全銀協(JBA)から登録情報開示報告書を手に入れるまでの手順!

掲載日:

銀行カードローンを契約するにあたり、消費者金融と、大きな違いは、
全銀協の信用情報を銀行側が確認をするといった部分です。

要は、銀行と保証会社のダブルの信用情報を見られるわけですが、
銀行側は、全国銀行協会(全銀協)の信用情報を開示し、

保証会社は、CICもしくはJICC、またはその両方の信用情報を開示し、
審査をします。

このページは、そんな全銀協の信用情報の手に入れ方を紹介します。

信用情報開示までにかかる期間や、必要なもの

情報開示までに必要な期間は?

今回は、3人ほど開示してみて、3人とも、5月17日に書類提出し、5月25日に郵送で届きました。
全員丁度、8日目に届きました。
CICは、クレジットカードがあると5分程度で開示できるのですが、
全銀協の場合は、最短でも8日程度はかかると見ておいたほうがいいです。


ただし、速達での希望の場合は、封筒に「速達希望」と記載し、封筒の中に、280円分の切手を入れておくと
速達での郵送が可能です。


開示するのに何がいるの?

まず最初に必要なものを事前に用意しておきます。
手続きを進めるにあたり、どうしても揃えるコトが出来ないものがあった場合は、
時間の無駄になってしまうので、まず必要なものを記載しておきます。


情報開示に必要なもの

  • 開示請求申込書
  • 1,120円
  • 本人確認資料

開示情報申込書

開示情報申込書は、ホームページ上から、ダウンロードするコトができます。
これは、パソコンとプリンターが自宅にあり、連動している状態。
もしくは、ダウンロードしたデータをコンビニなどを利用してプリントアウトしたことがある人
の場合は、すぐに手に入りますが、これが苦手、、という人は、全銀協のフリーダイヤルに電話し、郵送で申込用紙を受け取る必要があり、その
連絡先は以下のようになります。

以下全銀協信用情報センター公式ホームページより引用
お問い合わせ先
一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216  東京都千代田区丸の内1−3−1


フリーダイヤル 0120-540-558


・携帯電話、PHS等からおかけになる場合は、次の電話番号(通話料がかかります)までお願いします。
 03-3214-5020
※ 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。


お問い合わせ受付時間


 月曜日〜金曜日(12月31日〜1月3日を除く) (土日祝日は、お休みさせていただきます。)
 午前9時〜正午、午後1時〜午後5時


※http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/


1,120円

こちらは、開示手数料として、1,000円ほどかかります。
これは郵便局で同額の定額小為替証書を購入すればOKです。


120円というのは、ゼニエモンの場合はA4サイズの茶封筒で送ったので、
切手代がこれだけかかったということで、120円プラスして記載していますが、
封筒代も入れるともう数十円程度かかります(笑)


本人確認資料

本人確認書類は、2種類必要になります。
運転免許証と、保険証がある人は、これを表面だけをコピーするだけなのですが、
これらがない、もしくはどちらかがないという人は、以下のものが必要になります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 外国人登録証明書
  • 各種健康保険証
  • 公的年金手帳
  • 福祉手帳
  • 戸籍謄本
  • 住民票(個人番号のないもの)
  • 印鑑証明書

※戸籍謄本、住民票、印鑑証明書は発行から3ヶ月以内の原本が必要



これでようやく申込が可能な状態までの準備ができました。
次にインターネット上で、開示までの流れに移ります。


全銀協のホームページの開示までの手順

まず最初に、全国銀行個人信用情報センターのホームページへアクセスをします。


※全国銀行協会の公式ホームページはこちらです



アクセスするとこのような画面になるので、
本人開示の手続きをクリックします。


基本的にインターネットでの申込というものは存在せず、
ここでは、申込方法と、申込書をダウンロードできるのみとなっています。


ここで、申込書を記載し、本人確認の身分証明書の書類を封筒に入れます。



これだけ用意したら後は、郵便局へ行き、
定額小為替証書の1,000円分を購入し、切手120円分を購入して


〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
一般社団法人全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター


へ発送すればOKです。


登録情報開示報告書はどのように届くの?

発送後は、簡易書留にて、届きます。



このような感じで、届きます。


次に中身を開封し、読み方などの解説もしています。


全銀協の登録情報開示報告書の読み方


ゼニエモンTOP 申込数ランキング 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ