銀行カードローンの毎月の最低返済額は終わらないローン地獄の第一歩

掲載日:

リボ払いについては、知らない人もクレジットカードを利用していて、耳に馴染みのある人も多いと思います。
キャッシングやカードローンもリボ払いの場合は、このクレジットカードと同じような仕組みで返済していく形ではあることを知っている人は多いとは思いますが、
消費者金融などの貸金業者のカードローンのリボ払いと、銀行カードローンのリボ払いは、仕組みが異なります。まず、簡単に、リボ払いの説明をし、カードローンにおいてのリボ払いについてを徹底的に解説しております。
銀行カードローンだから安易に消費者金融よりも優れているからこっちの方がいいや!という人も確かにその通りではありますが、返済を長期化し、自分の予想を超える返済額、返済期間になる危険性はしっかりと理解しておきましょう!


まず、リボ払いについてを簡単に説明

まず、最初にリボ払いという事を知っておかないとこれから説明する事項のイメージが湧きにくくなるため、
簡単に説明します。


リボ払いというのは、「極度方式基本契約(リボルビング契約)」に基づいた返済方式であり、
契約時に自由に利用できる「極度額」が設けられ、
その範囲での利用分に応じ、月々の業者が決定する最低返済額を返済していく形となります。


この最低返済額というのは「ミニマムペイメント」と呼び、これに従って返済していけば、いつか必ず完済できる仕組みとなっています。


このいつかというのをあえて強調したのはこのページのメインの根幹的な意味があり、これについてはじっくり後ほど、説明します。
リボルビング払いというのはこの極度額内で利用した全てのものに対し、合算されたローンとなります。



上記のイメージ図では6万円ほど使っていますが、
ほとんどの場合、リボ払いに設定した場合は、月2,000円〜3,000円の返済です。
ということは、月にこの程度払えばなんでも買える魔法のカードのようにも感じ、周りが見えなくなりがちですが、
利用した分は、必ず返済する必要があり、本来出来ないことの前倒しで利用するわけなので、後で必ずツケが回ります。


更に、業者の場合は、クレジットカード(カードローン含む)の場合は、上記の最低返済額(ミニマムペイメント)が、
低く設定されており、完済まで、たかだか6万円でも、2年近くかかることです。
決して6万円という金額を舐めているわけではありませんが、この程度の金額で、これだけ長い期間ローンとして払わなくてはならない。
それに、こうして楽に欲しいモノが買える環境である、月々の支払いは大した金額ではない。


これだけのセットがつく訳なので、成り果てを想像出来ない人にとっては打出の小槌を手に入れても同然で、
増えていかない理由がありません。


リボ払いの問題点

次に、リボ払いについての問題点をいくつか挙げてみました。


実際の借金よりも低く見積もってしまう


最大の問題点としては、借金という概念として、実際に借りている金額以上に、返済額が低くなっているため
借金の重さを理解しないまま、残債が膨らみ続けます。


ゼニエモンの小学校からの女子の先輩で、ものすごく綺麗な方がおり、ゼニエモンの幼なじみと付き合い
「あいつ、クレジットカードで借金が200万あんだよ、、、」と打ち明けられた時があり、真面目だったあの先輩が、、となんだかとても寂しい気持ちになった思い出があります。
全て服や美容に対して使ってしまったそうですが、目先の返済額を見るとこれくらい余裕でしょ!とつい甘く見てしがちです。
実際に今の収入で、これだけの金を返済出来るのか?自分でこれだけの金額貯金で貯めたらこんな使い方しないだろうということを
再度認識しておきましょう。


いつ完済出来るのかのイメージがつきにくい


毎月の返済額の内訳としては、金利に加え、元金の返済が充当されるようになっており、
いつか完済出来ます(笑)。


ただ、いつか完済できるだろうでは実際には困る訳ですが、
完済までのプランは、業者側はいちいち提出してくれません。


リボ払いは、最大の難点としては、現在の返済プランや、返済までの期間、
また、毎月の支払いの中の、元金充当分と金利分など差がわかりにくいのが難点です。


現在、支払い中で、完済までのプランを明確に調べたいという人は、
当サイトのローン計算機をお使い下さい。


ゼニエモン特性のローン計算機の利用はこちらです


返済額が全て元金に当てられているようなイメージとなる


次に、金利があるのは重々承知の上でリボ払いをしている中、いつか来る返済だけする立場になると、
この返済に対し、人間は不思議なもので、プラス思考で物事を考えます。
もう一度考えて欲しいのですが、イメージとして、業者の設定している最低返済額は、半分は金利であると思ったほうがいいです。
ちょっと例を図解してみます。



これは、クレジットカードの金利として平均的な14%と50万円のリボ払いの平均的な返済額の12,000円の内訳となる数字です。
元金が減れば、金利も減るので、延々と同じ金額を金利として取られるわけではありませんが、
結局、この返済額を完済まで行うと、残債全てと金利分をトータルすると、支払総額は、1.3倍〜1.5倍程度になります。
更に、この1.3倍〜1.5倍で終わればいいのですが、また更に「罠」となる部分が存在ます。
次の項目を見てください。


最低返済額が残債に応じて下がる為、ローンがいつまで経っても終わらない


ありがたいのか、迷惑なのか、残債に応じ、返済額が下がります。
どういうことかというと、残債が50万円なら最低返済額は、13,000円だけど、
40万円以内になったら、11,000円。
30万円以内になったら、8,000円。
こんなイメージです。
いや、生活が楽になるからいいじゃん!と確かに確実に毎月の生活は楽にはなり、その場の生活は守られます。
ですが、せっかく、返済額の半分を利息で払っていて、元金充当の方が比率的に高くなっていくのに、
利息と元金充当の比率を再度5:5の振り出しに戻ります。
一見、返済が楽だから、ほんとここいい業者やな〜、、と思いますが、ローンの長期化がいよいよ始まります。
業者側は、金利として取れる金額は残債から金利を計算した分をもらうコトが出来るので、
より最低返済額を下げることで、より長期で金利を摂取出来るので、当然こちらの方が儲かります。
これを鵜呑みにして、最低返済額を返済し続けると、支払総額は実際に利用した金額の、2倍〜3倍程度。
返済期間は、10年程度、200万円クラスになると35年の住宅ローン並に完済までに時間がかかります。


本来使った金額の倍以上の支払いをしなくてはならないコトってはっきり言ってバカらしすぎる為
返済能力を軽く超えるお金を使えるリボ払いについては、この「バカらしさ」を理解した上で利用するようにしてください。


本題!なぜ銀行カードローンが、地獄への第一歩となるのか?


リボ払いについて理解した上で、このページの本題に入ります。
現在、キャッシングやカードローンと言えば、銀行が最も理想的な融資元のように扱われており、
背景としては、銀行ということでの安心感、消費者金融よりも低金利、毎月の返済金額も少なくて楽々返済!
と魅力的語られており、更に消費者金融の最大の押しの部分である最短1時間の融資も対応している銀行も増えていました。


余談ですが、最短即日融資を語る銀行は多々ありますが、
結局、融資まで数日かかる事も多く、何かといや、それ無理やろ、、。と条件が必要だったりますが、
有言実行で、即日融資に対応しているカードローンは、現在は

  • 三井住友銀行
  • 新生銀行カードローンレイク

の3社しかありません。


ここで話を戻しますが、銀行は確かに銀行ということで安心感があり、
低金利、少ない返済金額で大金を借りれる割に返済金額が少ない。
安心感、スペックを考えると、消費者金融などの貸金業者とのスペックと比較すると、
スピード融資以外は、全てにおいて上回っています。


ただ、ひとつだけ注意しておきたいコトがあります。


それは返済金額が低い、また引き下がる為、ローンが消費者金融よりも長期化しやすい
という点です。


もちろんそれは、重々承知の上で、借りる側も理解してはいますが、
人間、どうしても最低返済額に依存し返済をしてしまうもので、頭では分かっていても
リアルに、生活が苦しい為、長期化していく傾向があります。


消費者金融、信販会社等(貸金業者)と銀行のリボ払いの仕組みの違い

消費者金融や、信販会社等の貸金業者(日本貸金業協会へ加盟業者)は、自主規制として、
融資を受けている金額がこのように設定されています。


  • 融資を受けた金額が30万円以内なら3年以内に完済
  • 融資を受けた金額が30万円を超える場合は、5年以内に完済

これは、返済金額を少なくし、ダラダラ返済し、10万円程度の融資でも5年も6年もかけないように、
規制されています。


これは、現金を直接自由用途で貸付するカードローン全てがこのようになっており、
また信販会社のカードローン及び、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠に対し、リボの設定をした場合は、
ショッピングのリボ払いとは別に支払いの形となります。



ただし、返済額厳しいからもっと長期で返済したいという自身の要望、申し入れがあった場合は、
例外として、8年〜10年程度の返済プランに変更してもらう事も可能です。


このように、貸金業者は、返済が長期化しないように自主規制として、
最後に借り入れを行った日から、完済するまで毎月の返済金額は一律固定となっているため、
途中で新たな融資を行わない限りは着実に元金を減らしていくことが出来ます。


クレジットカードはこの規制がないため、現在は以前よりも緩和されてはいますが、
未だに残債に応じて、最低返済額が下がり支払いを口座引落に設定している為、返済金額が下がったことで、
残債が減っているように刷り込まれていき、
利用者の利益と名ばかりの最低返済額の引き下げによって、10万円のリボ払いでも6年、7年かかって完済するようになっています。


なぜここでクレジットカードの話を出したかというと、
この返済についての仕組みは、銀行カードローンもクレジットカードとほぼ同等の仕組みを取っているからです。


銀行は、返済プランに関しての規制がないため、自由に返済プランを設定することができ、
少ない返済額自体が押しである武器にすらなっています。
確かに、返済額が少ないのは、嬉しい部分ではありますが、
200万円の車を購入した場合、マイカーローンでも、5年払いで毎月3万5千円以上払うように設定されているのにも関わらず、
それ以上の高金利であり、より少ない返済金額で、すでに利用した残債を返済するのはこんなにもバカらしい話はありません。


仕組みを図解すると、以下を見てください。



このようになります。
例えばいくつか消費者金融と、銀行カードローンの完済時の支払総額との比較をしてみます。

融資を受けた場合の月々の返済額、返済総額

借入金額 消費者金融 銀行 差額(銀行ベース)
5万円 4,000円(55,806円)14回 2,000円(59,907円)30回 -4,101円
10万円 4,000円(126,647円)32回 2,000円(154,194円)77回 -27,547円
20万円 8,000円(253,293円)32回 4,000円(308,389円)77回 -55,096円
30万円 8,000円(445,554円)56回 6,000円(462,583円)77回 -17,029円
40万円 11,000円(582,690円)53回 8,000円(616,777円)77回 -34,087円
50万円 13,000円(752,162円)58回 10,000円(770,972円)77回 -18,810円

これは消費者金融の一般的な金利18.0%と、銀行カードローン14.5%として計算しており、
返済金額も、消費者金融では平均的な返済金額及び、銀行カードローンでは低さを押しにしているものの平均的な返済金額を
元に算出したものとなります。


これを見ると、返済自体は、銀行のカードローンの方が例え低金利で借りれたとしても、
最低返済額に従っての返済をすると、むしろ得をするのは消費者金融という皮肉な結果となります。


さらに、この最低返済額自体が、残債に応じて変わっていく銀行カードローンを残債毎に減っていき、その最低返済額のみを
口座引落で延々と返済し続けた結果を消費者金融と比較してみます。


200万円を延々と最低返済額のみ返済を続ける人の末路

消費者金融の月返済額 返済総額(返済期間) 銀行の月返済額(初期) 返済総額(返済期間)
33,849円 3,655,657円(9年) 25,000円 5,778,230円(37年6ヶ月)

消費者金融の場合は、60回以内の返済となりますが、
交渉によって返済期間を9年の108回から120回にしてもらうことが可能のため、9年で返済するように設定した場合です。
金利は、消費者金融の15.0%、銀行カードローンは、12.0%の金利を適応しています。
銀行の場合ですが、これは「三井住友銀行カードローン」を元に算出した計算です。


最低返済額に甘んじてしまった。
もしくは、銀行の引き落としでの返済だから自動的に返済されていたという場合を想定すると、
完済まで37年6ヶ月もの期間を要するコトになり、返済総額も、3倍近くに膨れ上がります。
それに変わり、返済期間が長いというのは、非常にありがたいと思う人も多いとは思いますが、
その代償はあまりにも大きいです。


銀行カードローンの返済は、口座引落にしてはならない!

これを避けるために、銀行カードローンの返済は、口座引落を利用するコトは否定しません。
むしろ、返済の滞納忘れを避けるために行った方がいいです。
重要なのは、これだけにしてはなりません。


クレジットカードなどは自動リボの場合で最低返済額を引かれる場合がほとんどではありますが、
自身で毎月、返済をした金額を自身で設定することも出来ますが、
銀行カードローンの場合は、例外なく最低返済額のみの引き落としでの返済となります。
従って、ローンの長期化は免れるコトは出来ない仕組みなので、
カードを利用し、ATMを使ってさらに月に1度返済していく事を強くおすすめします。



ATM利用時は、最低返済額の半分程度支払えたら、最終的に返済期間を5年以上圧縮出来るため、
早く借金のない状態にするコトが利用の目的であるので、必ずこの返済方法を心がけるようにしてください!


銀行カードローンを長期化ローンにしないための心がけ!

最後に、銀行カードローンのローンの長期化についてを注意喚起を込めて解説しましたが、
最近は銀行カードローンの最大の問題点としていわゆる年収の1/3以上でも融資するという、
貸しすぎる!「総量規制の対象にならない」ということが目立って取り扱われていますが、
本当に恐ろしいのは、「返しても返しても一向に減らない借金問題」の方が、
利用者側の立場として、恐ろしい問題だと考えています。


確かに、カードローン商品としてはあまりにも魅力的です。
過払いの問題も起きましたが、かつては、消費者金融の当たり前だった29.2%の金利(現在は最高でも20%)ではなく、
その半分程度の14.5%前後で利用出来ますし、返済額もないしイメージも銀行の直運営で、クリーンです。


その裏では、こうした最低返済額が低すぎるコトに、及び、残高によって最低返済額を減らしていくということで、
ローンの長期化が起こり得る為、常日頃から、最低返済額のみの返済を行ったら、「損」をするという事をしっかりと理解して利用するようにしてください。


返済に対しては必ず、ATMで自身で入金して残債等の明細書を受け取り完済までのイメージをしっかりと持ち利用するようにしましょう。


銀行への返済をより短期間で終わらす為の身を持って知った教訓

  • 銀行の指定する最低返済額をあてにしない
  • 毎月口座引き落としでの返済をするように設定しておく
  • ATMを利用し、最低返済額の半分程度は、自分で入金をする
  • 入金時は、必ず残債を確認する
  • 初回返済時の金額をずっと継続し返済をする
  • ちょくちょく残債と毎月の返済額をチェックし、完済までのイメージを持つ

銀行カードローンでも、初回に返済した金額を延々と繰り返せば、10年前後で完済出来るように設定されています。
しかしそれでも10年という長い期間をもう使ったお金に対しての借金を返済しなくてはなりません。

長期化させないためのポイントは、最初に支払った金額をずっとATMを利用し毎月1回返済し続けるということが重要です。

銀行カードローンへより低金利で借換えを行い、返済額が減れば一見、完済総額が減るようなイメージとなり、元金すら減ったような錯覚さえ感じます。

他の格段に安い、マイカーローンなどでもこれ以上の返済額を通常しているのに、銀行カードローンの場合は、それ以上の金利でありながら、返済額がより低金利なローンよりも少ないという、完済までの期間を長くし毎月の生活をより楽にするという「正義」の名のもとに低く設定されていますが、

ゼニエモンの正義としては、カードローンはさっさと返す!余計な利息は払わない!というコトの方が利用者にとっては重要であると思っているので、多少生活を犠牲にしてでも、借金を長く続けない生活の為に、上記の身を持って知った教訓に是非ご賛同頂けますと幸いです。


コメントを投稿する

管理人の承認後コメントが公開されます。

アイコンを選んでください



ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ