福岡銀行カードローン

掲載日:

福岡銀行カードローンのバナー画像


このカードローンに向いている人

  • 福岡銀行の口座をメインバンクとして利用している人
  • 融資実行までに2日〜4日程度は余裕がある人
  • 平日は仕事が忙しく時間が作りにくい会社勤めの人
  • 毎月の返済の負担を小さく抑えたい人

このカードローンに向かない人

  • 福岡銀行口座の利用がない人
  • 即日での借入を希望している人
  • 家族には絶対にカードローンの利用を知られたくない人
  • メチャクチャ低い金利で借入したいと考えている人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
3.0%〜14.5% 10万〜1,000万円 最短2日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
14%〜14.5% 満20歳以上69歳以下 SMBCコンシューマーファイナンス(株) 不要


福岡銀行カードローンってどんなカードローン?

福岡銀行は福岡市に拠点を置く地方銀行なのですが、全国の地方銀行の中ではかなり規模が大きく、取り扱っている『福岡カードローン』の金利や借入限度額といったスペックは大手メガバンクのカードローンと比較しても遜色ありません。


口座を持っている場合、WEBからの申込をすることで書類提出不要、来店ナシで借入を行うコトができるのが大きな特徴で、仕事が忙しく時間が作りにくい会社員の人にも非常に利用がしやすくなっています。


ただ、残念ながら口座を持っている場合でも、借入までには最短でも2営業日、口座を持っていない場合最短でも8営業日ほどかかってしまいます。


とにかく融資を急ぐ人、現在、福岡銀行の口座の利用がない人は次の【業者検索】を利用してみてください。
自身が求める条件に合ったカードローンをかんたんに検索することができます。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

福岡銀行カードローンについて、電話で問い合わせ、徹底調査しました。
他カードローンとの比較を交えつつ、詳しく解説していきます。

福岡銀行公式HP以上に濃い情報をお届けしますので、福岡銀行をメインバンクとして利用している人はぜひ参考にしてみてください。

少し長くなってしまっているので、あまり時間に猶予がない!という人は、以下目次から自身の知りたい項目を選択してもらえれば幸いです。

  1. 申込資格について
  2. 契約時に用意しておくべき書類
  3. 申込から借入までの流れについて
  4. 在籍確認と郵送物 職場・家族に内緒で借入できる?
  5. 金利と借入限度額について
  6. 借入方法・利便性について
  7. 毎月の返済額と返済方法について
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. 福岡銀行カードローン利用者の口コミ

福岡銀行カードローンへの申込資格がある人


申込資格はつぎのようになります。

  • 満20歳以上69歳以下で収入がある人
  • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証が受けられる人
  • 九州・山口に住んでいるもしくは勤務先がある人または福岡銀行の口座を持っている人

属性

福岡銀行カードローンへ申込可能な属性


福岡銀行カードローンは口座開設ナシでも利用可能だが、、

福岡銀行カードローンは口座の開設ナシでも利用可能ですが、口座の有無により営業エリアによる申込の制限が設けられています。


口座の有無・営業エリアによる申込の制限

居住地もしくは勤務先 福岡銀行口座アリ 福岡銀行口座ナシ
九州・山口
九州・山口以外 ×

口座を持っていない場合、九州・山口以外からの申込には対応していません。
反対に、福岡銀行の口座さえ持っていれば、日本全国どこからでも申込が可能となっています。


福岡から大阪に転勤で引っ越しをした!このような人でも福岡銀行の口座さえ持っていれば福岡銀行カードローンは利用可能ということです。

口座を持っている人は、申込から借入までWEBで完結でき、来店・郵送といったメンドウな手続きは一切不要となっています!


契約時に用意しておく必要がある書類


福岡銀行口座の有無で、契約時に用意しておく書類は異なり、それぞれ次のようになります。


福岡銀行の口座を持っている場合

通常、カードローン利用時には身分を証明する為の『本人確認書類』の提出は必須項目となるのですが、次の2つの条件を満たす人は、カードローンを利用するにあたり、用意する書類が一切ありません。


福岡銀行の口座を持っている人は本人確認書類の提出が不要


郵送やFAXなどの手続きが必要ないので、インターネットが利用できる環境さえあれば、自宅でも職場でもどこからでも福岡銀行カードローンは利用可能です。


ただし、借入したい金額が50万円を超えると、福岡銀行の口座を持っている場合でも『収入証明書』の提出が必要となり、WEB上での完結は不可となります。


収入証明書としては、

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細
  • 確定申告書

などといった書類が認められ、提出方法は郵送、もしくはFAXのみとなりWEB上での書類アップロードには対応していません。


福岡銀行の口座を持っていない場合


口座を持っていない場合は、本人確認書類の提出は必ず必要となり、以下の書類のうちいずれか1点のコピーを郵送、もしくはFAXにて提出をすることになります。


福岡銀行の口座を持っていない人が用意する提出書類


顔写真の記載がない健康保険証や住基カードの場合、現住所が確認できる書類を添付が必須となり、住民票や公共料金の利用明細書を併せて提出する必要があります。

申込から借入までの流れ 最短で借入するには


福岡銀行カードローンは口座の有無で、融資実行までにかかる時間に大きな差があります。

ゼニエモンが「福岡銀行カードローンプラザ」に電話にて問い合わせ、最短で借入する方法を徹底調査しましたので詳しく解説していきます。


申込から借入までの流れ 『口座アリ』

福岡銀行カードローンは、電話やFAX、窓口での申込も可能なのですが、申込から借入までの手続きが最もスムーズでなおかつ融資実行までのスピードが早いのは、インターネットからの申込で、次のような流れでの利用となります。


福岡銀行カードローン申込から借入までの流れ「口座アリ」


インターネットからの申込

電話での申込が平日9:00〜20:00までに限られるのに対し、インターネットからの申込は土日・祝日でも可能で、PC・スマホからカンタンに行うコトができます。


インターネット申込の申込受付可能時間

平日 24時間受付(※日祝日の翌日は7:00〜24:00)
土曜日 0:00〜21:00(※祝日の翌日は7:00〜21:00)
日祝日 7:00〜21:00

電話での審査回答

即日での審査回答はできないのか問い合わせてみましたが、申込が混みあっていることもあり、審査回答までには最短でも2営業日は見ておいて欲しいとのことでした。


審査通過できなかった場合、郵送での結果通知となり、審査結果が分かるまでには3日〜4日程度かかってしまいます。


契約手続き

契約手続き完了後、契約内容の確認の為に電話がかかるので、借入を急ぐ人はこの時に、『振込融資』を希望する旨をオペレーターに伝えます。


口座への振込融資

最短2営業日での借入げできるのは、平日の14時までに契約手続きが完結できた人に限定されます。
福岡銀行カードローンは、銀行営業時間外の振込融資には対応していないため、14時を過ぎてしまった場合、振込が翌日以降となったしまう可能性が非常に高いです。


振込での融資を希望しない場合、契約完了後に自宅へと郵送されるローンカードが届いてから初めて借入が可能となります。
なお、ローンカード到着までには、申込日から約2週間程度かかってしまいます。


福岡銀行カードローンは土日祝日も申込自体は可能なのですが、銀行休業日の審査は行っておらず、実際に審査が行われているのは平日のみとなり、もし金曜日に申込をした場合、審査回答があるのは最短でも3日後の月曜日となります。


申込の内容や、込み具合によっては審査回答までには3〜4営業日程度かかってしまうこともあるとのことでしたが、

申込から借入までWEB上で完結できる点は非常に大きなメリットですし、最短2〜5日営業日での融資実行というのは、銀行カードローンの中で比較すると、特別スピードが遅いワケではありません。

福岡銀行カードローンは借入をそこまで急いでいない、融資実行までに5日程度は余裕があるという人にはオススメできるカードローンだと言えます。


申込から借入までの流れ『口座ナシ』

口座を持っていない場合でも申込可能だが、契約手続きまでに支店窓口へ来店、口座の解説手続きが必須とされる銀行カードローンが多いのですが、福岡銀行カードローンは、口座の開設を行うことなく利用するコトも可能となっています。


ただ、その場合、審査回答後に自宅へ郵送される本申込書に記入、必要書類と併せて返送、そののち契約手続き・ローンカード発行というような流れになるので、申込から実際に借入できるようになるまでには、約3週間程度かかってしまいます。


福岡銀行口座開設が可能な場合最短8日での借入も可能

審査通過後に自宅へ届く本申込書を、郵送ではなく福岡銀行の支店窓口へ直接提出、その際に福岡銀行の口座開設手続きを同時に行うコトで、ローンカード到着前の振込融資が利用可能となり、最短8日での借入が可能となります。


福岡銀行口座を持っていない人が最短8日で借入する条件


口座の開設・カードローンの契約手続きは銀行営業時間内のみの受付ですので、最短8日での借入ができるのは平日の日中に福岡銀行支店への来店が可能な人に限定され、かなりハードルは高めとなってしまっています。


福岡銀行の口座開設を予定していた人以外には、正直オススメできません。


現在、福岡銀行の口座を持っていない人、持っているけどとにかく急いで借入したい人には、次のカードローンの利用を推奨します。


口座開設ナシ!即日融資が可能なカードローン一覧!

業者 土日・祝日のカード発行 利用可能時間
プロミス 9:00~22:00(一部店舗21:00まで)
アコム 8:00~22:00(一部店舗異なる)
アイフル 8:00~22:00(一部店舗異なる)


ここで紹介しているカードローンに全て共通しているのが、自動契約機の設置があるという点です。


ローンカードの発行を郵送ではなく、自動契約機で行うことで、土日や夕方以降の申込でも即日での借入が出来る可能性が非常に高くなります。


三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・新生銀行は口座の開設ナシでも即日融資が可能となるので、銀行カードローンにコダワリたい人に特にオススメです!


福岡銀行カードローンは家族や職場に内緒で借入できる?



カードローンの利用を家族や職場に絶対に知られたくないという人が気をつける点は、財布に入ったローンカードを見られる、返済用に使用している通帳を見られるなどが挙げられますが、最も気をつけておきたいのが次の2点です。

  • 勤務先への在籍確認の為の電話
  • 自宅への郵送物

この2つの項目について電話にて詳しく問い合わせてみました。

在籍確認の方法について 勤め先にバレない?

在籍確認は、福岡銀行ではなく、審査を行う保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」により行われます。


電話にて、在籍確認の方法・タイミングについて問い合わせてみました。


ご在籍の確認は申込時にご記入いただいた、勤務先への電話連絡にて取らせて頂きます。

審査担当者の個人名で掛けさせていただきますが、お電話のタイミングに関しては、保証会社の判断となる為、お答えすることができません。


基本的に在籍確認が完結しないコトには、審査結果の通知は受けることができないので、勤務先への電話連絡は、申込日以降2日〜3日以内にかかってくると予想されます。


福岡銀行カードローンの在籍確認について


よほどカンの良い人が電話に出ない限り、電話での在籍確認で、カードローンの利用が勤務先の同僚や上司にバレる可能性はかなり低いと考えられます。


「カードローンの在籍確認の為に電話しました。」などと伝えられるコトはないので、ほとんどの人が在籍確認に関しては難なくクリアできるかと思いますが、普段自分宛に電話がかかることなんてないから怪しまれそう、絶対に会社には電話をかけて欲しくないというような場合は、以下カードローンの利用がオススメできます。


勤務先へ電話をかけて欲しくない人にオススメのカードローン一覧

実は、勤務先への電話連絡ナシで、書類の提出で在籍確認をクリア可能なカードローンもあります。


本当に書類でも在籍確認OKなのか実際に検証もしてみました。

業者名 書類での在籍確認 当サイト実績
アコム 〇 書類にて在籍確認が出来た
アイフル 〇 書類にて在籍確認が出来た
モビット 未検証
三井住友銀行 △※審査次第で書類提出可 〇 書類にて在籍確認が出来た
新生銀行カードローン レイク △※審査次第で書類提出可 未検証

会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することで在籍確認を
クリアできるのですが、この提出書類は各カードローンにより異なり、

  • 会社発行の健康保険証
  • 社員証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

これらの書類が在籍確認に必要な書類となることが多いです。


自宅への郵送物が多いので家族バレのリスクは高め

福岡銀行カードローンでは、契約時に郵送されるローン専用カード以外に、定期的に自宅へと利用明細書が送られてきます。


福岡銀行カードローン利用明細書の発行について


福岡銀行から送られてくる封筒には、カードローンなどといった表記はされていないので、自分宛の郵便を見られることはないという人は問題ないのですが、家族にカードローンの利用がバレるリスクはかなり高くなってしまいます。


絶対に家族には内緒でカードローンの利用をしたいと考えている人は、次のページをぜひ参考にしてみてください。
家族に内緒で借入できるカードローンと方法を詳しく解説しています。


家族バレは絶対にNGな人


福岡銀行カードローンのスペックを徹底調査してみた!


・福岡銀行カードローンの金利は低い?
・どうやって借入する?
・返済方法は選べるの?
・毎月の返済額は高い?

ここからは、福岡銀行カードローンのスペックを徹底調査、解説していきます。
他カードローンとの比較も交えながら、カードローンを選ぶ上で最低限抑えておきたい情報をお届けしますのでぜひ参考にしてみてください。


金利と借入限度額について


福岡銀行カードローンの金利は下限金利が3.0%、借入できる上限金額が1,000万円と、一見メチャクチャ低金利で、超高額の借入もできそうですが、こんな条件で借入できることはまずないと考えてください。


下の表のように、借入限度額ごとに適用金利が定められていて、借入限度額は審査によって決定されます。


福岡銀行カードローンの借入限度額ごとの適用金利

借入限度額 適用金利
10万円〜100万円 14.5%
100万円超~200万円 12.0%
200万円超~300万円 10.0%
300万円超~400万円 8.0%
400万円超~500万円 7.0%
500万円超~600万円 6.0%
600万円超~700万円 5.0%
700万円超~800万円 4.0%
800万円超~1,000万円 3.0%

福岡銀行カードローンの金利は低い?

カードローンの上限金利は、銀行カードローンでは約14%前後、消費者金融では約18に%設定されているコトが多く、福岡銀行カードローンの金利はは銀行カードローンの中では平均的な水準です。


とにかく低金利で借入がしたいと考えている人は、上限金利が低く設定されているカードローンを選ぶコトが重要なポイントになります。


上限金利が低いカードローンで、非常にオススメなのが、『アイフルファーストプレミアムカードローン』です。

通常の『アイフル』に比べると知名度が低くあまり知られていないのですが、上限金利が9.5%とメチャクチャ低金利、最短即日での借入も可能なかなりハイスペックなカードローンとなっています。

年収300万円以上の人のみ申込可能と利用の条件はやや厳しめですが、次のページで『アイフルファーストプレミアムカードローン』について徹底調査、詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。


『アイフルファーストプレミアムカードローン』の解説ページ


借入方法と利便性について


福岡銀行の口座を持っている場合、振込融資が利用できるのですが、これは初回借入時のみで、2回目以降の借入は口座の有無に関わらずローンカードを利用したATMでの借入のみとなります。


福岡銀行カードローン利用可能ATM


手数料有料にはなってしますが、コンビニATMが利用できるので、ほぼ24時間いつでも借入可能、平日であればゆうちょ銀行やイオン銀行のATMが手数料無料で利用可能です。


返済方法と毎月の最低返済額について


福岡銀行カードローンでは返済方法を次の2通りから選択するコトができ、

  • 口座引落型
  • ATMでの直接入金型

それぞれ、返済日、返済額の決定日は異なり次のようになります。


返済方法 口座引落型 直接入金型
返済日(※) 1日~26日の間で選択 毎月14日まで
返済額の決定日 毎月の返済日 前月14日

※銀行休業日の場合は翌営業日が返済日となる


毎月の返済額は、返済額決定日の借入残高によって決定されます。


福岡銀行カードローンの借入残高ごとの毎月の返済額

返済日時点での借入残高 返済額
2千円未満(※) 全額
2千円以上10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
以降借入残高が100万円増すごとに 10,000円づつ追加
900万円超 110,000円

(※)直接入金タイプ:借入残高2千円未満の返済額1,000円


福岡銀行カードローンは毎月の返済額がメチャクチャ低い!

毎月の借入残高に応じて最低返済額は決定されるので、返済を続け借入残高が減っていくにつれ、毎月の返済額も段々と低くなっていきます。
例えば、50万円を借入をした場合、借入残高が40万円になった段階で最低返済額は8,000円に下がります。


10万円以下の借入残高の場合、毎月の最低返済額は2,000円と、余裕を持った返済計画が立てられますし、口座自動引き落としでの返済方法であれば、返済の遅れによる遅延損害金発生のリスクをかなり低く抑えることができます。


ただ、返済額が低いというコトは、完済までにかかる期間がその分長くなってしまい、最終的に支払う利息が大きくなってしまうというデメリットにも繋がります。


以下、返済シュミレーションを使い、最低返済額のみの返済を続けた場合の完済までにかかる期間、支払う利息について詳しく解説していきます。


福岡銀行カードローンの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.5% 75回 2,000円 51.374円
15万円 14.5% 96回 4,000円 83,470円
20万円 14.5% 121回 4,000円 137,167円
30万円 14.5% 153回 6,000円 237,068円
50万円 14.5% 202回 10,000円 469,098円

50万円を借入、最低返済額のみで返済を続けると、完済までには約17年、47万円もの利息を支払うコトになります。


50万円借りて47万円の利息って、、。ほぼ100万や、、。

さすがにキツイわ。
最低返済額が高いカードローンの方がえーんかな、、。


確かに毎月10,000円の返済を続けた場合、完済までの返済回数は約80回、支払う利息は約28万円と、返済額が高いとその分支払う利息は低く抑えることが可能なので、返済額が50万円以下一律10,000円などと定められているみずほ銀行などの銀行カードローンを選択するのも一つの手ですが、

  • 借入したい金額が20万円以下
  • できるだけ毎月の負担を少なくしたい

このように考えている人には、プロミスの利用も実はオススメできます。


え?プロミスって消費者金融でしょ。

銀行カードローンより金利も高いし、利息メチャクチャ払うコトに絶対なるでしょ!!


多くの人がこのように考えているのではないかと思いますが、次の返済シュミレーションを見て下さい。


プロミスの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 17.8% 32回 4,000円 26,316円
15万円 17.8% 32回 6,000円 39,484円
20万円 17.8% 32回 8,000円 52,676円
30万円 17.8% 36回 11,000円 89,345円
50万円 17.8% 58回 13,000円 248,998円

金利が3.3%も高いのにも関わらず、最終的に支払う利息はプロミスの方がかなり低く抑えられるコトがわかります。


福岡銀行カードローンが借入残高が減るコトで返済額が下がっていくのに対し、プロミスは借入を行った時の借入残高により毎月の返済額が決定され、追加での借入をしない限り、最初から最後まで毎月の返済額は一定となります。


20万円借入をした場合の完済までの期間と支払う利息

借入先 完済までにかかる返済回数 最終的に支払う利息総額
福岡銀行カードローン 121回 137,167円
プロミス 32回 52,676円

消費者金融と聞くと、とにかく金利が高い、膨大な利息を支払うことになりそうというようなイメージがどうしても強くあるのですが、利用したい金額、借入目的によっては銀行カードローンよりも得られるメリットが大きくなるコトもあります。

ローンカードを利用したATMでの追加返済を行い、決められた最低返済額以上の返済をすることで、完済までの期間を短縮、支払う利息を低く抑えるコトは可能です。


同じ金額で返済を続けるのであれば、もちろんプロミスよりも金利の低い福岡銀行カードローンの方が最終的に支払う利息は低く抑えることができます。


ただ、決められた金額以上にお金を返すという行為はなかなか難しいです。
特にATMでの返済は口座引き落としと違い、手元にある現金を入金することになるので、余計にです。


福岡銀行カードローンは

  • 現在毎月の支払いに余裕がなくとにかく返済額を低く抑えたい人
  • 自己管理がしっかりでき、決められた金額以上の返済を継続的に行える人

このような人に利用を推奨できるカードローンです。


それ以外の人は、借入時から完済まで最低返済額が変わらないプロミスや、借入残高50万円以下は一律10,000円と設定されているみずほ銀行などのカードローンの方が向いていると考えられます。


福岡銀行カードローン利用のメリット・デメリット

メリット

福岡銀行カードローンは、福岡銀行の口座をすでに持っている人、その中でも普段からメインバンクとして利用している人にメリットが得られるカードローンです。


書類提出ナシ!来店ナシ!WEB上で全ての手続きを完結できる!

PC・スマホ、インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでもどこからでも申込が可能で、契約手続き、振込融資まで全てを来店不要でで完結するコトができます。


仕事が忙しく、支店窓口への来店が難しい会社員の人にも利用しやすい銀行カードローンとなっています。


お金の管理を一本化できる!

口座からの自動引落しによる返済が可能で、福岡銀行をメインバンクとして利用している場合、月々の収入と支出の管理がしやすくなります。


福岡銀行の口座を給与振込先に指定している人であれば、毎月の返済のためにお金を移動させる必要がなく、返済遅れによる遅延損害金の発生リスクを低く抑えることもできます。


デメリット

家族にカードローンの利用がバレるリスクが高め!

ローンカード以外に、半年ごとに必ず自宅へとカードローンの利用明細書が郵送されるため、家族に内緒で借入したいと考えている人には、不向きなカードローンだと言えます。


返済の長期化・支払う利息が大きくなりやすい

毎月の最低返済額がかなり低めの設定をされているので、自己管理を厳しくできる人以外は、多くの利息を支払うコトになってしまう可能性があります。


とくに借入したい金額が30万円以上と大きい人は注意が必要です。


まとめ

福岡銀行カードローンの金利や借入限度額、利便性は大手メガバンクのカードローンと同等のスペックとなっています。

福岡銀行を給与振込先に指定している、預金口座として利用している、これらの要素は、審査の際にプラスの判断材料となり、審査に通りやすくなる傾向にあるので、福岡銀行と深く長いお付き合いをしている人にはオススメできるカードローンです。

逆に口座の利用がない場合、申込から借入までに時間と手間がかかりますし、このカードローンを選ぶメリットは正直見当たりません。
地域限定のカードローンに絞らず、全国からの申込に対応しているメガバンクやネットバンキングのカードローンを一度比較検討してみるコトをオススメします。



口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ