Appleローンに落ちてしまった…という画像

Appleローンの審査に落ちてしまう理由とローンの仕組みについて解説します

更新日:

Appleの商品と言われて思い浮かぶのがiPhoneやMacといったデジタルデバイスですが、これらめちゃくちゃ高いですよね。


スマホで10万円とかも平気で超えますし、Macに関してはカスタマイズ内容によって 20万〜30万もザラにあります。


現金でスパッと支払えればいいですが、そうもできない場合、また金額的にクレジットカードの上限金額に達してしまったら買いたいのに買えないという事態になってしまいます。


幸いなことにAppleには無金利のショッピングローンがあるのですが、これがまた厄介で必ずローンを組めるということではありません。


審査に落ちればショッピングローンが利用できないので、当然のことながら端末の購入もキャンセルとなります。


とは言え、会社側は審査に通過しなかった理由を教えてくれず、利用者側としては通過しなかった理由が分からないのは納得が行かないことでしょう。


まずは、Appleローンの審査に通らない理由を簡単にまとめたいと思います。



    Appleのショッピングローン以外の方法を検討していたら

    もしもAppleのショッピングローン以外の方法でローンを組みたいと考えている方はカードローンを利用するのも一つの選択肢です。


    カードローンの中には無利息期間が設けられているものもあるので、利用方法によってはAppleローンよりもお得に支払いできる可能性もあります。


    アルバイトやパートの方でも申込み可能なカードローンを厳選して紹介しているページもありますので、気になった方は是非参考にしてみてください。


    Appleのショッピングローンの仕組みについて

    まずはAppleローンについて確認をしましょう。


    Appleのショッピングローンとは、その名の通りApple製品・Apple Storeで買い物をする際に組むことができるショッピングローンです。


    Apple製品は高いですし、なかなか毎回一括は厳しいですし、クレジットカードの限度額が結構危なかったら上限に引っかかってしまい購入することはできません。
    しかし、このAppleローンを利用すれば、分割回数24回までなら金利を発生させずに商品を購入できます。
    金利が発生したとしても「30回→6.59%」・「36回→7.90%」・「48回10.60%」・「60回→13.30%」と低いですし、30回を超えた場合でも安く利用できます。


    クレジットカードの分割払いだと金利が発生しないのは2回までなので、Appleローンはとても魅力的なのです。
    注意点は購入後14日以内までローンに申込まないと、Appleローンが利用できないので注意してください。


    では、このAppleローンにトライして審査に落ちてしまった場合は、どのような理由が考えられるのでしょうか?


    ショピングローンの補償をするオリコの審査難易度は?

    Appleローンはオリエントコーポレーション(オリコ)が作り出したサービスな為、審査もオリコが行います。


    Appleローンと仕組みについて

    そこでAppleローンの審査難易度を知る為に、オリコカードの審査について確認して行きましょう。


    なぜ、オリコカードの審査について確認するのかと言うとApple ローンの分割システムがクレジットカードの分割払いのシステムと似ているからで、60回までの分割支払いを設けているクレジットカードはまずないと言えますが、似ている分割システムを取り扱っていると言ったことからオリコカードの審査難易度とApple ローンの審査難易度は同等レベルと考えて良いと言えます。


    オリコカードの審査難易度は「真ん中」と言え、厳しくも厳しすぎずと言えるでしょう。


    申込資格に関しては、18歳以上(高校生不可)であれば受け付けていて、比較的パート・アルバイトで働いている人や主婦・未成年の大学生でも親権者や配偶者に安定した収入があれば審査に通る確率は高いカードです。



    オリコカードは会社員以外の主婦や大学生でも発行できる確率が高いカードなので、年収よりも信用度を重視しているクレジットカードと予測でき、Appleローンも信用度を重視して審査を行っていると言えます。


    Appleローンと他社分割払い(カードローン含む)の利用ではどちらが安く済むか?

    Appleローンを検討しているなら実際にAppleローンを利用してiPhoneやMacBookを購入するのと、例えばクレジットカードの分割払いやカードローンで支払いをする場合では、Appleローンがいくらほど得になるのか? 気になることでしょう。


    ここでは、Apple製品の中でも需要の高いiPhoneとMacBookでシミュレーションして行きます。


    iPhone(約10万円)の支払いシミュレーション

    支払い回数 金利 月々の支払い額 月々の利息
    30回 6.59% 3,553円 234円
    36回 7.90% 2,997円 237円
    48回 10.60% 2,304円 244円
    60回 13.30% 1,888円 251円

    MacBook(約15万5千円)の支払いシミュレーション

    支払い回数 金利 月々の支払い額 月々の利息
    30回 6.59% 5,507円 363円
    36回 7.90% 4,646円 367円
    48回 10.60% 3,571円 379円
    60回 13.30% 2,927円 389円

    ※小数点以下は四捨五入しています。


    AppleローンでAppleの製品を購入すると上記表の価格です。


    一方、カードローンで購入した場合、カードローンごとに年率は異なりますが、融資希望額はiphoneとMacBookとそれぞれ10万円〜20万円の契約になると考えられるでしょう。


    例えば消費者金融系ローンのプロミスは年率最大17.8%となっていて、iPhone10万円の借入れで30回(30ヶ月)の支払い期間でも毎月4,000円の金利(17.8%)込みの返済が必要となってくるので、30回払いの時点でAppleローンの方が得なのです。


    クレジットカードとAppleローンの比較は、Appleローンがオリコのサービスな為、オリコカードの分割払いと比較を行いますが、オリコカードでは最大分割回数は24回払いまでとなっていて、2回までなら金利が発生しないシステムとなります。


    ですが、オリコカードでは分割回数3回からは金利が発生するので、24回払いにすると金利は15.0%にもなり、最大の24回払いにして10万円のiphoneを購入しても毎月4,792円の支払いが必要となるので、Appleローン30回よりも毎月支払う金額は増えます。


    これは、iPhoneではなくMacBookを「プロミス」・「オリコカード」のどちらかで購入したとしても、Appleローン30回払いの方が毎月の支払い額は安くなると言う結果は変わりません。


    Appleローンには金利が無料になる回数(6・10・12・18・20・24回)があり、オリコカードの分割2回で支払えるなら、Appleローンで金利が無料になる回数で支払うのと変わりませんが、iphoneやMacBookを2回で支払うなど月の出費が増えすぎてできないでしょう。


    Appleローンなら金利が発生する回数を利用しても通常のカードローンやクレジットカードを使って支払うよりも月の出費は安いと言う事が比較した結果から分かるので、利用価値は高いショッピングローンと言えます。


    金利優遇のあるカードローンならAppleローンよりもお得になるかも

    Appleローンの金利は一般的なカードローンの金利よりも低いため、手数料を低く抑えることができます。


    しかし、カードローンの中には金利優遇サービスを実施しているものもあり、利用方法によってはそちらの方がお得になる可能性もあります。


    業者名 優遇期間
    レイクALSA 60日または180日間

    レイクALSAは初回契約をする方を対象に金利の優遇期間を設けており、60日または180日という長期間にわたっています。


    180日間の優遇を受ける場合は借入金額が5万円以内の利用という制限がありますが、Apple製品を購入する際の全額ではなく一部の金額だけ補填したいという方なら、レイクALSAの180日間金利優遇はまさに丁度いいローンと言えるでしょう。


    また、レイクALSAは最短で即日融資が可能なので、なるべく早く商品が欲しいという方は即時借入をしてそのまま家電量販店で購入をすればすぐ手に入れることができます。


    Appleローンも結局オリコのローンを利用することになるので、基本金利での差というものを除けば消費者金融のカードローンを利用するのも内容的には同じですね。


    金利が低い&他の家電にも使えるカードローンを選ぶのも選択肢の1つ

    Appleローンは一般的なローンよりもお得に利用できますが、最大の弱点はApple製品にしか利用できないことです。


    三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、大手銀行が提供する安心のカードローンであることに加え、冷蔵庫、洗濯機、テレビなど様々な商品の購入をサポートできます。


    さらに、バンクイックは業界トップクラスの金利の低さを誇り、年率1.8%〜14.6%と他のカードローンよりも金利を大きく抑えることが可能です。


    会社員はもちろん、個人事業主、パート、学生など様々な人への融資に対応している点も、魅力の1つと言えるでしょう。


    他の家電の買い替えも検討している人や、金利の低いカードローンの利用を検討している人は、ぜひ三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」をチェックしてみてください。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
    1.8%〜14.6% 10万円〜500万円 最短翌営業日 なし 不要 あり
    遅延損害金 申込資格 保証会社 来店必要の有無
    - 20〜65歳未満 アコム ネット上のみで完了

    Appleローンの審査にかかる時間と申込手順について

    Appleローンがどのようなショッピングローンか掴めたところで、今度は審査にかかる時間と申込手順について確認し、Appleローンにスムーズに申し込めるようにしておきましょう。


    Appleローンの審査結果はメールで15分〜1日で届く為、申込が完了してから審査に1週間もかかるといった心配はいりません。
    ※遅くなったとしても2営業日以内には連絡が来るとホームページに記載があるので、2営業日以上待った場合はオリコへ連絡しましょう。


    申込方法

    • Appleオンラインストアで購入したい商品を選ぶ
    • 配送先を入力し、支払いに進む
    • 支払い方法をオリコ(Appleローン)に選択
    • 注文内容を確認し「注文する」を選択
    • ローン手続きに入るので、「オリコローンのウェブサイトに進む」をクリック
    • Appleローンの審査に必要な年収や名前、希望支払回数などの情報を画面の案内に従って入力
    • 審査結果がメールで来るので、受付番号、生年月日、電話番号を利用して確認
    • 審査に通過していたら、送付される口座振替依頼書か、審査結果が通達されたメール内の「オンライン口座受付サービス」から口座設定をする
    • 商品の配送

    Appleローン審査で必要になる書類は何か?

    申込の流れについてチェックしたら今度は審査を受けるとなると準備しておかなくてはならない、本人確認書類や収入証明書関連を確認しておきましょう。


    ただし、Appleローンの審査では必要に応じて本人確認書類や収入証明書が必要になるので、必ずしも必要になるとは限りません。


    Appleローンより「確認がしたい」との一報が入った場合に備えて、用意しておくと良いでしょう。


    利用できる本人確認書類の一例

    Appleローンで利用できる本人確認書類の例


    Appleローンの審査では、

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 健康保険証
    • 年金手帳
    • 個人番号カード(マイナンバーカード)
    • 身体障害者手帳
    • 療育手帳
    • 精神障害者保健福祉手帳
    • 在留カード

    以上の本人確認書類が利用できます。


    利用できる収入証明書類の一例

    Appleローンで利用できる収入証明書類の例


    Appleローンの審査では、

    • 源泉徴収票
    • 課税証明書
    • 所得証明書

    以上の本人確認書類が利用できます。


    収入証明書に関しては一般的には融資希望額が50万円以上の場合に必要と言われていますが、Appleローンの場合は必要であれば用意する形となるので収入面で問い合わせがあった時の為に準備しておくと安心と言えます。


    この他にはAppleローンに申し込む際に勤務先の情報を入力しなくてはならないので、「会社名」・「勤続年数」・「社員人数」・「入社日」・「住所」などを予め調べておくと入力時に便利です。


    Appleローンは学生・主婦でも利用可能なのか

    上記でオリコカードの申込資格について、学生・主婦の方でも申込は可能で審査通過確率も高いと述べ、オリコカードの審査とAppleローンの審査基準も似ていると伝えました。


    このことからAppleローンの審査では学生・主婦も通りやすいと言うこができますが、なぜ収入のない主婦・学生の立場でも審査に通るのか? 詳しく理解できないと審査に通過する自信が持てないと言う人もいることでしょう。


    ここでは、Appleローンが学生・主婦でも審査に通る理由について詳しく見て行きます。


    審査を受ける前には申込資格を確認しますが、その申込資格の内容が18歳(高校生不可)以上であれば申込可能となっているなら、まず学生・主婦でも審査に通る確率が高いと読んでも問題ないでしょう。


    逆に申込希望者本人に安定した収入が必要など、申込資格について細かく記載している場合は学生・主婦の審査通過は難しい場合が多いです。


    18歳以上(高校生不可)で申込める場合は、収入が0円と考えられる未成年でも申込むことができると言う事なので、学生・主婦でも審査を受ける資格があると言う風にまず解釈できるでしょう。そして、審査対象も本人はもちろんですが年収面では申込希望者本人には収入がないので、親権者や配偶者となることが考えられます。
    この為、申込資格に細かい記載がないなら、親権者や配偶者に安定した収入があれば万が一申込希望者が返済できないようなことがあっても、親権者または配偶者の収入から返済できると判断される為、審査には通過するのです。


    もちろん、アルバイト・パートなどで自ら少しだけでも働き稼いでいる人は、もっと審査が有利になります。


    また、申込資格に本人の安定収入など細かく記載がある場合の審査は、本人自身の年収が審査に深く関わってくるので、配偶者・親権者の収入は審査に関係してこない為、主婦・学生では審査に通過すのは難しくなるのです。
    Appleローンは18歳以上(高校生不可)であれば申込め、上記理由から自分自身に収入が無くても審査対象は親権者・配偶者となる為、学生・主婦でも審査に通過する確率はとても高いと言えるでしょう。


    ただし、親権者・配偶者に継続的な安定収入は必要となってきます。


    Appleローンに落ちてしまう理由

    Appleローンがオリコのサービスと言う事により、Appleローンの審査難易度はAppleローンと似た分割払いのシステムを取り扱っているオリコカードと同等レベルで真ん中の審査難易度と伝えましたが、この「真ん中」の審査レベルを通過するには信用度がとても大切となってくるのです。


    自分の信用度は個人信用情報機関に保管されていて、そこに履歴として残る信用情報に自分の信用度を下げる内容があると、Appleローンの審査に落ちてしまうことが考えられます。


    しかし、反対に個人信用情報にクリアな状態保たれていればAppleローンを利用できる確率は高いので、今から確認する6項目を自分はクリアしているのか? を確認しておくと審査も安心です。


    クレジットカードの利用金額が多い(リボ・分割)

    クレジットカードは基本、後払いシステムがとなっていて分割・リボ払いにも対応しているので使いやすく、「来月の給料で返せる」・「リボ払いにすれば期間を延ばして余裕をもって支払える」などと気が大きくなり、つい使いすぎてしまう傾向にあります。


    しかし、クレジットカードの利用額はあくまでもカード会社への借金です。
    そして、借金が多いといくら返済期日を守りきちんと支払いを重ねていてもリボ払い・分割払いは長期的な借金となるので、Appleローン側としては「いくら返済をきちんと行っていてもこんに借金があり、ここに加えてさらにAppleローンで借金をしても大丈夫なのか? 」と判断され、契約希望者の返済能力に疑問を感じ審査に通過しない可能性が高くなります。


    クレジットカードのリボ払い・分割払いの残高が多い人は、一度、一括でも良いのですべてを完済してから、Appleローンの審査にトライするようにしましょう。


    カードローンの借り入れ金額が多い

    カードローンの借入れの多さに関しても、クレジットカードのリボ払い・分割払いの利用額が多い時と同じ悪影響をAppleローンの審査に与えると言えます。
    クレジットカードのリボ・分割払いの残高はそのまま借金として見られると伝えましたが、カードローンの借り入れこそ、そのまま借金と言えるでしょう。


    また、借金については年収の3分の1の借り入れしかできない総量規制と言う決まりがあり、これは国が定めた制度で契約者が返済に追われて苦しくならないように考えられた内容でもあります。
    他社での借金とAppleローンで利用する額を含めて年収の3分の1の借金に達さないのであれば審査に通過する確率はあると言えますが、カードローン含む借金と言える借金はクリアな状態にしておいた方が審査通過率はぐんと上がるでしょう。


    信用情報に傷がついている

    自分の信用情報は個人信用情報機関に保管されていて、審査時はどこの会社もこの個人信用情報機関にアクセスして契約希望者の信用度を確認します。
    審査に通過するには、この個人信用情報がクリアな状態でないとなりません。


    しかし、個人信用情報に傷がついてしまうケースと言うのは日常の様々なところに潜んでいて、常に注意を払ってないと人によっては簡単に傷を付けてしまう可能性があります。
    例えば、クレジットカードや税金関連の支払いで遅延してしまうなどの金銭関連でトラブルを起こしてしまうと、個人信用情報に傷が付いてしまうでしょう。


    少しの遅延などでは誰にでもあることなので傷が付く心配はありませんが、知らせが来ているのにも関わらず1週間〜2週間以上支払いを放置しているなど、このようなことを重ねている人は危険です。


    支払いはクレジットカードだけではなくキャッシングやカードローンと様々ですし、この他にも金銭に関わることでの決まり事や規約を守れない人は自分の信用を失い、その傷が個人信用情報に履歴として残ってしまうので、日々、規則や支払い期限は守り行動する必要があるでしょう。


    また、個人信用情報に保管されている延滞の情報は5年経てば基本的にリセットされるので、心当たりのある人はリセットされるまでAppleローンの審査は待ったほうが賢いと言えます。


    申込内容の誤字脱字

    申込内容の誤字脱字は申込む前に確認するのでさほど間違えることもありませんが、たまに「苗字を旧姓で書いてしまう」・「生年月日を間違えていた」など根本的なミスを犯し審査に通らない人もいるので気を付けましょう。


    審査は申込内容を元に行うので、違うことが書いてあるとそれだけで引っかかってしまいAppleローンを組めなくなってしまいます。
    申込内容はしっかりと確認してください。


    誤った情報の記載など

    誤った情報を書いてしまうことも申込内容に誤字脱字があるケースと同じく、審査に引っかかってしまいます。
    特に誤った情報を書いて審査に落ちてしまうことが多い内容は年収で、本来の年収が250万円なのに対して50万円をサバ読み300万円の年収と書いてしまうなどの場合です。確かに多少のサバ読みは許されますが、あくまでも295万円の年収を300万円と書く程度となります。


    大幅に違うことを書いてしまうと年収に限らず、審査自体が不利になり利用できるものもできなくなるので気を付けましょう。


    過去にオリコカードで支払いの延滞をしたことがある

    これは、オリコカードを利用していたまたはしている人に限りますがオリコカード内で保管されている顧客情報もあるので、ここに延滞履歴がある人もAppleローンはオリコのサービスなので審査に通らない危険性があります。
    オリコ側としても顧客情報に良くない履歴が残っている人に、利用を許す訳にはいきません。


    Appleローンの審査に落ちてしまう理由は様々ですが、落ちてしまうケースとして考えられる可能性が高いのはこの5点と言えます。


    どんな審査にも落ちない為に共通して言えることは、正しい利用を心がけると言ったことです。


    「過去にオリコで支払いの延滞をしたことがある」のとことでも述べたように、利用したいと考えているサービスが過去に良くない利用をしてしまった会社のサービスで、そのことが原因で審査に通らない場合も出てきます。
    このような事態にならないためにも、「正しい利用」はとても大切なことなのです。


    Appleの商品を購入するならAppleローンはうってつけ

    Appleから直接iPhoneやMacBookを購入するならAppleローンを利用しない手はありません。


    Appleローンは24回払までなら無金利で、金利が発生するのは30回払いからですが、金利が発生したとしてもクレジットカードやその他のサービスを利用するよりAppleの商品を安く購入できます。
    審査に関しても金銭関連で延滞などのトラブルがなく、申込の際にしっかりと入力した自分の情報を確認し誤りがなければ、まず審査には通ると言えるでしょう。


    もし、Appleローンの審査に通過しないような事態になったとしても、急ぎでiPhoneなどのAppleの商品を買わなくてはならない人には、金利はAppleローン利用時よりも若干高くなりますがカードローンを利用すれば分割して購入することはできます。
    おすすめのカードローンは「レイクALSA」・「三菱UFJ銀行」・「アコム」となり、レイクALSAに限っては無金利期間が60日間もあるので金利が得でしょう。


    また、三菱UFJ銀行には低金利で借り入れができることに加え、Apple製品も含めた様々な家電に利用できるメリットがあり、アコムを選べばACマスターカードと言ったカードローンとクレジット機能が1つになった人気カードの利用もできます。


    Appleローンの魅力は、
    ・金利がとにかく安い(「6・10・12・18・20・24回までは0%」・「30回→6.59%」・「36回→7.90%」・「48回10.60%」・「60回→13.30%」)
    ・個人信用情報に傷がなければ学生・主婦でも審査に通りやすい
    ・ネットから商品注文・Appleローンの申し込みがい1度にできて便利
    の3点です。
    Appleの商品を購入しようと考えているなら得に商品を購入する為にも、Appleローンを検討してみるのが上手な購入方法と言えるでしょう。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ