アコムの増枠について徹底解説したページの見出し画像

アコムの限度額を増額したい場合の流れ

掲載日:

アコムに30万円の限度額があるけど、使い切っちゃったんだよな、、。


あと、数万円でいいからすぐに借りたいんだけど、利用限度額以上の融資って受けること出来るんかな〜、、。


他のカードローンへ申込した方がいいのかな、、?


そういった時は、利用限度額の増額が出来るのでそちらを考えてみるのはどうでしょうか?


増額が必要な人は2パターンあって

  • 限度額いっぱいまで借りてしまったけど新たな融資を受けたい場合
  • 限度額以上のお金が急遽必要になった場合

このどちらかではありますが、いずれも審査を受ける必要があります。


このページではアコムから利用限度額以上の融資を検討されている人の為に実際にゼニエモンが増額の審査を受けてみたので是非参考にしていただけると幸いです。


まず最初に、アコムの公式ホームページからの抜粋ですが、増額したい場合はこういった記載がされています。


契約極度額の増額とは

契約極度額の増額とは契約極度額内での追加借入とは異なり、利用枠自体を引き上げることをいいます。


契約極度額の上限まで借入をしているが、追加でお借入をご希望の場合は、増額審査にお申し込みいただくことで、利用枠自体を引き上げ、追加借入が可能となります。


例えば、契約極度額を30万円から50万円に増額した場合、追加で20万円ご利用いただけます。


引用元:https://www.acom.co.jp/use/limit/より


アコムの借入限度額の枠は増枠の申込により引き上げることも可能


増額はアコムとの契約がある人であれば基本誰でも申込を行えますが、必ずしも出来るという訳ではなく審査に通った場合です。


このページはアコムの「増額」についての情報のみに特化しています。
すでにアコムとの契約がある人に向けた内容となっているので、新規申込を検討しているという人は以下ページを参考にして頂けると幸いです。



    増額の申込方法について

    利用限度額の増枠を申込する方法は大きく分けて以下3通りが用意されています。

    • 会員専用ページからの申込(インターネット)
    • アコム総合カードローンデスクでの申込(電話)
    • 自動契約機や店舗での申込(直接来店)

    それぞれ増枠の申込受付時間は異なります。


    アコム増枠の申込受付時間
    増枠の申込方法 受付可能時間
    会員ページ(インターネット) 24時間可能 ※1
    アコムのATM 24時間可能 ※1

    アコム総合カードローンデスク
    (0120-629-215)

    9:00〜18:00
    自動契約機(むじんくん) 8:00〜22:00年中無休ただし年末年始は除く) ※2
    店頭窓口 9:30〜18:00(土日祝日は休業) ※3

    (※1)21:50〜8:00の申込の審査回答は9:00以降となる
    (※2)一部店舗は営業時間が異なる・運転免許証などの本人確認書類が必要
    (※3)運転免許証などの本人確認書類が必要


    増額の申込はインターネットあるいは電話にて行う

    手っ取り早いのが、インターネットか電話で増額の申込を行う事です。


    電話の場合は、オペレーターと話しながら約10分程度で済みます。


    インターネットの場合は「極度額変更等のお申し込み」というところから申込を行えますが結局電話が掛かってくるので正直どちらでも一緒です。


    アコムの増額の申込箇所の図解


    インターネットだと、ログインして3クリックくらいで済むので申込して電話で待つという方が楽かもしれません。


    アコムの自動契約機に来店して申込も出来ますが、移動など手間しか掛からないのでこれはやめた方がいいです。


    この申込が完了したら増額の審査が開始されます。


    個人的に増額の申込はインターネットで済ませて電話を待つというのが一番楽なのでおすすめ!


    審査の際に必要になる提出書類について

    アコムの増枠の申し込み時の必要書類の再提出について


    審査の時に必要な書類は、特にありません。


    契約時に身分証明書や会社への在籍確認による電話連絡など色々と面倒と感じる事も多かったと思いますが、増額時は特に必要な書類がないので非常に楽です。


    ただし、以下に該当する場合は新たに身分証明書や収入証明書などの書類が必要になります。


    身分証明書が必要になる場合
    • 住所を変更している時
    • 名前、苗字に変更があった場合

    収入証明書が必要になる場合
    • 勤め先が変更になった場合
    • 借入限度額が50万円を超える場合
    • 他社からの借入額と今回の融資希望額のトータルが100万円を超える場合
    • すでに提出している収入証明書が3年以上経過している場合

    基本、これらに該当する場合は順次、アコムへ報告を行うように会員規約としてあるのですが、ゼニエモンも含めほとんどの人は面倒で報告していませんよね(笑)。


    こういった場合は、書類の提出が必要になることもあります。


    ゼニエモンの場合は、住所が変わってたのですがこちらは口頭で伝えるだけでOKでした。


    増額の申込から借入枠再設定までの流れと所要時間について

    申込方法と、必要になる可能性のある書類がわかったところで、実際の増額審査の流れについてを説明していきます。


    アコム増枠の申込から借入限度額増枠までの流れ

    • 増枠の申込
    • 必要に応じて書類提出
    • 審査結果の回答
    • 増枠の契約手続き
    • 借入限度額の再設定・追加融資実行

    アコムの増枠の審査回答時間と限度額再設定までに要する時間


    ゼニエモンの場合は、インターネットから申込を行い、約10分程度で電話が掛かってきて20万円の増額の手続きが完了しました。


    全部の所要時間は約20分程度で完了です。


    アコムの30万円の枠が50万円になった証拠となる画像


    ゼニエモンの場合ですが、状況は契約時と職場の変更はなし、年収もほとんど変わらない状態で申込を行いました。


    申込当時の借入残高は、324円だけ残債がある状態なのでほぼ借入していない状況でした。


    その状態で申込をしたので、アコムのオペレーターの方にいくつか質問をされました。


    増額審査時にオペレーターの人に聞かれた項目一覧

    実際にどういった質問があるのかをまとめてみました。


    電話が掛かってくるタイミングは申込を行って審査が完了した時で、審査落ちの場合で電話はかかってくることはありません。


    パソコンやスマホ上でこのような表示がされるのみです。


    アコムの増額審査に落ちた時にパソコンに表示される画面


    ですので、この画面が表示されず電話が掛かってきたときは、ほぼ審査は通っている状況であるという事は間違いありません。


    ただ、電話時にいくつか質問された時の受け答えによって審査の影響はないとゼニエモンは考えていますが念のためどういった質問があったのかを掲載しておきます。


    以下が増額時に質問された内容です。


    住所や職場などの変更はありましたか?

    こちらは、恐らく誰でもされる内容かと思います。
    ゼニエモンの場合は住所の変更があったので、そのまま口頭で伝えました。


    身分証明書の提出は言われませんでしたが、場合によってはある人もいると思います。


    どうして増額が必要なんですか?

    大手の消費者金融の中でもアコムは審査時に利用用途を口頭で聞いてくることが多いのですが、増額時も聞かれました。


    いや、サイト運営の検証用にという事はとても言えず(笑)、年末に掛けてお金が必要な時が増えるのでいざという時の為に使いたいからという事を伝えました。


    残債がほぼ0円ですが、それでは足りないのですか?

    一番ドキッとした質問です(笑)。


    というのも増額って既に限度額まで借りている状況の人が多いので、ほとんど残債がない状況で増額するケースはさほど無いからです。


    返答に一瞬つまりましたが、こちらも万が一使えるお金が30万円の状況では不安だからせめて50万円にしておきたいという事を伝えました。


    この電話の時の質問によって審査の可否が決まるというわけではありませんが、返答によっては書類の提出を求められる事もあるかと思います。


    増枠の審査でも会社への電話連絡はあるの?

    新規申し込みの時に本当にその職場へ勤めているのか在籍確認というものが行われたのをみなさん覚えているかと思います。


    増額といっても審査なので会社へ再び連絡されたら嫌だなって思っている人もいるかと思いますが、会社への電話連絡はありません。


    ただし、以前と職場が変わっていた場合は別でこういた時は再度会社への電話連絡が必要になるので注意です。


    アコムの増額は契約からどれくらい期間を明けないとダメなの?

    アコムの増額申し込みって新規契約してから6ヶ月くらい経過してないと審査に通らないって聞いたんだけどこれって本当なんですか?


    かなりいい質問ですね!


    これは半分正解で半分間違いです。


    申し込み自体はいつでも出来ますし、アコムの公式サイトを見ても最初から増額審査を受けることが出来るようにはなっています。


    しかし現実的な話を言うと、新規契約から6ヶ月以内で増額を行うのはかなり難しいと考えておいて下さい。


    個人的な意見を行けば新規契約から6ヶ月以内であるのなら他のカードローンやキャッシング会社へ申し込みしたほうがまだ可能性は高いです。


    これはなんの根拠もなく言っているのではなくちゃんと理由があるんです。その理由を説明していきますね。


    理由1:アコムは新規契約時に希望額以上の金額で契約できることがあるから

    カードローン業者では新規契約時の対応は2通りあります。


    • 希望する限度額のみを契約する業者
    • 希望する限度額以上の審査に通っていれば打診してくる業者だから

    アコムは後者で、希望額が10万円であっても機械の自動審査時に30万円までOKと表示されていれば30万円までなら枠が作れますよ!と打診してくる業者です。


    この時に、じゃあ30万円の枠でお願いします!と打診された限度額で契約した場合は、ほぼ増額の審査に6ヶ月以内に通るという事は難しいと考えましょう。


    逆に、いやいや、俺は大きな枠作ると怖いから10万円でいいです。と断った場合なら6ヶ月以内に打診された限度額に増額を行うことが出来る可能性は高いです。


    理由2:途上与信で6ヶ月1度は審査が行われているから

    アコムだけに限った話ではありませんが、各カードローン業者は定期的に契約者の信用情報を開示して全部のローンに対して、借入残高や返済状況を共有しチェックします。


    これを途上与信と言うのですが、アコムの場合は大体4ヶ月〜6ヶ月に1度契約者の信用情報をチェックしています。


    アコムの途上与信を行った証拠となる画像


    これによって、既に増額するならいくらまでの契約が出来るという事はチェックしているので、増額の審査スピードは早いんです。


    なので、まだ途上与信を行っていない状態の新規契約から6ヶ月程度の期間は増額出来る可能性は少ないと言えますね。


    余談:増額の際には「アコムとの取引履歴」も審査の際に重要な判断材料となる

    新規申込の審査の際には、年収、勤続年数、職業、雇用形態、家族構成、居住形態などといった申込者から得られる情報の調査が1つ。


    もう一つは信用情報機関からの情報開示により得られる情報の2つから総合的に申込者の「返済能力」を確認し、審査通過の可否を決定されます。


    これらの情報から返済能力を確認するという点には違いはないのですが、増枠の審査では新規申込時にはまだなかった、「アコムとの取引履歴状況」も返済能力を図る上で重要な項目となることも知っておきましょう。


    具体的には、借入したお金を毎月遅れることなく返済していて着実に借金が減っていっているという人は、アコムにとって「優良なユーザー」として判断されることになり、増額の審査通通過への期待値が高く持てます。


    反対に、返済の遅れがある、借入と返済を何度も繰り返していて借金が一向に減っていないという人は、「借りたお金をきちんと返してくれない人」「資金繰りがショートしかけている人」といったように判断される可能性が高く、増枠の審査通過は非常に難しくなってしまいます。


    まぁ、よく考えたら当たり前の事ですよね。


    支払いの期限を守らないので新たに貸してくれという要求は通ないので、こういった場合は他社を選ばれた方が無難です。


    増額審査が通りやすい条件をいくつか紹介

    一旦ここまでをまとめてみます。基本、増額の審査の通りやすい人は以下に該当している人が通りやすいと言えます。

    • 新規契約時に提示された借入限度額よりも少ない枠で契約をしている
    • 新規契約時の借入金をすでに完済している
    • 毎月遅れることなくきちんと返済をしている
    • 積極的に繰り上げ返済を行っている
    • 他社ローンからの借入が増えていない
    • 勤続年数が伸び年収が増えている

    アコムの増枠の審査通過への期待値を最も高く持てる人の条件


    増額の案内があった場合は審査に確実に通る?

    ちなみに、アコムの方から増額の案内が来ることもあります。


    毎月遅れることなくきちんと返済をしている場合にはアコム側から増枠の案内がくることがあります。


    案内がきたということは、借入・返済の状況には問題がないと判断されているということになるのですが、これはあくまで契約時の年収のままの情報で判断されています。


    このタイミングでは信用情報機関からの情報開示は行われていない為、増枠の審査の際に「他社からの借金が増えている」「他社ローンの返済が滞っている」などといったマイナスの評価となる情報が確認された際には、審査落ちとなってしまう可能性が高いと考えておきましょう。


    逆に増額の審査に通らない人は以下の特徴がある人です。

    • 契約の借入限度額いっぱいまで借入をしている
    • 借入と返済を繰り返していて借金が全く減っていない
    • 毎月の返済に遅れや滞納がある
    • 他社ローンからの借入が増えている
    • 転職をしてまだ間もない
    • 退職して今現在無職となっている

    これは、逆に増額どころか減額になる可能性もあるので、こういった状況にある人は申込をそもそもしない方がいいです。


    審査に自身のない人は他社を選ぶ

    上記を見て、増額どころが逆に減額になる可能性すらあるじゃん、、。


    という人は、アコムにこだわることなく他社を選ぶ方が無難です。


    • 借入限度額の枠いっぱいまで借金しているのはアコムのみ
    • 毎月の返済に遅延・滞納はない
    • 追加での融資希望額は10万円以下である

    増額よりも他社カードローンへの新規申込がオススメな理由

    増枠の申込ではなく他社カードローンへの新規申込をオススメする理由


    借りたお金をきちんと返してくれる優良なユーザーとの長期的な付き合いももちろん大事なのですが、基本的にカードローン業者は新規顧客の獲得に注力する傾向にあります。


    ですので、全く同じ状況でも増枠の審査に通過することは難しいが、新規契約なら審査に通るということも十分に考えられます。


    以下にすでに借入限度額いっぱいまで利用している人が他社カードローンへの審査申込を行う上で注意しておきたいポイントをまとめました。


    増枠ではなく新規申込を行う際に注意しておくポイント

    申込時に申告する借入希望額は少額にする

    最終的に契約を行う借入限度額は審査の結果決定されるので、申込時に申告する融資希望額は関係ないようにも感じますが、すでに借金がある状態でさらに高額な融資を希望するということは、「この人は自身の返済能力を把握できていない」「お金に対する考え方が甘い」などといった判断をされてもおかしくはありません。


    申込時に申告する借入希望額は必要最低限、少額の申込とすることを推奨します。


    毎月の返済の負担が大きくなる

    増枠を行い追加での融資を受けた際は毎月の返済額は変わらない場合もありますが、他社カードローンとの新規契約を結んだ場合には毎月の返済は2カ所に行うことになり当然ですが返済の負担は大きくなります。


    今現在アコムに返済している金額+新たな借入先への返済となるので、他社カードローンを利用しお金を借りる際には、毎月の返済額を必ず確認し、しっかりとした返済計画を立てたのちに申込を行うようにしましょう。


    アコムの増額についてのまとめ


    アコムの増額ですが、思ったよりも早く出来ました。時間的に20分程度だったと思います。


    ゼニエモンの場合はネットで申し込みして電話が掛かってきていくつか質問に答えて、では増額しますねという流れで終わったんですが


    電話を切ってすぐに会員ページへログインするともう増額されていたのでかなりスムーズですよね。


    ただ、難点は審査があるので、上記の審査の通りやすい条件に該当する人にはおすすめですが、逆に減額される可能性もあるという事は知っておきましょう。


    そういった場合は、アコムにこだわることなく別のカードローンを利用されるのもおすすめです。ただし返済が2社になるので利用は無利息期間のあるカードローンを選択するようにするのがおすすめ。


    レイクALSAなら5万円以下の融資希望の場合は180日間無利息なので、他社を検討している人はそちらがおすすめです。



    おすすめの関連ページ



    ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ