないでしょう。


    例えば、1000万円の家を買った場合、単純に上記金利の最低金利で発生する30日間の利息分を計算してみましょう。


    ご融資どっとこむの場合
    (10,000,000円×÷365×7.3%)×30=60,000円


    住信SBIネット銀行の場合
    (10,000,000円×÷365×0.497%)×30=4,084円


    この利息を何十年と返済していくと考えると、借入するこにメリットはないと理解していただけるはずです。


    ご融資どっとこむを利用するメリット

    正直なところ特にありません。


    即日融資自体は可能と公式サイトにかかれていますが、実際、融資されたとしても店頭のみとなります。


    金利も特別低いわけでもなく、利用限度額も少ないため、メリットがほとんどないというのが実情です。


    キャッシングのご融資どっとこむのまとめ。

    ご融資どっとこむは無理をして選ぶ必要はないカードローン業者

    ご融資どっとこむはカードローンのスペックとしても特に高いわけでもなく、申し込みまでは全国対応ですが本契約時は窓口に来ることを求められたりなど、利便性の部分も他のカードローンよりも劣っているといえます。


    申し込みをしたら弁護士事務所などを紹介されたという口コミも多く、紹介屋(法律事務所の紹介手数料が目的)なのではという話も多く目にします。


    一応、金融庁の貸金業者には該当するので、決して闇金というわけではないのですが、他のカードローンはサービスが遥かに充実していて、スタッフの対応も良いことを考えると無理にご融資どっとこむを選ぶ理由もありません。


    もしも低金利のカードローンを知りたいという方は下のページで詳しく解説していますので是非チェックしてください。



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン 審査が不安な方 お問い合わせ