クレジットカードの現金化とは?明確に違法ではないけどリスクが大きい!

更新日:

最近クレジットカードの現金化について、色々テレビやニュースで
騒がれたコトがあります。


何?これ?って思った人のために、ちょっと説明しておきたいと思います。

    クレジットカードのショッピング枠の現金化とは

    クレジットカードでは、基本的に、ショッピング枠という枠内で、
    商品やサービスを購入するコトができます!


    例えば、枠が100万円なら、100万円までの、買い物が出来ますが、
    この100万円を厳禁として取り出すことは出来ません。


    クレジットカードでも、キャッシング枠がついているものもありますが、
    基本的に別物です。


    この現金化できない、ショッピング枠を現金に変えてくれるのが、
    ショッピング枠現金化業者なんです!


    クレジットカードの現金化の仕組みには、大きく分けて以下の二種類あります。

    買取式

    買取式は、クレジットカードでブランド商品や金券といった換金率の高い商品を購入し、それを買取業者に売ることで現金を得る方法です。いわゆる転売と同じものなります。

    キャッシュバック式

    キャッシュバック式は、現金化を行っている業者から安い商品を高額で購入し、その業者から現金でキャッシュバックをもらうという方法です。クレジットカードの現金化業者の多くは、この方式を利用しています。


    そもそもなんで現金化する必要があるの?

    中には疑問に思う人もいるかと思うので、説明しておきたいと思います。


    カードローンの枠に余裕がない

    カードローンを利用している人が、追加でお金を借りたくてもギリギリまで借入枠を使っているため、これ以上借りることができないということがあるかもしれません。そうした時はカードローンで現金を得ることができないため、必然的に他の方法で現金を手に入れる必要が出てきます。


    新しいカードローンを契約できない

    お金が欲しいけどカードローンの契約ができない場合も、現金化に手を伸ばす可能性があります。カードローンは審査がありますが、クレジットカードの現金化には審査がないためです。


    即日で現金が手に入る

    すぐにお金が欲しい人も、クレジットカードの現金化を利用するでしょう。クレジットカードを持っていればすぐに現金化を利用できるため、無駄な作業がなくが手に入るからです。


    現金化したことが周りにばれにくい

    周りにバレずに現金を手に入れたい人も、現金化を利用するでしょう。なぜなら、カードローンなどは契約書が送付されたり在籍確認があったりするのに対し、クレジットカードの現金化はそうしたものがないため、バレずに利用がしやすいです。


    支払方法を選べる

    支払方法を自分で選びたい人も現金化を利用することがあります。クレジットカードで支払いを行うため、分割払いやリボ払いなど、様々な方法で支払いをすることができます。そのため、自分に合った返済計画で現金を手に入れることができます。


    総量規制の対象外となる

    最後に、総量規制を気にしてクレジットカードの現金化を利用する人もいます。カードローンやクレジットカードのキャッシングは総量規制の影響で、年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。しかし、クレジットカードの現金化はショッピング枠のため、総量規制を気にせずに現金化をすることができます。


    ショッピング枠の現金化の体験談

    体験記♪というような軽いノリではないんですが、ショッピング枠の現金化の体験談を知り合いに聞いたことがあります。


    キャッシング枠が底をついたにもかかわらず、まだまだ遊び足りないし、
    現金が欲しく、悩んでいたら、


    会社の先輩から、自分の友人にクレジットカードを現金化してくれる奴がいる!
    という話を聞いて、紹介してもらったそうです。


    地元の駅裏の駐車場で待ち合わせで、
    新車のフルスモークのアリストで来て、降りてきたのが、


    ガマガエルに似たおじさんで、すごく態度がLサイズだったそうです。


    そこで、どうしたかというと、
    おい!お前、テレビ買えや!40型ぐらいの!それを俺が、7割の値段で買ってやるから!
    と言われて、


    は?なんかすげー損じゃんって思いましたが、かといって、
    お金は欲しかったので、まぁいいやと思い、テレビを購入することにしたそうです。


    その時の話は、それで終わりだったそうです、、。
    わざわざ呼ぶなよ!ってちょっと言いたかったそうですが、


    多分、その新車のアリストを買った話を織り交ぜながら
    語っていたそうので、おそらく自慢したかったんでしょう。


    結局、テレビは38万9800円でクレジットカードで36回払いで購入し、月々17000円くらいだったそうです。
    そして、そのテレビを27万円で購入してもらったらしいものの、


    端数の2860円はカットされて、損を被ったそうです。
    結局トータル的に考えると、金利に金利がついて、支払総額が


    51万7968円なので、よくよく考えると、知り合いは24万7968円損をしています!
    これってあとあと考えると、ムチャクチャアホなんですが、


    知り合い曰く、その時は27万円という現金に釣られてしまったとのことです。


    この頃のショッピング枠現金化というのは、ムチャクチャシンプルだったんですが、
    現在はものすごく巧妙化されています!


    というのも、実は、この方法は、仮に新品状態の電化製品を購入したところで、
    7割の値段で、購入して、そこから横に流すときに発生するマージンが、


    正規値の8割くらいらしいので、このガマガエル自身も、
    よく考えると、4万円の収入にしかならないので、


    客とのやり取りをしていると、あまり割がいい仕事でもなく、
    ちょっとしたお小遣い稼ぎ程度の感覚だったようです。


    最近の巧妙化した現金化

    ゼニエモンが聞いた知人の体験談はとても分かりやすい例でしたが、最近の現金化もすごく巧妙化されています。


    というもの、より回収率をあげ、収益性を上げるために、わざわざ高額な相当品を
    購入するのでなく、


    それ相当の値段をつけたそこらへんにあるものを売って、それを
    クレジットカード会社に請求するといったものです。


    例えば、ショッピング枠が、30万円残っていたとします。
    これに対して、30万円の、ビー玉や、ボールペン、パチンコ玉、陶器などを購入します。


    なんていうか、パチンコ屋と似ていますよね?
    パチンコ屋は、基本的に、最後に換金できますよね?


    でも、ホールの受付に出玉のレシートを持っていくと、貰える物って、
    コインとか、カードとか、ケースにはいったボールペンとかですよね。


    それをもってでで、換金所で、それを現金化してもらうというわけなんですが、
    この換金所とパチンコ屋って無関係なんです(笑)。


    どう考えても関係ないんですが、これは、3店方式といって、
    賭博罪に違法しているんですが、なぜかまかり通っています。


    というのも、同様の手口で、ゲームセンターのメダルの買取や、賭場などが
    行われたときは、すぐに摘発されたようです、、、。


    パチンコ屋だけ、違法なのに、何故か許されているという超矛盾な現状なんですが、
    これのように3点方式を使った現金化が今流行っています。


    例:キャッシング枠が20万円ある山本さんのお話【実話&実名】


    山本さんが、キャッシングの現金化をネットで探し、ある業者へお願いしたところ、
    陶器が届きました。花瓶のような感じで、価値があるのかどうなのか微妙なところです。


    これで、山本さんのクレジットカード会社へ20万円の請求が行き、クレジットカード業者
    から、現金化業者へお金がわたり、そこで、山本さんから、その花瓶を買い取るという形で、
    20%を引いた16万円が


    渡されました。
    しかも、最初の購入した業者と、買取した業者は、全く別です。
    こういった手順で、現金化されていくのですが、


    現在ショッピング枠といっても、ほとんどのクレジットカード業者が
    リボ払いをしているため、実は、借金を増やしたことに気付いていません。


    よくよく考えると、20万円ほど、クレジットカード業者に借りた事実は残るわけですし、
    それに、業者へ支払った4万円で言うと、年利計算だと、120%を超えるわけですから、
    完全に自分にとってマイナスなのは言うまでもありません。


    山本さんも、リボ払いで、40万円一杯の枠借りているんですが、毎月せっせと
    1万6千円づつ今も返しています、、汗。

    クレジットカードの現金化は違法なのか

    これだけ利用者に損が大きいクレジットカードの現金化ですが、法律でそれ自体は禁止されていません。しかし、かといって、やっていいことではありません。まず、クレジットカード会社の規約では、現金化を目的としたカード利用を禁止しています。また、出資法違反で現金化をしていた男を逮捕して有罪となった事例もあります。


    このように、クレジットカードの現金化は、違法ではないもののかなりグレーな行為です。


    参考資料:


    クレジットカードの現金化をすることによるリスク

    クレジットカードの現金化はグレーな行為であるために、現金化するにはかなりリスクがかかります。想定されるリスクは以下の通りです。

    金銭的に損をする

    まず、クレジットカードの現金化は利用枠をそのまま現金にするものではありません。当然、業者に何割かの手数料を引かれます。そのため、その時は現金が手に入るものの、その後は絶対に現金化した以上の額を返済しなければなりません。
    お金がなくて現金化をしたつもりが、もっとお金にこまる状況になるという可能性があります。


    クレジットカードの一括返済や利用停止になる

    先述したように、クレジットカードの現金化はカードの利用規則では禁止されています。そのため、もしクレジットカードの現金化をしていることがカード会社にバレてしまうと、残高の一括返済や利用停止に陥ることがあります。こうして、よりお金に困窮する状態になってしまうかもしれません。

    犯罪や詐欺に遭う可能性がある

    クレジットカードの現金化は違法ではないにせよかなりグレーなので、危険を犯しながら現金化をする業者が悪徳業者であることも多々あります。支払いがされなかったり、カードの情報を悪用されることもあるでしょう。

    自己破産できなくなる

    クレジットカードの現金化は、破産法第252条第1項第2号にある「不当な債務負担行為」とみなされることがあります。そうすると、自己破産をしたくても、裁判所から借金を免除してもらえず、自己破産ができない可能性があります。


    クレジットカードの現金化するまでに追い込まれたら

    このようにクレジットカードの現金化はリスクが多くて危ないのですが、それでも現金が欲しいという人はいるかと思います。そうした際には、現金化ではなく、以下の方法を試してみることをおすすめします。


    おまとめローン

    もし多くの借り入れが合って困っている場合は、おまとめローンを検討してみてください。おまとめローンは複数のローンをただ一つにまとめるだけでなく、絶対に現状以下の金利で返済ができるようになります。
    お得に支払いをまとめられるため、ローンで困っている場合はおまとめローンを利用してみるのがいいでしょう。


    債務整理

    もし借り入れなどがないけどお金に困っていたり、もうおまとめローンでもどうにもならない場合は債務整理をしてみましょう。債務整理をすることで、借金の減額や返済期間の再設定、場合によっては自己破産で借金を免除することができます。債務整理をすると信用情報に傷がついてブラックリストに入ってしまいますが、借り入れを続ける負のスパイラルから確実に逃れたい人にはオススメです。


    ショッピング枠現金化のツケは自分にくる!

    クレジットカード現金化のツケは自分に来る

    結局、景品表示法を遵守してるから、問題ない!

    公安委員会の許可を受けているからといって、近寄ってきても、


    これは、全くの嘘で、こういったコトを言われても、
    相手にしないほうが無難です。


    というのも、こうした方法で現金化したところで、
    罰せられるのは、私たちだからです。


    法的には、間違いなく、業者が悪いんですが、
    クレジットカード業者からすれば、そもそもそんなとこに依頼する
    あんたが悪い!


    という判断をされます。
    これによって、クレジットカードを使えなくされたり、一括返済を求められたり
    という罰則が付きます。


    クレジットカードの現金化を促すサイトは数多くありますが、ここまで説明してきたように非常にリスクが高いです。その場しのぎにはなるかもしれませんが、返済することも考えると、長期的に見たら自分の首を締めるだけの行為です。


    違法性があるとは言い切れないものの、ゼニエモンとしてはクレジットカードの現金化を勧めることはできません。リスクが非常に高いため、お金が欲しくてもできる限り他の方法を探した方が無難だと思います。どうしても利用したいという人を止めはしませんが、様々なリスクがあることを頭に置いた上で利用するようにしてください。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン キャンペーン中のローン 審査が不安な方 お問い合わせ