フリーローンの上手な活用方法について徹底考察したページの見出し画像

フリーローンとは?フリーローンの上手な活用方法についてを徹底考察!

更新日:

理由はひとそれぞれ様々ですが、お金を借りたいと考えたときに「フリーローン」と「カードローン」の2つのローン商品を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?


どちらを利用してお金を借りるのかは個人が自由に選択することができるのですが、それぞれのローンに異なる特性があり、お金を借りたい理由や目的、融資希望金額、返済計画によって利用には向き不向きがあります。


このページでは「フリーローンの上手な活用方法」をテーマとしカードローンとの違いを徹底解説していきますので、お金を借りたいけどどっちのローンを利用すればいいのか悩んでいるという人はぜひ最後まで読んでみてください。



    フリーローンとは?カードローンとの大きな違いは?


    フリーローンとはどのような性質をもったローンなのかを解説


    フリーローンとは銀行が個人に向けに自由用途で融資を行うローンのことを指します。


    カードローンやキャッシングとよく比較され疑問視されますが、どちらも事業性資金を除き原則資金使途は自由とされているので、お金を借りるという面ではその利用用途に違いはありません。


    「給料日までの繋ぎ資金が必要」「家電の購入費用をローンで支払いたい」「友人の結婚式への参加費用が足りない」などなどお金を借りたい理由は人それぞれ様々ですが事業性資金ではない限り、フリーローンとカードローンどちらも利用しても融資を受けることが可能です。


    このページではフリーローンとカードローンの異なる特性をとことん詳しく解説していきますが、まず最初に最も大きな違いについてを紹介します。


    フリーローンとカードローンでは融資の仕組みが大きく異なる


    フリーローン契約手続き完了後の融資の仕組み


    仮に30万円の融資を希望しフリーローンに申込、審査の結果が承認となり契約手続きが完了した際には、融資希望金額の30万円が一括で融資されることになります。


    そして一度融資を受けたあとは、返済のみでの利用となるため、もし追加でお金が必要となった際には、再度申込を行い審査を受けなければいけません。

    銀行の取り扱うフリーローンを利用する場合には、原則指定口座への振込あるいは振替での融資になると考えておきましょう。


    カードローン契約手続き完了後の融資の仕組み


    カードローンの場合は契約手続き完了後に借入の枠が設定されることになります。


    フリーローンが契約完了後に一括で資金が融資されるのに対し、カードローンではこの設定された借入の枠の範囲内で自由にお金を借りることができます。


    融資の受け方は様々で、契約完了後に発行されるローンカードを利用してATMから出金する方法が主となるのですがその他にも指定口座の振込融資も可能、最近ではスマホアプリを利用することでカードを使うことなくATMから出金することもできる業者も増えてきています。


    仮に30万円の借入の枠で契約、初回に10万円の融資を受けたとします。


    この場合だと残った20万円の借入の枠は、必要となればいつでも好きなタイミングで追加での融資という形で借入することが可能ですし、利用の際にはカードローン業者への申告や再審査などは一切不要です。


    フリーローン=銀行から1回のみ自由用途で融資を受けることができるローン

    借入の枠の範囲内で、いつでも自由に借入・返済を行え、繰り返しのキャッシングができるのがカードローン。


    反対に1回のみの単発での融資となるローンを「フリーローン」と言います。


    ただ、このフリーローンという名称は定義されたものではなないため、フリーローンという記載でカードローンと同等のローン商品である事もあります。


    また、フリーローンでもカード発行型キャッシュカード付帯型のカードを発行するタイプがありますが、そのカードの利用は返済のみに利用という形になります。


    これだけ見ると、必要な金額がハッキリと決まっていて追加での融資を必要としていない場合には「フリーローン」、繰り返しキャッシングしたいなら「カードローン」を利用するのが賢い選択だと言えます。


    が、すべてのものは一長一短で必ず良い部分もあれな悪い部分も存在します。


    以降、金利や融資実行までにかかる時間、審査の厳しさなどあらゆる項目でカードローンとフリーローンの特性を比較していきますので、どちらの利用に向いているのか自身がローン商品に求める条件と照らし合わせてみてください。


    金利比較:フリーローンとカードローン金利が低いのはどっち?

    お金を借りたいけどどのローンを利用しようかと悩んだ時に、まず金利を比較してみるという人がほとんどではないでしょうか?


    実際、当サイトでカードローン利用者500名に対して行ったアンケート調査でも過半数を超える52%の人が借入先を選ぶときには金利を最も重要視したと回答されています。


    そこでこの項目では、営業エリアが全国となり住んでいる地域に関わらず申込可能なメガバンク・都市銀行・ネットバンクのカードローンとフリーローンそれぞれの金利を調査、表にまとめましたので見てください。


    銀行 カードローン フリーローン
    三井住友銀行 4.0%〜14.5% 年5.975%(無担保型)
    みずほ銀行 2.0%〜14.0% 変動金利5.875% 固定金利6.7%
    三菱UFJ銀行 1.8%〜14.6% - ※新規受付停止
    りそな銀行 3.5%〜12.475% 6.5%〜14.0%
    新生銀行 4.5%〜14.8% 取り扱いなし
    楽天銀行 1.9%〜14.5% 取り扱いなし
    オリックス銀行 1.7%〜17.8% 3.0%〜14.5% ※おまとめ(借り換え)専用
    イオン銀行 3.8%〜13.8% 3.8%〜13.5%
    じぶん銀行 2.2%〜17.5% 取り扱いなし
    ジャパンネット銀行 2.5%〜18.0% 14.75%・17.75%
    セブン銀行 15.0% 取り扱いなし
    ソニー銀行 2.5%〜13.8% - ※新規受付停止

    基本的にフリーローンの方が金利は低くなる傾向にある


    フリーローンとカードローンの金利比較の結果


    借入の枠内で何度でも自由に借入ができるカードローンに比べると、貸付後は返済のみの利用となるフリーローンの方が貸倒れのリスクは低いと判断されるため、わずかではありますがカードローンに比べるとフリーローンの方が金利は低くなる傾向にあります。


    地方銀行の取り扱うフリーローンも含めると、フリーローンの金利は約10%〜13%での契約となるケースが最も多くなります。


    これはカードローンとフリーローンどちらでも言えることなのですが、これらローンの金利は契約する借入限度額(融資額)ごとに適用金利が定められており、はじめての契約の際に100万円を超えるような契約ができるケースは稀で、ほとんどの人が上限金利あるいはそれに最も近い設定金利が適用されることになります。


    下限金利で契約できることはまずないと言えますので、これら無担保の個人向け融資を行うローンの金利を比較する際には必ず上限金利で行うようにしてください。


    資金使途が自由ではなく目的が制限されるローンについては金利が低くなる

    上表を見ていただくと、「三井住友銀行」と「みずほ銀行」の取り扱う2つのフリーローンは他社のものに比べてずば抜けて低い金利が設定されていることが分かります。


    6%を切る超低金利な設定がされているので、カードローンよりもこの2行のフリーローンの方が断然お得なことには違いないのですが少し注意が必要です。


    以下2つの表を見てください。


    三井住友銀行 カードローンとフリーローン
    比較項目 カードローン フリーローン(無担保型)
    申込条件

    ・申込時年齢満20歳以上69歳以下
    ・安定した収入があること
    ・保証会社の保証が受けられること

    ・申込時年齢満20歳以上65歳以下
    ・前年度年収が200万円以上で現在安定収入があること
    ・保証会社の保証が得られること
    ・契約時に来店が可能なこと

    必要書類

    ・本人確認書類
    ・収入証明書(契約内容によっては不要)

    ・本人確認書類
    ・収入証明書
    ・資金使途確認書類


    みずほ銀行カードローンとフリーローン
    比較項目 カードローン フリーローン(多目的ローン)
    申込条件

    ・申込時年齢満20歳以上66歳以下
    ・安定かつ継続した収入があること
    ・保証会社の保証が受けられること

    ・申込時年齢満20歳以上66歳未満
    ・前年度年収が200万円以上で現在安定収入があること
    ・勤続年数(営業年数)が2年以上であること
    ・保証会社の保証が得られること

    必要書類

    ・本人確認書類
    ・収入証明書(契約内容によっては不要)

    ・本人確認書類
    ・収入証明書
    ・資金使途確認書類


    この2つのローンは「フリーローン」の中でも「多目的ローン」に分類されます。


    旅行資金や家具購入費用、引越しにともなう資金など、事業性資金以外の様々な目的に利用可能なローンなのですが、一般的なフリーローンと違い契約するにはその資金使途を証明するための契約書や見積書などの確認資料が必ず必要となります。


    また、表を見比べてもらうと分かるように、資金使途が自由とされているフリーローンに比べると申込条件・審査の基準が厳しめになる傾向にもあります。


    ただ、その分金利が低く設定されているので、借入金の用途が明確でなおかつ資金使途確認書類の用意が可能ということであれば、まず最初に目的ローンの利用を検討してみることを推奨します。


    目的ローンについての詳細は以下ページにてまとめているのでぜひ参考にしてみてください。


    審査スピードを比較:カードローンとフリーローン早くお金が借りられるのはどっち?

    金利に次いで借入先を選ぶ際に重要視されることが多いのが審査スピードです。


    急いでお金を借りたい、資金を用意する必要がある人にとっては非常に気になるポイントになると思いますので結論から先に伝えます。


    フリーローンの審査スピードと融資実行までにかかる時間の目安


    カードローンとフリーローン申込から融資実行までの手続きと所要時間
    比較項目 カードローン フリーローン
    申込方法 インターネットも可 インターネットも可
    必要書類の提出 WEBアップロードに対応しているものがほとんど 郵送あるいは来店時提出となることが多い
    審査回答 最短即日も可 早くとも2日〜3日
    契約方法 WEB上で完結できるものが多い 郵送あるいは来店時提出となることが多い
    融資の実行 最短即日も可 約1週間〜2週間

    すべてのフリーローンが該当するということではありませんが、フリーローンの多くがWEB上での契約手続き完結には非対応となっています。


    インターネットからの申込には対応していても、郵送あるいは店舗へ直接来店して契約手続きが必要となるケースがほとんどですので、フリーローンは申込から融資実行までには2週間程度の猶予があるという人のみが利用を検討するようにしましょう。


    その点、銀行カードローンであれば最短2日、消費者金融ならば最短即日で融資を受けることも可能なカードローンも多くあるので、急いでお金を借りたいと考えている人はフリーローンではなくカードローンを利用するべきです。


    もうあまり時間に猶予がないという人は以下ページへと進んでください。即日融資に対応した審査スピードが早いカードローンを特集しています。



    返済の自由度を比較:早期完済を目指しやすいのはフリーローン?

    ページ冒頭でも触れていますが、借入の枠内で自由に何度でも借入することができるカードローンは、融資が1回限りのフリーローンに比べるとローンが長期化しやすい傾向にあります。


    ですので早期完済を目指しやすく支払う利息を少なく抑えやすいのはフリーローンだと考える人が多いのですが、融資を受けるのは一度きり、絶対に追加での借入はしないしお金の管理には自信があるという人の場合はカードローンの方が向いているとゼニエモンは考えています。


    カードローンとフリーローンの返済の自由度を比較


    カードローンの返済方法と仕組み
    • ローンカードを利用したATMでの返済
    • 口座からの自動引落による返済
    • 指定口座への振込による返済

    選択可能な返済方法は各カードローンによって異なるのですが、銀行カードローンの場合は借入残高、消費者金融の場合は融資を受けたタイミングの借入残高に応じて最低返済額が定められる形での返済となります。


    この定められた最低返済額を毎月の返済期日までに支払いさえすればOK、最低返済額を超える追加での返済についてはいつでも好きな時に行うことができます。


    仮に最低返済額が5,000円の場合、今月は支払いに余裕があるから10,000円返済を行う、でも次の月はあまり余裕がないから5,000円のみ返済するといった形でも全く問題ありません。


    もちろんボーナスなどのまとまった収入があったタイミングで一括返済を行うことも可能です。


    その時その時の自分の都合に併せて自由に返済計画を立てることができるのは、他ローンにはないカードローンならではのメリットだと言えます。


    フリーローンの返済方法と仕組み

    フリーローンを利用するにはそのフリーローンを取り扱う銀行の普通預金口座を開設することが必須条件とされているケースがほとんどで、毎月の返済はその口座からの自動引き落としにて行われることになります。


    また、契約時には必ず正確な返済計画がたてられ返済期間や毎月の返済金額はその時点で決定されるので、追加での一部入金や全額一括返済を行う際には銀行への連絡を行い返済計画の組み直しが必要です。


    カードローンに比べると返済の自由度は低く、銀行によっては追加での一部返済や一括返済を行う際には「繰り上げ返済手数料」が発生するケースもあるので事前に確認しておく必要があります。


    ただ、カードローンのように初回借入時よりも借金が増えてしまうことはありませんし、契約時に返済計画が決まるので、フリーローンは確実な終わりが見えるローンです。


    あまりお金の管理には自信がない、借入の枠があったらその分使ってしまいそうだという人はカードローンよりもフリーローンの方が確実な完済を行いやすく利用が向いていると考えられます。


    カードローンではなくフリーローンでお金を借りるメリットとデメリット

    このページでは「フリーローンの上手な活用方法」をテーマにカードローンとフリーローンの違いを解説してきましたが、最後にフリーローンを利用してお金を借りるメリットとデメリットを簡潔にまとめます。


    フリーローンのメリット

    借りすぎによる借金苦を事前に予防できる

    カードローンと違い何度も融資を受けることが出来ない、融資を受けることができるのは1回限りという不便さが逆にフリーローンでお金を借りるメリットだとゼニエモンは考えています。


    ページ上部でも紹介した当サイトが行ったカードローン利用者へのアンケート調査では、利用者のうち3割以上の人が徐々に借入金額が上がっている、限度額まで借入したと回答しており、初回の融資から借金が減るどころか増えてしまっています。


    これは借入の枠内で自由に借入することができるというカードローンならではの利便性の高さが裏目に出てしまったケースだと言えます。


    残り7割のうち3割以上の人がすでに完済していると答えてはいますが、カードローンは借金が肥大化してしまうリスクがフリーローンよりも高くなるということは理解しておく必要があります。


    フリーローンのデメリット

    そこまで低金利で融資は受けられない

    フリーローンはカードローンに比べると金利がメチャクチャ低いというイメージを持っていたという人も多いのではないかと思います。


    が、カードローンと同様に無担保・保証人なしで融資を受けることができるフリーローンの場合の金利は10%〜13%程度となるケースがほとんどで銀行カードローンとの差はさほどありません。


    10%以下の低金利で融資を受けることができるのはフリーローンの中でも資金使途の証明が必要となる目的ローンのみだと考えておきましょう。


    申込から融資実行までに時間がかかる

    基本的なローンの特性として融資希望金額が高額になればなるほど、審査には時間がかかる傾向にあるのですが、フリーローンの場合は融資金額が10万円以下など少額の場合でも融資実行までには1〜2週間程度かかってしまうことがほとんどです。


    また、口座開設が必須とされていることも多く利用する銀行の口座を持っていない場合、融資実行までには1ヶ月程度かかってしまうケースもあります。


    融資実行までに猶予がない、借り入れをとにかく急ぐという人には向いていません。


    返済の自由度が低い

    カードローンは、通常の毎月の返済に加え、自分の都合に併せて追加での返済をいつでも行うことができます。


    フリーローンの場合は、返済は口座振替での返済がメインで、都度返済として、好きな時に返済する場合は一度銀行へ連絡し、ローンの組み直しが必要になります。


    契約の段階でローンの終わりが見えるということについてはメリットとも言えるのですが、借入したい金額が少額で2、3回の給料の中で完済してしまいたい、ボーナスなどまとまった収入の見込みがあり一括での返済を予定しているというような人には使い勝手は悪くなってしまうと判断されます。


    フリーローンを上手に活用する方法についてのまとめ


    目的ローンを除く資金使途が自由とされているフリーローンはカードローンと比較した時のメリットが少なく、利便性などの機能面ではカードローンに大きく劣り、最近では新規申込受付を停止している銀行が増え、フリーローンの数が減ってきています。


    反対に増加しているのが、ペットローンや旅行ローン、美容整形ローンなどといった専用の目的ローンです。


    資金使途が明確で、繰り返しの融資を希望していないという場合には、フリーローンやカードローンではなくまず第一に自身の資金使途に沿った目的ローンがないかを探してみることを推奨します。


    ただし、目的ローンの利用には必ず資金使途を証明するための契約書や見積書が必要になるということは理解しておく必要があります。


    例えば旅行ローンであれば旅行代理店などで出される見積りなどが必要となるので、個人で計画した旅行費用の捻出には利用することができません。


    該当する目的ローンが存在しない、資金使途の証明が難しい、複数の利用目的にローンを使いたいといった場合にはカードローンの利用を検討してみてください。


    以下ページにて低金利で利用できるカードローンを特集、融資希望金額ごとの借入先の選び方についてもとことん詳しく解説していますので参考にしていただければ幸いです。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ