クレジットカードは分割払いとボーナス払いのどっちがお得?

クレジットカードはボーナス払いと分割払いのどっちがお得?気になる手数料の計算方法も解説


掲載日:

クレジットカードを普段から利用している方でも、1回払いばかりでそれ以外の支払い方法はよくわからない人は多いはずです。

クレジットカードは一括払いのほかに、2回払い・リボ払い・ボーナス払い・分割払いといった支払い方法があります。

今回は、その中でもボーナス払い・分割払いについて主に解説していきます。

    そもそも、クレジットカードのシステムはどうなってる?

    クレジットカードの与信がないと、利用限度額が少なくなる

    まず、ショッピングにクレジットカードを利用する場合、与信のシステムについて理解する必要があります。

    与信とは、信頼を与えると書くように「この人ならお金の受け取りを後日に回しても問題ない」と思ってもらうことを指します。


    クレジットカードはその与信を利用した、後で口座から利用額を引き落とすシステムが採用されているのが特徴です。

    また、与信によってクレジットカードの利用限度額が変わります。


    ちなみに、店舗でクレジットカードで支払いした場合、店側はすぐに売上を得るというわけではありません。


    店舗でクレジットカードの利用をした後、カード会社は与信枠から仮売上を確保し、商品を購入した承認を出します。

    そして、カード会社が利用者の引落先指定口座から支払額を引き落とし、店舗に入金をすることで実売上になります。


    この与信を使ってクレジットカード会社が店舗に入金してもらうプロセスは、「直接契約」と「決済代行会社経由契約」の2種類の方法があります。

    直接契約

    クレジットカード会社が利用者と店舗の間に立ち、店舗と直接やり取りをするのを「直接契約」と言います。


    クレジットカードの利用者がショッピングをすると、クレジットカード会社は利用者に請求書明細を提示し、支払日に利用者の引落先口座から利用額を引き落します。


    そして、クレジットカード会社がカード決済をした店舗に決済手数料分を差し引いた金額を入金し、決済手数料分をクレジットカード会社の利益にするのです。


    直接契約は仲介業者へ支払う代金を減らせるのが大きなメリットですが、様々な手間や審査が必要になるので、デメリットの方が多いとされています。

    決済代行会社経由契約

    クレジットカード会社と店舗が直接的な契約をすると、店舗側は色々な作業をしなくてはなりません。

    決済代行会社経由契約の場合、クレジットカード会社と店舗の間に決済代行会社が立ち、作業を代行してもらうことが可能です。


    決済代行会社を経由する場合、決済代行会社経由でクレジットカード会社に与信が行われ、クレジットカード会社が決済代行会社経由で与信結果を店舗に渡します。


    そして、クレジットカード会社が利用明細書を発行して利用者に提示し、支払日に利用者の口座から利用額を引き落とすという流れになります。


    決済代行会社を通じると仲介料の支払いは必要になりますが、手続きが一度で済む、入金のタイミングが一度にまとまるといったメリットがあり、こちらの契約方法を利用している店舗の方が多くなっています。

    1回払い・2回払い・リボ払いの基本的な仕組み

    まずはクレジットカードの基本である1回払い、2回払いに加え、リボ払いについて紹介します。

    1回払い

    1回払いとはその名前の通り、ショッピングをした次の月に、クレジットカードの利用額全額を引き落とす支払い方法です。

    カード利用者に手数料はかからず、店舗によっては1回払いのみに対応しているところも少なくありません。

    2回払い

    クレジットカードで決済をしたいけど次の支払いの負担が大きくなる場合は、2ヶ月に渡って半分ずつ引き落しをしてもらう2回払いが有効です。

    1回払いと同じく、手数料がかかることはないので総支払額が膨らむことはありません。

    リボ払い

    リボ払いは毎月一定の金額を引き落としてもらう支払い方法で、毎月の生活にかかる負担を少なくできるのが大きなメリットです。


    一方でリボ払いには手数料がかかり、年15〜18.0%程度のケースも多くなっています。

    手数料は毎月支払う必要があるので、利用する際は注意しましょう。

    ちなみに、支払額はリボ払い時に設定されたものか、支払い残高の一定割合となります。

    クレジットカードの支払い方法はどう決める?

    クレジットカードの支払い方法は、手数料と支払い期間で決める

    クレジットカードの支払い方法は、手数料がかかるかどうかと、数か月以内の短期間で支払いきれるかどうかで決めましょう。


    例えば、1回払い・2回払いはかなりスタンダードな支払い方法であり、高額のショッピングをしても支払総額は変わりません。


    一方で、リボ払いは手数料の支払いが必要になりますが、リボ払いの利用でポイント還元率が高くなったり、年会費が無料になったりといった、さまざまなメリットがあります。

    ただし、リボ払いは完済まで時間がかかるようにできているので、普通に利用をすると手数料が膨れ上がり、総支払額が非常に高くなります。


    そこでおすすめなのが、ショッピング後に残高をまとめて支払うことで利用額をゼロにするという方法です。

    リボ払いのメリットを最大限受けるには、この方法がおすすめでしょう。


    ただし、クレジットカードによってはリボ払いの臨時支払いに手続きが必要なこともあるので、リボ払いを利用しようとしているクレジットカードのシステムを事前に確認しておきましょう。

    ボーナス払いってどういうシステムなの?

    ボーナス払いは、ボーナスを受け取れる時期(夏または冬)に改めて支払うという約束をするのがボーナス払いになります。

    ボーナス払いといっても、ボーナスから全額支払うというのではなく、まとまった金額をその月に引き落とすという仕組みです。


    ボーナス払いは、ショッピングの際にボーナス払いすることを伝えるだけで利用可能です。

    そのため、基本的には1回払い・2回払い・リボ払いと同じような使い方ができます。


    ボーナス払いはボーナスが入る時期にまとめて1回で支払う形になるので、手数料が発生せず非常にお得です。


    ただし、ここで注意が必要なのが、ボーナス払いには一括払い・2回払いの2種類があるということです。

    ボーナス2回払いは、夏・冬のボーナスが入る時期にそれぞれ2回に分けて支払うというものですが、手数料が発生する点は忘れないようにしましょう。

    ボーナス払いのメリット

    ボーナス払いを上手く利用すれば、手数料無しで支払いを最大7ヶ月先延ばしにできる

    ボーナス一括払いは、支払日が夏なら7月か8月、冬なら12月か1月になります。

    どちらで支払うことになるのかは、ショッピングをしたタイミングによります。


    つまり、ボーナス払いを利用すると、利用日から支払いまで最長7ヶ月の猶予を得ることができます。

    その間に、少しずつ貯金をして大きい金額の支払いに備えることができるのは、ボーナス払いの大きなメリットと言えるでしょう。

    ボーナス払いのデメリット

    支払いまでの猶予が非常に長いのがボーナス払いのメリットですが、同時に猶予が長すぎていつ支払うか忘れてしまう可能性があります。


    そうならないために重要なのが、ボーナス払いを利用したタイミングと支払日の関係を把握することです。


    例えば楽天カードの場合、2月1日〜6月末日までにボーナス払いでショッピングをすると、支払月が6月・7月・8月のいずれかになります。

    冬季は8月1日〜11月末日までに支払いをすると、12月・1月のどちらかで支払うという仕組みです。

    ※2月〜6月、8月〜11月以外はボーナス払いの選択不可


    クレジットカードによってボーナス払いの日程が微妙に変わってくるので、気をつけましょう。


    さらに、ボーナス払いは支払いまでの猶予が長いですが、それは店舗側が実売上を出すまでのスパンが長いということも意味します。


    チェーン店はボーナス払いで困らなくても、中小規模の店舗は与信だけで半年以上待つのはデメリットが大きいこともあります。

    店舗によってはボーナス払いに対応していないこともあるので、利用する店舗に応じて確認をするようにしましょう。

    分割払いってどういうシステムなの?

    クレジットカードの利用額が大きく、1回や2回では支払いきれない場合、リボ払い以外に「分割払い」という選択肢もあります。


    分割払いは毎月の支払日に口座から(利用額÷支払回数)+利息=毎月の支払額という計算式で算出した金額を引き落とします。

    利用方法はボーナス払いのように決済をする際に申請するのが主流ですが、三井住友VISAカードのように、あとから分割払いに変更できる場合もあります。

    分割払いのメリット

    分割払いをすることのメリットは、高額の支払いを何回に分割するのかこちらで選択できるということです。

    たとえば、三井住友VISAカードなら最大で24回払いに対応していますし、イオンカードなら最大で60回の分割ができます。


    リボ払いは、高い手数料が発生するので完済のタイミングがわかりにくいのがデメリットですが、分割払いはどれくらいで払い終わるかすぐに分かるのが嬉しいポイントです。


    またボーナス払いの2回払いは、1年丸ごとを通じた支払いになり、料金や支払月を覚えられないかもしれません。

    しかし、分割払いなら毎月支払うので、支払額を忘れてしまうことも起こりにくくなります。


    さらに、高額のショッピングをしても生活にかかる負担を数か月に渡って分配できるというのも、分割払いの大きなメリットだと言えるでしょう。

    分割払いのデメリット

    分割払いは一回の支払い額を抑えやすいので支払いが膨らみやすい

    分割払いのデメリットは、手数料が発生することです。

    しかし、低いと言っても三井住友VISAカードの分割払いの手数料は年12.00%〜14.75%で、イオンカードは年10.05%〜12.38%になります。

    分割払いはリボ払いと比較して手数料が低い傾向にあるので、分割払いを利用しても実際に支払う額を抑えやすいのは嬉しい点でしょう。


    また、高額の支払いを何回かに分けて支払うのが分割払いです。

    つまり、分割払いをすると自分は高額の買い物をしたという実感が湧きにくいリスクを持っています。


    これによって、何か欲しい物があったらすぐに分割払いに頼るようになり、気づけば非常に大きな額の支払いを抱えてしまうこともあり得ます。

    分割払いをするときは、何に利用したか意識するようにしましょう。


    ちなみに、何回まで分割できるのかというのは、クレジットカードによって差があります。

    ボーナス払い・分割払いの手数料はどれくらい?

    ボーナス払いと分割払いの手数料を比較すると、ボーナス払いの方がお得

    ボーナスが入る月に支払えるボーナス払いと、利用額を数ヶ月に分けて支払える分割払い、この2つの利用で重要になるのが手数料です。


    ボーナス払い・分割払いに対応したクレジットカードで10万円を利用すると、どれくらいの手数料が発生するのか、以下で解説します。

    楽天カードで10万円支払う場合

    楽天カードはボーナス払いと分割払いの両方に対応しており、ボーナス2回払いの手数料の手数料は年13.89%です。


    ボーナス2回払いで10万円を利用した場合、総支払額が11万3,890円、手数料が1万3,890円となります。

    10万円÷2回=1回5万円を返済

    5万円×手数料13.89%=利息は1回あたり6,945円

    5万円+6,945円=1回あたり5万6,945円の支払い


    そして、分割払いは3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36回払いが選択可能で、手数料は年12.25%〜15.00%です。


    分割払いは10万円を36回払いした場合、総支払額は124,480円で、分割手数料が24,480円です。

    イオンカードで10万円支払う場合

    ボーナス払いと分割払いに対応しているイオンカードは、ボーナス2回払いの手数料は利用額の3.0%です。


    ボーナス2回払いは10万円の利用で総支払額が10万3,000円となり、手数料は3,000円です。

    10万円÷2回=1回5万円を返済

    5万円×手数料3.00%=利息は1回あたり1,500円

    5万円+1,500円=1回あたり5万1,500円の支払い


    そして、分割払い3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36・42・48・60回払いに対応していて、手数料は年10.05%〜12.04%です。

    イオンカードで10万円を60回払いしたとすると、総支払額が133,600円で、手数料が33,600円です。

    10万円×(100円あたりの手数料33.6円)=手数料は3万3,600円

    10万円+3万3,600円=全部で13万3,600円の支払い

    13万3,600円÷60回=1回の支払いが約2,227円

    三井住友VISAカードで10万円支払う場合

    三井住友VISAカードは、ボーナス払いは1回のみの対応となっています。


    つまり、10万円を利用しても手数料は発生せず総支払額は10万円です。


    そして、分割払いは3・5・6・10・12・15・18・20・24回払いまで対応していて、手数料は年12.00%〜14.75%です。


    分割払いは10万円を24回払いで支払うと、総支払額が116,080円になり、手数料は16,080円です。

    10万円×(100円あたりの手数料16.08円)=手数料は1万6,080円

    10万円+1万6,080円=全部で11万6,080円の支払い

    11万6,080円÷24回=1回の支払いが約4,837円

    Yahoo! Japanカードで10万円支払う場合

    Yahoo! Japanカードのボーナス2回払いと分割払いに対応しています。

    ボーナス2回払いの手数料は年3.5%です。


    つまり、10万円をボーナス2回払いで利用したとすると、総支払額が103,500円となり、手数料が3,500円です。

    10万円÷2回=1回5万円を返済

    5万円×手数料3.50%=利息は1回あたり1,750円

    5万円+1,750円=1回あたり5万1,750円の支払い


    そして、分割払いは3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36・48回に対応し、手数料は手数料として年12.19%〜14.60%となります。

    分割払いにて48回払いにて100,000円を利用したとすると、総支払額が132,640円になり、手数料が32,640円です。

    10万円×(100円あたりの手数料32.64円)=手数料は3万2,640円

    10万円+3万2,640円=全部で13万2,640円の支払い

    13万2,640円÷48回=1回の支払いが約2,764円

    ボーナス払いは分割払いよりも手数料が少なく済む!

    以上のようにボーナス払いと分割払いを比較すると、ボーナス払いの方が手数料を少なくすることができ、総合的な支払額を抑えられるとわかります。


    一方で、分割払いは複数回に分けて支払うし、30回や60回払いで手数料を上げているからそう見える!と思う方もいるかもしれません。


    しかし、ボーナス2回払いは夏と冬のボーナスが入る月に合わせて支払うため、実質約1年かけて支払う決済方法です。

    つまり分割払いでいえば、12回払いをしたのと期間的には変わらないと言えます。


    それでは、上記で紹介した楽天カード・イオンカード・三井住友VISAカード・Yahoo! Japanカードで「10万円を12回払いした場合の手数料」を算出してみましょう。


    ボーナス2回払いと12回払いで、10万円を利用した際の手数料比較

    楽天カード イオンカード 三井住友VISAカード Yahoo!Japanカード
    12回払い手数料 8,160円 6,720円 8,040円 8,160円
    ボーナス2回払いの手数料 3,500円 3,000円 ボーナス2回払い未対応 3,500円

    支払いの期間は変わらないのに、手数料は非常に大きな開きが出ていることがわかります。


    つまり、ボーナス払いと分割払いを比較した場合、手数料の面ではボーナス払いが圧倒的に優れているということです。


    もしどうしても分割払いを利用したくなった場合、できるだけボーナス2回払いを利用した方がお得でしょう。

    ボーナス払いと分割払いに向いているのは、どんな人?

    ボーナス払い向きの人

    • ボーナスにお金が多く入ってくる
    • 決めたスケジュールに合わせてお金を貯められる
    • 手数料を抑えて高額の買い物をしたい

    ボーナス払いは、カードを利用してから実際の支払いまでの期間が長く、しっかり貯金できるのが最大のメリットです。

    ボーナス払いまでに計画的に貯金できるか、ボーナスでお金をしっかり確保できる方がボーナス払いに適した方と言えるでしょう。


    また、ボーナス払いは1回払いなら手数料が存在せず、最長7ヶ月も支払いを先に延ばせます。

    7ヶ月あれば、支払額をまかなうだけのお金を貯められるという人も多いはずです。

    ボーナス2回払いでも、分割払いより遥かに低い手数料で約1年かけて支払額を貯められます。

    分割払い向きの人

    • 一回の支払いをできるだけ抑えたい
    • お金を貯めるより、毎月支払う方が良い
    • 貯金が苦手

    分割払いは、年10〜18%の手数料がかかります。

    これによって支払い額が膨らみ、総返済額が高額になってしまうリスクがあります。


    しかし、2、3年以上かけて支払いができるサービスは、分割払い以外にありません。

    すぐにはお金を用意できない人や、一回の支払いをできるだけ少なくしたい人におすすめです。


    加えてボーナス払いの場合は、支払いの負担が夏・冬のボーナス月に集中しますが、分割払いは毎月コンスタントに口座から引き落とされます。

    したがって、分割払いは口座からお金がごっそり消える不安を味わう必要がないのがポイントです。


    分割払いは、長期に渡って支払いをしたい人や、少しずつでも毎月忘れずに支払いたい人に向いているでしょう。

    分割払いよりリボ払いの方がお得なケースもある!

    手数料が非常に高く、総支払額が高額になるリスクを持っているのが「リボ払い」です。

    リボ払いは分割払いと異なり、利用するだけで特典が付帯することがあります。 リボ払いを利用しても、すぐに利用額を全額支払える自信がある人は、リボ払いの方が向いているかもしれません。

    特典が欲しいという方で、こまめに繰上返済ができる場合はリボ払いも検討してみましょう。

    手数料を抑えたいならボーナス払い、支払い額を抑えたいなら分割払いがオススメ!

    自分に合った支払い方法を選んで、無理なくクレジットカードを利用しよう

    クレジットカードは、与信を活用して支払いを後回しにし、利用者の口座から支払額を引き落とした後、実売上として店舗へ入金するシステムです。

    これによって、クレジットカードは1回払いや2回払いなら手数料無料で、支払いを翌月以降に回すことができます。


    そして、クレジットカードにはボーナス払いや分割払いのように、支払いを大きく延期できるシステムがあります。


    ボーナス払いは、カードで決済したタイミングによって7月や8月の夏季ボーナス期間、または12月や1月の冬季ボーナス期間に利用額を支払うことが可能です。

    1回払いなら手数料0円で支払いできることに加え、最大7ヶ月の支払い猶予期間を得られるのが、大きな魅力でしょう。


    分割払いは、利用額を指定した回数に分割して支払えるサービスです。

    多ければ60回以上に分けることができ、手数料が発生するとはいえ、一回一回の支払いを大きく抑えることができます。


    ボーナス払いは、1回払いでも2回払いでも分割払いと比較して手数料を少なくすることが可能です。

    そのため、総支払額を抑えて支払いを延期したい方は、ボーナス払いがおすすめでしょう。


    そして、一回の支払いを抑えたい方は分割払いがおすすめです。

    分割払いを利用する際は、自分が持っているクレジットカードが何回の分割払いに対応しているのか確認しておくようにしましょう。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ