保険適応外の歯の治療で利用出来るデンタルローンを詳しく解説!

掲載日:

デンタルローン特集のアイキャッチ

基本的に歯を健康にする治療は保険が適応されるので、支払いは治療費の3割負担で行うことが可能です。


ですが、健全な歯を保つためという目的を超える治療に関しては、保険適応外となり支払いが高額になります。


こういった時に利用できるデンタルローンについて、このページでは詳しく解説していきます。

    保険の適応範囲と適応外の治療についてをおさらい

    まず、最初に保険の適応範囲であるのか、保険適応外の治療であるのかを一旦おさらいします。


    基本的に一般的に健康な歯の状態を取り戻すという治療に対しては、保険が適応されます。


    この保険が適応される治療については、「保険診療」と言います。


    保険の適応範囲内で行える治療

    • 神経の除去を行う
    • 抜歯する
    • 入れ歯を入れる
    • 被せものをする
    • ブリッジ等で歯を入れる
    • 歯石を取る

    治療中の仮歯や仮の詰め物も、保険の適応範囲です。


    また、被せものや入れ歯の材質は、場所によって全て白いプラスチック製か金属(いわゆる銀歯)なのかが異なります。


    保険診療の範囲外となるのが、高度な治療または高価な材料を用いた治療や、歯の機能はそのままで見た目だけ美しくする治療です。


    これも、材料等の取り扱いが医院毎に違いがあるため、一概にこの程度の料金が掛かるとは言いにくくなっています。


    保険の適応外となる治療

    • インプラント治療
    • 詰め物を入れる
    • 被せものをする
    • 入れ歯を入れる
    • ホワイトニングを行う
    • 歯の矯正をする
    • 金歯を入れる

    インプラントは、ブリッジという方法が難しい奥歯などの場所に対し、直接人工の歯根をアゴの骨に埋め込み、固定する治療方法です。


    既に抜歯しており歯根がない人は入れ歯を入れる場合が多いですが、インプラントは歯を入れる事で取り付けなどの手間が掛からない画期的な治療方法となっています。


    ただ、現時点では保険適応外となっているので非常に高い治療費が必要です。


    また、同じ被せものや歯を入れるものでも、セラミックは変色しにくく歯垢が付きにくいため人気となっています。


    こちらも材質が高価であることと、保険適応外なので一部にしか使わない場合も約5万円かかるようになっています。


    また、既存の歯を白くするホワイトニングや、歯茎をピンク色に変える為の治療や、見た目に大きく影響する歯並びの矯正なども非常に高額です。

    デンタルローンとは? デンタルローンの仕組みについて

    上記の高額な治療のために利用できるのが、デンタルローンです。


    デンタルローンは歯の治療専用のローンで、利用すると高額な治療費を分割で支払うことができます。


    カードローン・フリーローン・クレジットカードなどと異なり、より低金利で融資を受けられるのがメリットです。


    デンタルローンの取り扱いは、信販会社又は銀行が行っています。


    信販会社で取り扱っているデンタルローンと銀行のデンタルローンでは仕組みが異なるので、まずはこの違いを説明します。


    信販会社が取り扱うデンタルローンの仕組み

    デンタルローンを取り扱っている信販会社は、ジャックス・オリコ・セディナです。


    このローンは、これらの会社と業務提携をしている歯科経由で申込みをする事が出来ます。


    流れとしては、まずデンタルローンに対応している医院を探し、そこで治療の予約とローンの申込みを行う方法がオーソドックスです。


    以下のような流れとなります。


    信販会社の取り扱うデンタルローンの利用の流れ


    通常の利用の場合は、行いたい治療を行っている医院を探し、治療を受ける際に信販会社へローンの申込みを行う流れが一般的です。


    目当ての信販会社のローンを利用したい場合は、その信販会社と提携している医院を探すという逆の手順で医院を決めるという方法もあります。


    好条件で利用出来る信販会社のデンタルローン

    デンタルローンの手数料は病院よって違いますが、ほとんどは4.5%〜8%の間です。


    他のローンと比較すると低金利ではありますが、最も好条件でローンを組めるのが、「スマイルライン・デンタルクレジット」です。


    スマイルラインデンタルクレジット


    スマイルライン・デンタルクレジットは、36回払いまで手数料が医院側の負担となり、患者側は無金利でローンを組める業者です。


    難点は、加入している医院が少ない為、対応していないところが多い点です。


    絶対に利用したい場合は、以下のホームページから直接連絡して対応している医院を聞いてみる方法が確実でしょう。


    参考:スマイルライン公式ウェブサイト


    銀行が取り扱うデンタルローンの仕組み

    銀行が取り扱うデンタルローンは、デンタルローン又は多目的ローンを組んで支払いを行う方法です。


    金利自体は低金利ですが、医院と直接の提携はないので、融資を受けるまで手間と時間がかかってしまいます。


    さらに、デンタルローンと比較すると多目的ローンは金利がやや高くなるので、特段メリットはありません。


    銀行のデンタルローンの融資の受け方


    流れが異なるのは、まず利用者本人が融資を受ける点です。


    ローンの審査の傾向として、業者側への直接振込よりも、一度本人への融資を受ける流れの方が、高い信用力が必要になります。


    すると審査が厳しくなる傾向があるため、病院経由で信販会社へ申し込むのが無難です。

    返済回数6回・10万円までならカードローンの利用もオススメ

    保険の適応・適応外関係なく、支払総額が10万円以内で済む場合で、返済回数も半年以内の人はカードローンを利用するのもありです。


    カードローンは高金利と言われていますが、短期間に完済するならほとんど差はありません。


    例えば、デンタルローンの金利を年6%、カードローンの金利を年18.0%とし、6ヶ月で10万円を完済した例を比較します。


    比較表 カードローン(年18.0%) デンタルローン(年6.0%)
    利息 493円 1,479円
    月返済額 17,553円 16,960円
    返済総額(金額) 105,315円 101,757円
    返済総額(%) 105.1% 101.7%

    これを見ると利息の差額は、そこまで大きくありません。


    デンタルローンは必ず決められた期間での返済となるため、確実に返済したい場合にはメリットとなります。


    ただ、返済プランをある程度自由に決めることができ、最短即日で融資を受けられるカードローンの方が利便性が高い事もあるので、状況に合わせて選びましょう。

    10万円以下のデンタルローンの代替えとなるおすすめのカードローン

    SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス

    SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス


    プロミスはカードローンでも最短30分で審査完了し、当日中に融資を受けることもできるオススメのカードローンです。


    また、契約完了後にメールアドレスの登録とWeb明細利用登録をすれば、初回借り入れの翌日から30日は無利息期間が利用可能です。


    利用日に利用を始めれば、そこから1ヶ月程度は利息が一切付かないため、6ヶ月以内で完済する場合はデンタルローンと同程度まで返済総額を落とすことができます。


    面倒な手続きはしたくない、さっさと契約だけはしておきたい。


    また必要な時があったら融資を受けたい人は、プロミスの利用がオススメです。


    実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
    4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 無し 対象 有り
    遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
    20.0%(実質年率) 18歳〜69歳 残高スライド元利定額返済方式 Web完結も可能

    ※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

    ※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。



    プロミスの女性専用のレディースローン



    三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

    保険適応外の歯の治療で利用できるデンタルローンについてを詳しく解説!


    銀行ならではの低金利が売りの、三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」です。


    支店によってはテレビ窓口もあるため、インターネットで申込みと審査を済ませておけば、最長で20時までカードを発行できる可能があります。


    審査スピードもプロミスよりも若干劣る程度で、スピードに関しては銀行系カードローンの中ではトップクラスです。


    銀行カードローンの中では平均的な金利なので、デンタルローンと比べると高い金利ではありますが、10万円前後の利用であれば返済総額の差はほとんどありません。


    さらに、最低返済額が少なく設定されている為、返済しやすい点も魅力的です。





    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 厳選おまとめローン お問い合わせ