カードローンABC編集部にカードローンの選び方と利用方法について突撃取材!

掲載日:

カードローンABC編集部に突撃取材!


今回は、これから初めてのカードローンを利用する人へ、カードローン選びの専門サイトである「カードローンのABC」に最新のカードローンの選び方を直接取材させて頂き


「後悔しないカードローンの選び方と利用方法」


についてを詳しく聞かせて頂きました。以下は、実際に取材を行い聞いてきた内容をまとめた記事となります。これからカードローンを利用したいという人は、是非このページを参考に選んで頂けると幸いです。


カードローンは、どれが最も優れている商品なのか?

まず、率直に聞きたいのですが、「カードローンのABC」ではどのカードローンが一番いいものと考えていますか?

- いきなりの鋭すぎる質問ありがとうございます(笑)。
結論から言うと、最善のカードローンというのは借り入れする人によって違うので一概にこのカードローンがいいと言うのは言えません。


現在、一般的に知られているカードローンといえば、消費者金融、クレジットカード等を扱っている信販会社(以下信販系)、銀行の3つが取り扱っているものがよく知られていると思いますが、これらは個々の商品では、例外がありますが、全体的に見るとこのような特徴があります。


消費者金融

強み

審査が早く、土日祝日含め最短で1時間で融資を受けれる事も!
契約から30日は無利息期間などサービスが充実


弱み

金利が銀行よりも高く、50万円以上の融資には向かない

信販系

強み

種類が豊富で、中には銀行カードローンよりも低金利のものもある


弱み

審査時間が長く、連絡もないところが多いためカード発行まで1ヶ月程度が一般的
審査落ちでも結果が数日は掛かるため、急ぎには向かない

銀行

強み

消費者金融や信販系の貸金業者と比較し金利が低い
返済金額が低く(一部高いものもあり)、月々の負担が少ない


弱み

返済金額が少ない為、計画性がないと返済総額が貸金業者よりも高くなる事も
残債が減れば返済金額が減るためローンの長期化につながる

取り扱い商品によっては、この上記の通りとはならない事もありますが、概ねこのようなイメージを持っていただけたらと思います。


当サイトでも嫌というほどカードローンを比較してきましたが(笑)、実際にカードローンを利用し始めると、どのカードローンでも大差はありません。


銀行も消費者金融も、見た目の金利は違いますが、利用方法や返済方法も同じです。
そこで重要なのが、カードローンを選ぶ上で、最も重要なのは「初回融資の借り入れ理由」です。


基本、融資が必要であるから利用するものであって、突発的に必要になる方が多いと思います。


必要ない時に契約する人は何かキャッシュバック等のキャンペーンを利用する人程度でほぼいません。


中には、いざという時のためや理由もなくなんとなく程度の感覚でクレジットカードのキャッシング枠は作る人も多いですが、カードローンは別で、いざという時に借りれる枠を作っておくという人は非常に稀であると言えるでしょう。


つまり、突発的に借りたいという事を前提として、「初回の融資で何を望んでいるのか」という事がカードローン選びで非常に重要なポイントとなってきます。


カードローン選びの最も重要なものが初回融資の理由である


カードローン選びの最初のポイントは急ぎでの融資なのかという点

先ほど、契約してしまえば使い勝手はそんなに変わらないとの話ですが、ではどうせ契約したら同じカードローンならどこを利用しても同じなのではないでしょうか?

とりあえず、目に付いたものを選んだのでもいいのではないですか?


- 確かにおっしゃる通りですが、カードローン利用者で最も重視するニーズは以下の3つです。


  • なるべく金利を低く契約したい
  • とにかくすぐにでも融資して欲しい
  • 審査が通るのかどうか

欲を言ってしまえば、このどれもを満たすものを選びたいところではありますよね。ですが、カードローンというものは、このどれかを優先すると、どれかを犠牲にしなければならない事も多いため、まず最初の選択肢としては、


融資まで急いでいるのか、時間に猶予があるのか?


という事を意識することがポイントです。


急いでいる場合は、消費者金融を優先して選ぶ!

では、急いでいる場合は、どのカードローンを選べばいいですか?

- はい、融資までに急いでいる、なるべく早く融資を受けたいという場合は、消費者金融一択です。


消費者金融はCMでよく見るような大手に限られますが、申し込みを行って最短で1時間程度で融資を受ける事が出来ます。


知っておきたいポイントしては、当日中の貸付限度額を設けてもらい、契約自体を出来るものもありますが、あくまで現金を引き出しできるようにできるのが当日中にできるかどうかです。


その点、消費者金融の場合は土日祝日でも審査を行っていますし、審査時間も平日と変わりません。
また良くも悪くも、審査結果がすぐにわかるため、時間のロスが少ないというのもメリットです。


安定してスピード融資を受けれる為、急いでいる人は「消費者金融」を選択するようにすると間違いはないと言えます。


審査を早く終える為のポイント


急いでいる場合は消費者金融一択と言うのはわかりました。じゃあ、消費者金融の場合は、誰であろうともすぐに融資を受けれるものなんですか?

- いえ、大手の消費者金融は、スピード融資に対応はしていますが、誰であろうと同条件で審査が進むというわけではありません。申込者である私たちもスピード融資を受ける為の取り組みが必要です。


以下では、消費者金融からスムーズに融資を受ける為に用意しておきたい最低限の準備や心がけのポイントを紹介します。


本人確認書類を用意しておく

必ず必要な書類として本人確認書類があります。申し込みした人やカードの受け取り者を本人と証明できなければ当たり前ですが契約する事は出来ません。


基本的に運転免許証があれば契約可能ですが、ない場合は、パスポートや、健康保険証などが必要になります。


顔写真のない証明書場合では、店舗で本人の確認を行う場合等は、別に住民票が必要であったり、契約はできるが、後日自宅にカード送付などとなる可能性があるため、必ず今持っている証明書で書類は十分であるのかという事を確認しておく必要があります。


用意しておきたい本人確認の書類


また、場合によっては収入証明書が必要である場合もありますが、初めて利用であり、50万円以下の融資希望額であれば、基本的に不要です。


ただし、融資契約の最終ジャッジは審査担当者が行う事であるため、例えば勤続年数が3ヶ月未満など短期間などである場合は、少額融資であっても提出を求められる事もあります。


申し込み時に嘘の記述はしないこと

申込みの際に嘘の記述は行ってはなりません。申込みを行った内容と業者の調査した内容に相違があれば当然ながら、審査時間は長引きます。カードローン業者側は、申込者の信用情報を取得し、残債や利用業者数自体は全て把握します。


審査に通りたいから、なるべく大枠にしたいから、面倒だからといって嘘の記述はマイナスポイントでしかありません。


融資を行うかどうかは最終的には審査担当者のジャッジで決まるため、申込み時の情報は全て正確に記載するようにしましょう。


申込みを済ませたら審査を急いで行ってもらえるように電話する

これは消費者金融に限られた事ですが、急ぎの場合は、申込みを行い、完了後に届くメールに記載のフリーダイヤルへ電話し審査を急いで欲しいという事を伝えることで優先的に審査を早く進めてもらう事が出来ます。


電話をしなくとも早いですが、数十分程度の短縮になるので、急いでいるという人は、申込み完了後にすぐに電話する事をしましょう。


融資を受けたい日まで1週間以上ある人は銀行から金利や、サービスを比較し選ぶ

急いでいる人は、消費者金融というのは分かりました。

では、融資まで、1週間以上あるという人は何を重視して選ぶべきですか?

- はい、1週間以上時間に余裕があるという人は、銀行カードローンで、金利やサービスなどで自身にあった条件のカードローンを選ぶ事がおすすめです。


ただし、この金利というのは、低ければ低いほど良い契約であるというのは言うまでもありませんが、カードローンを選ぶ際には過剰に金利を気にする人が多いですが、この金利に対して選ぶというのは間違っていない、良い選択ではあるのですが、この金利についても選び方の注意点が4つほどあります。


金利を比較する為に知っておきたい4つのポイント

下限金利を比較しても仕方がない

よく、金利の比較で各業者に金利幅というものがあります。


○○%〜○○%というような表記ですが、この金利幅の最も低い金利、もしくは、最悪でもこの中間くらいの金利に収まるのではないのかと考えている人が大半ですが、まず前提条件として、初回契約で融資希望金額が50万円以下の場合は、十中八九、上限金利が適応されます。


説明が長くなるので簡単に言いますが、下限金利での契約をしようと考えている人は、かなり難しい条件となるため、最初から下限金利に近い金利での選び方というのは、非常にナンセンスであり、時間の無駄であると言えます。


じゃあ、どうやって選べばいいのかというと、上限金利自体が低いカードローンを選ぶという事です。どう高くなっても自分が妥協出来た金利が適応されるため、選ぶ際は必ず上限金利で比較するようにしましょう。


上限金利で比較することが失敗しないポイント


低金利である分、審査基準が上がるということを知っておく

カードローンの金利は、初回契約の場合、低金利で契約出来たと言える金利は、統計上10%以下です。この金利以下で契約出来た場合は、かなり低金利で融資を受ける事が出来たと言えます。


実は消費者金融でも、こういった低金利での融資を受けることが出来るカードローンなどがありますが、例えば、勤続年数が最低でも1年以上、年収が最低でも300万円以上であるという申込の最低条件が他のカードローンと比べても非常に高くなります。


基本的に消費者金融よりも、審査基準が高い銀行カードローンではよりこの障壁が更に高くなると言うのは言うまでもありません。低金利を求めるあまり審査に落ちてしまっては元も子もありません。


初回契約では、統計上、上限金利で借りている人の割合が非常に高いです。ある程度の妥協というのも必要になるということを理解しておきましょう。


融資希望額が30万円以下の場合は、そんなに金利にこだわる必要がない

少しでも金利は低いに越した事はありませんが、低金利にこだわり過ぎて、融資まで時間をかけたり、上記のように、審査基準を引き上げる結果になって審査落ちをして融資を受けれなかったら本末転倒です。


一般的には、消費者金融は18.0%、銀行カードローンは、14.5%(平均的)を目安にしておきましょう。


そこで、人によってお金の価値というものは違いがあるため、一概には言えませんが、30万円以内の融資であるのなら、さほど金利を気にする必要はありません。
その根拠については以下の表を見れば明らかです。


消費者金融と銀行の平均金利の月々の金利の差額

借り入れ金額 18.0% 14.5% 差額
10万円 1,500円 1,208円 292円
20万円 3,000円 2,416円 584円
30万円 4,500円 3,624円 876円

※1ヶ月30日換算
※小数点以下の端数繰り上げ換算


こうして比較してみると、30万円までの融資であるなら低金利と言われている銀行カードローンであっても消費者金融であっても30万円もの金額であっても、差額は、876円です。1日当たり、で言うと、29円ほどの差です。


つまり何が言いたいかというと、金利をシビアに気にするのは、30万円を超える融資を受ける場合であり、それ以下の金額においては、あまり気にする必要はないというのが私の意見です。

1ヶ月〜2ヶ月以内に、返済の目処が立っているものは、金利を気にしない

1ヶ月〜2ヶ月以内に返済の目処が立っている業者に関しては、金利は度外視して、消費者金融を選ぶ方がいいです。


その理由は、大手消費者金融では初回契約の際は、30日間の無利息期間という金利が全く掛からないサービス期間があります。


返済の目処が、1ヶ月、または2ヶ月以内に完済出来る(する意思がある)場合は、消費者金融を利用してしまう方が、実質的に金利が掛からない事も有り得るという事です。返済出来る予定が1ヶ月〜2ヶ月程度の、一時的なキャッシュフローを潤滑化させるだけでしたら、銀行カードローンと比べ金利が高いと言われている消費者金融のほうがむしろ低金利で融資を受けるということも出来るということです。


金利と相関関係にある月々の返済額について

金利選びについては、上記の4つが最も知っておくべきポイントなのではありますが、今度は応用編という事で、金利と相関的な関係にある月々の返済金額についての注意点も知っておかなくてはなりません。


低金利を求める根幹としては、「返済総額」は少しでも少なくしたいというのが、本音です。カードローンの最も弱点というべきか、不安に感じる部分が「返済総額が非常にわかりにくい」という事です。この返済総額がわかりにくいという部分で金利だけ見てしまって、返済総額という本丸が見えない状態となり、結果、損をしてしまう事もあるということを知っておきましょう。


返済回数が多いとその分、返済総額と返済期間が増える

利用者にとって、金利と同じく、特に人気なのが月々の返済金額が低いカードローンです。


確かに毎月の返済額が少ない事は自分で返済プランをキチンと立てることが出来る人にとっては大変有益です。


しかし、毎月の生活を優先してしまい、どうしても業者の月々の最低返済額のみを返済してしまいがちです。
これによって、2つの懸念すべきことがありますので説明します。


返済期間によるデメリット

どのローンでも言える事ですが、ローンと言うのは、返済期間を伸ばせば伸ばすほど、返済総額が増える仕組みです。


例えば、消費者金融から18.0%の金利で10万円の融資を受けたとします。


この10万円の金利に対し、月々の返済額が微差はあれど4,000円が平均です。


この4,000円(最終2,260円)を月々返済していくと、返済総額が、126,260円になります。


10万円に対して約2万6千円の金利です。


それほど、高くは一見感じませんが、問題は返済期間です。10万円に対し、2年8ヶ月かけての返済です。


返済総額自体は、ビックリするような金額ではないものの、2年8ヶ月ほど、月の余剰金から4,000円なくなるのは、精神的にもかなりの痛手ですよね。


返済金額が少ないことでのデメリット

では、これが逆に月々の返済額がかなり低く設定されている業者から融資を受けた事例を例に挙げます。


銀行カードローンで、14.5%で10万円融資を受けて月2,000円の返済金額で返済したとします。


すると返済総額が、154,322円となり、消費者金融の18.0%よりも倍近く金利を支払わなくてはならなくなります。


また、この場合、返済期間は78回で、6年6ヶ月も掛けて返済する事になります。


数字にしてみると、月2,000円で10万円借りれるなら良さそうと中には感じる人もいるかもしれませんが、正直数年経過すれば、数年前に使った10万円の返済をまだしていると言うのはバカバカしく思えてきます。


よく勘違いとして誤解されているものは、返済金額が少ないのは、低金利のメリットとして返済金額が少ない金額で、同じ返済回数で完済出来ると誤解されている事です。


借りた元金は同じですし、金利も銀行カードローンは低金利と言われていますが、それでも一般的なローンの金利と比較すると高金利です。


業者の最低返済額以上に返済しなくては、結局返済期間も、返済総額もあがるという事を知っておきましょう。


意識としては、突発的にどうしても必要な場合を除き、最後に融資を受けた金額の1割以上は毎月返済に充てれるようにというのを意識してから融資を受けるようにしたいところです。


返済金額が少ない事が低金利と勘違いする錯覚


その他のサービス重視での選び方

カードローンにも業者毎に、便利なサービスがあります。


融資希望額が、10万円程度ですぐに必要ではないという人であれば、カードローン毎にあるサービスで比較するのもありです。例えば、


  • インターネットバンキングで借入返済が瞬時に行える
  • 口座振替で資金が足りない場合は、自動融資をしてもらえる
  • 銀行の営業時間外でも24時間365日いつでも振込を行うと反映する
  • コンビニ等のATM手数料が無料で入出金出来る
  • 返済計画についてなど、不安要素の相談窓口がある

このようなサービスなどあり、中でも便利なのが自動融資機能を付けれるカードローンです。


これは銀行カードローンのみ対応のものですが、毎月の口座振替等で足りなかった分を自動で融資を受ける事ができるいったものです。


こういった場合は、毎月、支払いのメインバンクとして利用している銀行のカードローンを選ぶ選択肢ができるというわけです。


借入や返済についてがどうしても不安であるという人は、契約者専用のライフプラン等の相談ができるサービス等も扱っています。


あえて、借入するのがクセにならないというようにあえて10万円の枠までしか受け付けていないというカードローンもありますので、ついちょっとした入り用に対して新たな融資を受けてしまいそうな人は、このそもそもが低い貸付枠の利用もありであるということを知っておきましょう。


これから利用される方へ伝えたいこと

非常にわかりやすく説明いただきありがとうございました!

最後になりますが、これからカードローンを利用される方に対しての何かアドバイスなどありますか?


- そうですね。
カードローン自体は、よくニュース等で多重債務による問題が取り上げられていますが、自由用途で、好きな時に好きな金額を融資を受けることが出来るという大変有益であり、便利なものであることは間違いありません。


その代償として、他のローンよりもはるかに高い金利で融資を受けるという事を自覚しておかなければなりません。


また、初回融資以外での融資というのは、よくよく考えればそこまで必要ではなかったお金であるというケースが非常に多いです。


利用に関し、最も重要であるのは、自身の本来利用出来る以上の金額を利用できる状態になるため、安易に借り入れを受けて解決するようになってしまわないことです。


利用に関しては、よく「ご利用は計画的に」、「借りすぎに注意」と言いますが、これがどれくらいなのかと言うのは人によって違いがあります。


ですが、これに関して不安であるという人は、カードローンの上限は10万円〜20万円の範囲を上限として利用を心がけましょう。


カードローンというものは、「将来自分が手にするお金を「金利と時間」を支払い買い取るものである」という事を認識し、利用するようにしましょう。


取材先:カードローンのABC
取材日:2017年5月22日


「カードローンのABC」さん最後までわかりやすい説明ありがとうございました。

このサイトを運営しているゼニエモン自身、過去に多重債務の経験があり、初めて利用する前に聞いておきたかったなぁと思いました(笑)。

カードローン自体は、これだけ手軽に自由用途で必要な資金を借り入れ出来るローンは他ありませんが、使い方を誤れば、自分の返済能力を超えてしまって、返済を行えなくなったり、借金の為の借金を繰り返すようになります。言わば借金の為の借金です。こうなると残債は、雪だるま式に膨らんでいきます。

こうならない為にも初回融資で受けた金額をまず一旦完済をするように心がけて利用して下さい。

実際にやってみると、完済する事がどれだけ大変なのかがわかりますので、まず初回融資に対しては、完済するまで借り入れせず、返済のしんどさをを身を持って体感してみるようにするのも重要です。

便利である分、それだけの責任を背負うという事を自覚し利用するようにしましょう。

コメントを投稿する

管理人の承認後コメントが公開されます。

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ