三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増枠について徹底解説したページの見出し画像

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの「増枠」についてを徹底解説

更新日:

「すでに借入の枠を使い切ってしまったけどどうしても追加での融資を受けたい」
「今現在契約している借入の枠では心もとない・もっと低金利で契約をしたい」


このように考えたときの選択肢として利用限度額の「増枠」という方法が挙げられるのですが、増枠を行うには再度審査を受ける必要があり、誰でも増枠することができるわけではないので注意が必要です。


このページでは三菱UFJ銀行に電話にて問い合わせし増枠の申込方法、申込の条件、審査の基準などを徹底調査、増枠の審査に通りやすい人、増枠の申込が向いていない人といったことも詳しく解説していきます。


増枠の申込を行うメリット・デメリットやリスクについても紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。


このページは三菱UFJ銀行銀行カードローンバンクイックの「増枠」についての情報のみに特化しています。
すでに三菱UFJ銀行銀行カードローンバンクイックとの契約がある人に向けた内容となっているので、新規申込を検討しているという人は以下ページを参考にして頂けると幸いです。



    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックで「増枠」を行うための条件


    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの「増枠」の申込の条件


    増枠の申込受付は利用期間6ヶ月超からなどと、利用期間による申込の制限が設けられているカードローンもありますが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックではそのような利用期間による増枠の申込制限は設けられていません。


    バンクイックとの契約がある人すべてが増枠の審査の対象となっているとのことでした。


    とは言え、増枠の審査に通るためにはやはり新規契約から一定期間経過してからの申込が望ましいと考えられます。


    新規申込時に設けられた借入の枠は、その時点での申込者の年収や勤続年数などの情報から算出された「返済能力」をもとに決定されています。


    新規契約からすぐの状態では、返済能力が大きく変化することは基本的にありませんし、利用期間が短いと申込者の信用度の変化も望めませんので、増枠の申込は新規契約からは最低でも6ヶ月程度は経過してから行うことをオススメします。


    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックはWEBから増額の申込みはできる?

    最近は最初の申込みがスマホから簡単にできたりして気軽に申込みができるカードローンが増えてます。

     

    増額申請もWEBからぱぱっとやりたいところですが、残念なことに三菱UFJ銀行カードローンバンクイックでは増額申請をWEBから行うことはできず、電話で三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店というところに電話する方法しかありません。

     

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの増額申請問い合わせ先

     

    平日だけでなく土日祝日にも対応しているので、増額をしたい!と思ったらまずは電話ですね。

     

    ただ、繰り返しになりますが、増額をする場合は増額の審査を受ける必要がありますので、審査に必要な提出書類が手元にあるか確認しましょう。

     

    増枠の申込を行う際に必要となる提出書類

    婚姻や引越しなどにより、新規申込時と増枠の申込時で氏名や住所に変更があった場合には、再度本人確認書類の提出が必要となります。


    運転免許証やマイナンバーカードの記載内容の変更届をまだ行っていないという場合には、それら該当書類+変更の確認ができる住民票などの提出でも増枠の審査は受けることが可能です。


    増枠により借入限度額が50万円を超える契約となった場合


    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの「増枠」の際に収入証明書が必要となる条件


    増枠の申込により借入限度額が60万円から70万円にアップしたという場合、新規契約時にすでに収入証明書の提出は行っていますが、増枠の契約時にも再度提出を求められることもあるとのことでした。


    収入証明書の提出が必要となった場合には以下の書類の中から1点を用意することになります。

    • 給与明細書(最新のもの2ヶ月分)
    • 源泉徴収票
    • 住民税決定通知書
    • 納税証明書その1・その2(個人事業者)
    • 確定申告書

    必要書類の提出は公式HPからWEBアップロードすることができるので、該当書類をスマホやデジカメで撮影した画像データの用意ができれば増枠の手続きは完了できます。


    増枠の申込から限度額の再設定までの流れと要する時間


    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの「増枠」の申込方法


    増枠の申込は「三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店(0120-76-5919)」への電話連絡にて行うことになります。


    電話での申込から限度額の再設定までの手続きの流れは以下のようになり、銀行窓口や自動契約機「テレビ窓口」への来店手続きは一切不要です。


    審査通過後に限度額の再設定が行われますが、その際には新たなローンカードの再発行は不要、すでに手元にあるローンカードをそのまま利用することとなります。


    バンクイック「増枠」の申込方法と手続きの流れ


    • 電話での増枠の申込
    • 増枠の審査
    • 電話による審査結果の通知
    • 限度額の再設定・追加での借入

    電話での増枠の申込は土日・祝日も受付可能とされている

    「三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店」の営業時間は以下のようになります。


    平日 9:00〜21:00
    土・日・祝日 9:00〜17:00

    ※12/31〜1/3を除く


    平日の夜間や土日・祝日も増枠の申込は受付可能とされています。


    申込から審査結果の回答までにかかる時間

    増枠の審査にかかる時間について問い合わせてみたのですが、審査結果の回答は最短でも申込の翌日以降となってしまうとのことでした。


    即日で増枠を行うことはできないと考えておく必要があります。


    審査の際に再度「在籍確認」は行われる?

    増枠の申込を行うと電話にて、氏名や住所、勤務先などの情報を再確認されます。


    転職などしておらず、勤務先情報に変更がない場合には基本的には在籍確認が再度行われることはないと考えておいて問題ありません。


    転職や就職などがあった場合には、新たな勤務先への電話連絡にて在籍確認が行われることになります。



    審査の基準について:増枠の審査は新規申込時の審査よりも厳しくなる?

    カードローンの審査の基準については、新規申込、増額、どちらの申込をするにしても、具体的な基準は明らかにはされていません。


    今現在の利用状況によって新規申込時によりも増枠の審査通過の期待値は高くなることもあれば、反対に増枠の審査通過は非常に困難なものとなってしまう場合もあります。


    以下に増枠の審査通過への期待値を高くもてる条件と反対に審査通過が困難になってしまう条件をまとめたので、自身の今現在の利用状況と照らし合わせてみてください。


    増額案内のメールや電話が来た場合はチャンスかも!

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイック増額案内が来た
    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは銀行側から増額の案内が来る可能性もあります。

     

    案内は電話とメールの2種類が主な方法のようです。

     

    増額案内の金額は当然人によって違いますが、少なくとも銀行側が「おっ!この人なら増額してあげてもいいかな」って思った人に対して連絡しているわけで、利用者側の方から急に増額申請をするよりは審査に通過する可能性は高いと言えます。

     

    案内が来たからといって必ずしも審査に通過するわけではないですが、増額の案内が来たらチャンスと思っていいでしょう。

     

    増額案内は無視しても大丈夫なの?

    増額の案内が来たからと言って必ずそのタイミングで増額申請をする必要はありません。

     

    あくまでも案内ですし、一回案内が来たということは利用状況がよっぽど悪くならない限りまた案内が来ます。

     

    自分の好きなタイミングで増額申請を行えばいいので焦らなくても大丈夫です。

     

    増枠の審査通過への期待値を高くもてる人の条件

    • 新規契約時の借入金をすでに完済している
    • 毎月遅れることなくきちんと返済をしている
    • 積極的に繰り上げ返済を行っている
    • 他社ローンからの借入が増えていない
    • 勤続年数が伸び年収が増えている

    増枠の審査通過が非常に困難になると考えられる人の条件

    • 借入と返済を繰り返していて借金が全く減っていない
    • 毎月の返済に遅れや滞納がある
    • 他社ローンからの借入が増えている
    • 転職をしてまだ間もない
    • 退職して今現在無職となっている

    新規契約時の借入金をすでに完済しているという場合、三菱UFJ銀行からは「この人は貸したお金を遅れることなくきちんと返してくれる人」と見られることになり、信用力が高くなるので、増枠の審査に対して非常に有利になると言えます。

    反対に返済が遅れている、他社からの借入が増えているというような場合には、増枠の審査通過は非常に難しいものとなってしまいます。

    次の項目で増枠を行うことで得られるメリットと審査を受けるリスクについてを解説していくので、増枠の申込を行うのが今の自分にとって本当にベストな選択となるのかどうか検討してみてください。

    増枠を行うことで得られるメリットとデメリットについて

    単純に増枠といっても、その目的や求める条件は人それぞれ異なります。


    追加での融資を目的としているが借入を急いでいるわけではない
    すでに借入の枠いっぱいまで利用していて急いで追加での融資を受けたい
    金利の引き下げを目的としており今回の増枠により融資は希望していない

    それぞれの目的、求める条件によって増枠により得られるメリットの有無も変わるので、各条件ごとに増枠の向き、不向きを分類していきます。


    追加融資が目的だが借入を急いでいるわけではない人

    • 申込手続きは電話で行え手続きのために来店する必要がない
    • 最短だと申込日の翌日には借入限度額の再設定が行われる
    • 増枠後もすでに手元に持っているローンカードを継続して利用可能

    増枠は新規申込に比べると、手間がかかりません。


    ですので、今回の増枠の目的が追加での融資で、なおかつ融資実行までには2日以上の猶予があり借入を特別急いでいるわけではないという人は、増枠を行うことで享受できるメリットは大きくなるので、そのまま申込手続きに進むことをオススメできます。


    すでに借入の枠がいっぱいでとにかく急いで融資を受けたいと考えている人


    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの増枠による即日での追加融資


    このことについてはすでにページ上部で解説していますが、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの増枠の審査には最短でも2日ほどかかってしまいます。


    ですので、どうしても今日中にお金が必要だという人は、即日融資に対応したカードローンを特集している以下ページを参考にしてみてもらいたいのですが、次の3つのデメリットが生じるということを必ず理解しておく必要があります。


    • 今現在契約している金利よりも高い金利での契約となる可能性が高い
    • 2社からの借入をなるので当然毎月の返済の負担が大きくなってしまう
    • バンクイックからの借入金額が大きい場合審査通過のハードルは高くなる

    増枠の申込の際にも言えることですが、特に他社カードローンへの申込を行う際には借入希望金額は少額とし、必要以上の借入は行わないよう心がけてください。



    金利の引き下げを目的としており今現在は融資の必要がない人

    今現在は融資を必要としていないが、将来の備えとして、借入限度額が大きく低金利なカードローンの契約を所持しておきたいと考えている人は増枠もその手段として有効ですが、より低金利な他社カードローンへの切り替えを検討してみることをオススメします。


    というのも、実は増枠による金利の引き下げ幅にはさほど大きな期待はできません。


    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックでは借入限度額ごとの適用金利が以下のように定められています。


    「バンクイック」借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利
    10万円以上100万円以下 年13.6%〜年14.6%
    100万円超200万円以下 年10.6%〜年13.6%
    200万円超300万円以下 年7.6%〜年10.6%
    300万円超400万円以下 年6.1%〜年7.6%
    400万円超500万円以下 年1.8%〜年6.1%

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの増枠により増額される金額と金利の引き下げ幅


    例えば新規契約時の借入限度額が50万円、適用金利が14.6%とされていた人が増枠の審査に通過したからと、いきなり借入限度額が100万円を超え、金利が10.6%などとなる可能性は限りなく低くなります。


    一度の増枠で増額される借入限度額は10万円〜20万円程度、引き下げられる金利の幅は1%〜2%程度になると考えておく必要があります。


    金利の引き下げを目的に増枠を検討している人にオススメのカードローン

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの上限金利14.6%を下回る金利が設定されているカードローンはあまり多くないのですが、金利の引き下げを目的に増枠を検討していたという人には、2017年から新しく登場した「J.Score(ジェイスコア)」への切り替えがメチャクチャおすすめです。


    ジェイスコアは最も高い適用金利が年12.0%とされており、業界トップクラスに金利が低いカードローンで、すでに三菱UFJ銀行カードローンバンクイックからの借入金を完済していて、なおかつ新規契約時から転職や他社ローンの増加といった変化がなければ特にジェイスコアへの切り替えをオススメできます。


    銀行カードローンの審査基準を満たしている上に、「借りたお金をきちんと返済できる人」という評価が加わることになるので、審査通過への期待値が非常に高いものとなります。


    AIスコア診断という高精度な審査シミュレーションが用意されており、申込の前に自身の信用情報をスコア化、適用される金利や借入限度額の目安を知ることも可能なのも嬉しいポイントのひとつです。


    以下ページでAIスコア診断の仕組みや金利や借入限度額、毎月の返済額などの基本スペックの詳細についてとことん詳しく解説しているので参考にして頂ければ幸いです。



    増枠の申込を行うことで生じることになるリスクを理解しておく

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの増枠の審査により生じる減枠のリスク


    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの増枠の申込は電話一本で簡単に行うことが可能ですが、「まぁ審査に通って増枠できればラッキー」といったような安易な増枠の申込はオススメできません。


    以下の条件に該当する場合、単純に増枠ができないだけでなく、「減枠」となり今現在利用可能な借入の枠すらも失ってしまう可能性があるということを理解しておかなければいけません。

    • 退職し今現在は無職となってしまっている
    • 転職に伴い年収が大きく減少している
    • 新規契約時から他社ローンの借金が増えている
    • ローンの返済が遅れてしまっている

    これらに該当する場合、増枠の審査通過が難しいだけではなく、仮に他社カードローンへの申込をしたとしてもその審査を通過できる可能性は非常に低いものとなります。

    銀行カードローンとなるバンクイックへの増枠の申込に比べると、消費者金融への申込の方が若干とは言え審査通過への期待を持つことができますが、その際には自身の信用情報の開示を必ず行った上で、申込手続きを行うことを推奨します。

    以下ページで信用情報の開示の方法、開示した情報の見方を解説しているので、参考にしていただければ幸いです。

    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ