指定信用情報機関にはどんな内容が記載されているのか?

指定信用情報機関はどんな情報が記載されているの?

更新日:

信用情報はカードローンやクレジットカードの審査をする際に非常に大事な役目を持つ情報です。

この情報とも申込をしたときの情報を照らし合わせて審査に通すか落とすかの判断をするので、信用情報にはどんなことが書いてあるのか把握しておくと、審査時に気をつけることが自ずとわかるようになります。



    指定信用情報機関に載っている情報とは?

    私たちがクレジットカードやローンの申し込み・契約をした情報や、利用情報は信用情報といい、指定信用情報機関に保存されています。


    貸金業者は、この指定信用情報機関に参加しなければ、貸金業を営むことはできませんし、この指定信用情報機関にお客様の信用情報を開示してもらわないと、安心して契約することもできません。


    指定信用情報機関は次の3つです。

    • CIC
    • JICC
    • KSC(全国銀行協会)

    CIC、JICC、KSCの違いは加盟している業者で、JICCは消費者金融やクレジットカード会社、CICはJICCに加盟している業者に加えて携帯電話や保険会社、KSCは銀行や信用組合が加盟しています。


    そのため、指定信用情報機関から信用情報を開示する場合は、クレジットカードや銀行カードローンなど開示したい情報によって、指定信用情報機関の選択が必要です。


    各指定信用情報機関に登録している金融機関一覧

    業者 CIC JICC KSC
    消費者金融
    クレジット会社
    信販会社
    保証会社
    保険会社
    携帯電話会社
    銀行
    信用組合・金庫

    信用情報は審査で賃金業者に確認され、信用できる人物と判断できれば契約をすることが可能ですが、延滞などで信用情報に傷がついていれば契約は難しくなります。


    信用情報を傷つける情報が指定信用情報機関に報告・記録されると金融事故という扱いになり、新しいクレジットカードやローンの審査に通過する可能性が低くなってしますのです。


    では、ここからは、どういうことを賃金業者が指定信用情報機関に報告しなくてはならないのかを解説していきたいと思います。


    賃金業者と指定信用情報機関との共有情報は?

    賃金業者と指定信用情報機関の間で共有される情報は、 賃金業法の41条の35第1項施行規制30条の13第1項で法的に決められています。


    共有されている情報は以下の通りです。

    • 名前の記載(ふりがなをつけたもの)
    • 住所
    • 生年月日
    • 電話番号
    • 勤務先の称号または名称
    • 運転免許証の番号
    • 記号番号
    • 契約年月日
    • 貸付金額
    • 貸付残高
    • 元本または利息支払遅延の有無
    • 総量規制以外の貸付状況

    賃金業者と指定信用情報機関で共有される情報は、本人を確認するための名前・住所・生年月日のほかに、業者との契約をした日付や貸付金額・貸付残高なども記載されています。


    記載番号は、パスポートや住基カード等の本人確認書類に記載されていて、指定信用情報機関に加入する賃金業者が、本人確認のための書類提示により本人確認を行った場合、本人を特定するために控えられるものです。


    また、総量規制以外の貸付状況については「個人過剰貸付契約(総量規制)」から除かれる、一定の契約および個人顧客の利益の保証に支障を生ずることがない貸付にかかる契約とあり、総量規制対象外の銀行カードローンや住宅ローン、自動車ローンが当てはまります。


    共有される情報の中で、特に重要なのは元本または利息支払遅延の有無で、
    契約者本人に返済能力があるのか?返済の意思があるのか?
    が判断され、たとえ1日でも返済が遅れたとしても金融事故として扱われるので注意が必要です。


    信用情報に年収は記載されますか?

    この指定信用情報期間に保管される情報ですが、年収の記載はありません。

    年収というものは、その年によって変わるので仕事を辞める場合もありますし、昇進や転職での増減でキャッシングする際に収入証明書の提出を求められることや、貸付について収入証明書の再提出と在籍確認をするケースがあるのはこのためです。

    なので、年収については、指定信用情報機関に保管されていません。


    総量規制とは?

    総量規制は年収に対して3分の1以上の借入しかできないという法律です。

    例えば、年収が300万円だった場合、借入できる額は100万円までになります。
    また、複数社から借入している場合でも、借入額の合計は100万円までです。

    総量規制の目的は、利息を多くとりすぎている融資サービスから利用者を守ることと、利用者自身が借入れをしすぎて自己破産などの最悪な事態になるのを阻止することです。

    銀行カードローンや銀行が行っている融資サービスは総量規制の対象外となりますが、消費者金融であればすべて総量規制の対象になります。

    一度、指定信用情報機関に記載された情報は消えるの?

    指定信用情報機関に記載された情報は一定の時間がたてば消える!

    ブラックリストという言葉をよく耳にしますが、ブラックリスト自体は実際に存在しません。


    ブラックリストに載るということは、金融事故の情報が指定信用情報機関に記録され、信用度が下がり、審査が通りにくい状態という意味を言います。


    ブラックリストに載ってしまうと、新しくクレジットカードやローンの契約をすることは難しくなりますが、一度ブラックリストとして指定信用情報機関に記載された情報は、ある程度時間がたてば自動的に消えるので、一生ローン契約ができないということはありません。


    各信用情報機関の信用情報保存期間一覧

    信用情報機関 任意整理 個人再生 自己破産
    CIC
    (株式会社シーアイシー)
    5年前後 5年前後 5年前後
    JICC
    (株式会社日本信用情報機構)
    5年前後 5年前後 5年前後
    KSC
    (全国銀行個人信用情報センター)
    5年前後 10年前後 10年前後

    CIC・JICC・KSCで信用情報を保存している期間は異なり、任意整理や借金完済後から、CIC・JICCは最長で5年、KSCは最長で10年ほど信用情報が残されています。


    実際に金融事故情報が消えているかどうかは、指定信用情報機関から情報開示をしてみないとわからないのが現状です。


    一定の時間が経過すれば指定信用情報機関に登録された情報は消えますが、信用情報が消えてから以前利用していたカードローンを申し込んでも審査に落ちてしまうことがあります。

    この場合、「社内ブラック」入りしている可能性が高いです。

    信用情報が消えても、業者内では「以前お金を借りて踏み倒した人」という情報が共有されているので、審査に通過することはほとんどありません。

    社内ブラックは残念ながらほぼ永久に消えることはないので、他カードローンの利用を検討しましょう。

    信用情報は開示して確認することができる!

    個人の信用情報はローンなどを契約する際に賃金業者に開示されますが、信用情報は自身でも開示することが可能です。


    信用情報の開示することで、自身の支払記録の確認や、ブラックリストに載ってしまった方は信用情報がきれいに消えたのかを確認することができます。


    また、信用情報の開示で、稀に心当たりのない登録情報がある場合があります。その場合も、誤情報であると確認できれば修正は可能です。


    しかし、信用情報開示には手数料として1,000円かかりますし、CICやJICCはPCやスマートフォンからいつでも信用情報を開示できますが、KSCでの情報開示方法は郵送に限られ10日程度かかるので時間に余裕をもって申し込みをしましょう。


    以下のページでは、CIC・JICC・KSCそれぞれの信用情報開示方法について解説していますので参考にしてください。


    CIC

    JICC

    KSC(全国銀行協会)

    信用情報は時間が経てば消えるが、不安なら信用情報を開示してみよう!

    指定信用情報機関では個人情報だけでなく、毎月の支払い状況やクレジットカード・ローンの契約内容まで記載されています。


    きれいな信用情報を保つことで審査に通過しやすくなりますが、反対に延滞を繰り返していると信用情報に傷がつき審査に不利になってしまうので利用・返済については注意してください。


    また、ブラックリストに載ってしまうと新たにローン契約ができないなどのデメリットがありますが、信用情報に記載されたブラックリストの情報は一定の時間がたてば指定信用情報機関から消されます。


    信用情報は、指定信用情報機関に情報開示を申し込むことで確認できるので、自身の信用情報が不安であれば一度信用情報を開示してみましょう。


    説明してきたように指定信用情報機関では様々な個人に関する情報を保有しています。

    そのため、借入残高などで虚偽申告をしても指定信用情報機関からの情報開示でバレてしまいますし、虚偽申告が発覚した場合は審査に必ず落ち、最悪の場合は同じ業者での借り入れは二度とできません。

    信用情報は審査の際に確認されるので、延滞などで傷をつけずにきれいな状態を保つようにしましょう。

    口コミを投稿する

    評価

    アイコンを選んでください


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン 金利優遇があるローン 審査が不安な方 お問い合わせ