婚約者に借金があると気付かれたくないのですが、今後何かで気づかれる事はありますか?

更新日:
付き合っている恋人に自分の借金がばれるって避けたいですよね。

結婚も視野に入れているならなおのことです。

今回はある質問者の方より相談の連絡を受けたので、その内容を記事にさせていただきました。

ご参考になれば幸いです。

    相談の概要

    ※以下記事は質問者様の掲載の許可を頂いております。


    先日、質問者様より以下のような相談を頂きました。

    以下、質問者様は橋本さん(仮名)と記載します。


    〜前略〜


    私は、クレジットカードのリボ払いに加えて、以前付き合っていた人に頼まれて借りたカードローン50万円の借金があります。


    クレジットカードのリボ払いは、一時仕事のストレス発散として買い物に依存し、気が付いたら100万円の限度額まで借りていました。


    これには本当に後悔しています。


    先日あとどれくらい残債があるのか調べてみると、毎月3万円を支払って2年以上経過しますが、まだかなりの借金が残っていることが分かりました。


    この借金がなくなる想像ができず、毎月給料日になるのが怖くなるくらい不安です。


    私は現在、結婚を前提にお付き合いをさせていただいている方がいるのですが、この借金はバレたくありません。


    また、出来ることなら結婚するまでに、この借金を完済したいと思っています。


    今後借金をするつもりもなく、自己破産などは周りにバレるとも聞きました。


    この場合、うまく解決する事はできるのでしょうか?


    〜以後略〜


    こういった質問を頂きました。


    何度かメールでやり取りをさせていただいた内容をまとめると、以下のようになります。


    橋本さんの情報

    • 婚約者には借金は絶対にバレたくない
    • 組んでいるローンは、クレジットカード1社とカードローン1社のみ
    • 滞納はしたことがない
    • 婚約者とは現在同居していない
    • クレジットカードの枠は100万円で残債は80万円弱
    • カードローンの枠は50万円で残債は35万円弱
    • 毎月の支払いが現在3万円程度
    • 返済を楽にしたいというよりは、借金を終わらせたい
    • 結婚までには借金を完済したいと考えている

    これを前提に、最善の策を一緒に考えたという流れになります。

    借金がバレる時ってどんな時なのか?

    基本的に、カードローン・キャッシング・クレジットカードと契約していることは、本人にしか分からない情報です。


    ですが、以下が原因でバレる可能性があります。

    ローンカードを見られてバレる

    まず、ローンカードを見られる事です。契約していることが一目瞭然です。


    クレジットカードなら、生活必需品なので見られたところでマズいことはありませんが、ローンカードを見られた場合は別です。


    ローンカードには2種類あり、銀行のキャッシュカードにローン機能が付帯している場合は、問題はありません。


    問題になるのはローン専用カードなのです。


    これを見られると、「借金のある人」というイメージを持たれることは言うまでもありません。


    ローンカードは、決して見られないようにしましょう。


    もし今後ローンを契約したいと考えているのであれば、WEB・アプリで完結できるカードレスのカードローンを利用するのがおすすめです。

    郵送物や書類でバレる

    次に、郵送物で利用がバレる事があります。


    クレジットカードの場合、契約時と解約時(強制解約時含む)に郵送物が届く事に加え、利用明細書も毎月届きます。


    またリボ払いの場合は書類が郵送されることはありませんが、契約に関する書類が届く場合もあります。


    クレジットカードの明細書は、WEB明細の利用を設定しておけば郵送されることは無いので、こちらを利用しましょう。


    カードローンの場合、契約時と解約時に郵送物が届き、さらに返済・借入でATMを利用した際に出てくる明細に注意が必要です。


    月々の明細は、大手業者を利用した場合は自動的にWEB明細の設定になっていることが多いですが、あらかじめ確認しておきましょう。


    プライバシーに配慮をして郵送物をなくしてもらえる業者もあるので、早めに郵送物をなくす手続きをするのがおすすめです。



    ただし滞納した場合は、再送の郵送物が届く可能性が高いので、支払いはしっかり行いましょう。

    通帳や取引履歴を見られてバレる

    口座振替等での返済や、口座への振り込み融資を受けた場合に入出金の名義を見られると、ローンの利用はバレます。


    銀行口座の取引履歴は、基本的に本人しか見ることはできませんが、通帳へ記帳した場合誰でも見ることが可能です。


    また、この銀行口座の情報を夫婦で共有する場合は、過去の履歴から利用がバレる可能性が高いので、注意しましょう。

    収入を共有する場合

    結婚や同棲にあたり毎月の収入を共有しあう場合、返済に充てているお金について質問される可能性があります。


    そうなると、毎月親にお金を入れているという理由でしか誤魔化しようがないので、財産を共有しないようにするか、あらかじめ言い訳を考えておきましょう。

    重要なのは、バレたくないなら借金を終わらせる事!

    バレない為にも早く借金を完済することが重要です。


    橋本さんの借金の総額は115万円であり、早い段階で完済することを目標としました。


    借金を解決する方法には色々な方法がありますが、橋本さんに提示したものは以下の通りです。

    おまとめローンを利用し完済する

    まず、おまとめローンを利用して完済する方法です。


    おまとめローンとは、複数の借入を1社にまとめて返済を簡略化するもので、おまとめ専用ローンは追加の借入ができません。


    返済に集中できるため、早く完済したい人にとっておまとめローンは非常に便利なサービスでしょう。

    専門家を介し、債務整理を行う

    おまとめローンは、どれだけ好条件で契約出来たとしても金利が発生します。


    借入額が100万円の場合、今の月3万円の返済でも返済回数は50回、つまり4年と2ヶ月になります。


    完済した後の数年は融資を受けないと考えているなら、債務整理を行う方が遥かに早く完済する事が可能です。


    債務整理には、大きく分けて以下の3種類があります。

    • 任意整理
    • 個人再生
    • 自己破産

    橋本さんの場合、月に3万円の返済ができるのであれば、最も軽い「任意整理」一択となります。


    任意整理は、弁護士・司法書士等の専門家に依頼して、利息の支払いを無くしてもらうよう業者と交渉してもらう形になります。


    金利を支払う必要がなくなるので、完済まで3万円程度を払い続けると仮定すると、月31,944円を36回払いで完了します。


    また、月5万円近く支払う場合、2年で完済が可能です。


    債務整理をするとブラックリストに載りますが、5年間でその履歴は消えます。


    詳しい情報は以下のページに記載されているので、気になる人はぜひ読んでください。



    ただ、いずれにしても数ヶ月程度で完済できるものではなく、数年スパンで考える必要があります。


    ゼニエモンとしては、橋本さんが今後ローンは組まないと考えいるのだとしたら、債務整理を行うべきだと考えています。


    というのも、債務整理を行うと5年はローンの新規契約やクレジットカードの発行が出来なくなりますが、橋本さんはローンと一時的に離れる事が大切です。


    結婚してお金が必要になることもあるかもしれませんが、これは配偶者の方に契約してもらえばいいだけです。

    出来ることであれば借金自体も打ち明けるべき

    夫婦は、これから何十年も一緒に過ごすうえで、協力していかなければなりません。


    また、その最も近い関係で嘘をつき続けることは、非常に辛いものです。


    橋本さんも出来ることであるなら、内緒にしたまま解決というよりは、全てを打ち明けて一緒に解決を目指した方が精神的にも良いはずです。


    ひょっとしたらこれで離れてしまうかも、と怖く感じるかもしれませんが、ありのままを伝えて受け入れてもらうための勇気も必要です。


    バレずに返済することも重要ですが、全て打ち明けることも検討してみてください。


    後日談

    こちらは、2015年の7月に最初のご連絡をいただき、上記のようなやり取りをさせていただきました。


    結果として橋本さんは債務整理を行い、完済してから結婚を機に相手の人へ正直に打ち明けたとのことでした。


    配偶者の方は無事に受け入れてくれたようで、お礼のメールを頂いた際に記事への掲載許可を貰いました。


    ゼニエモンはアドバイス程度しか出来なかったのですが、以下のようなサイト管理人冥利に尽きる言葉も一緒に頂きました。

    • 一緒に考えてくれたのが嬉しかった
    • 誰にも相談できないことを素直に言えて楽になった

    借金をしていることは人に打ち明けない人が多く、特に最も近い存在である配偶者に黙っておくことは辛いものです。


    橋本さんにとって、今回の最も伝えにくいことを伝えることができ、それを受け入れてもらえた事が非常に大きかったと言えます。


    ある意味、借金を解決したことよりも重要だったのはないかと改めて感じました。


    1件のコメントがあります

    キョロちゃん

    年金受給者です。昨年の12月に65歳となり退職しました。
    年額206万の年金決定通知書が届きました。
    数年前に主人が慢性骨髄性白血病にかかり、治療費として楽天
    銀行に200万とレイクに120万を借り、レイクは完済、楽天は後、100万残があります。その他、リボ払いのクレジットカードが60万程あります。(2社)年金受給者でも、まとめてローンは可能でしょうか?また、20万借りれるところはありますでしょうか?
    次回の年金まで2ヶ月あり運悪く治療費と税金の支払いが重なった為です。お忙しい中、宜しくお願い致します。

    コメントを投稿する

    管理人の承認後コメントが公開されます。

    アイコンを選んでください



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ