チャレンジャーバンクについてを徹底解説!メリットやネオバンクとの違いについても紹介します

更新日:

このページではチャレンジバーグについて解説していきます。

最近耳にするチャレンジャーバンクですが、一体どんなものなのでしょうか?

チャレンジャーバンクのシステムや日本でも対応するチャレンジャーバンクの種類だけでなく、チャレンジャーバンクを利用するメリット、ネオバンクとの違いも紹介していきます!

    チャレンジャーバンクについて

    金融(Finance)と技術(Technology)を融合させたFinTechという概念は、金融サービスと情報技術の組み合わせのことをそのまま指します。


    FinTechはリーマンショックのような金融危機を経験した当たりから徐々に実現されるようになり始めて、PC・スマホ・AIなどで従来の情報技術では管理しきれなかったビッグデータを活用する金融ベンチャーが多く生まれていきました。


    そのFinTechによって融資側と借り入れ利用者の距離がグッと近くなるようになり、インターネットを経由した取引であるeコマースが活発化しました。


    そして、そのFinTech業界で重要なバズワードになっているのがチャレンジャーバンクになります。


    チャレンジャーバンクって具体的にはどういうの?

    そんなチャレンジャーバンクですが、定義については人によってさまざまだというのが現状になっていて、ネオバンクという概念と混同する方も多くいます。


    しかし、チャレンジャーバンクとネオバンクは正確には別の定義になっているので、まずはチャレンジャーバンクについて把握しましょう。


    チャレンジャーバンクとは銀行業務ライセンスを取得し、銀行のサービスをアプリを通じて配信する事業者のことを指します。


    年に発表されたチャレンジャーバンクのスタートアップにおける資金調達・調達見込みではRevolutが5億ドル、Monzoが1億5000万ドル、N26が3億ドル、Starling bank2億ドルとされています。


    欧州を中心に銀行業務ライセンス所得のプロセスを簡単にし、 API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)をオープンにすることで発展しているのがチャレンジャーバンクだということです。

    チャレンジャーバーグについて

    2008年の金融危機を経験し、2010年以降からイギリス政府が自国の銀行独占状態に終止符を打とうと試みたのがチャレンジャーバンクの始まりです。


    そのために、銀行業界に新規参入企業が活躍しやすいよう後押しする制度を整えたという形です。


    メジャーなチャレンジャーバンクはRevolut・Monzo・N26・Starling bank・monese・Atom bank・TANDEMとあり、チャレンジャーバンクは英国発の企業が多くあります。


    そして、かつては銀行が提供していた預金・住宅ローン・保険・融資などのサービスをチャレンジャーバンクならスマホアプリを経由して提供することになります。


    このことから、利用者にとってのチャレンジャーバンクの特徴としては、顧客向けのインターフェイスがスマホアプリで完結するということです。


    チャレンジャーバンクのシステムについて

    一般的な銀行の業務では、融資と利息分も含めた回収が利益を得る上で中心的なものになっていて、それに加えてデビットカードなどの手数料というリターンや、運用している保険や投資信託などの金融商品もあります。


    大きな規模の企業が利益を得やすくなるものがメインのサービスと言えるでしょう。


    しかし、チャレンジャーバンクはというと圧倒的な規模の顧客が利用することで生まれる少額の利益を溜めていくのではなく、顧客の細やかなニーズを汲み取って利益を得る形となります。


    AI・自動化・オンライン化・API化・分散化というようにメジャー銀行がすぐにでは手出しできない分野にも、チャレンジャーバンクならスマホアプリを経由したサービスに専念していることから、柔軟に対応することができるでしょう。


    これまでは銀行や消費者金融が個人や中小企業にカードローン・預金・投資信託・株式・債券・保険といったいわゆるリテール業務をてがけていましたが、それらをすべてスマホアプリで利用できるサービスにシフトするということを指しますし、VISA・MasterCardといった国際的に知名度と人気の高いブランドと提携して決済用のカードをインターネットショッピングや実店舗に活用してもらうこともできる決済カードの提供もできます。


    個人・中小企業が提供する金融サービスは若者が利用しにくさを感じやすいものになっています。


    それは、ローンや銀行というもの事態が若い方にはハイレベルすぎて預金と引き出しならまだしも保険・カードローンを利用するには心理的ハードルが高くなるというのが大きな理由です。


    しかし、顧客の小さなニーズをカバーするのがメインなチャレンジャーバンクなら、心理的ハードルを抑えられて、ユーザビリティ性が上がったサービスで若者たちへのアピールにもなります。


    チャレンジャーバンクが共通してできること

    巨大企業である大手銀行ができないことをするのがチャレンジャーバンクに期待されていることです。


    したがって、チャレンジャーバンクは企業による違いが非常に大きいという特徴がありますが、ある程度は共通しているスペックもあるので、そちらを紹介します。


    預金・出金

    当座預金口座とは、小切手や手形の決済を目的にしたものですが、欧米では誰でも持っているものです。


    その当座預金口座による預金・出金はチャレンジャーバンクの多くが可能となっています。また、金利がつく貯蓄口座を開設できたりすることも可能です。


    チャレンジャーバンクによっては給与前倒しで受け取れるサービスがあったり、提携ATM手数料の無料があったりします。


    送金・両替

    一般的な銀行が行うような他口座への振込、送金に加えて、利用者同志の送金もできるようになっています。また、海外への送金や両替サービスもあります。


    デビットカード

    ほぼすべてのチャレンジャーバンクにて発行できるのがデビットカードです。


    支払いと同時に口座から利用額が引き落とされるという仕組みですので、審査も不要です。


    融資

    チャレンジャーバンクは当座預金口座の開設が前提になるので、口座残高不足分を融資するオーバードラフトや、カードローンの貸付があるチャレンジャーバンクも多くあります。


    No hidden fees(隠し料金はなし)

    海外旅行や海外の通販サイトでショッピングをするなどの場合にたびたび目にするのが「hidden fees」です。


    これは海外では実際に表示されている金額にさまざまな理由で料金が上乗せされるということがよくあることから表示されるものです。


    チャレンジャーバンクは多くの場合で「No hidden fees」になっています。


    国の強い後押しがあったのがチャレンジャーバンクの特徴

    2007年から2010年まで続いた金融危機からの反省で発生したのがチャレンジャーバンクのムーブメントですが、その中でも特に大きかったのが欧州のオープン・バンキングを推進するために2016年のEEAへ発行した法的枠組みのPSD2(決済サービス指令2)です。


    オープン・バンキングとは、利用者の同意を得た後にて銀行が保有している顧客データを提携企業が利用可能になるというシステムのことを指し、API連携とも言います。


    PSD2の施行にて、欧州28カ国にノルウェー・アイルランド・リヒテンシュタインを足した合計31カ国がPSD2に則って法整備を整えました。それによって利用者の意思に基づいて銀行から口座情報を取得して集約するサービスと、利用者の合意によってアプリでの貯金が銀行口座に反映されるサービスが位置づけられました。


    このPSD2によって欧州の各銀行はオープンバンキング(API解放)が推進され、FinTech事業者との接続が義務になりました。


    さらに、FinTech事業者は各国規制当局に認可を受けることで、利用者の同意を得たら、リクエストされると顧客データを自由に取得して決済処理もできるようになりました。


    事業者らは顧客の同意の下、リクエストに応じて銀行から顧客データを自由に取得、決済処理を行えるようになりました。


    FinTech事業者による決済サービスの直接的な提供ができるようになったことで、チャレンジャーバンクは、オンラインサービスの展開をスムーズに進められるようになり、顧客との距離の近い企業は、顧客データを得ることで利用者のニーズに合ったサービスを展開しやすくなりました。


    チャレンジャーバンクのメリットを紹介

    利用者との距離が近く、業界に参入しやすいチャレンジャーバンクですが、それ以外にもさまざまなメリットを持っています。


    将来性が非常に高い

    金融危機によって発生したチャレンジャーバンクは、組織が大きすぎて細かい動きができなかった銀行の独占を阻止する役割を期待されています。


    多くのチャレンジャーバンクがスタートアップにおける資金集めを極めて短い時間で達成していて、世界的に注目が高まっているのがわかります。


    期待されているということはそれだけ高い将来性を持っているということでもあります。


    事実、出資している側には銀行系CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)やPE(プライベート・エクイティ)が増えてきていて、チャレンジャーバンクの成熟スピードが非常に速いことがわかります。


    若者向けサービスが展開できる

    銀行というのはローンにしても保険にしても、どうしても経済的に成熟した方に特化していたところがありました。


    しかし、チャレンジャーバンクの提供サービスはスマホアプリをメインにしたスマホ完結のものです。


    PSD2によってチャレンジャーバンクは顧客のデータを取得し、利用者の経済状況や家庭状況、需要を読み取ってさまざまな独自性のあるサービスを展開することができます。


    家族のいる利用者が多い方は支店に遊び場を設けますし、犬を飼っている方が多いのであれば、犬の餌などをもらえたりするサービス、そして子供がATMを利用するとご褒美のお小遣いをもらえるといったものもあります。


    極めて独自性の高いサービスを各社が展開できるのがチャレンジャーバンクのメリットと言えるでしょう。


    国境面での壁がなくなる

    PSD2によってFinTech事業者が活動しやすくなり、EEA内では自由に活動できるパスポートといった形になりました。


    このパスポートはEU加盟国に対して金融面でのサービスや経済活動をする上でEU加盟国である場合は、許可などの手続きが不要になっています。


    N26はEEU内での活動規模を拡げ、Revolutも多くのEU加盟国で活動しています。


    チャレンジャーバンクの活動によって、利用者のリクエストによって他国に住んでいる方に安全かつ確実にアカウントにアクセスしてもらうといったこともできるようになる可能性があります。


    デザインや操作性を追求しやすい

    銀行系のスマホアプリを利用している場合、デザインが自分の感性に合わなかったり、操作性が悪かったりしたことがある方もいる方も多いと思われます。


    しかし、チャレンジャーバンクはスマホアプリのみを経由してサービスを提供する仕組みとなっています。


    つまり、銀行と違ってスマホアプリの操作性・デザインを追求しやすく、チャレンジャーバンクを活用する上でもストレスフリーに利用できる可能性があります。


    チャレンジャーバンクの事例

    チャレンジャーバンクにもさまざまな種類があります。


    ここではまずは、各チャレンジャーバンクの性能などを紹介するので、どういったものなのかを把握しましょう。


    N26

    N26について

    お金の支出の記録に特化したのがドイツで生まれたN26となっています。


    いつどこでお金を使ったのかの記録をリアルタイムに細かく記録してくれて、口座の開設費用が無料にもなっています。


    ブランドのデビットカードを無料で発行でき、ユーロを出金する際のATM手数料が世界のどこだろうと無料にすることができます。


    支払いのすべてを常に記録していて、どの国にいようとアプリを使えば確認できることから、旅行中だろうと安心できます。


    また、別の国でN26のカードで決済をするとなっても、他通貨で支払う両替手数料を気にする必要がありません。


    また、カードの利用によって0.1%のキャッシュバックを得ることもできます。


    海外だろうと手数料なしにショッピングに使えて、カード利用はジャンルごとに分けた上で入出金を常に記録しているというのがN26の特徴だと言えるでしょう。


    また、N26には無料のデビットカードだけでなく、9.90ユーロのN26YOUと16.90ユーロのN26METALがあります。


    見た目としてはデビットカードがランクアップされるようになっていますが、実際にはN26YOUなどを選択するとデビットカード以外のさまざまなサービスが有用になるようになっています。


    YOUの方なら飛行機利用の際の手荷物遅延保険や旅行時の保険をカバー、ウィンタースポーツへの保険もあります。また、You以上でないと海外のATM利用手数料が無料になりません。N26METALになると、レンタカー保険や携帯電話盗難・故障の保険も付与されます。


    Revolt

    Revoltについて

    イギリスで生まれたRevoltは海外通貨・仮想通貨の取扱に特化したチャレンジャーバンクといえます。


    1,000万人を超える規模のコミュニティになっていて、口座の開設も数分で終わらせることが可能です。食料品店・レストラン・洋服店と毎月の支出を管理することができます。


    Revoltの大きな特徴である海外送金サービスでは、家族・友人関係なく世界中のどの国へでも相手に送金をすることができ、それだけでなく割勘・請求も可能になっています。


    また27種類の通貨を銀行間為替ルートで海外に送金することも可能で、手数料も750,000円を超えると1ヶ月に0.5%の手数料がかかり、タイバーツとウクライナフリヴニャには常に1%の手数料がかかる仕組みになっています。


    また、Revoltには100円未満の端数を自動で切り上げして貯金箱に保管するという機能があります。


    貯金箱に保管されている金額には利息がつき、目標額に到達すると自動で引き出すといった機能もあります。


    そして、株式投資でも手数料無料の投資をすることができるのがRevoltの大きなメリットになります。850以上の株式があり、1ドルの投資にも対応しています。


    手数料はそのまま1ユーロがかかりますが、スタンダードなら1ヶ月に3回、プレミアムなら1ヶ月に8回の手数料無料サービスがあります。年間保管手数料は資産の市場価値の0.01%と設定されていて、少額です。


    また、仮想通貨(暗号通貨)も確実かつスピーディに取引ができるようになっていて、市場に変化が起きた際には通知を受け取れますし、こちらで一定の基準になったら通知を受け取れるように設定もできます。


    また、仮想通貨の取引に詳しくないという場合は、専門家に任せることも可能です。


    Monzo

    Monzoについて

    同じく英国生まれのMonzoは給料の前払いという機能が特に評価されています。


    給与の前借りサービスは2つの方法が設定されていますが、どちらにしても手数料や面倒な手続きはありません。


    手数料なしに給料を先に受け取れるということから、カードローンの利用をせずに金欠という状態を救済することができる可能性を持っています。


    給料の前払いを利用するには、給料の振込先口座をMonzoの口座に指定する必要があり、加えて英国の銀行間振替サービスであるBacsにて給料を受け取っている必要があります。


    Bacsでは給料を送金してもらい、実際に受け取るまでに3日はかかるようになっていますが、実際にはもっとスピーディに利用者にお金を渡すことができるというのがMonzoの給料の前払いサービスになります。


    また、大きな特徴として他にも挙げられるのが、Monzoは口座内のお金を「請求用」・「消費用」・「貯蓄用」の3つにわけることができるということです。


    これをすることで、お金を使いすぎたとしても、手を付けてはいけないお金のことを保護することが可能になります。


    ヨーロッパ以外にもチャレンジャーバンクの波が!

    PSD2の後押しから、チャレンジャーバンクは欧州発の企業がメインになっていますが、アメリカから生まれたチャレンジャーバンクもあります。


    Chime

    Chimeについて

    アメリカ発のチャレンジャーバンクであるChimeは、設立5年足らずで開設口座数が500万件を突破している企業です。


    0.06%の年間利回り利息で自動的に貯蓄用に口座残高へ手数料無料でまわすことができます。


    なお、Chimeも給料の前払いサービスをやっていて、本来よりも2日早く給料を受け取れるというサービスを利用可能です。それ以外にも送金サービスを実施してもいます。


    カカオバンク

    韓国発の人気急上昇中のチャレンジャーバンクがカカオバンクになります。


    カカオバンクは子供で親しみやすいアニメチックなキャラを使い、とっつきやすくしていますが、機能は非常に効率的です。


    カカオバンクの最大の特徴は銀行機能とLINEのようなチャット機能を併用しているというところです。


    変動金利の預金サービスではリアルタイムに利息取得が表示されるのでゲーム感覚でお金のチェックができ、非常に好評である「26週間貯金」では1,000?10,000ウォンずつ増額していく金額を納めるというものです。


    日本でも対応する可能性があるアプリがカカオバンクですので、楽しみにしましょう。


    Kyash

    Kyashについて

    日本にもチャレンジャーバンクはあります。その代表的なものがKyashです。


    Kyashは送金・入金サービスもありますが、VISAブランドのICチップ付きプリペイドカードを発行できるというのがメインの特徴と言えるでしょう。


    チャージにはVISA・MasterCardのブランドであるクレジットカードが必要ですが、チャージをすることでクレジットカード付帯のポイントプログラムが付与されますし、Kyashのカードで決済をするとKyash付帯の特典であるポイントプログラムにて還元率1.0%でポイントが貯まるようになっています。


    LINE銀行

    LINEとみずほ銀行が共同して設立を進めているというのがLINE銀行です。


    LINEはLINE PayというLINE経由で活用できるQRコード決済サービスを運用していて、クーポンが多いことから高い評価を得ています。


    他にもLINEスコアというAIスコアによってLINE Payへのチャージという形でお金の借り入れができるLINE Pcoket Moneyというサービスも提供しています。


    大勢の方が利用しているLINEはアプリ経由のサービスに非常に意欲的です。投資も借り入れもLINE一本でできるという中で、LINE銀行も加わるというのは大きなメリットに繋がる可能性があります。


    ネオバンクはチャレンジャーバンクとどう違うの?

    ネオバンクはチャレンジャーバンクと違って、単体で銀行の業務を行うことができません。

    それは、ネオバンクは銀行業務ライセンスを得ずに活動をするものだからです。

    ネオバンクはすでにある銀行と業務提携をし、その中で独自のサービスを提携するというのがメインの活動になります。

    そのため、ネオバンクはチャレンジャーバンクよりもできることが少ないということができるでしょう。

    欧州はPSD2によって銀行業務ライセンスを獲得することへのハードルが大きく下がりましたが、それがない国であるアメリカなどはまだ銀行業務ライセンスを獲得するのに非常に高いハードルがあります。このことから、アメリカでは多くの企業がネオバンクとなっています。

    ただし、未だにネオバンクとチャレンジャーバンクは混同して語られることが非常に多いものとなっています。

    このことから、ネオバンクとチャレンジャーバンクは、厳密にはあまりこだわって定義する必要がないのかもしれません。

    これからどうなるか未知数だが高い可能性を持っているチャレンジャーバンク

    銀行業務ライセンスを獲得することで銀行が行う業務を担うことができ、さらに大手企業である銀行と違ってスマホアプリのみに完結して、顧客のデータを合意によって取得できることから小回りの効いたサービス提供ができるのがチャレンジャーバンクの特徴です。


    日本ではKyashがメインのチャレンジャーバンクと言えます。


    しかし、欧州ではPSD2が施行されたことでチャレンジャーバンクの銀行業務ライセンスの取得がしやすくなり、ユーザーのデータもスムーズに取得できるようになったことから、爆発的に増加しています。


    金融危機を経験したことで超大手銀行の独占状態を危険視した英国が主導したのがチャレンジャーバンクの始まりですが、その波は世界的に広まっていくことが予想されます。


    これからはKyashのようなスマホアプリのみで送金・入金・決済ができるサービスの利便性と重要性がさらに向上することでしょう。


    ここまでチャレンジャーバンクについて説明してきました。

    チャレンジャーバンクはFinTechにより、オンラインサービスの展開をスムーズに進められるようになり、顧客データを得ることで利用者のニーズにあったサービスを展開しやすくなっています。

    さらに、将来性も高く、サービスの提供はスマホアプリをメインにしたもので独自性の高いサービスを展開できる事がメリットです。

    KyashやLINE銀行など、日本でもチャレンジャーバンクは増えてきているので、気になった方は利用してみてください!


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ