消費者金融のセントラル

掲載日:

セントラルのバナー画像


このカードローンに向いている人

  • 少額・短期間の借入を希望している人
  • とにかく急いで借入したい人
  • カードローンの審査に不安がある人

このカードローンに向かない人

  • カードローンの利用が初めての人
  • 低金利で融資を受けたい人
  • 50万円以上の借入を希望している人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
4.80%〜18.00% 1万円〜300万円 最短即日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
20.00% 満20歳以上 - 不要



  1. セントラルってどんな業者?
  2. 申込条件
  3. 契約時に用意しておくべき書類
  4. 申込から借入までの流れ
  5. 内緒で利用できる? 在籍確認と郵送物について
  6. 金利について
  7. 毎月の返済額と返済方法について
  8. メリット・デメリットとまとめ
  9. 利用者の口コミ

セントラルってどんな業者?もしかして闇金?


セントラルってあまり聞いたことない名前だけどもしかして闇金?

怖い取り立てとかはない?

利用しても大丈夫なのか不安や、、。


セントラルのような中小の消費者金融でお金を借りようと考えたときに、まず不安に思うのはその業者が違法金利、悪質な取り立てを行う「ヤミ金」なのか、法に沿った営業を行う正規の貸金業者なのかという点ではないでしょうか?


正規の貸金業者とヤミ金の見分け方

消費者金融のような貸金業を営むためには、各都道府県知事もしくは財務局長の認可を受けなければなりません。


プロミスやアコム・アイフルなどといった大手消費者金融以外の中小の消費者金融でキャッシングを利用する際にはこの登録の有無を確認することを推奨します。


認可を受けた正規の貸金業者は、「日本貸金業協会」に登録され、インターネット上で誰でもカンタンに登録の有無を確認できます。


セントラルの会社情報

会社名 株式会社セントラル
代表者名 黒川 栄一郎
住所 愛媛県松山市河原9-2クロカワビル2F
TEL 0570-038-038
登録番号 四国財務局長(6)第00083号
所属団体 日本貸金業協会
協会番号 第001473号

セントラルは日本貸金業協会に登録された正規の貸金業者

日本貸金業協会HPから、セントラルの登録の有無を確認してみました。


セントラルが正規の貸金業者である証明


セントラルは違法・無認可のヤミ金ではなく、認可を受けた正規の貸金業者だというコトが確認できます。


セントラルの特徴について

セントラルは中小の消費者金融で知名度は低いのですが、実は大手消費者金融にも引けをとらない高スペックなカードローンとなっています。


中小の消費者金融ではめったにないカードローンタイプ

中小の消費者金融のほとんどが、借入・返済は銀行振り込みにて行うコトになるのに対し、セントラルではローン専用の「Cカード」の発行があり、ATMにて借入も返済も可能となっています。


セントラルのCカードについて


セントラルの店舗に設置されているATM以外にセブン銀行のATMが利用可能ですので、借入・返済時に不便に感じることはほとんどないのではないかと考えられます。


自動契約機で申込から契約まで完結可能

当サイトでは、全国のあらゆるカードローン・キャッシング業者の徹底調査を行っていますが、中小の消費者金融で自動契約機の設置がある業者はセントラル以外に未だ確認したことがありません。


セントラルは全国からの申込にも対応していますし、中小の消費者金融の中でもかなり大手消費者金融に近い優良な業者だと言えます。


自動契約機があるコトで、土日祝日や夕方以降の申込でも当日中のカード発行が可能となり、即日融資にはメチャクチャ有利になります。

30日間の無利息サービスがある

セントラルの30日間無利息サービスについて


プロミス・アコム・アイフル大手消費者金融の中でも、知名度の高いこの3社と同様のサービス「30日間の無利息期間」がセントラルにも用意されています。


大手消費者金融プロミスとのスペック比較表

比較項目 セントラル プロミス
金利 4.8%~18.0% 4.5%~17.8%
借入限度額 1万円〜300万円 1万円〜500万円
審査時間 最短1時間 最短30分
即日振込融資 平日のみ 条件を満たせば土日も可
即日カード発行 可能 可能
口座振替による返済 不可 可能
WEB上での契約手続き 可能 可能

金利や借入限度額、融資実行までの手続き方法、スピードなどのスペックを比較した際に、セントラルの方がメチャクチャ劣るような項目は特にありません。

セントラルは中小の消費者金融の中で比較すると、頭一つ抜き出た業者でかなりハイスペックなカードローンだと言えます。

セントラルの申込条件・審査について


申込条件は次の1点。


「満20歳以上で定期的な収入と返済能力がありセントラルの基準を満たすコト」


属性

セントラルへの申込が可能な属性について


年齢の上限は定められていないのですが、年金収入のみの人、自身に収入のない専業主婦の人はセントラルへの申込は不可となります。


それ以外の属性、例えば学生でも、20歳以上でアルバイトなどで収入がある人は申込が可能とされています。


審査は甘い?ブラックでも借りれるって本当?

中小の消費者金融は審査が甘い!ブラックでも借入できる!といった情報をネット上で目にするコトが多いのではないかと思います。


ブラック(過去に自己破産や債務整理といった金融事故を起こしている人)でもキャッシングができる!という言い方は語弊がありますが、確かに大手消費者金融に比べ中小の消費者金融の方が審査に通りやすい傾向にはあります。


カードローンを利用してお金を借りたいと考えたときに、まず1発目に中小の消費者金融が候補に挙がることはありません。
金利の低い銀行カードローンや知名度の高い大手消費者金融に申込をする人がほとんどで、中小の消費者金融は大手消費者金融の行う審査に落ちてしまった人の中から、貸付を行うコトになります


セントラルは大手消費者金融にくらべ審査に通りやすいのか?


ですので、必然的に大手消費者金融に比べ、審査の基準は緩やかになります。

大抵の場合、審査の基準が緩やかになる分、貸付条件が悪くなるのですが、セントラルは大手消費者金融並みのスペックを持ったキャッシング業者なので、大手消費者金融の審査に落ちてしまった人、自身の属性に不安がある人には一押しなキャッシング業者となっています。

正規の貸金業者の審査に落ちてしまった人を狙って違法な金利で貸し付けを行うのがいわゆるヤミ金です。
お金に困っている時には冷静な判断が難しくなってしまいますが、必ず日本貸金業協会への登録の有無を行い正規の消費者金融でのキャッシングをするよう心掛けるコトを推奨しています。

契約時に用意しておく必要がある書類


セントラルの契約時に必要な書類は次の2点です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

それぞれの書類の提出条件・方法は次のようになります。


本人確認書類

本人確認書類として認められる書類は以下の4点となり、この中からいずれか1点の提出が必要となります。


セントラルで本人確認書類として認められる書類の例


本人確認書類は原則、顔写真の記載があるものとされていて、健康保険証のように顔写真の記載のないものしか用意できない場合、次の書類を併せて提出する必要があります。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・固定電話など)
  • 納税証明書

本人確認書類の提出はWEB上でアップロードが可能


セントラルの提出書類のWEBアップロードの解説


セントラル公式HP「お客様サポートページ」から、デジカメやスマホで撮影した画像データをアップロードすることが可能で、コピーの郵送やFAXといった面倒な手続きは不要です。


収入証明書

自信の年収を証明する為に提出する収入証明書ですが、これは全ての人が必要になるわけではなく、

  • 借入希望金額が50万円を超える時
  • 他社も含め、借入の枠が100万円を超える時

に提出が必要となります。


収入証明書の提出を求められた場合、以下の書類が該当書類となります。


セントラルで収入証明書として認められる書類


申込の内容、審査の結果次第で、借入希望金額が50万円以下の場合でも収入証明書の提出を求められることがあります。

申込から借入までの流れ 最短即日融資の条件は?


※セントラル公式HPより引用
当社は、1973年に株式会社黒河商事として発足し、1993年に株式会社セントラルに社名変更して以来、今日までみなさまに愛され、実積を積み重ねて参りました。今、時代とともに消費者ローン市場もさまざまに変化し、多様化しております。その中で、我々が大切にしているのはスピード感。「お客さまに、いかに早くタイムリーにサービスを提供できるか」を考え、

基本は即日ご融資。遅くとも、翌日までにはご融資を完了させるスタイル

を貫いております。自動契約機およびATMもいち早く取り入れ、インターネットを利用した新規申し込み受付の開始。平成29年からはセブン銀行との提携もスタート。お客さまの利便性の向上のために、店舗数もさらに増やしていく予定です。今まで積み上げてきた信頼を糧に、これからもさらにお客さまから必要とされる企業で居られるよう、新しいことに果敢にチャレンジしていく所存です。


セントラルの経営方針は

「基本は即日融資で遅くとも翌日までには融資を完了させるスタイル」

とされていて、申込から融資実行までのスピードにはかなり期待が持てそうです。

ゼニエモンがセントラルに電話にて問い合わせ、即日での融資実行の条件・タイムリミット、最短で借入する方法を徹底調査しましたので詳しく解説していきます。


オペレーターに聞いた借入を急ぐ人に最もオススメなセントラル利用の手引き

  • インターネット申込
  • メールにて審査回答
  • WEB上で契約手続き
  • 指定口座へ振込融資

インターネットからの申込がオススメ

セントラルへの申込方法は次の5通りが用意されているのですが、

  • インターネット
  • 自動契約機
  • 郵送
  • コンビニからFAX
  • 来店

最も申込手続きをスムーズに完結できるのがインターネットからの申込です。


インターネットからの申込であれば自宅・職場、いつでもどこからでも申込手続きが可能、審査回答メール受取後、メールの指示に従い必要書類のアップロード、そのまま契約手続きへと進むことができます。


自動契約機やセントラルの窓口が近所にある人は、直接来店して申込をするのも一つの手ですが、審査回答までには最短でも約1時間かかってしまいますし、もし審査落ちとなってしまった場合、非常に無駄な時間を過ごしてしまうコトとなります。


ネット申込、審査通過後に窓口や自動契約機での契約手続きという流れでの利用も可能との事でしたので、申込手続きはインターネットからの行うコトをオススメします。


即日振込融資のタイムリミットは平日14時までの申込

契約手続き完了後、自身の指定する銀行口座へ希望する金額の振込での融資が可能となるのですが、セントラルは銀行営業時間外の振込には対応していません。


申込から審査回答までには最短でも1時間、銀行営業時間が平日15時までとなるので、即日での振込融資を希望する人は遅くとも平日14時までに申込手続きを完結させておくコトが絶対条件となります。


土日祝日・平日14時以降の申込で即日融資を受けるには!

平日14時以降の申込の場合、審査を通過、契約手続きまで完結できたとしても、振込融資が実行されるのは早くとも翌日、土日・祝日を挟むとその間は借入を行うコトが出来ません。


ただ、自動契約機への来店が可能な場合、話は変わってきます!


セントラルの自動契約機を利用するメリット


セントラルでは振込融資を利用した場合もしなかった場合も、ローン専用カード「Cカード」が自宅へと郵送されるのですが、ローンカード到着までには契約完了日から約1週間前後かかってしまうのですが、自動契約機へ来店することで、その場で即日のローンカード発行が可能となり、カード発行後はそのままセントラルATMもしくはセブン銀行ATMでの借入が可能となります。


ただ、残念ながらセントラルの自動契約機は設置数が少なく、全国に15カ所のみとなります。
大手消費者金融のプロミスやアコムが1,000台以上設置されているのに比べると、大きな差があります、、。


セントラル自動契約機設置店舗一覧

東京都 新宿・渋谷・銀座・池袋
神奈川県 横浜
埼玉県 大宮
岡山県 岡山大安寺・倉敷沖新町
愛媛県 河原町・南松山・新居浜・新空港通り・R56大洲・宇和島
香川県 レインボーロード・宇田津
高知県 南環状百石

セントラルの自動契約機が近所にある場合、即日での借入ができる可能性は非常に高くなります。

自動契約機への来店が難しい場合でも、申込の翌日には振込融資が実行される可能性が非常に高く、セントラルの融資実行までのスピードは大手消費者金融と比較しても劣らず、借入を急ぐ人のニーズにもバッチリ対応したカードローンだと言えます。

セントラルは2017年5月から9月にかけて銀座・渋谷・新宿・大宮に店舗をオープンさせていて、非常に勢いのある中小の消費者金融です。
スペックも非常に高く、今後、全国的に窓口・自動契約機が増え、利便性が向上していくのではないかとゼニエモンは予想しています!

家族・職場に内緒で借入できる?


セントラルは誰にも内緒で借入できるのか?


カードローンを利用したキャッシングを行う際、家族や職場、誰にも知られず利用したいと考えている人が注意するべき点が次の2つの項目です。

  • 勤務先への在籍確認の為の電話
  • 自宅へと送られてくる郵送物の有無

この2項目についてセントラルへ電話にて問い合わせ徹底調査しました。


勤務先への在籍確認の電話について

カードローンを利用するには、どこのカードローンでも在籍確認が必須項目となり、これは基本的に勤め先への電話連絡により行われます。


この電話は各業者によって異なりますが、一般的に次のように審査担当者の個人名もしくは銀行名や業者名を名乗っての電話となります。



銀行名、業者名を名乗って欲しくないという要望に対して、審査担当者の個人名で電話を掛けてくれる業者は多くありますが、セントラルの在籍確認はもう一段階上の要望まで応えてくれます。


セントラルでは申込手続き完了後に、本人確認の為の電話が掛けれれるのですが、その際に、どうのように名乗って電話をかけて欲しいかこちらの希望を聞いて貰うことができ、自身に都合の良い名称で電話を掛けてもらえます。


例えば、○○生命の田中です、△△屋の山本です、などといった風に電話を掛けて貰えば、その電話がまさかカードローンの審査の為の電話だとは職場の人は思いもよらないのでは!

必ず対応出来るワケではないとのことでしたが、在籍確認の時間指定も可能との事でしたので、自身が対応できるタイミングで電話をかけて貰えれば、さらに安心です。

セントラルの在籍確認の電話により勤務先へカードローンの利用がバレてしまうリスクはかなり低いと言えます!


自宅への郵送物について

セントラルの利用明細書はATMでの発行のみとなり、自宅へ郵送されることはありません。


家族に内緒でセントラルを利用したいと考えている人に気をつけてもらいたいのは、契約完了後に自宅へと郵送されるローンカード・契約書類です。


ローンカードと契約書類が入る封筒には「セントラル」という記載はなく「CSセンター」と記載されるので、一見して消費者金融からの郵送物だとは気づかれにくいのですが、家族はバレるリスクはやはり高くなってしまいます。


自宅への郵送物ナシで利用する方法

設置台数が全国で15台と、利用できる人はかなり限定されてしまうのですが、自動契約機で契約手続きを行った場合、その場でローンカード・契約書類共に発行されるので、家族に消費者金融での借入がバレる可能性はかなり低く抑えることが可能です。

毎月の返済が滞ってしまうなどといったコトが起こった場合、自宅への電話連絡や書面での連絡が行われる場合があります!

セントラルのスペックを徹底調査してみた!


中小消費者金融ながら大手消費者金融並みのスペックをもつセントラルの金利や借入限度額、借入・返済方法、毎月の最低返済額について徹底調査しました。

他業者との比較を交えつつ詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。


金利と借入限度額について


セントラルの金利は借入限度額100万円を境に、上限金利が異なり次のように設定され、借入限度額100万円を境に上限金利が18%〜15%へ引き下げられます。


セントラルの借入限度額ごとの適用金利

借入限度額 適用金利
1万円〜30万円 4.8%~18.0%
30万円超~100万円未満 4.8%~18.0%
100万円〜300万円 4.8%~15.0%

借入限度額が100万円以上となった場合は高くとも金利15%が適用されるのですが、初めての申込で借入限度額が100万円を超える可能性は非常に低いく、10万円〜50万円程度の借入限度額になると考えておくコトを推奨します。


借入限度額50万円以下の場合、プロミスやアコム・アイフルなどといった大手消費者金融でも基本的には上限金利が適用されるので、セントラルへ初めての申込をする人の多くが金利18%での利用となります。


大手消費者金融3社、プロミス「17.8%」・アコム「18%」・アイフル「18%」このように設定されているので、セントラルの金利は消費者金融の中では平均的な金利設定です。


返済方法と毎月の最低返済額について


適用される金利により毎月発生する利息は異なり、当然、適用金利が低ければ低いほど利息は小さく、反対に適用金利が高ければ高いほど利息は大きくなります。

ですので当然、上限金利の平均が14%とされている銀行カードローン比べ消費者金融のセントラルのほうが月単位で発生する利息は大きくなるのですが、金利の差以上に最終的支払う利息に多大な影響を与えるのが毎月の返済額の差です。

この項目では返済シュミレーションを使いながらセントラルの毎月の返済額と支払うコトになる利息について徹底解説していきます。

返済日

返済日は契約手続きの際に、自身で自由に選択するコトが可能です。


給料日の翌日などに設定しておくことで余裕をもった返済を行え、返済遅れのリスクは低く抑えるコトができます。


約定返済と追加返済の違いに注意

カードローンの返済には月に一度必ず行う「約定返済」と約定返済に加え任意で行う「追加返済」の2種類があります。


セントラルは自身で自身で選択した返済日より前10日間が返済期間と設定されているので、この期間内に「約定返済」を必ず行います。


臨時収入が入った、財布の中身に余裕があるなどの理由でこれ以前に返済を行った場合、それは「追加返済」として見なされ返済期間内にもう一度、返済を行う必要が出てきてしまいます。


セントラルの返済期間について


「返済期間より前に返済をしてしまった!今月もう1回返済をする余裕なんてない!」


このような状況になってしまった場合は、急いでセントラルのサポートセンターへ電話かけてください。
利用状況によっては対応できない場合もありますが、事情を説明するコトで、返済期間前の返済を「約定返済」として処理するといった対応も可能との事でした。


返済方法

セントラルの返済方法は

  • ローンカードを利用したATMでの返済
  • 指定口座への振込による返済

この2通りのみとなり、口座からの自動引き落としによる返済は設定がありません。


セントラル店舗内に設置されているATMであれば、手数料無料で返済を行うコトができるのですが、振込手数料は自己負担、セブン銀行ATMでは返済金額1万円以下で108円、1万円超の場合216円の手数料がかかってしまいます。


返済額

セントラルでは借入限度額30万円以下は最長3年、30万円超では最長4年と完済までの期間が定められていて、毎月の最低返済額は次のようになります。


借入残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 12,000円
30万円超40万円以下 12,000円
40万円超50万円以下 15,000円
以降借入残高10万円増すごとに 3,000円ずつ追加

セントラルの最低返済額は高め

プロミスやアコムでは借入残高20万円で8,000円・30万円で11,000円・50万円で13,000円と最低返済額が設定されているので、セントラルの最低返済額は大手消費者金融と比べるとやや高めの設定となっています。

最低返済額が高いコトは、月々の負担が大きくなるのでデメリットしかないように思えますが、裏を返せば早期完済を目指しやすく支払う利息を低く抑えられるといった大きなメリットにも繋がります。

返済シュミレーションを使い、最低返済額のみの返済を行った際に完済までにかかる期間、最終的に支払う利息を算出しましたので詳しく解説していきます。


セントラルの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 18% 32回 4,000円 26,260円
15万円 18% 23回 8,000円 27,433円
20万円 18% 32回 8,000円 52,540円
30万円 18% 32回 12,000円 78,838円
50万円 18% 47回 15,000円 198,360円

三井住友銀行カードローンの返済シュミレーション

借入金額 実質年率 返済回数 月返済額 利息合計
10万円 14.5% 75回 2,000円 51,374円
15万円 14.5% 96回 4,000円 83,470円
20万円 14.5% 121回 4,000円 137,167円
30万円 14.5% 153回 6,000円 237,068円
50万円 14.5% 202回 10,000円 469,098円


金利18%で最低返済額が高いセントラルと金利14.5%で最低返済額がメチャクチャ低い三井住友銀行カードローン、この2つのカードローンを比べた場合、多くの人が後者のカードローンの方に魅力を感じると思います。


ただ、上の2つの表を見比べてもらうと分かるように、金利以上に支払う利息に大きな影響を与えるのが毎月の返済金額です。


三井住友銀行カードローンでは借入残高が下がると同時に返済金額も下がって行く為、完済までにかかる期間が長期化、最終的に支払う利息が高くなりやすい傾向にあります。


反対にセントラルなど消費者金融では、借入を行った時の借入残高により最低返済額が決定され、追加での借入をしない限り、完済まで同じ金額で返済を行うコトになるので、早期完済を目指しやすく最終的に支払う利息を低く抑えやすくなっています。


セントラル徹底調査のまとめ


少し長くなってしまいましたが、最後にセントラルを利用するメリットとデメリットを簡潔にまとめます。


メリット

申込から契約までWEBで完結

インターネットから申込をするコトで窓口への来店、郵送手続きナシでセントラルの契約は可能です。


最短即日での借入に対応

申込から審査回答まで最短1時間、平日14時までの申込なら即日振込融資を受けるコトができます。


さらに自動契約機へ来店するコトで土日や夕方以降の即日カード発行も可能となります。


契約日の翌日から30日間は無利息で利用できる

セントラルの利用が初めての人に限り、30日間の無利息サービスを利用するコトができます。


デメリット

手数料無料で利用できるATMが少ない

手数料無料で利用できるATMはセントラル店舗に設置されているATMのみ。
セントラルの店舗は全国20台弱しかない為、ほとんどの人がセブン銀行ATMでの利用がメインとなり、近所にセントラルATMがない人は返済時に毎回手数料が発生することになってしまいます。


口座振替による返済に対応していない

口座からの自動引き落としでの返済には対応しておらず、毎月ATMもしくは振込での返済が必要となります。


セントラルは中小の消費者金融で知名度は低めなのですが、実は大手消費者金融と比較しても遜色ないスペックで、中小の消費者金の中では頭一つ抜き出たカードローンだと言えます。

もちろん日本貸金業協会に登録された、正規の消費者金融ですので安心して申込するコトができます。銀行カードローンや大手消費者金融の審査に不安がある人、少額・短期間の借入を希望している人におすすめのカードローンです!

口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ