クレジットカードとキャッシングのリボ払いの違いについて

クレジットカードとキャッシングのリボ払いの違いについて

掲載日:

クレジットカードのショッピング、お金がないときの現金融資のキャッシング。

返済はどちらもリボ払いでの返済となりますが、どっちが具体的にキツイのかという事を物理的、精神的と両方の面で実体験を元に考察しました。

このページでは、クレジットカードとキャッシングのリボ払いについてを比較していきます。

    このページのクレジットカードとキャッシングのリボ払いの定義について

    まず、説明の前に補足事項として、このページで伝えるクレジットカードとキャッシングについての定義を説明します。


    最近では、銀行から預金残高を出金する行為もキャッシングと呼ばれる事もあり、明確な定義がなくなりつつあり、それを定義付けせず解説したら、誤った認識となってしまう可能性もあるので、


    クレジットカード:ショッピング枠を利用し買い物に対してリボ払い
    キャッシング:カードローンや現金融資、クレジットカードのキャッシングを利用したリボ払い


    このようにサイトでは定義付けています。以下で説明する事項は全てこの意味として捉えてください。


    クレジットカードやキャッシングのリボ払いについて

    次に、リボ払いについてを簡単に説明していきます。


    このページではリボ払いの解説についてがメインではないので、必要最低限の情報で簡単に説明しています。


    リボ払いというのは、早い話各ローンを個別に支払うのではなく「貸付限度額」という業者との契約にて定められた枠の中で自由に買い物ができる、現金を出金できるということです。


    その利用した金額に応じ、契約時の金利分を上乗せし、毎月業者の指定する最低返済額以上の金額を返済してくという形です。


    この際に、利用分はクレジットカードの場合は買い物などのショッピング枠、キャッシングの場合は現金の直接の融資を行っています。


    クレジットカードとキャッシングの世間のイメージの差

    世間体的なイメージでは、クレジットカードの場合は公共料金の支払いもでき、さらにポイントなども貯まるので、現金で直接支払いを行うよりも得となる利点などが多く、現金をうまく回している、便利に買い物をしているというイメージです。


    また、クレジットカードは高いステータスを持っていないと作れないものもあるため、付加価値としての「見栄」の機能もあります。


    イメージとしては、このようなイメージです。


    クレジットカードの利用用途とイメージ


    キャッシングは、直接現金を借り入れるのでお金に困っているというイメージであり、根幹的な違いはありませんがイメージはクレジットカードの真逆です。


    「見栄」を張るどころか、逆にイメージはマイナスです。


    キャッシングの利用用途とイメージ


    同じ利用用途で利用したとしても、クレジットカードとキャッシングではここまで世間のイメージが違います。


    同じリボ払いでもどれくらい違うのか?

    これだけ真逆のイメージのクレジットカードとキャッシングですが、リボ払いの返済の仕組みは基本的に同じです。


    いや、同じリボ払いならどっちでも一緒でしょ!と思う人も多いですが、同じリボ払いでも返済プランなどは全く異なりますので、実用的には全く違うものである事を説明していきます。


    毎月の最低返済額の違い

    まず、毎月の最低返済額についてです。


    基本的にリボ払いというのは、ミニマムペイメントという業者指定の最低返済額というものが存在します。


    これは、融資を受けた金額によって決まり、例えば、大手消費者金融のプロミスの場合は、30万円以上借りた時の最低返済額は11,000円で、クレジットカードなら楽天カードで30万円のリボ払いの場合は、月に10,000円の支払といった流れです。


    これに関し、消費者金融等の貸金業者は実質年率という表現で金利、クレジットカードに関しては手数料という形での金利で表現は違いますが、意味と計算式は同じ算出となっています。


    計算式は、

    借りた金額 × 金利 ÷ 365(日) = 1日分の金利

    となります。


    これを元に最低返済額を算出し、請求するという形となります。


    例えば、これにおいて年15.0%の金利(手数料)の契約の場合は、10万円の返済で月に1万円の返済をした場合は、返済の中の1万円の内訳はこのようになっています。


    1万円返済した際の内訳


    返済金額の優先は先に利息であり、利息の支払を終えて残り分が元金の充当に充てられるという仕組みです。


    これについてが決定的な違いというのが、最低返済額の設定についてです。


    基本的に、クレジットカードのショッピングでのリボ払いとカードローンや、クレジットカード付帯のリボ払いは「自主規制」の有無が全く異なります。


    消費者金融を含む貸金業者の場合は、返済期間に対し自主規制を設けており、30万円以下の場合は原則3年以内に完済、30万円を超える場合は原則5年以内に完済が可能です。


    つまり、いつか返済できるのではなく、最後に融資を受けた日から最低返済額を返済し続けたら5年以内には完済出来るように設定されています。


    業者側からすれば元金を払わずに、利息だけ毎月払ってもらえる方が儲かるので、以前は最低返済額を少なくしていましたが、これはリボ払いによる返済をずっと続けているのにも関わらず元金が全く減らない!ということが問題となり、自主規制を設けて必ず完済までの期間が長くとも5年以内にするように設定されました。


    例外として利用者本人が返済がきついからプランを変えてくれという申し出があった場合は、最長で10年程度のプランに変更してもらう事は可能です。


    ただし、これはあくまでキャッシングの話で現金の貸付自体に対しての規制であり、ショッピング枠に対してはこの規制は現在はありません。


    かと言って、利息+1円の返済みたいな極端なことはなく、社会通念的には問題ないと判断される程度の返済額を設定しています。


    月々の支払いが固定か変動か

    次に、この月々の支払いが固定なのか変動なのかというところです。


    基本的に、キャッシングの場合は、本人の申し出がない限り、

    最後に融資を受けた日から完済するまで月々の返済額は固定です。


    わかりやすくイメージするとこのような感じです。


    キャッシングの返済のイメージ


    クレジットカードの場合は、カードによって自身でリボ払いに設定するかどうか選択できる場合もありますし、最初から自動でリボ払いに設定されている場合もあるため一概にまとめる事はできませんが、ほとんどの場合はリボ払いの残債に応じて月々の返済額が変化します。


    クレジットカードの返済のイメージ


    このようになっており、リボ払いの残債に応じ、下がっていく仕組みとなっています。


    お金の借り方の違い

    クレジットカードとキャッシングではお金の借り方も異なり、クレジットカードのショッピングリボは買い物の際にクレジットカードを出し、支払いをカード会社に立て替えてもらい後からカード会社へ返済をするので、間接的にお金を借りて買い物をしています。


    ショッピングリボはクレジットカードのショッピング枠の範囲内で利用することが可能です。


    キャッシングの場合は、クレジットカードやカードローンを利用して直接現金を借りて返済を行います。


    キャッシングにもショッピングリボのショッピング枠のように制限があり、クレジットカードのキャッシング枠、カードローンの限度額の範囲内であればいくらでも借入ができます。


    金利

    クレジットカードのショッピングリボとキャッシングは手数料にも違いがあります。


    以下の表で、クレジットカードのショッピングリボとキャッシングリボの金利をまとめました。


    クレジットカードのショッピングリボトキャッシングリボの手数料

    ショッピングリボ キャッシング
    楽天カード 15.0% 18.0%
    JCBカード 8.04%〜18.0% 15.0%〜18.0%
    三井住友カード 15.0% 15.0%〜18.0%

    キャッシングリボの金利は年15.0%〜18.0%と高く設定されていますが、ショッピングリボは年15.0%とキャッシングより低いです。


    そのため、キャッシングでお金を借りた方が手数料が多くかかってしまうので、クレジットカードではキャッシングでお金を借りるよりショッピングリボを利用した方が手数料を多くかけずに返済していくことができます。


    クレジットカードとキャッシングはどちらがお得?

    クレジットカードのリボ払いとキャッシングの違いについて説明をしてきましたが、実際はどちらがお得に利用できるのでしょうか。


    次では、クレジットカードのリボ払いとキャッシングを返済シミュレーションを利用して比較していきます。


    クレジットカードリボ払いの、残債に応じて返済額が下がる仕組みは100万円以上になると業者によっては恐ろしい計算になるのです。


    これを消費者金融の18.0%で融資を受けた例とクレジットカードのリボ払いで15.0%の手数料を払った場合を比較します。


    この計算式には、クレジットカードのリボ払いを組み込む為に、以下のようにリボの対象となっている実質の貸付金と返済額の設定を以下に定めました。


    利用金額 月の返済額
    10万円以下 2,000円
    10万円超〜20万円以下 4,000円
    20万円超〜30万円以下 6,000円
    30万円超〜40万円以下 8,000円
    50万円超〜60万円以下 10,000円

    これは特に少ない返済金額の業者の設定をしてみました。


    借入金額が10万円以下の場合は最低返済額が2,000円と、一見、月々の支払がとても楽なように見えますが、最悪のケースとして考えてください。


    キャッシングの月返済額は13,000円で固定して計算していきます。


    50万円のリボ払いをした時のクレジットカードとキャッシングの比較

    クレカリボ キャッシングリボ
    金利(手数料) 15.0% 18.0%
    月返済額 10,000円から下がる 13,000円固定
    返済回数 232回(19年4ヶ月) 57回(4年9ヶ月)
    返済総額(金額表示) 126万8,561円 74万7,367円
    返済総額(%) 211.4% 149.4%

    クレジットカードとキャッシングの差


    クレジットカードリボの方が年15.0%と低金利なので返済総額も少ないように思われますが、実際は50万円を借入すると126万8,561円と借入金額の倍以上を支払うことになってしまいます。


    また、返済回数も232回、つまり完済するまでに19年4ヵ月という長い時間がかかり、いつまでたっても返済が終わらないという状況に陥ってしまうのです。


    一方、キャッシングリボではクレジットカードリボの手数料よりも高い金利18.0%であるにもかかわらず、返済総額は74万7,367円、返済回数は57回とかなり大きな差が出ています。


    19年かかる返済期間を算出したエクセルの図


    このように、返済回数や返済総額に違いが出る原因は、毎月の返済金額の違いです。


    キャッシングリボの場合は、毎月の返済金額がクレジットカードリボよりも13,000円と高く設定されており、返済残高が減っても毎月返済額は固定されているので、返済期間もそれほど長くかかりません。


    しかし、クレジットカードリボの場合は、毎月の返済額が返済残高によって変わるので、最初は10,000円で返済することになりますが、40万円以下になると8,000円、30万円以下になると6,000円と毎月返済額は減っていきます。


    毎月返済額が減ることで生活にかかる負担を減らすことができますが、毎月返済額が減った分、返済額のほとんどが利息に支払われ元金に充てられずに、支払いが長期化し、返済総額も増えてしまうのです。


    支払総額や返済期間を減らすためには、最低返済額よりも多く返済する必要があります。


    クレジットカードリボで毎月返済額を変更する場合は、持っているクレジットカードの会員ページへログインして設定を行えば簡単に返済額を増やすことが可能です。


    しかし、毎月返済額を増やすといっても、生活に支障が出てしまえば元も子もないので、返済計画をしっかり立てて返済を行うようにしましょう。


    各業者のリボ払いの設定するイメージ図


    キャッシングはクレジットカード、カードローンどちらがおすすめ?

    クレジットカードのリボ払いとキャッシングでは、毎月返済額が一定であるキャッシングの方が完済までにかかる時間も短く、返済総額も少なくできることがわかりました。


    次に、お金を借入する際にクレジットカードのキャッシングとカードローンどちらがお得に利用できるのかを比較していきます。


    クレジットカードのキャッシングについて

    クレジットカードのキャッシングの金利と限度額について


    クレジットカードのキャッシングはキャッシング枠の範囲内でいつでも借り入れができ、平均金利が年15.0%〜18.0%と設定されていて、限度額は100万円程になります。


    キャッシングの利用方法は、ATMでクレジットカードを利用して現金を引き出すので、専用カードを発行する必要はありません。


    また、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠が分離している場合は別ですが、一体型になっている場合はキャッシング利用分がショッピング枠を圧迫してしまうので計画的に利用・返済を行いましょう。


    カードローンについて

    カードローンの金利と限度額について


    カードローンはローンの借り入れ専用のサービスで、平均金利が3.0%〜18.0%、限度額は800万円程に設定されています。


    そのため、買い物だけでなく借り換えなどでまとまったお金が必要になった場合にも便利に利用することが可能です。


    借入方法は、ローン専用カードを利用して提携ATMやコンビニATMで現金を引き出す方法が多いですが、大手消費者金融やメガバンクなどではネットバンキングなどを利用していつでもどこでも振込融資が行えるので、お金を借りるために店舗やコンビニに足を運ぶ必要もありません。


    また、カードローンは消費者金融のカードローンと銀行カードローンに分けられ、利用方法などはほとんど同じですが金利や発行速度に違いがあります。


    消費者金融カードローン 銀行カードローン
    金利 18.00% 14.5%
    限度額 800万円 800万円
    発行速度 最短即日 最短翌営業日
    総量規制 対象 対象外
    無利息期間 χ

    消費者金融のカードローンと銀行カードローンでは、限度額は800万円と変わりはありませんが、消費者金融カードローンの平均金利は年18.0%、それに比べて銀行カードローンの平均金利は年14.5%と低いです。


    発行速度については、銀行カードローンは早くても翌営業日でローン専用カード発行・融資を受けることができますが、消費者金融カードローンの方が審査も早く融資も最短即日で受けることが可能です。


    ただし、消費者金融カードローンは総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上の借入れはできません。


    また、カードローンには無利息期間が付帯しているものがあり、銀行カードローンで付帯しているものは少ないので、消費者金融カードローンの便利に使える特徴といえます。


    クレジットカードのキャッシングとカードローンの比較表

    クレジットカード キャッシング
    金利 15.00〜18.00% 3.0%〜18.0%
    限度額 100万円 800万円
    借入方法 ・ATM
    ・口座振り込み
    ・ATM
    ・口座振り込み
    ・自動融資

    クレジットカードのキャッシングと比べ、カードローンの方が金利年3.0%〜18.0%と低金利で借りられる可能性があり、銀行カードローンであれば金利年14.5%〜で借入ができます。


    また、クレジットカードのキャッシングではクレジットカードにキャッシング機能を付帯するだけで利用できるので、新たにカードを増やすことなく利用できますが、カードローンの場合はローン専用カードの発行が必要になる場合が多いです。


    クレジットカードのキャッシングの限度額は、カードローンの限度額800万円に比べ、限度額100万円と低く設定されていて、キャッシング枠を利用してお金を借りる分、ショッピング枠を圧迫してしまうのでクレジットカードのキャッシングは少額の借り入れを希望する方に向いています。


    ただし、消費者金融カードローンでは30日間の無利息期間が付帯しているものがあり、無利息期間中に完済してしまえば手数料は一切かからないので、少額の借入れを希望するはカードローンの利用も検討してみましょう。


    クレジットカードとキャッシングのリボ払いそれぞれのメリット・デメリット

    クレジットカード

    メリット

    キャッシングよりも最高金利が低い
    毎月の返済額がキャッシングよりも少額になる

    デメリット

    自主規制がなく返済が長期化する
    返済額が残債によって変わるため管理がしにくい

    クレジットカードリボ払いは手数料が年15.0%とキャッシングよりも低く、毎月返済額も少なくなるので生活に負担をかけずに返済していくことができます。

    しかし、自主規制がないためいつまでも完済できない状態に陥ってしまったり、返済額が残高によって変わるので管理がしにくかったりと返済については不便に感じる部分が多いです。


    キャッシングのリボ払い

    メリット

    毎月の支払額が一定で管理がしやすい
    最後の借り入れから自主規制で完済期限が設けられる
    カードローンなら借入限度額が大きい
    カードローンなら最低金利も低く、無利息期間が付帯しているものがある

    デメリット

    最大手数料・最大金利が高い
    クレジットカードのキャッシング枠を圧迫する

    キャッシングは毎月の支払額は一定になるので管理もしやすく、自主規制によって最後の借り入れから5年以内に完済できるように計算されています。

    また、キャッシングはクレジットカードとカードローンで利用することができ、カードローンであれば限度額は約800万円と高く、まとめて借入れしたい方にもおすすめですし、無利息期間が付帯しているカードローンもあるので無利息期間のうちに返済してしまえば手数料は一切かかりません。

    しかし、最大金利・手数料は年18.0%と高く設定している業者が多く、クレジットカードでキャッシングを利用した場合はショッピング枠を圧迫してしまいます。

    クレジットカードとキャッシングのリボ払いのまとめ

    基本的にクレジットカードと、キャッシングのリボ払いは、名前は違いますが、仕組みと理屈は全く同等のものです。


    しかし、違いとしては、以下の4点が明確に異なります。

    • 月返済額に対し自主規制の有無
    • リボ払いの完済期間においての自主規制の有無
    • 金利
    • お金の借り方

    このように考えると、キャッシングのリボ払いの方が返済するまでの期間が明確になっているので、自己管理等もする必要性も特になく、大体これだけの期間で返せる事が分かることから、キャッシングのリボ払いは構造がシンプルです。


    クレジットカードのリボ払いは、毎月の生活費を担保できるかわりにローンの長期化を招きやすいというデメリットもあるので、注意して利用するようにしましょう。


    クレジットカード・キャッシングは買い物、お金を借りる際に便利に使えるサービスですが、返済方法をしっかり理解していないと返済期間が長引き、返済総額が増えてしまいます。

    また、クレジットカードのリボ払いはキャッシングに比べて最大金利が低く少額融資に向いていて、毎月の返済額も少なく抑えられるので、無理せず返済していきたいという方におすすめです。

    キャッシングは毎月支払額が一定になるので管理もしやすく、カードローンであれば限度額が大きいのでまとまったお金を借りる場合にも便利に利用できます。

    それぞれに、メリットデメリットがありますので、自分の使い方に合ったものを選んで利用するようにしましょう。

    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ