福岡銀行のフリーローン

掲載日:

フリーローンのヘッダー画像


このローンに向いている人

  • 福岡銀行の口座を持っている人
  • 福岡銀行の住宅ローンを利用している人
  • おまとめローンを利用したい人

このローンに向いていない人

  • 即日融資を希望している人
  • 家族や勤務先に借り入れがばれたくない人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
年4.3%〜14.0%(WEBからの場合) 10万円以上500万円以下 最短5〜7日 なし 必要 あり
遅延利率 申込資格※ 保証会社 来店必要の有無
14% 20歳〜69歳 ふくぎん保証梶A潟Nレディセゾン、SMBCコンシューマーファイナンス ネット上のみで完了

    福岡銀行カードローンとの違い

    福岡銀行には、フリーローンとは別に、カードローンがあります。


    フリーローンとカードローンを比較すると、以下のようになります。


    フリーローンとカードローンの比較

    フリーローン カードローン
    金利 年4.3%〜14.0% 年3.0%〜14.5%
    限度額 10万円〜500万円 10万円〜1,000万円
    利用期間 6ヶ月以上15年以内(6ヶ月単位) 1年(自動更新)
    使い道 自由(事業資金を除く) 自由(事業資金を除く)

    スペックは、フリーローンの方が金利が低く、お得に利用できます。


    大きな違いは、借り入れ方法です。
    カードローンは、限度額内で自由に借り入れができます。一方、フリーローンは、一度借り入れをしたら、追加の借り入れを自由に行うことはできません。


    カードローンについて詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。


    おまとめローンとして利用できる!

    福岡銀行のフリーローンはおまとめローンとして利用できます。
    おまとめローンとして使えるフリーローンは、とても珍しいです。


    実際に、利用する使い道は、

    ローンおまとめ
    家電購入
    自動車関係費用
    学費
    引越し費用

    以上のようなランキングになっており、おまとめローンとして利用している人が多いことが分かります。


    おまとめローンとして利用する際の注意点

    おまとめローンとして利用する際には、注意することが必要です。


    おまとめローンは、返済の負担を減らすために利用するものです。
    そのため、金利が低くなったり、毎月の返済額や総返済額が減らなければ、利用する意味がありません。


    現在の借り入れから返済負担が減らせるかどうかを、しっかりと確認してから利用をするようにしましょう。


    ただ、そこまで気にしなくても多くの場合はフリーローンを利用することで毎月の返済額を減らすことができます。


    なぜなら、一般的な消費者金融は融資期間が3〜6年ほどなのに対し、フリーローンは融資期間が6ヵ月から15年で設定できるからです。


    借入期間が長くなるため、総返済額が増える可能性はありますが、毎月の返済額を軽減して、余裕を持って返済をしたい人には、フリーローンはおすすめです。


    申し込み資格について

    申し込み資格


    福岡銀行のフリーローンの申し込み資格は、

    • 借入時の年齢が満20歳以上69歳(Webでの申し込みは、69歳11ヵ月まで)
    • 収入がある
    • 保証会社の保証が受けられる

    以上の3点になります。


    この条件に当てはまれば、パートやアルバイト、年金受給者の人も申し込みをすることができます。


    また、保証会社は、ふくぎん保証株式会社、株式会社クレディセゾン、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の3社となっています。


    融資までには口座が必要!

    申し込み時には不要ですが、契約をするまでに、返済口座として普通預金口座の作成する必要があります。


    口座開設には別途時間がかかってしまうため、今まで口座を持っていなかった人にとっては不便です。


    契約書類について

    福岡銀行のフリーローンに申し込むためには、

    • 本人確認書類
    • 収入証明書(借り入れ額が50万円を超える場合)

    この2点の書類が必要です。


    本人確認書類


    提出する本人確認書類の例


    本人確認書類は、原則、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードのいずれかを提出することになります。


    また、外国人の人は、これらに加えて、永住者の記載のある在留カード、もしくは、特別永住者証明書が必要です。

    郵送での契約の場合、複数の本人確認書類の提出が必要です。


    収入証明書

    提出する収入証明書の例


    収入証明書は、源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、給与明細書、年金振込通知書などの最新年度(月)のものが利用できます。


    融資までの流れ

    福岡銀行のフリーローンの融資までの流れは、以下のようになっています。


    融資までの流れ

    • 申し込み
    • 必要書類のアップロード(インターネット・電話申込の場合)
    • 審査結果の連絡
    • 契約手続き
    • 融資

    申し込み

    申し込み方法は、

    • インターネット
    • 郵送
    • FAX
    • 店頭

    以上の4種類があります。


    なお、インターネットでの申し込みは、WEB完結とそうでないものがあります。
    なお、WEB完結申し込みをするためには、福岡銀行の口座が必要です。


    融資までの時間を短くしたい場合は、インターネットでの申し込みをおすすめします。


    申込受付時間は、

    • 平日 0:00〜24:00(※ただし、日祝日の翌日は7:00?24:00)
    • 土曜日 0:00〜21:00(※ただし、祝日の翌日は7:00?21:00)
    • 日祝日 7:00〜21:00

    このようになっています。


    必要書類のアップロード(インターネット・電話申込の場合)

    インターネットや電話での申し込みの場合、申し込み後2〜3営業日以降に、携帯番号にショートメール(SMS)が届きます。
    電話番号は、0120-788-324か0032-069000から連絡がきます。


    メールの本文にあるURLから、必要書類をアップロードすることになります。


    なお、審査内容によっては、必要書類のアップロードを行わず、郵送で審査結果を知らせる場合があります。


    審査結果の連絡

    審査結果は、電話か郵送での連絡になります。


    審査には、5〜7日、審査状況によっては、3週間程度かかります。


    このように審査時間が長いため、すぐに融資を受けたい人には向きません。


    なお、ローンの審査結果だとはわからないようにプライバシーに配慮して送付されます。


    契約手続き

    契約手続きは、WEB完結の場合、審査結果の連絡と同時に済まされることになります。


    その他の場合、窓口か郵送で契約手続きを行うことになります。


    郵送の場合、書類を受け取って返送をする時間がかかるので、融資を急ぐ場合は、窓口での手続きがおすすめです。


    郵送と窓口の手続きの違いは以下の通りです。


    • 窓口の場合
      期日までに審査結果通知書、本人確認書類、収入証明書、印鑑などを持って、窓口で手続きをします。
    • 郵送の場合
      (1)勤務先に申込確認通知書が郵送されます
      (2)審査結果と契約書が自宅に送られてくるので、必要事項を記入したうえで、本人確認書類などの必要書類と、申込確認通知書を返送します。
      (3)勤務先または自宅に、電話で支払いなどの詳細確認をします。

    なお、福岡銀行の口座を持っていない場合、契約までに窓口で口座を作る必要があります。


    融資

    契約を終えると融資を受けることができます。


    なお、WEB完結申し込みの場合、融資後に自宅へ契約内容が載っている書類が郵送されることになります。


    このように、WEB完結であっても、すべてがWEB完結で終わるわけではありませんので、WEBですべて完結させたい人は、注意が必要です。


    団体信用生命保険に同時加入できる

    福岡銀行のフリーローンでは、ローン加入と同時に、団体信用生命保険に加入することができます。


    団体信用生命保険とは、返済ができないうちに死亡や所定の高度障害状態になった場合、保険金によって支払いが行われるというものです。


    福岡銀行のフリーローンでは、金利に年0.3%を上乗せすることで、1,000万円まで保証をしてくれます。

    在籍確認について

    福岡銀行のフリーローンの審査では、在籍確認が行われます。


    在籍確認とは、本当にその会社で働いているのかを確認するために、会社に電話をして確認するものです。


    フリーローンの在籍確認


    この図のように、個人名で連絡が行われるため、会社にばれることはまずありません。


    また、在籍確認では、以下のような返答が考えられます。


    在籍確認がOKとなる返答例


    このように、本人が電話に対応できなても、いることさえ確認できれば大丈夫です。


    借入方法

    福岡銀行のフリーローンの借り入れは、申し込みの流れで説明した融資のタイミングで行われます。


    返済方法

    福岡銀行のフリーローンの返済は、元利均等返済となっており、毎月決まった日(銀行休業日の場合は翌営業日)に決まった金額を、指定した口座から自動引落をすることになります。


    なお、融資額の50%以内でボーナス時の増額返済ができます。


    臨時返済ができる

    福岡銀行のフリーローンでは、通常の返済に加えて、一部返済や一括返済など、追加の返済を行うことができます。


    追加返済は、窓口かインターネットバンキングのいずれかですることになります。


    窓口での返済は、手数料が5,500円かかることになります。


    一方、インターネットバンキングでは、手数料がかかりません。
    ただし、50万円からの返済となります。


    金利と限度額について

    福岡銀行のフリーローンは、金利が年4.3%〜14.0%、借入限度額は10万円〜500万円です。


    他のフリーローンと比較をすると、以下の表のようになります。


    他のフリーローンとの比較

    銀行名 金利 借入可能金額

    福岡銀行
    おまとめ・フリーローン

    年4.3%〜14.0% 10万円以上500万円以内
    三井住友銀行
    フリーローン(無担保型)

    年 5.975%(変動金利)
    ※2019年5月15日取得情報

    10万円以上300万円以内
    みずほ銀行
    多目的ローン(無担保)

    年5.875%(変動金利)
    年6.6%(固定金利)
    ※2019年5月15日取得情報

    最大300万円以内
    イオン銀行
    フリーローン(アシストプラン)
    年3.8%〜13.5% 10万円〜700万円
    七十七銀行
    フリープラン

    年5.475%(変動金利)
    年7.00%(固定金利)

    10万円以上500万円以内

    このように、福岡銀行のフリーローンの金利は、高くも低くもないです。


    毎月の返済額について

    毎月の返済額は事前には決まっておらず、契約の際に決めることになります。


    金利が年7.0%(カッコ内は年14.0%)での返済額の一例は、以下のようになります。


    毎月の返済額の一例

    返済年数\借入額 50万円 100万円
    1年 43,300円
    (44,900円)
    86,500円
    (89,800円)
    2年 22,400円
    (24,000円)
    44,800円
    (48,000円)
    3年 15,400円
    (17,100円)
    30,900円
    (34,200円)
    4年 12,000円
    (13,700円)
    23,900円
    (27,300円)
    5年 9,900円
    (11,600円)
    19,800円
    (23,300円)
    6年 8,500円
    (10,300円)
    17,000円
    (20,600円)
    7年 7,500円
    (9,400円)
    15,100円
    (18,700円)

    このように、返済期間によって、返済額が大きく変わることになります。


    審査基準について

    福岡銀行のフリーローンの審査基準は、主に以下の3点になります。


    借入額に対して収入が安定している

    フリーローンは収入に応じた借り入れ額であるかどうかを重視しています。


    年収や職業に関係なく、前月の収入があれば申し込みは可能です。


    しかし、審査の際には、年収や勤務先、勤続年数、雇用形態などを元に審査が行われます。
    特に、勤続年数が短いと、低金利で多くの金額を借り入れすることが難しいので、注意してください。


    金融事故を起こしたことがない

    審査の際には、信用情報というクレジットカードやローンの利用履歴を確認しています。


    信用情報は信用情報機関に記録されているのですが、もし延滞や自己破産などの記録があった場合、審査に落ちてしまいます。
    また、審査に落ちないとしても、複数社からの借り入れがある場合、審査に通りづらくなります。


    現在の借入額が借入限度額以内である(おまとめ利用の場合)

    おまとめローンとして利用する場合、借入限度額に現在の借入が収まらなければ、利用できません。


    また、限度額に収まったとしても、限度額まで借り入れができるとは限りません。
    収入に対して借入額が多い場合、審査に通過することが難しくなります。


    メリットとデメリット

    最後に、福岡銀行のフリーローンのメリットとデメリットをまとめました。


    メリット

    福岡銀行を利用している人はお得に利用できる

    福岡銀行のフリーローンは口座を持っていると、簡単に申し込みの手続きができます。


    おまとめローンを利用したい人

    フリーローンの中にはおまとめに使えないものもあります


    長い借入期間を活かして、毎月の返済を軽減させて利用をすることができます。


    デメリット

    借入までに時間がかかる

    福岡銀行のフリーローンの借り入れは、審査で5〜7日かかるなど、借入までの時間がかかります。


    そのため、お金がすぐに欲しい人の利用には向いていません。


    家族や勤務先に借り入れがばれやすい

    福岡銀行のフリーローンは、WEB申し込みでも郵送物が届くため、バレづらいように郵送がされるとしても、家族に怪しまれやすいです。


    また、在籍確認が絶対にあるだけでなく、郵送の申し込みでは勤務先に郵送物が届くため、勤務先にも借り入れがばれやすいです。


    福岡銀行のフリーローンは、お得に利用できるおまとめ・フリーローンです。
    しかし、借入までの時間がかかり、借り入れがばれやすいというデメリットも存在します。

    福岡銀行のフリーローンは、福岡銀行を利用していたり、今後利用しようと考えたりしている人におすすめできるローンです。



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ